Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iOS Device’

ipad_5_ipad_mini_2_iphone_5s_mockup

[iPad 5、iPad mini 2、iPhone 5 のモックアップ:image

どうやら発表時期が固まってきたか・・・

iMore.com: “iPhone 5S planned for August, next iPads may debut as soon as April” by Rene Ritchie: 05 March 2013

     *     *     *

iPhone 5S は8月発表、iPad 5 と iPad mini 2 は4月か

iMore が得た情報によれば、アップルはこの夏(予定では8月)に iPhone 5S を発表する計画だという。iPad 5 になると思われる次世代 iPad は — もしかしたら iPad mini 2 もいっしょに — 4月には登場するかもしれない。

iMore has learned that Apple is planning the release of the iPhone 5S for this summer, currently for August. Next generation iPads, presumably the iPad 5 and potentially the iPad mini 2, may also debut as soon as this April.

     *     *     *

iPhone 5S はサプライズなし

計画をよく知るソース(複数)が iMore に語ったところによれば、iPhone 5S のデザインは基本的には現行の iPhone 5 とほぼ同じで、プロセッサおよびカメラが進化したものになるだろうという。iPhone 5 の場合、筐体の厚さは薄くなったが、品質全体はほぼ同じに維持できた。そのサイズを考慮すれば、それ自体はエンジニアリングの成果だった。iPhone 5S については、進化したカメラと基本的には同じ筐体で、iPhone 光学系のレベルを再度引き上げることが目的だ。これまでの S 型モデルの歴史を考えれば、大きなサプライズはない。

Sources familiar with the plans have told iMore that the iPhone 5S does indeed have the same basic design as the iPhone 5, with a more advanced processor and an improved camera. With the iPhone 5, Apple reduced the thinness of the casing but managed to keep essentially the same, if not slightly better, overall quality. Given the dimensions, or lack-thereof, that in-and-of itself was a feat of engineering. With the iPhone 5S, the aim is to once again raise the bar in terms of iPhone optics, including a much better camera in essentially the same casing. No huge surprises there, given the past history of S-class iPhones.

     *     *     *

iPad はまだ確定はしていない

また次世代 iPad の発表が4月らしいということは、真剣に検討されている証拠だと思われるが、まだハッキリしたワケではない。iPad 5 で唯一変更されるのは筐体だが、そのリークはすでに始まっており、その意味では辻褄が合う。Retina iPad mini の登場にはまだ時間がかかりそうだ。

We’ve also been told an April-ish launch is getting serious consideration for the next-generation iPads, but we’re really not sure what to make of that yet. iPad 5 casings have already begun to leak — the only big redesign in the line — so that could make sense. Retina for the iPad mini, however, still doesn’t sound imminent.

     *     *     *

ミニの Retina 化はない

現行モデルより高額の iPad、あるいは現行モデルほどバッテリーの持ちがよくない iPad をアップルが出すことはない。したがって次の iPad mini の4月発表が確実なら、それは Retina 化以外のスペックの向上である可能性が大だ。詳細はもうすぐ分かると思う。

Apple is not going to release iPads that costs more or don’t get as good battery life as the current models. So, if the next iPad mini does end up getting slated for April, it could be a spec bump, or have something other than Retina as a differentiator. Hopefully we’ll know more soon.

     *     *     *

楽しいことになりそうだ

もし予定どおりに事が運ぶなら、今年の春と夏は楽しいことになりそうだ。

If these plans stick, we should be in for a fun spring and summer.

     *     *     *

このウワサを聞いた MG Siegler がひとこと:

iPhone 5S In August, New iPads In April | ParisLemon

Rene Ritchie のいうことだ

このテの情報については非常に正確なことが多い iMore の Rene Ritchie がそういっている・・・

So says Rene Ritchie of iMore, who tends to be very accurate when it comes to such information.

     *     *     *

いよいよ発表時期が固まってきたということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[iPhone 5 Day:image

10月4日の秋のイベントを前に John Gruber が自分の考え方をまとめているのが興味深い。

Daring Fireball: “The Fall Event” by John Gruber: 21 September 2011

     *     *     *

10月にずれ込んだのは

[iPhone 発表が9月でなく]10月にずれ込んだのは、ハードウェアの製造、iOS 5、iCloud などすべての準備を整えるのに時間がかかったせいだと思う。(最近のベータ版は安定しており、もしそう望めば iOS 5 はすでに発表されていてもおかしくない。iOS 5 はなかなか調子がいい。)

[…] I think they went into October because it took longer to get everything in order: hardware production, iOS 5, iCloud. (Although I think iOS 5 could have been launched already, if they wanted to, based on the stability of the latest betas. It’s in good shape.)

     *     *     *

iPod Touch だけでは足りない

アップルの秋の音楽イベントはミュージックプレーヤ iPod を売るためのものだ。そのビジネスに iPhone が食い込んでいる。iPod 部門は iPod Touch によって支えられている。そもそもそれって電話のついていない iPhone なのだ。アップルがオーディオ iPod を売るのをやめるとは思わないが、「新しい iPod が出た!」ではニュースメディアも大衆の気もそそれないということをアップルだけでなくみんなが知っている。新しく必要なのは新しい iOS デバイスなのだ。

Apple’s music events were about selling music-playing iPods. The iPhone is cannibalizing that business; their whole iPod division is propped up by the Touch, which is really just a phone-less iPhone. I don’t think they’re going to stop selling audio iPods, but everyone knows, including Apple, that neither the news media nor the masses can get it up for “new iPods” any more. New iOS devices are what we can get it up for.

     *     *     *

2つの仮定

今年アップルが iPad を2回発表するかもしれないと2月に私が予想した日本語:こちらの Update 参照]のはそういうわけだ。2月に iPad 2、9月には Retina ディスプレイ iPad 2 みたいな新しいものが出ると考えたわけだ。そう考えたのには2つの仮定があった。

That’s why I took a guess back in February that Apple might announce two rounds of iPad hardware this year: an iPad 2 in February, and then a new one in September — say, an iPad 2 with a retina display. That was based on two assumptions:

1)アップルは例年の例にならい、次世代 iPhone を6月の WWDC で発表するだろう。

1. Apple would release a next-generation iPhone at WWDC in June, as per its previous annual schedule.

2)もしアップルが秋のイベントで高い期待値を維持しようとすれば、今年の「iPhone」のスペックを踏襲する iPod Touch よりもっとエキサイティングな何かを発表する必要がある。

2. Apple would need something more exciting than an iPod Touch based on the same specs as this year’s new iPhone to announce in the fall, if they wanted to maintain a high level of anticipation for the fall event annually.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイス

私の第1の仮定は明らかに間違っていた。しかし第2の仮定は今でも正しいと思っている。秋の発表にはビッグな iOS デバイスがアップルとしては必要だという考えだ。そのためにもうひとつ iPad が出るというのが私の推測だった。しかし今年は新しい iPad は出ない。それでもビッグな iOS デバイスの発表はあるのだ。

My first assumption obviously was wrong. The second one I still think was right. Apple needs a big iOS device announcement for the fall, is what I was thinking, and another iPad was my best guess. There is no new iPad coming this year, but there is a big iOS device announcement.

     *     *     *

より期待が増す状況

「iPhone 5」(その名前が何になろうと、またひとつだけでなく2つのモデルがあるとしても)を最初から秋に発表するつもりだったのか、それとも当初6月ないし7月を予定していたのがずれ込んだのか、アップルのトップ以外は誰も知らない。その理由が何だったにせよ、その間 iPhone の売れ行きが陰ることはなかった。それどころか、発表後3か月を経た古い「iPhone 5」のスペックをベースとする新 iPod Touch を待つだけだったかもしれないことを考えれば、次ぎに来るイベントにより期待が増すという状況が生まれているのだ。

No one outside Apple’s top ranks knows whether the iPhone 5 (or whatever they’re going to call it — or them, if there are two new models, not just one) was planned for a fall release all along, or whether it slipped and was originally intended for a June/July release. But whatever the reason, it hasn’t hurt iPhone sales in the interim, and it has created a situation where the company’s upcoming event is more anticipated than it would have been if we were only expecting a new iPod Touch based on specs from a three-month-old iPhone 5.

     *     *     *

クリスマスはずらせない

年末商戦の製品ラインアップを決める秋のイベントはアップルにとって大変重要だ。カレンダーの任意の日付が来たからではなく、準備が整ったときに新製品を発表するのをアップルとしては好む。アップルが Macworld Expo キーノートをやめたのはそういうわけだった。今年ソフトウェアだけの WWDC キーノートを恐れずやったのもそういうわけだ。しかしクリスマスだけはずらすわけにはいかない。毎期アップルは記録的利潤と収入を更新している。しかしアップル製品がいちばんよく売れるのは年末商戦なのだ。目に見えなくても iOS デバイスの至る所に「クリスマスプレゼント」と書かれているのだ。

The fall event is important for Apple because it’s the one where they set their product lineup for the holiday quarter. The company prefers to announce new products simply when they’re ready, not when some arbitrary date on the calendar arrives. That’s why they stopped doing Macworld Expo keynotes. They showed this year that they’re not afraid to do a software-only WWDC keynote. But they can’t move Christmas. Apple is breaking profit and revenue records quarter after quarter. But Apple’s best-selling products sell best during the holiday quarter. iOS devices have “Christmas gift” written all over them.

     *     *     *

iPad 2 に続く新 iOS デバイスとは・・・

今年にはいって9か月経ったというのに、アップルが発表した新 iOS デバイスは iPad 2 ひとつだけだ。さあ時間切れだ。筆を擱こう・・・

Nine months into the year and Apple has announced but a single new iOS device: the iPad 2. Time’s up, pencils down.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイスとはいったい何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

インディーデベロッパ Chris Eidhof の発言がおもしろい。

Chris Eidhof: “Why I develop for iOS” by Chris Eidhof: 04 August 2011

     *     *     *

インディーデベロッパ

自分はなぜ iOS を開発環境として選んだのだろうと自問することがある。自分は Haskell[ハスケル:純粋関数型プログラミング言語]の開発もできるし、クールな HTML5 やコンパイラ製作もできる。インディーデベロッパとしての自分が、iOS で開発をする主な理由は次のようなものだ。

Sometimes I ask myself the question: why do I develop for iOS? I could also do Haskell development, do cool HTML5 stuff, or build compilers. As an indie developer, these are some important reasons for me.

     *     *     *

1)ハイエンド向けプラットフォーム

High-end platform

スマートフォンやタブレットの中でも iPhone や iPad はハイエンド向けだ。優れた体験のためならより多くカネを出すことをユーザーが厭わないということだ。その副次効果として、アプリにも、またアプリ内課金[in-app purchase:アプリ内に埋め込まれた直接購買機能]にもよろこんでカネを払う。インディーデベロッパにとってこれは素晴しいことだ。顧客がよろこべばよろこぶほど、我々にとってもいいというわけ。そして最終的にはデベロッパが金額に値するものを作ることになる。ハイエンド顧客に売る方がずっと容易なのだ。

The iPhone and iPad are the high-end of the smartphones and tablets. This means that the people who use it are willing to pay more money for a better experience. As a side effect, they are also willing to pay for apps, and willing to pay for in-app purchases. For an indie developer, this is great. The more willing your customers are to spend, the better it is for us. Ultimately, it comes down to the developer making something that is worth the money, but it’s a lot easier to sell to high-end customers.

     *     *     *

2)閉じた環境

Closed environment

閉じた環境(クローズドシステム)にはたくさんのデメリットがあるがここでは触れない。しかし顧客から見ると、それはおおむね大きなメリットとなる。アプリが信用できるからだ。どのアプリもアップルが目を通しているので信用できるのを知っている。アプリ内課金も iOS プラットフォームに組み込まれているので支払いも信用できる。ひいてはデベロッパが課金するのも容易になる。

There are a lot of disadvantages to having a closed environment, which is beyond the scope of this post. However, for customers it is mostly a big advantage: they can trust the applications. Because every single application has been reviewed by Apple, they know they can trust it. Because in-app purchases are built into the iOS Platform, they know they can trust the payments, which again makes it easier for developers to charge for something.

     *     *     *

3)イノベーションの可能性

Lots of possibilities for innovation

確かにイノベーションは至るところにある。しかしモバイルデバイスとなると、イノベーションはまだまだ氷山の一角に過ぎないという気がする。ロケーションセンサについてももっと出来る事があるはずだ。いつも電話を手放さず、常時インターネットにつながっているのだから。ウェブであれ、デスクトップであれ、イノベーションの余地はたくさんある。しかし新しいアイデアを思いつくのははるかに難しい。

Innovation can definitely be everywhere, but I have the feeling we’re still only seeing the tip of the iceberg when it comes to innovation on mobile devices. There is so much more we can still do with the location sensors, the fact that we always carry our phones, always have an internet connection, et cetera. With the web or on the desktop there is still a lot of room for innovation too, but it is a lot harder to come up with new ideas.

     *     *     *

4)ウェブ開発よりずっと難しい

More difficult than web development

iOS プログラミングはウェブ開発よりずっと難しい。メモリ管理が必要だし、デザインパターンを利用し、新しい言語の習得も必要だ。ウェブ開発なら徐々に入っていって、最初は HTML に変更を加え、それから自分の HTML サイトを作り、PHP を追加したりできる。iOS プログラミングに入る敷居は高いのだ。しかし iOS デベロッパとしては認められ易いということでもある。

It is more difficult to get started with iOS programming than with web development. You need to do memory management, need to work with design patterns, learn a new language, and more. In web development, you can gradually ease in to it by first modifying HTML, then building your own HTML site, adding PHP, and so on. This makes the barrier to entry harder, which means it is easier to get noticed as an iOS developer.

     *     *     *

5)ライブラリーがすごい

Great libraries

アップルの提供するライブラリーはすばらしい。自分は正直 Objective-C は好きでないが、アップルが提供するフレームワークは実にすばらしい。例えばアニメーションはめちゃ簡単だし、すべてがよく考えられている。だから作業するのが楽しくなる。

Apple provides awesome libraries. Even though I don’t like Objective-C so much, the frameworks they provide are really great. For example, animation is super-easy, and everything is very well thought out. This makes it a pleasure to work with.

     *     *     *

6)クオリティを尊ぶカルチャー

Culture of quality

Mac でも iOS でも、常に品質を尊ぶカルチャーがある。よく洗練されたアプリケーションは、デベロッパがどれだけ努力したかがよく分かる。デベロッパにとって楽しく、勇気づけられることだ。ユーザーの水準もより高くなる。アップル提供のデフォルトはとてもクオリティが高い。ということは見栄えがよく、うまく動くものを作るのが容易になるということだ。

On Mac and iOS, there has always been a culture of quality. Applications are very polished, and you can see that developers really put effort into building their products. This is a lot of fun and very inspiring for a developer. It pushes you to raise the bar and have higher standards. The defaults provided by Apple are very high quality too, which means it’s easy to build something that works and looks good.

     *     *     *

以上が・・・

以上が iOS を開発環境として自分が選んだ理由だ。もちろん大変バイアスされていると思うので、他人の意見にも謙虚に耳を傾けたい。

These are the reasons why I choose to develop for iOS. Of course, it is very biased, so I look forward to seeing your comments.

     *     *     *

デベロッパの思いが率直に語られているところが興味深い。

Android のデベロッパはどんな意見だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


コンピュータにつながないと使えない iPad

破竹の勢いを誇る iPad だが、「ポスト PC」を謳いながらどうしても母艦としてのコンピュータから切り離せない部分がある。

John Gruber が興味深い考察をしている。「iPad をコンピュータにつなぐコードは切れないのか」と。

Daring Fireball: “Cutting That Cord” by John Gruber: 15 April 2011

     *     *     *

クラウドではひと世代遅れている?

先月 iPad 2 の発表イベントがあった際に、 Josh Topolsky[その後 Engadget を辞めた]と話をしたが、彼が興味深い指摘をした。iPad 2 は(ハード的にもソフト的にも)デバイスという面ではライバルよりひと世代先をいっているが、クラウドという面になるとひと世代遅れているのではないか・・・iPad 2 はそういうことを端的に示しているのではないか、と。

After Apple’s iPad 2 introduction event last month, I ran into Josh Topolsky, and, of course, we talked about what we thought of it. Topolsky made an interesting observation: that the iPad 2 epitomized how Apple seems to be a generation ahead of its competitors on the device side — both hardware and software — but a generation behind on the cloud side.

     *     *     *

まさに iOS がそうだ

以来その点について考え続けてきた。そしてそれは iOS の現況そのものではないかと思い至った。どのライバルといえども、エレガンス、バッテリー、製造品質のいずれにおいても iPad 2 に匹敵するものを今年出すとは思えない。ユーザー体験という意味においても、iOS に勝る OS はないと思われる。

I’ve been thinking about the iPad in this context ever since, and I think it’s a perfect synopsis of the state of iOS. There will be no tablet this year from any competitor that matches the iPad 2 in terms of elegance, battery life, or build quality. No competing OS will match iOS in terms of on-the-device user experience.

     *     *     *

ライバルは PC を必要としない

しかし iPad のライバルのタブレットは、デスクトップ PC につなぐ必要がほとんどないか、まったくその必要がない。この点では RIM の PlayBook ですら一歩進んでいるといえる。出荷時点では PlayBook は独立のデバイスではない。メールや住所録、カレンダー、メッセージなどは BlackBerry(電話)につなぐ(tethered)ことが必要だ。それでも PC は必要ないのだ。

But most iPad competitors have little-to-no reliance on a connection to a desktop PC, the way an iPad does. Even RIM’s PlayBook is, in some sense, ahead in this regard. The PlayBook, as it is going to ship, is not a standalone device. It requires a tethered BlackBerry phone in order to do email, contacts, calendaring, or messaging — but it doesn’t require a PC.

     *     *     *

この点に関するいくつかの議論を踏まえて、Gruber はつぎの4つが iPhone、iPad、iPod Touch などの iOS デバイスが母艦としての Mac/PC を必要とする場合だという。

母艦が必要となる場合

1)デバイスのアクティベーション(device activation)
2)iOS のアップデート(software updates)
3)デバイスのバックアップおよびデータ復元(device backup/restore)
4)データの取り込み・移動(getting data onto your device)

・Michael Gartenberg: “‘Post-PC’ does not mean ‘Sans-PC’
・C.K. Sample: “Dear Apple: You’re Not ‘Post-PC’ Until You Cut the Cord
・Paul Hontz: “If iPads Are ‘Post-Pc Devices’ Why Must I Sync With iTunes Before I Can Use One?

     *     *     *

それぞれ別個の問題

これらの問題は、「デスクトップ iTunes につながなければ同期できないコンピュータへの依存はなくすべきだ」という単一の問題と考えるべきではなく、それぞれ別個の4つの問題と考えるべきだ。

I think it’s worth considering these as discrete problems, rather than thinking about this as a single “Apple should eliminate the dependency on tethered syncing to desktop iTunes” issue.

     *     *     *

Apple TV 2 の場合

Apple TV 2 は一歩進んでいる。iOS デバイスでありながら(コンピュータからは)独立しているのだ。箱から取り出し、電源コードをつなぎ、電源を入れて、iTunes Store の認証を入力すれば・・・それで終わりだ。ただし Apple TV 2 にはコンテンツを保存できない。ストリーミングするだけだ。だから最初に音楽やビデオといったコンテンツを同期する必要がないし、コンテンツをバックアップする必要もない。万が一 Apple TV がおシャカになってもデータを失うことはないのだ。

Apple TV 2 shows the way forward. It’s an iOS device that works independently. Take it out of the box, plug it in, turn it on, enter your iTunes Store credentials — done. But Apple TV 2 doesn’t store content; it only does streaming. And because it only does streaming, there’s no initial sync for music or video, and there’s no need for anything to be backed up. If your Apple TV goes belly-up, you don’t lose any data.

したがって iOS デバイスを iTunes が動いている母艦としての Mac ないしは Windows PC につなぐ必要があるとされる4つの理由のうち、Apple TV は2つに対処するだけで済む。デバイスのアクティベーションとソフトウェアのアップデードの2つだ。

So of the four reasons why other iOS devices require tethering to iTunes running on a Mac or Windows PC, Apple TV only tackles — and admittedly only needs to tackle — two of them: device activation and software updates.

     *     *     *

同じことができない理由はない

この2つの「デスクトップ iTunes」への依存に関しては、いずれアップルは iPhone や iPad についてもなくすることになるだろうと考える。もし Apple TV がアクティベーションもソフトウェアアップデートもできるのなら、iPhone や iPad で同じことができない理由はない。技術的に簡単に解決できるといっているのではない。マイクロソフトが Windows Phone 7 デバイスのアップデートで遭遇した問題を考えれば明らかだ。しかし、ともかく技術的に可能ではあるのだ。

I suspect those are the first two desktop iTunes dependencies that Apple will eliminate for iPhones and iPads. If Apple TV can activate itself and update its own software, there’s no reason iPhones and iPads couldn’t do the same. I’m not saying it’s an easy technical problem to solve — see, for example, the problems Microsoft has had with updates to Windows Phone 7 devices — but clearly, it’s technically feasible.

     *     *     *

容量がない場合はどうする

デバイス上に自由に使えるストレージスペースがない場合はどうするかという明らかな問題がある。その場合は、アップデーターは一部のスペースを開放するか、あるいは Mac や PC の iTunes につなぐ古いやり方でソフトウェアアップデートを行なうよう指示することになるだろう。もう一点、iPhone や iPad でワイヤレスなソフトウェアアップデートが可能になったとき、それでもアップルはコンピュータにつなぐやり方を好ましいアップデート方式とするだろうかという問題。これはそれほハッキリした問題ではない。なぜなら iTunes はアップデートをインストールする前にデバイスのバックアップを行なう。コンピュータに同期したことのない iPad は、一度もバックアップしたことのない iPad というわけだ。

One obvious problem: what to do if there isn’t enough free storage space on the device? Perhaps, in that case, the updater would suggest either freeing up some space or plugging the device into iTunes on a Mac or PC to update the software the old-fashioned way. A less obvious problem: even if/when over-the-air software updates are enabled for iPhones and iPads, should Apple still present tethered-to-a-computer updating as the preferred update mechanism? The reason: iTunes backs up the device before installing the update. An iPad that’s never been synced to a computer is an iPad that’s never been backed up.

     *     *     *

PC を必要とするデバイスをどうして「ポスト PC」デバイスといえるか

これは大切な点だ。なぜならワイヤレスなバックアップやコンテンツの同期はすぐ実現するとは考えられないからだ。ワイヤレスネットワークはまだ十分な速さを備えていない。Mac や PC で動く iTunes にローカルネットワークで Wi-Fi 同期(Wi-Fi syncing)させる話をしているのではない。それならいずれ実現するだろう。しかし「PC を必要とするデバイスがどうして『ポスト PC』デバイスといえるだろうか」という問題を解決することにはならない。iPad には USB ケーブルが必要だという類いの話ではない。そもそもなぜ PC が必要かという話なのだ。

That’s important, because I don’t think over-the-air backups or media syncing are coming soon. Wireless networking just isn’t fast enough. I’m not talking about Wi-Fi syncing over a local network to iTunes running on your Mac or PC — that may well be coming soon, but it wouldn’t solve the “how can these devices be ‘post-PC’ if they require a PC?” problem. We’re not talking about why the iPad needs a USB cable; we’re talking about why it needs a PC, period.

     *     *     *

アップルが踏み出す第一歩

アップルの「クラウド」対応は十分でない、あるいは関心を持っていないと非難されることがある。しかしそれは正確ではない。物事をひとつずつ解決してはいるのだ。音楽、映画、テレビ番組、そしてアプリなどの大部分については、iOS ユーザーが iPhone や iPad で直接に購入する段階になっている。これは Mac/PC の iTunes をハブとして必要としなくなる方向へアップルが踏み出した第一歩なのだ。

Apple gets a rap for being bad at, or simply not caring about, “the cloud”, but that’s not accurate. It’s just that they’re moving things there one piece at a time. It’s already the case that a large amount of songs, movies, TV shows — and especially apps — are purchased from the iTunes Store by iOS users directly from their iPhones and iPads. That’s the first step Apple took away from iTunes (on the Mac/PC) as a required hub.

     *     *     *

一歩一歩ずつ

だから私はこう考える。iPad や iPhone が iTunes の動く PC との接続を一気に断つということはないだろうと。それは一歩一歩の歩み(incremental)であり、最初は新品のデバイスのアクティベーションとソフトウェアアップデートから始まるのだ。そうなった時点で PC がなくても iPad/iPhone が使えるようになる。まだ大量の音楽・ビデオライブラリーを同期する必要があるのであれば、あいかわらず iTunes の動く PC が必要かもしれない。しかし、そもそも大量の音楽・ビデライブラリーを持っているのなら、すでに PC を所有しているハズだから問題はないわけだ。

So I’m thinking the iPad and iPhone won’t drop their connection to iTunes running on a PC in one fell swoop. It’ll be incremental, with new-device activation and software updates coming next. At that point, you’ll be able to use them without owning a PC. If you want to sync large libraries of music and video, you’ll still need a PC running iTunes, but if you have a large music/video library in the first place, you must have a PC already, so that’s not really a problem.

     *     *     *

クラウドへの完璧なバックアップ・復元

32 ないし 64 GB ものデータをクラウドにバックアップし、復元するのはまだ技術上可能ではない。 Wi-Fi 接続の iTunes から HD 映画一枚をダウンロードするだけで数時間かかる。アップロードとなるとダウンロードよりもっと遅くなる。この点では iOS デバイスが Android に遅れを取っているわけではない。Android ではクラウドへの完璧なバックアップや復元はやっていないからだ。(そもそも Android は完璧なバックアップ・復元はやらないのだ。)

It just isn’t technically feasible to have people backing up and restoring 32 or 64 GB of data to the cloud. It can take hours to download a single HD movie from iTunes over a Wi-Fi connection, and upload speeds are far slower than download speeds. iOS devices aren’t behind Android in this regard, because Android doesn’t do complete device backups/restores over the cloud. (Android devices don’t do complete backups/restores, period.)

     *     *     *

少量データのクラウドへの同期

膨大なデータを移動させるにはワイヤレスネットワークはまだ不十分だ。しかし少量データをクラウドで同期させる(cloud-based syncing)という面では、iOS はライバルに立ち遅れている。iPhone や iPad のユーザーは MobileMe を使えばカレンダー、住所録、ブックマークなどを簡単に同期できる。MobileMe はとても信頼性が高いので何年も使っており、私は大好きだ。しかし年間 99 ドルも払うとなると、多くの iOS ユーザーにとって話は別で、彼らのほとんどはカレンダー、住所録、ブックマークのワイヤレス同期を利用していない。現時点では競争力がないというわけ。・・・Android ユーザーならほとんど全部がグーグルアカウントを持ち、新しい端末を買ったらすぐカレンダー、住所録、その他多くのアプリケーションのデータをワイヤレスで同期しているのは間違いないだろう。

Wireless networking just isn’t ready for moving huge chunks of data around. Where iOS devices are behind the curve, competitively, is in cloud-based syncing for small bits of data. iPhone and iPad owners need MobileMe to get no-fuss wireless syncing for calendars, contacts, and bookmarks. I like MobileMe a lot, and it’s been very reliable for me for a few years now. But, at $99/year, it’s not something most iOS users have, and thus, most iOS users don’t get over-the-air syncing of calendars, contacts, and bookmarks. That’s not competitive today. (I’d love to know exactly what percentage of iOS users do use MobileMe.) I’ll bet nearly all Android users have Google accounts, and thus get calendars and contacts and many other bits of application data synced over-the-air a few minutes after they take their phones out of the box.

     *     *     *

ユーザーは待ちかねている

iOS ユーザーの多くは、Mac や Windows で動く iTunes はもはや必要ないとアップルが発表するのを待ちかねている。私が待ちかねているのは、ワイヤレスにカレンダーや住所録、それに App Store のアプリのデータを同期するのに MobileMe に支払わなくても済むことだ。

The announcement many people seem to be waiting for is for Apple to tell iOS users they no longer need iTunes on the Mac or Windows. The announcement I’d like to see is for iOS users to no longer need to pay for MobileMe to wirelessly sync calendars, contacts — and any other small bits of data from apps from the App Store.

     *     *     *

MobileMe の必要がない iBooks

iBooks ではそうなっている。iPad の読書を途中でやめ、iPhone でその続きを読もうとすれば、同じ本の同じページが見れる。Kindle でも、他の電子書籍サービスでもこれは同じだ。iBooks がユニークだとか、ライバルより一歩進んでいるという点が重要なのではない。iBooks には MobileMe が必要ないという点が重要なのだ。すべては iTunes Store で処理される。自分のデバイスで本を買い、同じデバイスでそれを読む。その履歴やブックマークなどのメタデータはクラウドにある iTunes アカウントに同期される。すべてはスムーズだ。ほかのアプリも同じようにできるべきなのだ。Safari のブックマークをワイヤレスに同期するのに年間 99 ドルも払う必要があるだろうか。iOS のゲームデベロッパにとって、自分のゲームでの上達ぶりが同じ iTunes アカウントを使えば、簡単に複数のデバイスでも同期できるようにすべきではないか。App Store のデベロッパは、この種の機能を使うために他のサードパーティの Dropbox などに頼らなくて済むべきではないか。

iBooks does this. If you pause while reading a book on your iPad, then resume reading on your iPhone, it picks up on the same page in the book. Kindle and a bunch of other e-reading services do this too. The point isn’t that iBooks is unique or ahead of the curve in this regard. It’s that you don’t need MobileMe for iBooks. It’s all handled by the iTunes Store itself. You buy books on your device, you read them on your device, and your history, bookmarks and other metadata all get synced to your iTunes account in the cloud. And it works great. But a lot more apps should work like this. Should wireless Safari bookmark syncing cost $99 a year? Shouldn’t it be easy for iOS game developers to sync progress for the same game across multiple devices using the same iTunes account? App Store developers shouldn’t have to rely on another third-party — Dropbox — for this sort of functionality.

     *     *     *

Google Docs なら

iWork ソフトや GarageBand の iPad 版は実にすばらしいアプリだ。これまでになくすばらしいユーザー体験をデザインしたクリエイティブソフトといっていい。しかし、例えば iPad の Keynote で作成したスライドを iMac の Keynote で開こうとすると、これは全くの時代遅れといわざるを得ない。Google Docs には UI 上の華々しさはないかもしれないが、同期するのは目にもつかない(invisible)ほど簡単だ。Google Docs を開きさえすれば、ファイルはそこに見つかる。編集や作成に使ったマシンが何か、いま使っているマシンが何かということは一切関係ない。いつでもそこにあるのだ。それが Google Docs が提供する全体的な体験なのだ。

[…] The iPad versions of the iWork suite and GarageBand are exquisite apps — easily some of the best-designed user experiences for creative software ever made. But the process of getting, say, a slide deck created in Keynote on your iPad open in Keynote on your iMac is downright antediluvian. Google Docs has none of the UI panache, but the syncing is invisible. You just open Google Docs, and there are your files. Doesn’t matter which machine you used to edit or create them, or which machine you’re using now, they’re all just there. That’s part of the overall experience.

     *     *     *

そして・・・

そしてその点でアップルは遅れている。

That’s where Apple is behind.

     *     *     *

徐々に母艦への依存度は減らしていくが、ある日突然すべてがクラウドに移行するわけではないという点が重要だろう。

「雲を掴むような」アップルクラウドや巨大データセンターの話に振り回されないためには、アップルの強みと弱みを十分に理解しておく必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ios42delay.jpg

iOS 4.2 Coming Soon… But Not Tomorrow!

iOS 4.2 の金曜日リリースを予告した MacStories が、リリースは遅れそうだといっている。

MacStories: “iOS 4.2 Delayed Due to iPad WiFi Issues, New GM Build Coming [Updated]” by Federico Viticci: 12 November 2010

     *     *     *

iPad の WiFi 問題

信頼すべき筋の情報によれば iOS 4.2 は遅れるようだ。iPad でゴールデンマスター(GM)を動かしている多くのユーザーが土壇場の今の時点になって Wi-Fi 接続の問題に遭遇しているためらしい。この問題は MacRumors フォーラム(こちらこちら)、Twitter、アップル自身のディスカッションボードなどで広く取り上げられている。バグを写したビデオもある。

Basing on the information we got from a reliable source, it appears that iOS 4.2 has been delayed due to last-minute WiFi connection issues experienced by many users running the GM build on the iPad. The issues have been widely documented on MacRumors forums (here and here), Twitter and Apple’s own discussion boards, both by users and developers. You can check out a video of the bug in action below.

     *     *     *

少なくとも1週間は遅れる

Wi-Fi の問題は11月1日に GM がリリースされたことから生じた。アップルが明日にも GM の第二弾を出すかもしれないという話も耳にはいってくる。これにより少なくとも一週間はリリースが遅れるだろう。アップルは精力的にテストを行なっているようだが、公式リリースはテストの次の週までは出ないかもしれない。iOS 4.2 が感謝祭[注:11月第4木曜日]まで遅れることはないと思うけれど・・・

Wifi issues came up with the GM build Apple released on November 1st. From what we’re hearing, Apple may release a second GM build as early as tomorrow to deal with WiFi issues. This will delay the release for at least a week while it is tested, but may not get public release until the following week as it appears Apple will be testing it vigorously. iOS 4.2 should, however, come out before Thanksgiving.

情報が入り次第またお知らせする。

We will keep you posted as we receive more information.

     *     *     *

ひとつの不具合が全体に影響を及ぼすということか。

それにしても、MacStories の書きっぷりも少し腰が引けてきた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

streaming_video_by_Sam_Spratt.jpg

Streaming Video by Sam Spratt

Seth Weintraub が AirPlay について興味深い指摘をしている。

ウェブコンテンツへのアクセスを許すバックドアの役割を果たすだろうというのだ。

9 to 5 Mac: “Airplay is Apple’s ‘Go to Market’ Internet TV strategy” by Seth Weintraub: 17 September 2010

     *     *     *

H.264 コンテンツなら何でも

AppleTV が AirPlay に対応しているいうことは、ビデオや音楽を他のアップル製品からストリーミングできるということだ。AppleTV が発信できるコンテンツは iTunes のものに限定されないことに昨夜気がついた。AirPlay を使えば、ウェブ上にある H.264 コンテンツなら何でも高精細度テレビ(HD TV)に発信できるのだ。

AppleTV is an AirPlay-compatible device, meaning it can stream video/sound from other Apple devices. We found out last night that it isn’t just iTunes content that it will be able to broadcast. Any H.264 content from the web can be broadcast over AirPlay to your HD TV.

     *     *     *

すべてのビデオ

iOS 4.2 デバイスで見ることができるビデオならすべてだ。Facebook、YouTube、Netflix、Videos、BBC News、MLB・・・本当にすべてのビデオだ。それだけではない。アプリや雑誌講読に組み込まれたビデオだって含まれる。これらのすべてが AirPlay を経由して AppleTV に発信できるのだ。

That includes any video that can play on your iOS 4.2 device, like: Facebook, YouTube, Netflix, Videos, BBC News, MLB and really anything else you can watch on your iOS device. That also includes videos built into Apps and magazine subscriptions too. Everything can all be beamed to your AppleTV via AirPlay.

     *     *     *

リモコンとしての iOS デバイス

そしてリモコンの話になる。AppleTV に同梱されたちっちゃなアルミ製のヤツ・・・たしかにアップルのコンテンツを AppleTV でブラウズするのに役に立つ。しかしウェブコンテンツを取得するのに一番役に立つのは手持ちの iOS デバイスを使うときだ。iPad も、iPod touch も、iPhone も、どれもリモコンとして役に立つだけでなく、インターネットのコンテンツを Airplay AppleTV にストリーミングするのにも使えるのだ。

And that brings us to remotes. That little aluminum thing that Apple includes with the AppleTV? That’s good for browsing Apple’s content on the AppleTV and in your house, but the best way to pull content from the web is going to be from your iOS device. iPad, iPod touch and iPhone are not only going to be your remote, they will be the device that streams Internet content to your Airplay AppleTV.

     *     *     *

アップルの描くリビングルーム体験

アップルが思い描くリビングルーム体験とは、iPhone/iPod touch/iPad を手にした消費者が、テレビを見ながらウェブコンテンツを探すというものだ。もし家族と一緒に見たいものがあれば、AirPlay 経由でテレビスクリーンに出せる。気に入って買いたいと思ったら、完全 HD 版を購入できるのだ。

The living room experience that Apple envisions is a consumer with an iPhone/iPod touch/iPad in their hands searching the web for content to explore while watching TV. If you find something interesting that you want to share with the family, you pop it on the screen via AirPlay. If you really like it, you make a purchase and get a full HD version.

AppleTV を iOS デバイスのためのビデオインターフェイスと考えるのが一番分かりやすいと思う。

It is easiest to think of of Apple’s TV as more of a video interface for iOS devices. […]

     *     *     *

Seth Weintraub の指摘に同意した John Gruber がつぎのようにコメントしている。

Daring Fireball: “AirPlay as Apple’s Backdoor Strategy for Apple TV Content” by John Gruber: 17 September 2010

     *     *     *

Apple TV を使えば何でも再生できる

iOS 4.2 でそんなことが可能になるだろうと私も気づいていた。例えば iPad の MLB At Bat アプリには AirPlay ボタンが付いている。おそらく、新 Apple TV が手元にくれば、iPad や iPhone のどんなビデオでも Apple TV を使って再生できる(playback destination)ようになるのではないか。Apple TV 2 発表の際、まさにこうなるのではないかと考えていた。Apple TV アプリがなくても、AirPlay と既存の iOS アプリだけで十分可能ということになりそうだ。

I noticed this in iOS 4.2, too. E.g. the MLB At Bat app for the iPad — it now has an AirPlay button. Presumably, once I get the new Apple TV, I’ll be able to use it as the playback destination for any video on the iPad or iPhone. This is exactly what I was wondering about after the Apple TV 2 announcement: maybe we don’t need Apple TV apps, but instead just AirPlay and existing iOS apps.

     *     *     *

デベロッパはどうか

ただし、デベロッパがこの件に関し何らかのコントロールを持つかどうかは明らかでないように思う。あえて AirPlay をサポートしない iPad 用ビデオアプリをデベロッパが作ることは可能だろうか。たとえば Hulu はこれまでテレビに接続した機器では動かないようにブロックすることで有名だった。もしそれが出来なくなるとしたら?

It’s unclear to me, though, whether developers will have any control over this. Can a developer make a video app for the iPad that purposely doesn’t support AirPlay? Hulu, for example, has notoriously blocked efforts to make it work on devices connected to a TV. What if there is no opt-out?

     *     *     *

今月末の Apple TV 発売が待ち遠しい・・・

★ →[原文を見る:Seth Weintraub

★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »