Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘John Lasseter’

PIXAR DISNEY IGER JOBS CATMULL LASSETER

[2006 年1月24日ピクサー本社にて撮影 — 左から Ed Catmull、Steve Jobs、Robert Iger、John Lasseter:Fortune

ピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)の共同設立者のひとり Ed Catmull が、スティーブ・ジョブズについて語っていることばが興味深い。

A candid conversation with Pixar’s philosopher-king, Ed Catmull | Fortune

     *     *     *

「変化したスティーブ」(the “changed” Steve Jobs)

Fortune:ピクサーとディズニーの関係は波瀾に満ちたものでした。スティーブ・ジョブズが豹変して再度ディズニーとパートナーシップを組もうとしたのは Bob(Robert Iger)の何がそうさせたのでしょうか?

Pixar went on to have a rocky relationship with Disney. What was it about Bob that you think convinced Steve Jobs to change his mind and re-enter the partnership?

Ed Catmull:一般大衆のジョブズ観は間違っていると思います。若き日の「バッドボーイ・スティーブ」[bad boy:不良少年、悪童、反逆児]というジョブズ観です。それがアップルに大きな成功をもたらしたのだと。初期のピクサーは波瀾に富んでいましたが、本当はスティーブが学習して劇的に変わったのです。15年前に彼はあることに思い至り、その結果彼の人格が変わりました。非常に思いやりが深くなり、ひとびとへの接し方が変わりました。その時点から、彼と共に過ごしたひとは生涯を通じた友となりました。アップルを偉大にしたのは「変化したスティーブ」であり、それまでの彼ではないのです。これは典型的なヒーローの遍歴の物語です。しかしみんなはそのことを知りません。当時スティーブは強固なパートナーシップを信じ、評価していました。彼が Bob を認めたからこそパートナーとなったのです。彼らはお互いに真のパートナーになりました。それが彼が望んだことであり、かねてから考えていたことでした。ディズニーとの関係が50対50の関係だから真のパートナーシップになったのではありません。Bob がトップになったとき、一緒に仕事をできるパートナーが現われたと彼は思いました。私たちはそう思いましたし、彼ら自身もお互いにそう思ったのです。

The thing that the general public has missed is that there is a perception of “bad boy Steve” when he was younger and that that behavior led to this giant success at Apple. But while Pixar was going through its rocky beginnings, the reality is that Steve was learning and changing dramatically. About 15 years ago he figured out things and we saw the change in the person. He became very empathetic and changed the way he worked with people. And after that point everybody that was with Steve stayed with him for the rest of his life. It was the changed Steve that made Apple great, not that guy. It’s like the classic hero’s journey, except people didn’t know that. So at that time Steve appreciated and believed in strong partnerships, and what he recognized in Bob is that with Bob he actually had a partner. They both thought of each other as true partners. And that’s what he wanted, it’s what he had previously. Because our 50/50 partnership with Disney wasn’t leading to a true partnership. And when Bob came in, he thought here is a partner I can work with. And that’s what we saw in them and that’s what they saw in each other.

     *     *     *

ジョブズの、したがってアップルの成功の秘密がアップルを逐われた時代にあったことは誰もが感じている。

そのことをこれだけはっきり語ったのは Ed Catmull が初めてではないかと思う。

アップル復帰後のジョブズを見ると、「彼と共に過ごしたひとは生涯を通じた友となりました」ということばが重みを持ってくる。

ジョブズの『失われた』時代」や「『失われたインタビュー』(“Steve Jobs: The Lost Interview)」で感じたことが、共に一時代を過ごしたパートナーの口から語られているのが興味深い・・・

広告

Read Full Post »


[Jorge Colombo が iPad で描いたイラスト:illustration

スティーブ・ジョブズの成功の秘密がアップルを逐われた時代にあったことは誰もが感じている。

その時代のジョブズを正面から取り上げた興味深い記事がある。Brent Schlender の「失われた時代のスティーブ・ジョブズのテープ」だ。

5000 語近くにも及ぶ長文なので、興味深かった部分を少しだけ紹介する。

Fast Company: “Into The Wild: Lost Conversations From Steve Jobs’ Best Years” by Brent Schlender: 17 April 2012

     *     *     *

スティーブ・ジョブズの生涯

スティーブ・ジョブズの生涯をオペラに喩えるなら、3幕物の悲劇になるだろう。第1幕はアップルコンピュータの設立と PC 産業の発明、第2幕は荒野を彷徨った歳月、そして第3幕は意気揚々たる凱旋と悲劇的終焉。

If Steve Jobs’s life were staged as an opera, it would be a tragedy in three acts. And the titles would go something like this: Act I–The Founding of Apple Computer and the Invention of the PC Industry; Act II–The Wilderness Years; and Act III– A Triumphant Return and Tragic Demise.

     *     *     *

第2幕は荒野を彷徨った時代

第2幕の荒野を彷徨った時代(The Wilderness Years) は、そのトーンも気分も他とはまったく異なる。第2幕のタイトルの背景にあるのは — ジョブズがアップルを逐われた 1985 〜 1996 年の空白時代を指すのにジャーナリストやブロガーがよく使うこの呼名だが — ジョブズの全生涯において唯一有意義だったのはクパティーノで過ごした時期だという考えだ。事実この時代は、彼が生涯で最大の転機を迎えた時代であり、多分最も幸せな時代だった。彼はついに身を固め、結婚し、家庭を持った。彼は忍耐の価値を学び、そうでないときでも忍耐を装う術を学んだ。いちばん重要なことはこの間に彼が携わった2つの会社 — NeXT および Pixar — での仕事が彼の人格を変え、リーダーにし、後にアップルに復帰したとき想像もできない高みへとアップルを導くことになるのだ。

But that second act–The Wilderness Years–would be altogether different in tone and spirit. In fact, the soul of this act would undermine its title, a convenient phrase journalists and biographers use to describe his 1985 to 1996 hiatus from Apple, as if the only meaningful times in Jobs’s life were those spent in Cupertino. In fact, this middle period was the most pivotal of his life. And perhaps the happiest. He finally settled down, married, and had a family. He learned the value of patience and the ability to feign it when he lost it. Most important, his work with the two companies he led during that time, NeXT and Pixar, turned him into the kind of man, and leader, who would spur Apple to unimaginable heights upon his return.

     *     *     *

失われた時代の重要性

私は 1985 年以来 Fortune や The Wall Street Journal のためにスティーブ・ジョブズを取材して来た。しかし昨年秋に彼が亡くなるまでこの「失われた」歳月の重要性を十分に理解していたとはいえなかった。保管庫をくまなく探して3ダースを超えるテープをみつけた。長時間のインタビューで、なかには3時間を超えるものもある。過去25年にわたって定期的にジョブズをインタビューしたものだ。(その一部は本稿にも登場する。)その多くは自分で再生してみたこともなく、いくつかはこれまでテープ起こしされたこともない。いくつかのインタビューは子供がキッチンに飛び込んできて中断されている。ほかのものでも、後難をはばかってジョブズ自身が録音停止ボタンを押さえることもあった。今回改めて聞き直してみると、第2幕の空白の時期に行なったものが特に興味深い。

I had covered Jobs for Fortune and The Wall Street Journal since 1985, but I didn’t come to fully appreciate the importance of these “lost” years until after his death last fall. Rummaging through the storage shed, I discovered some three dozen tapes holding recordings of extended interviews–some lasting as long as three hours–that I’d conducted with him periodically over the past 25 years. (Snippets are scattered throughout this story.) Many I had never replayed–a couple hadn’t even been transcribed before now. Some were interrupted by his kids bolting into the kitchen as we talked. During others, he would hit the pause button himself before saying something he feared might come back to bite him. Listening to them again with the benefit of hindsight, the ones that took place during that interregnum jump out as especially enlightening.

     *     *     *

Pixar の重要性

ジョブズが設立に携わった3つの会社のうち、Pixar こそもっとも純粋な意味でジョブズの本質を企業として、組織的表現として体現したものだった。もし NeXT が恨みと悪意という苦労の成果だとすると、Pixar は愛の努力の成果だった。

Of the three companies Jobs helped create, Pixar was the purest corporate and organizational expression of his nature. If NeXT was a travail of spite and malice, Pixar was a labor of love.

