Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPhone 5C’

canaccord-ranking

[米キャリアのスマートフォンランキング:chart

本当のところ iPhone 5C の売れ行きはどうなのか多くのひとが関心を抱いている。

機種毎の販売台数は企業秘密だが、米国の取り扱いキャリアでのランキングは明らかになっている。

Daniel Eran Dilger が iPhone 5S/5C が発売された昨年9月以降の Canaccord のランキングから、5C は「失敗作」どころかその正反対だといっている。

AppleInsider: “Apple’s iPhone 5c ‘failure flop’ outsold Blackberry, Windows Phone and every Android flagship in Q4” by Daniel Eran Dilger: 22 March 2014

     *     *     *

ベストセラーの iPhone 5S

激しくアップルを批判するひとたちは、もはやアップルが「十分革新的ではなくなった」と非難することで 2013 年の大半を費やした。しかし最新のハイエンド iPhone — Touch ID を備えた 64-bit の iPhone 5S — は他のどのプラットフォームのフラッグシップモデルより遥かに多くを売り上げ、世界のベストセラー端末になっている。

Apple’s fiercest critics spent most of 2013 complaining that the company wasn’t “innovative enough,” but its latest high-end iPhone, the 64-bit iPhone 5s With Touch ID, managed to outsell every other flagship smartphone on any platform, by far, becoming the world’s best selling handset.

     *     *     *

「5C 失敗作」プロパガンダ

事実アップルのハイエンド iPhone 5S は、スマートフォン購入者がより安いものを選ぶようになったと思われているにも関わらず、大きな成功を収めた。このためアップル批評家たちは iPhone 5C が「失敗した」という架空の話に飛びつかざるを得なかった。売れ行きが非常に「惨めな」 iPhone 5C は、見かけ上米国のトップキャリアの半分で成功を収めているサムスンの Galaxy S4 の売上げを上回り、発売開始の最初の月からそれ以外のすべての Android フォンを米国のトップ売上チャートから完全に駆逐してしまった。

In fact, Apple’s high-end iPhone 5s has been so remarkably successful, in spite of the supposed cheapening trend in smartphone buyers’ tastes, that Apple’s critics have been forced to pounce upon the supposed “failure” of the iPhone 5c instead; a phone that sells so “terribly” that it also outsold the ostensibly successful Samsung Galaxy S4 on half of America’s top carriers, and pushed every other Android phone out of the top U.S. sales charts entirely, from the first month it went on sale.

     *     *     *

唯一の論拠

「5C は失敗した」というプロパガンダを裏付ける最大のデータは、アップルの安い方のモデルがハイエンドモデル 5S の売上げに及ばなかったという点だ。まるでアップルが 100 ドル安い 5C の方を売りたがっていると言わんばかりに・・・

The primary data point supporting the “5c Failure” propaganda campaign is that the cheaper model hasn’t been able to outsell Apple’s top of the line 5s, as if Apple would prefer to sell the 5c and collect at least $100 less per sale.

     *     *     *

相対的な比率に過ぎない

iPhone 5C に対する批判はどれもすべて 5S 対 5C という機種の相対的組み合わせ(model mix)に集中していることに注目すべきだ。Android や Windows フォンメーカーだったらまったく話題にならないものだ。そもそもどのメーカーも販売機種の価格帯別売上げの詳しい数字は出していない。販売台数の全体の数字すら公表しているメーカーはほとんどいない。

Note that the war on iPhone 5c focuses entirely upon Apple’s smartphone model mix, a topic that has never raised any interest among any Android or Windows Phone smartphone makers, none of whom detail the unit sales of each price tier in the phones they sell. Few smartphone makers even provide an official figure for the overall numbers of units they sell.

     *     *     *

現実から目をそらすための目くらまし

アップル機種の組み合わせに対する懸念を大きく取り上げるのは現実から目をそらすためのものだ。アップルがプレミアムスマートフォン市場で主導権を握っている現実が明らかになるにつれてその激しさが増している。プレミアムスマートフォンにおけるシェアは中国では 80% 以上、日本では 76%、米国では 45% に達している。

Grave concerns about Apple’s product mix were raised as a distraction from reality, and continue to grow in their fevered pitch as the reality of Apple’s leading market position in premium smartphones becomes more evident, from taking 80 percent of premium phone sales in China to 76 percent of all smartphones in Japan and 45 percent of all smartphones sold in the United States.

     *     *     *

真っ赤なウソ

iPhone 5S と並ぶ世界で2番目に人気のあるスマートフォンを「失敗作」と呼ぶのは、過激などころか、真っ赤なウソだ。

[…] calling the world’s second most popular smartphone behind iPhone 5s a “flop” isn’t just a radical opinion, it’s a lie.

     *     *     *

気になっていた iPhone 5C の売上げについて正面から取り上げた記事。

ほんとに売れていないのか、それとも相対的に売れ行きが及ばないだけか — たしかに微妙なところではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ipad4_listing

[iPad 2 から iPad 4 へ:image

iPad と iPhone について新しい動きがあった。

いずれも廉価版のモデルが登場したことだ。

紙一重の差だが 9to5Mac が最初に報じた。(このところ 9to5Mac の活躍ぶりが目立っている。)

John Gruber のコメント・・・

Daring Fireball: “Apple Replaces iPad 2 With iPad 4 at Same Price” by John Gruber: 18 March 2014

     *     *     *

アップルは同じ価格で iPad 2 を iPad 4 にリプレース

Apple Replaces iPad 2 With iPad 4 at Same Price

世代途中のラインアップの動きとしては興味深い。同じ 399 ドルでも今日の iPad の方が昨日のそれより多くのものを備えている — Retina ディスプレイ、A6X チップ、もっといいカメラ、Siri、などなど。これで 299ドルの iPad Mini だけが Retina でない最後の iPad になった。

Interesting mid-generation lineup move. $399 buys you a lot more iPad today than it did yesterday — retina display, A6X chip, better cameras, Siri, and more. This leaves the $299 iPad Mini as the last remaining non-retina iPad.

     *     *     *

8 GB の iPhone 5C も

もうひとつのニュース。本日アップルは米国以外の限られた国々で 8 GB の iPhone 5C をリリースした。16 GB モデルに比べ 8 〜 9% しか安くならないことを考えれば、何を考えているのかいまひとつよく分からない。

In other news: Apple today released an 8 GB iPhone 5C in a few non-U.S. countries. Not sure what the point of this is, given that it’s only about 8-9 percent cheaper than the 16 GB model.

     *     *     *

学校などの大量採用を考えると現在の 529 ドルという iPad Air の価格は高すぎるということだろう。それに替わるものとして一世代前の iPad 4[399 ドル]がこれになった。

もうひとつの iPhone 5C についてはやっぱり売れ行きが思わしくないのだろうか。

8 GB モデルは英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、中国の5か国に限定された動きのようだ。

これらの国々では契約無しのロック解除モデルが売られることが多いのではないかと思われるが、1割弱程度の価格差でテコ入れになるのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

PICEDITOR-SMH

[アップルブランドの魅力:image

iPhone 5S/5C についての興味深い視点・・・

ParisLemon: “The iPhone 5c And The Apple ‘Premium’ Problem” by MG Siegler: 03 February 2014

     *     *     *

他人からどう見えるか

Jean-Louis Gassée いわく:

Jean-Louis Gassée:

2人の iPhone ユーザーを想像してみよう。ひとりはピカピカの iPhone 5S の持ち主で、もうひとりは去年 iPhone 5 を買ったユーザーだ。どう見えるだろうか? 2人ともセンスのいいスマートフォンユーザーだが、それぞれ異なる時点で「最新型」のモデルを買った。iPhone 5 ユーザーは時代遅れなのではない。アップグレードする機会を待っているだけだ。

Picture two iPhone users. One has a spanking new iPhone 5S, the other has an iPhone 5 that he bought last year. What do you see? Two smartphone users of equally discerning taste who, at different times, bought the top-of-the-line product. The iPhone 5 user isn’t déclassé, he’s just waiting for the upgrade window to open.

では、iPhone 5 の代わりに iPhone 5C で置き換えてみよう。2つとも同じ時期に買ったものだ・・・が、5C の持ち主はプラスチックの安いモデルを買ったように見えるのだ。

Now, replace the iPhone 5 with an iPhone 5C. We see two iPhones bought at the same time… but the 5C owner went for the cheaper, plastic model.

身につけるもので自分たちの人格を判断する心理学者のいうことなど聞きたくないかもしれない。しかし彼らはおおむね正しい。車からバーバリーのコートやアクセサリー、スマートフォンに至るまで、選ぶモノによって自分たちが何者であるか、自分がどう見えたいのかということを語ってくれるのだ。

We might not like to hear psychologists say we build parts of our identity with objects we surround ourselves with, but they’re largely right. From cars, to Burberry garments and accessories, to smartphones, the objects we choose mean something about who we are — or who we want to appear to be.

     *     *     *

視覚的ヒント

これは微妙な点だが、そのとおりだと思う。iPhone 5C は、わざわざ安い方の iPhone を選んだという視覚的ヒントを他人に与えてしまうのだ。善かれ悪しかれ、それが最初のメッセージになってしまう。

This is a subtle point, but I believe it’s exactly right. With the iPhone 5c, what you ended up having was a (very) visual clue to others that you went out of your way to buy a cheaper iPhone. Right or wrong, that’s likely the first message being conveyed.

     *     *     *

これまでなら

これまでなら、1年前の 99 ドルの iPhone(あるいは2年前のタダの iPhone)を買っても、古くなった「最新型モデル」がアップグレードを待っているようにしか見えなかった。

Previously, if you bought the $99 iPhone (or the $0 two-year-old variety), all that was conveyed was that you may have just had the old top-of-the-line version and were waiting to upgrade.

     *     *     *

諸刃の剣

アップルのプレミアムブランドは諸刃の剣だ。iPhone 5C が素晴らしいだけに、じつに残念なことだ。

Apple’s position as a premium brand cuts both ways. And that’s too bad because the iPhone 5c really is a great iPhone.

     *     *     *

本当のところどうかではなく、どう見えるかという視点。

プレミアムという差別化が思わぬ差別化を生む・・・

ところで iPhone 5C の売れ行きは実際はどうなのだろうか?

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

china-mobile

[China Mobile:image

China Mobile[中国移動通信]の iPhone 発売価格がやっと明らかになった。

しかしその契約価格は思ったほど安くなかった・・・

WSJ: “China Mobile iPhone Packages Not Cheap” by Lorraine Luk: 17 January 2014

     *     *     *

驚くほど高い iPhone の契約価格

7億6千万人の契約者数を擁する世界最大のモバイルキャリアは金曜日(1月17日)に初めて iPhone の提供を開始するとともに、iPhone 契約の内容を発表した。それによると China Mobile[中国移動通信]の iPhone 5S の2年縛り契約当初価格は最低でも 5488 元(906 ドル)となる。

As the world’s largest mobile carrier with over 760 million subscribers started offering the iPhone for the first time on Friday, it announced the terms of its iPhone packages. The upfront cost of China Mobile’s 24-month iPhone 5S contract is at least 5,488 yuan ($906).

     *     *     *

競合2社よりはるかに高い

これは China Telecom[中国電信]の契約価格(4000 元)より 37% 高く、またChina Unicom[中国聯合通信]の契約価格(4699 元)より 17% も高い。この2社は契約者数では China Mobile より少ないが、昨年9月の世界同時発表以来 iPhone 5S/5C を提供している。中国では、キャリア契約なしの 16GB iPhone 5S の価格は 5288 元だ。

That’s 37% higher than China Telecom Corp.’s plans, which start at 4,000 yuan. It is also 17% more than China Unicom (Hong Kong) Ltd.’s contracts, which start at 4,699 yuan. The two carriers, though smaller than China Mobile in terms of subscriber base, have been offering the iPhone 5S and iPhone 5C since their global launch in late September. In China, an unsubsidized 16-gigabyte iPhone 5S without a carrier contract costs 5,288 yuan.

     *     *     *

WSJ の記事は、アップル以外の複数の端末についても販売助成金を出す必要があることや、競合2社がまだ 4G サービスを開始していないことなどからこのように高い価格になったというアナリストの見方を紹介している。

数日前に China Mobile(中国移動通信)の奚国華会長は、予約注文者数が百万を越えたと述べたが、オンライン予約の時点ではまだ価格はハッキリしていなかった。キャンセル料を払わなくても予約のキャンセルは可能らしいので、予約者たちがどういう反応を示すかも注目される。

中国のユーザーにとっては1か月の平均的給与(3000 元)に収まるかどうが大きなポイントだと聞いたことがある。今回の出だしはなかなか慎重だということになるのだろうか。

そういえば、Savio Chan が1月の段階では高いままだが、第2弾で大衆向けに大幅な助成措置を考えるハズだといっていたのが思い起こされる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Localytics

[Black Friday 週末には何が一番伸びたか:Localytics

一年でいちばんのかきいれどき Black Friday の結果が見えてきたようだ・・・

Localytics : “iPad Air Wins Black Friday-Cyber Monday: New Devices Increase by 51%“: 04 December 2013

     *     *     *

勝者は iPad Air

VentureBeat の記事によれば、今年は親たちの 54% がテクノロジー関連のギフトを買おうとしたという。Black Friday と Cyber Monday の終わりとともに、この年2日のバーゲンセールも終わった。一般を対象とするモバイルデバイスの売上げはどうだったろうか? この週末にいろいろな割引のあったモバイルデバイスには明らかな勝者がいたようだ — iPad Air だ。

According to a recent VentureBeat article, 54% of parents are looking to buy technology gifts this year. With Black Friday and Cyber Monday now behind us, many of the temporary deals that make these two holidays so popular are also expiring. How successful were retailers at selling their mobile devices to the masses? Of the many mobile devices that were discounted this past weekend, it appears there is a clear winner: the iPad Air.

     *     *     *

51% も伸びたワケ

Localytics のデータによれば、Black Friday の週末と直前の週末を比べると、iPad Air の売れ行きは 51% 増と桁外れだった。これにはいくつかの要因があり、iPad Air および iPad Mini の購入者にはギフトカード(Retina iPad Mini は除く)を出したこともそのひとつだ。加えて iPad Air のユーザーベース自体が小さいこと、11月1日に発売されたばかりでまだ珍しいことなどから、Air の売れ行きは Black Friday の週末では圧倒的な売れ行きだった。iPad Mini の旧モデルは2位、iPhone 5C は3位だった。Localytics が先に報じたように、過去2か月間 iPhone 5C は高性能な 5S に比べて勢いを増してきている。

Localytics examined the weekly growth during the Black Friday weekend, as compared to the previous weekend. According to Localytics’ data, a whopping 51% more new iPad Air devices were seen than the previous week. This is due to a combination of factors, including Apple’s promotion of giving gift cards with purchases of the iPad Air and iPad Mini (but not iPad Mini 2nd gen) devices. This, combined with a smaller base of iPad Air devices and the novelty of the iPad Air (released on November 1st) resulted in the iPad Air dominating on Black Friday weekend. Apple’s older iPad Mini model finished second, and the iPhone 5c took third. As previously reported by Localytics, the iPhone 5c is gaining on its more sophisticated cousin, the 5s, during the past couple months.

     *     *     *

Android では Kindle Fire HD と Galaxy S IV

Android では、Kindle Fire HD 7 インチとサムスンの最新スマートフォン Galaxy S IV が大きな伸びをみせた。前の週に比べて新しいデバイスで大きく伸びたのは Android タブレットの Kindle Fire HD だった。大きな伸びの理由は月曜日まで行なわれた 50 ドルのディスカウントのせいだったようだ。

On the Android side, the Kindle Fire HD 7” and the newest Samsung smartphone, the S IV, saw the greatest growth of new devices. The Kindle Fire HD is the Android tablet exhibiting the largest new device growth from the previous week. The growth of the Kindle Fire HD 7” is likely the result of a temporary $50 price drop that expired on Monday.

     *     *     *

「iPad クリスマス」

Black Friday と Cyber Monday の売り出しのおかげで多くのタブレットやスマートフォンが一般消費者の手に渡った。これによってモバイルアプリの規模、収入の見込み、生活への影響も大きくなった。Tim Cook の予想どおりほんとに「iPad クリスマス」になったようだ。

Thanks to these Black Friday and Cyber Monday deals, more tablets and phones have been placed into the hands of the average consumer, broadening the reach, revenue potential, and everyday influence of mobile apps. As Tim Cook predicted, it’s really looking like an iPad Christmas.

     *     *     *

今や神への感謝祭[Thanksgiving Day]も、一年でいちばんの売上げとなる「ブラックフライデー」[Black Friday]への入り口に過ぎなくなったようだ。

ブラックフライデーは買い物客が殺到するクリスマス商戦開始の日とされる。一方、感謝祭の週末明けの月曜日はオンライン店舗の売上が急増することから「サイバーマンデー」[Cyber Monday]と呼ばれる。

クリスマス商戦の売れ行きを占う重要なバロメーターがブラックフライデーからサイバーマンデー(今年は11月29日〜12月2日)の週末だ。

Localytics の調査で注目されるのは、ギークに人気のある Retina iPad Mini より iPad Air の方が、そして高性能の iPhone 5S より 5C の方が人気があることだ。

欧米のクリスマスや日本の正月、中国の春節が終わった時点でどうなるのか興味深いところだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

apple-iphone2

iPhone 5C が廉価版でなかったことから大方の失望を買ったが、とくに成長が見込まれる中国やインドなど新興マーケットでどのような結果が出るのか興味深いところだ。

中国に続いてインドでも動きがあるようだ・・・

BGR India: “Apple hatches aggressive sales strategy for iPhone 5S and iPhone 5C in India” by Rajat Agrawal: 14 November 2013

     *     *     *

インドでも iPhone 5S・iPhone 5C の積極販売策を検討中

Apple hatches aggressive sales strategy for iPhone 5S and iPhone 5C in India

BGR India が得た情報によれば、iPhone 5C ないしは iPhone 5S にアップグレードしたい既存の iPhone ユーザーに対してアップルは魅力的な下取りプランを用意するという。下取りプランの詳細は明らかにされていないが、我々が知り得たところでは iPhone 4 のときよりもっとアグレッシブなプランになるという。

BGR India has learnt that Apple will offer attractive buyback schemes for existing iPhone users if they upgraded to the iPhone 5C or iPhone 5S across its retail partners. The details of the buyback scheme haven’t been revealed yet, but going by what we have been told, these would be much more aggressive than what Apple did with the iPhone 4 earlier this year.

この下取りプランは iPhone の価格下落が他のブランドより低いことが前提になっている。古い iPhone 4 ですら同じ頃に発表されたライバルのものよりいい値で売れる。このため iPhone 4、iPhone 4S、iPhone 5 のユーザーが iPhone 5C ないしは iPhone 5S にアップグレードする際にはより価値があることになる。一部のストアではすでに iPhone 5C について下取りプランを提供し始めている。

The premise of the scheme is that the price erosion on iPhones is much lower than those from other brands and even an old iPhone 4 would fetch more than any other competing phone that was launched at the same time. This would ensure that existing iPhone 4, iPhone 4S and iPhone 5 users get good value for their devices to upgrade to the iPhone 5C or iPhone 5S. Some retailers have already started offering a buyback on the iPhone 5C.

     *     *     *

「お試しプラン」

iPhone ユーザーでないユーザーに対しては、購入前に iPhone 5C あるいは iPhone 5S を試用できる「お試しプラン」を Apple India が検討中だといわれる。詳細は未だ検討中だが、特定のストアに対してデモユニットが供与され、購入希望者に貸し出すことになるようだ。希望者は一定額を支払うことにより一定期間使用してその後ストアに返却できるという。

For non-iPhone users, Apple India is also mulling the idea of “try before you buy” where prospective buyers can try the iPhone 5C or iPhone 5S before they decide to buy it. While Apple is still working on the exact details, select stores will be given additional demo units that they can loan out to prospective buyers. Those buyers will have to pay a certain amount and they can use the phone for a predefined period before returning it to the store.

     *     *     *

記録的売り上げを期待

要すれば、新しい iPhone は高額だが、Apple India としては記録的売り上げを期待しているのだ。

Everything said and done, it is clear that despite the higher pricing of the new iPhones, Apple India wants to ensure it has record sales in India.

     *     *     *

中国最大手の China Mobile(中国移動)が iPhone を扱うようになれば春節に向けて中国市場も大きく動くだろう。

あわせてインドからも販売攻勢の動きが聞こえてきたことは興味深い。

新興市場に対するアップルの攻勢はいよいよ本格化するか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:頭を冷やせ:John Gruber》

iPhone5Cs

[カラフルな iPhone 5C だが・・・]

アップルが iPhone 5C の発注数を削減したというウワサはどうやらホンモノだったようだ。

WSJ が香港発のニュースとして伝えている。

WSJ: “Apple Cuts iPhone 5C Orders” by Lorraine Luk and Eva Dou: 16 October 2013
WSJ.com: “アップル、廉価版「iPhone 5c」の発注数を削減“: 16 October 2013

     *     *     *

アップル、廉価版「iPhone 5c」の発注数を削減

Apple Cuts iPhone 5C Orders

【香港】米アップルは廉価版スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)5c」の組み立て業者2社に対し、10-12月期の発注数を減らすことを通知した。事情に詳しい関係者が明らかにした。当初見込みを下回る需要や価格戦略についての懸念が浮上している。[WSJ 日本語版訳]

HONG KONG— Apple Inc. has notified its two assemblers for the low-cost iPhone 5C that it is reducing orders of the smartphone for the fourth quarter, people familiar with the situation said, raising concerns about weaker-than-expected demand and its pricing strategy for the device.

     *     *     *

ペガトロン2割減、ホンハイ3分の1減

関係者によると、アップルは台湾の和碩聯合科技(ペガトロン)と鴻海(ホンハイ)精密工業に対し、10-12月期の5cの出荷量削減を伝えた。事情に詳しいある関係者によると、ペガトロンは発注を20%弱、削減すると言われたという。また、2人の関係者によると、ホンハイへの発注は3分の1減らされる。アナリストによると、ペガトロンは5cの完成品の3分の2を、ホンハイは残り3分の1を組み立てている。[WSJ 日本語版訳]

Apple told its Taiwanese assemblers Pegatron Corp. 4938.TW 0.00% and Hon Hai Precision Industry Co. 2317.TW -0.41% that shipments of the iPhone 5C in the fourth quarter would be cut, the people said. Pegatron, which analysts say assembles two thirds of the iPhone 5Cs, was told orders would be cut by less than 20%, said a person familiar with the matter. Hon Hai, which assembles the remaining low-cost iPhones, was told orders would be cut by a third, said two people familiar with the matter.

     *     *     *

50%減のサプライヤーも

また、ある部品サプライヤーは5cの部品の注文を50%削ると通知された。アナリストは、これが来年の出荷数の減速を示唆する可能性があったり、組み立て業者による在庫の減少を意味したりするものと指摘している。[WSJ 日本語版訳]

One component supplier was notified of a 50% cut in orders for iPhone 5C parts, which analysts say could suggest a slowdown in device shipments next year, or mean an inventory reduction by assemblers.

     *     *     *

iPhone 5S は発注増

同時にアップルは、ハイエンドの iPhone 5S の第4四半期発注量を増やしたと、ホンハイの2人の役員が語った。

At the same time, Apple has also raised orders for the high-end iPhone 5S for the fourth quarter, two executives at Hon Hai said.

     *     *     *

しばらく前の中国発のウワサを読み返してみると、その辺りがもっとストレートに出ている感じがする。

C科技: “iPhone 5c 销量不佳,苹果削减过半产能“: 10 October 2013

     *     *     *

iPhone 5C の売れ行きが思わしくないためアップルは生産能力を半減

iPhone 5c 销量不佳,苹果削减过半产能

iPhone 5C の定価が高いので、みな楽観的ではなかった。これまでアップル内部では iPhone 5C の売れ行きにあまり大きな希望を持っていないと聞いていたが、10月10日になって、内部のインサイダーから、実際の売れ行きが惨憺たるものであるため、アップルはすでに iPhone 5C の生産能力を1日当たり 30 万台から 15 万台にまで削減したとの情報を得た。

iPhone5C上市后由于其过高的定价,一直不被各界看好,之前我们得到的消息是苹果内部对于iPhone5C销量也没寄予太大的希望,10月10日,我们从内部人士获悉,由于实际销量惨淡,苹果已经开始削减iPhone5C的产能,此前iPhone5C日均产量为30万,目前已经削减到15万。

     *     *     *

ユーザーにアピールできなかった

これまで iPhone 5C は開発途上国向けのものと考えられ、特に中国やインドに向けの低価格版として投入された。しかし実際の販売価格は iPhone 5S(iPhone 5S の前は iPhone 5 だった)とほとんど変わらないため、iPhone 5C のプラスチックボディーには特別の魅力がなく、多くのユーザーにアピールするのが難しいのは当然だった。

iPhone5C此前被认为是苹果针对发展中国家,特别是中国和印度推出的低价版,但实际发售价格与iPhone5S相差无几,前有iPhone5S,后又iPhone5,作为塑料机身的iPhone5C并无特别的亮点,难以吸引用户也是自然。

     *     *     *

通販価格からみても人気度は下落

国内でアップル製品に人気があるかどうかは販売チャンネル価格から見て取れる。iPhone 5S のネット通販「淘宝」の価格はまだ比較的安定しているが、iPhone 5C の国行[?]は、アップルの正規価格 4488 元から 3500 元にすでに下落している。

在国内苹果的产品受不受欢迎,可以直接从渠道价格看出来,目前iPhone5S在淘宝的价格还比较稳定,但iPhone5C国行已经降到3500元,尽管苹果官方还是4488元。

     *     *     *

闇市場価格も当然下がる

iPhone 5C の売れ行きがよくないことは消費者にとって必ずしも悪いことではない。闇ルートの価格が大幅に下がるからだ。時間が経つにつれて iPhone 5C の価格調整も当然行なわれるだろう。

iPhone5C销量的不佳对于消费者不是坏事,就像我们看到的灰色渠道价格已经大幅下降,随着时间推移,苹果对iPhone5C价格的调整也会水到渠成!

     *     *     *

中国の消費者動向をみる上で闇市場価格は見逃せないということか・・・

第4四半期(10〜12月期)の発注を実際に減らしたということなら、年末商戦での 5C の売れ行きに見切りをつけたことを意味する。

WSJ が取り上げたからには相当に確度が高い情報だと思われるが、本当のところはどうなのだろうか・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》頭を冷やせ:John Gruber(10月17日)

ネットを賑わした 5C 発注削減のニュースに対して、John Gruber が頭を冷やせといっている。

Daring Fireball: “Regarding Supplier Rumors of iPhone Demand” by John Gruber: 16 October 2013

     *     *     *

サプライヤーからの iPhone 需要減というウワサについて

Regarding Supplier Rumors of iPhone Demand

アップルがサプライヤーに対し 5C の発注を減らし、5S の発注を増やしたというニュースで今日は溢れかえった。唯一自分が納得できた合理的な説明は、ロイターの記事の最後に埋もれていた。

Lots of news today about reports from suppliers that Apple has reduced orders for the 5C and increased orders for the 5S. The only sensible conclusion I’ve read regarding this was buried at the bottom of Reuters’s report:

     *     *     *

Benedict Evans の批判

一部のアナリストは、サプライヤーへの発注削減とアップル製品の売れ行きの悪さを単純に結びつけてはならないと注意する。アップルのサプライチェーンはあまりに複雑かつ不透明だからだ。

Some analysts caution against correlating the cuts to Apple’s supplier orders with poor sales, because of the complexity and opacity of the company’s supply chain.

「こういうことは過去にも何度かあった。サプライチェーンを流れるパーツはあまりに多すぎて単純な結論は出せない」と Benedict Evans[ロンドンのリサーチコンサルタント会社 Enders Analysis のアナリスト]はいう。

“We’ve seen this several times. There are too many moving parts in the supply chain to draw any conclusions,” said Benedict Evans, who covers mobile and digital media at Enders Analysis, a research consultancy in London.

「どんなサプライヤーが他にいるのか、部品在庫がどれくらいになったのか — われわれには分からないのだ。」

“We don’t know what other suppliers they use or what inventory they already have.”

     *     *     *

Tim Cook もいったではないか

あるいは単純にイールド[yield:歩留まり]が予想以上によくなっただけかもしれない。Tim Cook は今年の初め、当時横行していた iPhone 5 の需要が減ったというサプライチェーンからのウワサに対して、そんなことはないと釘を刺したことがある。売れ行きが落ちるとのサプライチェーンのウワサにも関わらず、その後2四半期にわたって iPhone 5 の売れ行きは堅調だった。

Or whether it’s as simple as yields being higher than expected. Tim Cook warned against reading into these rumors from Apple’s supply chain early this year, in the face of then-rampant rumors of decreased demand for the iPhone 5. And indeed, iPhone 5 sales were just fine in the two quarters following these supply-chain-rumor predictions of slower sales.

     *     *     *

John Gruber や Benedict Evans の目から見ると、いつものサプライチェーン発のネガティブ報道というわけだ。

そういえば、iPhone 5 の部品発注が半減したという記事を最初に流したのも WSJ だった。

このテのネガティブ報道に対しては常日頃気をつけていたのに、C科技のウワサが気に懸かっていたせいで、ついつい WSJ の第一報を取り上げてしまった。

Gruber が注目した Benedict Evans のコメントの部分は、ロイターの最終版からは消えている。

冷静な反応は読者のコメントこちらの記事に見受けられる。

いかに大新聞の書くことであれ、短絡した(ように思える)内容には、頭を冷やしてかかることが肝要と改めて反省した。

第一報だけで記事にすると碌なことはない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

for_the_colorful

[For the colorful.]

5C こそジョニー・アイブの iPhone」と書いた MG Siegler がまた興味深いことをいっている。

使っているうちにカラー(5C)が気に入ってきたというのだ。

TechCrunch: “Two iPhones Diverged…” by MG Siegler: 27 September 2013

     *     *     *

これまでのアップグレードとの違い

5S との違いは紙の上ではかなり大きい(CPU で2倍の差)。A7 チップないしは 64-bit アーキテクチャのメリットを享受するアプリがまだないせいかもしれないが、5S と 5C を並べて使ってみても大きなスピードの差があるようには感じなかった。アプリを開くのも、コンテンツを読み込むのも、5S の方が少しだけ速いように感じるが、これまでのアップグレードで感じたほどの差ではない。

I know that on paper, the gains are supposed to be fairly substantial (2x CPU). And perhaps it’s just a matter of apps not yet being tailored to take advantage of the new A7 chip and/or the 64-bit architecture. But using the 5s and the 5c side-by-side, there simply doesn’t seem to be a huge speed difference. Apps open slightly faster on the 5s and content loads a bit faster. But it’s not as noticeable of an upgrade as it once was.

それが iPhone 5C でハッピーな理由のひとつだ。これまでのアップグレードでは、いったんスピードの速い iPhone を使うと前のバージョンに戻った際にイライラした。この1週間 5C と 5S を定期的にスイッチしながら使ってみたが、普通の使い方をする限り大きな違いを感じなかった。

That’s one reason why I find myself happy with the iPhone 5c. With previous upgrades, once I started using the faster iPhone, it was beyond annoying to switch back to the slower, elder version. This past week I’ve been switching between the 5s and the 5c regularly without noticing much difference in normal usage.

     *     *     *

すばらしい iPhone 5C

いつの間にか自分が iPhone 5C を気に入ってしまったのには驚いた。決して「チープな」 iPhone ではなく、iOS 7 のお供としてまさにピッタリだ。「最高に素晴しい」カメラの代わりに「素晴しい」カメラでもよければ、自分のおススメは躊躇することなく 5C だ。そして、5C のスピードはすべてにとって十分だと思う。少なくとも当分の間 — これから1年の間は・・・

I was surprised by my affection for the iPhone 5c. Far from a “cheap” iPhone, it feels like the perfect compliment to iOS 7. And if you don’t mind having just a mere excellent camera as opposed to an extremely excellent camera, I wouldn’t hesitate recommending the 5c. Again, I view the speed of the 5c as more than adequate for basically anything you’re going to want to do with it — at least for now, and I imagine at least for the next year.

     *     *     *

ほんとに自分が欲しいのは

かくて自分は奇妙なジレンマに陥っている — 結局のところ自分が欲しいのは iPhone 5C の筐体に 5S の中味を入れたものだからだ。幸い、来年にはアップルがそんな製品を必ずや出すだろうという気が強くする。その一方で、残念ながらまたその時点では最先端の iPhone も出ることになるだろうと思う。ハイエンドの新しモノとなると自分は目がない。ゴールドとなると特にそうだ。

Now I’m left with a strange dilemma: the phone I want is basically the iPhone 5c body with the iPhone 5s internals. Luckily, something tells me that Apple will be selling such a device next year. Unfortunately, there will undoubtedly be a new state of the art iPhone by then as well. And I’m a sucker for the high end. Especially when it comes in gold.

     *     *     *

しこたま売れるだろう

ユーザーがこんな苦境に追い込まれることこそ、アップルがしこたま売れるだろうとみている所以なのだ。

And this predicament is the essence of why Apple sees lots and lots of green.

     *     *     *

今年は(実質 5 と同じ)iPhone 5C で十分だといっている点がオモシロい。

来年 iPhone 6 が出たときが正念場というワケだ。

実は同じようなことを Anand Lal Shimpi もいっている。

Shimpi といえば微に入り細を穿った徹底的ハードウェアレビューで右に出る者がなく、John Gruber はじめアップルギークたちですら一目置く存在だ。

そんな Shimpi が今年からレビュー機材を事前に貸与されるようになった。

今年のレビューでは、5S と 5C についてそれぞれ長文のレビューを認(したた)めている。[5S:約 16000 語、5C:約 2900 語]

AnandTech: “The iPhone 5c Review” by Anand Lal Shimpi: 17 September 2013

     *     *     *

新モデル・前世代モデル・二世代前のモデル

これまでアップルは自社製品の価格をうまく滝壺へ落とす(順次引き下げる)やり方をとってきた。iPhone の新モデルが出るたびに、前世代モデルの契約付き価格は 100 ドル引かれ、二世代前のモデルは無料になった。初期のころはこのやり方が、低マージンのフィーチャー・フォンと競争せずに iOS ユーザー層を広げるのに大いに役に立った。この戦略は実にうまくいったのだ。

For years now Apple has followed a rather intelligent waterfall of its products down the pricing stack. With the arrival of every new iPhone, the previous generation gets a $100 discount from its on-contract price, and the generation before that one is offered for free on-contract. In the early days of this strategy, it was a great way to continue to build up the iOS user base without having to compete in the lower margin feature phone space. The strategy worked quite well.

     *     *     *

iPhone 5S で様子が変わった

しかし iPhone 5S では、アップルは興味深い状況に立ち至った。前世代モデルは同じインダストリアルデザインを利用しているので決してチープなモデルではない。ディスプレイのサイズが増えることによって静電容量結合方式タッチパネルディスプレイのコストが増えるから、iPhone 5 のディスプレイはそれまでのモデルより高価になる。加えてインセル型タッチパネルや高価な製造工程を勘案すると、アップルが iPhone 5 を安売りしたくはないと考えるのは当然だ。

With the iPhone 5s however, Apple was caught in an interesting situation. The previous model leveraged the same industrial design, and it’s definitely not a cheap one at that. Capacitive touchscreen display costs increase with display size, making the iPhone 5’s display a more expensive option than its predecessor. Add in other flagship features like in-cell touch and premium construction and the iPhone 5 quickly became a device that Apple would rather not discount.

     *     *     *

ハイ・マージン製品に特化

アップルの電話ビジネスは Mac ビジネスと基本的に変わっていないことに注目すべきだ。それはマージンの高い製品に特化することだ。信じられないほどの生産量はあくまで業界最高の水準に伴う副産物であって、決して意識的にビジネスモデルを変えたからではない。アップルとしてはハイ・マージンという核となるモチベーションを変えないまま、3つのモデルを出すという戦略を継続する方策を考える必要があった。それが iPhone 5C なのだ。

Keep in mind that Apple built its phone business much like it built its Mac business, by focusing exclusively on higher margin products. The incredible volumes that followed were a side effect of the state of the industry, not a deliberate change in business model. With its core motivations unchanged, Apple needed a solution to continue to make the 3 phone strategy work. The solution is the iPhone 5c:

     *     *     *

どうやって iPhone 5 のコストを引き下げるか

iPhone 5C はハードウェアとしての iPhone 5 プラットフォーム全体をより高めるものだ。しかしながらガラス+アルミという工程からもっと安価なガラス+ポリカーボネートのデザインへと移行した。iPhone 5C は、インセル型タッチパネル、Lightning コネクタ、同じ iSight 背面カメラ、A6 SoC といった機能を iPhone 5 から引き継いでいる。前面 FaceTime HD カメラのような iPhone 5S の新しい機能の一部や、必ずしも新しいとはいえないいくつかの機能も iPhone 5S と共有している。例えば WiFi、電話、BT のハードウェアは iPhone 5 とは異なっているが、5C と 5S は共有している。アップルの2つの iPhone が部品の多くを共有しているため大量生産によるコスト削減のメリットを享受できるのも大きな利点だ。

The iPhone 5c leverages the entirety of the iPhone 5 hardware platform, but moves from a glass + aluminum construction down to a more cost effective glass + polycarbonate design. The iPhone 5c retains all other features of the iPhone 5 including in-cell touch, Lightning connector, the same rear facing iSight camera stack and A6 SoC. It even brings some new features to the table like sharing the same front facing FaceTime HD camera as the iPhone 5s. Other elements aren’t necessarily newer but are at least shared with the 5s platform. For example, the WiFi, cellular and BT hardware is different than the iPhone 5, but shared across the 5c and 5s. Having as many common components between Apple’s two iPhones at this point is another great way to capitalize on economies of scale.

     *     *     *

決して中国向け安価モデルではなかった

材質を節約することによって製造を中止した iPhone 5 の代わりに新しい 5C を売ることができる。2年契約付きだと 16GB 5C は 99 ドル、32GB は 199 ドルだ。これは 5S の導入に伴い iPhone 5 が下がったであろう価格とまったく同じだ。もし 5C が中国向けの大量安価商品で一種のフィーチャー・フォンだと考えたひとがいたら、きっと失望するだろう。また、アップルビジネスに精通したひとなら、低価格競争が決してアップルの戦略にはないことが分かるだろう。

The savings on materials however is enough to allow Apple to sell the iPhone 5c in place of the outgoing 5. With a 2-year contract Apple expects a 16GB 5c to sell for $99, and a 32GB for $199. These are exactly the same price points you’d expect the iPhone 5 to drop to after the introduction of the 5s. Anyone expecting the 5c to be Apple’s solution for volume in China or somehow compete in the feature phone space will be disappointed. At the same time, anyone who is familiar with Apple’s business will know that a low cost volume play was never in the cards.

     *     *     *

長期的に使い続けるなら

自分の個人的好みは、より新しいプラットフォームであるという単純な意味で iPhone 5S がおススメだ。パフォーマンスにあまりこだわらないひとにススメるとしてもそうだ。最新の(当分存続するであろう)ISA[Instruction Set Architecture:命令セットアーキテクチャ]および OpenGL ES 3.0 の双方をサポートすることは、今後長期にわたって使い続け、あるいはアップルの基本アプリ以外でも使うつもりならとても重要だ。

Personally I’d prefer the iPhone 5s simply because of its more modern platform, even if I were recommending a device for someone else not as concerned with performance. Supporting the latest ISA (which will probably stick around for a while) and OpenGL ES 3.0 are both important if you’re going to be keeping your phone for a very long time and plan on using it for more than just the basic first party apps.

     *     *     *

iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら

しかしながら前述したように iPhone 5 の代わりを選ぶだけなら、5C は完全にその代わりになり得る。これ以上安いバージョンが登場することはないだろうと思う。しかし来年になって 5S が今の 5C に代わる地位にグレードダウンする事態がきたらどうなるか — そう考えると興奮を禁じ得ない。

As I said before though, if your plan all along was to buy an iPhone 5 – the iPhone 5c is a clear substitute good. I don’t expect that we’ll see an even cheaper version, but I am excited for what happens when the 5s hardware waterfalls into the 5c replacement next year.

     *     *     *

いずれ iPhone も

アップルが複数モデルの競争に身を投じたことはアップルにとって大きな変化だ。これまで自分はいずれスマートフォンの世界も PC と同じようになるだろうと信じてきた。アップルについていえば Mac のビジネスのように。現在アップルは複数の Mac ノートブックを出している。iPhone でも2つのモデルだけで終わるワケがない。

Apple throwing its hat into the multi-device race marks a very important change for the company. I’ve always believed that the smartphone space would end up looking a lot like the PC industry, or in Apple’s case, the Mac business. Apple presently offers a handful of Mac notebooks, and I see no reason why Apple will stop at two with the iPhone.

     *     *     *

アップルの「3モデル戦略」は変わらないという Anand Lal Shimpi の指摘は重要だろう。(筆者も 5C は中国向けの安価製品だと考えてしまったひとりだ。)

そして Shimpi もまた1年後が正念場だと考えている点はとても興味深い。

それまでは各人各様さまざまなチョイスがあってよさそうだ・・・

★ →[原文を見る:MG Siegler
★ →[原文を見る:Anand Lal Shimpi

Read Full Post »

iphone_5c
iPhone 5C の紹介ビデオ

アップルの今年初めての製品発表となる iPhone イベントが行なわれた。

事前にさまざまなリークとウワサが横行した。

ところで Gruber の予測は一点を除いてすべて的中した。

間違えたのは iPhone 5C のスペックが iPod touch をベースとしたものになるだろうという点だった。

その点について次のように彼は述べている

Daring Fireball: “Thoughts and Observations on Today’s iPhone 5C and 5S Introduction” by John Gruber: 10 September 2013

     *     *     *

間違いをした

一点だけ間違いをした。

I got this one wrong.

今週私は自分の考え方を訂正したが、先月「The Case for a New Lower-Cost iPhone」をまとめたときその間違いをした。

I fixed my thinking by this week, but as of a month ago, I had it wrong when I wrote “The Case for a New Lower-Cost iPhone”.

     *     *     *

アップルの iPhone 戦略に変更無し

それはこういうことだ。iPhone 5C は安いものだというワケではない。(アップルとしては)製造コストは安いかもしれないが、値段が安いというワケではない。アップルのこれまでの戦略は変わっていないのだ。これまで3つの iPhone モデルをアップルは提供してきた。

Here’s the thing. The iPhone 5C has nothing to do with price. It probably does have something to do with manufacturing costs (which are lower for Apple), but not price. Apple’s years-long strategy hasn’t really changed. They offer three phones:

1)今年のモデルで最新技術のもの
2)昨年のモデルで 100 ドル安いもの
3)一昨年のモデルで貧弱なストレージ、2年契約で無料、アンロックモデルより 200 ドル安い

1. This year’s, with the latest technology.
2. Last years’s, starting $100 lower.
3. The two-year-old model, with meager storage, free on contract, $200 lower unsubsidized.

     *     *     *

iPhone 5C の位置付け

今回は1年経った iPhone 5 の代わりに 5C を2番目のモデルとしてデビューさせた。5C は事実上 iPhone 5 なのだ。同じ A6、同じカメラ、何もかも同じ — いちばん明白な違いであるカラフルなプラスチックの外殻を除けば。それは iPod touch に携帯電話のアンテナを加えたものではない。(今日は iPod touch のアップデートは無かったが、そのチップは A5 で、スペックはほぼ 4S と同じだ。)iPhone の価格レベルは前年と同じ。5C で変わったのは中価格帯が突如魅力的になったことだ。旗艦モデル 5S とは別に独自のブランドとしてアップルが宣伝できるようになったのだ。

It’s just that instead of putting the year-old iPhone 5 in slot #2, they’ve created the 5C to debut in that slot. The 5C is, effectively, an iPhone 5. Same A6, same camera, same just about everything — except for the most obvious difference, its array of colorful plastic shells. This is not an iPod Touch with a cellular antenna (the iPod Touch, which was not updated today, still has an A5 chip and roughly 4S specs). The prices of the iPhone tiers remain the same as last year. What changes with the 5C is that the middle tier is suddenly more appealing, and has a brand of its own that Apple can promote apart from the flagship 5S.

マーケティングでは新しく見えるものが新しいということだ。

In marketing, what looks new is new.

     *     *     *

決して安手でチープではない

確かにプラスチック製ではある。しかし安手でチープなところはまったくない。昔のプラスチック製 iPhone である 3G や 3GS に比べてはるかに仕上げは優れているし、手にもよく馴染む。5C はまるでハイグレード製品のように感じられる。

Yes, it’s plastic, but there’s nothing cheap about it. It has a far better fit and finish, and feels way better in your hand, than Apple’s previous foray into plastic iPhones, the 3G and 3GS. The 5C feels like a premium product.

     *     *     *

Air と Pro のアナロジー

MacBook に Air と Pro があるように、iPhone をよく似た兄弟のファミリーにしようとしているのだ。それぞれ 5C を Air、5S を Pro と考えればいい。あるいは iMac と Mac Pro でもいい。iPhone も家族が増えたのだ。

This move is about establishing the iPhone as a two-sibling family, like how the MacBooks have both the Airs and the Pros. Think of the 5C as the Air, and the 5S as the Pro. Or iMac and Mac Pro. The iPhone is growing up as a product family.

     *     *     *

宣伝の主体は

今回は前年のスペックで十分大衆化モデルの iPhone が出せるという初めてのケースだ。本日のアップルサイトでどちらの iPhone が最初に登場するか見ればいい。5S ではなく 5C だ。キーノートではどちらのコマーシャルを見せただろうか? 5C だ。こうなった理由のひとつは、5C の方が数量的により入手可能になるからだ。アップルが予約注文をとったのは 5C であって 5S ではない。なぜなら(そう信ずべき理由が自分にはあるが)5S の方が供給がタイトだからだ。プラスチックの方がアルミニウムより製造が簡単であり、5C の部品はすでに一年を経過していることを考えれば驚くべきことではない。それに実際に需要を充たせる方を宣伝するのが理に叶っている。

This is the first year when last year’s specs remain good enough to serve as the mass market new iPhone. Take a look at apple.com today and note which new iPhone appears first: the 5C, not the 5S. Which phone did they show a commercial for during the event? The 5C. Part of this too is that the 5C is going to be available in greater numbers sooner. Apple is taking pre-orders for the 5C but not the 5S because, I have reason to believe, they expect the 5S to be in constrained supply. That’s not surprising — plastic is easier to manufacture than aluminum, and the 5C’s components are all a year old. And it makes sense to promote the phone that you can actually fulfill demand for.

     *     *     *

ハイエンドモデルとしての 5S

Schiller はほとんど呪文のように 5S が「世界で最も先進的なスマートフォンだ」と繰り返した。Tim Cook も最後のまとめでその言い方を繰り返した。これは 5S を軽視しようとするものではなく、むしろ複数化したラインアップのハイエンドに位置づけようとするものだと自分は考える。トヨタが 5C だとすると 5S は Lexus であり、Banana Republic に対する Gap なのだ。(4S は Gap 系の洋服チェーン店 Old Navy というところか。)いずれ間もなくどの iOS 製品も 64-bit CPU、M7 モーションコプロセッサ、指紋認証センサー、オートフォーカスクラスのカメラを備えることになるだろう。しかしそれを最初に備えるのはまず iPhone 5S なのだ。

Schiller repeated, almost mantra-like, that the 5S was Apple’s “most forward-thinking iPhone”. In his wrap-up, Tim Cook echoed that line. This isn’t about downplaying the 5S, but rather, I think, about establishing the 5S as the top tier in what is now a two-tier lineup. The Lexus to the 5C’s Toyota; the Banana Republic to the 5C’s Gap. (The 4S is Old Navy.) Soon enough, all iOS devices will have 64-bit CPUs, motion-tracking sub-systems, fingerprint sensors, and point-and-shoot caliber cameras. But you get those things first in the iPhone 5S.

     *     *     *

このあとに続く Gruber のハンズオン感想もなかなか興味深いがそれは省略して最後に・・・

来月もまた

来月というと、昨年は9月11日に iPhone と iPod のイベント、10月23日に iPad のイベントが行なわれた。どうやら来月もまた来ることになるのは間違いなさそうだ。

Speaking of next month, last year Apple held events on September 11 (iPhone 5, iPods) and October 23 (iPads). I feel pretty sure I’ll be flying back out next month.

     *     *     *

プラスチック製であるが故に安手でチープと考えるのは間違っている。今後は 5C が大衆化モデルとしてメインになるというのだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

newsegmentation-600x363

Ben Thompson on iPhone Pricing | maclalala:temp

     *     *     *

新しい iPhone イベントもいよいよ明日(今宵深夜)に迫った。

その内容についてはアップルギークの John Gruber がひと月ほど前に思い切った予測をしている。

Daring Fireball: “The Case for a New Lower-Cost iPhone” by John Gruber: 13 August 2013

そのポイントは次のようなものだった。

・新機種の名称:iPhone “5S” および “5C”

・ラインアップ:ハイエンド iPhone 5S、ミッドレンジ 現行の iPhone 5、ローエンド iPhone 5C (iPhones 4 および 4S は廃止)

・なぜいま?:すべてのモデルを16:9 ディスプレイ、Lightning アダプタに統一すること、および non-subsidized markets をターゲットにすること

・iPhone 5C の価格:$399(最低 $349)

・iPhone 5S との差別化:iPhone 5C は iPod touch をベースとするスペック、5S はハード面で camera quality、CPU speed、fingerprint sensor を持つ

・5S と 5C をソフト面での差別化することははないだろう

ひと月前の予測としてはなかなか思い切ったものだった。

     *     *     *

その Gruber が、今日また直前の予測をしている。

Daring Fireball: “Ben Thompson on iPhone Pricing” by John Gruber: 09 September 2013

Ben Thompson の新 iPhone 価格設定に関連して、次のように述べたものだ。

     *     *     *

低価格モデルではない

[Ben Thompson の]主なポイントは、iPhone 5C がチープないしは低価格であると期待してはいけないということ。奨励金なしで(unsubsidized)最低でも 500 ドルはすると思う。安くはあるが、低価格ではない。

Smart take. The key takeaway: do not expect the iPhone 5C to be cheap or low-cost. It’s going to be at least $500 unsubsidized, I think. Lower cost, not low cost.

     *     *     *

さらに、そのあとアップデートとして次のように付言している。

iPhone 5C は中位機種の位置付け

アップデート:明日のイベントの直前予測 — 新 5S はラインアップのハイエンドとなる。新 iPhone 5C は現在の 4S が占めている中位機種(mid-range)の位置付け。この 4S は第3ランクのモデルとしてあと1年は静かに存続し続けるだろう。[先日の予想を変えて]今では 5C が “C” の付かない iPhone 5 に取って代わると考える。 — もっとも、私のいうことを信じるのはほどほどにして欲しい。そもそも今回のイベントについてはほとんど暗中模索だから・・・

UPDATE: My day-before best guess on what we’ll see tomorrow: new 5S takes over the high end spot in the lineup. The new iPhone 5C takes the mid-range spot currently occupied by the 4S, and the 4S quietly hangs around for another year as the third-tier model. I now think the 5C is replacing the plain no-letter iPhone 5. But don’t take my word for it, I’m heading into this event mostly in the dark.

デモに関しては、iBooks、Find My iPhone、iPhoto、iMovie、iWorks などの App Store アプリの iOS 7 デザインにもっとも興味がある。

Demo-wise, I’m most looking forward to seeing Apple’s iOS 7 designs for their App Store apps — iBooks, Find My iPhone, iPhoto, iMovie, iWorks, etc.

     *     *     *

どうやら、iPhone 5 は 5C に取って代わられ(iPhone 5 はなくなる?)、したがって 5C はローエンドではなく中位機種になるということか。iPhone 4S の存続も前回予測とは異なる点だ。

iPhone 5C の価格予想も「$399(最低 $349)→ 最低でも $500」へと変わった。

さて、明日はどういうことになるだろうか・・・

なお、iPhone 5C の価格については、ここで触れられている Ben Thompson のほかにも、Horace Dediu の推論も大変興味深い。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »