Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPhone 5S’

iphone_5c
iPhone 5C の紹介ビデオ

アップルの今年初めての製品発表となる iPhone イベントが行なわれた。

事前にさまざまなリークとウワサが横行した。

ところで Gruber の予測は一点を除いてすべて的中した。

間違えたのは iPhone 5C のスペックが iPod touch をベースとしたものになるだろうという点だった。

その点について次のように彼は述べている

Daring Fireball: “Thoughts and Observations on Today’s iPhone 5C and 5S Introduction” by John Gruber: 10 September 2013

     *     *     *

間違いをした

一点だけ間違いをした。

I got this one wrong.

今週私は自分の考え方を訂正したが、先月「The Case for a New Lower-Cost iPhone」をまとめたときその間違いをした。

I fixed my thinking by this week, but as of a month ago, I had it wrong when I wrote “The Case for a New Lower-Cost iPhone”.

     *     *     *

アップルの iPhone 戦略に変更無し

それはこういうことだ。iPhone 5C は安いものだというワケではない。(アップルとしては)製造コストは安いかもしれないが、値段が安いというワケではない。アップルのこれまでの戦略は変わっていないのだ。これまで3つの iPhone モデルをアップルは提供してきた。

Here’s the thing. The iPhone 5C has nothing to do with price. It probably does have something to do with manufacturing costs (which are lower for Apple), but not price. Apple’s years-long strategy hasn’t really changed. They offer three phones:

1)今年のモデルで最新技術のもの
2)昨年のモデルで 100 ドル安いもの
3)一昨年のモデルで貧弱なストレージ、2年契約で無料、アンロックモデルより 200 ドル安い

1. This year’s, with the latest technology.
2. Last years’s, starting $100 lower.
3. The two-year-old model, with meager storage, free on contract, $200 lower unsubsidized.

     *     *     *

iPhone 5C の位置付け

今回は1年経った iPhone 5 の代わりに 5C を2番目のモデルとしてデビューさせた。5C は事実上 iPhone 5 なのだ。同じ A6、同じカメラ、何もかも同じ — いちばん明白な違いであるカラフルなプラスチックの外殻を除けば。それは iPod touch に携帯電話のアンテナを加えたものではない。(今日は iPod touch のアップデートは無かったが、そのチップは A5 で、スペックはほぼ 4S と同じだ。)iPhone の価格レベルは前年と同じ。5C で変わったのは中価格帯が突如魅力的になったことだ。旗艦モデル 5S とは別に独自のブランドとしてアップルが宣伝できるようになったのだ。

It’s just that instead of putting the year-old iPhone 5 in slot #2, they’ve created the 5C to debut in that slot. The 5C is, effectively, an iPhone 5. Same A6, same camera, same just about everything — except for the most obvious difference, its array of colorful plastic shells. This is not an iPod Touch with a cellular antenna (the iPod Touch, which was not updated today, still has an A5 chip and roughly 4S specs). The prices of the iPhone tiers remain the same as last year. What changes with the 5C is that the middle tier is suddenly more appealing, and has a brand of its own that Apple can promote apart from the flagship 5S.

マーケティングでは新しく見えるものが新しいということだ。

In marketing, what looks new is new.

     *     *     *

決して安手でチープではない

確かにプラスチック製ではある。しかし安手でチープなところはまったくない。昔のプラスチック製 iPhone である 3G や 3GS に比べてはるかに仕上げは優れているし、手にもよく馴染む。5C はまるでハイグレード製品のように感じられる。

Yes, it’s plastic, but there’s nothing cheap about it. It has a far better fit and finish, and feels way better in your hand, than Apple’s previous foray into plastic iPhones, the 3G and 3GS. The 5C feels like a premium product.

     *     *     *

Air と Pro のアナロジー

MacBook に Air と Pro があるように、iPhone をよく似た兄弟のファミリーにしようとしているのだ。それぞれ 5C を Air、5S を Pro と考えればいい。あるいは iMac と Mac Pro でもいい。iPhone も家族が増えたのだ。

This move is about establishing the iPhone as a two-sibling family, like how the MacBooks have both the Airs and the Pros. Think of the 5C as the Air, and the 5S as the Pro. Or iMac and Mac Pro. The iPhone is growing up as a product family.

     *     *     *

宣伝の主体は

今回は前年のスペックで十分大衆化モデルの iPhone が出せるという初めてのケースだ。本日のアップルサイトでどちらの iPhone が最初に登場するか見ればいい。5S ではなく 5C だ。キーノートではどちらのコマーシャルを見せただろうか? 5C だ。こうなった理由のひとつは、5C の方が数量的により入手可能になるからだ。アップルが予約注文をとったのは 5C であって 5S ではない。なぜなら(そう信ずべき理由が自分にはあるが)5S の方が供給がタイトだからだ。プラスチックの方がアルミニウムより製造が簡単であり、5C の部品はすでに一年を経過していることを考えれば驚くべきことではない。それに実際に需要を充たせる方を宣伝するのが理に叶っている。

This is the first year when last year’s specs remain good enough to serve as the mass market new iPhone. Take a look at apple.com today and note which new iPhone appears first: the 5C, not the 5S. Which phone did they show a commercial for during the event? The 5C. Part of this too is that the 5C is going to be available in greater numbers sooner. Apple is taking pre-orders for the 5C but not the 5S because, I have reason to believe, they expect the 5S to be in constrained supply. That’s not surprising — plastic is easier to manufacture than aluminum, and the 5C’s components are all a year old. And it makes sense to promote the phone that you can actually fulfill demand for.

     *     *     *

ハイエンドモデルとしての 5S

Schiller はほとんど呪文のように 5S が「世界で最も先進的なスマートフォンだ」と繰り返した。Tim Cook も最後のまとめでその言い方を繰り返した。これは 5S を軽視しようとするものではなく、むしろ複数化したラインアップのハイエンドに位置づけようとするものだと自分は考える。トヨタが 5C だとすると 5S は Lexus であり、Banana Republic に対する Gap なのだ。(4S は Gap 系の洋服チェーン店 Old Navy というところか。)いずれ間もなくどの iOS 製品も 64-bit CPU、M7 モーションコプロセッサ、指紋認証センサー、オートフォーカスクラスのカメラを備えることになるだろう。しかしそれを最初に備えるのはまず iPhone 5S なのだ。

Schiller repeated, almost mantra-like, that the 5S was Apple’s “most forward-thinking iPhone”. In his wrap-up, Tim Cook echoed that line. This isn’t about downplaying the 5S, but rather, I think, about establishing the 5S as the top tier in what is now a two-tier lineup. The Lexus to the 5C’s Toyota; the Banana Republic to the 5C’s Gap. (The 4S is Old Navy.) Soon enough, all iOS devices will have 64-bit CPUs, motion-tracking sub-systems, fingerprint sensors, and point-and-shoot caliber cameras. But you get those things first in the iPhone 5S.

     *     *     *

このあとに続く Gruber のハンズオン感想もなかなか興味深いがそれは省略して最後に・・・

来月もまた

来月というと、昨年は9月11日に iPhone と iPod のイベント、10月23日に iPad のイベントが行なわれた。どうやら来月もまた来ることになるのは間違いなさそうだ。

Speaking of next month, last year Apple held events on September 11 (iPhone 5, iPods) and October 23 (iPads). I feel pretty sure I’ll be flying back out next month.

     *     *     *

プラスチック製であるが故に安手でチープと考えるのは間違っている。今後は 5C が大衆化モデルとしてメインになるというのだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

newsegmentation-600x363

Ben Thompson on iPhone Pricing | maclalala:temp

     *     *     *

新しい iPhone イベントもいよいよ明日(今宵深夜)に迫った。

その内容についてはアップルギークの John Gruber がひと月ほど前に思い切った予測をしている。

Daring Fireball: “The Case for a New Lower-Cost iPhone” by John Gruber: 13 August 2013

そのポイントは次のようなものだった。

・新機種の名称:iPhone “5S” および “5C”

・ラインアップ:ハイエンド iPhone 5S、ミッドレンジ 現行の iPhone 5、ローエンド iPhone 5C (iPhones 4 および 4S は廃止)

・なぜいま?:すべてのモデルを16:9 ディスプレイ、Lightning アダプタに統一すること、および non-subsidized markets をターゲットにすること

・iPhone 5C の価格:$399(最低 $349)

・iPhone 5S との差別化:iPhone 5C は iPod touch をベースとするスペック、5S はハード面で camera quality、CPU speed、fingerprint sensor を持つ

・5S と 5C をソフト面での差別化することははないだろう

ひと月前の予測としてはなかなか思い切ったものだった。

     *     *     *

その Gruber が、今日また直前の予測をしている。

Daring Fireball: “Ben Thompson on iPhone Pricing” by John Gruber: 09 September 2013

Ben Thompson の新 iPhone 価格設定に関連して、次のように述べたものだ。

     *     *     *

低価格モデルではない

[Ben Thompson の]主なポイントは、iPhone 5C がチープないしは低価格であると期待してはいけないということ。奨励金なしで(unsubsidized)最低でも 500 ドルはすると思う。安くはあるが、低価格ではない。

Smart take. The key takeaway: do not expect the iPhone 5C to be cheap or low-cost. It’s going to be at least $500 unsubsidized, I think. Lower cost, not low cost.

     *     *     *

さらに、そのあとアップデートとして次のように付言している。

iPhone 5C は中位機種の位置付け

アップデート:明日のイベントの直前予測 — 新 5S はラインアップのハイエンドとなる。新 iPhone 5C は現在の 4S が占めている中位機種(mid-range)の位置付け。この 4S は第3ランクのモデルとしてあと1年は静かに存続し続けるだろう。[先日の予想を変えて]今では 5C が “C” の付かない iPhone 5 に取って代わると考える。 — もっとも、私のいうことを信じるのはほどほどにして欲しい。そもそも今回のイベントについてはほとんど暗中模索だから・・・

UPDATE: My day-before best guess on what we’ll see tomorrow: new 5S takes over the high end spot in the lineup. The new iPhone 5C takes the mid-range spot currently occupied by the 4S, and the 4S quietly hangs around for another year as the third-tier model. I now think the 5C is replacing the plain no-letter iPhone 5. But don’t take my word for it, I’m heading into this event mostly in the dark.

デモに関しては、iBooks、Find My iPhone、iPhoto、iMovie、iWorks などの App Store アプリの iOS 7 デザインにもっとも興味がある。

Demo-wise, I’m most looking forward to seeing Apple’s iOS 7 designs for their App Store apps — iBooks, Find My iPhone, iPhoto, iMovie, iWorks, etc.

     *     *     *

どうやら、iPhone 5 は 5C に取って代わられ(iPhone 5 はなくなる?)、したがって 5C はローエンドではなく中位機種になるということか。iPhone 4S の存続も前回予測とは異なる点だ。

iPhone 5C の価格予想も「$399(最低 $349)→ 最低でも $500」へと変わった。

さて、明日はどういうことになるだろうか・・・

なお、iPhone 5C の価格については、ここで触れられている Ben Thompson のほかにも、Horace Dediu の推論も大変興味深い。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

5-inch_iPhone_mockup_lineup

[’iPhone 5S’:image

次期 iPhone は「5S」ではなく「6」にすべきだという Ken Segall の意見に Marco Arment が賛同している。

Marco.org: “iPhone 6” by Marco Arment: 09 April 2013

     *     *     *

Ken Segall に同意

私は Ken Segall の意見に同意する。もしアップルが(機能に基づく名前の代わりに — 第2世代の「iPhone 3G」がそうだった)連続番号を使い続けるのなら、どのモデルも次にくる数字を使うべきだ。次世代 iPhone は「iPhone 5S」ではなく、「iPhone 6」にするか、それとも「iPhone+何かそれ以外のもの」にすべきだ。

I agree: if Apple’s going to keep using sequential numbers (rather than feature-based names, like the second iPhone being named “iPhone 3G”), they should just give every model the next number. The next iPhone should either be the iPhone 6 or the iPhone Something Else, not the iPhone 5S.

     *     *     *

「iPhone 4S」の場合

「iPhone 4S」は iPhone 4 に比べて大幅に改良さていたが、プレスもファンもみなよってたかって貶(けな)した。筐体のデザインが前と変わらず、名前が「iPhone 5」ではなかったからだ。

The iPhone 4S was a huge improvement over the iPhone 4, but the press and fans shat all over it because it had the same case design and therefore wasn’t “an iPhone 5”.

     *     *     *

アップル悲観論

「4S」が出たのは、今日のアップル悲観論(Apple pessimism)が始まった時期と軌を一にしている。アップルは最悪の時期に「4S」という名前にすることでみんなの期待値を下げたのだ。iPhone イノベーションは減速し始めたのではないかと多くのひとが考え始めたとき、「あまり大した改良ではありません」といわんばかりの名前を iPhone につけたのだ。

The 4S shipped during the clear beginning of the current era of Apple pessimism. Apple reduced people’s expectations with the “4S” name at the worst possible time: just as many were starting to think iPhone innovation was slowing, Apple named the new iPhone in a way that suggested, “This isn’t a big improvement.”

     *     *     *

過去の勢いはなかった

パブリック・リレーションズの勢いという観点からいえば、アップルが世界の頂点にあるときならやってもいいことだった。iPhone 3GS の場合がそうで、iPhone 3G に比べてさほど大きな変化はないとみんなに過小評価された。しかし「4S」が発表されたときは、もはやアップルには過去の勢いはなかったのだ。

It’s a move that they could have made when they were on top of the world, PR-momentum-wise, much like when they released the iPhone 3GS, a similarly substantial improvement over the iPhone 3G that was similarly underrated by the public. But when the 4S was released, Apple no longer had that much positive momentum.

     *     *     *

「iPhone 5」の場合でも

その1年後にアップルが「iPhone 5」を発表したときは、「4S」よりはるかに優れ、外部デザインも変わったのに、アップル悲観論が大きくなり過ぎたので、大幅なアップデートでみなが望むものすべてを — それ以上のものさえ — 与えたにもかかわらず、すぐ拗ねる子供みたいにプレスはよってたかって貶したのだ。

A year later, when Apple did release a model named “iPhone 5” that was far better than the 4S and had an external redesign, the inertia of Apple pessimism was so strong and the press had become such petulant children about Apple products that they shat all over it even though it was a huge update that gave them everything they asked for, plus more.

     *     *     *

どんなものを出そうと

いまやアップル悲観論は更に大きくなっている。どんなものを出そうと、どんなに上手に売り込もうと、プレスや専門家、ウォール街を — 単なる修辞という意味ですら — 満足させることはできないだろう。少なくとも今年はダメだ。たとえアップルが自動組み立てナノロボット内蔵の革命的な 60 インチ 4K テレビを無料のスマートウォッチを添えて 99 ドルで出したとしても、それでもみんなは高すぎるから 49 ドルにしろとか、ナノロボットがオープンではないと文句をいうだろう。

Now, Apple pessimism is even stronger. No matter what they release and no matter how well it sells, they won’t win over the press, the pundits, the stock market, or the rhetoric. Not this year. They could release a revolutionary 60-inch 4K TV for $99 with built-in nanobots to assemble and dispense free smartwatches, and people would complain that it should cost $49 and the nanobots aren’t open enough.

     *     *     *

事態を悪化させることだけは

アップルのパブリック・リレーションズの勢いは当分の間は改善されないと考えられるので、すくなくとも事態を悪化させることだけは避けるべきだろう。アップルの最重要製品のイノベーションが減速するという印象だけは少なくとも今のアップルは与えるべきではない。

Since they’re not going to meaningfully improve their PR momentum anytime soon, they might as well at least avoid trying to make it worse. This is not the time for Apple itself to suggest to the world that it’s slowing down innovation on its most important product.

     *     *     *

「iPhone 6」とすべき

いかに大幅な改良が次世代 iPhone になされようとも、名前は「iPhone 6」とすべきだ。名前を問題にするヤカラがいたらクソクラエといってやればいい。

Regardless of how big of an improvement the next iPhone is, Apple should just call it the iPhone 6 and give the finger to anyone who questions whether the name fits.

     *     *     *

アップル悲観論の視点から捉えたところがミソか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

    5-inch_iPhone_mockup_lineup

    [’iPhone 5S’:image

    ほとんどのアップル製品名には数字がついていない。iPod も iPad も、iMac も Mac Pro も、そして MacBook Air も MacBook Pro もみなそうだ。

    Ken Segall がオモシロいことをいっている

    Observatory: “iPhone naming: when simple gets complicated” by Ken Segall: 04 April 2013

         *     *     *

    必要悪だよ

    もちろんこれには理由がある。

    There was good reason, of course.

    iPhone は売り方が異なるからだ。新しいモデルが出ても、それと一緒にそれ以前の2世代のモデルが売られる。それを区別するには番号が必要なのだ。まあ、必要悪といったところか。

    iPhone is sold differently. Since two previous models are still available when a new model is launched, the number is needed to distinguish one from the other. Consider it a necessary evil.

         *     *     *

    「S モデル」

    それでは iPhone については何らかの番号が必要だとして、識別番号はどんなものにしたらいいのだろうか?

    But once you accept that iPhone models can’t live without a model identifier, the question becomes: what should that identifier be?

    すでに報道機関は今年登場するモデルを「iPhone 5S」と呼んでいる。ほとんどの専門家は、メジャーなアップグレードは2年に一度で、その間の年は「S モデル」が出るという話をする。S モデルとはインクリメンタルな改良に過ぎないのだ。

    The press has already dubbed this year’s model “iPhone 5S.” Most experts see a narrative in which Apple only produces a major upgrade every other year, and in between we get the “S” model. This is the model that delivers only incremental improvements.

         *     *     *

    「4S」なんてなければよかったのに

    アップルがそう意図したのかどうかは不明だ。しかし個人的には「4S」なんてなければよかったのにと思う。

    Whether that’s Apple’s intended message is unknown. But personally, I wish Apple never created a “4S.”

         *     *     *

    奇妙な名前

    まず第1に、読み書きするにはとても奇妙な名前だ。アップルのデザイナーは製品情報はベストにしようとする。しかしどうみても「4S」は「4」ほどシンプルではないというのが否定できない事実だ。

    First of all, it’s an awkward moniker whether you speak it or read it. The Apple designers tried their best with the product graphics, but there is an inescapable reality: 4S will never be as simple as 4.

         *     *     *

    「間をつなぐ」製品

    もっと重要なこと、それは既存モデルの数字に「S」をつけるのはメッセージとしてはいささか弱い。少し改良を加えただけの「間をつなぐ」製品といっているワケだから。数字が大きく変わることの方がインパクトがあるとすれば、これはそうではない。しかし iPhone 5 のときのことも考えてみなければならない。

    More important, tacking an S onto the existing model number sends a rather weak message. It says that this is our “off-year” product, with only modest improvements. If holding off on the big number change achieved some great result, I might think otherwise. But look what happened with iPhone 5.

         *     *     *

    iPhone 5 でさえも

    iPhone 5 には大幅な改良が加えられた。大きなスクリーン、改善されたカメラ、速いスピード — それらすべてが薄くて軽いボディに収められた。それでも多くのひとから「インクリメンタル」な変化だと片づけられた。実際 iPhone 5 のイノベーションなどないように見えたため(実際そうだったかどうかは別にして)、サムスンこそ「新たなるイノベーションのリーダーだ」と書くものまで出る始末。

    This model brought major changes: bigger screen, better camera, greater speed, all on a thinner and lighter body. Yet its improvements were still dismissed by many as “incremental.” In fact, the perceived lack of innovation in iPhone 5 (deserved or not) is what prompted some to start writing about Samsung as “the new innovation leader.”

         *     *     *

    「S」の代わりに新しい番号を

    そうだとすると、「S」のついた番号なんてどんな意味があるのだろうか?

    So what exactly is the point of going with numbers vs. “S” designations?

    いちばん単純なやり方は新しい番号を iPhone につけ、何が改良されたかはそれ自体に物語らせることだろう。「7」は「6」ほど大きく変わってはいないというものがいても知ったことじゃない。「どの程度イノベーションが加えられたか」ということを製品名に反映させようなんて不必要で、意味のないことだ。

    The simplest path is to give each new iPhone a new number and let the improvements speak for themselves. If anyone wants to say that the 7 isn’t as big a leap as the 6, that’s their business. Attempting to calibrate “degree of innovation” in the product name seems like a needless (and self-diminishing) exercise.

         *     *     *

    車に例えれば

    例えば新車を買うとする。「2012S 年」モデルより「2013 年」モデルを買いたいと思うだろう。最新かつベストなものを手に入れることが大切なのだ。

    I think it’s safe to say that if you’re looking for a new car, you’re looking for a 2013 model — not a 2012S. What’s important is that you get the latest and greatest.

         *     *     *

    「iPhone 5S」ではなく「iPhone 6」に

    私がいっても詮無いことだが、次世代 iPhone の名前は「iPhone 5S」ではなく「iPhone 6」とすべきだ。新しいモデルに値するのなら、それらしい番号を与えるべきだ。

    My (meaningless) vote is that the next iPhone should be christened iPhone 6, not iPhone 5S. If it’s worthy of being a new model, it’s worthy of having its own number.

         *     *     *

    2年縛り契約から特段疑問も持たなくなっていたが、いわれてみれば確かに変だ。

    「S」という名前は中途半端なのかもしれない・・・

    ★ →[原文を見る:Original Text

    Read Full Post »

rendering_Martin_Hajek

[iPad 5 rendering by Martin Hajek:image

アップル決算発表の直前にはたくさんのアップルバッシングの記事が氾濫した。

併せて新型 iPhone や iPad のウワサもどっと登場した。

なかでも奇妙だったのは「iPhone Math」のウワサだろう。

決算発表が終わって一段落したところで、ウワサもまっとうな感じになってきた。

iLounge: “On Apple’s iPad 5, iPhone 5S, and Plastic iPhone” by Jeremy Horwitz: 25 January 2013

     *     *     *

実物大モデルを見た

今月初めに、第5世代 iPad のまったく新しくデザインし直された実物大モデル(physical model)を見る機会があった。たぶんホンモノに近いと思われ、実に興味をそそられるものだった。ツィッターでも簡単に触れたが、その時点では「最終」モデルがどうなるのか、発表日がいつになるのかといった肝心の点がハッキリしなかったので記事にはしなかった。「3月後半」というウワサは様々なソースから何度も耳にしたが、基本的には1月時点で筐体の固まっていた iPad 2 や第3世代 iPad と異なり、iPad 5 は未だ固まっていなかったように思えた。

Earlier this month, I had the opportunity to inspect a supposedly accurate—and seriously intriguing—physical model of the completely redesigned fifth-generation iPad. I briefly mentioned it on Twitter, but didn’t write a full article because some key details were ambiguous at that point, including how “final” the model was, and the release date. We’ve heard “late March” repeatedly from various sources, but unlike the iPad 2 and third-generation iPad, the casings for which were basically complete as of the Januaries before they launched, the iPad 5 didn’t seem to be finished yet.

     *     *     *

iPad mini の拡張版

どんな形をしているかって? 可能だと思われたものよりずっと小さい。縦置きにすると、9.7 インチスクリーンの横のベゼルはほとんどなくなり、上下のベゼルもカメラやホームボタンに最低限必要な程度しかなくなる。それより際立って薄い — 第5世代 iPad は従前のものとどう比べてもハッキリ分かるほど薄いのだ。面取りしたエッジや曲線が同じことからみて、「iPad mini の拡張版」と呼ぶのがいちばん正確だと思う。冒頭のレンダリング画像が私の見たものに非常に近い。で、肝心の問題は「どうすればこれが可能になるのか」ということだ。

What does it look like? Well, it’s a lot smaller than one would guess was possible: in portrait orientation, picture a 9.7” screen with virtually no left or right bezels, and only enough space above and below the screen to accommodate the mandatory camera and Home Button elements. Beyond that, it’s noticeably thinner, as well, which is to say the the fifth-generation iPad will be smaller in every dimension than its predecessors. As it will have the same chamfered edges and curves, calling it a “stretched iPad mini” is very close to entirely accurate, with the rendering below looking pretty close to what I’ve seen. The critical question: “how will Apple accomplish this?”

     *     *     *

IGZO スクリーンか

デザインは相当に変化しており、当然 IGZO のような新しいスクリーン技術を前提にしているように思える。第3世代 iPad は Retina 化により — バッテリーの増強ということもあって — iPad 2 より少し厚めにせざるを得なかった。第4世代 iPad にはほとんど変化がかった。それに比べてこの iPad 5 のデザインは非常に小さくなっているので、筐体内部は大幅にデザインし直されていると考えていいだろう。より小型で省電力の A6X の後継チップを含めた完全なデザイン変更だ。新しい iPad の処理能力が第4世代とほぼ同じになっても驚かない。改良されたスクリーン、大幅な薄型化・軽量化がセールスポイントになるだろう。

The changes are so considerable that a new screen technology, such as IGZO, seems like a given. Going Retina for the third-generation iPad forced Apple to make that tablet a little thicker than the iPad 2, in part to seriously beef up the battery. Very little changed for the fourth-generation iPad. By contrast, this iPad 5 design is so much smaller that a full internal redesign—complete with a smaller, less power-hungry sequel to the A6X—can be safely assumed. It wouldn’t be a surprise to see the new iPad remain roughly on par with the fourth-generation model in processing capabilities, with the improved screen, dramatically lower size, and reduced weight becoming the key selling points.

     *     *     *

シャープの役割

つぎの点は悪いニュースだ。iPad 5 は3月出荷というのが今月初めのウワサで、いささか信じ難いものだった。数週間のズレはあっても10月というのが現時点のウワサだ。この点はまったくの推測だが、これらスクリーンやプロセッサが可能になるまでにはしばしかかるだろうと思われる。もしも IGZO が本当に新しい iPad で使われるとすれば、アップルは大幅にシャープに依存せざるを得なくなる。財務上、製造上の問題に悩まされているシャープを安定させることが、今後アップルにとって最重要課題となるに違いない。

One piece of bad news: earlier this month, we heard that Apple was targeting the iPad 5 for March—something that seemed a little hard to swallow. As of now, we’re hearing October, give or take a couple of weeks. This part is pure speculation, but we’re guessing that the screens and processors are going to be hard to come by for a while. If IGZO is in fact the screen technology inside the new iPad, Apple will be relying heavily on Japan’s Sharp, which has been struggling for some time with both financial and production constraints. We’d bet that stabilizing Sharp is a key concern for Apple going forward.

     *     *     *

iPhone 5S およびプラスチック iPhone

iPhone ラインアップについても我々のソースはいくつか新しい情報を提供している。iPhone 5S は当然 iPhone 5 と似たものになるが、背面フラッシュは大きくなり、間違いなく今年中には出荷されるだろう。またアップルの「低価格版」ブラスチック iPhone も 2013 年に出荷する予定で、China Mobile を念頭において開発中だ。China Mobile は国営携帯電話会社で、7億人の契約者がいる。アップル iPhone の価格は大方の中国本土ユーザーにとっては高すぎる、と我々のソースのひとつはいう。iPhone 5 はハードウェアだけでも最低 849 ドル(iPhone 4 は 500 ドル)もするが、年収平均は 3000 ドルという国なのだ。このソースによれば、香港よりも高いこの価格が原因で中国本土での iPhone 5 の売れ行きはすでに勢いを失っているという。廉価版のモデルが出れば、人口の多い開発途上国ではよく売れるだろう。

Our sources have also shared a few small new details on the upcoming iPhone lineup. The iPhone 5S will apparently look very much like the iPhone 5, but with a larger rear flash, and is indeed coming this year. Also planned for a 2013 release is Apple’s “low-cost” plastic-bodied iPhone, which is being developed with China Mobile in mind: the government-owned telecom company has over 700 million subscribers. One of our sources claims that Apple’s iPhone prices remain too high for most mainland Chinese customers—the iPhone 5 hardware alone starts at $849 there, versus the iPhone 4 at $500, in a country where the average annual salary is around $3,000 per person). The source has said that mainland Chinese iPhone 5 sales are already tapering off as a result of the pricing, which is higher than in Hong Kong. A budget iPhone model would help sales in populous but underdeveloped countries to grow.

     *     *     *

「iPhone Math」

例の「iPhone Math」 — 「iPhone +」の誤訳ではないかとあるソースはいうが — についてはまったく別の新しいモデルで、まだ初期のプロトタイプの段階に過ぎず、2013 年には登場しないと聞いている。ウワサでは当面 4.7 インチスクリーンということになっている。市販には至らないかもしれないし、そうなっても大幅な変更もあり得る。これはどんどん大型化する Android 携帯スクリーンに対する「万が一/プランB」的な保険と考えるべきだ。

Addressing the so-called “iPhone Math”—hinted by one source as a mistranslation of “iPhone +”—we’ve been told that this is another new model and in early prototyping stages, certainly not expected in 2013. It supposedly has a 4.7” screen, at least for the time being. It might never make it to market, and plenty could change before it does. Consider it Apple’s “just in case / Plan B” hedge against ever-growing Android phone screen sizes.

     *     *     *

アップルの株価騒動も一段落してウワサもやっとまともになってきた感がある。

「iPhone Math」に至っては WSJ まで提灯を持ったが、そんな名前は奇妙すぎる、iPhone + の誤訳だ、いや iPhone Max の間違いではないかなどとまだ余韻が残っている。

一時 Phil Schiller が否定したといわれるプラスチック iPhone については、ありそでなさそなナンカ微妙なところ。AppleStyle@所長さんもいたく気になっておられるようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts