Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘John Gruber’

talk_show_podcast_0

The Talk Show Ep. 104, With Guest Rene Ritchie | The Talk Show

John Gruber の年末恒例の回顧番組。

相方に Rene Ritchie を選んだ理由がおもしろい。

Rene Ritchie がアップルの事情に通じていることはよく知られている。iMore だけでなく数多くのポッドキャスト番組でも活躍中だ。

そんな彼もレギュラー番組ではゲストを立てて控え目に徹しているので、思いっきり彼に発言させようと相方に選んだのだという。

今年の回顧の中で興味深かった点:

・AirPlay も CarPlay も WatchKit も “projected UI”(投影された UI)という意味で共通性がある[CameraPlay も欲しいと Ritchie]

the similarities between the “projected UI” nature of AirPlay, CarPlay, and WatchKit

・最近の App Store をめぐる問題から外部に向けたオンブズマン的なものが必要[App Store 全体を代表して語れる人物がいないからだと Ritchie]

recent controversies and confusing rejections at the App Store (and the need for a public-facing App Store ombudsman)

来年の予想が最後にチラリと出てくるのも興味深い。

来年前半に大きなことがあるという点で2人は一致する。

Rene Ritchie:来年は 2010 年に iPad が登場したとき以来の大きな年となる。

John Gruber:Tim Cook の約束から考えて Apple Watch と Apple Pay の2つだけでは済まない気がする。来年前半には大きなことがある。

2人とも Apple Watch と大型 iPad を挙げる点は一致している。

3つ目として Ritchie が Apple TV を挙げているのがおもしろかった・・・

広告

Read Full Post »

BN-FO462_Keywor_G_20141116150543

Christopher Mims, Wall Street Journal:

“The Web — that thin veneer of human-readable design on top of the machine babble that constitutes the Internet — is dying.”

     ↓

John Gruber, Daring Fireball:

“I can’t believe someone is still writing this in 2014.”

     ↓

MG Siegler, Five Hundred Words:

“The Web, Still Dying After All These Years”

Read Full Post »

11138-3814-141118-iPhone-Dual-Camera-l

[こんなになる?:image

次世代 iPhone カメラについて John Gruber が語ったことについて・・・

Gruber: I’ve heard Apple is working on ‘the biggest camera jump ever’ for the next iPhone | The Tech Block

     *     *     *

iPhone カメラの飛躍的改良

最新のポッドキャスト The Talk Show で John Gruber はこういっている。「小鳥ちゃんの中の小ちゃな小鳥ちゃん」から聞いた話では、アップルは次世代 iPhone のカメラの改良を検討中で「これまでにない飛躍的なカメラの改良」になると。[1:11:00 ごろから]

In the latest episode of The Talk Show, John Gruber mentions that he’s heard “from a birdie of a birdie” that Apple is working on the “biggest camera jump ever” for the next iPhone.

「特に自分が耳にしたのは、来年はカメラが飛躍的な改良を遂げるかもしれないという話だ。それが何を意味するのかはっきりしないが、2つのレンズを備えた変わったシステムで、背面カメラには2つのレンズを使い、画質はデジタル一眼レフカメラ(DSLR)のレベルになると聞いている。」

The specific thing I heard is that next years camera might be the biggest camera jump ever. I don’t even know what sense this makes, but I’ve heard that it’s some kind of weird two-lens system where the back camera uses two lenses and it somehow takes it up into DSLR quality imagery.

     *     *     *

img01

[Exmor RS IMX230 stacked CMOS image sensor:Sony

ソニーの新しいカメラセンサー

Gruber のコメントが興味深く、もしかしたら本当かもしれないと思わせるのは、今日ソニーが発表した新しいスマートフォンカメラセンサーと関係あるからだ。1/2.4 インチという小さなデザインに 21 メガピクセルを組み込むセンサーだ。これまでずっとソニーはアップルの iPhone カメラセンサーのサプライヤーだった。

What makes Gruber’s comments interesting and possibly true is Sony’s announcement today regarding their new smartphone camera sensor that packs 21-megapixels into a small 1/2.4-inch design. Sony has long been Apple’s supplier for the camera sensors that go into the iPhone.

     *     *     *

Screen-Shot-2014-04-01-at-12.21.52-PM-640x464

[A newly granted Apple patent:Ars Technica

交換可能レンズ

もうひとつの興味深い可能性としては交換可能なレンズがある。今年の初めに認可されたアップルの新しい特許によれば、アップルは iPhone の背面カメラにさまざまの小型の単焦点レンズを装着することを検討中であることが分かる。Gruber が「デジタル一眼レフカメラのクオリティ」というのはもしかしてこれと関係があるのではないか? 来年の iPhone が発表されるまではまだまだ時間があるが、iPhone のカメラがもっとよくなると思うとよだれがたれる・・・

This also brings up another interesting possibility: interchangeable lenses. Earlier this year, a newly granted Apple patent suggested Apple was exploring the possibility of attaching various small, fixed focal-length lens to the iPhone’s rear camera. Could this also be part of what Gruber meant when he said “DSLR quality”? We’re quite a ways away from the next iPhone announcement, but the idea of an even better iPhone camera makes us drool.

     *     *     *

2レンズカメラについては Corephotonics が開発したものもあるようだ。

珍しく Gruber 発のウワサだが、来年が “S” の年(大幅なデザイン変更が行なわれる年ではなくスペックアップだけの年)であることを考えると、「カメラの飛躍的改良」は大いにありそうな気がする・・・

Read Full Post »

tim_cook_wsjd

[WSJD Live で語る Tim Cook:WSJ Video

小売りチェーンが Apple Pay を締め出したことについて、Tim Cook が WSJD Live イベントで語っている。

Tim Cook on Retailers That Refuse Apple Pay | WSJ Video

・あれは小競り合い(skirmish)に過ぎない
・72時間で認証されたカードは百万枚を超えた
・他の全部をひっくるめてもアップルが非接触型決済(”contactless” payments)のナンバーワンだ
・それもたったの一週間で
・まだ米国で始まったばかり
・顧客からメールが殺到している
・自分でも試したが簡単すぎて信じられない
・カード紛失やカード詐欺の恐れもない
・簡単・安全・秘密の3点を備えた最初で唯一のモバイル決済手段

     *     *     *

John Gruber のコメント。

Tim Cook: Apple Pay Is Already the Leader in Contactless Payments | Daring Fireball

たった一週間で

たった一週間でアップルはマーケットリーダーになった。何年も前から存在している Google Wallet などと同じシステムを使って。(アプリ内の話だけでなく)実際の小売り現場で使えるのは出てひと月の iPhone 6 デバイスだけだ。

One week, and Apple is already the market leader — using the same systems that Google Wallet and whatever else is out there have been using for years. And in retail locations (as opposed to within apps) it only works with one-month-old iPhone 6 devices.

     *     *     *

Touch ID の重要性

特段技術的な新機軸はない、Apple Pay は Google Wallet とほぼ同じで、違うのは Touch ID だけだというひとがいる。Apple Pay の成功をもたらした Touch ID(およびそれに付随するセキュリティ確保策)の重要性をそんな片づけ方をするのはナンセンスだ。仮に議論を進めるため Apple Pay には特段新しい技術が含まれていないとしても、アップルが突破口を開いたことは大いに賞賛に値すると思う。

I’ve seen people arguing that Apple hasn’t really brought much to the table here, that Apple Pay is nearly the same as Google Wallet except for Touch ID. I think it’s nonsense to dismiss the importance of Touch ID (and the secure element that goes along with it) to the success of Apple Pay. But even if we concede for the sake of argument that there’s nothing technologically novel involved with Apple Pay, the company still deserves enormous credit for making a breakthrough.

     *     *     *

単なるマーケティングに過ぎない?

これは単なるマーケティングの話に過ぎない。アップルが Apple Pay のような新しい機能をユーザーに知らせられること、最初から数多くの全国チェーンと提携できること、そんなことに過ぎないというひとがいる。しかしこのどれをとっても「単に・・・過ぎない」という話ではない。ユーザーに新しい機能を知らしめるのは容易なことではない。パートナーと組むのも容易ではない。最初の一か月で最新の電話を数千万台を売るのも簡単なことではない。

It’s just marketing, and Apple’s ability to let their users know about new features like Apple Pay, and their ability to partner with a bunch of nationwide chains right off the bat. There’s no “just” about any of that. Getting users to know about new features is not easy. Getting partners on board is not easy. Selling tens of millions of brand-new phones in the first month is not easy.

     *     *     *

使ってみて初めて

プリンの味は食べてみなければ分からない。NFC[Near field communication:近距離無線通信、非接触通信]ターミナルが商店に導入されて久しいが、ほとんど使われてこなかった。それなのに Apple Pay が利用可能になるやたったの一週間で iPhone はマーケットリーダーになってしまったのだ。

The proof of the pudding is in the eating. These NFC terminals have been in stores for years, and never became popular. Then Apple Pay went live one week ago, and the iPhone is already the market leader.

     *     *     *

Tim Cook は相変わらず簡明直截だ・・・

Read Full Post »

currentc-payment

[QR コードを読ませる CurrentC:TechCrunch

デジタル財布をめぐる戦争が勃発しようとしている。

片や Apple Pay を出したばかりのアップル、片や来年導入予定の CurrentC をサポートする企業連合だ。

CurrentC は Merchant Customer Exchange と呼ばれる企業連合が考案したクレジットカードに代わるモバイル決済システムで、クレジットカードを排除してカード会社に対する手数料をなくしようとするもの。

ドラッグストアチェーンの CVS や Rite Aid から始まった Apple Pay 締め出し(Google Wallet も)の動きは、今後 Walmart、Kmart、7-Eleven、Best Buy などを初めとする広い範囲に波及しそうな気配だという。

多くのメディアが取り上げているのも全面戦争の予感がするからだろう。

それらの記事の中で John Gruber の分析がとても興味深い。

Retailers Are Disabling NFC to Block Apple Pay | Daring Fireball

     *     *     *

クレジットカードの排除

QR コードだって。まあ頑張ってくれ。それに CurrentC はクレジットカードでは使えない。預金口座と直結したプリペイドカードやデビットカードだけが対象だ。Apple Pay はクレジットカードシステムの上に構築されている。CurrentC の方はクレジットカードを排除しようとする試みだ。不毛だと言わざるを得ない。

QR codes. Good luck with that. Plus, CurrentC doesn’t even work with credit cards — it only works with prepaid store cards and debit cards tied directly to your bank account. Apple Pay is built atop the credit card system; CurrentC is an attempt — futile, I say — to eliminate credit cards.

     *     *     *

複雑な CurrentC

アップルがやろうとしているのは(どの業界もそうではない)、クレジットカードを使うのよりずっと容易かつ便利な場合にのみモバイルデバイスを決済に使うことだ。CurrentC では、まず電話のロックを外し、アプリを起動して、カメラを QR コードに向けて、そして待つ必要がある。Apple Payだと、電話を取り出して親指を Touch ID センサーに当てるだけでいい。

What Apple gets and what no one else in the industry does is that using your mobile device for payments will only work if it’s far easier and better than using a credit card. With CurrentC, you’ll have to unlock your phone, launch their app, point your camera at a QR code, and wait. With Apple Pay, you just take out your phone and put your thumb on the Touch ID sensor.

     *     *     *

顧客のことを考えたモバイル決済システム

Cook が先月 Apple Pay を紹介した際に言ったことは正しい — これが唯一顧客体験を考えてデザインされたモバイル決済の解決方法だと。CurrentC は顧客データの収集を念頭においてデザインされ、その見返りにクーポンやいろいろなジャンクを提供する。例えば CVS のレシートはこんな感じだ。まるでジョークみたいだが本当だ。彼らがモバイル決済に持ち込もうとしているのはそんなユーザー体験だ。

Tim Cook was exactly right on stage last month when he introduced Apple Pay: it’s the only mobile payment solution designed around improving the customer experience. CurrentC is designed around the collection of customer data and the ability to offer coupons and other junk. Here is what a printed receipt from CVS looks like. It looks like a joke, but that’s for real. And that’s the sort of experience they want to bring to mobile payments.

     *     *     *

締め出しがかえって裏腹に

もし自分の読みが正しければ、これらの小売りチェーンは NFC を利用した決済システムを締め出そうとしているのだ。そのことが Apple Pay が実際に使えるものであり、現に使われていることを証明していると思う。それに Apple Pay が使えるのは発売されてまだひと月もたたない iPhone 6 だけだ。1年後、2年後に Apple Pay が大多数の iPhone で使えるようになったとしたらどうなるか・・・

If I’m reading this right, and I think I am, these retailers who are shutting down their NFC payment systems are validating that Apple Pay is actually working, that people are actually using it. And remember, it only works with the month-old iPhones 6. Think about what happens a year or two from now when a majority of iPhones in use are Apple Pay enabled.

     *     *     *

Apple Pay を使わせるぐらいなら

彼らは何をしようとしているのか。彼らは NFC 決済システムそのものを — それも丸ごと — 排除しようとしているのだ。みんなが実際には Apple Pay を使っているからというたったそれだけの理由で。Apple Pay は非常によくできているので提携会社でなくても使える。それに対して彼らのシステムは何年も前から導入されているのにほとんど使われないので、Apple Pay を使わせるぐらいなら皆をブロックしてしまえとこの小売商たちが考えたのは明らかだ。Apple Pay の魅力を証明するこれ以上のやり方があるだろうか。

Think about what they’re doing. They’re turning off NFC payment systems — the whole thing — only because people were actually using them with Apple Pay. Apple Pay works so well that it even works with non-partner systems. These things have been installed for years and so few people used them, apparently, that these retailers would rather block everyone than allow Apple Pay to continue working. I can’t imagine a better validation of Apple Pay’s appeal.

     *     *     *

問題は顧客データ

しかも Apple Pay を認めたくないのは、アップルが彼らに顧客の個人情報をくれないからだ。セキュリティが問題なのではない — 米国のどのクレジットカード・デビットカードより Apple Pay ははるかに安全だ。カネが問題なのでもない — アップルの手に入る僅かばかりの決済費用は小売商からではなく、銀行から得られるのだ。問題はデータなのだ。

And the reason they don’t want to allow Apple Pay is because Apple Pay doesn’t give them any personal information about the customer. It’s not about security — Apple Pay is far more secure than any credit/debit card system in the U.S. It’s not about money — Apple’s tiny slice of the transaction comes from the banks, not the merchants. It’s about data.

彼らがそうするのは、安全性がより低く(サードパーティ製アプリでは Apple Pay に収納されているクレジットカードデータにアクセスできないのがその一例)、より不便で(QR コードのような)、より秘密でない、そんなシステムを彼らが求めているからだ。

They’re doing this so they can pursue a system that is less secure (third-party apps don’t have access to the secure element where Apple Pay stores your credit card data, for one thing), less convenient (QR codes?), and not private.

     *     *     *

Apple Pay を排除しても・・・

CVS や Rite Aid が悔し紛れに Apple Pay を無力にしたことで顧客がドラッグストアを変更する(Walgreens は Apple Pay の提携会社)かどうかは分からない。しかしそれによって CurrentC がさらに訴求力を増したりしないことだけは確かだ。

I don’t know that CVS and Rite Aid disabling Apple Pay out of spite is going to drive customers to switch pharmacies (Walgreens is an Apple Pay partner), but I do know that CurrentC is unlikely to ever gain any traction whatsoever.

     *     *     *

モバイル決済分野にアップルが参入したばかりなのにこうした動きになったのはそれだけ Apple Pay に対する危機感が強いからだろう。

アップルの「新しいカテゴリー製品 Apple Pay」はどういう展開をたどるのだろうか・・・

     *     *     *

追記:どこかで見たような・・・

つぶやきのいくつかがモバイル決済戦争の行方を見通しているようで興味深い・・・

     *     *     *

Erick Schonfeld @erickschonfeld

モバイル財布戦争の始まりだ
Mobile wallet wars begin “@MacRumors: CVS Stores Reportedly Disabling NFC to Shut Down Apple Pay and Google Wallet

Matthew Panzarino @panzer

iPhone が登場したときのキーボード付き電話メーカーの反応が思い出される
Retail chains that are boycotting Apple Pay are like phone makers that refused to give up physical keyboards.

Benedict Evans @BenedictEvans

ハイテク企業の試みが失敗するか、それとも技術をよく知らない業界連合の試みが失敗するか
Few things are more predictable than the failure of a tech product made by an industry consortium of non-tech companies.

Read Full Post »

[John Gruber, Daring Fireball – XOXO Festival (2014) | YouTube

先月の XOXO Festival で John Gruber が語っているビデオが興味深い。

めずらしく自分のブログ「Daring Fireball」について語っている。

「如何にしてブログで生計を立てるに至ったか」の Gruber 版だ。

どうやって広告から現在のスポンサーシステムにたどりついたか、についても。

それにしても Gruber は話が上手になった。

誰でもこう出来るのならことは簡単だろうけれど・・・

Read Full Post »

s1

[S1 SiP:Apple

新しく発表された Apple Watch は品揃えの多さでこれまでのアップルからは考えられないものだった。

しかも 18 金ゴールド、サファイアのいちばん高いモデルは 5000 ドル以上する可能性があると John Gruber が指摘したときは、アップルもすっかり変わってしまったと感じたものだ。

時計とは名乗ってもコンピュータであるかぎり技術的には陳腐化を免れない。そんな製品が 5000 ドルや 1000 ドルという値段で売れるものかいまひとつピンとこなかった。

その意味で Gruber の新しいポッドキャスト The Talk Show がとても興味深い。すべてのキーは S1 にあるという主張だ。

Ep. 96, With Ben Thompson | The Talk Show

アップルのプレスリリースでは S1 について次のように述べている。

     *     *     *

S1 SiP:ここまで小さくなったコンピュータ

Apple custom-designed its own S1 SiP (System in Package) to miniaturize an entire computer architecture onto a single chip.

Apple Unveils Apple Watch—Apple’s Most Personal Device Ever | Apple [Press Info]

     *     *     *

注目すべきは「an entire computer architecture onto a single chip」という部分だ。

アップルのホームページにある Apple Watch の説明でもこれが繰り返されている。

     *     *     *

すべてのコンピュータアーキテクチャを一つのチップに。

An entire computer architecture on a single chip.

極端に制限のある環境は、時に刺激的で興味深い、創造性にあふれた解決方法を生み出します。その最たる例が、Apple Watchの心臓ともいえる独自設計のチップです。従来のコンピュータアーキテクチャで、これほどまでに凝縮されたスペースに収まるものはありません。そこで私たちは、数多くのサブシステムを一つの極小モジュールに組み込む方法を見いだし、それらの電子部品を外的要素、衝撃、摩耗から守るために樹脂の中に完全に包み込みました。コンピュータシステム全体を一つのチップに組み込んだのは業界でも初めてです。エンジニアリングと微細化技術が達成した一つの偉業といえるでしょう。

Massive constraints have a way of inspiring interesting, creative solutions. A prime example is the custom-designed chip at the heart of Apple Watch. No traditional computer architecture could fit within such a confined space. So we found a way to integrate many subsystems into one remarkably compact module, which is then completely encapsulated in resin to protect the electronics from the elements, impact, and wear. Configuring an entire computer system on a single chip is an industry first and represents a singular feat of engineering and miniaturization.

     *     *     *

コンピュータ本体が微細化(miniaturization)技術によってここまで小さくなったのが S1 チップ[S1 SiP (System in Package) ]というワケ。

これは単なるチップではなく、コンピュータシステム全体が一つのチップに組み込まれた SiP(System in Package)だ。そこがこれまでとは画期的に異なる点だ。

したがって今後 S1、S2・・・と進化して、そのコンピュータモジュールが交換可能になったらどうなるかというのが Gruber の主張だ。

そうすれば 5000 ドル以上する Apple Watch Edition も、内部のコンピュータ部分を交換するだけで使い続けられ、First Edition(初版)としての価値も保持できる。

だから iPhone 登場以来の大変化だという。

これはまさに爆弾発言だ。

もしそうなら Apple Watch の位置付けそのものがコペルニクス的転換を遂げるとゲストの Ben Thompson が興奮するのももっともだ。

価格面からも、スタイル、パフォーマンス、リーテルなどあらゆる面からみて、誰も考えたことのないほど意欲的な未来がアップルに開けることになる。

Gruber のいうように S1 チップの交換やアップグレードが可能になるとしたら、たしかにこれは iPhone 登場以来の大変化といっていい。

このポッドキャストは3時間近くとチョー長いので、以上はその表面をなぞっただけだが、ぜひともご自分の耳でその興奮を確かめていただきたい。

Gruber や Thompson がこの議論を敷衍してまとめてくれるのを楽しみに待ちたい・・・

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »