Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Jeff Williams’

williams_hero20110204

[Jeff Williams:Apple

アップルが史上最高の業績をあげた背景には Jeff Williams がいたと Neil Cybart がいっている。

殺到する新製品への需要をうまくさばけたのも、遅滞なく製造できた彼の功績がおおきかったというのだ。

Jeff Williams: Apple CEO Material | Above Avalon

     *     *     *

めざましい Jeff Williams の仕事ぶり

アップルの今期の業績をみて明らかになることがひとつある。それは Jeff Williams がすばらしい仕事をしたということだ。・・・将来どうなるにせよ、誰もがめったに達成できないすばらしい業績をあげたことで彼に注目すべきだ。

One thing became abundantly clear after analyzing Apple’s recent earnings report: Jeff Williams is doing a phenomenal job. […] Regardless of what the future brings, people need to start watching Jeff Williams because he is executing at levels that few are able to achieve.

     *     *     *

「Tim Cook の Tim Cook」

Jeff Williams の経歴を見れば Tim Cook によく似ていることに気づく。2人とも Duke 大学で MBA を取得、IBM で働いた経験があり、1998 年にアップルに加わっている。Cook は COO[Chief Operating Officer:最高執行責任者]であり、Williams はオペレーションの副社長だったが、アンテナゲートの後に上級副社長になった。Fortune は Williams のことを「Tim Cook の Tim Cook」だといっている。

A look at Jeff Williams’ background would quickly bring up a comparsion to Tim Cook. Both Williams and Cook earned an MBA from Duke, spent time working at IBM, and joined Apple in 1998. Cook was Apple’s Chief Operating Officer (a position Apple never filled once Cook was promoted to CEO), while Williams was vice president of Operations, seeing a promotion to SVP after Antennagate. Fortune called Williams: “Tim Cook’s Tim Cook.”

     *     *     *

もちろん Tim Cook はすばらしい

アップルがすばらしい業績をあげたこと、また様々な企業から人材を引き寄せていることから、Tim Cook が成功裡にアップルを率いていることは間違いない。アップルが今後5〜10年の間にどこへ向かおうとしているのか、アップルに注目しているひとには分かってくるだろう。そしてその方向に導けるのは Tim Cook(および Jony Ive)をおいて他にないことにも異論はあるまい。

Judging by Apple’s financials, as well as Apple’s ability to attract top hires from various industries, Tim Cook is successfully leading Apple. Looking over the next 5-10 years, keen Apple observers can begin to see where Apple is headed, and there is no reason why anyone other than Tim Cook (and Jony Ive) will lead Apple in that direction. […]

     *     *     *

アップルの成長株

この四半期にアップルが素晴らしい業績を上げた背景には文字どおり何千人ものひとがいたけれど、中でも Jeff Williams は傑出している。品質を犠牲にすることなくかくも高いレベルでの製造工程を可能にしたのだ。Apple Watch の登場も間近かだが、Williams が様々な部品を最終間製品に結実させる製造工程の監督においても重要な役割を果たすことは間違いない。Williams はまさにアップルの成長株だ。

While there are literally thousands of people that contributed to Apple’s very strong holiday quarter, Jeff Williams stood out as executing at the highest level for driving such strong unit production growth without sacrificing quality. With the Apple Watch launch approaching, I’m sure Williams will continue to play a key role in overseeing the process of turning a collection of components into a finished product . Williams’ stock is on the rise inside Apple.

     *     *     *

Tim Cook インタビューで Businessweek が Jeff Williams のことに言及したのも記憶に新しい。

Tim Cook Interview: The iPhone 6, the Apple Watch, and Being Nice | Businessweek

Apple Watch を委ねられた Jeff Williams

アップルのインサイダーによれば、Apple Watch プログラムの責任者としてはハードウェアエンジニアリング担当の Dan Riccio が当然に思えたが、Cook はオペレーション担当上級副社長の Jeff Williams(51歳)を任命したという。Williams は Cook にとって頼りになるヤツ(go-to guy)なのだ。買収先を詳細にチェック、Foxconn やメーカーとの調整、何百万ものデバイスをアジアの工場から調達して世界中の店に製品を運ぶロジスティクスを担当する。彼は不思議なほど Tim Cook のクローンだ。背が高く、穏やかな話しぶり、熱心なフィットネスマニア、オペレーションに関しては細部にいたるまで果てしない記憶力を有する。2人とも Duke 大学で MBA を取得、初期に勤務したのは IBM だ。新生アップルで彼こそ「Tim Cook の Tim Cook」なのだ。