     *     *     *

家庭的になったジョブズ

アップルに復帰したあとも、ジョブズは家族と過ごすことを特に好んだ。彼がワーカホリックではなかったという意味ではない。私たちは何年もチャット仲間(iChat buddies)だったから、彼が自宅でコンピュータに向かっているときはいつでも彼の名前が画面に出てくるものだった。当然彼はマックの前に座り、そうやって深夜遅くまで時間を過ごしていたのだ。ときにはビデオチャットをすることもあったが、夕方早い時間だと後から子供が覗き込むこともあった。

Even after he went back to Apple, there was nothing Jobs liked more than spending time at home. Not that he wasn’t a workaholic. We were iChat buddies for several years, so his name would pop up whenever he was working at his computer at home. Almost invariably, he was in front of his Mac until after midnight. We’d occasionally have a video chat, and if it took place early in the evening, I’d often see one of his children in the background looking on.

     *     *     *

次から次へヒットを出す

IT 企業としては稀なことだが、次から次へとヒットを造り出し、コンシューマデジタルハブとしてのアップルの地位をその都度強化していく、そんな組織力をジョブズは造り出した。まるでヒット作品を毎年ひとつずつ出していくアニメーションスタジオのようだ。アップルの10年以上に及ぶヒット製品の連鎖 — 大ヒットだけでも iMac、PowerBook、iPod、iTunes、iPhone、iPad などを産み出したが、それに比肩(ひけん)するものがあるとすれば、それは Pixar の出した映画群 — Toy Story、Monsters, Inc.、Finding Nemo、The Incredibles、WALL-E など大成功を収めたヒット映画だけだ。

[…] In a way that had never been done before at a technology company–but that looked a lot like an animation studio bent on delivering one great movie a year–Jobs created the organizational strength to deliver one hit after another, each an extension of Apple’s position as the consumer’s digital hub, each as strong as its predecessor. If there’s anything that parallels Apple’s decade-long string of hits–iMac, PowerBook, iPod, iTunes, iPhone, iPad, to list just the blockbusters–it’s Pixar’s string of winners, including Toy Story, Monsters, Inc., Finding Nemo, The Incredibles, WALL-E, and Up. These insanely great products could have come only from insanely great companies, and that’s what Jobs had learned to build.

     *     *     *

いつまでも記憶に残るのは物語だけ

ジョブズはハリウッド作品を出すことで大きい教訓を学んだ — いつまでもひとびとの記憶に残るのは製品より物語だということだ。「20年以上にわたって培ってきたテクノロジーが沈殿槽となっている」とジョブズはかつて語ったことがある。「白雪姫が 2001 年に DVD で再リリースされたとき、我々もまた 2800 万の家庭と同じようにそのコピーを買い求めた。60年前の映画なのに、息子はそれを見て、好きになった。マッキントッシュは今から60年経っても誰も打ち負かせないと思う。」

There was one other big lesson he learned from his Hollywood adventure: People remember stories more than products. “The technology we’ve been laboring on over the past 20 years becomes part of the sedimentary layer,” he told me once. “But when Snow White was re-released [on DVD, in 2001], we were one of the 28 million families that went out and bought a copy of it. This was a film that is 60 years old, and my son was watching it and loving it. I don’t think anybody’s going to be beating on a Macintosh 60 years from now.”

     *     *     *

空白の時代の中で、NeXT より Pixar の方を重要視している点が注目だ。John Lasseter[Toy Story の監督]や Pixar University の話も興味深い。

こんなインタビューテープが残っていたこと、そういう形でジョブズに接していたジャーナリストがいたことを感謝したい。(いずれジョブズの肉声も公開して欲しいと思う。)

大変興味深い内容なので必ずやどこかで全文が訳出されるに違いない。

なお、記事に添えられた Jorge Colombo が iPad で描いたイラストもなかなかステキだ。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »