Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Infrastructural Computing’


[モバイルの利益を手にしたのは誰?:image

Horace Dediu が非常に興味深い分析をしている。

冒頭の図表はすこし見にくいが、「Incumbents」(既存大手)と「Entrants」(新規参入)に着目すると図表のいわんとするところが見えてくる。営業収益(縦軸)を独占していた既存大手が、2007 年以降はすっかり新規参入に食われてしまうという図式だ。

2007 年までは既存大手(ノキア、サムスン、LG、モトローラ、ソニー・エリクソン)が獅子の分け前を手中にしていた。当時スマートフォンを出したばかりの新規参入組(RIM、HTC)はほんの少ししかその分け前に与れなかった。

asymco: “Revolutionary User Interfaces” by Horace Dediu: 03 November 2011

     *     *     *

2007 年を境に

2007 年にあることが起きた。それが業界を一変させた。気付くのに数年かかったが、気がついたときは既存大手が財政危機に瀕するほどになっていた。

In 2007 something happened which changed the industry. It took a few years to even realize it was happening but by the time it was obvious, it had changed to such a degree that huge companies found themselves in financial distress. This chart illustrates the effect.

     *     *     *

モバイルプラットフォームの競争

既存大手端末メーカー間の競争だったものが、数年もしないうちにモバイルプラットフォームの競争となり、既存大手は次第にハードウェア統合者(hardware integrator)という損な役割を担わされることになった。モトローラは検索会社に吸収され、ソニー・エリクソンは家電会社に吸収された。ノキアは存立の危機を迎え、プラットフォーム自体を放棄した。LG の電話部門には買収話が起きている。サムスンは堅調だが、それもソフトウェアサプライヤー次第だ。新規参入ですら苦境に立っている。一番古手のスマートフォンの会社 RIM は、簿価より低い価格で取引され、2004 年のレベルまで落ち込んだ。Palm は消滅した。

In a few short years the rivalry between incumbent handset makers has evolved into a rivalry between mobile platforms where the incumbents were caught in an increasingly unprofitable role of hardware integrators. Motorola is now being absorbed by a search company. Sony Ericsson is being absorbed into a consumer electronics company. Nokia is going through a potentially existential crisis and even abandoned its platform. Acquisition talk surrounds LG’s phone efforts. Samsung is prosperous but sill at the mercy of its software suppliers. Even the entrants are starting to feel beleaguered. RIM, the oldest pure play smartphone company is trading below book value and has regressed in value to 2004 levels. Palm evaporated. […]

     *     *     *

何故みんなが同時に失敗したのか

巨大で、強力で、スマートな複数の会社で何故こんなことが起きたのか?

How did large, powerful, smart companies let this happen?

携帯電話が音声モバイルからモバイルコンピューティングへ移行するのがはっきりと見てとれるにも関わらず起きた。この転換は「ひととひとをつなぐ」ことから「ひととデータをつなぐ」競争の中で起きたが、破壊的な威力があるという意味で典型的だった。失敗したのは個々の経営陣のせいだと考えたひとが多い。多分それもある。でもそれなら何故みんなは同じ時期に失敗したのか?

It happened despite having a clear, front row view of the transition of the industry from mobile voice to mobile computing. The shift in the basis of competition from “connecting people” to “connecting people to data” ended up being a classic disruptive trap. Many will argue that it was the failing of individual managers. Perhaps, but how did they conspire to fail simultaneously?

     *     *     *

崩壊の原因は何か

業界が崩壊するのを見て、その原因は何か、そのカギとなった魔法の力ないしは出来事 — ダビデが巨人ゴリアテを打ち負かした伝説の投石器(スリングショット)のように弱者が強者を倒すそんな力 — はいったい何だろうと考えるのは当然だ。

When you see disruption happening, it’s natural to seek out a cause, a pivotal magical “force” or event that enabled the weak to humble the strong–the proverbial sling that enabled David to defeat Goliath.

     *     *     *

入力方式の変化


[入力方式の変化がもたらすもの:image

私の仮説はこうだ。業界の収益が既存大手から新規参入へとシフトした根本原因は、新しい入力方式(input method)がもたらした破壊的影響力にあったのだと。Steve Jobs が 2007年1月の iPhone 発表で使ったスライドをその例として上に掲げた。

My hypothesis is that The Primary Cause for the shift of profits from Incumbents to Entrants has been the disruptive impact of a new input method. I illustrated this with the help of the January 2007 slide presented by Steve Jobs at the launch of iPhone.

     *     *     *

新しいプラットフォームと新しいビジネスモデル

それぞれの入力方式は、混乱だけでなく、新しいプラットフォームと新しいビジネスモデルをもたらした。新しい入力方式という「投石器」は、歴史的な会社をいくつも血祭りに上げた。大型計算機およびミニコンピュータ、家電大手、そして今度は通信事業者だ。

Each new input method led to not just a disruption but new platforms and new business models. Each new “sling” victimized a set of historic companies. Mainframe and minicomputers, consumer electronics giants and now telecoms.

     *     *     *

高速ネットワーク + 強力プロセッサ

ダビデの投石器がそうであるように、これらのテクノロジーもそれ自体は十分強力とはいえない。しかし使われ方次第で予期せぬ壊滅的影響をもたらすのだ。静電容量式タッチセンサー(capacitive touch)は卓上機器の場合より携帯機器で用いる方が破壊的威力がある。さらに高速モバイルネットワークや強力かつ効率的なマイクロプロセッサと組み合わせれば、それは大きな力となる。

Just like David’s sling, these technologies are not powerful in and of themselves, but rather, the way they are used makes them unpredictably sinister. The context of using capacitive touch on a handheld device rather than on a table-top makes it disruptive. Coupling it with high-speed mobile networks and powerful but efficient microprocessors made it into a force.

     *     *     *

革命的ユーザーインターフェイス:RUI

誰でもみな知っていることだ。その結果と影響を誰もが感じ、推し量っている。賢明な投資家は次なるシフトに的を絞るべきだ。上の図から見る限り、「RUI」[革命的ユーザーインターフェイス:Revolutionary User Interfaces]のサイクルの間隔は短くなっている。マルチタッチが導入されてからすでに5年になる。次なる RUI はもう始まっているのだろうか? Siri が次なる RUI だろうか?

That is now ancient history. The consequences and repercussions are still being felt and weighed, but the smart money should be focusing on the next shift. From the time frame in the diagram above, it’s clear that the cycle time between “Revolutionary User Interfaces” is shrinking. It’s been five years since multi-touch. Is the next “RUI” already here? Is Siri the next RUI?

     *     *     *

Siri をどう考えるか

Siri についてはいろいろな意見がある。

There are many things going for it:

1)まだ十分とはいえない。
2)失望した頭のいいひとたちがたくさんいる。
3)ライバルは否定的だ。
4)これまでのような高価なスマートフォンでなくても使える。ローカルおよびクラウドコンピューティングを組み合わせてユーザーの問題を解決するから。
5)要するに「非対称的」[?]なのだ。

1. It’s not good enough
2. There are many smart people who are disappointed by it
3. Competitors are dismissive
4. It does not need a traditional, expensive smartphone to run but it uses a combination of local and cloud computing to solve the user’s problem.
5. It is, in a word, asymmetric.

     *     *     *

Siri についての仮説

Siri について私は次のような大胆な仮説を立てている。プラットフォームを搭載したデバイス間の競争だったものが、スーパープラットフォーム(ブロードバンド)とインフラストラクチャコンピューティングを統合したデバイスの間の競争へと移行しているという仮説だ。

My disruptive hypothesis for Siri is that it shifts the competition from platforms positioned on a device to a “coupled” super-platform dependent on broadband and infrastructural computing.

十分なデータを集め、その意味するところを観察した結果、またもや大きな変化が起きようとしているのは間違いないと思う。

Just after collecting enough data and observing patterns in it that give us clarity, It looks like things are about to change all over again.

     *     *     *

Horace Dediu の分析はいつもオモシロい。

データに事実を語らせるのがうまいと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »