Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iOS 6’

Update:グーグルマップが早くでたワケ》

google-maps-logo

[Google Maps for iOS が物語るもの:image

iOS 6 のマップ騒動は CEO の謝罪担当役員の解任にまで及んだ。

あまつさえ iOS マップを使うと危険だというオーストラリア警察の警告まで出る始末。

その後予想外の早さで登場したグーグルの iOS マップは上々の人気だ。

各人各様のコメントがなかなかオモシロいが、なかでもグーグルの内部事情にまで触れた Ian Betteridge の視点は出色だ。

Macgasm: “What Google Maps For iOS Tells Us About The Battle For Google’s Future” by Ian Betteridge: 13 December 2012

     *     *     *

「製品派」のグループ

グーグルが iOS のための偉大なアプリを作ろうとする一方で、 iOS のマーケットシェアを奪おうと牙と爪を研いでいる事実を見ると、グーグルの未来のあり方をめぐって内部が2つの派閥に分かれて相争っているのではないかという気がしてくる。一方には、Android をアップルを打ち負かすための製品として推進しようとするグループがいる。Eric Schmidt が Android はアップルに「勝利している」というとき、あるいは Vic Gundotra がステージで iOS は「アップルが支配する過酷な未来」を表わすものだと語るとき、彼らはこの「製品派」を代弁しているのだ。

The fact that Google is, on one hand, creating great applications for iOS and, on the other, fighting tooth and nail for market share against it makes me wonder if the company is divided into two factions, with a battle raging between them over its future direction. On one side, there’s the group that want to promote Android as a coherent product, and beat Apple into a pulp with it. Whenever Eric Schmidt talks about Android as “winning” against Apple, or Vic Gundotra appears on stage talking about iOS representing a “Draconian future”, they’re speaking from the heart of the “Product” faction.

     *     *     *

「現実主義者」のグループ

またその対極には「現実主義者」たちがいる。グーグルの利益の源泉は広告にあり、製品の直接販売にはないことを知る連中だ。効果的な広告を作るためには更なるデータが必要であり、かかるデータはグーグルのサービスを利用するひとから得られることを知っている。グーグルの iOS マップを利用するユーザーから取得するデータはグーグルにとって貴重だ。これらのデータが — それによって可能となるより効果的な広告こそがグーグルのカネの源泉なのだ。

On the other side, there are the “Pragmatists”. These are the ones who realise Google makes its money from advertising, not directly from selling products. And creating more effective ads needs data, which it gets from people using its services. The data that Google gathers from iOS users using its maps is valuable. That data, and the more-effective ads it enables, is what makes Google its money.

     *     *     *

iOS アプリの方が優れていないと

こう考えてもいい。あなたが Android ユーザーなら、当然あなたはグーグルサービスの利用者だ。しかしもし iOS ユーザーなら、グーグルサービスの利用者ではない。だからグーグルとしてはあなたを自らのエコシステムに取り込むべく全力を尽くさねばならない。iOS アプリは真に優れたものでなければならないのだ。さもなくば、アップルが提供する類似のサービスを良しとして、iOS ユーザーはいずれグーグルサービスをすべて止めることになるだろう。それは必要なデータが得られないことであり、データが得られないということは Larry Page がローラーブレードを履くだけのカネが稼げないということなのだ。

To think about it another way, if you’re an Android user, you’re a Google services user almost by definition. If you’re an iOS user, you’re not — and so Google has to work harder to keep you within its ecosystem. It’s iOS apps HAVE to be really good. If they are not, there’s a decent chance that iOS users will, sooner or later, stop using Google services altogether in favour of their Apple equivalents. And that means no data, and no data means no money to keep Larry Page in rollerblades

     *     *     *

百年に一度のチャンス

目下グーグルの舵を取っているのは現実主義者だと考えられる。しかし常にそうであるとは限らない。世界で最も人気のあるスマートフォンの OS を持つことは百年に一度のチャンスなのだ。グーグルにとって自らのサービスと広告というニッチから抜け出す絶好チャンス・・・。誰にも止められないアップルの上昇と、それに伴う利益がクパティーノに積み上がっていくことにグーグルが羨望の目を向けていることは疑いもない。

At the moment, I think the Pragmatists within Google are in the driving seat. However, that’s not necessarily always going to be true. Having the world’s most popular smartphone operating system is a once-in-a-century opportunity, a chance for Google to break out of its services and advertising niche. There’s no doubt that the company has cast a jealous eye at Apple’s seemingly unstoppable rise, and the attendant profits being made up in Cupertino.

     *     *     *

当分の間は

もしも製品派が勝利を収めれば、Android ファンの羨望の的となる素晴らしい iOS アプリはいつの日か終わりを迎えるだろう。しかしそうなるまでの間は、グーグルの iOS アプリが Android より優れていることを自信たっぷりに見せびらかすことになる。

If the Product faction wins out, one day there will be an end to the kinds of excellent iOS apps that make the Android fans turn green with envy. But until that happens, we should all take time tomorrow to look a little smug, and show off how much better our Google apps are than theirs.

     *     *     *

グーグルの真の動機に触れたところがミソ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》グーグルマップが早くでたワケ

Marco Arment の簡にして要を得た感想が興味深い。

Marco.org: “Google Maps iOS app released” by Marco Arment: 13 December 2012

     *     *     *

こんなに早く

グーグルマップの iOS アプリがリリースされた。

Google Maps iOS app released

日の目を見るかどうか疑問だと思っていたが、こんなに早く入手可能になるとは誰も思わなかっただろう。

Not only was it questionable whether this would ever see the light of day, but I don’t think anyone expected it to be available this soon.

     *     *     *

ダメージと利益

アップルも、iPhone も、iOS も iOS 6 マップの評判が悪かったため大きなダメージを受けた。グーグルや Android はそのことで大きな利益を得た。

Apple, the iPhone, and iOS 6 have taken a huge hit with the poor reputation of iOS 6 Maps. Google and Android have been benefitting immensely.

     *     *     *

Android は保険

出るのがこんなに早かったことから、グーグルにとって iOS アプリを出すことが如何に重要だったか分かる。彼らの主たるビジネスは、できるだけ多くのユーザーに使ってもらい、それによって多くのデータを蓄積し、可能な限りたくさんの広告を出すことだ。Android はそれ自体が利益を生む部門ではなく、うま味のあるビジネスが他のプラットフォームから締め出されないようにするための保険なのだ。

What this timing really shows is how much Google needs to be on iOS. They’re primarily in the business of reaching as many people as possible so they can build up as much data and advertise to as many bodies as possible. Android is an insurance policy against their profitable businesses being locked out of other platforms, not an important profit center itself.

     *     *     *

一刻も早く iOS アプリを出す必要

しかしながら Android は、電話をポケットコンピュータとして使う人の数という点ではまだ十分大きいとは言えない。iOS マップの災難によって Android は利益を得た反面、グーグルのもっと重要なビジネスもまた iOS アプリがないことでダメージを受けたのだ。だからこのアプリは何としても開発されねばならず、早急にリリースする必要があった。

But Android isn’t big enough yet, especially among people who use their phones as pocket computers. As much as Android was benefitting from iOS’ Maps misfortune, Google’s much more important businesses were hurting too much by not being on iOS. That’s why this app was developed at all and released so quickly.

     *     *     *

両者の利害が一致

アップルもまたひどいダメージを受けたので、このアプリを速やかに認可して、グーグルに辛く当たったりはしなかったのだと思う。

And since Apple was also hurting so badly, I bet they didn’t give Google a hard time getting this app approved quickly.

     *     *     *

デベロッパだからこそ見えてくるのだろうか。

こんな短くピシッと決めた文章が書けたらどんなに気持ちいいだろう・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[2000 強調べて正確なのは 400 だけ:image

様々な iPhone「マップ」批判が噴出している。中でも Jason Matheson のテスト結果は強烈だ。

     *     *     *

惨憺たるオンタリオ州のテスト

Jason Matheson がカナダのオンタリオ州について行なった iOS 6 マップのテストが注目を引いている。

mtonic.com: “How Accurate is Apple Maps in Canada’s Largest Province?” by Jason Matheson: n.d.

オンタリオ州に所在する 2000 強の地名を調べたところ、正確に見つかったのはたった 400 という惨憺たる結果だったというもの。[冒頭図表]

     *     *     *

この Matheson のテスト結果をさらに分析、検討したのが Marco Tabini だ。

Vore: “Old Maps vs. New Maps” by Marco Tabini: 29 September 2012

同じオンタリオの住人で、 iOS 6 マップは「比較的良好」という感じを持っていた Tabini は、Matheson のテスト結果をより深く追求する。

     *     *     *

地名を調べる仕掛け — Geolocation

Matheson のテストでは iOS Core Location フレームワークの geolocation クラスを利用している。この Core Location フレームワークは、地理的座標(terrestrial coordinates)を地名(place names)に変換するのに利用される。地球上の緯度経度座標に対し、一定の範囲内にある既知の地名を複数返す。あるいは、ひとつの地名に対し、それに適合する座標のセットを返す。

Matheson used a geolocation class in iOS’s Core Location framework that can be used to convert between terrestrial coordinates and place names. You can either give it the coordinates of a location on Earth and get back a number of known locations within a certain range of it, or provide a location name and get a list of coordinate pairs that match that name.

iOS 5.x では Core Location フレームワークはグーグルの API と抱き合わせ(piggyback)になっているが、iOS 6 ではすべてのデータをアップルが提供する。

Under iOS 5.x, the Core Location framework piggybacks on Google’s own APIs, but, in iOS 6, all the data is now provided by Apple.

Matheson のテストでは、オンタリオ州の地名のほとんど大部分を正しく認識できなかった。それ自体は大きな問題だが、必ずしも「その町が地図上から消えてしまった」ということではない。誰かの電話番号が電話帳に載っていないからといってその人物が実在しないということではないのと同じだ。

Matheson’s experiment shows that Apple fails to properly identify the vast majority of city names in Ontario. That is, indeed, a pretty big deal, but I want to point out that it doesn’t necessarily mean that “these towns don’t even appear on the map” anymore than not finding someone on a phone directory means that those people don’t exist.

この違いはとても重要だ。なぜなら Matheson のテストは地図自体の正確さをテストしたものではなく、地図のメタデータの正確さをテストしたものだからだ。

The difference is significant, because this experiment doesn’t test the accuracy of the maps themselves, but, rather, of the metadata associated with them.

     *     *     *

何と何を比べるべきか

私は(Gruber も)Matheson のテストが最終結論を出していない点に注目する。Matheson は iOS 6 から得られた結果を既知のジオコード化地点(geocoded points)と比較してはいるが、肝心のグーグルに依拠して得られた iOS 5 のジオコード化地点とは比較していないのだ。

What struck me (and Gruber) about Matheson’s work is the fact that he didn’t take his research to the ultimate conclusion. He compares the results he receives from iOS 6 against known geocoded points, but—crucially—not against iOS 5, which relies on Google.

これこそが決定的に肝心な点だと思う。もしグーグルのデータからアップルのデータへ移行したことにみんなが不満を抱くのなら、同じサンプルで両者のどちらが優れているかを試す絶好のチャンスなのではないか。

To me, that’s the crucial test: If everyone is unhappy about the transition from Google- to Apple-provided data, this is a perfect opportunity to test how good both are based on a given sample.

Matheson が用いたのと同じデータを、手もとの iOS 5 デバイス[= iPhone 4]を使って、グーグルに依拠する iOS 5.1 API と比較してみた。

Since I had an iOS 5 device (an iPhone 4) handy, I decided to give it a go and scanned through the same list of city names that Matheson used, running each as a query against the Google-powered iOS 5.1 APIs.

     *     *     *

Google API と比較すると

比較した結果[詳しくはこちら]の要点はつぎのとおり。

The results, available here as an Excel sheet, are, indeed quite interesting. Here are some highlights:

・アップルと異なり、グーグルはほとんどの場合必ず何らかの結果を出す。これはグーグル検索を使った経験とも一致するものだ。これは多分ユーザーを自らのサイトに惹き付け、広告収入を生み出し続けるためには、ゼロ回答より正確でない結果でもいいのだというグーグルの経験によるものではないか。

・Unlike Apple, Google almost always returns at least some results. This is in line with my experience with all Google search properties, and is likely due to the fact that Google has discovered that an incorrect result is better than no result at all when it comes to keeping people on their Websites and continue to generate ad revenue.

・しかしながら、グーグル API の結果中 784 はオンタリオ外のものだった。(ほとんどはカナダ国外で、中には中国のものすらあった。)それでも、Matheson の iOS 6 のテスト結果(688 例がゼロ回答)に比べればましだろう。

・Despite this fact, however, 784 of these results are outside Ontario (most, in fact, are outside of Canada—some as far away as China). This compares favourably to the 688 searches that returned no results in Matheson’s iOS 6 experiment.

・それ以外のものはどうか? 2,000 余の検索のうち約 900は、私が調べた既知の Geolocation の1キロ以内だった。いくつかははるか何百クリックも離れていた。この数字を Matheson と比較するのはむずかしい。「十分近い」という彼の定義がハッキリしないからだ。でもいくつかは彼のものと合致するのではないかと思う。

・What about the others? Of the 2,000-odd queries run, about 900 of them returned results that were within 1km of the known geolocation that I was searching for. Some others were off by hundreds of clicks. It’s hard for me to compare this number to Matheson’s (it depends on his definition of “close enough”), but hopefully he will chime in at some point.

     *     *     *

堪え難いほどノスタルジアに駆られる存在

これらの結果から、検索エンジンのどちらかの(あるいは双方の)精度を上げることができないかという点に興味を持った。Geolocation の難しさは、人間が堪え難いほどノスタルジアに駆られる存在だということだ。特に共通の文化的背景を持つときがそうで、同じような地名を付けてしまい勝ちだ。ロンドン、グラスゴー、ハミルトンは北米に何ダースも存在する。トロントだって少数とはいえ存在する。同様にオンタリオは市の名前でも、州の名前でもあり得るし、文化によっては市と州の区別さえ異なる。

With these results in hand, I was curious whether the accuracy of either search engines (or both) could be improved. What makes geolocation so hard is that humans—particularly when they share a common cultural background—are insufferable nostalgia machines, and tend to name places the same way. There are dozens of Londons, Glasgows, Hamiltons, and even a handful of Torontos in North America, for example. By the same token, Ontario can be a city or a province—and different cultures will make the distinction between a city and a province in different ways.

     *     *     *

情報が多ければ多いほど検索は容易か

これらすべてが相まって、地図情報の検索は間違いを起こしやすい。だから情報が多いほど検索エンジンは見つけるのが容易になるのだ。

All this conspires to making reverse geolookups easy to get wrong, which is why providing more information often helps search engines find places more easily.

この考えをテストするため、それぞれの質問の後に「カナダ」ということばをつけ加えてみた。これによって検索の幅が狭まるだろうと期待したのだ。

To test this theory, I simply added the word “Canada” at the end of each of the queries, in the hopes that this would provide additional context to help narrow down the searches.

その結果には失望した — ただし iOS 5 に関してだが。Google API の回答は州レベルでは 85% が合致した。(オンタリオの地名の 85% は認識できたということだ。)それでも本当の場所の1キロ内だったのは 900 程度だけだった。

And I wasn’t disappointed—but only as far as iOS 5 is concerned. The Google-powered API returns (Excel file) an 85 percent match at the provincial level (that is, it recognizes that a place is in Ontario 85 times out of a hundred), although still only 900 or so places are returned as being within 1km or so of the expected location.

iOS 6 の場合はもっとずっと悪かった。オンタリオの 65% しか合致しなかったからだ。しかも 37% にも及ぶ大多数については全くのゼロ回答だった。

On the surface, iOS 6 (Excel file) fares much worse, with only 65 percent of matches being reported in Ontario, and a large number of searches—a whopping 37 percent—returning no results at all.

     *     *     *

話はこれで終わらない

しかし話はこれで終りではない。二つの検索エンジンがオンタリオ内に存在すると認識した結果の標準偏差を見れば、とても興味深いことが分かる。グーグルの 221 に対し、アップルのそれはたったの 78 だ。アップルの結果は正確なものに集中したトップヘビーで、目標からはるかに外れたものはほんの少ししかない。

This, however, doesn’t tell the whole story. If we look at the standard deviation in the sets of results that both engines identify as being in Ontario, there’s a very juicy bit of information to be had: Google’s is 221, while Apple’s is only 78—and the Apple results are top-heavy, with only a very tiny minority of locations reported as being far off the intended mark.

これは非常に重要な点だ。先きに触れたこととも一致する。グーグルはどんなに離れたものであれ結果を返そうとする。かくていくつかの結果は目標を何百キロも何千キロも離れたものになる。

This is very important, because it confirms what I mentioned above: That Google will return a result, any result, no matter how far fetched. Thus, some of the locations it returns are hundreds or thousands of kilometers off target.

これに対してアップルは、正確さを旨としているようだ。ピッタリの結果を返すか、さもなくばゼロ回答になる。

Apple, on the other hand, seems to be going for accuracy: either it returns a result that is spot-on, or it returns nothing.

     *     *     *

3つの結論

データからみて次の3つのことがいえると思う。

As far as I can see, the data supports three conclusions:

1)我々のデータで見るかぎり、古いマップ(iOS 5)は新しいマップ(iOS 6)より必ずしも優れているわけではない。

1. Given our set of data, old Maps doesn’t fare that much better than new Maps.

2)検索結果を導く両社の対応には重要な違いがある。グーグルは何であれとにかく結果を返そうとする。一方アップルは何より正確さを重んずる。

2. There seems to be a significant difference in the way the two companies approach the task of returning search results, with Google doing whatever it takes to get any result out, while Apple seems to prefer accuracy above all.

3)つまるところ、このテストは地図の正確さを測るという意味ではあまり役に立たない。せいぜいいえるのは、アップルは正しい検索結果を出すが、目標が町全体という大きさになると特段役に立つ結果は出そうにない[?]ということだ。

3. In the end, this is not really a particularly useful test insofar as determining the accuracy of Maps. At best, we get to see how good Apple is as at finding things, but with targets as big as whole towns we’re unlikely to unearth any information that is really useful.

     *     *     *

アップルにとっての問題点

このことから、アップルの抱える最大の問題点が浮上する。みんながアップル「マップ」の誤りを発見しようとする。誤りを見つけることが楽しみになってしまったからだ。これほど微に入り細を穿って Google Maps を分析したことがこれまであっただろうか。アップルによってみんなの期待値が高まったのだとすれば、この時点でもっと別な議論をしてもいいのではないか。

And this, more than anything else, outlines Apple’s biggest hurdle: people keep finding mistakes in Maps because looking for them has almost become a sport. When was the last time that you saw users analyzing Google Maps with this ridiculous level of detail? Had Apple set the public’s expectations better, we may be having a very different discussion at this point.

     *     *     *

門外漢の筆者にはまだ理解できない部分が多々あるが、今回のアップル「マップ」騒動にはひとすじ縄ではいかない問題がありそうな気がする。

かつてアップルが Siri の検索エンジンに Wolfram Alpha を使ったことが思い起こされる。

「金の価格」を検索した結果がグーグルとアップルであまりに違ったことが今でも鮮やかに印象に残っている。

単に地図だけの問題に止まらず、検索そのものに深く根ざした問題があるのではないか・・・

いまひとつ分からないのが、ユーザーからのフィードバックを地図の正確さに反映させるメカニズムだ。

日本の地図だから、日本のローカライズの問題なのか、それ以上の問題があるのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

[ルート案内機能:image

iOS 6 でも Google Maps が使えることを The Loop が紹介している。

The Loop: “You can still use Google Maps on iOS 6″ by Jim Dalrymple: 20 September 2012

     *     *     *

iOS 6 でも Google Maps は使える

You can still use Google Maps on iOS 6

複数の読者が、iOS 6 搭載の iPhone でも Google Maps が使えることを教えてくれた。やり方はカンタンで、Safari ブラウザで http://maps.google.com を開き、それをホーム画面にアイコンとして加えるだけでいい。そうすれば、ルート案内機能や乗り換えなどの機能が使える。

A couple of readers have written to point out that you can still use Google Maps on your iPhone running iOS 6. Just go to http://maps.google.com in Safari and add it to your home screen. That will give you directions, transit and many other features.

完璧ではないかもしれないが、「マップ」で問題が生じたユーザーにとっては結構なことだ。

It’s not perfect, but for those having issues with Maps, it’s something.

     *     *     *

新 iOS 6 については「マップ」の苦情が相次いでいる。

これまでなじんだ Google Maps が使えないのはケシカラン。それにアップルのマップはひどいというものだ。

筆者の iPhone は2世代前の iPhone 4 だが、さっそく iOS 6 をインストールしてみた。

古い機種でも新しい機能が使えるのはアップル製品のありがたいところだ。

娘がお彼岸の墓参りにつれていってくれたので、新しいアップル「マップ」を試してみた。

自宅からお寺まで、航空写真に示された道順もルート案内機能(Turn by Turn Navigation)も分かりやすい感じがした。

途中混雑で、一般道から高速へ道順を変更したら、ルート案内機能がストップしたが、一旦そこで終了すれば、再度(ドロップされたピンの)現在地から目的地までのルート案内機能を作動させることができた。

「Google マップ」の方は、道順変更後のルート設定が(運転中の操作としては)面倒で、途中でやめてしまった。

正直のところ新しい「マップ」は見やすくて、そんなに悪い感じはしなかった。

アップル自身は、使えば使うほどよくなるといっているそうだ。

日本のユーザーの報告がおいおい増えれば、状況が判明することだろう。

(Siri と Flyover はよく分からなかった・・・)

なお、すでに Google Maps アプリは提出されたのにアップルが抑えているというウワサもあるらしい。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[消えた YouTube アプリ:image

いくつかのサイト(Macrumors9to5Mac)が iOS 6 アップデートから YouTube アプリが消えると指摘したが、アップルは The Verge に対して次のような声明を出したという。

     *     *     *

YouTube アプリはライセンス切れ

YouTube アプリを iOS に組み込むライセンスは終了しました。顧客のユーザーは Safari ブラウザから YouTube を見ることができます。グーグルは App Store に出すべく YouTube アプリの新バージョンを準備中です。

Our license to include the YouTube app in iOS has ended, customers can use YouTube in the Safari browser and Google is working on a new YouTube app to be on the App Store.

     *     *     *

これは当然の成り行きだという Matthew Panzarino の解説がさもありなんと思わせてオモシロい・・・

The Next Web: “Why is Apple ditching the YouTube app from iOS 6? It’s about money and machismo” by Matthew Panzarino.: 06 August 2012

     *     *     *

・アップルにとってもはや必要なくなった

ネイティブ YouTube アプリは HTML5 互換ビデオを合法化するための手段だった。それをてこに使ってアップルは YouTube の全カタログを iPhone フレンドリーなビデオに転換させることができた。みんなもそれに従った。初期のころの iPhone ユーザーを思い出して欲しい。iPhone 登場時は全部のカタログが見れたワケではなかった。最近 YouTube を買収したグーグルは、すべてのビデオを HTML containers に置き換えることで数か月後に追いつくことができた。これが Flash ビデオが主流の座を逐われた大きな要因のひとつだった。いまや HTML5 互換 MP4 ビデオが標準になったので、アップルはネイティブ YouTube を iOS に組み込む必要がなくなったのだ。

– Apple doesn’t need it any more. The native YouTube app was an effort to legitimize HTML5-compatible video. Apple used it as leverage, got the entire YouTube catalog converted over to iPhone-friendly video and everyone else followed suit. If you were an iPhone user in the early days, you’ll remember that the entire catalog wasn’t available at launch. Google, who had recently purchased YouTube, started crunching through all of the videos, converting them over to HTML containers and caught up some months afterwards. This was a huge factor in the sidelining of Flash video. Now, HTML5-compatible MP4 video is the standard so Apple doesn’t need a native YouTube presence built into iOS any more.

     *     *     *

・グーグル外しが今年のテーマ

この数か月間数多くのソースから何度も耳にした話 — アップルは iOS から可能な限りグーグルの影響力を排除するだろうという話のことだ。一連の動きでアップル本社は明らかに「グーグル外し」を考えている。地図アプリでグーグルとがっぷり四つに組んだだけでなく、iPad mini やより廉価な iPhone をラインアップに加えることでギャップを埋めるという点もそうだ。かなり前からアップルはグーグルと袂(たもと)を分かつことを検討してきたが、Mountain Lion のビデオオプション(Vimeo は入っている)から YouTube を外したのは偶然ではない。

– This year is all about getting rid of Google. We’ve heard from numerous sources over the past several months that this year Apple is going all-out to remove Google’s influences from iOS as much as possible. There is a genuine ‘out to get Google’ mentality at Apple HQ this cycle. This includes combatting them head-to-head with apps like Maps and hitting the gaps in their product line like a smaller iPad mini and cheaper iPhones across the board. Apple has been working to divorce Google for some time, and the omission of YouTube from Mountain Lion’s video sharing options (which include Vimeo), was no accident.

     *     *     *

・グーグルにとっては頻繁なアップデートが容易になる

YouTube アプリは最初の iPhone で登場して以来、一部の例外を除きほとんど変わっていない。自らのアプリに対する支配力を取り戻すことによって、グーグルとしてはモバイルアプリにおいてもインターネット体験により徹底的にマッチした頻繁なアップデートを行なうことができるようになるだろう。

– Google will be able to push updates faster. The YouTube app has remained mostly static since its introduction on the first iPhone, with some small exceptions. By taking the reins of its own app, Google can iterate quickly and match the experience on the web and in its mobile app more thoroughly.

     *     *     *

・グーグルは広告でタップリと稼ごうとしている

グーグルが自前の YouTube アプリを開発するなら、YouTube サイトで見せたがっている Pre-Roll 広告[pre-roll ads:オンラインビデオコンテンツの前に挿入される広告]だけでなく、その他もろもろの広告をたっぷりと見せることができるようになるだろう。アップルのネイティブ YouTube アプリではこんな広告は決して見れないが、グーグルならどのモバイル機器でも見せられるようにしたいと思うだろう。グーグル収入の大部分は iOS デバイスの検索から生じるものだが、ここにもモバイル検索からタップリ稼げるすばらしいチャンスがあるのだ。だからこれでアップルの動きが終わるとは考えられない。かつて(2011年11月)私はその可能性について触れたことがある

– Google stands to make a ton of money from ads. If Google is developing its own YouTube app, it’s likely to be able to show the pre-roll ads and other types of advertising that it loves so much on its YouTube site. The native Apple YouTube app would never have shown ads like this, and Google would likely want to get those ads displaying on mobile everywhere. An enormous percentage of Google’s revenue comes from search on iOS devices and there is a fantastic opportunity here to cash in on mobile views. So don’t think that this was all Apple’s move. I mentioned ads as a motive back in November of 2011:

「ここ[ネイティブアプリ]でも広告がないことが、アップルにとってより魅力的な点だ。グーグルなら自らのウェブアプリで Pre-Roll 広告その他を見せることができるのだから。」

“Once again the lack of advertising here makes [the native app] a more attractive feature for Apple than it does for Google, who could play pre-roll ads and more via their web app.”

     *     *     *

ネイティブアプリより不利?

ただし、グーグルの YouTube アプリはアップルのネイティブアプリに比べて不利になるかもしれないという点は注意しておく必要がある。通常ユーザーを外のアプリに誘導するフック処理は Mobile Safari 再生時に行なわれ、初めからユーザーをアプリへ仕向けるワケではない。同じ問題は Chrome にも存在する。Chrome でも他のアプリへリンクして表示させることはできない。このため、かかるアプリは出荷時点から不利な状態に置かれる。だからグーグルは YouTube サイトを自らのアプリの URL スキームに特化したものに改良すると思われる。そうすれば、ユーザーを自らのアプリに誘導でき、この問題の一部が解決できるからだ。

Remember, though, that Google’s YouTube app will likely be at a disadvantage to Apple’s native one. The hooks that normally direct a user out to the app will now simply play in Mobile Safari, rather than bumping people out to the app. The same behavior exists with Chrome, which can’t grab links from other apps to display them. This will put the app at a major disadvantage right out of the gate. Google will likely revamp its site to specify its own app’s URL scheme, which could send the user out to its app, mitigating some of this behavior.

     *     *     *

次なる戦場は・・・

したがって YouTube アプリをめぐるすべては、未だ手つかずの視聴者マーケットに広告を投入したいというグーグルの欲求によるものだ。これに対してアップルは、出来る限り iOS プラットフォームからグーグルを閉め出そうと考える。次なる戦場は最もむずかしい「検索」になる。

So, the deal surrounding the YouTube app is all about Google’s desire to get ads in front of a huge, untapped market of viewers, and Apple’s desire to exit Google from as much of its iOS platform as humanly possible. Next up is the hardest nut to crack: Search.

     *     *     *

追記:グーグルの声明

Update: A statement from Google:

われわれは iOS ユーザーが最も優れた YouTube 体験ができるようにアップルと作業中です。

We are working with Apple to ensure we have the best possible YouTube experience for iOS users.

     *     *     *

かつてスティーブ・ジョブズがグーグルとは「核戦争も辞さない」といったことが現実になりつつある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[もう有料アプリのときだけ:image

Cult of Mac: “New In iOS 6: App Store Doesn’t Require A Password To Download Free Apps” by Killian Bell: 23 July 2012

     *     *     *

購入済みやアップデートだけでなく

iOS 6 beta 1 が6月初旬に登場したとき、App Store から購入済みのもの、あるいはアップデートのダウンロードに関しては iTunes パスワードが不要になることを Cult of Mac で触れた。iOS 6 beta 3 では、それが無料アプリにも適用される。

Shortly after iOS 6 beta 1 made its debut in early June, Cult of Mac reported that users are no longer required to enter their iTunes password when downloading updates or previous purchases from the App Store. In iOS 6 beta 3, Apple has expanded this feature to cover free apps, too.

     *     *     *

無料アプリでも

最新のリリースでは、過去にダウンロードしたかどうかに関わりなく、無料アプリのダウンロードについてパスワード入力が不要になった。

In the latest release, users no longer need to enter their password to download free apps — regardless of whether they’ve owned them before or not.

iOS 6 では有料アプリ以外はパスワード入力を必要としないというワケだ。これは便利だね。

This means that in iOS 6, the only time you’ll need to enter your password in the App Store is to download a paid app. Isn’t that handy?

     *     *     *

エコシステムとしての App Store はますます便利になる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[サンフランシスコの3次元ビュー:image

アップル唯一の定例行事 WWDC が1か月後に迫った。iOS をめぐるウワサの出番だ。

iOS 6 ではアップル自前の地図システムが目玉になるらしい。

iOS 全体の発展を視野におくと、自前の地図システムはどういう意味を持つのだろうか。

John Gruber が興味深いことをいっている。

Daring Fireball: “iOS Low-Hanging Fruit” by John Gruber: 11 May 2012

     *     *     *

iOS のこれまで

この数年の間、iOS の発展は比較的分かりやすいものだった。アップルはやるべき仕事のうち楽に達成できる目標(lowest-hanging fruit)を着々とこなしてきた。最初の数年で大物をかなりたくさん片付けた。サードパーティ製アプリ、カット・コピー&ペースト、法人サポート、プッシュ通知、マルチタスキングの改善など。それに加えて昨年は、OTA[Over The Air]ソフトウェアアップデート、クラウドベースのバックアップ、ワイヤレス同期、通知インターフェイスの改良などが加わった。

iOS has evolved in a fairly predictable manner over the years. Apple has done a good job tackling the lowest-hanging fruit on the to-do list, year after year. They crossed off a lot of big obvious features over the first few years: third-party apps, cut-copy-paste, enterprise support, push notifications, better multitasking. Last year brought a few more: over-the-air software updates, cloud-based backups and wireless syncing, and a much improved notification interface.

     *     *     *

ライバルを見ればいい

iOS に加わりそうな機能を知るよい手掛かりは、ライバルを調べて iOS に欠けているものを見つけることだ。昨年の例で言えば、Android の方が先行している分野ということになる。

Another good source for iOS feature predictions has been to survey the competition and identify the areas where iOS was lacking. Those items from last year, for example, were areas where Android was ahead.

     *     *     *

地図 = 残された最大の分野

iOS が全ての機能を含んでいるわけではない。しかし楽に達成できそうな目標 — あればいいという類いではなく、アップルなら当然検討して然るべきもの — を見つけるのは次第に難しくなっている。残された最大の分野が地図だ。本日 9to5Mac はアップルが iOS 地図アプリのバックエンドデータをグーグルから自前のサービスに切り替えるというニュースを流した。John Paczkowski は、新しい地図を見れば「ぶっ飛ぶだろう」という情報筋のことばを引いて、これを追認している。

iOS is by no means feature-complete. But it’s getting harder to identify the low-hanging fruit — the things you just know Apple has to be working on, not just the stuff you hope they are. The biggest one left is mapping. Today brings a report from 9to5Mac that Apple is set to switch the back-end data in iOS’s Maps app from Google to its own mapping services; John Paczkowski confirms it, quoting a source who claims the new Maps will “blow your head off”.

     *     *     *

なぜ自前のサービスが重要か

アップルの自前の地図データが偉大であるに違いないというのはこういうことだ。

Here’s the thing. Apple’s homegrown mapping data has to be great.

地図は電話に欠かせない機能だ。iPhone ユーザーなら誰でも使う数少ない機能のひとつだ。だからアップルは自前でやる必要がある、基本的テクノロジーは自分で支配する必要があるからだ。グーグルとの関係が 2007 年の頃のように今でも問題なかったとしても、アップルは自前の地図を展開しただろう。(iPhone 発表のとき Eric Schmidt がステージに上がったのを覚えているだろうか?)しかしアップルとグーグルの今日の状況を考えれば、地図サービスをグーグルに依存することはまったく受け入れ難いのだ。

Mapping is an essential phone feature. It’s one of those handful of features that almost everyone with an iPhone uses, and often relies upon. That’s why Apple has to do their own — they need to control essential technology. I suspect Apple would be pushing to do their own maps even if their relationship with Google were still hunky-dory, as it was circa 2007. (Remember Eric Schmidt coming on stage during the iPhone introduction?) But as things actually stand today between Apple and Google, relying on Google for mapping services is simply untenable.

     *     *     *

後戻りは許されない

これはアップルにとって高圧スイッチ[high-pressure switch:一旦作動すると復帰するのが困難な安全装置]のようなものだ。後戻りは許されない。評判の3次元ビュー(3D view)はすごいかもしれないが、現実問題として運転や歩行の方向指示がグーグルの場合ほど正確でないとなれば、ユーザーにとっては熊手と松明を手にしている[?]ようなものだ。また Android フォンはすでに経路誘導ナビゲーション(turn-by-turn navigation)を搭載していることにも心すべきだ。

This is a high-pressure switch for Apple. Regressions will not be acceptable. The purported whiz-bang 3D view stuff might be great, but users are going to have pitchforks and torches in hand if practical stuff like driving and walking directions are less accurate than they were with Google’s data. Keep in mind too, that Android phones ship with turn-by-turn navigation.

     *     *     *

残された仕事

iOS について実現可能な機能は他にどんなものがあるだろうか? 考えつくものはいくつかある。

What else remains hanging low on the iOS new-features tree, though? I can think of a few:

・賢いアプリケーション間処理

iOS が NeXT の直系の子孫であることを考えると、NeXT で最も持てはやされ(かつそれももっともな) Services のような機能が欠けているのは理解できない。Android には Services によく似た「Intents」と呼ばれるシステムがあり、Windows 8 にはさらに優れた「Contracts」というコンセプトがあることは注目に値する。

Clever inter-application communication. Seems crazy that iOS, the direct descendant of NeXT, doesn’t have anything like Services, which were one of NeXT’s most touted features (and rightfully so). It’s also worth noting that Android has a pretty good Services-esque system in place, called “Intents”, and Windows 8 has an even richer concept called “Contracts”.

・サードパーティの通知センターウィジェット

アップルの株式や天気のように、立ち上げなくても情報を一覧できるもの。

Third-party Notification Center widgets. Like the Stocks and Weather ones from Apple — information at a glance, without launching an app.

・サードパーティの Siri API

Siri を通じてやりとりできる機能を他のアプリにも開放しよう。

Third-party Siri APIs. Let other apps provide features you can interact with through Siri.

     *     *     *

どんどん減っている

まあそんなところだ。Siri API というアイデアだって「あればいい」という程度で、「いずれアップルなら必ずやらざるを得ない」という達成目標ではない。重ねて言うが、残された仕事がアップルにはなくなったといっているのではない。克服せねばならぬことが明らかなものがどんどん減っているといっているだけだ。

But that’s about it. And even the Siri API idea seems more like a “nice to have” feature idea than a low-hanging “Apple really has to do this sooner or later” idea. Again, I’m not saying Apple’s iOS to-do list is empty; I’m just saying the list of obvious they-gotta-do-it stuff is getting short.

     *     *     *

デスクトップ OS とは別のモバイル向け OS としてスタートした iOS もいよいよホームストレッチに入ったということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »