Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iOS devices’

ios-life-batterychart3

なるほど、なるほど・・・

 ・Battery life: Apple’s solving for x | Six Colors

Meanwhile, if you take a look at the quoted battery life for the iPad, you’ll find that Apple’s definitely solving for 10 hours of battery life. That was the quoted number for the very first iPad, and with some slight variation (occasionally it’s nine!), it’s been so ever since. Apple keeps making the iPad thinner and lighter, with just enough battery to claim 10 hours of life, no more.

So when you’re anticipating the next model of iPhone or iPad, and wondering if it’ll show markedly improved battery life, keep this in mind: So far Apple has behaved as if the battery life of the iPad and the iPhone are perfectly fine as is, and that it would prefer to create a thinner and lighter model to one that puts the makers of external battery packs out of business.

Except for that iPhone 6 Plus. That thing’s a monster.

Read Full Post »

ipad4_listing

[iPad 2 から iPad 4 へ:image

iPad と iPhone について新しい動きがあった。

いずれも廉価版のモデルが登場したことだ。

紙一重の差だが 9to5Mac が最初に報じた。(このところ 9to5Mac の活躍ぶりが目立っている。)

John Gruber のコメント・・・

Daring Fireball: “Apple Replaces iPad 2 With iPad 4 at Same Price” by John Gruber: 18 March 2014

     *     *     *

アップルは同じ価格で iPad 2 を iPad 4 にリプレース

Apple Replaces iPad 2 With iPad 4 at Same Price

世代途中のラインアップの動きとしては興味深い。同じ 399 ドルでも今日の iPad の方が昨日のそれより多くのものを備えている — Retina ディスプレイ、A6X チップ、もっといいカメラ、Siri、などなど。これで 299ドルの iPad Mini だけが Retina でない最後の iPad になった。

Interesting mid-generation lineup move. $399 buys you a lot more iPad today than it did yesterday — retina display, A6X chip, better cameras, Siri, and more. This leaves the $299 iPad Mini as the last remaining non-retina iPad.

     *     *     *

8 GB の iPhone 5C も

もうひとつのニュース。本日アップルは米国以外の限られた国々で 8 GB の iPhone 5C をリリースした。16 GB モデルに比べ 8 〜 9% しか安くならないことを考えれば、何を考えているのかいまひとつよく分からない。

In other news: Apple today released an 8 GB iPhone 5C in a few non-U.S. countries. Not sure what the point of this is, given that it’s only about 8-9 percent cheaper than the 16 GB model.

     *     *     *

学校などの大量採用を考えると現在の 529 ドルという iPad Air の価格は高すぎるということだろう。それに替わるものとして一世代前の iPad 4[399 ドル]がこれになった。

もうひとつの iPhone 5C についてはやっぱり売れ行きが思わしくないのだろうか。

8 GB モデルは英国、フランス、ドイツ、オーストラリア、中国の5か国に限定された動きのようだ。

これらの国々では契約無しのロック解除モデルが売られることが多いのではないかと思われるが、1割弱程度の価格差でテコ入れになるのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Screen Shot 2014-02-12 at 11.34.09 AM

[アップルが Windows をこえた:chart

「これはじつに象徴的な瞬間だ」と Benedict Evans はいう・・・

Benedict Evans: “Apple passes Microsoft” by Benedict Evans: 12 February 2014

     *     *     *

マイクロソフトをこえたアップル

これはじつに象徴的な瞬間だ。2013 年第4半期にアップルが売った「コンピュータ」[注]の数が世界で売れた Windows PC の数をこえたのだ。[冒頭チャート参照。]Windows フォンをこれに加えればほぼ同じになる。

A symbolic moment, this: in Q4 2013 the number of computers* sold by Apple was larger than the number of Windows PC sold globally. If you add Windows Phone to the mix they’re more or less exactly equal.

[注] Mac + iPhone + iPod Touch + iPad

(*Macs, iPhones, iPod Touches and iPads)

これはまたモバイルの規模をよく示したものにもなっている。アップルはモバイルマーケットのハイエンドしか対象にしていないが、それでも PC 全体の売上げよりもっと多いのだ。

This is a pretty good illustration of the scale of mobile: Apple limits itself only to the high end of the mobile market but still sells more units than the whole PC industry.

     *     *     *

アップルの記録的第1四半期」には多くのひとが注目した。

アップルが「Windows と肩を並べた」ことを Horace Dediu が指摘したのも記憶に新しい。

この Benedict Evans の説明も直截で分かりやすい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

rise_and_fall_revised

[パーソナルコンピュータの歴史:image

Horace Dediu の分析のつづき・・・

asymco: “When Apple reached parity with Windows” by Horace Dediu: 13 January 2014

     *     *     *

コンピュータを買う意思決定

Windows の優位性が、その上昇期におけるコンピュータ購入のあり方に起因していることを理解すべきだ。1980 年代および 1990 年代には、どのコンピュータプラットフォームを採用するかという判断をしたのはまず企業であり、次いで開発者であり、最後に個人だった。個人は購入にあたって、すでに確立した標準をヒントにした。その判断がネットワーク効果を生み、それが繰り返されて、多数派のプラットフォームが強固になった。

We have to understand that the Windows advantage itself came from the way computing was purchased in the period of its ascent. In the 1980s and 1990s computing platform decisions were made first by companies then by developers and later by individuals who took their cues from what standards were already established. As these decisions created network effects, the cycle repeated and the majority platform strengthened.

     *     *     *

500 人さえ説得できれば

中心的な決定をしたのは大企業だった。1980 年代には Fortune 500 社が Windows を標準にすれば、サプライヤーも顧客もみなそれに倣った。さらに政府も、他の機関も、そしてマーケットの8割がそれで決まった。意思決定が集中していたのだ。いいかえれば、1980 年代には 500 人の個人を説得できればプラットフォームは勝利を収めることができた。購買力という重力の中心にいて、CIO[Chief Information Officer:最高情報責任者]として標準を裁可できる権威を持つ 500 人さえ説得できれば・・・

But it was the large companies who made the core decisions. In the 1980s if the Fortune 500 companies all standardized on Windows then their suppliers and customers would also standardize on it. Add governments and other institutions and 80% of the market is probably decided. There was concentration in decision making. In other words, in the 80s a platform could win by convincing 500 individuals who had the authority (as CIOs) to impose through fiat a standard on the centers of gravity of purchasing power.

     *     *     *

何十億という意思決定者へ

現在ではモバイル製品が登場したこともあって、何十億という意思決定者がいる。500 人なんて取るに足らない数だ。実際、5億人は下らない忠実で裕福なユーザーを擁するアップルでさえ、決して安泰な状態にあるとは思われていない。その理由の一部は、何千万人ものユーザーをかかえていながら、現在は危機状態に陥っている BlackBerry や Symbian といった他のプラットフォームの様子をみなが知っているからだ。  

Today, with mobile products there are billions of decision makers. 500 decisions mean nothing. In fact, Apple with at least 500 million loyal and wealthy users is considered to be in a precarious situation. That’s partly due to the way other platforms like BlackBerry and Symbian found themselves in crisis with tens of millions of users.[6]

     *     *     *

のろまとアーリーアダプター

コンピュータを購入する意思決定プロセスは、いくつもの階層に及ぶ大企業の IT 部門から始まったが、それが特段の階層(知識)もなしに決断する何十億もの個人に変わってしまったのだ。企業はのろまになり、個人がテクノロジーのアーリーアダプターになった。

The decision making process for buying computers, which began with large companies IT departments making decisions with multi-year horizons, has changed to billions of individuals making decisions with no horizons. Companies have become the laggards and individuals the early adopters of technology.

     *     *     *

何が変化したのか

だから根本的な変化は、意思決定者の数とその判断の質が変化したことにある。購入するひとが同時にユーザーなのだ。彼らの判断は気まぐれで、衝動的で、十分計算されたものではないかもしれないが、全体としてみれば賢い判断なのだ。

The fundamental shift is therefore in the quantity of decision makers and the quality of those decisions. Those who buy are also those who use and their decisions will be perhaps whimsical, maybe impulsive and not calculated, but fundamentally, in the aggregate, wise.

     *     *     *

仲介者の排除

つまるところ、買うひとと恩恵を受けるひとの間を仲介する存在が排除されたのだ。そのことが購入者に対するマイクロソフトの影響力を薄めてしまった。この事態が逆転することはありそうにないだけでなく、不可能なのだ。コンピュータに関する意思決定は、何十年もの間ユーザーが置かれていたいちばん遠い対極へと移動してしまった。コンピュータは、使い方という意味だけでなく、誰が所有するかという意味でもパーソナルな存在になってしまった。

Ultimately, it was the removal of the intermediary between buyer and beneficiary which dissolved Microsoft’s power over the purchase decision. It’s not just unlikely that this situation will be reversed, it’s impossible. Computing decision making has moved to the furthest edge where use has been for decades. The computer has become personal not just in the sense of how it’s used but in the sense of how it’s owned.

     *     *     *

「ポスト PC 時代」が云々されるようになって、モバイルデバイスも含めて考えるのは特段目新しいことではない。

しかしモバイルユーザーの圧倒的な増加がコンピュータのあり方そのものを(使い方だけでなく買い方をも)大きく変えてしまったという視点はなかなか斬新だ。

まさに量的変化が質的変化をもたらした好例だろう。

PC がピークを越えた時期になって、真の意味での「パーソナルコンピュータ」が実現する — なんとも皮肉だ。

いつもながら Horace Dediu の分析はオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

pcs_vs_apple_devices

[PC とアップルデバイスの出荷台数の推移:chart

「Windows と肩を並べたアップル」という Horace Dediu の分析が非常に興味深い。

asymco: “When Apple reached parity with Windows” by Horace Dediu: 13 January 2014

     *     *     *

Windows の優位性

2013 年に売れた PC の数は Mac の 18.8 倍だった。2012 年の 19.8 倍に比べて Windows の優位性は減少した。これは Mac の出荷量の減少が比較的緩やかだったのに比べ Windows PC が急速に減少したことが大きな原因だ。Gartner の推計によれば、2013 年の Windows PC の出荷台数は3億 900 万台で、2012 年の3億 3700 万台より減少している。(PC がピークを迎えた 2011 年の出荷台数は3億 4400 万台だった。)自分の推計では、2013 年の Mac の出荷台数は 1640 万台で、2012 年の 1700 万台より減少している。

In 2013 there were 18.8 times more Windows PCs sold than Macs. This is a reduction in the Windows advantage from about 19.8x in 2012. This decline is mostly due to the more rapid decline in Windows PC shipments relative to the more modest decline in Mac unit shipments. Gartner estimates that about 309 million Windows PCs were shipped,[1] down from 337 million in 2012 (which was down from 344 million in 2011, the year PCs peaked.) I estimate about 16.4 million Macs were shipped in 2013 down from 17 million in 2012.

     *     *     *

出荷台数の推移

PC と Mac の出荷台数の推移を冒頭のグラフで示しておいた。

The history of PC shipments relative to Mac shipments is shown in the following graph:

グラフでは Mac だけでなく iOS デバイスの出荷台数も併せて示しておいた。

I chose to graph the Mac data as an area with additional areas for iOS devices layered on top.

プラットフォームとしてこれを比較すると、アップルのモバイルプラットフォームの伸びは驚異的だ。

When comparing these platforms, the contribution of the Apple mobile platform becomes striking.

     *     *     *

2004 年が PC のピーク

それでも Mac が果たした役割を理解しておくことは重要だ。これまで Windows の優位性は Mac の何倍売れたかという数字で測られてきた。ピークは 2004 年で、Mac の 56 倍の PC が売れた。Windows が最高に達したこの時点で1億 8200 万台の PC が出荷されたが、このとき出荷された Mac は 320 万台だった。Mac のマーケットシェアは 1.7% だったことになる。

Nevertheless, it’s still important to understand the role of the Mac. In years gone, the advantage of Windows was measured in multiples of Mac sales. That peak occurred in 2004 when there were 56 times more PCs sold than Macs. At that moment, when the Windows advantage peaked, the Mac sold 3.2 million units into a market where 182 million PCs shipped. This means the Mac had 1.7% market share.

     *     *     *

アップルを持ちこたえさせた

たった 1.7% のシェアでも Mac が消え去ることはなかった。320 万台という数字は決して大きくなく、過去の最大値[注:450 万台]より低いが、それでもアップルが次なる製品を開発するまで持ちこたえさせるのには十分だった。当時 iPod が急速に伸び始めていたが、iPhone/iPad の開発はすでに進行中だった。次に代わるべき製品があったということだ。320 万台という数字は次なる製品の準備が整うまでアップルを支えるのに十分だった。

And yet, remarkably, even with 1.7% share, the Mac did not disappear. The figure of 3.2 million units was not great and below the peak to date[2] but it was enough to sustain Apple while it developed its next products. At the time the iPod was starting to grow rapidly and development on iPhone/iPad was already underway. The point being that there were new products. 3.2 million was a sufficient volume to preserve the company until such time when they would be ready.

     *     *     *

2億 6000 万台のアップルプラットフォーム

今は事情が大きく異なる。 2013 年のアップルプラットフォーム製品の総数は2億 6000 万台に達している。アップルユーザーの総数は5億 5000 万人を越えたのだ。

Today the situation is quite different. The total number of platform products Apple sold in 2013 was about 260 million[3] The total number of users Apple has is above 550 million.[4]

     *     *     *

windows_advantage

[Windows PC はアップルの何倍売れているか:chart

生き延びた Mac

上のグラフに注目して欲しい。Mac だけとっても、Windows の優位性は大幅に低下しており、アップルのプラットフォームは消滅しなかったのだ。新しい形状の Mac Pro、絶え間なく進化する極薄ラップトップを見ても、Mac が生き延びただけでなく、大きな利益を容易に生み出せる「弱者」として成功していることが分かる。

Note the effect in the graph above. Even if we only consider the Mac, the Windows advantage has decreased considerably, and the platform was certainly not extinguished. The new form factor Mac Pro and the continuing improvements in the thinnest of laptops shows how Mac has not just survived but prospered as the underdog which easily captures the bulk of profits.

     *     *     *

肩を並べたアップルデバイス

さらに注目すべきは、アップルのモバイルプラットフォームが Windows の販売量にほぼ近づいてきたという点だ。2013 年の Windows PC 販売台数はアップルデバイスのたった 1.18 倍だった。たぶん 2014 年には肩を並べることだろう。

But the bigger story is how Apple’s mobile platform has nearly reached the sales volume of Windows. In 2013 there were only 1.18 more Windows PCs than Apple devices sold. Odds are that in 2014 they will be at parity.[5]

このまま続くのだろうか?

But will it last?

     *     *     *

Windows の優位性を PC 対 Mac だけでなく、Windows 対アップルプラットフォームという視点から分析したところがミソ。

以下さらに興味深い次稿につづく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »