Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPhone 6/Plus’

iphone-6-6-plus-sim-free

ただし米国での話・・・

Apple to start selling SIM-free iPhone 6 & 6 Plus in the U.S. tomorrow | 9to5Mac

Apple will start selling fully unlocked, SIM-free iPhone 6 and iPhone 6 Plus models in the United States beginning tomorrow, January 6th, according to several sources. The unlocked iPhones will be available both via Apple’s physical retail stores and online store…

広告

Read Full Post »

Update 2》BBC の番組を見る
Update》アップルは深い怒りを覚える

pegatron_bbc

[製造ラインで眠りこける労働者:BBC

iPhone 6 を製造する上海の Pegatron 工場に潜入した BBC のドキュメンタリー番組。「アップルの裏切られた約束:アップルは中国の労働者を保護していない。」

Apple ‘failing to protect Chinese factory workers’ | BBC News

     *     *     *

苛酷な製造現場

上海郊外の Pegatron 工場で昼夜2交代シフトで疲労困憊した労働者が眠りこけている様子が撮影された。

Exhausted workers were filmed falling asleep on their 12-hour shifts at the Pegatron factories on the outskirts of Shanghai.

アップルコンピュータの部品を製造する工場で働くおとり労働者のひとりによれば、繰り返し休日をとらしてくれと訴えたにもかかわらず、18日間ぶっ続けで働かなければならなかったという。

One undercover reporter, working in a factory making parts for Apple computers, had to work 18 days in a row despite repeated requests for a day off.

他のおとり労働者の場合、シフトは最長で16時間にも及び、「寮に戻ると動きたくもない」という。

Another reporter, whose longest shift was 16 hours, said: “Every time I got back to the dormitories, I wouldn’t want to move.

「腹がすいていても、起き上がって食べる気にもならない。ただ横になって休みたいだけ。ストレスで夜も眠れない。」

“Even if I was hungry I wouldn’t want to get up to eat. I just wanted to lie down and rest. I was unable to sleep at night because of the stress.”

     *     *     *

秘密裡に撮影されたという Pegatron 工場の内部映像から外部からは窺えない様子が見てとれる。

同じ番組ではインドネシア Bangka 島の錫採掘鉱山で12歳の少年が違法な労働をしている様子も撮影されているらしい。

時あたかも作っても作っても需要に応じきれない iPhone 6/Plus が話題になっている最中なので、気になる話ではある。

思い出されるのは NY タイムズが、「誰にも愛される iPad は過酷な低賃金搾取労働の象徴だ」とアップルを攻撃する記事を載せたときのことだ。

ちょうどアップルが歴史的ともいえる桁外れの純利益を叩き出した直後のことだった。

名実共にアメリカのトップ企業となったアップルが、NY タイムズ記事をきっかけに一気に中国の低賃金搾取労働の象徴として矢面に立たされたことも記憶も新しい。

今回もある意味似たような状況にある。

瞬間風速とはいえ前人未到の時価総額7千億ドル超えを記録した直後、順風満帆と思えるアップルを襲ったのは、前回の NY タイムズに代わって今回は BBC というわけだ。

頂上に吹く風は激しいとはいえ、今後の展開が注目される・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》アップルは深い怒りを覚える(12月20日)

BBC の報道に対しアップルがただちに反撃している。オペレーション担当上級副社長 Jeff Williams から英国のスタッフへのメールという形で。

Apple goes to war with the BBC | Telegraph

     *     *     *

深い怒りを覚える

昨夜 BBC の番組 Panorama はこれらの価値観[注:アップルは世界の人権と平等の向上に専心するという価値観]に問題を投げかけた。多くの皆さん同様に、ティム・クックと私[Jeff Williams]はアップルがサプライチェーンの労働者に対し約束を破った、あるいは形はどうあれ顧客を欺いたという指摘には深い怒りを覚える。

Last night, the BBC’s Panorama program called those values into question. Like many of you, Tim and I were deeply offended by the suggestion that Apple would break a promise to the workers in our supply chain or mislead our customers in any way.

事実と考え方について皆さんにお話したい。これらはすべて BBC に対しても事前に説明したが、明らかに番組では取り上げなかったものだ。

I’d like to give you facts and perspective, all of which we shared with the BBC in advance, but were clearly missing from their program.

Panorama の報道はアップルが労働環境の改善を行っていないと示唆している。はっきりさせておきたいが、これほど事実とかけ離れたことはない。

Panorama’s report implied that Apple isn’t improving working conditions. Let me tell you, nothing could be further from the truth. […]

     *     *     *

英国の5000人のスタッフに宛てたメールの全文はこちら

こと人権に関してはティム・クックのアップルは一歩も退かない・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》BBC の番組を見る(12月21日)

BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube
[BBC Panorama Apple’s Broken Promises BBC Documentary 2014 [Workers Life in china Making iphone 6] | YouTube

物議をかもしている BBC の番組だが、番組そのものは英国内でしか見れない

いろいろ探してみたら、一部は YouTube でも見れるようになっていた。

3人の覆面記者を潜入させた Pegatron の初めての内部映像は多くのことを語っているが、インドネシアの錫採鉱現場のシーンは衝撃的だ。

愛用しているガジェット機器の背後にこんな製造国・原産国の事情があることを知ると心が重くなる。

しかし BBC の製作意図が窺える一方で、ここまでアップルの責任を追及できるのかという疑問も生じる。

Pegatron や Foxconn で ODM 製造しているのはアップルに限ったことではない。世界の多くの家電メーカーが依存しているのは周知の事実だ。また、錫を輸入してアルミ製品に利用しているメーカーもこれまた沢山ある。

中国やインドネシアの劣悪な労働環境や環境汚染をすべてアップルの責に帰するのは酷ではないのか・・・

とまれ何が問題になっているのか、自分の目で確かめておきたい。

Read Full Post »

White House Holiday Decorations

[iPhone 6 で撮影したホワイトハウスのクリスマスデコレーション:TIME

クリスマスになるとホワイトハウスもデコレーションで飾られる。

ホワイトハウスのプロカメラマンが iPhone 6 を使った感想を述べているのが興味深い。

Photographing the White House Christmas Decorations With an iPhone 6 | TIME

     *     *     *

実際に iPhone 6 を使ってみた

ホワイトハウス付き写真家 Brooks Kraft は、今年のクリスマス風景の撮影に iPhone 6 を使ってみた。

White House photographer Brooks Kraft used his iPhone to document this year’s Christmas decorations at the presidential residence

     *     *     *

カラーバランス、手早い撮影

その結果はなかなか良好だった。「各部屋の照明はいろいろで、自然光の部屋もあるが、iPhone 6 はそのままの設定でもカラーバランスが非常にいい。」また Kraft は iPhone 6 では仕事が手早く済むことも気に入った。「iPhone 6 は被写界深度が深いので撮影と移動が素早くできる。部屋から部屋へと次々に案内される今回のような場合は時間が限られているのでぴったりだ。なるべく人影の少ない瞬間を狙うのだが、そんな瞬間は非常に限られているからだ。」

The results, he feels, were good. “There are a lot of mixed lights in these rooms and there’s also [natural] light, and the new iPhones do a really good job of balancing colors right out of the camera. Kraft also likes to shoot with an iPhone because it allows him to work rapidly. “The iPhone has a lot of depth-of-field, which allows me to shoot the [picture] and move around quickly, which worked in this situation because we were sort of ushered through the rooms and didn’t have a lot of time. I wanted to photograph most of the spaces with few people in them, so the window of opportunity in which to shoot was brief.”

     *     *     *

シャッターチャンスを逃さない

さすがに iPhone 6 はデジタル一眼レフカメラ(DSLR)の代わりにはならないという。「iPhone 6 は別のタイプのカメラだと思う。プロの仕事の大部分は DSLR で撮影する。」しかしながら特定の場合には iPhone が役に立つという。「iPhone ではひとびとの反応が違うことに気がついた。気取らないありのままの写真を撮ろうとすると、モバイルデバイスに慣れているせいかみんなが反応する時間が遅い。だからいい写真を撮れるシャッターチャンスが多い。ホワイトハウスの場合は特にそうだ。」

Kraft says the iPhone won’t replace his professional DSLR. “I look at the iPhone as another piece of equipment. But the majority of my professional work is shot on a DSLR.” Nevertheless, the iPhone can help in certain situations. “I notice that people just don’t react the same way [when you’re using an iPhone]. If you are looking to capture something candid, people are so used to seeing mobile devices that their reaction time is slower. You have a better chance of getting the shot, and that was the case at the White House.”

     *     *     *

撮影する際のアドバイス

Brooks Kraft は iPhone 6 で撮影する際のアドバイスとして次のような事項を挙げている。その理由もさすがプロらしい・・・

Brooks Kraft’s five tips for shooting with an iPhone:

1)露出はベストに

1. Make sure you get the best exposure you can when you’re shooting, because it’s pretty hard to correct a bad exposure on the phone. It’s worth taking the extra minute to get it right.

2)フラッシュは使用しない

2. Don’t use the flash. With steady hands, the iPhone is frequently capable of capturing images in low light situations, and the results often look better then with the flash. But in some cases, you don’t have a choice.

3)ズームは使わない

3. Don’t use the zoom function because it’s not an optical zoom. It’s just blowing up the pixels you have.

4)解像度は最大に

4. Pay attention to the image settings of the app you’re using to photograph. Some will downsize your files. I use the native camera app because I’m sure to have a clean, maximum resolution file that I can go back to.

5)撮影後はきちんと整理を

5. Think about what you do with your images once you’ve shot them. There’s a tendency when you’re using a mobile device to let your images sit there instead of organizing them, archiving them or printing them. I really think that when people look back at their visual histories, they [might find big gaps in their archives].

     *     *     *

カメラが理由で iPhone 6/Plus を選んだひとは是非ともご一読あれ・・・

Read Full Post »