Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iOS 7’

ios7_depth_02

[iOS 7 の奥行き:image

iOS 7 には奥行き(depth)が組み込まれているという John Gruber の指摘は非常に刺激的だった。

しかし彼よりも先に、キーノートの当日にハッキリとそれを指摘していたライターがいる。Kelsey Campbell-Dollaghan だ。

彼女の記事に添えられた gif 形式の動く画像がこれまた素晴らしい・・・

Gizmodo: “iOS 7: Instead of Flatness, We Got Depth” by Kelsey Campbell-Dollaghan: 10 June 2013

     *     *     *

フラットネスの代わりに奥行きを得た iOS 7

iOS 7: Instead of Flatness, We Got Depth

まだ見ぬ姿についてさんざん与太話やジョークが飛び交ったあと、ついにアップルは今日 Jony Ive によるモバイルソフトウェアの全面的見直しを発表した。デマ話の嵐に何か月も晒されたあと、とうとう答えが出たのだ。iOS の未来は空間的特性(dimensionality)とテクスチャーに満ち溢れたものだった。それって素晴らしいことだ。

Today, after plenty of self-deprecating jokes about virtual cows, Apple unveiled a sweeping overhaul of the mobile software by Jony Ive. After months of speculation and weeks of rumor-mongering, we finally have our answer: the future of iOS is, actually, is rife with dimensionality and texture. Which is a good thing.

     *     *     *

新しい種類の奥行き

Susan Kare のブラック&ホワイトのデザインが蘇るという予想は外れた。この投稿では「フラット」ということばを使うことは一切避けたい。今日われわれが目にした iOS 7 は、Jony Ive いうところの「新しい種類の奥行き」(new types of depth)に満ちたものだった。ケシやネオン・パステルカラーのスキームに加えて、iOS 7 はアイコンも、アプリも、そしてホームスクリーンもレイヤーと空間的特性に富んでいた。さらにまた、まったく新しい種類のアニメーションもあった。視差(parallax)を調節するために加速度センサー(accelerometer)を用いたスクリーンのそれから、天気アイコンの美しいアニメーションに至るまで。

The predicted rebirth of Susan Kare’s original black-and-white OS design, it ain’t. Actually, let’s just ban using the term “flat” altogether for this post. The iOS 7 we met today was full of what Jony Ive called “new types of depth.” Alongside a poppy, neon-and-pastel color scheme, the icons, apps, and homescreen of iOS 7 are full of layering and dimensionality. There are also entirely new types of animation: from a screen that uses the accelerometer to adjust in parallax, to beautiful new animated weather icons.

     *     *     *

Windows 8 もどきではなかった

初心者に iOS を理解させることを念頭においてデザインされた細かい質感に富んだ skeuomorphic な要素を Jony Ive が排除したことは確かだが、同時に彼はあらゆる種類の興味深い複雑さを新しく取り入れた。Windows 8 もどきになるのではないかと怖れたひとたちは安堵していい。それでは詳しく見てみよう。

Sure, Jony Ive has gotten rid of many of the richly detailed skeuomorphic elements that were originally designed to help first-time users get to know iOS. But he’s also introduced all sorts of interesting new complexities. For anyone expecting a Windows 8 look alike—you can rest easy. Let’s take a closer look.

     *     *     *

かくて彼女は、

1)周囲の環境に反応する UI
2)レイヤーと奥行き
3)フォント
4)様々なアプリ

1. An Ambient, Environment-Sensitive UI
2. Layering and Depth
3. The Typeface
4. The Stock Apps

について検討する。

その2番目は次のようなものだ。

     *     *     *

2)レイヤーと奥行き

Layering and Depth

新しいアイコンやアプリの細かい部分は現在のものより確かにシンプルだ。しかしそれらが存在する視覚的エコロジー(visual ecology)ははるかに複雑だ。どのように複雑か? まず第一に、アイコンやテキストはそれぞれ個別のボタンやバーに閉じ込められてはいない。非常にしばしば Ive の Helvetica Neue Ultra Light フォントは直接スクリーンに表示されるように見える。とてもシンプルに思えるが、実際はユーザーをボタンに固定されたテキストではなく、空間に浮かんだテキストに順応させるのはグラフィカルな意味では非常に大きいチャレンジなのだ。

The details of the icons and apps are certainly simpler than they are today. But the visual ecology they exist within is far more complex. How? Well, first of all, icons and text aren’t siloed into individual icon buttons or bars. Very often, Ive’s Helvetica Neue Ultra Light type appears directly on the screen. That seems like it’d be simpler—but it’s actually a bigger graphical challenge to orient users to text that’s floating in space, rather than text anchored by buttons.

     *     *     *

ios7_depth_01

[レイヤーを積み重ねたスクリーン:image

未来の iOS のレイヤー

スクリーン自体は視角効果のレイヤーをぎっしり積み重ねたものとして提示される。主軸に沿って分解して投影してみると(exploded axonometric view)、中間レイヤーのアプリの後ろに非常にハッキリした背景が基礎としてあることが分かる。その上にエレガントで不透明なコントロールセンターのパネルが来ることで完成する。かくてわれわれは未来の iOS でレイヤーがいかに使われるか垣間見ることができるわけだ。ホームスクリーンとアプリをそれぞれ個別の3次元空間として扱うのではなく、iOS 7 ではコンテクストを提示するものとしてレイヤーを使うのだ。これはある意味 Google Now に似ている。構造的メタファーとして UI を扱うのではなく、連続したレイヤーないしはカードとして扱っているわけだ。

The screen itself was presented as a dense layering of image effects, too. In an exploded axonometric view, we saw a crisp clear background serve as a foundation for a middle layer—the apps—topped off with an elegant blurred panel that serves as a background for the control center. We can glean something about the future of iOS in the use of layers. Rather than treating the homescreen and apps as unique, 3D spaces, iOS 7 uses layering to provide context, instead. It’s a bit like Google Now, in a way. Rather than treating the UI as an architectural metaphor, it’s treated as a series of layers, or cards.

     *     *     *

gif 形式の動く画像についてはぜひとも元記事でご覧ください。

Gizmodo にはときどき素晴らしいライターが登場する。

Campbell-Dollaghan はデザイナーらしいが、Ive による新生 iOS デザインを論じるときに記念すべき論考となるのではないか・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

ios7_depth

[iOS 7 画面の奥行き:2分12秒ごろ]

Jony Ive が登場する iOS 7 の紹介ビデオで、オヤと思った瞬間があった。

iPhone の平たいはずの画面が、左右に傾けるとまるで奥行きのある立体画面のように見えたからだ。[2分47〜49秒ごろ]

「iOS 7 こそアップルを代表するもの」(’This Is Our Signature’: iOS 7)という John Gruber の投稿を読んで、そういうことだったのかと思った。

Daring Fireball: “‘This Is Our Signature’: iOS 7” by John Gruber: 10 June 2013

     *     *     *

ソフトウェアデザインも?

Jony Ive がハードウェアのデザインチームを率いることに疑問を抱くものは誰もいない。しかしソフトウェアデザインチームも率いることができるかどうかとなると、これは過去8か月の間アップルが直面した大きな問題だった。事実、アップルがこれまで直面した最大の問題だったともいえる。なぜなら、言わずと知れた誰かさんが船の舵をとらなくても、革新的なソフトウェアをアップルは出せるのかと尋ねるのと同じことだからだ。

No one has questioned whether Jony Ive can lead a hardware design team. Whether he could lead a software design team, however, has been the biggest question facing Apple over the last eight months. In fact, it might be the biggest question facing Apple, ever, because it’s another way of asking whether the company could produce innovative software without you-know-who at the helm of the ship.

     *     *     *

紛うかたなきイエス

今日その答えが出た。紛うかたなきイエスだ。Jony Ive はソフトウェアチームを率いることも出来るのだ。

Today, we have our answer, and it is a resounding yes. Jony Ive can lead a software team.

     *     *     *

重要な視点

Ive のアプローチ — そしてまた Forstall がいなくなった後のアップルの組織全体としてでもあるが、それを考える際にキーとなるのは、ハードウェアとソフトウェアを2つの異なったものと考えるのではなく、むしろデザインという単一のものとしてみることだと自分は考える。

The key, I think, is that his approach, and Apple’s as a whole under its post-Forstall organizational structure, is not to view this as two different things, hardware and software, but rather as a single thing: design.

     *     *     *

iOS 6 のリネン

iOS 7 のデザインには深い知的厳密さがある。それは Jony Ive のハードウェア的背景と深く関係しているのだと思う。ハードウェアの場合、デザインには物理的制約がある。重量、密度、大きさ、接続、継ぎ目などだ。そんな制約はソフトウェアのデザインにはない。iOS 6 の古いデザインでは制限がないことに便乗したがそれが裏目に出た。iOS 6 では、ホームスクリーンでフォルダーを開くと、背景にリネン(生地)が見える。通知センターをプルダウンすると、リネンが上から重なる。リネンは上にも下にもあるわけだ。ハードウェアの場合はそうはいかないが、ソフトウェアならそれができる。なぜならソフトウェアなら何でも見せることが可能だからだ。概念上の論理はどうでもいいのだ。

There is a deep intellectual rigor to the design of iOS 7, and it’s hard not to see it as being profoundly informed by Ive’s background in hardware. In hardware, design is limited by physics: weight, density, size, connections, seams. Software doesn’t face those design limits. The old design of iOS 6 took advantage of that lack of limits, to its detriment. In iOS 6, you open a folder on the home screen, and linen is something you see underneath. You pull down Notification Center, and linen is something you see over. It’s both over and under. Hardware doesn’t work like that, but software can, because software can show you anything, conceptual logic be damned.

     *     *     *

ios7_depth02

[iOS 7 画面の奥行き:2分47秒ごろ]

iOS 7 の3次元レイヤー

iOS 7 のデザインは法則に基づいている。複雑なシステムが働いている。3次元のZ軸のレイヤーが論理的に組み込まれているのだ。疑似的な3次元視角効果やテクスチャーの使用は極力減らされている。しかし iOS 7 は決してフラットではない。視覚的意味ではなく論理的な意味において3次元なのだ。今どこにいるのかという位置感覚を(誇示するためではなく)分からせるために半透明性(translucency)が用いられる。新しい Control Center パネルを下からプルアップすると、それが半透明なことからどこか新しい場所に移行したのではなく、前の同じ場所でその上に何かがあることが分かるのだ。

The design of iOS 7 is based on rules. There’s an intricate system at work, a Z-axis of layers organized in a logical way. There is a profound reduction in the use of faux-3D visual effects and textures, but iOS 7 is anything but flat. It is three dimensional not just visually but logically. It uses translucency not to show off, but to provide you with a sense of place. When you pull the new Control Center panel up from the bottom of the screen, its translucency lets you know that you haven’t gone somewhere new, you’re just looking at something over where you were.

     *     *     *

ios7_depth03

[iOS 7 画面の奥行き:2分49秒ごろ]

まるでハードウェアのように

iOS 7 では位置や、奥行き、広がりといった感覚がある。それがまるでハードウェアのように感じさせるのだ。ガラス面にレンダリングされたピクセルではなくホンモノなのだ。あたかもアップルのハードウェアであることがすぐ分かる設計目標を、Ive がソフトウェアデザインにももたらしたかのようだ。そこでは Ive のチームは物理的な制約を受けない。平面は厚さはゼロだが、真の意味でシステムなのだ。

There’s a sense of place, depth, and spatiality in iOS 7 that makes it feel like hardware. A real thing, not pixels rendered on glass. It’s as though Ive has brought the same design goals that have always informed Apple’s hardware to software. And here, his team isn’t limited by physics. Planes can have zero thickness. But it’s a system, in the truest sense of the word.

     *     *     *

過剰な美の排除

iOS 7 は完璧ではない。この新しいデザインのフレームワークは、iOS のオリジナルな美しさがそうだったように時とともに進化し、改良されるだろう。しかしこれはオリジナル iOS の美しさが持つ過剰な部分を修正するための概念上の基礎なのだ。まったく異なるものではあるが、決して見当外れではない。ケバケバしさやキラキラしたところは少ないが、より繊細で洗練されている。

iOS 7 is not perfect; this new design framework will evolve and improve over time, just like iOS’s original aesthetic did. But it’s a conceptual foundation that corrects all of the excesses of the original iOS aesthetic. It’s radically different but not disorienting. Less flashy, less bling, more subtle, more refined.

     *     *     *

人工甘味料的弱点

これはジョブズ亡き後のアップルの最初の製品だ。いくつかの点でアップルのソフトウェアデザインが結果的によくなったことを示している。なぜなら豊かなテクスチャーやギミックの類いを好んだのはジョブズ(Forstall も)だったからだ。ハードウェアに対するジョブズのセンスはほぼ完璧だったが、ソフトウェアの嗜好には人工甘味料的弱点があった。木目、リネン、贅沢なコリント風レザーなどで、すべては見かけ上のものだ。Jony Ive のソフトウェア嗜好にはこの弱点はない。

This is the first product of the post-Jobs Apple. The result shows that in some ways Apple’s software design has gotten better, because it was Jobs (and Forstall) who had a penchant for exuberant textures and gimmickry. Jobs’s taste in hardware was nearly perfect, but his taste in software had a weakness for the saccharine. Wood grain, linen, Rich Corinthian leather, etc. It was all just sugar for the eyes. This is a weakness Jony Ive’s software taste clearly does not suffer.

     *     *     *

デザインだけでいい

ソフトウェアは今やハードウェアの一部だ。この2つは同じコインの両面だ。ハードウェアデザインとソフトウェアデザインではない。デザインだけでいいのだ。

The software is now of a piece with the hardware. Two sides of the same coin. Not hardware design and software design. Just design.

     *     *     *

iOS 7 は決してフラットではなかった!

そんなところまで踏み込んだ Gruber はスゴい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Philip Joyce の iOS 7 コンセプトビデオ:YouTube

Jony Ive が仕切る「フラットな iOS 7 デザイン」については、様々なコンセプトデザインで花盛りだ

とくにその皮切りとなった Philip Joyce の冒頭のビデオはなかなかオモシロい。

しかし John Gruber の目からすると、どうもこれは的外れということのようだ。

Daring Fireball: “Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go” by John Gruber: 10 May 2013

     *     *     *

iOS 7 のコンセプトデザインは花盛りだが・・・

どうしてみんながせっせと iOS 7 のデザイン変更「コンセプト」について一生懸命なのかよく分からないが、それはそれとして・・・

Not Sure Why Anyone Would Spend So Much Time and Effort on an iOS 7 ‘Concept’ Redesign, But Here You Go

     *     *     *

たしかに気が利いて素晴しいけれど

デザインファーム Simply Zesty の Philip Joyce が作成した iOS 7「コンセプト」は、たしかに素晴しくて気の利いたデザインでいっぱいだ。しかし気が利いて素晴しいのはあくまでタッチスクリーン電話のインターフェイスの可能性としてという理論上の話だ。確かに素晴しく気が利いてはいるが、実際の iPhone の新しいデザインとなるとこれは失敗作だろう。たしかに新しい装い — 間違いなく新しくはなるだろう — ということはあるが、しかし iOS のように定着して幅広いユーザーがいる場合は、親しみ易さ(familiarity)を維持することが必要だ。「これは何? 自分は何処にいるの? いつも使っていたモノはみんな何処へいってしまったの?」などとユーザーから聞かれるようでは、これは大変なことだ。(かつて Mac OS X 10.0 ではそんな徹底的な模様替えが行なわれ、長期的には成功を収めた。しかし最初の数年間はそれまでの Mac ユーザーにとって長く苦痛に満ちた移行過程だった。iOS ユーザーにとってそんなショックは必要ないのだ。)

There are a lot of clever ideas and nice designs in this iOS 7 “concept” by Philip Joyce of design firm Simply Zesty. But they’re only clever and nice in the abstract, as possible designs for a touchscreen phone interface. Nice and clever though they are, this would be a disaster as a new design for the actual iPhone. A new look is one thing (and we’re going to get it), but when you’re well established and have a large user base, as iOS does, you need to maintain familiarity. If users are asking “What is this? Where am I? Where’s all the stuff I’m used to?” it’s going to be a disaster. (Mac OS X 10.0 was just such a radical do-over, and it was successful in the long term. But the first few years were a slow and painful transition for existing Mac users. iOS doesn’t need that sort of jolt.)

     *     *     *

アプリのアイコンの形

Joyce のデザインの細部には、ブランド戦略としてみると奇妙なほど調子ハズレのものがいくつかある。アプリのアイコンの形(shape)は — その意味では他のどの形も同じだが — 角の丸まった四角形から角の尖った四角形へは変化しないだろう。この形はアップルのもの(Apple owns)なのだ。この形を見れば誰でも「iOS アプリ」だと分かる。すべての iOS デバイスのハードウェアホームボタンにはそれが印刷されている。事実それがすべての iOS デバイスの表面で印刷されている唯一のものなのだ。2013 年の WWDC のロゴを見るがいい。(いずれ今よりいいリモートのついた Apple TV が出るまでは、Apple TV App Store もアプリも出ることはないだろうと自分は長い間考えてきた。今ではこう考えている。そんなリモートのホームボタンには今や iOS デバイスならどれでも見られるカラッポアプリのアイコンが付くに違いないと。)それに Joyce が使っているフォントだが・・・こいつは何とも。彼が使っているのはフルティガーないしはそれによく似たフォントだが、iOS のコンセプトというより Windows Phone 9 のそれのように見えてしまう。それってまるで iOS の嫌いなひとが iOS をデザインし直したように見える。こんなものが褒めそやされるのは自分にはどうもよく分からない。

And certain of Joyce’s details are oddly tone-deaf branding-wise. The shape of app icons is not going to change from round-cornered squares to sharp-cornered ones (or any other shape for that matter). Apple owns this shape; this shape says “iOS app” in everyone’s mind. It’s even printed right on the hardware home button of every iOS device. In fact it’s the only thing printed on the front face of every iOS device. And just look at the WWDC 2013 logo. (I’ve long thought we won’t see apps and an App Store for Apple TV until some future hardware revision of the product with a much-better remote control; it occurs to me now that that remote will surely have a home button with the universal empty app icon on it.) And his font choices — yikes. Frutiger (or whatever Frutiger-like typeface he’s using) makes the whole thing look more like a Windows Phone 9 concept than an iOS one. It’s like iOS re-imagined by someone who doesn’t like iOS. Hard for me to see how this is getting praised like this.

     *     *     *

遊び心は感じるけれど

もっとも、Joyce のアニメーションや場面転換から、「フラットになる」ことが必ずしも遊び心をなくすることにはならないという点は分かるけれども・・・

His animations and transitions do show how going “flatter” doesn’t necessarily mean eliminating playfulness, though.

     *     *     *

RoundRect かどうかがアップルとマイクロソフトの Metro UI を分かつ根本的な違いだ(design signatures)という視点は前にもあった

どうやら Gruber は本質を踏まえない単なるデザインのためのデザインには辛口のようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[Mohawk Massimo Vignelli | YouTube

デザイナー Massimo Vignelli のビデオが大変興味深い。

Mohawk Connects: “Massimo Vignelli, What Will You Make Today?” by Massimo Vignelli: n.d.

     *     *     *

グリッドは下着だ

「グリッド[grid:マス目、格子]は書籍デザインの不可欠の要素だ。目に見えるものではない。下着みたいに身につけるが、外に露出するものではない。グリッドは書籍の下着なのだ。」 — Massimo Vignelli

“The grid is an integral part of book design. It’s not something that you see. It’s just like underwear: you wear it, but it’s not to be exposed. The grid is the underwear of the book.” – Massimo Vignelli

     *     *     *

冒頭のビデオを見ながら、フラットデザインのことを考えた。

出来上がった本のページにはどこにもグリッドは見当たらない。しかし Vignelli のスケッチの段階から見ていくと、デザインの根底にグリッドがあることがよく分かる。

「グリッドは下着だ」とはまさにこういうことなのだろう。

「下着の」タイル(四角)をそのまま表に出しているのが Windows の Metro UI ということかもしれない。

Jony Ive の iOS ユーザーインターフェイスはどうなるだろうか?

Vignelli のビデオは様々なことを考えさせてくれる。

なお、Vignelli の作品についてはこちらを参照。

★ →[ビデオを見る:YouTube

Read Full Post »

Update:iOS 7 が遅れるというウワサ》

flat_design

[フラットデザイン?:image

WWDC に向けて臨戦態勢に入った iOS 7 チームの様子を John Paczkowski が報じている

AllThingsD: “Apple’s iOS 7 Team in Deadline Crunch Mode, Adding Engineers” by John Paczkowski: 01 May 2013

     *     *     *

WWDC に間に合わせる

アップルの iOS 7 はモバイル OS を考え直す意味で大変重要なので、6月10日から14日にサンフランシスコで開かれる WWDC でのプレビューに間に合わすべく、アップルはさらにエンジニアのたちを掻き集めている。

Apple’s iOS 7 is so significant a reimagining of the mobile operating system that the company is mustering additional engineering resources to get it out the door in time for a preview at its annual Worldwide Developers Conference, which is June 10-14 in San Francisco.

     *     *     *

予定どおり

匿名希望の複数のソースが AllThingsD に語ったところによれば、アップルは倍加して iOS 7 の作業に当たらせるため OS X 10.9 のチームからエンジニアを「借用している」といわれる。「そうだ、そうだ。iPhone/Leopard の時の繰り返しだ」とソースのひとりは 2007 年にアップルが OS X 10.5 のエンジニアを引き抜いて iPhone 開発に当たらせたことに言及していう。「防火訓練ほどではないけれどね。でもちゃんと予定どおりには出荷できるだろう」と。

Sources who declined to be named because they are forbidden to talk publicly about Apple’s plans tell AllThingsD that the company has been “borrowing” engineers from the OS X 10.9 team as part of an effort to double down on iOS 7. “Yes, yes — it’s essentially a repeat of the iPhone/Leopard scenario,” one source said, referring to Apple’s 2007 decision to pull engineers from OS X 10.5 to work on iPhone. “Not as much of a fire drill, though. It will ship on time.”

     *     *     *

John Gruber が最初

iOS 7 の人材争奪戦について最初に触れたのは先月の Daring Fireball だった。Bloomberg もそれを今日繰り返している。

News of Apple’s iOS 7 scramble was first reported by Daring Fireball last month, and reiterated today by Bloomberg.

     *     *     *

Ive になって初めてのアップデート

なんでまたアップルはエンジニアたちを掻き集めねばならないのか? それは今回が相当大きいアップデートだからだ。インダストリアルデザイン担当上級副社長 Jony Ive が今やインターフェイスのデザインも総括しているので、アップルはソフトウェアとハードウェアを一体化したアプローチをとっているのだと複数のソースはいう。Ive がアップルのハードウェアにもたらしたスパルタ的でエレガントな美しさがこんどはソフトウェアにももたらされようとしているのだ。先週 9to5Mac の Mark Gurman が、iOS 7 では派手さよりシンプルさを重視する「フラットな」デザインがメインになると書いた。自分も複数のソースから、「派手さをなくした」(de-glitzed)のが iOS 7 だという似たような表現を聞いている。

So what is it about iOS 7 that has caused Apple to rally additional engineering resources? It’s a pretty big update. With SVP of Industrial Design Jony Ive now oveerseeing interface design, sources say Apple has adopted a unified approach to software and hardware design. And evidently the spartan, elegant aesthetic that Ive has developed around Apple’s hardware is now being brought to bear on its software, as well. Last week, 9to5Mac’s Mark Gurman reported that iOS 7 would feature a “flat” design that favors simplicity over flash. I’ve heard similar descriptions from sources who say iOS 7 is iOS “de-glitzed.”

     *     *     *

脱 Forstall 化

iOS の説明を受けたソースのひとりは、「こういうことだ。Game Center のフェルトのクラップステーブルは知ってるだろう? サーカス・サーカス[Circus Circus:ラスベガスにあるカジノホテル]からオサラバというワケだよ。」

“Put it this way,” said one source who has been briefed on iOS. “You know Game Center’s green felt craps table? Well, goodbye, Circus Circus.”

驚くことはない。「縫い目のついたレザーや木目調の華やかさといった skeuomorphic なデザインの主唱者だった Scott Forstall がアップルを去り、その分 Ive の役割が大きくなったので、iOS 7 にはペンキの塗り替えが必要なのだ」と自分が話をしたアップルの元および現従業員たちはいう。「必要とされていた脱 Forstall 化だよ」というものもいた。

Not a surprise, really. With Scott Forstall — an advocate for flashy, skeuomorphic design and its stitched-leather and faux-wood-grain flourishes — now gone from Apple, and Ive in an expanded role, the current and former Apple employees I’ve spoken to say iOS 7 was destined for a new coat of paint. As one said, “Sounds like a much-needed ‘de-Forstallization.’

     *     *     *

デザインをいじるなら

しかし iOS 7 から skeuomorphic 的な光沢がすべてなくなってしまうワケではない。2007 年に iPhone が発表されて以来持っている OS のルックスはあまり変更されていない。アップルがデザインをいじるつもりなら、まさに今がその時だ。BlackBerry 10 や Windows Phone のモバイル OS には改善の余地がまだまだあるとすれば、アップルとしては iOS がホコリをかぶって見えるリスクをあえて冒すことはできないのだ。

Which is not to say that the design of iOS 7 is entirely about removing skeuomorphic gloss. Fact is, Apple hasn’t much changed the operating system’s look since the iPhone was introduced in 2007. If the company has good ideas for design tweaks, it’s about time it implemented them. With new mobile operating systems like BlackBerry 10 and Windows Phone proving that there’s plenty of room left for innovation in the market, Apple can ill afford even the risk of the perception that iOS might be getting dusty.

     *     *     *

ユーザーの期待に応えられるか

有名になった直観的な分かりやすさは保持しつつ、OS のルック&フィールを徹底的に見直すことがアップルにとっての挑戦だ。「アップルのデバイスはユーザーの生産性を高め、優れたユーザー体験を与えるというユーザーの期待にこの見直しが応えられるかどうかが最大の問題だ」と Forrester のアナリスト Charles Golvin はいう。「恐らくはそのビジョン達成のために派手なものはアップルにとって必要ないということなのだろう。」

Apple’s challenge, then, is to overhaul the look and feel of the OS while retaining the intuitiveness that has made it so popular. “The key question here is whether those changes deliver on the core Apple promise of improving customers’ ability to make productive use of the device and deliver a clearly superior experience,” Forrester analyst Charles Golvin told AllThingsD. “Presumably they don’t need the flashy stuff to realize that vision.”

     *     *     *

「お化粧直し」かそれ以上か?

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》iOS 7 が遅れるというウワサ

iOS 7 の出荷が遅れるというウワサについて、Jim Dalrymple が予定どおりだといっている。

The Loop: “On the rumor that iOS 7 will ship on time” by Jim Dalrymple: 01 May 2013

     *     *     *

イェップ

John Paczkowski は AllThingsD のソースのひとりを引用して:

John Paczkowski quoting a source on AllThingsD:

「そうだ、そうだ。iPhone/Leopard の時の繰り返しだ」とソースのひとりは 2007 年にアップルが OS X 10.5 のエンジニアを引き抜いて iPhone 開発に当たらせたことに言及していう。「防火訓練ほどではないけれどね。でもちゃんと予定どおりには出荷できるだろう」と。

“Yes, yes — it’s essentially a repeat of the iPhone/Leopard scenario,” one source said, referring to Apple’s 2007 decision to pull engineers from OS X 10.5 to work on iPhone. “Not as much of a fire drill, though. It will ship on time.”

イェップ

Yep.

     *     *     *

イェップ(= yes)は「予定どおりには出荷する」という部分に対するものだ。

他からの助っ人も得て iOS 7 チームは最後の追い込みをかけているのだろう。

ところで OS X チームからひとを借りているのなら、OS X 10.9 の方はどうなるのか? もしそちらが遅れれば、マックがらみのアップデートはどうなる?

Read Full Post »

Update:フラット化はデザインの潮流》

jony-ive-tim-cook

[iPhone 5 イベントでの Jony Ive と Tim Cook :photo

Mark Gurman が iOS 7 のフラットデザインについて久しぶりに力の入った記事を書いている。

9to5Mac: “Jony Ive paints a fresh, yet familiar, look for iOS 7” by Mark Gurman: 29 April 2013

     *     *     *

iOS 7 の新しいデザイン

近々発表される iOS 7 を実際に見たひとやその説明を受けた複数の人々によると、この OS の新しいユーザーインターフェイスデザインは、新規 iOS ユーザーにとっては魅力的だが、古くからのユーザーにとってはいささか違和感がある可能性もあるという・・・

According to multiple people who have either seen or have been briefed on the upcoming iOS 7, the operating system sports a redesigned user-interface that will be attractive to new iOS users, but potentially unsettling for those who are long-accustomed to the platform…

     *     *     *

「非常にフラットだ」(very, very flat)

w8_metro

[Windows Phone の UI:image

ソースのひとりによれば、新しいインターフェイスは「非常にフラットだ」(very, very flat)という。これまでの iOS のバージョンの全てにわたって見られた光沢(gloss)、輝き(shine)、skeuomorphism が新しいインターフェイスではすべてなくなっていると別なひとはいう。さらに別なソースによれば、新しい OS の「フラットさ」(flatness)はマイクロソフトの最近の Windows Phone「Metro」のユーザーインターフェイスのレベルに達しているという。

The new interface is said to be “very, very flat,” according to one source. Another person said that the interface loses all signs of gloss, shine, and skeuomorphism seen across current and past versions of iOS. Another source framed the new OS as having a level of “flatness” approaching recent releases of Microsoft’s Windows Phone “Metro” UI.

     *     *     *

特段難しくなるワケではない

一部のひとにとっては新しくアップデートされた見かけが変わって驚くかもしれないが、iOS 7 のこれまでのバージョンと比べて特段難しくなってはいないといわれる。iPod がカラー化したときと同じで、慣れるのが難しいワケでない。iOS 7 の見かけは異なっても、コアとなるアプリやロックやホームスクリーンといったシステムの基本のほとんどについては今と同じように操作できる。

While the look of the updated system may be surprising to some, iOS 7 is reportedly not more difficult to use than earlier versions of software platform. There is apparently no new learning curve in the same way there was no learning curve when the iPods went color. While iOS 7 does look different, its core apps and system fundamentals (like the Lock and Home screens) mostly operate in a similar fashion to how they do today.

     *     *     *

コード名「インスブルック」

podcast_old_new

[Podcasts アプリの新旧:image

iOS 7 のコード名は「インスブルック」(Innsbruck)だとこの OS に詳しい3人はいう。インターフェイスの変更は、新しくなったツールバー、タブバー、その他システム全体にわたる基本的インターフェイスに加えられただけでなく、アップルのネイティブアプリのアイコンがすべて新しくなっているという。この次世代 OS で動く iOS デバイスでは、視角や周りの人からは見にくいように偏光フィルター (polarizing filters)を備えているともいわれている。

is codenamed “Innsbruck,” according to three people familiar with the OS. The interface changes include an all-new icon set for Apple’s native apps in addition to newly designed tool bars, tab bars, and other fundamental interface features across the system. iOS devices running the next-generation software reportedly have polarizing filters to decrease viewing angles of on-lookers.

     *     *     *

「全部が一覧できる」(glance-able)

notificationcenter

[OS X の Notifications パネル:image

これまでの iOS バージョンで見られた複雑なインターフェイスデザインという特徴はなくなっているが、それに加えてアップルはソフトウェアの Notification Center のような「全部が一覧できる」(glance-able)情報やオプションパネルを加える方法や、将来的に新機能を実装する際のやり方についても検討中だといわれる。最終的にそのような新しい機能が iOS 7 に追加されるかどうか、また新しい機能を将来実装する際のやり方をどうするのかについえは未だ決まっていない。しかし初期のアイデアのひとつとしては iOS デバイスのディスプレイ上を左から右へスワイプすることで実装することが考えられていた。これは Mountain Lion の Notification Center が Mac トラックパッドを使う際のジェスチャーによく似ているが、iOS でどんなジェスチャーになるのかは未定だ。

In addition to losing the complex interface design characteristics from earlier versions of iOS, Apple has been discussing and testing ways to add more ‘glance-able’ information and system options panels, like Notification Center, to the software. While it is still uncertain if Apple will end up including such new functionality in iOS 7, or how the Company will implement the potential addition, one of the early ideas was to implement the new panels via swipes from the left and right side of an iOS device’s display. This would be similar to the gesture on Apple’s Mac trackpads for accessing Notification Center in Mountain Lion, but what, specifically, the iOS gesture could access is uncertain.

     *     *     *

フラットデザイン」といわれてもなかなかピントこなかったが、Mark Gurman の記事はいろいろヒントを与えてくれる。案外これまであちこちで散見していたものがシステム全体に集大成されるということかもしれない。

改めて WWDC のデザインを見直すと、フラットデザインの新アイコンを積み重ねたようにも見えてくる。

長文の元記事はなかなか読み応えがあるが、Ive と Cook が一緒の写真[冒頭写真]の他にジョブズ と Scott Forstall が一緒の写真も添えられていて、skeuomorphism からフラットデザインへの変化がジョブズなきあとの新しい第一歩を象徴しているかのようでこれまた興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》フラット化はデザインの潮流

フラットデザインは Jony Ive のお家芸かと思ったら、実は時代の潮流なのだと Nick Bilton[NY タイムズ]が書いている。

NYTimes.com: “The Flattening of Design” by Nick Bilton: 23 April 2013

     *     *     *

先頭を切るマイクロソフト

大胆な意見に聞こえるかもしれないが、数年前ならデザインの最先端ではクールでないものの代表格だったマイクロソフトが、今やそうではないのだ。

It might sound audacious to think that Microsoft, the arbiter of uncool, was at the forefront of design a few years ago. But it was.

マイクロソフトは数年前に「フラットデザイン」に注力することに決めた。すべてがスムーズで真っ平らに見える視角効果の一種で、他のどのテクノロジー企業にもユーザーインターフェイス業界にも先駆けるものだった。

It turns out the company’s decision to focus on “flat design,” a type of visual scheme where everything has a smooth and even look, was a few years ahead of the rest of the technology and user interface industry.

子供が粘土のかたまりを押しつぶすようにマイクロソフトがインターフェイスのフラット化を図っていたとき、アップルやフェイスブックなどのライバルたちは skeuomorphism に傾注していた。skeuomorphism とは例えばノートを取ることを現実世界のノートのようなスパイラルリングで綴じたノートに見えるような形でウェブサイトやアプリをデザインすることだ。
 

While Microsoft was flattening its interfaces as if it were a child pushing down on a bulge of putty, its competitors – including Apple and Facebook — were focused on skeuomorphism, a type of look in which, say, a note-taking feature on a Web site or in an app would look like a spiral-bound notebook, a reference to the real world look of a notebook.

そして今や誰もがフラットデザインの方向へ進み始めた。

Now everyone seems to be following in those flat footsteps.

     *     *     *

bits-flatdesign

[フラットデザインの例:image

Nick Bilton が掲げているフラットデザインの例はなんともショッキングだ。

     *     *     *

スマートフォンの制約

デザイナーがデザインスタイルの変更を余儀なくされた最大の原因はスマートフォンという制約だった。

One of the biggest drivers for this stylistic change is being forced upon designers by the constraints of smartphones.

きょうびの画像はグラデーションのレイヤーや洗練されたタイポグラフィなど煩雑すぎる。ユーザーは非常に限られたスペースにぎっしりと詰まった情報の中をナビゲートすることを余儀なくされる。スマートフォンのスクリーンでは、キラキラ輝く精緻な CD 画像より音符だけのフラットなアイコンの方が遥かに早く内容を伝達できるのだ。

When today’s graphics are too busy — layered with gradients and elaborate typography — people are forced to try to navigate a clutter of information in a very small space. On a smartphone screen, for example, a flat icon of a musical note can tell a story much quicker than an intricate picture of a shiny sparkling CD.

     *     *     *

スマートフォンの持つ小さなスクリーンの制約は分かるが、独自のデザイン哲学を持つと思っていた Jony Ive がマイクロソフトが先導するフラットデザインの後を追うと聞くと複雑な気持ちになる。

Susan Kare の詩情豊かなビットマップアイコンで育った世代としては、skeuomorphism も決して悪くないと思っていた。Retina ディスプレイでスクリーンが精緻化すればなおさらだ。

旧 OS の System 7 から Mac OS X へ移行したときに感じた違和感 — とくにメタリックなデザイン — に馴染むまでの何ともいえない違和感を思い出す。それがまた繰り返されるのだろうか?

変化に馴染むのに時間がかかるのは構わない。しかし — 実物を見るまで即断はできないけれども — Ive のヒューマン・インターフェイス(Human Interface)がマイクロソフトの Metro UI と同じ方向を辿るというのは、これはもう何といえばいいか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

« Newer Posts