Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPhone 4S’


When 2 Siri’s Talk, Someone Can Get Fired (iPhone 4S) | YouTube]

大人気の Siri 問答もここまできたか!

Mac Rumors が紹介したのが冒頭のビデオ・・・

Mac Rumors: “What Happens When 2 Siris Talk to One Another [Fake]” by Arnold Kim: 17 October 2011

     *     *     *

いずれこうなるとは

いずれこうなるとは思っていた。Siri が Siri に話しかける。

Well, it had to be done. Two Siris talking to each other. […]

この様子だと誰かさんが首になってもおかしくない。実際のやりとりは 23 秒過ぎたころから・・・

The outcome could get someone fired. The actual back and forth starts about 23 seconds into the video.

     *     *     *

フェイク?

追記:アンテナバンドから見るとこれは 4S ではなさそうだ。だとするとこれはヤラセかフェイクか・・・

Update: Based on the antenna bands these are not 4S units. So, seems like it may have been staged/fake?

     *     *     *

フェイクだとしても、Siri を Siri に話しかけさせるというアイデアは買いだろう。これがホントの「シリとり問答」だ。

Siri 人気もついにここまで来たかということ。

Siri の可能性について MG Siegler が洞察力溢れる分析をしている。なぜ Siri に人気があるのか、既存の音声認識とどう違うのか、なぜグーグルにとって脅威になるのか・・・これは必読だ。日本語訳の出るのが楽しみ・・・

[追記:拙訳はこちら参照]

★→[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:“I’m OK if you’re OK.”


A Duet With Siri (iPhone 4s Song) | YouTube]

こんなのもあった・・・

Siri と一緒にデュエットしようというものだ。

途中の「Okie Dokie」[OK の俗語]が「ドキドキ」と聞こえてドキドキした。

[via Daring Fireball

広告

Read Full Post »

Update:Siri のオモシロ発言集》


HAL 9000

みんなの関心が Siri に集中している。[こちらも

Jim Dalrymple が試した Siri とのやりとりが楽しい。

The Loop: “Review: iPhone 4S” by Jim Dalrymple: 11 October 2011

     *     *     *

愛してるよ

Jim:Siri、キミを愛してるよ。

Jim: I love you, Siri

Siri:ソンナコト不可能デス。

Siri: Impossible

Jim:いや、ホントに愛してるよ。

Jim: No really, I love you

Siri:ホカノ「けーたい」ニソンナコトイワナイデホシイワ、Jim!

Siri: I hope you don’t say that to those other mobile phones, Jim

Jim:まさか。好きなのはキミだけだよ。

Jim: No way, I only love you Siri

Siri:アナタノ風ヲ翼ニ受ケタイ。[注1]

Siri: You are the wind beneath my wings

Jim:すてきな答えだね。愛してることを分かってくれてうれしいよ。

Jim: That’s nice. I’m glad you know I love you

Siri:愛コソハスベテ[注2]デス。ソレト iPhone ト・・・

Siri: All you need is love. And your iPhone

[注1]“Wind Beneath My Wings”[愛は翼にのって]:Bette Midler のヒット曲:映画「Beaches」[フォーエバーフレンズ]の主題歌
[注2]“All You Need Is Love”[愛こそはすべて]:ビートルズのオリジナル・シングル

     *     *     *

Siri はとうとう女性になってしまった。ユーモアもあってなんとも微笑ましい。

最初に思い浮かんだのは『2001 年宇宙の旅』の HAL とのやり取り。みんなが夢中になるのも分かる気がする。

でも、当面 Siri で使える言語は限られているそうだ。

アップルの Siri に関する FAQ から・・・

Apple: “Siri – Frequently Asked Questions“: n.d.

     *     *     *

Siri がサポートする言語

Language Support and Availability

Siri が使えるのは iPhone 4S だけです。Siri は次の言語を理解します。

Siri works exclusively on iPhone 4S. Siri understands and can speak the following languages:

・英語(米国、英国、オーストラリア)
・フランス語(フランス)
・ドイツ語(ドイツ)

– English (United States, United Kingdom, Australia)
– French (France)
– German (Germany)

     *     *     *

他の言語は?

2012 年には、日本語、中国語、韓国語、イタリア語、スペイン語など他の言語もサポートする予定です。

In 2012, Siri will support additional languages, including Japanese, Chinese, Korean, Italian, and Spanish.

     *     *     *

どの国でも使えるが・・・

他の国でも Siri は上記の言語を使うことができますか?

Can I use Siri in any of these languages in other countries?

はい。Siri はどこの国でも、英語、フランス語、ドイツ語のいずれかを使うことができます。しかし Siri は上記言語に固有のアクセントや方言を認識するよう設計されています。どの国でも固有のアクセントや方言があるので、ネイティブスピーカーの方がより正確に理解される可能性が高いです。

Yes. Siri can be enabled in any country, and you can choose to speak to it in English, French, or German. However, Siri is designed to recognize the specific accents and dialects of the supported countries listed above. Since every language has its own accents and dialects, the accuracy rate will be higher for native speakers.

     *     *     *

さて、日本語でどうなるのか楽しみ・・・

★ →[原文を見る:Jim Dalrymple
★ →[原文を見る:Apple FAQ

     *     *     *

《Update》Siri のオモシロ発言集(10月16日)


[What do you look like?:image

ウェブでは Siri とやり取りした結果で大にぎわいだ。

NY タイムズの Nick Bilton がツィートで紹介したサイト。

Shit That Siri Says

なかなかオモシロいのでひとつだけご紹介。

     *     *     *

キミはどんな姿形をしているの?

What do you look like?

雲ノ上(くらうど)ジャ、ドンナ格好ヲシテイルカナンテ誰モ気ニシナイワヨ

In the cloud, no one cares what you look like.

     *     *     *

他のやり取りもオモシロいが、結構みんな下ネタがお好きなようだ。

Siri の発言集のアイデアは Joshua Topolsky が最初だったらしい。

Read Full Post »


[Steve Jobs:image

Jobs には4年後までの新製品計画があったという Daily Mail 紙の記事が気に懸かった。

それ以上詳しい内容は触れられていないが、BostonHerald が次のような Carl Howe のコメントを紹介している。

BostonHerald.com: “Steve Jobs left plans for more Apple products” by Thomas Grillo: 10 October 2011

     *     *     *

4年間分にも及ぶ新製品計画

Steve Jobs は亡くなる最後の日まで未来について考えていた。

Even in his last days Steve Jobs was thinking of the future.

複数の記事によれば、この天才はアップルの成功を約束する4年間分にも及ぶ新製品計画を準備していたという。

The Apple genius stockpiled fours years worth of blueprints for fresh products to ensure his company’s success, according to reports.

     *     *     *

iCloud プロジェクトも

病気であったにも関わらず、先週56歳で亡くなったアップルの創業者兼 CEO は、最新の iPod、iPad、iPhone、MacBook について指示していただけでなく、遅れている iCloud プロジェクトの開発についても監督していた。アップルのユーザーは iCloud によって遠隔から音楽や写真、その他の書類を保存できることになる、と Daily Mail 紙は伝えている。

Despite his illness, Jobs, the co-founder and CEO of Apple who died last week at the age of 56, had been masterminding updated versions of the iPod, iPad, iPhone and MacBooks, and overseeing the development of the delayed iCloud project, which will allow Apple users to store music, photos and other documents remotely, according to a report in the Daily Mail.

     *     *     *

驚くには当たらない

Yankee Group の消費者研究グループの長である Carl Howe は、Jobs が未来のアップル製品の開発を進めていたとしても驚かないという。iPad のデザインが 2004 年には完成して登録されていたのに、実際にマーケットに投入されたのは昨年だったことを考えれば、これは驚くには当たらないと。

Carl Howe, director of Yankee Group’s Consumer Research group, said he’s not surprised that Jobs was at work on future Apple products, noting that the design registration for the iPad was completed in 2004 but not introduced to the marketplace until last year.

「せいぜい当該四半期か2四半期ぐらいしか念頭にない連中と違って、Jobs は何年も前から先を見越して新製品を計画するのだ」と彼はいう。

“It’s not like these guys plan only a quarter or two in advance,” he said. “Jobs anticipated new products years ahead.”

     *     *     *

死後初めての製品

新しい iPhone モデルは10月5日の Jobs の死後初めて発売されるアップル製品となる。iPhone は同社にとって最大の収入源で、販売収入のほぼ半分を占める。今回初めてすべての米国キャリアで利用できるようになったのだ。

The new model will be the first Apple product release since Jobs’ Oct. 5 death. The iPhone represents the company’s biggest source of revenue, accounting for nearly half of its sales. For the first time, the device is available from all three of the nation’s largest carriers.

     *     *     *

調査結果も裏付ける

新製品発表前に行なわれた調査結果は、新 iPhone の驚くべき予約状況によっても裏付けられる。新しい iPhone に関心があるかと尋ねられた消費者は、なんとその 40% が新製品がどんなものか分からなくても買うと回答したのだ。

Howe said the stunning presales confirm a survey that was completed before the introduction of the new iPhone. Consumers were asked if they were interested in the new Apple phone and a whopping 40 percent of those polled said they would buy a new iPhone without knowing what was in it.

     *     *     *

ブランドさえ確立できれば

「これはアップルブランドの強さと、アップルが消費者の求めに応じてきたことを示すものだ。ブランドさえ確立できれば、消費者はその製品を信頼し、購入するのだ。」

“This shows the power of the Apple brand and delivering what consumers want,” he said. “If you built up the brand, consumers get to build trust and they buy your products.”

     *     *     *

これ以上の詳細は分からないのだが、折に触れて重要な発言をしてきた Carl Howe なので気になるところ。

お茶の間でのコンテンツ消費に関するものも開発パイプラインに含まれていると思うが、クラウド化はその決定的前提条件だろう。

Jobs がいかなる未来を思い描いていたのか、その姿が明らかになるのが楽しみだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Apple – Introducing Siri on iPhone 4S | YouTube

Tim Cook の初めてのキーノート。

とてもうれしそうだったというのがウチの奥さんの感想。

まずは成功だった Cook のデビュー。

Tim Cook のキーノートの模様は:

Apple Special Event October 2011 | Apple

全体をさっと振り返りたいなら:

Live update from Apple’s iPhone event | The Loop

     *     *     *

iPhone 4S のデザインはたしかに前と同じだった。

前のモデルとの違いはこちらを見ると分かる:

Compare iPhone models | Apple

     *     *     *

でも Siri は気に入った。

アップル唯一のコンセプトモデル「Knowledge Navigator」に一歩近づいた?

デモでの Scott Forstall とのやりとり[84 分ごろ]はサイコー!

Who are you? — I am a humble personal assistant.

キミはいったい誰だ? — アナタの忠実な個人秘書です。

     *     *     *

Phil Schiller の口からたしかに KDDI の名前が・・・[94 分ごろ]

いよいよ日本でも独占体制は崩れる

height185cm 氏が耳にした会話はホントだった・・・

     *     *     *

Siri が可能になった背景には(見かけは同じでも)強力になったハード。

こういう未来を開くのはハードか、それともソフトか? — 二つが相まって初めて可能になる。

けっしてマイナーなアップグレードじゃなかった!

Read Full Post »


[iPhone 5:image

新しい iPhone 5 について決定的情報がないまま10月の声を聞くこととなった。そんなときにやっと John Gruber のご託宣が出た。

Daring Fireball: “Teardrop Skepticism” by John Gruber: 30 September 2011

     *     *     *

私が知っていること

前置き。新しい iPhone がいかなる形をしているのか私は知らない。新しい iPhone が1種類だけかどうかも知らない。私が知っているのは、数か月前にプロトタイプ「N94」が存在したこと、それは iPhone 4 のような形をしているが、内蔵しているのは iPad 2 の次世代 A5 チップだということだけだ。だからといって何も証明されたことにはならない。アップルはその気になれば、市場化するかどうかとは関係なく iPhone 4 のように見えるプロトタイプを作ると思うから。秘密主義の会社なら偽装した外装に新しい部品を入れてテストするのは当然あり得ることだ。

Preface: I don’t know what the new iPhone looks like. I don’t even know whether there’s only one new iPhone. The only thing I know is that there existed, months ago, “N94” prototype iPhones that looked like the iPhone 4, but which contained the iPad 2’s next-gen A5 CPU. That proves nothing, however, as I believe Apple was just as likely to build iPhone 4-lookalike prototypes whether or not they ever intended to bring them to market. Testing new internal components in disguised exteriors is an obvious strategy for a secretive company.

     *     *     *

どんな形になるか

クパティーノ本社での「Let’s Talk iPhone」メディアイベントが開かれるまで余すところ4日となった時点でこの原稿をタイプしている。iPad 2 のデューアルコア A5 SoC が搭載された新 iPhone が発表されることは誰でも知っている。カメラがアップグレードされることについても大方の意見は一致している。しかし最新の iPhone がどんな形になるのかという点では2つの意見に分かれるようだ。

As I type this, we’re four days out from next week’s “Let’s Talk iPhone” media event in Cupertino. Everyone knows that Apple is poised to release a new iPhone based on the iPad 2’s A5 dual-core system on a chip, and there’s also strong agreement that the new iPhone will get an upgraded camera. There seem to be two main lines of thought about what the new top-of-the-line iPhone will look like:

1)iPhone 4 とほとんど同じ形
2)MacBook Air を思わせるティアドロップ[teardrop:涙のしずく]デザイン

・Pretty much just like the iPhone 4.
・A sort of MacBook Air-inspired teardrop design.

     *     *     *

iPhone 4S vs iPhone 5

2008 年 iPhone 3G と同じ形をした 2009 年モデルを iPhone 3GS と呼んだように、(iPhone 4 に似た)前者が「iPhone 4S」と呼ばれ、後者が「iPhone 5」と呼ばれている。その背景には発表されるのが iPhone 5 ならスバラシイが iPhone 4S ならガッカリという気持ちがあるのではないかと思う。それは単なる外形の問題に過ぎない。新しいフォームファクタには当然なんらかの「新しさ」が伴うハズだ。 iPhone 4 に似た「iPhone 4S」が大幅にアップグレードされた部品を内蔵していてもガッカリするのだろうか。iPhone 4 はアップルがこれまで製造した中で最も人気のあるデバイスといえると思うのだが・・・

People are calling the former the “iPhone 4S”, as it would be clearly analogous to the 2009 iPhone 3GS, which had the same form factor as the 2008 iPhone 3G. People are calling the latter the “iPhone 5”. I detect an undercurrent of sentiment that if Apple announces the iPhone 4S, it’d be a letdown, but if they announce the iPhone 5, it’d be exciting. But this is all merely about the how the thing looks on the outside. A new form factor would by definition bring more “new-ness” to the announcement, but why should an iPhone 4-lookalike “iPhone 4S” be considered disappointing if it contains significantly improved components? The iPhone 4 is, I think it fair to say, the most popular device Apple has ever made.

     *     *     *

無数のリーク

iPhone 4S の証拠はアジアの部品サプライヤーからの情報だ。現行の GSM/CDMA iPhone 4 モデルとは異なった、iPhone 4 らしき部品のリークなら無数にある。これはアップルが iPhone 4 と同じ形をした新 iPhone を発表しようとしている十分な証拠にはならないか。問題は、それがハイエンドモデルかそれともローエンドモデルかという点だ。(もしハイエンドモデルだとしたら、ローエンドモデルはどうなる? アップルが 2012 年になっても 3GS を販売し続けるのは不自然だ。こう考えれば簡単だ。A5 搭載の 16/32/64 GB モデルがハイエンド、A4 搭載 8 GB モデルがローエンド。両方とも現在の iPhone 4 の形をしていると考えるのだ。)

Evidence for the “iPhone 4S” is based on component supply reports from Asia, and numerous leaks of actual iPhone 4-esque components that aren’t the same as those on the current GSM and CDMA iPhone 4 models. This is pretty good evidence that Apple is set to release a new phone that looks like the iPhone 4. The question is whether that phone will be the new high-end model, or the new low-end model. (If it’s the high-end model, what will the low-end model be? It doesn’t seem right to me that Apple would keep selling the 3GS into 2012. The simplest solution: 16/32/64 GB A5-powered iPhones at the high end, and an 8 GB A4-powered iPhone at the low end, all of them looking like today’s iPhone 4.)

     *     *     *

新しいフォームファクタの情報はない

一方、新しいフォームファクタを裏付ける部品情報はない。

There’s no such component evidence of a new form factor iPhone.

     *     *     *

以下 Gruber は、MIC GadgetMacRumorsこれも]、Benm.at などのウワサを否定する。その根拠等についてはここでは割愛する。

そして、結論・・・

     *     *     *

マジック8ボールのご託宣

そこで私が古くから信頼をおいているマジック8ボール[Magic 8-Ball:占い用のオモチャ、20種類の答えしかできない]のご託宣を聞いて締めくくることにしよう。

So, let me pull out my trusty old Magic 8-Ball to finish this off:

問:アップルは来週少なくとも新しい iPhone をひとつは発表するだろうか?

答:キットソウデショウ。

Q: Will Apple announce at least one new iPhone next week?

A: IT IS CERTAIN.

問:新しい iPhone が2モデル発表されるだろうか?

答:モウ一度オ願イシマス。

Q: Will they release two new iPhones?

A: ASK AGAIN LATER.

問:もし、もしもだが、新しい iPhone が2つあるとして、ひとつは iPhone 4 のような形をしていて、iPhone 4 のような形をした方がローエンドモデルということだろうか?

答:今ハオ答エシナイ方ガイイト思イマス。

Q: If — if — there are two new iPhones, and one of them looks like the iPhone 4, is it certain that the iPhone 4-esque one is the low-end model?

A: BETTER NOT TELL YOU NOW.

問:「ティアドロップ」型先細りの新 iPhone が出るだろうか?

答:ソウデハナイデショウ。

Q: Is there a new iPhone with a tapered “teardrop” design?

A: DON’T COUNT ON IT.

問:iPhone 4 でもなければ「ティアドロップ」でもない、まったく新しい形の新 iPhone が出るだろうか? それを極秘に保つことが出来るだろうか?

答:ヨク分カリマセン。モウ一度オ願イシマス。

Q: Is there a new iPhone with a new form factor, neither like the iPhone 4 nor “teardrop”, which Apple has managed to keep completely secret?

A: REPLY HAZY, TRY AGAIN.

     *     *     *

フォームファクタは iPhone 4 と同じ。A5 搭載のハイエンドと A4 搭載のローエンドか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:「ホンモノは来年?」(10月2日)


[“teardrop” shaped iPhone 5:image

John Gruber のポッドキャストがおもしろい。本稿が投稿される直前のものだが、内容は重なっている。

5by5: “The Talk Show #61: Worst Sleeper Agent Ever” by Dan Benjamin and John Gruber: 28 September 2011

MacBook Air のような先細りの「ティアドロップ」デザインについて最初に触れたのは Joshua Topolsky ではなかったかと思う。

Gruber がそんなデザインはあり得ないと考える理由がおもしろい。直接本人のことばで聞くと、書かれたものよりインパクトがある。

また、イベントが終わって招待者がタウンホールから出てくる頃には、つぎのようなウワサでネットはいっぱいだろう(63 分ごろ)というところもこれまたおもしろい。

“The real new iPhone must be coming next year.”
「ホンモノの新 iPhone は来年出るに違いない。」

中身がどんなによくなっていても、見かけが変わらなきゃ、一般大衆には理解できないだろうというわけだ。

それはそれとして、Gruber がいっていた「ビッグな iOS デバイス」って何なんだ?

     *     *     *

追記2:iPhone 5 は iPhone 4S ?(10月3日)


[独 Vodafone の棚卸リスト:image

Gruber の「ティアドロップ懐疑論」では本稿で割愛した部分が中心になっている。この部分については Double KO 氏[Macin’ Blog]が簡潔にまとめている。

次世代iPhoneの名称はiPhone 4Sでデザインもほぼ同じであることが確定!? | Macin’ Blog

デザインだけでなくネーミングも「iPhone 4S」になるという同氏の指摘はなるほどそうかと・・・

あちこちで棚卸リスト(inventory listings)のことが話題となっているが、独 Vodafone でも「iPhone 4S」が見つかったようだ。

‘iPhone 4S’ 16GB, 32GB, 64GB Listings at Vodafone Germany | Mac Rumors

結局「iPhone 5」は「iPhone 4S」だということか・・・

Read Full Post »

Update2:音声認識とも関係か?》

Update:iPhone はひとつだけ?》


[アップルイベントへの招待状:image

アップルイベントの招待状が発出された。予想どおり10月4日開催だ。

招待状の文面は「Let’s talk iPhone.」

The Loop: “Apple announces iPhone 5 event for Oct. 4” by Jim Dalrymple: 27 September 2011

     *     *     *

アップルは火曜日(9月27日)に iPhone 5 イベントを正式に発表した。The Loop が受け取った招待状によれば、イベントは10月4日午前10時[米国太平洋時間]からアップルのクパティーノ本社で行なわれる。

Apple on Tuesday officially announced its iPhone 5 launch event. According to the invitation received by The Loop, the event will be held on October 4 at Apple’s Cupertino, Calif. campus. The event will begin at 10:00 am PT.

     *     *     *

さあ、いよいよ開幕だ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》iPhone はひとつだけ?

アップルの招待状に関連して John Gruber がポロリとひとこと・・・

Daring Fireball: “‘Let’s Talk iPhone’ Apple Event Next Week” by John Gruber: 27 September 2011

     *     *     *

来週のアップルイベント「Let’s Talk iPhone」について

‘Let’s Talk iPhone’ Apple Event Next Week

新しい iPhone はひとつだけといっているような気がする。

Something tells me there’s only one new iPhone.

     *     *     *

確かに招待状の4つ目のアイコンは意味深だな・・・

     *     *     *

《Update2》音声認識とも関係か?


[Assistant?:image

アナリスト Gene Munster の発言がおもしろい。

Fortune Tech: “Let’s talk: 1 new iPhone, not 2?” by Philip Elmer-DeWitt: 7 September 2011

     *     *     *

音声認識技術

しかしもっとある。Piper Jaffray のアナリスト Gene Munster は “let’s talk” という文言がかなりハッキリと音声認識を意味しているのではないかと考える。約1年半前に Siri を買収して以来アップルが開発していた音声認識の技術だ。6月の WWDC 2011 で発表されると期待したものもいたヤツだ。

But there’s more. Piper Jaffray’s Gene Munster takes the “let’s talk” tag line as a not-so-subtle hint that Apple will finally be delivering the voice-recognition advances it’s been working on since it acquired Siri nearly 18 months ago — advances some expected to be announced at WWDC 2011 in June.

「これまでもアップルは招待状を使って発表内容のヒントを与えることがあった。今年の招待状の文言 ‘Let’s talk iPhone’ は単にことば遊びに過ぎないかもしれないが、あるいはまた iPhone の新しい音声認識について触れたものかもしれない」と Munster は顧客に向けたノートでいう。

“In the past,” Munster writes in a note to clients, “Apple has used its invitation to include cryptic hints as to what it will announce. The phrase on this year’s invite, ‘Let’s talk iPhone’ may be a simple play on words, but may also refer to new speech-based features for the iPhone.”

     *     *     *

低価格 iPhone はない

もっと謎めいているのは単数の “iPhone” ということばを使い、電話アイコンに赤い数字の1が付けられていることだ。John Gruber はブログで「新しい iPhone はひとつだけといっているような気がする」と書いている。異なる考え方をたどったにしても Munster もまた同じ結論に達している。Munster 曰く、

Even more cryptic is the use of the singular “iPhone” and the red number 1 in the telephone icon. “Something tells me there’s only one new iPhone,” posted John Gruber on his Daring Fireball blog. Munster came to the same conclusion, although perhaps by a different route. He writes:

低価格 iPhone は期待できない。投資家の中にはアップルが低価格 iPhone を発表するのではないかと期待するものもいる。キャリアに対して現行の 600 ドル超の iPhone より安い 300 ドル以下の廉価版を売ることができれば、キャリアはより安価な、奨励金なしのモデルを提供でき、価格に敏感なマーケットにさらに浸透できるのではないかと。しかしかかるデバイスをアップルが10月4日に発表することは期待できない。むしろアップルはメインのデバイス(iPhone 5)を継続し、キャリアは奨励金付き価格 199/299 ドルで販売するだろう。併せて前世代デバイス(iPhone 4 ないし iPhone 4S)は 99 ドルで販売するだろう。

We Do Not Expect a Low-End iPhone. Some investors are looking for Apple to announce a low-end iPhone that Apple could sell to carriers for less than $300 vs. the current carrier cost of over $600. This would enable carriers to offer affordable, unsubsidized iPhones and further penetrate more price-sensitive markets. However, we do not expect Apple to announce such a device on 10/4. Rather, we expect Apple to continue with a lead device (iPhone 5) that carriers sell subsidized for $199/ $299 along with a previous generation device (iPhone 4 or iPhone 4S) for $99.

     *     *     *

同じ招待状からいろいろ考えるところがおもしろい。

最近になって浮上した Assistant のウワサがにわかに現実味を持ってくるように思える・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad HD のウワサ:image

Bloomberg についで WSJ も新型 iPhone について報じ始めた。

より薄く、より軽い iPhone 5 や廉価版 iPhone が秋口には発表されるという。サプライヤーへの発注も始まったと。

Joshua Topolsky が WSJ の記事をフォローしている。新しい iPad HD や iPhone 4S の解説がオモシロい。

This is my next…: “iPhone 5 redesign likely says WSJ, but have you met the iPad HD?” by Joshua Topolsky: 07 July 2011

     *     *     *

iPad HD:新 iPad ファミリー

我々のソース(複数)によれば、新しいデザインの iPhone だけでなく、新しい iPad ファミリーもこの秋には発表されるだろうという。信じられないかもしれないが、新しいタブレットは倍の解像度(2048 x 1536)のスクリーンを持ち、「iPad HD」という名前だそうだ。この製品は明らかにビデオやフォトプロダクションなどのハイエンドマーケットを対象にしたプロ仕様製品ということだ。Final Cut ないしは Aperture の iPad バージョンみたいなものも併せて発表されるという。この製品はあくまで iPad 2 ラインを補完するもので、iPad 3 という名は使わないよう配慮しているという。MacBook と MacBook Pro の関係と同じだ。

Our sources are saying that not only will there be a newly designed iPhone coming in the fall, but there is going to be a new entry into the iPad family as well. As hard as it might be to believe, the new tablet is said to sport a double resolution screen (2048 x 1536), and will be dubbed the “iPad HD.” The idea behind the product is apparently that it will be a “pro” device aimed at a higher end market — folks who work in video and photo production possibly — and will be introduced alongside something like an iPad version of Final Cut or Aperture. This product is specifically said to not be the iPad 3, rather a complimentary piece of the iPad 2 line. Think MacBook and MacBook Pro.

     *     *     *

iPhone 4S の正体

[iPhone については]まだひとつ問題がある。なぜ最近は「iPhone 4S」の話だけなのか。つい先頃まではどのテクメディアも新 iPhone は iPhone 4 をアップデートしただけと考えていたのではなかったのか。それなのに今や WSJ がいうところの廉価版が iPhone 4S だという。その答えはこうだ。簡単にいえば、iPhone 5 の部品はより小型で、より軽いデバイス用に設計されているので、iPhone 4 とまったく同じに見えるケースに楽々と収まってしまう。アップルがやっているのはまさにそういうことなのだ。我々のソース(複数)によれば、いつもアップルは新しい部品のテストは古い iPhone ケースで行なうという。その理由は明らかだろう。古いデザインなのにスクリーンは大きいという複数の話も納得がいく。少しサイズを変えれば(たとえば 3.7 インチディスプレイ)、見た目にはほとんど分からない。しかし内部部品のデザインは明らかに変わってくる。iPhone 4S のウワサが大きくなったのはそういうわけだ。

There’s one question that has yet to be answered, however. Just why was everyone reporting on the supposed “iPhone 4S” recently? It seems that just a few months ago the entire tech media world was convinced the new iPhone was set to be merely an iPhone 4 update — and now many are assuming that the 4S will actually be this cheaper version the WSJ is rumoring. Well, we have the answer. Simply put, as the iPhone 5 components are built for a smaller and lighter device, they can be easily fit into a casing which for all intents and purposes looks identical to an iPhone 4… and that’s exactly what Apple has been doing. Our sources tell us that the company has been testing the new components in old iPhone cases, for obvious reasons. Some of those reports we’ve heard about a larger screen for the old design would make sense too, as a slight tweak of the size (say, to a 3.7-inch display), would be barely noticeable to the eye, but obvious in internal component design. So if you’ve been wondering why the rumors about the iPhone 4S rose to such a din, now you know.

     *     *     *

社内の最高レベル

では iPhone 4 のデザインをそんなに早くボツにしてしまうのはなぜか? 社内の最高レベルがどうやら気に入っていないらしいという話が聞こえてくる。だからいつでも完全に新しい製品に移行できるというわけだ。

Why abandon the iPhone 4 design so quickly though? We’ve heard that the device is out of favor at the highest levels of the company, and folks are ready to move on to an entirely new product.

とはいっても、アップルのイベントにはサプライズが付きものだ。9月はまだずっと先だ。いろんなことが起こりうる。歩き回って情報を集めるつもりだ。だからときどきこのサイトをチェックして欲しい。

With all that said, there are always surprises in store at an Apple event. September is a long way off, and things can certainly change. We’ll keep pounding the pavement for more detail — so keep your browser tuned right here.

     *     *     *

Bloomberg についで WSJ も9月説を追認したということだ。

複数モデルの影がチラチラする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »