Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPad HD’


[iPad の新しい名前には Twitter も反応した:image

iPad の新しい名前について触れた MG Siegler の記事がオモシロい。

TechCrunch: “iPad” by MG Siegler: 07 March 2012

     *     *     *

単純に「iPad」

ウワサと大きく違ったのは新しい iPad の名前だけだったというのはなんか可笑しい。当然と思われた「iPad 3」でもなければ「iPad HD」でもなく、単純に「iPad」というだけだった。これからはそうなるということなのだ。

It’s sort of funny that the only major thing those in the rumor business got wrong was the name of the new iPad. It’s not the previously presumed “iPad 3″, nor is it the “iPad HD”. It’s just the iPad. And that’s what it will be from now on.

     *     *     *

いまさら驚くことでもない

名前は確定と思われていたのでサプライズだったが、そんなに驚くことでもなかったはずだ。今の iMac は「iMac 11」ではないし、MacBook Air も「MacBook Air 4」ではない。iPod のラインアップは変わっても名前そのものは同じだ。iPhone のラインアップについても同じことが必ず起きるだろう。(一部アップルのせいで)スペックが消えつつあるように、名前の番号付け競争も終わりつつある。すべてはシンプルさということなのだ。

This was surprising because our expectations were set for a new name. But it really shouldn’t be all that surprising. My iMac is not the “iMac 11″. My MacBook Air is not the “MacBook Air 4″. The iPod line changes, but the name remains the same. This will undoubtedly happen to the iPhone line as well. Just as the spec is dying (more than partially ushered to the grave by Apple), the ascending number naming race is dying too. It’s about simplicity.

     *     *     *

ハードとソフトをコントロールする強み

アップルがそう出来たのは、製品の種類が限られ、しかもすべてを完全コントロールしているからだ。ソフトも OEM にライセンスされていない。他のライバルメーカーの「iPad 3X Turbo」に対抗するため「iPad 3X HD S」という名前を付ける必要もないのだ。そもそも競争なんてないのだから。目下のところはという意味でだが。iPad という名前を裸で使うだけで十分競争に勝てるのだ。

Apple can pull this off because they have so few products and they’re in complete control of all of them. Their software isn’t licensed to other OEMs. The iPad doesn’t have to be called the “iPad 3X HD S” just to beat the “iPad 3X Turbo” made by a competitor. There are no real competitors. Not yet, anyway. The naked “iPad” name alone is enough to win.

     *     *     *

これ以降の下りもおもしろいがここでは省略。

新しい名前については Peter Cohen[The Loop]の記事もおもしろい。

アーシュラ・ル=グウィンの『ゲド戦記』まで引用して名前の持つマジックについて触れ、初代 iPad が生理用品を思わせる名前だったのに一向に売れ行きを妨げることはなかったと述べている。

The Loop: “On the new iPad’s name” by Peter Cohen: 08 March 2012

アップルがモットーとするシンプルさは名前の付け方にまで及ぶ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Retina Display iPad 2:image

iPad 3 のウワサの口火を切ったのは5か月前の John Gruber の記事こちらの Update 参照)だった。

9月には iPad HD が登場するというウワサまで出ているのに、肝心の Gruber はひとことも反応しない。

その彼が、彼らしいやり方で、Retina Display を搭載した iPad は今年は出ないだろうと5か月ぶりにコメントした。

Daring Fireball: “Proposed Name for a Retina Display iPad 2: ‘iPad Pro’” by John Gruber: 11 July 2011

     *     *     *

「iPad Pro」

Jin Kim が Retina Display を搭載した新 iPad を「iPad Pro」と呼んでいる。

Proposed Name for a Retina Display iPad 2: ‘iPad Pro’

Jin Kim:

『この新しいハイエンドモデルは「iPad 2 Plus」ではなく「iPad Pro」という名前になるだろう。なぜか? アップルはサムスンとは違うのだ。この会社が接頭辞・接尾辞として使うのは「i」と「Pro」だけだ。』

“This new high-end model will be called iPad Pro, not iPad 2 Plus. Why? Well, first Apple isn’t Samsung. The company doesn’t add prefixes and suffixes except for ‘i’ and ‘Pro’.”

もし — それも大きな仮定だが — もしアップルが現行の iPad 2 モデルに加えて Retina Display を搭載した iPad 2 のプレミアムモデルを出すとすれば、確かに「iPad Pro」という名前はよさそうだ。

If — and I think it’s a big if — Apple were to unveil an iPad 2 with a retina display, sold alongside the existing iPad 2 models as a premium option, then yeah, I think “iPad Pro” sounds about right.

     *     *     *

今年はその時期ではない

しかしながら未だにアップルは iPad の急速な需要に応じきれないでいる。それにどのライバルもマーケットに食い込めていない。だから今年アップルが Retina Display を搭載した iPad を出すことが可能だとしても、そうすべきかどうか分からない。

But Apple still can’t make the existing iPads fast enough, and none of their competitors on the market seem to be making any dent in the market. So even if Apple could do a retina-display iPad this year, I’m not sure there’s any reason they should.

     *     *     *

Gruber のやり方は、真正面から持論を展開した長文の記事を書くか、それともさりげなく他の記事に潜り込ませてしまうかのどちらかだ。

iPad ハイエンドモデルはまだ今年は登場しないという発言は後者ということ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad HD のウワサ:image

Bloomberg についで WSJ も新型 iPhone について報じ始めた。

より薄く、より軽い iPhone 5 や廉価版 iPhone が秋口には発表されるという。サプライヤーへの発注も始まったと。

Joshua Topolsky が WSJ の記事をフォローしている。新しい iPad HD や iPhone 4S の解説がオモシロい。

This is my next…: “iPhone 5 redesign likely says WSJ, but have you met the iPad HD?” by Joshua Topolsky: 07 July 2011

     *     *     *

iPad HD:新 iPad ファミリー

我々のソース(複数)によれば、新しいデザインの iPhone だけでなく、新しい iPad ファミリーもこの秋には発表されるだろうという。信じられないかもしれないが、新しいタブレットは倍の解像度(2048 x 1536)のスクリーンを持ち、「iPad HD」という名前だそうだ。この製品は明らかにビデオやフォトプロダクションなどのハイエンドマーケットを対象にしたプロ仕様製品ということだ。Final Cut ないしは Aperture の iPad バージョンみたいなものも併せて発表されるという。この製品はあくまで iPad 2 ラインを補完するもので、iPad 3 という名は使わないよう配慮しているという。MacBook と MacBook Pro の関係と同じだ。

Our sources are saying that not only will there be a newly designed iPhone coming in the fall, but there is going to be a new entry into the iPad family as well. As hard as it might be to believe, the new tablet is said to sport a double resolution screen (2048 x 1536), and will be dubbed the “iPad HD.” The idea behind the product is apparently that it will be a “pro” device aimed at a higher end market — folks who work in video and photo production possibly — and will be introduced alongside something like an iPad version of Final Cut or Aperture. This product is specifically said to not be the iPad 3, rather a complimentary piece of the iPad 2 line. Think MacBook and MacBook Pro.

     *     *     *

iPhone 4S の正体

[iPhone については]まだひとつ問題がある。なぜ最近は「iPhone 4S」の話だけなのか。つい先頃まではどのテクメディアも新 iPhone は iPhone 4 をアップデートしただけと考えていたのではなかったのか。それなのに今や WSJ がいうところの廉価版が iPhone 4S だという。その答えはこうだ。簡単にいえば、iPhone 5 の部品はより小型で、より軽いデバイス用に設計されているので、iPhone 4 とまったく同じに見えるケースに楽々と収まってしまう。アップルがやっているのはまさにそういうことなのだ。我々のソース(複数)によれば、いつもアップルは新しい部品のテストは古い iPhone ケースで行なうという。その理由は明らかだろう。古いデザインなのにスクリーンは大きいという複数の話も納得がいく。少しサイズを変えれば(たとえば 3.7 インチディスプレイ)、見た目にはほとんど分からない。しかし内部部品のデザインは明らかに変わってくる。iPhone 4S のウワサが大きくなったのはそういうわけだ。

There’s one question that has yet to be answered, however. Just why was everyone reporting on the supposed “iPhone 4S” recently? It seems that just a few months ago the entire tech media world was convinced the new iPhone was set to be merely an iPhone 4 update — and now many are assuming that the 4S will actually be this cheaper version the WSJ is rumoring. Well, we have the answer. Simply put, as the iPhone 5 components are built for a smaller and lighter device, they can be easily fit into a casing which for all intents and purposes looks identical to an iPhone 4… and that’s exactly what Apple has been doing. Our sources tell us that the company has been testing the new components in old iPhone cases, for obvious reasons. Some of those reports we’ve heard about a larger screen for the old design would make sense too, as a slight tweak of the size (say, to a 3.7-inch display), would be barely noticeable to the eye, but obvious in internal component design. So if you’ve been wondering why the rumors about the iPhone 4S rose to such a din, now you know.

     *     *     *

社内の最高レベル

では iPhone 4 のデザインをそんなに早くボツにしてしまうのはなぜか? 社内の最高レベルがどうやら気に入っていないらしいという話が聞こえてくる。だからいつでも完全に新しい製品に移行できるというわけだ。

Why abandon the iPhone 4 design so quickly though? We’ve heard that the device is out of favor at the highest levels of the company, and folks are ready to move on to an entirely new product.

とはいっても、アップルのイベントにはサプライズが付きものだ。9月はまだずっと先だ。いろんなことが起こりうる。歩き回って情報を集めるつもりだ。だからときどきこのサイトをチェックして欲しい。

With all that said, there are always surprises in store at an Apple event. September is a long way off, and things can certainly change. We’ll keep pounding the pavement for more detail — so keep your browser tuned right here.

     *     *     *

Bloomberg についで WSJ も9月説を追認したということだ。

複数モデルの影がチラチラする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »