Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Jason Kottke’

social_networking_space

[多様化するネットの世界:image

もっとも長い間続いているブログといえば Jason Kottke の kottke.org だろう。

その彼が「ブログは死んだ」といっている。

Nieman Journalism Lab: “The blog is dead, long live the blog” by Jason Kottke: 19 December 2013

     *     *     *

「ブログは死んだ」

ここ数年でブログは死んでしまった。2014 年になればみんなそのことに気づくハズだ。もちろん今もブログは存在するし、優れたブログも多い。これからも存在し、優れたものであり続けるだろう。この十年来ブログが漠然とだが情報提供の場としての役割を果たしてきたことはみな知っている。しかしその役割は次々に登場する異質のメディア形式 — ブログに似てはいるが明らかにそうではない — そんな形式によって担われるようになってきた。

Sometime in the past few years, the blog died. In 2014, people will finally notice. Sure, blogs still exist, many of them are excellent, and they will go on existing and being excellent for many years to come. But the function of the blog, the nebulous informational task we all agreed the blog was fulfilling for the past decade, is increasingly being handled by a growing number of disparate media forms that are blog-like but also decidedly not blogs.

     *     *     *

ブログに代わるもの

ひとびとはますますブログに代わるものへ投稿するようになっている。Tumblr や Twitter、自分たちの掲示板、Reddit、Snapchat、Facebook ステータスの更新、Instagram、Medium などだ。1997 年にネットに接続したティーンエイジャーたちがオンライン日記を始めた。2004 年にはブログが王様だった。きょうびのティーンエイジャーは音楽 CD を買う感覚でいとも簡単に Instagram や Snapchat を使ってブログと同じことを始める。ブログはもはや40才過ぎた子持ち[注:Jason Kottke のこと]のやることなのだ。

Instead of blogging, people are posting to Tumblr, tweeting, pinning things to their board, posting to Reddit, Snapchatting, updating Facebook statuses, Instagramming, and publishing on Medium. In 1997, wired teens created online diaries, and in 2004 the blog was king. Today, teens are about as likely to start a blog (over Instagramming or Snapchatting) as they are to buy a music CD. Blogs are for 40-somethings with kids.

     *     *     *

さらにつづけて自分のブログ kottke.org でこうもいっている。

kottke.org: “R.I.P. The Blog, 1997-2013” by Jason Kottke: 19 December 2013

毎日読むブログは二つだけ

自分はこれまでブログロール(そんなことばを覚えているだろうか?)や RSS リーダーを通じて、毎日何百というブログ(一週間では千をこえる)をチェックしてきた。しかし今では毎日目を通すブログはたったの二つ — Daring FireballWaxy — だけになった。RSS リーダーをチェックするのもときたまで、ときには何週間もチェックしない。ニュースや情報のフォローはもっぱら Twitter、Facebook、Digg、Hacker News、Stellar などに頼っている。「ブログしている」(blogging)知人の多くがそうしているからだ。もちろんブログもたくさん読んではいるが、それも自分がフォローしている知人たちの集合レーダーに引っかかるほどオモシロい場合に限られている。そんなオモシロい記事はますます Medium や Facebook、Tumblr だけになっている。

Through various blogrolls (remember those?) and RSS readers, I used to keep up with hundreds of blogs every day and over a thousand every week. Now I read just two blogs daily: Daring Fireball and Waxy. I check my RSS reader only occasionally, and sometimes not for weeks. I rely mainly on Twitter, Facebook, Digg, Hacker News, and Stellar for keeping up with news and information…that’s where most of the people I know do their “blogging”. I still read lots of blog posts, but only when they’re interesting enough to pop up on the collective radar of those I follow…and increasingly those posts are on Medium, Facebook, or Tumblr.

     *     *     *

メモや意見などを記録(ログ)するウェブログとして始まったブログも、時とともに情報収集や発信の場という性格を強めてきた。

多様化するネットの形も本来ブログが持っていた機能が拡大・拡散しているのかもしれない。

「ブログの死」と捉えるかどうかは意見の分かれるところだが、長年ブログとともにあった Kottke の発言だけに訴えるところが大きい。

ネット情報の様々なあり方を総括した Ben Thompson の考察(こちらこちら)はその意味でも興味深い。

ただ、今どきのことばの断片だけでは物足りない気がするのは筆者が歳取ったせいか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[イタチの沈黙:photo

中国のアップル工場で行なった Mike Daisey の突撃取材はウソだったとして、公共放送「This American Life」が番組そのものを撤回した。

撤回番組「Retraction」はなかなか印象的だ。

第1部は番組を撤回するに至った経緯、第2部が Daisey との対決、第3部が NY タイムズ記者とのインタビューで構成されているが、第2部[27 分ごろから]が実に興味深い。

→ 撤回番組「Retraction」| This American Life

その番組を元に Michael Sippey が長い沈黙の部分をオーディオクリップに編集している。

Kottke.org: “The silence of Mike Daisey” by Jason Kottke: 20 March 2012

     *     *     *

Mike Daisey の沈黙

ご存知 This American Life の最新のエピソードで最も印象的な部分は Mike Daisey が長い間沈黙するところだ。Michael Sippey がその部分を編集してオーディオクリップにしている。ジョン・ケージの『サイレンス』以来のもっとも優れた沈黙のオーディオクリップだ。

The long periods of silence by Mike Daisey were among the most compelling parts of the most recent episode of This American Life…you know the one. Michael Sippey edited together the silences into one glorious clip, the best audio of silence since Cage.

オーディオクリップ「The silence of Mike Daisey」

This American Life の「撤回」(Retraction)エピソードを文章で読んでも概要は分かるが、実際に耳で聴くと実に印象的で人の心をつかんで離さないものがある。最も印象的な部分は Daisey が沈黙するところだ。質問に答えられない気詰まりな様子が出ているだけでなく、リスナーがラジオ番組では沈黙を嫌うように仕向けられているせいもある — 沈黙はリスナーに信じ難いほどの気詰まりな不快感をもたらすのだ。

Reading the transcript of the Retraction episode of This American Life is one thing; listening to it is another. The most interesting bits were the silences, not only because Daisey is so clearly uncomfortable answering the questions, but also because we’ve been trained as radio listeners to abhor silence — it makes *us* incredibly uncomfortable.

     *     *     *

Mike Daisey の話芸が群を抜いているだけに、彼の沈黙もまた雄弁だ・・・

[via The Loop

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Nb
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

Read Full Post »