Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iPad 2’


[iPhone 5 Day:image

10月4日の秋のイベントを前に John Gruber が自分の考え方をまとめているのが興味深い。

Daring Fireball: “The Fall Event” by John Gruber: 21 September 2011

     *     *     *

10月にずれ込んだのは

[iPhone 発表が9月でなく]10月にずれ込んだのは、ハードウェアの製造、iOS 5、iCloud などすべての準備を整えるのに時間がかかったせいだと思う。(最近のベータ版は安定しており、もしそう望めば iOS 5 はすでに発表されていてもおかしくない。iOS 5 はなかなか調子がいい。)

[…] I think they went into October because it took longer to get everything in order: hardware production, iOS 5, iCloud. (Although I think iOS 5 could have been launched already, if they wanted to, based on the stability of the latest betas. It’s in good shape.)

     *     *     *

iPod Touch だけでは足りない

アップルの秋の音楽イベントはミュージックプレーヤ iPod を売るためのものだ。そのビジネスに iPhone が食い込んでいる。iPod 部門は iPod Touch によって支えられている。そもそもそれって電話のついていない iPhone なのだ。アップルがオーディオ iPod を売るのをやめるとは思わないが、「新しい iPod が出た!」ではニュースメディアも大衆の気もそそれないということをアップルだけでなくみんなが知っている。新しく必要なのは新しい iOS デバイスなのだ。

Apple’s music events were about selling music-playing iPods. The iPhone is cannibalizing that business; their whole iPod division is propped up by the Touch, which is really just a phone-less iPhone. I don’t think they’re going to stop selling audio iPods, but everyone knows, including Apple, that neither the news media nor the masses can get it up for “new iPods” any more. New iOS devices are what we can get it up for.

     *     *     *

2つの仮定

今年アップルが iPad を2回発表するかもしれないと2月に私が予想した日本語:こちらの Update 参照]のはそういうわけだ。2月に iPad 2、9月には Retina ディスプレイ iPad 2 みたいな新しいものが出ると考えたわけだ。そう考えたのには2つの仮定があった。

That’s why I took a guess back in February that Apple might announce two rounds of iPad hardware this year: an iPad 2 in February, and then a new one in September — say, an iPad 2 with a retina display. That was based on two assumptions:

1)アップルは例年の例にならい、次世代 iPhone を6月の WWDC で発表するだろう。

1. Apple would release a next-generation iPhone at WWDC in June, as per its previous annual schedule.

2)もしアップルが秋のイベントで高い期待値を維持しようとすれば、今年の「iPhone」のスペックを踏襲する iPod Touch よりもっとエキサイティングな何かを発表する必要がある。

2. Apple would need something more exciting than an iPod Touch based on the same specs as this year’s new iPhone to announce in the fall, if they wanted to maintain a high level of anticipation for the fall event annually.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイス

私の第1の仮定は明らかに間違っていた。しかし第2の仮定は今でも正しいと思っている。秋の発表にはビッグな iOS デバイスがアップルとしては必要だという考えだ。そのためにもうひとつ iPad が出るというのが私の推測だった。しかし今年は新しい iPad は出ない。それでもビッグな iOS デバイスの発表はあるのだ。

My first assumption obviously was wrong. The second one I still think was right. Apple needs a big iOS device announcement for the fall, is what I was thinking, and another iPad was my best guess. There is no new iPad coming this year, but there is a big iOS device announcement.

     *     *     *

より期待が増す状況

「iPhone 5」(その名前が何になろうと、またひとつだけでなく2つのモデルがあるとしても)を最初から秋に発表するつもりだったのか、それとも当初6月ないし7月を予定していたのがずれ込んだのか、アップルのトップ以外は誰も知らない。その理由が何だったにせよ、その間 iPhone の売れ行きが陰ることはなかった。それどころか、発表後3か月を経た古い「iPhone 5」のスペックをベースとする新 iPod Touch を待つだけだったかもしれないことを考えれば、次ぎに来るイベントにより期待が増すという状況が生まれているのだ。

No one outside Apple’s top ranks knows whether the iPhone 5 (or whatever they’re going to call it — or them, if there are two new models, not just one) was planned for a fall release all along, or whether it slipped and was originally intended for a June/July release. But whatever the reason, it hasn’t hurt iPhone sales in the interim, and it has created a situation where the company’s upcoming event is more anticipated than it would have been if we were only expecting a new iPod Touch based on specs from a three-month-old iPhone 5.

     *     *     *

クリスマスはずらせない

年末商戦の製品ラインアップを決める秋のイベントはアップルにとって大変重要だ。カレンダーの任意の日付が来たからではなく、準備が整ったときに新製品を発表するのをアップルとしては好む。アップルが Macworld Expo キーノートをやめたのはそういうわけだった。今年ソフトウェアだけの WWDC キーノートを恐れずやったのもそういうわけだ。しかしクリスマスだけはずらすわけにはいかない。毎期アップルは記録的利潤と収入を更新している。しかしアップル製品がいちばんよく売れるのは年末商戦なのだ。目に見えなくても iOS デバイスの至る所に「クリスマスプレゼント」と書かれているのだ。

The fall event is important for Apple because it’s the one where they set their product lineup for the holiday quarter. The company prefers to announce new products simply when they’re ready, not when some arbitrary date on the calendar arrives. That’s why they stopped doing Macworld Expo keynotes. They showed this year that they’re not afraid to do a software-only WWDC keynote. But they can’t move Christmas. Apple is breaking profit and revenue records quarter after quarter. But Apple’s best-selling products sell best during the holiday quarter. iOS devices have “Christmas gift” written all over them.

     *     *     *

iPad 2 に続く新 iOS デバイスとは・・・

今年にはいって9か月経ったというのに、アップルが発表した新 iOS デバイスは iPad 2 ひとつだけだ。さあ時間切れだ。筆を擱こう・・・

Nine months into the year and Apple has announced but a single new iOS device: the iPad 2. Time’s up, pencils down.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイスとはいったい何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


密輸品を入れたバッグ

人気絶頂の iPhone や iPad が夜陰に乗じて国境を越える。

M.I.C. Gadget: “Flying Smuggled iPad In The Air (Video)” by Star Chang: 06 August 2011

     *     *     *


滑車の仕掛け

国境に渡したケーブル

アップル製品はハリウッド映画さながらに中国へ密輸されているようだ。香港と中国の税関当局が大胆な密輸作戦を摘発した。国境を越える長いケーブルを使ってアップル製品の密輸が行なわれた。ブームに沸く深圳と香港北部の人里離れた地域を隔てる小さな川に渡されたケーブルと精巧な滑車を使って、アップル製品を運ぼうという計画だ。国境を越えて弓矢でケーブルを渡し、黒のナイロンバッグに入れたアップル製品が夜空を渡る。ケーブルは中国国境の深圳に建つ高層ビルと香港の人里離れた荒野の間の数百メートルの距離に張られた。

lt looks like smuggling Apple’s prouduct to China has been more exciting then ever, with some Hollywood movie’s plot added! Hong Kong and Chinese customs have cracked an audacious smuggling operation that saw Apple goods ferried along a long cable straddling the border. The iPad and iPhones were transported over a small river that separates the booming city of Shenzhen from the rural northern part of Hong Kong using an elaborate pulley system. The cable was shot across the border using a crossbow and the Apple products were be kept inside a black nylon bag, flying in the dark. The cable was suspended to a high-rise building in the Chinese border town of Shenzhen, and goods were moved several hundred meters from a wooded wasteland which located in Hong Kong …

     *     *     *


[‪News Report on Smuggling iPads and iPhones Through Rooftop‬‏ | YouTube]

夜陰に乗じて

香港と中国本土の法律および税制は別々だ。中国側の密輸業者は元英国植民地から安くで仕入れて稼ごうとする。密輸業者の一団が、弓矢と滑車を使って強力な釣り糸のケーブルを渡し、香港と深圳を分かつ川を越えて、夜陰に乗じて密かにアップル製品を運んだ。300 メートルのケーブルが見つかりにくいように Sha Tau Kok 川の上空に張られているのを官憲が発見した。ケーブルは深圳の住宅地に建つ2つの高層ビルの21階から張られ、密輸品を入れた黒いナイロンバッグが手動の滑車を使って国境を越えた。国境を越えるのにかかる時間はたった2分。発見されないように密輸は明け方に行なわれた。税関当局の張り込み作戦で発見され、6人の密輸業者が逮捕された。50台の iPad 2 と50台の iPhone 4(4万 6583 ドル相当)が押収された。 

