Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Jason Snell’

q1-2015-revenue-pie-6c

[アイフォン株式会社:Six Colors

アップルは「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」だと Jason Snell はいう。

Product distortion field | Six Colors


     *     *     *

アップルの平均的顧客は iPhone ユーザー

アップルの史上最高の業績をみると、Mac と iPad を合わせても iPhone に及ばないことが分かる。

すべての iPhone ユーザーが必ずしも Mac を所有しているわけではないことを考えると、アップルの平均的顧客はいまや iPhone ユーザーだといえるだろう。

     *     *     *

アイフォン株式会社(iPhone Inc.)

過去2年間を振り返るとアップルの企業収益の半分以上は iPhone が叩き出していることが分かる。直近の四半期ではそれが3分の2にも達する。アップルは急速に「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」になっているのだ。本体はスマートフォンメーカーで、ついでにその他諸々のデバイスも作っている会社に・・・

For the last two years, the iPhone has provided more than half of Apple’s corporate revenue, and in the most recent quarter it was more than two-thirds of the revenue. Apple is rapidly becoming iPhone Inc., maker of smartphones and… various other devices.

     *     *     *

戦略的意思決定にも影響

iPhone ビジネスが大成功を収めたおかげで、そのことがアップル全体としての意思決定に影響を及ぼすようになっている。

iPhone のもたらす収益の度合いがあまりにも大きすぎるため、どうしても最大の収益源が最優先されざるを得ない。

iPhone の記録的成功がアップルの戦略そのものに影響しはじめているのだ。

     *     *     *

iPhone アクセサリーとしての Apple Watch

例えば Apple Watch だ。確かにこれは新しいカテゴリーの製品だが、同時にまたこれは iPhone アクセサリーでもある。しかも何億人もの iPhone ユーザーにとって Apple Watch は唯一の時計アクセサリーだ。初代モデルは少なくともそういうことだ。

Apple Watch をヒットさせるには多数いる iPhone ユーザーを満足させればいい。iPhone マーケットが巨大なので Apple Watch のために新しい顧客層を開拓しなくても済むからだ。だからアップルは多大の時間と労力を Apple Watch に投じることができるのだ。

Android ユーザーにも利用できるようになるとは思えない。そんなことがあるとしても、それは何年もずっと先のことだろう。

     *     *     *

アップルを理解するには・・・

iPhone の成功が余りに大きすぎたためそれがアップルの意思決定に影響を与えている。

新たなカテゴリーの製品であれ、既存の製品であれ、アップルがやっていることを理解するには次のチャートを念頭におくだけで十分だ・・・

category2-q1-2015-6c

[アップルの製品別売上の推移:Six Colors

     *     *     *

たしかに Jason Snell のいうとおり「アイフォン株式会社(iPhone Inc.)」と考えると見えてくる部分がたくさんあるような気がする。

Apple Watch も当初はその視点から考えると理解しやすいのかもしれない・・・

Read Full Post »

Apple_Watch-640x490-640x490

[Apple Watch:image

アップルの記録的な 2015 年第1四半期決算発表に関する Jason Snell のまとめから・・・

Apple Watch ships in April, “basically when we thought” | Six Colors

     *     *     *

Apple Watch の出荷は4月

Apple Watch ships in April

Tim Cook は今日、Apple Watch の4月出荷を発表した。

Today Apple CEO Tim Cook announced that the Apple Watch will arrive in April.

アップルの記録的な決算発表の場で Tim Cook は「Apple Watch の開発は予定どおり進行中です。出荷は4月になると思います」と語った。「アプリや通知、それに情報を一瞥(いちべつ)できる『glance』などについて開発者は鋭意作業を進めています。これらはいずれも Apple Watch の UI として特別にデザインされたものです。Apple Watch をめぐる革新的なソフトと創造性は信じられないほど素晴らしいものです。Apple Watch が入手可能になってユーザーが体験するのが待ちきれません。」

“Development for Apple Watch is right on schedule, and we expect to be shipping in April,” he said during a conference call with analysts following the company’s announcement of record profits. “Developers are hard at work on apps, notifications, and information summaries that we call ‘glances,’ all designed specifically for the Watch’s user interface. The creativity and software innovation going on around Apple Watch is incredibly exciting, and we can’t wait for our customers to experience them when Apple Watch becomes available.”

これまでアップルは Apple Watch の出荷時期を「2015 年初期」としかいってこなかった。出荷が遅れた場合はという質問に対して、Cook はアップルの考えるタイミングについていくつかヒントとなる情報を与えた。

Apple previously had only said that the Apple Watch would ship in “early 2015.” When asked on the conference call if the product had been delayed, Cook provided some useful clarity about how Apple defines time.

「私たちはこれまで『2015 年初期』といってきました。私たちはだいたい1年単位で考えており、『初期』とは最初の4か月、『中期』とは次の4か月、『後期』とは最後の4か月のことです。ですから、その範囲で考えているということます。私たちはおおむねそう考えています。」

“What we had been saying is ‘early 2015,’” he said. “We sort of look at the year and think of ‘early’ as the first four months, ‘mid’ as the next four months, and ‘late’ is the final four months. And so to us, it’s within the range. It’s basically when we thought.”

     *     *     *

いろいろウワサされる中で、Cook が明言した・・・

Read Full Post »

smartphone-camera

[スマートフォンのカメラ:The Verge

Vlad Savov の発言が興味深い・・・

To beat the iPhone, you have to beat the iPhone’s camera | The Verge

カメラで競うスマートフォンメーカー

アップルがモバイルデバイスの主導権を握っている背景には、最も重要な部品がサファイアクリスタルレンズだという事情がある。今日のスマートフォン市場ではあらゆるものがコモディティ化しており、素晴らしいデザインも目を見張るような薄さもありふれたものになっている。強力なプロセッサや大きなバッテリーももはや特別なものではなく、誰もが予期するものだ。顧客を新しく増やすには(そして現在の顧客を維持するためにも)、スマートフォンメーカーは自分たちが売ろうとしているのが何よりもまずスマートカメラで、それ以外はすべて二義的なものであるかのようにせざる得なくなっている。

The most critical component to Apple’s current mobile dominance lies behind that sapphire crystal lens. In today’s commoditized smartphone market, even great design and spectacular thinness are becoming commonplace. Powerful processors and large batteries are expected rather than exceptional. To win over new customers (and to keep existing ones), smartphone makers will have to act like what they are selling is actually a smart camera first and everything else second.

     *     *     *

そしてこの話を引用した Jason Snell の感想がさらに興味深い・・・

To beat the iPhone, beat the iPhone’s camera | Six Colors

新しいコミュニケーションの手段

相変わらず iPhone 6 カメラのクオリティには驚かされている。しかしティーンエイジャーの娘やその友人たちを見ているともっと驚かされる。彼女らの主たるソーシャルメディアは Instagram だ。彼女たちにとって Instagram に載せる写真を撮ることが電話を使う最大の目的なのだ。セルフィーが欲しいだけさとジョークをいうこともできる。しかしこの新世代は写真をコミュニケーションの手段にしているのだ。これってスゴいことだ!

I am constantly amazed at the quality of the iPhone 6 camera. But more than that, I see it with my teenaged daughter and her friends—their primary social-media platform is Instagram, and getting those photos is the single most important thing they do on their phones. We can joke about selfies all we want, but this is a generation that is using photography as a primary medium of communication. That’s huge.

     *     *     *

熱狂的 Taylor Swift ファン(swifties)の孫娘をみてもそのようだ。ブログより Instagram にのめり込んでいる。

未来世代が iPhone を使う目的はすでに変化しているのかもしれない・・・

Read Full Post »

ios-life-batterychart3

なるほど、なるほど・・・

 ・Battery life: Apple’s solving for x | Six Colors

Meanwhile, if you take a look at the quoted battery life for the iPad, you’ll find that Apple’s definitely solving for 10 hours of battery life. That was the quoted number for the very first iPad, and with some slight variation (occasionally it’s nine!), it’s been so ever since. Apple keeps making the iPad thinner and lighter, with just enough battery to claim 10 hours of life, no more.

So when you’re anticipating the next model of iPhone or iPad, and wondering if it’ll show markedly improved battery life, keep this in mind: So far Apple has behaved as if the battery life of the iPad and the iPhone are perfectly fine as is, and that it would prefer to create a thinner and lighter model to one that puts the makers of external battery packs out of business.

Except for that iPhone 6 Plus. That thing’s a monster.

Read Full Post »

keyboardsilver-copy

[12インチ MacBook Air のモックアップ画像:9to5Mac

12インチ MacBook Air のスクープに対するギークの反応がメチャおもしろい。

まずは Mark Gurman のスクープ記事の内容から・・・

Apple’s next major Mac revealed: the radically new 12-inch MacBook Air | 9to5Mac

     *     *     *

開発コード名「MacBook Stealth」の概要はつぎのようなものだ。

内部情報に基づく独占的モックアップ画像

新しいラップトップのプロトタイプを触ったことのあるアップル内の複数のソースから詳しい情報を得た。それに基づいてアーチスト[Michael Steeber]によるモックアップ画像を独占的に提供する。これは 2012 年の Retina MacBook Pro 以来のメジャーなアップデートだ。

[…] Sources within Apple, who have used internal prototype versions of the upcoming computer, have provided in-depth details about the machine, and our exclusive artist renditions of the revamped MacBook Air provide the first close look at Apple’s first major step in mobile Mac computing since the Retina MacBook Pro launch in 2012.

12インチ MacBook Air は現在の13インチモデルよりかなり小さく、11インチモデルよりやや幅が狭くなるだろう。新しい12インチモデルの幅は11インチモデルより4分の1インチ[0.635 cm]ほど狭く、高さは4分の1インチほど高くなる。大きくなったディスプレイをほぼ現行11インチモデルの大きさに収めるため、ディスプレイ周りのベゼルは小さくなっている。

The 12-inch MacBook Air will be considerably smaller than the current 13-inch version, yet also slightly narrower than the 11-inch model. The new 12-inch version is approximately a quarter-of-an-inch narrower than the 11-inch version, yet it is also a quarter-of-an-inch taller in order to accommodate the slightly larger display. In order to fit the larger screen into a footprint about the size of the current 11-inch model, the bezels on the display have been reduced on all sides.

     *     *     *

John Gruber の反応

ギークたちの反応のなかでも John Gruber が際立っている。

いつもなら直ちに「小ちゃな小鳥ちゃん」から仕入れたネタで切り返す Gruber だが、今回は不意打ちを食ったようだ。

9to5Mac Shows Mockups of Purported New 12-Inch MacBook Air | Daring Fireball

     *     *     *

すごいスクープ

もし本当なら Mark Gurman のすごいスクープだ。変更点は多々あるが、ポートが2つだけ(ヘッドホンと USB Type-C ポート)というところが特出している。外部ディスプレイにも、電源にも、周辺機器にもこの USB ポートひとつで接続する。(MagSafe、Thunderbolt、それに USB 3 を落としたのはよく分かるが、USB Type-C ポートがひとつだけというのは解せない。最低2つは必要じゃないか?)

Hell of a scoop by Mark Gurman, if true. Numerous interesting changes, most especially that the claim that it has just two ports: one for headphones and a lone USB Type-C port that would be used for everything from connecting an external display, power, and connecting peripherals. (I can totally see Apple dropping MagSafe, Thunderbolt, and USB 3 ports — but I don’t get why they would include only one USB Type-C port. Why not two?)

他に気に入った変更点:左右矢印キーを普通サイズのキーにしたこと。高さが半分サイズのキーなんて理解し難かった。

Another detail I like: the full-height keys for left and right arrow. Making those keys half-height never made sense to me.

グルマンの記事から「Retina」ということばが欠けている点が特に目立つ。

UPDATE: Conspicuously absent from Gurman’s report: the word “retina”.

     *     *     *

さらに Tom Warren[The Verge]に対する反論もおもしろい。

廉価版ラップトップの登場と考えるのは時期尚早。それに CES への目くらましなんて考えるのはとんでもないと。

From the Department of Jumping to Conclusions | Daring Fireball

その後も毎日のようにコメントしているところを見ると、よっぽど Gurman にしてやられたと思ったのだろう。

     *     *     *

MG Siegler の反応

12インチ MacBook Air を待望していた MG Siegler の反応も興味深い。

The “MacBook Stealth” | ParisLemon

Retina かどうか

もし Gurman のいうようにポートがひとつだけ(新しい USB Type-C)というのは奇妙だが、でもそれほど薄くなるというのなら、その価値はありそうだ。

If the thing really does only have one port (a new, USB Type-C), as Gurman notes, that would be odd, but if it really that thin, worth it, in my opinion.

それより「高解像度のディスプレイ」の方が気になる。それって Retina のことだと考えたい。そう思わない連中が多いようだが・・・

More important to me is the “higher-resolution display”. I assumed that meant Retina, but others aren’t so sure.

モックアップ画像もすばらしい。

Great mock-ups too.

     *     *     *

Jason Snell の反応

Jason Snell の原点回帰という視点もおもしろい。

The 12″ MacBook Air: Back to basics? | Six Colors

原点回帰

これまでの MacBook Air の軌跡を考えてみよう。2008 年に登場したときのデザインはクレージーそのものだった。正気とは思えないほど薄くかつ軽くするために、これまでラップトップの標準的機能と考えられてきた数々のものを投げ棄てたのだ。自分がオリジナル MacBook Air のレビューを書いたとき、「妥協」ということばを10回も使ったほどだ。

Meanwhile, consider the trajectory of the MacBook Air. When it was released in 2008, it was a crazy design. It threw away a huge number of what we considered to be standard laptop features in order to be insanely thin and light. In my review of the original Air for Macworld, I used the word “compromise” ten times.

光学ドライブなし。どのマックと比べても信じられないほど遅いプロセッサ。たった 80GB のハードディスク。(SSD なら 999 ドル余分に出してもたったの 64GB ぽっち!) USB ポートはひとつだけ。かてて加えて最低価格が 1799 ドルもする。

No optical drive. An incredibly slow processor, compared to all other Macs. A teeny-tiny 80GB hard drive (or an even tinier 64GB SSD for $999 more!). A single USB port. And, to top it all off, a price that started at $1799.

もし Gurman の記事が正しければ、この新しいモデルは MacBook Air ラインを MacBook Pro ラインから引き離すものだ。事実これは MacBook Air をそのルーツに戻すものだ。従来のコンピュータデザインの枠を踏み外しているため最初はクレージーに思えても、形式上必要とされるスペックなんかどうでもいいターゲットユーザーにはアピールするに違いない、そんな選択肢に溢れた製品としてのルーツに戻すのだ。

If Gurman’s reports are accurate, this new model pulls the MacBook Air line away from the MacBook Pro. In fact, it returns the MacBook Air to its roots—as a product full of choices that we consider crazy at first, because they’re out of step with conventional computer design, but that will appeal to a target audience that doesn’t actually care about those de rigueur features.

いいかえれば、そんなラップトップをアップルは出したりするだろうか? 専用の電源ケーブルも持たず、従来のたくさんのポートを捨て去り、未だかつて使用したことのないコネクターで電源や接続を行なう、そんなラップトップを薄くて軽いものを作るというためだけに出したりするだろうか? アップルならきっとそうするに違いない。

In other words, would Apple release a laptop with no dedicated power cable, ditch a bunch of traditional ports, and funnel every bit of power and wired connectivity through a connector that it has never before used, all in the name of creating a thinner and lighter laptop? Are you kidding? Of course it would.

     *     *     *

Gurman のスクープがギークたちをひどく刺激したことは間違いない・・・

Read Full Post »

blogging

ブログは死んだ、ソーシャルメディアでなければ始まらないという話の一方で、Twitter から逃げ出そうという動きもある。

そんな中で長いだけでなく、短い形のブログもあっていいのではないかというコメントをあちこちで見かけるようになった。

Andy Baio、Gina Trapani、Jason Snell などがそうだが、Marco Arment も同じようなコメントをしている。

Twitter is not a replacement for blogs | Marco.org

     *     *     *

Twitter はブログの代わりではない

ここ数年自分の書くものはほとんど Twitter だけになってしまった。すこしバランスをとる必要があると考えている。

Too much of my writing in the last few years has gone exclusively into Twitter. I need to find a better balance.

幸いこう考えるのは自分だけではないようだ。その意味で2人の記事がすばらしい。

Jason Snell:ツイートより長いもの
Gina Trapani:短い形のブログ

Fortunately, I’m not the only one thinking along these lines. These two pieces are great:

– Jason Snell: Bigger than a Tweet
– Gina Trapani: Short-form blogging

読んでくれる読者が Twitter の方にいるのなら、Twitter を忌避するのは非現実的だろう。しかし書くものすべてを一口サイズの小片にしてしまうのも賢いことではない。その小片たるやざっと目を通したあとは忘れ去られ、ほとんど探し出すこともできず、事実上アクセス不可能な Twitter のアーカイブの深奥に失われてしまうのだ。

I don’t think avoiding Twitter is pragmatic if your audience is there, but it’s also unwise to dump all of your writing into bite-size pieces that are almost immediately skimmed over, forgotten, and lost to the vast depth of the mostly unsearchable, practically inaccessible Twitter archive.

Twitter はあくまでブログの補助手段であって、決して代替物ではない。

Twitter is a complementary medium to blogging, but it’s not a replacement.

Manton のようなひとたちがこの問題に対応してくれているのが心強い。ツールやフォーマット、スタイルをちょっと変えて新しくするだけでも大いに役立つのだ。

I’m glad to hear from people like Manton who are exploring this problem as well. Some simple shifts and modernizations in tools, formats, and styles can go a long way.

壁をいくつか壊し、家具を少し動かすだけでも、ブログはカムバックを果たせると思う。それでみんながよくなるのだ。

By knocking down a few walls and moving some furniture around, blogging is preparing for a comeback, and we’ll all be better off for it.

     *     *     *

Twitter のあり方に対する批判に止まるのか、それとも新しい形のブログの復活につながるのか、なかなか興味深い。

Read Full Post »

[30歳になった Mac:Apple

今回の Macintosh 30周年記念はこれまでとは違っている。

アップルがさまざまな形で大々的に取り上げているからだ。

ホームページのトップを「Happy Birthday, Mac.」で飾り、Mac 30年のタイムラインをフィーチャーする特集ページまで設けられている。

アップルのお偉方がインタビューに応じるなど、これまで過去の記念日など無視してきたのとは大違いだ。

なかでも Macworld のインタビューに応じた Phil Schiller の発言が特に注目を引いた。

Macworld: “Apple executives on the Mac at 30: ‘The Mac keeps going forever.’” by Jason Snell: 23 January 2014

     *     *     *

誰もいなくなった

「自分たちが Mac を出したころコンピュータを作っていた会社は誰もいなくなった」とアップルの世界マーケッティング担当上級副社長 Phil Schiller は木曜日にクパティーノ本社で行ったインタビューで語った。「唯一残ったのはわれわれだけだ。アップルはいまでもコンピュータを作り続けている。しかも他の PC メーカーより早い勢いで成長している。それは繰り返し自らを再発明しようとするアップルの意欲のせいだ。」

“Every company that made computers when we started the Mac, they’re all gone,” said Philip Schiller, Apple’s senior vice president of worldwide marketing, in an interview on Apple’s Cupertino campus Thursday. “We’re the only one left. We’re still doing it, and growing faster than the rest of the PC industry because of that willingness to reinvent ourselves over and over.”

     *     *     *

まごうかたなき Mac

「オリジナル Mac が持っていた重要な特質はいまもハッキリと分かる形で残っている。アップルチームは何年もかけてうまくいかなかったものがあればそれを捨て去って、何度もなんども Mac を作ってはまた作り直してきた。にもかかわらずオリジナル Mac のコンセプトはその多くが生き残り、30年たってもなお Mac はまごうかたなき Mac なのだ。」

“There were so many things of value in the original Mac that it is still recognizable,” Schiller said. The teams at Apple that have built and rebuilt the Mac over the years have had the option to toss away anything that didn’t work—and yet so much of the original Mac concept succeeded that, 30 years later, the Mac remains undeniably the Mac.

     *     *     *

これからも永遠に続く

「Mac には常に変わらぬ非常に重要な役割がある」と Schiller はいう。「その役割が終わることはない。今後もずっとそうだ。スマートフォンやタブレットと併せて、使いたいものを自由に選べるという役割だ。Mac はこれからも永遠に続くというのがわれわれの考えだ。スマートフォンやタブレットとは違うからこそ貴重なのだ。」

“There is a super-important role [for the Mac] that will always be,” Schiller said. “We don’t see an end to that role. There’s a role for the Mac as far as our eye can see. A role in conjunction with smartphones and tablets, that allows you to make the choice of what you want to use. Our view is, the Mac keeps going forever, because the differences it brings are really valuable.”

     *     *     *

1997 年に、アップル創業20周年を記念して限定販売されたのが Twentieth Anniversary Macintosh[TAM]だった。

2人のスティーブに Gil Amelio から贈られたこの TAM が発表されたときは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」ともいわれたが、1997 年の Macworld Expo キーノートで見るジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。

ジョブズが TAM を嫌っていたのは有名で、窓から投げ捨てたという伝説まであるほどだ。(アップルに復帰したジョブズが最初にやったのは、Gil Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったと読んだ記憶がある。もちろん真偽のほどは定かでない。)

ことほどさように、過去のマシンや記念日には振り向きもせず、ひたすら未来を志向するのがジョブズ時代のアップルだった。

その意味で今回の30周年記念は画期的だ。

Macintosh 128K 以来の Mac ユーザーである筆者にとっていちばんうれしかったのは、「Mac はこれからも永遠に続く」という言葉を常にアップルの中枢にあり続けた Schiller の口から聞けたことだった・・・

★→[原文を見る:Original Text

     *     *     *

TAM

[Twentieth Anniversary Macintosh — TAM:photo

《追記》TAM もあった!

Mac タイムラインの 1997 年の項には、ちゃんと TAM も載っている!

これまたジョブズ時代には考えられなかったことだ。

併せて「Wired」がフィーチャーされ、テクノロジーの「Rolling Stone」誌を標榜したことが紹介されている。

1984 年の Macintosh 発表当時 Rolling Stone にいてジョブズをインタビューしたのが Steven Levy だった。

その彼がいま Wired で活躍していることを考えると、なにか因縁じみたものすら感じずにはいられない。

Read Full Post »

Older Posts »