Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Jean-Louis Gassée’

Jean-Louis-Gassée

[Jean-Louis Gassée:image

アップルの史上最高の業績に関する Jean-Louis Gassée の分析がおもしろい。

いわゆる「○○の法則」と称する社会通念をアップルが次々と破ってきたというのだ。

How Many Laws Did Apple Break? | Monday Note

     *     *     *

アップルはこれまでも様々な法則を破ってきた。いわゆる「〇〇の法則」と称する類いのものだ。

We now turn to law-breaking.

法則1:大きくなればなるほど成長は難しくなる

Law 1: Larger size makes growth increasingly difficult.

これは本来の確率論でいう「大数の法則」(Law of Large Numbers)のことではない。規模が大きくなればなるほど成長の伸びは鈍化するという通念のことだ。1000 万ドルの会社が 50% の成長率ということは更に 500 万ドル稼いだということだ。1500 億ドルの会社の成長率が 50% なら 750 億ドルの追加収入が必要になる。しかしそれほど顧客を増やし、供給を充たすのは難しいだろう。現実の数字を見ればそれが分かる。グーグルの 2014 年度の売上は 660 億ドルで対前年比 19% の増加、マイクロソフトは 870 億ドルで 11.5% 増だ。アップルの場合は 1830 億ドルの増加だが年率にするとたった 7% だ。

This is the Law of Large Numbers, not the proper one about probabilities, but a coarser one that predicts the eventual flattening of extraordinary growth. If your business weighs $10M, growing by 50% means bringing in another $5M. If your company weighs $150B, 50% growth the following year would require adding $75B – there might not be enough customers or supplies to support such increase. Actual numbers seem to confirm the Law: Google’s FY 2014 revenue was $66B, +19% year-on-year; Microsoft’s was $87B, +11.5%; Apple’s $183B in revenue for 2014 was a mere +7%.

それなのにアップルの先期売上は前年同期比 30% を超えた。これまでのいかなる法則も先例さえも破るものだ。iPhone の売上は1期だけで 57% 増の 510 億ドル超だった。これはグーグルの 2014 年1年分にほぼ匹敵する。

And yet, last quarter, Apple revenue grew 30%, breaking the Law and any precedent. iPhone revenue, which grew 57%, exceeded $51B in one quarter — close to what Google achieved in its entire Fiscal 2014 year.

アップルは来期の成長を 20% 超と見込んでいる。これは 2015 年にさらに 370 億ドルから 400 億ドルの売上げを余分に見つけなければならないということだ。これはグーグルの半分強、マイクロソフトの半分弱にあたる。

Right now, Apple is “guiding” to a next quarter growth rate that exceeds 20%. For the entire 2015 Fiscal Year, this would mean “finding” an additional $37B to $40B in sales, more than half a Google, and a little less than half a Microsoft.

     *     *     *

法則2:すべてはコモディティ化する

Law 2: Everything becomes a commodity.

PC マーケットで見たように、ライバルが標準化を進め、価格引き下げに走るようになる。

しかし iPhone の ASP[Average Selling Price:平均実売価格]は下がるどころか上昇している。しかも中国マーケットで大きな伸びが見込めるのだ。

     *     *     *

法則3:マーケットシェアを制した者が勝つ

Law 3: Market share always wins.

[略]

     *     *     *

法則4:統合化よりモジュール化を進めた者が勝つ

Law 4: Modularity Always Wins.

Clayton Christensen の提唱する考えで、独自仕様のアーキテクチャよりオープンでモジュール化したアーキテクチャに進化しないとマイナーなプレーヤになるという考えだ。

しかし iPhone をみるとそういう結果にはなっていない。

     *     *     *

いわゆる「法則なるもの」の信憑性

大数の法則は確かにそうかもしれない。逆にいえばアップルの伸びがいかにスゴかったかということだ。結局アップルは常に勝利を収めてきた。成長率 20%、いや 10% ですら達成し続けてきた企業なんてないのだ。

I have no trouble with the Law of Large Numbers, it only underlines Apple’s truly stupendous growth and, in the end, it always wins. No business can grow by 20%, or even 10% for ever.

しかし残りの3つの規則(マーケットシェア、コモディティ化、モジュール化)については、それを覆す証拠がいくつもある。アップルは別にしても、ほかにも例外がたくさんあるところをみると、いわゆる法則なるものは単なる希望的観測にすぎないのではないか。知識の欠如という真空を充たす一種の知的 BGM なのではないか。

But, for the other three, Market Share, Commoditization, and Modularity, how can we ignore the sea of contradicting facts? Even if we set Apple aside, there are so many “exceptions” to these rules that one wonders if these so-called Laws aren’t simply convenient wishful thinking, a kind of intellectual Muzak that fills an idea vacuum but has no substance.

     *     *     *

否定論には新しい論拠が必要

アップルが「いわゆる通念を破壊」し続けているのを見ると、何度も繰り返される根拠のないたわごとに代わって新しい学説が登場してもいいのではないかと考えてしまう。Rob Majteles がつぶやいたように、「アップル:すべての経営理論は死に絶えてたのか?」といいたくなる。

As Apple continues to “break the law”, perhaps we’ll see a new body of scholarship that provides alternatives to the discredited refrains. As Rob Majteles tweeted: “Apple: where many, all?, management theories go to die?

     *     *     *

さすがにスティーブ・ジョブズがいなくなったからといい出す者はいなくなった。

しかしこれからも絶えないと思われるネガティブ論者を検討するうえで Gassée のいう「いわゆる通念としての法則」は物差しの役割を果たしてくれそうだ・・・

Read Full Post »

cash-register

Why payments in the US have been stuck in the Dark Ages | Quartz

かつてアップルを率いたことのある Jean-Louis Gassée が、欧州と米国のクレジットカードシステムの違い、Apple Pay がもたらしたテクノロジーについて概観する・・・

Read Full Post »

Update》変わる iDevice の世界

ipad-mini-pricing-516x432

[iPad mini の品揃え:ZDNet

アップルイベントでの扱いがおざなりだったことから、iPad mini は二流市民になったと James Kendrick がいっている。

Apple: Going all in with the iPad Air 2 and iPhone 6 Plus | ZDNet

     *     *     *

ほとんど脚光を浴びなかった

新しい小型 iPad がアップルイベントで脚光を浴びた時間は僅かで、デモすらなかった。多分これは iPad mini 2 との相違がほとんどなかったせいだろう。新しく追加されたのは Touch ID とゴールドカラーのオプションだけだった。それを除けば iPad mini 3 はまったく iPad mini 2 と同じだ。

The new little iPad only got a few minutes of discussion at the event, and wasn’t demonstrated at all. This was probably due to how little has changed from the iPad mini 2. Apple added Touch ID — the secure fingerprint reader —and a gold option. Everything else in the iPad mini 3 is exactly the same as the iPad mini 2.

     *     *     *

大きい価格差

Touch ID センサー搭載の iPad mini 3 は、エントリーモデルの価格が 399 ドル、iPad mini 2 より 100 ドル高く設定されている。iPhone 搭載の Touch ID が加わったのはいいことだが、この価格差ではどうか・・・

That new Touch ID sensor results in the iPad mini 3 starting at a cost of $399, which is $100 higher than the iPad mini 2. Adding the same Touch ID sensor that’s on the iPhone is a good feature, but not at that price.

     *     *     *

主力を iPad Air 2 と iPhone 6 Plus へシフト

アップルが iPad mini に対してあまり注力する姿勢を示していないのは、小型 iPad から iPad Air 2 および iPhone 6 Plus へ主力をシフトしようとしていることの表われではないかと思う。アップル経営陣は大型スクリーンの iPhone が iPad mini の領域を侵していると考えているのかもしれない。

The lack of attention Apple is giving to the iPad mini seems like it’s stepping away from the small tablet form and going all in with the iPad Air 2 and iPhone 6 Plus. Perhaps management thinks that the big iPhone screen is infringing on iPad mini territory.

     *     *     *

iPad mini は二流市民

もちろんアップルは予測困難な会社だし、iPad mini についても予想外のことをやるかもしれない。しかし iPad mini 3 の更新がほとんど注目されなかったこと、iPad イベントで割かれた時間が少なかったこと、さらには僅かの変更に対する価格差が大きいことを考えると、アップルにとって iPad mini は二流市民になったということのようだ。

Of course, Apple is unpredictable and may do something unexpected with the iPad mini. Given so little attention to the refresh of the iPad mini 3, the lack of stage time at the iPad press event, and the high price for such a little change, it seems the iPad mini has become a secondary product to the folks in Cupertino.

     *     *     *

iPad の立ち位置に対するアップルの答えが見えてきた・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》変わる iDevice の世界

Jean-Louis Gassée がもっと端的に語っている。

「iPad Air 2 と iPhone 6 Plus が私の iPad mini に対する考えを変えてしまった」と。

The new iPad Air 2 and iPhone 6 Plus have changed my mind about the iPad mini | Quartz

     *     *     *

「iPad micro」

かつて自分は iPad mini こそが真の iPad だと考えたことがある。上着のポケットに入れればどこにでも持ち運べるからだ。しかし2週間前に iPhone 6 Plus を購入して以来 Mini には触っていない。(そのせいで今朝久しぶりに Mini を開いたらアップデート待ちのアプリが 52 も並んでいた・・・。) それが今や自分はジーンズの前ポケットに入れて持ち運べる「iPad micro」を所有しているのだ。しかもそれで電話もかけられる・・・

I once thought the mini was the “real” iPad because I could carry it everywhere in a jacket pocket. But about two weeks ago I bought an iPhone 6 Plus, and I haven’t touched my mini since. (As punishment for my sin, I found 52 apps awaiting an update when I finally turned on the mini this morning…) Now I have an “iPad micro” in my (front) jeans pocket…and it makes phone calls.

     *     *     *

変わる iDevice の世界

iPhone 6 Plus が発表されたことで iDevice の世界はすっかり変わってしまった。iPhone の品揃えを増やしたため、iPad は下からの追い上げを受けるのだ。それはまたより大きい「iPad Pro」への可能性も産み出す。ひょっとしたらアップルは今や証明されたマイクロプロセッサのデザイン能力を使って軽くて軽快な MacBook Air すら考えているかもしれない。

With the introduction of the iPhone 6 Plus, the iDevices playing field has changed: A broader range of iPhones could “chase” the iPad upward, creating opportunity for a beefier “iPad Pro.” Or perhaps Apple will use its now-proven microprocessor design muscle to make a lighter, nimbler MacBook Air.

     *     *     *

iPhone 6 Plus は大きな転換点

アップルが次に何をするにせよ、iPhone 6 Plus は大きな転換点になるかもしれない。

Whatever Apple does next, the iPhone 6 Plus might prove to be a turning point.

     *     *     *

「iPad Pro」への布石も敷かれたか・・・

Read Full Post »

Braeburn-Group-iPad-Edited

[伸び悩む iPad:chart

iPad が伸び悩んでいると Jean-Louis Gassée が指摘している。

Monday Note: “The iPad Is a Tease” by Jean-Louis Gassée: 20 April 2014

それに対する John Gruber のコメントが興味深い。

Daring Fireball: “On the Leveling-Off of iPad Sales” by John Gruber: 21 April 2014

     *     *     *

頭打ちになった iPad の伸び

On the Leveling-Off of iPad Sales

対前年比で見ると iPad の伸びが頭打ちになってきていると広く言われていることについて Jean-Louis Gassée いわく:

Jean-Louis Gassée, on the widespread expectation that year-over-year iPad sales have leveled off:

感動に満ちたコマーシャルにもかかわらず、アップルの iPad に対する期待は現実的な可能性を大きく超えている。iPad だけを利用するユーザーの数は多いが、それ以外にもかなりの数の両刀使いのユーザー、すなわちタブレットと従来の PC を日常的に使用するユーザーが存在するのだ。

Despite the inspiring ads, Apple’s hopes for the iPad overshot what the product can actually deliver. Although there’s a large numbers of iPad-only users, there’s also a substantial population of dual-use customers for whom both tablets and conventional PCs are now part of daily life.

非現実的な期待から覚めたとき、iPad の売れ行きには小康状態が訪れると思う。多くのひとが当初期待したほど iPad が PC に取って代わるのは時期尚早だったと。

I see the lull in iPad sales as a coming down to reality after unrealistic expectations, a realization that iPads aren’t as ready to replace PCs as many initially hoped.

     *     *     *

要すれば

要すれば Gassée は、タブレットの売れ行きは頭打ちになる、iPad の成長には Mac のようにより高度の作業ができる能力が必要だといっている。

In short, Gassée is arguing that tablet sales have hit a wall, and that the iPad needs to grow more Mac-like capabilities for advanced tasks.

     *     *     *

iPhone を視野にいれると

Gassée に対して Benedict Evans がつぎのようにツイート。興味深い議論の輪が広がっている。

Gassée’s piece spawned an interesting thread on Twitter, in which Benedict Evans argued:

議論の前提: iPad の伸び悩みは PC 市場にとって悪いニュースであり、電話が PC 利用の大きなシェアを占めることができることを意味する。

Posit: slow iPad sales are worse news for the PC market: implies phones can take the greater share of PC use cases.

     *     *     *

iOS デバイスで考えると

これはなかなか説得力があると思う。われわれはタブレットの究極の役割を過大評価し、電話の役割を過小評価したのかもしれない。そしてこの議論は業界全体が5インチサイズの電話ディスプレイに向けて動いていることでいっそう混乱する。

I find that compelling. We might have overestimated the eventual role of tablets and underestimated the role of phones — and the whole argument is further muddled by the industry-wide move toward 5-inch-ish phone displays.

     *     *     *

最後の一行がとくに興味深い。

exhibit-no-413046

[消費者はアップルにないものを望んでいる:chart

アップル対サムスン裁判で表に出た証拠のひとつに上のスライドがあった。ライバルのように大型モデルを出さないと iPhone は伸びないというアップルの内部資料だ。

iPhone だけで考えれば、ライバルに対抗するためには大型スクリーン iPhone を出すのが必然のように思える。

一方 Gruber のコメントに従えば、iOS デバイスとしての iPhone と iPad はお互いに食い合う関係にあることになる。

ウワサの大型スクリーン iPhone についてアップルがどう出てくるのかたいへん興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

PICEDITOR-SMH

[アップルブランドの魅力:image

iPhone 5S/5C についての興味深い視点・・・

ParisLemon: “The iPhone 5c And The Apple ‘Premium’ Problem” by MG Siegler: 03 February 2014

     *     *     *

他人からどう見えるか

Jean-Louis Gassée いわく:

Jean-Louis Gassée:

2人の iPhone ユーザーを想像してみよう。ひとりはピカピカの iPhone 5S の持ち主で、もうひとりは去年 iPhone 5 を買ったユーザーだ。どう見えるだろうか? 2人ともセンスのいいスマートフォンユーザーだが、それぞれ異なる時点で「最新型」のモデルを買った。iPhone 5 ユーザーは時代遅れなのではない。アップグレードする機会を待っているだけだ。

Picture two iPhone users. One has a spanking new iPhone 5S, the other has an iPhone 5 that he bought last year. What do you see? Two smartphone users of equally discerning taste who, at different times, bought the top-of-the-line product. The iPhone 5 user isn’t déclassé, he’s just waiting for the upgrade window to open.

では、iPhone 5 の代わりに iPhone 5C で置き換えてみよう。2つとも同じ時期に買ったものだ・・・が、5C の持ち主はプラスチックの安いモデルを買ったように見えるのだ。

Now, replace the iPhone 5 with an iPhone 5C. We see two iPhones bought at the same time… but the 5C owner went for the cheaper, plastic model.

身につけるもので自分たちの人格を判断する心理学者のいうことなど聞きたくないかもしれない。しかし彼らはおおむね正しい。車からバーバリーのコートやアクセサリー、スマートフォンに至るまで、選ぶモノによって自分たちが何者であるか、自分がどう見えたいのかということを語ってくれるのだ。

We might not like to hear psychologists say we build parts of our identity with objects we surround ourselves with, but they’re largely right. From cars, to Burberry garments and accessories, to smartphones, the objects we choose mean something about who we are — or who we want to appear to be.

     *     *     *

視覚的ヒント

これは微妙な点だが、そのとおりだと思う。iPhone 5C は、わざわざ安い方の iPhone を選んだという視覚的ヒントを他人に与えてしまうのだ。善かれ悪しかれ、それが最初のメッセージになってしまう。

This is a subtle point, but I believe it’s exactly right. With the iPhone 5c, what you ended up having was a (very) visual clue to others that you went out of your way to buy a cheaper iPhone. Right or wrong, that’s likely the first message being conveyed.

     *     *     *

これまでなら

これまでなら、1年前の 99 ドルの iPhone(あるいは2年前のタダの iPhone)を買っても、古くなった「最新型モデル」がアップグレードを待っているようにしか見えなかった。

Previously, if you bought the $99 iPhone (or the $0 two-year-old variety), all that was conveyed was that you may have just had the old top-of-the-line version and were waiting to upgrade.

     *     *     *

諸刃の剣

アップルのプレミアムブランドは諸刃の剣だ。iPhone 5C が素晴らしいだけに、じつに残念なことだ。

Apple’s position as a premium brand cuts both ways. And that’s too bad because the iPhone 5c really is a great iPhone.

     *     *     *

本当のところどうかではなく、どう見えるかという視点。

プレミアムという差別化が思わぬ差別化を生む・・・

ところで iPhone 5C の売れ行きは実際はどうなのだろうか?

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:アマゾンがスマートフォンに手を出したら》
Update:鳥小屋に入ってきたキツネ》


[Amazon Appstore for Android:image

Marco Arment がこんどはアマゾン Appstore について注目すべき発言をしている。

Marco.org: “Amazon will take over Android app distribution” by Marco Arment: 22 November 2011

     *     *     *

Kindle Fire が売れたら・・・

Kindle Fire が非常によく売れると仮定してみよう。改善すべき部分が多々あるとしてもだ。

Assume the Kindle Fire will sell very well, even though it needs a lot of help.

     *     *     *

唯一の方法

ほとんどの Kindle Fire ユーザーにとってアプリをインストールする唯一の方法はアマゾンの Appstore for Android を利用することだ。Fire には Google Market が搭載されていないし、ほとんどのユーザーはハッキングやサイドローディング[side-load:コンテンツをローカルデバイス同士でやり取りする]ができるほど精通してもいなければその気もないだろうから。

The only way most Kindle Fire owners are going to be installing apps is from the Amazon Appstore for Android. The Fire doesn’t ship with Google Market and most buyers won’t be savvy or motivated enough to hack it or side-load anything.

     *     *     *

Android デベロッパにとっても問題

いわばアップルの App Store が iOS デバイスだけにロックされているのと同じ状態だ。たぶんとても人気がでると思われるこの Android デバイス[Kindle Fire]にとって、アマゾン Appstore は唯一の存在だ。したがって、ほとんどの Android デベロッパにとって、彼らのアプリがアマゾンの Appstore で利用できるようにしておくことが必須なのだ。

It’s similar to Apple’s App Store lockdown on iOS devices: the Amazon Appstore is the only game in town on this probably-soon-to-be-very-popular Android device. Most Android developers, therefore, need to ensure that their app is available in the Amazon Appstore.

     *     *     *

アマゾンはアップルよりしんどい

アマゾンはこれまでデベロッパに対し友好的ではなかった。(その意味では出版社に対しても同じだが。)いろんな点で、デベロッパがアマゾンを相手にするのはアップルを相手にするのよりしんどい。アマゾン Appstore にアプリを出すためには、アップルの場合以上に多くのコントロールを諦めなければならない。自ら価格を設定することもできなければ、自分のアプリについて説明することも諦めなければならない。これに比べれば、アップルの方が「オープン」といってもいいほどだ・・・

So far, Amazon has not been great to developers. (Or book publishers, for that matter.) By most accounts, dealing with Amazon is actually much worse for developers than dealing with Apple. By putting your app in the Amazon Appstore, you’re giving up a lot more control than Apple asks of us: you’re giving up the ability to set your own price and control your app’s description, among many other restrictions. By comparison, it makes Apple look almost… open.

     *     *     *

姿が見えなくなる

Android プラットフォームの最大のウリは「オープンな」Android Market だが、タブレットは外れており、ほとんど無関係といってもよかった。もしも Fire がその販売目標を達成できれば、Android アプリの小売りチャンネルはアマゾンによって長期にわたってハイジャックされることになる。Android タブレットのソフトの大部分はアマゾン Appstore を通じて売られることになり、アプリがそこに出ていなければ、Android タブレットのユーザーには文字通り姿が見えなくなる。

One of the biggest draws to the Android platform, the “open” Android Market, has just been sidestepped and made largely irrelevant for tablets. If the Fire sells anywhere near its target volumes, Amazon has hijacked the Android app retail channel for the long term: most sales of Android tablet software will be through the Amazon Appstore, and if your app isn’t there, it’s effectively invisible to the Android tablet userbase.

     *     *     *

Android フォンの場合は?

この影響がより規模の大きい Android フォンマーケットに及ぶのにどのくらいの時間がかかるだろうか? それには大規模端末メーカーのどこか一社がアマゾンとある契約を結ぶだけでいい。一定期間そのメーカーの電話機すべてに、アマゾン Appstore の方がグーグルの Android Market より目立つ形になるようにあらかじめしておけばいいのだ。アマゾンは小売りビジネスを熟知している。これぞ彼らのビジネスであり、得意中の得意なのだ。

How long will it be before this effect spreads to the much larger Android-phone market? All it would take is a deal between Amazon and one of the big handset manufacturers to preload the Amazon Appstore, placed more prominently than Google’s Android Market, on all of their phones for a little while. Amazon knows how to play the retail game — it’s their business, and they’re incredibly good at it.

     *     *     *

ゲイトキーパーになったアマゾン

オープンソースのコードベースからグーグルアプリを除いたもの — それが Android の真にオープンな部分なのだが — それは、市場に参入し、効果的に閉じ、遂には自らをゲイトキーパー(門番)とする強大な力を特定の会社に与えた。そしてゲイトキーパーとして見れば、アップルの方がよっぽど慈悲深く見えるほどだ。

A truly open facet of Android — the open-source codebase, minus Google’s apps — has enabled one company with a strong market position to step in, effectively close it, and make themselves the gatekeeper. And as gatekeepers go, Apple looks quite benevolent by comparison.

     *     *     *

デベロッパの目からみると、アマゾンはなかなか手強い相手らしい。

自前のデジタルエコシステムを持たないものにとって、これからの未来は厳しいものになりそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》鳥小屋に入ってきたキツネ(11月25日)

アマゾンが Android エコシステムだけでなく、グーグルそのものを窒息死させるかもしれないという刺激的な記事がある。

日本語訳がすばらしいので、ぜひお読みください。

・インターネットコム: “Amazon は Google をカモにしようとしている“: 24 November 2011
・Datamation: “How Amazon Is Making a Sucker Out of Google” by Mike Elgan: 23 November 2011

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アマゾンがスマートフォンに手を出したら(11月26日)


[Android-powered Amazon Blaze:image

Kindle Fire のウリはなんといっても 199 ドルという超低価格にある。

そのアマゾンがスマートフォンにも手を出すというウワサに、Jean-Louis Gassée がオモシロいことをいっている。

Monday Note: “The Apple Wireless Carrier (Part 2)” by Jean-Louis Gassée: 20 November 2011

     *     *     *

グーグルの支配が及ばない仕掛け

アマゾンがスマートフォンを来年末に出すかもしれないという刺激的なウワサが先週あった。最初は非現実的だと思ったが、手元の新しい Kindle Fire が Android のロックを実にうまく利用しているのを見て考えた。アマゾンは Android Open Source コードを利用して、それに自らのユーザーインターフェイスやアプリ、サービス、app store などを付け加えた。出来上がったのは「非公式な」Android デバイスだ。一切グーグルの支配が及ばず、トロイの木馬アプリも存在しない。さらには、アマゾンのブラウザとグーグルのサーチエンジンの間に間隙を設けることによって、Bezos &カンパニーは、味方でもあり敵でもあるマウンテンビューの会社に一切知られることなくユーザーデータを蓄積することができるのだ。それではこの新しく開発したやり方をアマゾンのスマートフォンに適用したらどうなる?

Last week, we heard a titillating rumor: an Amazon smartphone would come out late next year. At first, I dismissed it as unrealistic. Then, I looked at my brand new Kindle Fire and marveled again at the way Amazon “picked Android’s lock”. The company took the Android Open Source code, added its own UI, applications, services and app store. The result is an ‘‘unofficial” Android device without any Google control on it, without the Trojan Horse apps. Further, by slotting its own browser between the Amazon customer and the Google search engine, Bezos & Co. keep accumulating user data without sharing any of it with their Mountain View frenemies. Why not apply this newly developed arrangement to an Amazon smartphone?

     *     *     *

キャリアのインフラに乗っかる

また、Kindle にデータを集めるため、アマゾンが Whispernet を開発していたことにも改めて気付いた。これは他のキャリアのインフラを利用する 3G ネットワークだが、これって MVNO[Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者]の一種じゃないか?

I also realized that, in order to feed data to its Kindles, Amazon developed Whispernet, a 3G network riding other carriers‘ infrastructure — which sounds like an MVNO of sorts.

     *     *     *

超低価格

原価ないしちょっと損するぐらいの価格で Kindle Fire が売られていることを知っている。それによってアマゾン本来のビジネス(物品やコンテンツ販売)が爆発的に伸びるからだ。もしアマゾンがスマートフォン(ハードウェア + MVNO 契約)を出すとしたら、価格だって同じような考えで設定されることだろう

We know the Kindle Fire model of being sold at cost or at a small loss because it boosts the company’s real business: selling things and content. The hypothetical Amazon smartphone (hardware + MVNO contract) would be priced in the same spirit.

     *     *     *

どうやらアマゾンの影響は果てしなく及びそうだ・・・

Read Full Post »