Apple insiders say that while an executive named Dan Riccio, who leads hardware engineering, would have been the obvious choice to take over the Watch program, Cook assigned it to Jeff Williams, 51, senior vice president for operations. Williams is Cook’s go-to guy—he vets possible acquisitions, coordinates with Foxconn Technology (2354:TT) and other manufacturers, and oversees the logistics needed to get millions of devices from Asian factories to stores around the world. He’s an uncanny Cook clone: tall, soft-spoken, and an avid fitness buff with an inexhaustible memory for operational details. Both men have MBAs from Duke University and spent early parts of their careers at IBM (IBM). In the new Apple, he’s Tim Cook’s Tim Cook.

     *     *     *

「Tim Cook の Tim Cook」がすべてを言い得ている。

2人とも IBM 勤務の経験があり、それもオペレーション担当だったのいうのも偶然ではあるまい。

Cook はスティーブ・ジョブズの副官として名を上げた。その Cook の副官に相当するのが Jeff Williams というのもなにか因縁じみている。

Williams の昨年度の報酬が Tim Cook より高かったのもこれで頷ける。

広告

Read Full Post »

apple_tim_cook_money

前人未到の時価総額を達成した会社だけに役員報酬もすごい。

ちなみに年俸 920 万ドルって10億円超だよ・・・

Apple CEO Tim Cook made $9.2 million in 2014 as new retail chief & other execs increase earnings | 9to5Mac

According to the report, Apple CEO Time Cook made a total of $9.2 million during the year including $1.7 million in salary and the rest in additional forms of compensation. Cook comes in behind new retail chief Angela Ahrendts with $73 million, which includes $400K salary, a $500k bonus, and the rest in stock and other forms of compensation that she picked up when joining the company.

Other executives listed include Senior Vice President of Internet Software and Services Eddy Cue and Senior Vice President of Operations Jeff Williams who both made a total of $24 million during Apple’s fiscal 2014 after stock awards and additional compensation beyond salaries.

APPLE INC – FORM DEF 14A (Proxy Statement (definitive)) | EDGAR Online

Tim Cook CEOの2014年の報酬の合計は920万ドル(約11億円) 、他の役員の報酬も明らかに | Linkman

     *     *     *

Philip Elmer-DeWitt が次のビデオを引いて皮肉タップリに・・・

Apple, Tim Cook and the wealth distribution curve | Fortune

Wealth Inequality in America | YouTube

Read Full Post »

Update 2》BBC の番組を見る
Update》アップルは深い怒りを覚える

pegatron_bbc

[製造ラインで眠りこける労働者:BBC

iPhone 6 を製造する上海の Pegatron 工場に潜入した BBC のドキュメンタリー番組。「アップルの裏切られた約束:アップルは中国の労働者を保護していない。」

Apple ‘failing to protect Chinese factory workers’ | BBC News

     *     *     *

苛酷な製造現場

上海郊外の Pegatron 工場で昼夜2交代シフトで疲労困憊した労働者が眠りこけている様子が撮影された。

Exhausted workers were filmed falling asleep on their 12-hour shifts at the Pegatron factories on the outskirts of Shanghai.

アップルコンピュータの部品を製造する工場で働くおとり労働者のひとりによれば、繰り返し休日をとらしてくれと訴えたにもかかわらず、18日間ぶっ続けで働かなければならなかったという。

One undercover reporter, working in a factory making parts for Apple computers, had to work 18 days in a row despite repeated requests for a day off.

他のおとり労働者の場合、シフトは最長で16時間にも及び、「寮に戻ると動きたくもない」という。

Another reporter, whose longest shift was 16 hours, said: “Every time I got back to the dormitories, I wouldn’t want to move.

「腹がすいていても、起き上がって食べる気にもならない。ただ横になって休みたいだけ。ストレスで夜も眠れない。」

“Even if I was hungry I wouldn’t want to get up to eat. I just wanted to lie down and rest. I was unable to sleep at night because of the stress.”

     *     *     *

秘密裡に撮影されたという Pegatron 工場の内部映像から外部からは窺えない様子が見てとれる。

同じ番組ではインドネシア Bangka 島の錫採掘鉱山で12歳の少年が違法な労働をしている様子も撮影されているらしい。

時あたかも作っても作っても需要に応じきれない iPhone 6/Plus が話題になっている最中なので、気になる話ではある。

思い出されるのは NY タイムズが、「誰にも愛される iPad は過酷な低賃金搾取労働の象徴だ」とアップルを攻撃する記事を載せたときのことだ。

ちょうどアップルが歴史的ともいえる桁外れの純利益を叩き出した直後のことだった。

名実共にアメリカのトップ企業となったアップルが、NY タイムズ記事をきっかけに一気に中国の低賃金搾取労働の象徴として矢面に立たされたことも記憶も新しい。

今回もある意味似たような状況にある。

瞬間風速とはいえ前人未到の時価総額7千億ドル超えを記録した直後、順風満帆と思えるアップルを襲ったのは、前回の NY タイムズに代わって今回は BBC というわけだ。

頂上に吹く風は激しいとはいえ、今後の展開が注目される・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルは深い怒りを覚える(12月20日)

BBC の報道に対しアップルがただちに反撃している。オペレーション担当上級副社長 Jeff Williams から英国のスタッフへのメールという形で。

Apple goes to war with the BBC | Telegraph

     *     *     *

深い怒りを覚える

昨夜 BBC の番組 Panorama はこれらの価値観[注:アップルは世界の人権と平等の向上に専心するという価値観]に問題を投げかけた。多くの皆さん同様に、ティム・クックと私[Jeff Williams]はアップルがサプライチェーンの労働者に対し約束を破った、あるいは形はどうあれ顧客を欺いたという指摘には深い怒りを覚える。

Last night, the BBC’s Panorama program called those values into question. Like many of you, Tim and I were deeply offended by the suggestion that Apple would break a promise to the workers in our supply chain or mislead our customers in any way.

事実と考え方について皆さんにお話したい。これらはすべて BBC に対しても事前に説明したが、明らかに番組では取り上げなかったものだ。

I’d like to give you facts and perspective, all of which we shared with the BBC in advance, but were clearly missing from their program.

Panorama の報道はアップルが労働環境の改善を行っていないと示唆している。はっきりさせておきたいが、これほど事実とかけ離れたことはない。

Panorama’s report implied that Apple isn’t improving working conditions. Let me tell you, nothing could be further from the truth. […]

     *     *     *

英国の5000人のスタッフに宛てたメールの全文はこちら

こと人権に関してはティム・クックのアップルは一歩も退かない・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》BBC の番組を見る(12月21日)

BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube
[BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube

物議をかもしている BBC の番組だが、番組そのものは英国内でしか見れない

いろいろ探してみたら、一部は YouTube でも見れるようになっていた。

3人の覆面記者を潜入させた Pegatron の初めての内部映像は多くのことを語っているが、インドネシアの錫採鉱現場のシーンは衝撃的だ。

愛用しているガジェット機器の背後にこんな製造国・原産国の事情があることを知ると心が重くなる。

しかし BBC の製作意図が窺える一方で、ここまでアップルの責任を追及できるのかという疑問も生じる。

Pegatron や Foxconn で ODM 製造しているのはアップルに限ったことではない。世界の多くの家電メーカーが依存しているのは周知の事実だ。また、錫を輸入してアルミ製品に利用しているメーカーもこれまた沢山ある。

中国やインドネシアの劣悪な労働環境や環境汚染をすべてアップルの責に帰するのは酷ではないのか・・・

とまれ何が問題になっているのか、自分の目で確かめておきたい。

Read Full Post »


[Tim Cook と Steve Jobs:photo

また John Gruber が興味深い視点を提供している。

Daring Fireball: “The New Apple Advantage” by John Gruber: 09 September 2011

     *     *     *

二人のおかげ

ここで話を単純化して考えてみよう。15年にわたるアップルの成功は二人の人間のおかげだと考えるのだ。ひとりは Steve Jobs、もうひとりは Tim Cook だ。Jobs の功績は、「美しい beautiful」、「エレガント elegant」、「革新的 innovative」、「楽しい fun」という形容詞で表される。Cook の功績は「手ごろな価格の affordable」、「信頼性のある reliable」、「もうかる profitable」という形容詞で表される。Jobs がデザインし、Cook が製造して販売する。

So let’s be lazy for a second here, and attribute all of Apple’s success over the past 15 years to two men: Steve Jobs and Tim Cook. We’ll give Jobs the credit for the adjectives beautiful, elegant, innovative, and fun. We’ll give Cook the credit for the adjectives affordable, reliable, available, and profitable. Jobs designs them, Cook makes them and sells them.

     *     *     *

Jobs 的側面、Cook 的側面

アップルのライバル(電話であれ、タブレットであれ、ラップトップであれ)がマネできるのは Jobs 的側面だ。だから特許が問題になり、訴訟が起きる。デザインはマネ出来るのだ。だが Cook 的側面もある。スケールメリットという利点だ。複雑な製品ラインアップを持つ会社にはこれはマネ出来ない。たとえばデルのような会社はラップトップのカテゴリーとして「Design & Performance」や「Thin & Powerful」という区別をしているが、そんな会社がいったいどうしてマネなど出来ようか?

It’s the Jobs side of the equation that Apple’s rivals — phone, tablet, laptop, whatever — are able to copy. Thus the patents and the lawsuits. Design is copyable. But the Cook side of things — Apple’s economy of scale advantage — cannot be copied by any company with a complex product lineup. How could Dell, for example, possibly copy Apple’s operations when they currently classify “Design & Performance” and “Thin & Powerful” as separate laptop categories?

     *     *     *

誰にもマネできない

私としては密かに思い当たることがある。私がアップル製品に関心を持ってきたのは優れたデザインがその理由だった。アップルのビジネスとしての側面に興味を持ったことはなかった。しかし今になって明らかになってきたことは、アップルのデザインがいかに優れたものであっても、ライバルに遥か先んじ、持続できる強みをもたらしたのは、まさにそのビジネスとオペレーションの力、すなわち Cook 的側面であるということだ。それはアップルが経てきた数十年に及ぶプロセスと同じものを経験しない限り、誰にもマネできないのだ。

This realization sort of snuck up on me. I’ve always been interested in Apple’s products because of their superior design; the business side of the company was never of as much interest. But at this point, it seems clear to me that however superior Apple’s design is, it’s their business and operations strength — the Cook side of the equation — that is furthest ahead of their competition, and the more sustainable advantage. It cannot be copied without going through the same sort of decade-long process that Apple went through.

     *     *     *

Tim Cook が率いることとなった新生アップルには誰も敵わないというわけだ。

サプライチェーン掌握にアップルの強さの秘密をみるのも同じ発想だろう。

奇しくも Cook が最も信頼する Jeff Williams が上級副社長に抜擢されたのも、Cook 的側面が重要視されていることの表れだろう。Cook が Jobs の忠実な副官だったように、Williams もまた Cook の副官だった(”He’s CEO Tim Cook’s Tim Cook.”)という指摘がオモシロい。

なお、Gruber のポストにはもうひとつ興味深い点が含まれている。

     *     *     *

Air と Pro の区別はなくなる

新 MacBook Air は iPad に似ている。自分では 11 インチ Air のことを「iPad Pro」と呼んでいる。使えば使うほどそう感じる[注]。アップルはかつてないほど大量の MacBook を売ってきた。しかし選択できるモデルは、広がるどころか減ってきた。SSD 価格が下がるにつれ、アップルは「Air」と「Pro」の区別をなくして、「Air に似た MacBook」を 11、13、15、17 インチの4種類のモデルに絞っていくだろうと思う。

The new MacBook Airs are iPad-like. I’ve called my 11-inch Air an “iPad Pro”, and the more I use it, the more that feels true.1 Apple is selling more MacBooks than ever before, but their range of models is shrinking, not expanding. As SSD prices fall, I expect Apple to drop the “Air” and “ Pro” distinctions and simply offer four Air-like MacBooks: 11, 13, 15, and 17 inches.

     *     *     *

来年は「iPad pro」も出る?

[注]だからといってホンモノの「iPad pro」が来年は出ないといっているわけではない。アップルが2つ(good/better)ないし3つ(good/better/best)のファミリーモデルに拡張する時点で・・・

1 Which is not to say we won’t get a real iPad “pro” next year when the iPad expands into a family of two or even three devices, good/better- or good/better/best-style.

     *     *     *

どうやら Gruber は、iPad に複数モデルが出るという考えは変えていないようだ。今年は登場しないという点も・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »