Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Jonathan Mann’

dancing_jobs

[踊りながらステージに出てくるジョブズ:image

Jonathan Mann といえば、いっぷう変わった歌をそこら中で披露する YouTube の有名人だ。

TechCrunch でしばしば彼の歌を取り上げた MG Siegler をして「なんともヒドい歌なのに耳の奥に残ってしまう」といわしめた人物。

その彼がスティーブ・ジョブズの思い出を語っているのがオモシロい。

ジョブズはボクの歌に合わせて踊ったんだよ。ホントだよ」と・・・

Medium: “Steve Jobs Danced To My Song” by Jonathan Mann: 25 December 2013

     *     *     *

「アンテナゲート」前夜

で、話は飛んで 2010 年。大きなビデオコンテストに落選した直後でだいぶガッカリしているときだった。ちょうどアップルの「アンテナゲート」(Antenna-Gate)プレスイベントの前夜でもあった。アンチアップルの気運が激しく盛り上がっていたが、そんなのナンセンスだと自分では考えていた。そこでアップルを擁護する歌を書こうと考えた。いつものように MG Siegler が取り上げてくれればアクセスも増えるだろうと思った。2時間ほどかけて作曲し、更に1時間かけてビデオを作った。作ったビデオを投稿し、MG Siegler にも送って、それから眠りについた。

So. Fast forward to 2010. I had just learned that I lost a big video contest, and I was feeling pretty down. It also happened to be the eve of Apple’s “Antenna-Gate” press conference. The anti-Apple hype was at a fever pitch, and I thought the whole non-story was ridiculous. I decided to write a song defending Apple. I hoped that MG would post it, and maybe I’d get some decent traffic. I wrote the song in about 2 hours and spent another hour on the video. I posted the song, sent it to MG and went to bed.

     *     *     *

なんとアップルから

翌朝目が覚めると、自分のメールボックスは溢れかえっていた。なかにはアップルから送られたと思われるメールもあった。読んでみたが偽物だと思った、誰かが自分を引っ掛けようとしているのだと。シャワーを浴びていると電話が鳴った。アップル広報からだ。ホンモノだったのだ。アナタのビデオをプレスイベントで使ってもよろしいでしょうか? ええ、もちろん。そちらに送るにはどうしたらいいんだろう? なんてこった・・・

The next morning I woke to a flurry of activity in my inbox, including an email that appeared to be from Apple. I read the email and decided it was fake — someone was trolling me. I was in the shower when my phone rang. It was Apple PR. For real. Could they use my video to open the press conference, they wondered? Um, yes. Sure, uh, how should I send it to you? Jesus Christ.

     *     *     *

ジョブズが踊ってる!

その朝が終わるころ、前の夜に3時間かけて作った歌とビデオがアップル本社のプレスイベントで放映されているのを見ていた。そしてステージに出てきたスティーブ・ジョブズはこういった。「来ていただいてありがとう。今朝 YouTube でオモシロいビデオをみつけたので、ぜひ皆さんにも見ていただきたい」と。自分の生涯でもっとも夢のようにシュールな瞬間だった。後になってアップル広報から聞いた話では、スティーブは舞台の袖で歌に合わせて踊っていたという。当日のイベントのビデオをよく見ると、私の歌が終わった後のほんの数秒間、彼がステージに向かって踊りながら進んでいくのが分かる。

Later that morning, I watched online as the song and video I had made in 3 hours the night before played before an audience of journalists at Apple HQ. Then Steve Jobs came out on stage and said, “Thanks for coming. We found that on YouTube this morning and couldn’t help but want to share it.” It was one of the most surreal moments of my life. I heard later from the PR rep that Steve had been dancing off stage as the song played. If you watch the video of the event, there’s a few seconds, right as my song ends, that you can see him bopping his way on to the stage.

よく見てご覧。スティーブが踊っている・・・

Look closely. He’s dancing.

     *     *     *

iPhone 4 に関する「アンテナゲート」プレスイベントも、Jonathan Mann のビデオも見たハズなのに、ジョブズが「踊っていた」とは気がつかなかった。

当日のプレスイベントに出席していた MG Siegler は、この話が正真正銘正しいと証明している

Jonathan Mann の GIF アニメを見るとたしかに踊っているような感じがする。[プレスイベントのビデオはこちら、またはこちら。ビデオの歌詞についてはこちら。]

彼の曲にはジョブズといわずとも身体を動かしたくなるところがあるなあ・・・

[via ParisLemon

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

[Duet With Siri: Part 2 (iPhone 5 Song) (Song A Day #1365) | YouTube

Jonathan Mann が1歳を迎えた Siri にハッピーバースデイを捧げている。

「愛してるよ」といいよる Jim Dalrymple とステキな会話を交わしたのはつい最近だった。

あれから Siri もずいぶん成長したものだ。

Jonathan Mann とのやりとりは次の部分がオモシロかった。

     *     *     *

最初に覚えた言語

Jonathan Mann:最初に覚えた言語は何?
Siri:人間ノコトバデハ発音モデキナイワ

Jonathan Mann: What is your first language?
Siri: I wouldn’t even be able to pronounce it in your language.

Jonathan:いってみてよ
Siri:「いってみて」トイワレテモ、ドウシテイイカ分カラナイ。

Jonathan: Try.
Siri: I don’t know what you mean by “try.”

Jonathan:ゼロゼロワンゼロゼロワンワンゼロゼロワン
Siri:ワカンナイノ!

Jonathan: 0010011001
Siri: jonathan i don’t understand.

     *     *     *

このテのコラボを聴くと、どうやってレコーディングしたのだろうと思ってしまう。

これまでで最高のコラボは「ワカル、ワカル、星ト月ト太陽ノコトモ・・・」だった。

日本語のコラボもぜひ聴きたいものだ・・・

[via Daring Fireball

★ →[ビデオを見る:YouTube]

Read Full Post »