Hong Kong and China run independent legal and taxation systems, and smugglers in China often try to get goods from the former British colony to make a profit on the lower prices. A group of smugglers used a crossbow and pulley system, with strong fishing line hook up, smuggle Apple products across the river that divides Hong Kong and Shenzhen under the cover of darkness. Officers found a 300-metre line rigged across the Sha Tau Kok River, which taking advantage of the geographical environment. The line was connected to the 21st floor of two residential blocks in Shenzhen, a black nylon bag containing smuggled goods was tied to the line and pulled across the border by the pulley system, which operated manually . The traveling time only take about 2 minutes to reach the other side of the river. Investigations showed that the smuggling action were be operated in early morning to avoid detection. The moves have finally been discovered after a major customs surveillance operation. 6 smugglers were arrested, 50 iPad 2s and 50 iPhone 4s, which worth about ¥300,000 yuan (US$46,583) were seized.

     *     *     *

中国の元記事はこちら。[晶報羊城晩報

需要ある限り自ずと道は開ける・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Retina Display iPad 2:image

iPad 3 のウワサの口火を切ったのは5か月前の John Gruber の記事こちらの Update 参照)だった。

9月には iPad HD が登場するというウワサまで出ているのに、肝心の Gruber はひとことも反応しない。

その彼が、彼らしいやり方で、Retina Display を搭載した iPad は今年は出ないだろうと5か月ぶりにコメントした。

Daring Fireball: “Proposed Name for a Retina Display iPad 2: ‘iPad Pro’” by John Gruber: 11 July 2011

     *     *     *

「iPad Pro」

Jin Kim が Retina Display を搭載した新 iPad を「iPad Pro」と呼んでいる。

Proposed Name for a Retina Display iPad 2: ‘iPad Pro’

Jin Kim:

『この新しいハイエンドモデルは「iPad 2 Plus」ではなく「iPad Pro」という名前になるだろう。なぜか? アップルはサムスンとは違うのだ。この会社が接頭辞・接尾辞として使うのは「i」と「Pro」だけだ。』

“This new high-end model will be called iPad Pro, not iPad 2 Plus. Why? Well, first Apple isn’t Samsung. The company doesn’t add prefixes and suffixes except for ‘i’ and ‘Pro’.”

もし — それも大きな仮定だが — もしアップルが現行の iPad 2 モデルに加えて Retina Display を搭載した iPad 2 のプレミアムモデルを出すとすれば、確かに「iPad Pro」という名前はよさそうだ。

If — and I think it’s a big if — Apple were to unveil an iPad 2 with a retina display, sold alongside the existing iPad 2 models as a premium option, then yeah, I think “iPad Pro” sounds about right.

     *     *     *

今年はその時期ではない

しかしながら未だにアップルは iPad の急速な需要に応じきれないでいる。それにどのライバルもマーケットに食い込めていない。だから今年アップルが Retina Display を搭載した iPad を出すことが可能だとしても、そうすべきかどうか分からない。

But Apple still can’t make the existing iPads fast enough, and none of their competitors on the market seem to be making any dent in the market. So even if Apple could do a retina-display iPad this year, I’m not sure there’s any reason they should.

     *     *     *

Gruber のやり方は、真正面から持論を展開した長文の記事を書くか、それともさりげなく他の記事に潜り込ませてしまうかのどちらかだ。

iPad ハイエンドモデルはまだ今年は登場しないという発言は後者ということ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[でもアップルは・・・]

大震災とは関係のないネタをひとつ。

MacRumors が Page 2 ネタ[不確かなウワサ]として載せたもの。

MacRumors: “iPad 2: Wife Says No, but Apple Says Yes” by Arnold Kim: 21 March 2011

     *     *     *

アップルに近い人間から聞いた話。

The story comes by way of an individual close to Apple:

「今週(出荷当初)アップルは、顧客が返品してきたすべての iPad 2 について鋭意故障点検を行なっている。返品された1台の iPad には『ウチのカミさんがダメだといったから』というポスト・イットのメモがつけられていた。内部でウワサとなり、とうとう上級副社長2人の耳にも達した。副社長たちは iPad 2 にメモをはりつけて当人に送り返した。『アップルはいいといってるよ・・・』」

‘[Apple’s] focus this week has been to troubleshoot all the iPad 2s that customers are returning to the stores. One iPad came back with a post it note on it that said “Wife said no.” It was escalated as something funny, and two of the VPs got wind of it. They sent the guy an iPad 2 with a note on it that said “Apple said yes.”‘

タダの iPad がもらえるのなら、ダメといったカミさんも満足したのではないか・・・

We’re guessing a free iPad satisfied any objection the customer’s wife might have had.

     *     *     *

ユーモアネタにはホッとする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[ひじ掛け椅子からデモ]

John Gruber を取り上げるブログが増えたことはうれしい。

誰もが見て、知っているものから新たな、もっと大きい視野を開いてくれるのが、アップルギーク John Gruber の持ち味だ。

その彼が3月2日の iPad 2 キーノートについてとてもいい文章を書いている。

初代 iPad と今回の iPad 2 のキーノートを比較したものだが、次のような書き出しで始まる。

Daring Fireball: “The Chair” by John Gruber: 03 March 2011

     *     *     *

椅子まで同じ

ステージ上のひじ掛け椅子まで前と同じだった。

Even the chair on the stage was the same.

     *     *     *

プレゼンテーションの進め方も、OS や製品の紹介も、アプリのデモも、すべて前回と同じやり方だ。うれしいことにプレゼンテーションのホストまで前回と同じだ。

では、前回と違うのは・・・

     *     *     *

予期せぬ Jobs の登場

Jobs が登場するとは誰も予期していなかった点が前回との違いのひとつだ。大きなスタンディングオベーションは騒々しいほどだった。彼の姿をみて、ただただうれしかった。

One difference between this year and last is that Jobs’s presence was not expected. The ovation that greeted him yesterday was loud, almost raucous. We were, simply, happy to see him.

     *     *     *

iPad の何たるか

最大の相違点はこういうことだ。去年アップルは iPad の何たるかを理解していなかった。優れたものでり、可能性を秘めていることは知っていた。しかしそれが何であるかはまだ理解していなかった。iPhone と MacBook の間に未知で豊穣な領域が広がっていることは観念上分かってはいた。そこでアップルは賢い考え方をした。Mac が出来ることをそれ以上ちゃんと出来れば iPad は成功するに違いない、いくつかの重要なタスクをちゃんとこなせなければ成功しないだろう、と。

The biggest difference, though, was this: last year Apple didn’t yet understand the iPad. They knew it was good. They knew it had potential. But they didn’t know what it was. They had a sense that in the conceptual space between an iPhone and a MacBook there was uncharted, fertile territory. And they set for themselves a wise metric: the iPad would only succeed if it could do some of the same things a Mac can do, but do them better. If it wasn’t better in several important ways for several common tasks, it would not succeed.

昨年よく分からなかったのは、現実の場面で iPad がどう使われるかという点だった。今ではよく理解している。

What they didn’t know last year was how people would use it, for real. They know now.

     *     *     *

デモに使われたアプリ

昨年デモで使われた主力アプリは Pages や Numbers、Keynote などの iWork 製品だった。iPad はいささか異なってはいても PC なのだというのがメッセージだった。「なぜこのコンピュータを買うのか?」という問いに対する答えはお決まりのワープロや表計算ソフトであり、それは 80 年代の Visicalc にまで遡るものだった。

Last year’s flagship app demos were the iWork suite: Pages, Numbers, and Keynote. The message was: the iPad is like a PC, just different — word processors and spreadsheets have been the standard answer to “Why would you buy this computer?” going all the way back to Visicalc in the early ’80s.

     *     *     *

ポスト PC デバイス

今年 Jobs は iPad は PC ではないと何度もはっきりと繰り返した。iPad は「ポスト PC デバイス」(post-PC device)というカテゴリーに属するものだと述べたのだ。しかも今年のデモは少し様子が異なっていた。iWork はもちろん動くし、仕事のためのものだ。映画や音楽ならどうか? それこそ楽しむためのソフトだ。

This year, Jobs stated explicitly and repeatedly that the iPad is not a PC. Jobs’s repeated categorization for the iPad: post-PC device. And the demos this year were of a slightly different tone. iWork is, well, work. Making movies and music, though? That’s play.

     *     *     *

iPad バージョンの iMovie や GarageBand が iPad に最適化されたすばらしいソフトであることを Gruber は熱を込めて語る。

とくに GarageBand については次のように述べる。

     *     *     *

iPad を楽器そのものに変える

GarageBand for iPad は iPad 上で動く音楽アプリではない。それは iPad を楽器そのものに変えてしまう。GarageBand の楽器のインターフェイスはこの上なく見事にそれぞれの楽器を模倣している。どのコントロールも、ボタンやスイッチ、スライダーまでも、iPad のために特別にデザインされている。キーボードに加速度計を採用したことによって、感圧ディスプレイでないにもかかわらず、キーを押さえる強さを驚くほど正確に感知する。・・・これは Mac ではなし得ないことだ。iPad が何か新しいことをやっているということなのだ。

[…] GarageBand isn’t a musical app running on an iPad. It turns an iPad into a musical instrument. The  interfaces for each GarageBand instrument are exquisitely skeuomorphic. Every control — every button, every switch, every slider — is custom designed. The keyboard’s use of the accelerometer to detect how hard you hit the keys seems impossibly accurate for a device that doesn’t have a pressure-sensitive display. […] This is the iPad doing something new, things that couldn’t be done on the Mac.

     *     *     *

「The Year of the iPad 2」

昨年のアップルは、iPad が何かすばらしいもの(something good)であることを確信したように思えた。しかし今年はそれが途方もないもの(something enormous)であることを理解したようだ。6月には多分 A5 ベースのデュアルコア iPhone 5 や iPod Touch が出るだろう。9月に何が登場するか誰にも分からない。それなのにアップルはたった2か月過ぎただけで 2011 年が「The Year of the iPad 2」になるといっているのだ。アップルは新製品の売り込みに総力を挙げるが、しかし誇大広告をする会社ではない。

Last year, Apple’s take on the iPad seemed to be that they believed they had something good. This year, they seem to know they have something enormous. Presumably, there’s an A5-based dual core iPhone 5 coming in June and a corresponding new iPod Touch and who knows what else coming in September, but Apple is already, a mere two months into it, calling 2011 “The Year of the iPad 2”. Apple sells every new product hard, but they’re not prone to that sort of hyperbole.

     *     *     *

技術だけでは十分でないというアップルの DNA に関連して、Gruber は競争相手がマネできない点について触れる。

     *     *     *

競争相手がマネできないこと

競争相手が簡単にマネできるにも関わらず、なぜそうすべきなのか分からないことが他にもある。それが技術的なものではないからだ。例えばあのひじ掛け椅子だ。iPad のデモにテーブルや演壇は使われなかった。ひじ掛け椅子に座って行なわれたのだ。iPad の電源を入れる前から、iPad の持つある感触が伝わってくる。くつろいだ感じ、情緒的、シンプル、エレガント・・・これこそ iPad の持つ魅力の総体だ。

But there are other things any competitor could copy, easily, but seemingly don’t even understand that they should, because such things aren’t technical. Take that chair. The on-stage demos of the iPad aren’t conducted at a table or a lectern. They’re conducted sitting in an armchair. That conveys something about the feel of the iPad before its screen is even turned on. Comfortable, emotional, simple, elegant. How it feels is the entirety of the iPad’s appeal.

     *     *     *

恥ずべきだ

30年前「パーソナル・コンピュータ」ということばを本来の意味に使わなかったことを我々は恥ずべきなのだ。

It’s a shame, almost, that we squandered the term “personal computer” 30 years ago.

     *     *     *

キーノートの終わりの方のビデオで Jonathan Ive はつぎのように語る。

「iPad 2 の最大の特長はディスプレイです。じゃまなものが一切ありません。」[1:05 頃]

ハード的に見れば、前面はすべてスクリーンで、まるで何もデザインされていないかのようだ。

iPad の真価を決めるのは iPad アプリなのだ。アプリがスタートすると iPad は姿を消して、アプリそのものに変化(へんげ)する。

今回のキーノートで紹介されたアプリは、これまでとはレベルの異なるものだった。その分 iPad 2 が格段の進化を遂げたといえる。

ハードだけ見て漸進的改良(incremental improvement)と捉えるのは大切なポイントを見逃したことになる。

筆者の第一印象も、ハードウェアに偏り、大切な意義を見逃したことを恥じる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPad 2 イベントでキーノートを行なった Steve Jobs]

一番のサプライズは病気療養中の Steve Jobs がプレゼンテーションを行なったことだった。

Jobs がとてもうれしそうで楽しそうなことが印象的だった。

観衆総立ちの中で Jobs が語ったことばはホンネだろう。

「長い間この製品にかかわってきたから、今日の機会を見逃すわけにはいかなかった。」[1:00 頃]

     *     *     *

発表内容はすでに多くのサイトで取りざたされたものがほとんどだった。ただし、ドラスティックな予想は当たらなかったが・・・

今回は「Thinner. Lighter. Faster.」ということに尽きてしまうのではないか。

厚さを三分の一も減らして、なおかつ初代以上の機能を詰め込むことは技術的には大変かもしれないが、ユーザーの目から見れば「より薄く。より軽く。より速く。」ということに尽きてしまう。

これで iPhone 4 にしかなかった機能を iPad 2 も持てるようになった。

     *     *     *


iPad 2 のビデオ | アップル]
Apple – Introducing iPad 2 | YouTube]

むしろ iPad 2 の本質については、キーノート最後に[62:40 頃]紹介されたビデオの中で Jonathan (Jony) Ive が語ったことばが印象に残った。

「これほど短時間で一つのカテゴリーを生み、なおかつ完全に生まれ変わった製品はほかに考えつきません。」[0:15]

「最初の iPad は一つのカテゴリーを生み出しました。iPad 2 はこれからこのカテゴリーをはっきりと定義づける存在になるでしょう。」[5:35 頃]

一番肝心な製品哲学を Jony Ive の口から語らせているところに、アップルにおける彼の欠くべからざる存在理由を見るようで興味深かった。

     *     *     *

かくして関心は iPad 3 に移る・・・

Read Full Post »


A mockup of the next-generation iPad in a new case

新年早々の CES[国際家電ショー]について NY タイムズが第一報を報じている。ただしその内容は・・・

NYTimes.com: “Apple iPad 2 Rumors Circulate the Web” by Nick Bilton: 05 January 2011

     *     *     *

アップルの存在感

世界中の家電メーカーが今週ラスベガスで開催される国際家電ショー(CES:Consumer Electronics Show)に出展する。唯一の例外はアップルだ。Steven Jobs と彼の製品が出展されていなくても、アップルの存在感は会場の至る所で感じられる。

While almost every technology company in the world descends on Las Vegas this week for the Consumer Electronics Show, one major tech company will be missing: Apple. But even in the absence of Steven Jobs and his iProducts, the technology giant’s intimidating presence will be felt in every corner of the event.

     *     *     *

iPad 2 のウワサ

公式開催は木曜日だが、これまでウェブを賑わしていた iPad 2 のウワサのいくつかが CES にも登場している。

This can already be seen in the number of iPad 2 rumors circulating the Web leading up to the show, which officially opens on Thursday.

     *     *     *

MACお宝鑑定団登場

日本の MACお宝鑑定団が、匿名ソースからの情報だとして、iPad 2 が現在の iPod Touch とよく似た、より薄型の、カーブした背面になると報じたのは数週間前だった。また同ブログは、新 iPad のベゼルがより小さくなり、大型のスピーカーを搭載するとも報じている

Several weeks ago, the Japanese blog MacOtakara, citing anonymous sources, said the iPad 2 would look more like the current generation iPod Touch, with a slimmer form and a sleek, curved back. The blog also predicted that the new iPad would have a smaller bezel around its edge and a better speaker system.

     *     *     *

AppleInsider

マックブログの AppleInsider も以前、次世代 iPad は前面と背面に2台のカメラを備え、これでビデオ会議が可能になると報じている。

AppleInsider, the Mac enthusiast blog, also has previously published reports that the next iPad would have a camera in the front and rear that would enable videoconferencing.

     *     *     *

Engadget

Engadget の Paul Miller は、これらのウワサを裏付ける証拠として彼自身の目で新しい iPad ケースを見たといっている。そのケースには iPad のモックアップが収納されていた。自分の iPad をそのケースに入れようとしたがうまくいかなかった。ケースメーカーがいうには、「このケースは新しい iPad のためのもの」だそうだ。

On Wednesday Paul Miller, a writer for Engadget, offered some confirmation for these predictions when he wrote about a new iPad case he saw at the show. It contained a mockup of an iPad. He tried to put his own iPad inside the case, but it wouldn’t fit, he said. Instead, the makers of the case told him that “the case was designed for the next iPad.”

Miller によれば:

He wrote:

「ケースに入ったモックアップは、オリジナル iPad よりやや薄く、エッジが先細りになっていて iPod touch みたいだ。ホームボタンは底部の端の方に近くなっている。」

“Indeed, the mockup that we found inside the case was a tad bit slimmer than the first-gen iPad, with a taper leading to the edges that reminds us of the iPod touch, and a home button positioned nearer the bottom edge.”

     *     *     *

これって iPad 2 のウワサの総ざらえじゃないか・・・

MACお宝鑑定団もこれで NY タイムズへのデビューを果たした。

★ →[原文を見る:Oritinal Text

Read Full Post »

Older Posts »