Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘iOS 5’

[2000 強調べて正確なのは 400 だけ:image

様々な iPhone「マップ」批判が噴出している。中でも Jason Matheson のテスト結果は強烈だ。

     *     *     *

惨憺たるオンタリオ州のテスト

Jason Matheson がカナダのオンタリオ州について行なった iOS 6 マップのテストが注目を引いている。

mtonic.com: “How Accurate is Apple Maps in Canada’s Largest Province?” by Jason Matheson: n.d.

オンタリオ州に所在する 2000 強の地名を調べたところ、正確に見つかったのはたった 400 という惨憺たる結果だったというもの。[冒頭図表]

     *     *     *

この Matheson のテスト結果をさらに分析、検討したのが Marco Tabini だ。

Vore: “Old Maps vs. New Maps” by Marco Tabini: 29 September 2012

同じオンタリオの住人で、 iOS 6 マップは「比較的良好」という感じを持っていた Tabini は、Matheson のテスト結果をより深く追求する。

     *     *     *

地名を調べる仕掛け — Geolocation

Matheson のテストでは iOS Core Location フレームワークの geolocation クラスを利用している。この Core Location フレームワークは、地理的座標(terrestrial coordinates)を地名(place names)に変換するのに利用される。地球上の緯度経度座標に対し、一定の範囲内にある既知の地名を複数返す。あるいは、ひとつの地名に対し、それに適合する座標のセットを返す。

Matheson used a geolocation class in iOS’s Core Location framework that can be used to convert between terrestrial coordinates and place names. You can either give it the coordinates of a location on Earth and get back a number of known locations within a certain range of it, or provide a location name and get a list of coordinate pairs that match that name.

iOS 5.x では Core Location フレームワークはグーグルの API と抱き合わせ(piggyback)になっているが、iOS 6 ではすべてのデータをアップルが提供する。

Under iOS 5.x, the Core Location framework piggybacks on Google’s own APIs, but, in iOS 6, all the data is now provided by Apple.

Matheson のテストでは、オンタリオ州の地名のほとんど大部分を正しく認識できなかった。それ自体は大きな問題だが、必ずしも「その町が地図上から消えてしまった」ということではない。誰かの電話番号が電話帳に載っていないからといってその人物が実在しないということではないのと同じだ。

Matheson’s experiment shows that Apple fails to properly identify the vast majority of city names in Ontario. That is, indeed, a pretty big deal, but I want to point out that it doesn’t necessarily mean that “these towns don’t even appear on the map” anymore than not finding someone on a phone directory means that those people don’t exist.

この違いはとても重要だ。なぜなら Matheson のテストは地図自体の正確さをテストしたものではなく、地図のメタデータの正確さをテストしたものだからだ。

The difference is significant, because this experiment doesn’t test the accuracy of the maps themselves, but, rather, of the metadata associated with them.

     *     *     *

何と何を比べるべきか

私は(Gruber も)Matheson のテストが最終結論を出していない点に注目する。Matheson は iOS 6 から得られた結果を既知のジオコード化地点(geocoded points)と比較してはいるが、肝心のグーグルに依拠して得られた iOS 5 のジオコード化地点とは比較していないのだ。

What struck me (and Gruber) about Matheson’s work is the fact that he didn’t take his research to the ultimate conclusion. He compares the results he receives from iOS 6 against known geocoded points, but—crucially—not against iOS 5, which relies on Google.

これこそが決定的に肝心な点だと思う。もしグーグルのデータからアップルのデータへ移行したことにみんなが不満を抱くのなら、同じサンプルで両者のどちらが優れているかを試す絶好のチャンスなのではないか。

To me, that’s the crucial test: If everyone is unhappy about the transition from Google- to Apple-provided data, this is a perfect opportunity to test how good both are based on a given sample.

Matheson が用いたのと同じデータを、手もとの iOS 5 デバイス[= iPhone 4]を使って、グーグルに依拠する iOS 5.1 API と比較してみた。

Since I had an iOS 5 device (an iPhone 4) handy, I decided to give it a go and scanned through the same list of city names that Matheson used, running each as a query against the Google-powered iOS 5.1 APIs.

     *     *     *

Google API と比較すると

比較した結果[詳しくはこちら]の要点はつぎのとおり。

The results, available here as an Excel sheet, are, indeed quite interesting. Here are some highlights:

・アップルと異なり、グーグルはほとんどの場合必ず何らかの結果を出す。これはグーグル検索を使った経験とも一致するものだ。これは多分ユーザーを自らのサイトに惹き付け、広告収入を生み出し続けるためには、ゼロ回答より正確でない結果でもいいのだというグーグルの経験によるものではないか。

・Unlike Apple, Google almost always returns at least some results. This is in line with my experience with all Google search properties, and is likely due to the fact that Google has discovered that an incorrect result is better than no result at all when it comes to keeping people on their Websites and continue to generate ad revenue.

・しかしながら、グーグル API の結果中 784 はオンタリオ外のものだった。(ほとんどはカナダ国外で、中には中国のものすらあった。)それでも、Matheson の iOS 6 のテスト結果(688 例がゼロ回答)に比べればましだろう。

・Despite this fact, however, 784 of these results are outside Ontario (most, in fact, are outside of Canada—some as far away as China). This compares favourably to the 688 searches that returned no results in Matheson’s iOS 6 experiment.

・それ以外のものはどうか? 2,000 余の検索のうち約 900は、私が調べた既知の Geolocation の1キロ以内だった。いくつかははるか何百クリックも離れていた。この数字を Matheson と比較するのはむずかしい。「十分近い」という彼の定義がハッキリしないからだ。でもいくつかは彼のものと合致するのではないかと思う。

・What about the others? Of the 2,000-odd queries run, about 900 of them returned results that were within 1km of the known geolocation that I was searching for. Some others were off by hundreds of clicks. It’s hard for me to compare this number to Matheson’s (it depends on his definition of “close enough”), but hopefully he will chime in at some point.

     *     *     *

堪え難いほどノスタルジアに駆られる存在

これらの結果から、検索エンジンのどちらかの(あるいは双方の)精度を上げることができないかという点に興味を持った。Geolocation の難しさは、人間が堪え難いほどノスタルジアに駆られる存在だということだ。特に共通の文化的背景を持つときがそうで、同じような地名を付けてしまい勝ちだ。ロンドン、グラスゴー、ハミルトンは北米に何ダースも存在する。トロントだって少数とはいえ存在する。同様にオンタリオは市の名前でも、州の名前でもあり得るし、文化によっては市と州の区別さえ異なる。

With these results in hand, I was curious whether the accuracy of either search engines (or both) could be improved. What makes geolocation so hard is that humans—particularly when they share a common cultural background—are insufferable nostalgia machines, and tend to name places the same way. There are dozens of Londons, Glasgows, Hamiltons, and even a handful of Torontos in North America, for example. By the same token, Ontario can be a city or a province—and different cultures will make the distinction between a city and a province in different ways.

     *     *     *

情報が多ければ多いほど検索は容易か

これらすべてが相まって、地図情報の検索は間違いを起こしやすい。だから情報が多いほど検索エンジンは見つけるのが容易になるのだ。

All this conspires to making reverse geolookups easy to get wrong, which is why providing more information often helps search engines find places more easily.

この考えをテストするため、それぞれの質問の後に「カナダ」ということばをつけ加えてみた。これによって検索の幅が狭まるだろうと期待したのだ。

To test this theory, I simply added the word “Canada” at the end of each of the queries, in the hopes that this would provide additional context to help narrow down the searches.

その結果には失望した — ただし iOS 5 に関してだが。Google API の回答は州レベルでは 85% が合致した。(オンタリオの地名の 85% は認識できたということだ。)それでも本当の場所の1キロ内だったのは 900 程度だけだった。

And I wasn’t disappointed—but only as far as iOS 5 is concerned. The Google-powered API returns (Excel file) an 85 percent match at the provincial level (that is, it recognizes that a place is in Ontario 85 times out of a hundred), although still only 900 or so places are returned as being within 1km or so of the expected location.

iOS 6 の場合はもっとずっと悪かった。オンタリオの 65% しか合致しなかったからだ。しかも 37% にも及ぶ大多数については全くのゼロ回答だった。

On the surface, iOS 6 (Excel file) fares much worse, with only 65 percent of matches being reported in Ontario, and a large number of searches—a whopping 37 percent—returning no results at all.

     *     *     *

話はこれで終わらない

しかし話はこれで終りではない。二つの検索エンジンがオンタリオ内に存在すると認識した結果の標準偏差を見れば、とても興味深いことが分かる。グーグルの 221 に対し、アップルのそれはたったの 78 だ。アップルの結果は正確なものに集中したトップヘビーで、目標からはるかに外れたものはほんの少ししかない。

This, however, doesn’t tell the whole story. If we look at the standard deviation in the sets of results that both engines identify as being in Ontario, there’s a very juicy bit of information to be had: Google’s is 221, while Apple’s is only 78—and the Apple results are top-heavy, with only a very tiny minority of locations reported as being far off the intended mark.

これは非常に重要な点だ。先きに触れたこととも一致する。グーグルはどんなに離れたものであれ結果を返そうとする。かくていくつかの結果は目標を何百キロも何千キロも離れたものになる。

This is very important, because it confirms what I mentioned above: That Google will return a result, any result, no matter how far fetched. Thus, some of the locations it returns are hundreds or thousands of kilometers off target.

これに対してアップルは、正確さを旨としているようだ。ピッタリの結果を返すか、さもなくばゼロ回答になる。

Apple, on the other hand, seems to be going for accuracy: either it returns a result that is spot-on, or it returns nothing.

     *     *     *

3つの結論

データからみて次の3つのことがいえると思う。

As far as I can see, the data supports three conclusions:

1)我々のデータで見るかぎり、古いマップ(iOS 5)は新しいマップ(iOS 6)より必ずしも優れているわけではない。

1. Given our set of data, old Maps doesn’t fare that much better than new Maps.

2)検索結果を導く両社の対応には重要な違いがある。グーグルは何であれとにかく結果を返そうとする。一方アップルは何より正確さを重んずる。

2. There seems to be a significant difference in the way the two companies approach the task of returning search results, with Google doing whatever it takes to get any result out, while Apple seems to prefer accuracy above all.

3)つまるところ、このテストは地図の正確さを測るという意味ではあまり役に立たない。せいぜいいえるのは、アップルは正しい検索結果を出すが、目標が町全体という大きさになると特段役に立つ結果は出そうにない[?]ということだ。

3. In the end, this is not really a particularly useful test insofar as determining the accuracy of Maps. At best, we get to see how good Apple is as at finding things, but with targets as big as whole towns we’re unlikely to unearth any information that is really useful.

     *     *     *

アップルにとっての問題点

このことから、アップルの抱える最大の問題点が浮上する。みんながアップル「マップ」の誤りを発見しようとする。誤りを見つけることが楽しみになってしまったからだ。これほど微に入り細を穿って Google Maps を分析したことがこれまであっただろうか。アップルによってみんなの期待値が高まったのだとすれば、この時点でもっと別な議論をしてもいいのではないか。

And this, more than anything else, outlines Apple’s biggest hurdle: people keep finding mistakes in Maps because looking for them has almost become a sport. When was the last time that you saw users analyzing Google Maps with this ridiculous level of detail? Had Apple set the public’s expectations better, we may be having a very different discussion at this point.

     *     *     *

門外漢の筆者にはまだ理解できない部分が多々あるが、今回のアップル「マップ」騒動にはひとすじ縄ではいかない問題がありそうな気がする。

かつてアップルが Siri の検索エンジンに Wolfram Alpha を使ったことが思い起こされる。

「金の価格」を検索した結果がグーグルとアップルであまりに違ったことが今でも鮮やかに印象に残っている。

単に地図だけの問題に止まらず、検索そのものに深く根ざした問題があるのではないか・・・

いまひとつ分からないのが、ユーザーからのフィードバックを地図の正確さに反映させるメカニズムだ。

日本の地図だから、日本のローカライズの問題なのか、それ以上の問題があるのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[iPhone 5 Day:image

10月4日の秋のイベントを前に John Gruber が自分の考え方をまとめているのが興味深い。

Daring Fireball: “The Fall Event” by John Gruber: 21 September 2011

     *     *     *

10月にずれ込んだのは

[iPhone 発表が9月でなく]10月にずれ込んだのは、ハードウェアの製造、iOS 5、iCloud などすべての準備を整えるのに時間がかかったせいだと思う。(最近のベータ版は安定しており、もしそう望めば iOS 5 はすでに発表されていてもおかしくない。iOS 5 はなかなか調子がいい。)

[…] I think they went into October because it took longer to get everything in order: hardware production, iOS 5, iCloud. (Although I think iOS 5 could have been launched already, if they wanted to, based on the stability of the latest betas. It’s in good shape.)

     *     *     *

iPod Touch だけでは足りない

アップルの秋の音楽イベントはミュージックプレーヤ iPod を売るためのものだ。そのビジネスに iPhone が食い込んでいる。iPod 部門は iPod Touch によって支えられている。そもそもそれって電話のついていない iPhone なのだ。アップルがオーディオ iPod を売るのをやめるとは思わないが、「新しい iPod が出た!」ではニュースメディアも大衆の気もそそれないということをアップルだけでなくみんなが知っている。新しく必要なのは新しい iOS デバイスなのだ。

Apple’s music events were about selling music-playing iPods. The iPhone is cannibalizing that business; their whole iPod division is propped up by the Touch, which is really just a phone-less iPhone. I don’t think they’re going to stop selling audio iPods, but everyone knows, including Apple, that neither the news media nor the masses can get it up for “new iPods” any more. New iOS devices are what we can get it up for.

     *     *     *

2つの仮定

今年アップルが iPad を2回発表するかもしれないと2月に私が予想した日本語:こちらの Update 参照]のはそういうわけだ。2月に iPad 2、9月には Retina ディスプレイ iPad 2 みたいな新しいものが出ると考えたわけだ。そう考えたのには2つの仮定があった。

That’s why I took a guess back in February that Apple might announce two rounds of iPad hardware this year: an iPad 2 in February, and then a new one in September — say, an iPad 2 with a retina display. That was based on two assumptions:

1)アップルは例年の例にならい、次世代 iPhone を6月の WWDC で発表するだろう。

1. Apple would release a next-generation iPhone at WWDC in June, as per its previous annual schedule.

2)もしアップルが秋のイベントで高い期待値を維持しようとすれば、今年の「iPhone」のスペックを踏襲する iPod Touch よりもっとエキサイティングな何かを発表する必要がある。

2. Apple would need something more exciting than an iPod Touch based on the same specs as this year’s new iPhone to announce in the fall, if they wanted to maintain a high level of anticipation for the fall event annually.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイス

私の第1の仮定は明らかに間違っていた。しかし第2の仮定は今でも正しいと思っている。秋の発表にはビッグな iOS デバイスがアップルとしては必要だという考えだ。そのためにもうひとつ iPad が出るというのが私の推測だった。しかし今年は新しい iPad は出ない。それでもビッグな iOS デバイスの発表はあるのだ。

My first assumption obviously was wrong. The second one I still think was right. Apple needs a big iOS device announcement for the fall, is what I was thinking, and another iPad was my best guess. There is no new iPad coming this year, but there is a big iOS device announcement.

     *     *     *

より期待が増す状況

「iPhone 5」(その名前が何になろうと、またひとつだけでなく2つのモデルがあるとしても)を最初から秋に発表するつもりだったのか、それとも当初6月ないし7月を予定していたのがずれ込んだのか、アップルのトップ以外は誰も知らない。その理由が何だったにせよ、その間 iPhone の売れ行きが陰ることはなかった。それどころか、発表後3か月を経た古い「iPhone 5」のスペックをベースとする新 iPod Touch を待つだけだったかもしれないことを考えれば、次ぎに来るイベントにより期待が増すという状況が生まれているのだ。

No one outside Apple’s top ranks knows whether the iPhone 5 (or whatever they’re going to call it — or them, if there are two new models, not just one) was planned for a fall release all along, or whether it slipped and was originally intended for a June/July release. But whatever the reason, it hasn’t hurt iPhone sales in the interim, and it has created a situation where the company’s upcoming event is more anticipated than it would have been if we were only expecting a new iPod Touch based on specs from a three-month-old iPhone 5.

     *     *     *

クリスマスはずらせない

年末商戦の製品ラインアップを決める秋のイベントはアップルにとって大変重要だ。カレンダーの任意の日付が来たからではなく、準備が整ったときに新製品を発表するのをアップルとしては好む。アップルが Macworld Expo キーノートをやめたのはそういうわけだった。今年ソフトウェアだけの WWDC キーノートを恐れずやったのもそういうわけだ。しかしクリスマスだけはずらすわけにはいかない。毎期アップルは記録的利潤と収入を更新している。しかしアップル製品がいちばんよく売れるのは年末商戦なのだ。目に見えなくても iOS デバイスの至る所に「クリスマスプレゼント」と書かれているのだ。

The fall event is important for Apple because it’s the one where they set their product lineup for the holiday quarter. The company prefers to announce new products simply when they’re ready, not when some arbitrary date on the calendar arrives. That’s why they stopped doing Macworld Expo keynotes. They showed this year that they’re not afraid to do a software-only WWDC keynote. But they can’t move Christmas. Apple is breaking profit and revenue records quarter after quarter. But Apple’s best-selling products sell best during the holiday quarter. iOS devices have “Christmas gift” written all over them.

     *     *     *

iPad 2 に続く新 iOS デバイスとは・・・

今年にはいって9か月経ったというのに、アップルが発表した新 iOS デバイスは iPad 2 ひとつだけだ。さあ時間切れだ。筆を擱こう・・・

Nine months into the year and Apple has announced but a single new iOS device: the iPad 2. Time’s up, pencils down.

     *     *     *

ビッグな iOS デバイスとはいったい何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iOS 5 beta 4 ダウンロード]

このところアップル関連のニュースが怒濤のように続いている。

過去最高益の決算発表、新 OS Lion の発売、新型 MacBook Air と Mac mini の発売など。

そして次はいよいよ iOS 5 発売というわけ。

9to5Mac: “Apple prepares for iOS 5 launch: iOS 5 beta 4 is the first over-the-air update (works on 3G!)” by Mark Gurman: 22 July 2010

     *     *     *

デベロッパにシードされた iOS 5 beta 4

秋の iOS 5 公式発表(たぶん9月)を準備中のアップルは、OTA アップデート[over-the-air update:Wi-Fiシンク、ワイヤレスアップデート]対応の最新 iOS ベータを解き放った。ただし OTA アップデートは iOS 5 beta 3 にしか対応していない。OTA アップデートによって写真が削除され、再度物理的同期(physical re-sync)が必要になるとアップルは警告している。

As Apple prepares for its official iOS 5 launch in the fall (likely in September), the company has unleashed their latest iOS beta as on over-the-air update. This over the air process will only work for those running iOS 5 beta 3. Apple warns that doing an OTA update will delete your photos and will require a physical re-sync:

新しい部分:ソフトウェアの OTA アップデートが出来るのはベータ 3 からベータ 4 まで。アップデート後は iTunes に再度シンクして写真を復元する必要がある。

NEW: If you are doing a OTA software update from beta 3 to beta 4, you will need to re-sync your photos with iTunes.

iOS 5 には Notification Center による通知機能、iMessages、Newsstand などが含まれる。数週間前に明らかにしたように 3G でもワイヤレスアップデートが可能だ。

iOS 5 also includes all new notifications with Notification Center, iMessages, Newsstand, and more. OTA updates will come over 3G, as we revealed a few weeks ago.

追加:予想どおり Verizon の 3G でも可能だった!

Update: As expected, it works over 3G (on Verizon!!!)

     *     *     *

なお、iOS 5 beta 4 の詳細についてはこちらも参照のこと。

Apple seeds iOS 5 beta 4, iTunes 10.5 beta 4, Xcode 4.2 Developer Preview 4 | 9to5Mac

Apple’s full change log for iOS 5 beta 4 | BGR

     *     *     *

決算、Lion、マックと続く怒濤の発表ぶりを見ていると、本番を控えた露払いが済んで、次はいよいよ iOS 5 と iOS デバイスの番だという感じがひしひしと伝わってくる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[iPhone 5 ?:image

Update:iPad 3 はどうなる?》

今年の WWDC ではお預けとなった iPhone 5 だが、発表は9月になると Bloomberg がいっている。

Bloomberg: “Apple Preparing Faster IPhone for September” by By Tim Culpan, Peter Burrows and Adam Satariano: 22 June 2011

     *     *     *

iPhone 5 は9月に登場

事情に詳しい2人のソースによれば、アップルはより強力なチップと高性能カメラを搭載した新 iPhone を9月に出す計画だという。

Apple Inc. (AAPL) plans to introduce a new iPhone in September that boasts a stronger chip for processing data and a more advanced camera, according to two people familiar with the plans.

     *     *     *

A5 プロセッサ、8メガピクセルカメラ

匿名希望の2人のソースによれば、新しい iPhone は、強力な A5 プロセッサ(iPad 2 が使っているものと同じ)および8メガピクセルカメラ(iPhone 4 は5メガピクセル)を搭載することになるという。またソースのひとりは、iPhone 4 と同じ高解像度のスクリーンを使用した iPad の新モデルをアップルがテスト中だという。

The device will include the A5 processor, the more powerful chip that Apple added to the iPad 2 earlier this year, along with an 8-megapixel camera, up from the 5-megapixel model in the iPhone 4, said the people, who asked not to be identified because the details aren’t public. Apple is also testing a new version of the iPad that has a higher resolution screen, similar to the one now used in the iPhone 4, one of the people said.

     *     *     *

収入の半分を稼ぐ iPhone

アップルのベストセラーである iPhone は、前四半期の収入のほぼ半分にも達する。高速のチップを搭載することでデータのダウンロードの速度も速くなり、グーグル Android を搭載したサムスンなど他社の端末機への対抗にもなる。

The iPhone is Apple’s top seller, accounting for half of revenue last quarter. A faster chip will enable speedier data downloads and help the device vie with handsets being introduced by rivals such as Samsung Electronics Co. that are powered by Google Inc. (GOOG)’s Android software. […]

     *     *     *

コード名 Telluride

新しい iPhone は今月 WWDC で発表された iOS 5 を搭載することになる。ソースのひとりによれば、「Telluride」というコード名で呼ばれるこの OS は、すでに発表済みのメッセージやフォトシェアリングの進化機能を備え、すべてのモバイルデバイスで動くという。iPad、iPhone、iPod touch は昨年末まではそれぞれ異なるバージョンの iOS を使っていた。

The new phone will run the iOS 5 operating system Apple previewed at a developer’s conference this month. Codenamed “Telluride,” it will feature already-announced features such as improved messaging and photo-sharing, one person said. It’s also designed to run on all of Apple’s mobile devices, this person said. Until late last year, iPads, iPhones and iPod touches used slightly different versions of iOS.

     *     *     *

iOS 5 発売までずらした

アップルは次世代 iPhone 5 の発表を iOS 5 発売と同じ時期まで延期したのだと、このソースはいう。

Apple pushed back the release of the next iPhone — its fifth — to coincide with the release of the new iOS 5, the people said.

     *     *     *

廉価版 iPhone も

アップルはまた開発途上国向けに廉価版の iPhone を開発中であり、現在の iPhone 4 と同じようなチップとディスプレイを使ったものだ、とこのソースはいう。アップルが小型の廉価版を開発中であることは2月に話題になっている。

Apple is also working to finish a cheaper version of the iPhone aimed at attracting customers in developing countries, the people said. This device would use chips and displays of similar quality to today’s iPhone 4, the people said. Apple’s work on a smaller, lower-priced version of the device was discussed by people familiar with the matter in February.

     *     *     *

解像度が増す新 iPad

新しい iPad は、いまの iPad 2 より3割増のスクリーンの解像度を持ち、タッチスクリーンの反応もよくなると、ソースのひとりはいう。

The screen resolution on Apple’s new iPad would be about one-third higher than that of the iPad 2 and will boast a more responsive touchscreen, one of the people said.

     *     *     *

フォームファクタは現行モデルと同じ

新 iPhone の形状は iPhone 4 に非常によく似ているそうだ。

The new iPhone will closely resemble the iPhone 4, the people said.

     *     *     *

まったく新しいデザインになるというウワサ(ここここ)とは違って、現行モデルとあまり代わり映えのしないデザインのようだ。

Bloomberg が9月といっているところがミソか・・・

iPhone 5 についてはこれまでも様々な画像や情報がリークされているが、Know Your Mobile がこれまでのリーク画像を集めていておもしろい。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《Update》iPad 3 はどうなる?(6月23日)


[iPad 3 – Retina Display:image

大手の Bloomberg まで iPhone 5 のウワサを載せるようになった。

記事のライターの中に Peter Burrows の名前があることに注目した。Burrows が書いていた BusinessWeek[後に Bloomberg に吸収された]は、いつもウラ取りをした記事を載せていた。iPhone 5 もいよいよウワサの域を出たかと感じたわけ。

この記事については John Gruber も反応を示している。iPad に関する部分についてだが、次のように述べている。

Daring Fireball: “Bloomberg Apple Rumor Dump” by John Gruber: 22 June 2011

ハイレゾの部分は納得だが、3割増の部分は頂けない

Higher-res makes sense to me. “One-third higher” makes no sense to me.

Gruber がリンクしているのは彼が2月に書いた iPad 3 の予測記事だ。入院中のベッドで読んで強い印象を受けた記憶がある。9月という話を聞くたびにこの記事を思い出す。

長文の記事だが Gruber の基本的考え方に触れているので、この機会にサワリのところだけでも紹介しておきたい。

Daring Fireball: “The Next Six Months” by John Gruber: 09 February 2011

     *     *     *

パーソナル・コンピューティングの未来は今後の6か月で決まると Gruber はいう。「ポスト PC の時代」はすでに始まっている、iPad がその道をひたはしっているからだ。アップルに続くのは、グーグル、RIM、モトローラ、デル、サムスン、HP などだ。(マイクロソフトはない。)これから6か月後には、4つのタブレットのプラットフォームが競い合うことになる。iOS、 Android、WebOS、Playbook の4つというわけだ。

そこにアップルの新製品投入サイクル(クリスマス商戦を控えた9月に新 iPod ラインナップ、6月の WWDC で新 iPhone 発表するのがこれまでの常)を重ねるとどうなるか。

2011 年に出荷される iPad に関する Gruber の推測はつぎのように大胆なものだった。iPad 2 発表の1か月前ということを考えてもそのインパクトは大きい。

     *     *     *

2011 年の iPad 投入サイクル

2011 年の iPad 出荷計画に関する私の推測はつぎのとおり。

So, here’s my guess at Apple’s iPad plans for 2011:

iPad 2:もうすぐ。3月発表、4月第1週出荷か。より速く(RAM も、多分ストレージも増える)、より薄く、より軽く。カメラは前面に1台。iOS 4.3 搭載。

▪An iPad 2, fairly soon. Say, a March announcement, shipping in the first week of April. Faster, more RAM, maybe more storage, thinner and lighter, a front-facing camera.1 Running iOS 4.3.

iOS 5:3月のデベロッパ向けイベントで発表、出荷は6月。

iOS 5, announced at a developer event in March, shipping in June.

iPad 3:9月出荷、iPod イベントで発表。次世代 iPod Touch と同じく iOS 5.1 を搭載。

iPad 3, shipping in September, announced at the annual iPod event. Running iOS 5.1, same as the next-generation iPod Touch.

     *     *     *

ハイエンドモデル?

第2世代の iPad を投入して半年しか経たないのにどうしてアップルは第3世代の iPad を投入したりできるだろうか。それは次世代モデルというよりは iPad 2.5 ないしは iPad 2 Pro みたいなものかもしれない。iPad 2 モデル(現時点ではまだ発表されてはいないけれども)の次世代代替機(replacement)ではなく、むしろ iPad ファミリーのハイエンドモデルともいうべきものかもしれない。

How could Apple release a third-generation iPad just six months or so after the second one? Maybe it won’t be an actual next generation model. Maybe it’s more like an iPad 2.5, or iPad 2 Pro — a new higher-end model that sits atop the iPad product family, not a replacement for the iPad 2 models (which, of course, haven’t even been released yet).

     *     *     *

2倍の解像度?

それとも iPad 2 HD か? 次世代 iPad のディスプレイについて錯綜し、相矛盾したウワサがあるのもそのせいではないか。自分としては iPad 2 が現行モデルと同じサイズで同じ解像度のディスプレイになることは絶対間違いないと思っている。しかしその倍の解像度 2048 × 1536 の iPad が 2011年中に出るかどうかとなると自信はない。これは技術的に見て意欲的な出荷スケジュールだろうか? もちろんだ。しかしアップルは将来の部品(詳細不明)について40億ドルの投資をしている。Tim Cook が先期の決算報告で明らかにした。[iPad が Retina ディスプレイを搭載するのは意外と早いのではないか・・・]

Or: an iPad 2 HD. What if that’s the source of the conflicting reports of a retina display next-gen iPad? I am nearly dead certain the iPad 2 is going to have the same display resolution and size as the current iPad. I am not so sure at all, though, that there won’t be a double-resolution 2048 × 1536 iPad in 2011. Is that a technically aggressive release schedule? Absolutely. But Apple has invested $4 billion on some sort of unspecified components for future products. Tim Cook, during last month’s quarterly analyst call: […]

     *     *     *

マーケットポテンシャル

こういうと大言壮語に聞こえてしまうかもしれないが、マーケットにおける iPad と iPhone の潜在的可能性(market potential)は、これまでアップルが発表したいかなる製品よりも大きいと思う。二つともパーソナル・コンピューティングにおける次世代のマイクロソフトとインテルになるチャンスがある。ソフトウェアプラットフォームのベンダーとしても、ハードウェアメーカーとしても、大きく利益をあげる可能性がある。私の推論は非現実的で、現実より希望的観測に傾いているかもしれない。しかしアップルが同じ可能性を見て、大きく賭けていることは間違いない。アップルは可能な限り iPad のハードウェアスペックを高めるべくガソリンの最後の一滴まで使い切る覚悟だろう。

I don’t know how to say this without sounding hyperbolic, but the iPad and iPhone have more market potential than any products Apple has ever released. They have the chance to be both the Microsoft and the Intel of the next generation of personal computing — profiting, wildly, both as the software platform vendor and hardware seller. Maybe my guesswork here is unrealistic, and driven more by what I’d like to see than what I should actually expect. But I’m certain that Apple sees the potential and the high stakes. They’re not going to leave any gas in the tank pushing the iPad hardware specs forward as fast as they can.

     *     *     *

まだ iPad 2 すら発表されていないときだったが、この記事がきっかけで一気に iPad 3 のウワサが吹き出した。(こちらこちら

Retina Display についての彼の考え方も注目されるが、こちらは次の記事ををお読みください。

Daring Fireball: “Cold Water on the iPad 2 Retina Display Hype” by John Gruber: 18 January 2011

     *     *     *

その後大地震・大津波・原発事故が日本を襲った。

世界のサプライチェーンとして、日本でしか製造できない Retina ディスプレイなどの部品供給がどうなるか大きな注目を浴びた。

Gruber の思い描いたアップルの製品発表サイクルとてその影響を受けずにはおれない。

iPhone 5 の9月発表を Bloomberg まで口にするようになったところをみると、大震災前に Gruber が思い描いた方向へ動き出しているのかもしれない。

Read Full Post »


[iOS をまったく新しいレベルへ]

iPhone や iOS を考えるうえでおもしろい視点を Marco Arment が提供している。

Marco.org: “The iPhone feature-checklist steamroller” by Marco Arment: 12 June 2011

     *     *     *

機能チェックリスト

2007 年の iPhone 発表以来、多くの顧客が iPhone 購入を控えてきた。チェックリストで機能を比較すると実際に欠陥があったり、一見欠陥と見なされるものがあったりするためだ。

Since the iPhone’s release in 2007, many prospective buyers have declined to choose the iPhone because of a real or perceived shortcoming in its feature checklist.

     *     *     *

次から次へと

iOS や iPhone がアップデートされるたびに、アップルはチェックリストに欠けている機能をつぎからつぎへの加えてきた。まず最初は大物だ。販売価格、3G、GPS、コピー&ペースト、高度のセキュリティー機能、Exchange、マルチタスキングなど。最近では Verizon のサポートを追加したが、さらにはいずれかの時点で Sprint や T-Mobile がサポートされることになっても驚かない。

Every time iOS or the iPhone is updated, Apple picks away at that list. They started with the big ones: purchase price, 3G, GPS, copy and paste, advanced security features, Exchange, multitasking. More recently, they added Verizon support, and it wouldn’t surprise me to see them quietly hit Sprint and T-Mobile in the future, picking away at that list even further.

     *     *     *

iOS 5 にも

iOS 5 では多数の比較的マイナーな問題に対処した。通知機能、カメラへのクイックアクセスやハードウェアシャッターボタン、ワイヤレス同期、バックアップなど。通知の際に LED フラッシュがまたたくところまでアクセシビリティ設定に加えられた。たぶんチカチカする LED なしでは済まされぬ BlackBerry ユーザーへの受けを狙ったものだろう。

With iOS 5, they’ve hit tons of relatively minor shortcomings. Notifications. Quick camera access and a hardware shutter button. Wireless sync and backup. They’ve even added a preference to have the camera-flash LED blink on new notifications, supposedly as an accessibility feature, but also conveniently to appeal to BlackBerry owners addicted to that blinking LED.

     *     *     *

片っ端から

ライバルが持っている意味のありそうな強み(advantage)を、アップルは片っ端からつぶしている。しかもまだまだ終わりではないのだ。

Apple has steamrolled over almost every meaningful advantage that competitors have. And they’re not stopping.

     *     *     *

ハードウェアの好み

ハードウェアの好みはひと様々だ。一部のひとが iPhone を使おうとしないのはそのためだろうと私は考えてきた。ハードウェアキーボード、取り外し可能なバッテリー、フォームファクターの違い、あるいは相当安い価格まで。

There are lots of hardware preferences that I suspect will always be reasons why some people wouldn’t choose an iPhone, such as the demand for hardware keyboards, removable batteries, different form factors, or significantly cheaper prices.

     *     *     *

iPhone の顧客を増やすためなら

そんなチェックリストにアップルが加えようとしているものは非常に限られてはいるが未だある。一般的にいって、あることを「決してアップルがやらない」と考えるのは賢明ではない。iPhone の顧客を増やすためなら、よろこんでもっといろいろのことをやるだろう。それによって通常の優先事項が一時後回しになるにしても・・・

Very few major items are still on that list that I think Apple would actually change. But it’s usually unwise to say that Apple will “never” do something. And it looks like they’re willing to do quite a lot to get more iPhone customers, even if a change require temporarily suspending some of their usual priorities.

アップルが何かをやるかどうか予測するにあたっては、(それがアップルとしては「決してやらない」と思われる類いのものであっても)、iPhone の顧客を増やすことになるかどうかという点を考慮すべきだ。iPhone 顧客を増やすということは他の何にも勝る優先事項なのだ。

When speculating on what Apple will or won’t do, a change that gets them more iPhone customers is probably worth considering even if you think they’d “never” do it. iPhone customer acquisition is a higher priority than almost everything else.

     *     *     *

iPhone ユーザーを増やすことになるかどうかが大事と・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Paul Thurrott: Image

ウインドウズギーク Paul Thurrott が iOS と Lion について辛口コメントをしている。

2つとも3つ星評価(5つ星中)というきびしさだ。

SuperSite for Windows: “Apple iOS and Apple Mac OS X ‘Lion’” by Paul Thurrott: 08 June 2011

     *     *     *

iOS はコピー

アップルの iOS は、iPhone、iPod touch、iPad などベストセラーのほとんどで動くようになった。その意味で重要だ。一方かなり成熟してきたので、技術革新の度合いもスピードが落ちてきた。そこで便利な機能をますます意識的に他のモバイルプラットフォームからコピーしている。iOS 5 の新機能の主なものは Android や、BlackBerry、Windows Phone などからほとんどそのまま選びとってきたものだ。通知機能は動作も見かけも Windows Phone の通知と同じであり、それを真似した Android の Notification Center から持ってきたものだ。Twitter を統合しただって? 最初に Windows Phone で発表したのはマイクロソフトだ。(Facebook や LinkedIn の統合もやっている。)カメラを改良したのも Windows Phone そのままだ。分割できるバーチャルキーボードも数年前マイクロソフトの UltraMobile PC 製品で初めて登場した。iMessage? たしかにアップル特有だ。BlackBerry Messaging Service(BMS)のアップル版で、よく似た Windows Phone の機能ほどオープンでない。要すれば、iOS 5 は成熟しつつあり、このプラットフォームのユーザーにとっては好ましい変化だろう。しかしそれ以外のものにとっては、アップルが好んで口にする革新的なものというわけにはいかない。これまであったものに過ぎないということだ。iOS 5 は 2011 年末までは出荷しない。価格も、使用許可も今のところはっきりしない。

Apple’s iOS now runs on many of the world’s best-selling mobile devices—iPhones, iPod touches, and iPads—and as such it’s important. But it’s also getting pretty mature, so we’re seeing a slowing of innovation and a far more conscious copying of useful features from other mobile platforms. Most of the big new iOS 5 features are culled straight from Android, BlackBerry, and Windows Phone. The new notifications look and work like Windows Phone notifications and are managed from an Android-clone Notification Center. Twitter integration? Microsoft announced it first for Windows Phone (and has Facebook and LinkedIn integration, too). Camera improvements were lifted straight from Windows Phone, and the split virtual keyboard first appeared in Microsoft’s UltraMobile PC products several years ago. iMessage? It’s a proprietary, Apple-only version of the BlackBerry Messaging Service (BMS) and less open than a similar feature on Windows Phone. What this means is that iOS is maturing, and for those using this platform, these are all welcome changes. For the rest of the world, however, it’s been-there-done-that—not exactly the innovation message Apple likes to project. iOS 5 won’t ship until late 2011 and pricing and licensing is currently unknown.

     *     *     *

精彩を欠いた OS X

バグだらけの過去の Mac OS をより丈夫で信頼性のある Mac OS X に移行させるにあたって、アップルはマイナーで漸進的な(evolutionary)アップデートを10年かけて繰り返してきた。その最新のものが Mac OS X 10.7 “Lion” だ。いくつかの UI は iPad そのままで、功罪相半ばする。LaunchPad では起動アプリのアイコンがうんざりするほど並んでおり、やっとアップルはフルスクリーンアプリに対して統一的アプローチをとることになったわけだ。しかし Lion の他の部分をみれば、このデスクトップをベースとする OS が如何に疲労をきたしているかが分かる。増えすぎたウインドウにどう対処したらいいかユーザーに示す Mission Control も、アップルの最新の試みのひとつだ。それでもアップルは価格と使用許可についてはちゃんとやっている。Lion はたったの 29 ドル。シングルコピーから持っているすべてのマックにインストールできる。だがダウンロードオンリーで、直前のバージョン Snow Leopard をインストールしたものに限られる。だから、今後再インストールするにはまず Snow Leopard をインストールし、それから Lion をインストールする必要がある。全体として見れば、Lion はさほど変化していない。みんながマックを買うのはピカピカのハードウェアのためであって、精彩を欠いた OS X のユーザー体験のためではない。それは今でも変わらない。

Since making the transition from its buggy Mac OS past to the more durable and reliable Mac OS X, Apple has delivered a decade’s worth of minor, purely evolutionary updates, and Mac OS X 10.7 “Lion” is just the latest. Some UIs are pure iPad, and with mixed results: The LaunchPad provides a tedious grid of icons for launching apps, and Apple is finally adopting a cohesive approach to full-screen apps. But other Lion ideas simply speak to how tired this desktop-based OS has become: like Mission Control, the latest in a long list of Apple attempts at helping users manage an overabundance of windows. What Apple gets right, however, is pricing and licensing: Lion is just $29, and you can install a single copy of the system on as many Macs as you own. That said, it’s download-only, and an upgrade only for those users who have the previous OX version, Snow Leopard installed. So later system rebuilds will require you to install Snow Leopard first, then Lion. All in all, Lion doesn’t change much: People buy Macs for the beautiful hardware, not the lackluster OS X user experience. That’s still very much the case.

     *     *     *

辛口というよりケチョンケチョンだ。

アップルギークの John Gruber が反論する。

Daring Fireball: “Paul Thurrott on iOS 5 and Lion” by John Gruber: 14 June 2011

     *     *     *

iOS 5 について

「すぐれた機能は文字通り他のモバイルプラットフォームからコピーされたものだ。」

“Best features were literally copied from other mobile platforms.”

そのとおりだ。

True!

     *     *     *

Lion について:

「バグだらけの過去の Mac OS からより丈夫で信頼性のある Mac OS X に移行するにあたって、アップルはマイナーで漸進的なアップデートを10年かけて繰り返してきた。その最新のものが Mac OS X 10.7 “Lion” だ。」

“Since making the transition from its buggy Mac OS past to the more durable and reliable Mac OS X, Apple has delivered a decade’s worth of minor, purely evolutionary updates, and Mac OS X 10.7 “Lion” is just the latest.”

そのとおりだ。

True!

     *     *     *

マイナーで漸進的

論争のために意図的に敵対的な議論をしているのかもしれない。それとも、意図的に相手を貶すという意味ではよく出来ているというべきか。私の記憶するところ、メジャーな(ネコ科の名前の) Mac OS X アップグレードがあるたびに Thurrott は同じ議論を繰り返している。どのアップグレードも「マイナー」で「漸進的」(evolutionary)だという。ネコ科の名前が変わるような Mac OS X アップグレードのたびに Thurrott が繰り返すこの議論を見ると、アップルはセンセーショナルで非常に刺激的なリリースを出すことができない、あるいは出そうとしていないと Thurrott があてこすっているように感じる。そして、これらの「incremental な」(Thurrott にとってそう思える)アップグレードがあたかもメジャーで新しいアップグレードであるかのように、宣伝というトリックを使ってプレスや多数の熱心なアップルファンに信じこませているのだ、と・・・

One could argue that these are purposefully antagonistic ways of saying these things. Or, perhaps better said, purposefully belittling. With Mac OS X in particular, to my recollection, Thurrott has had this same take for every single major (i.e., new cat name) release. Every single one, he’s considered to be “minor” and “evolutionary”. The insinuation I always get from Thurrott’s takes on big-cat Mac OS X releases is that Apple can’t or at least doesn’t attempt sensational mind-blowing new releases, but yet through marketing trickery they convince the press and a large and ever-growing audience of enthusiastic fans of the company that these (to Thurrott’s mind) incremental upgrades are in fact sensational major new upgrades.

     *     *     *

一歩一歩前進する

つぎのことを指摘するに止めたい。Lion と Mac OS X(例えば Cheetah と)を並べて比べてみるがいい。どれほどすばらしいものになったか歓喜の涙にかきくれるだろう。これぞアップルのやり方なのだ。確実に、倦むことなく、一歩一歩前進する(incremental progres)のだ。

I’ll just say this. Compare Lion side-by-side with Mac OS X (“Cheetah”) and you’ll weep with joy at how much better it’s gotten. This is how Apple rolls — steady, relentless, incremental progress.

     *     *     *

ウインドウズギークとマックギークの激突だ。

罵り合いのことばこそないが、それぞれ強烈な指摘をしている。

異なる立場の議論が交錯するとき、問題の何たるかが見えて興味深い。アメリカのおもしろさだろう・・・

Gruber が挙げている彼の論考は再読に値する。

★ →[原文を見る:Paul Thurrott
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »

Jason Snell[Macworld.com]が WWDC を総括しているのがオモシロい。

これまでのアップルの過去の遺産(弱点)を清算し、意欲的な新しい一歩を踏み出したのが WWDC のキーノートだった。まるでゴッドファーザーの一場面を思い出させるようだったというのだ。

Macworld.com: “WWDC: Apple goes to the mattresses” by Jason Snell: 09 June 2011

     *     *     *

初めて iOS 5 を見直す

iOS は最初の iPhone が出荷された 2007 年以来のものだ。その後アップルは気が狂ったように次々と新しい機能を追加してきた。iOS 5 にも新しいものは多々ある。しかし 2007 年時点では意味があったけれど今日では明らかに時代遅れとなってしまった機能を、アップルが見直そうとしているように思えるのは今回が初めてではないか。

The iOS has been with us since the day the first iPhone shipped in 2007, and in the intervening years Apple has been furiously adding new features. With iOS 5 there’s still a lot that’s new, but it feels like the first time that Apple has doubled back to fix features that made sense back in 2007 but are clearly antiquated today.

     *     *     *

見直しリスト

現在の通知機能(push notification)は、別々のポップアップアラートが出たり、アンロックするとスタックがホームスクリーンから消えてしまうなどメチャクチャだ。しかし iOS 5 に Notification Center を取り入れたことで完全に見直された。Safari on the iPad はいまやタブ・ブラウジングをサポートする。Reminders アプリのおかげでとうとう To-Do リストもシステムサポートされた。カメラアプリも写真を撮るのにやっとハードウェアボタンが使えるようになった。修正され、見直されたものをリストアップすると非常に長いものになる。

The current system of push notifications (individual pop-up alerts and a stack on the home screen that’s dismissed when you unlock it) is a mess, but it’s been completely overhauled in iOS 5 with the introduction of Notification Center. Safari on the iPad now supports tabbed browsing. There’s finally a built-in to-do list, courtesy of the Reminders app. The Camera app finally lets you press a hardware button to take a picture. The list of fixes and re-thinks is remarkably long.

     *     *     *

最大の見直し iCloud

最大の見直しについてはまだ触れていないかった。iCloud、すなわちアップルのオンラインサービスの最直近の見直しだ。MobileMe が必ずしも失敗作だったわけではない。しかしそれとほとんど同じものを無料で提供する他のウェブサービスには太刀打ちできなかった。アップルファミリーの厄介者を片付けるには死んでもらうしかなかったのだ。

And I haven’t mentioned the biggest re-think of all: the latest reboot of Apple’s online service, iCloud. MobileMe wasn’t a bad product, though it always had a hard time competing with other web services that offered most of its functionality for free. But for Apple to settle all family business, it had to die.

     *     *     *

遅れていたセットアップ

Android フォンや HP WebOS フォンのセットアップは信じられないほどカンタンだ。ユーザー名とパスワードを入力するだけ。メールや住所録、カレンダーも自動的に設定される。電話を新しく替えるときは、古いデータは自動的に復旧される。iPhone や iPad の場合はもっと込み入ったことになる。iPhone/iPad ユーザーがすべて MobileMe を使っているわけではないからだ。99 ドル払った者だけの特権なのだ。

When you set up an Android phone or one running HP’s WebOS, getting up and running is incredibly easy: enter in your user name and password. Your e-mail, contacts, and calendars are automatically configured, and if you’re replacing an old phone, all your old data is automatically restored. The iPhone and iPad experience was much more complicated, because Apple couldn’t count on MobileMe being there for every iPhone and iPad user—only the ones who paid $99 for the privilege.

     *     *     *

iCloud ですべてが変わる

無料の iCloud ですべてが変わる。初めて使うとき iPhone を Mac につなぐようユーザーにいわなくても済む。セットアップはめちゃカンタンになる。アップル ID さえ入力すれば、住所録もブックマークも、メール、カレンダーやその他も自動的にアクセスできる。長い間 iOS の弱点とされてきたものがこれでなくなるのだ。

With iCloud being free, everything changes. Not only will this allow Apple to stop asking you to plug in your iPhone to a Mac before you use it, but it makes set-up vastly simpler. You can put in your Apple ID and automatically gain access to your address book, browser bookmarks, e-mail, calendars, and the rest. It boots one of iOS’s longstanding weaknesses right out the door.

     *     *     *

iCloud を中心に据えた

さらに重要なことは、iCloud を OS X および iOS と徹底的に統合したことにより、いまやハードウェア・ソフトウェア総合体(hardware/software synthesis)の一部となり、アップルが更なる偉大な製品を作ることを可能にする点だ。コアビジネスに加えてオンラインサービスを行なうことの意味を、アップルが理解していたかどうか私には分からない。しかし iCloud はアップルの付加的部分にはならないだろう。iPhone、iPad、Mac のすべてのユーザーが体験できる、アップル体験の普遍的部分になるのだ。

More importantly, deeply integrating iCloud into OS X and iOS means that it’s now part of the hardware/software synthesis that is at the core of Apple’s ability to build great products. I’m not sure Apple has ever understood what it means to be an online-services company, selling various online features off on the side of Apple’s core business. But iCloud isn’t going to be some ancillary part of Apple: it’s going to be everywhere, part of the experience of every iPhone, iPad, and Mac user.

     *     *     *

厳しい試練

これまでアップルのオンラインサービス(eWorld、iTools、.Mac、MobileMe)がパッとしなかったことを考えると、懸念はいくつもある。しかし iCloud は結局大成功に終わると思う。アップルを代表するフロントであり、中枢であり、脇役ではないからだ。いまや iCloud は OS や物理的ハードウェアと並ぶアップル製品の枢要な部分となった。それは隠しようのないことだ。iCloud の使い勝手(iCloud experience)は、アップルが造り出したすべての製品と同じように、これから厳しい試練を受けることになるのだ。

Given Apple’s shaky history with online services (eWorld, iTools, .Mac, MobileMe), this might be cause for some serious concern. But I think iCloud will end up being a big success, specifically because it’s now front and center, rather than off to the side. There’s nowhere for it to hide; iCloud will be just as much a part of Apple’s products as the operating systems and the physical hardware. The iCloud experience will be subject to the same brutal scrutiny as all the other aspects of Apple’s product-creation process.

     *     *     *

自ら選んだ道

途中さまざまな障害もあるかもしれないが、アップルはそれを乗り越えるだろう。いや、乗り越えなければならない。

There might be some bumps along the way, but I believe Apple will get this right. In fact, Apple must get this right.

これはアップルが自ら選んだ道だ。古い遺産を清算し、新たなビジネス路線を打ち出すのだ。その過程は流血の惨事とはならないだろうが、ゴッドファーザーですら分かるような攻撃的手法をとるだろう。

This is the path Apple has chosen: It’s getting rid of its old liabilities and striking out in bold new business directions. Although Apple tends to settle old scores without shedding as much blood, it’s still an aggressive approach that even the Godfather would have understood.

     *     *     *

盛りだくさんのイベントを咀嚼するのは大変だ。自分なりの考えをまとめるには時間がかかる。

おもしろい意見もぼつぼつ出てきそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »