Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘In-app Purchase’

a_billion_thanks

[A billion thanks]

自らも優れたプログラマーである Marco Arment が iOS アプリの価格のあり方について心情を吐露している

Marco.org: “Underscore Price Dynamics” by Marco Arment: 28 September 2013

     *     *     *

たかがチッポケな電話アプリ

信じられないほど多くのひとが次のようにいうのをこれまで何度も聞いてきた。

[…] but you would not believe how many people I’ve met over the last few years who have said the exact same things to me. This is definitely the majority opinion:

・iOS アプリに数ドル以上の価値があると考えるひとは誰もいない。(たったそれだけの価値ですら。)たかがチッポケな電話アプリじゃないかというワケだ。

– Nobody thinks iOS software is worth more than a few dollars, if even that much. It’s “just” a little app on a phone.

・有料アプリを見つけたらまずタダのバージョンを探すひとがほとんどだ。(たいていの場合何かひとつは見つかる。)iPhone や iPad いっぱいのアプリを持っていても有料アプリはひとつも買ったことのないひとがたくさんいる。

– Almost everyone, when presented with a paid-up-front app, will first seek a free alternative. (Usually, they’ll find one.) Many people with iPhones and iPads full of apps have never bought a single paid-up-front one.

・ユーザーは(これまでのバージョンを引っ込めて、新しく別の有料バージョンを出すという)有料アップグレードが大嫌いだ。

– Customers hate the current method of paid “upgrades” (pulling the previous version from the store and putting up a new, separate paid-up-front app).

・しかしアプリ内課金についてはそれほど反発はない。

– These objections don’t apply nearly as much to in-app purchase.

     *     *     *

有料アプリの時代は終わった

ひとつだけハッキリしていることがある。一般ユーザーが前払いでアプリを買った時代は終わったということだ。もしアナタが有料アプリを買っていたら、それは不吉な前兆かもしれない。

I’m sure of one thing, though: the market for paid-up-front apps appealing to mass consumers is gone. If you have paid apps in the store, you’ve probably seen the writing on the wall for a while.

このモデルはアプリがあまり多くなかった時代は意味があった。しかし今ではどんなことにもごまんとタダでそれなりに使えるアプリがある。もう時代は変わっているのだ。ニッチなマーケットを対象とするアプリにはそれでもまだカネを払ってくれるユーザーがいるかもしれず、タダのものより良ければ生き延びれる。しかしそんなアプリの数はどんどん減っている。

That model made sense when there were fewer apps available, but now that there are plenty of free and good-enough versions of almost anything, it’s a different game. Apps targeting niche markets can still find enough paying customers to stay alive if they’re much better than any free alternatives, but the number of apps in that situation is always shrinking.

     *     *     *

アップルが有料アップグレードに関心を持たない理由

アップルがアプリの有料アップグレードに関心を持たない本当の理由はそこにある — 顧客からの要求がないということだ。無料アプリは有料アプリの何層倍もダウンロードされるのがマーケットの常だ。無料アプリでアプリ内課金をうまく使った方がよりカネが稼げる。時が経つにつれてこの傾向は一層強く、ハッキリしてくるだろう。

This is the real reason why Apple doesn’t care about upgrade pricing: there’s no demand from customers. The market has shown that free apps will be downloaded at least an order of magnitude more than paid-up-front apps, and smart use of in-app purchase in a free app is likely to make more money. Over time, this trend has only become stronger and more clear.

     *     *     *

十分善戦した

iOS の有料アプリは十分善戦した。しかしそれも終わりだ。新しいやり方を考えるときだ。

Paid-up-front iOS apps had a great run, but it’s over. Time to make other plans.

     *     *     *

良くも悪しくもユーザーがアプリのあり方を決める。

優れたアプリ開発者である Marco Arment のいうことだけに考えさせられる。

John Gruber とその仲間が出した「Vesper」でデバイス間の Sync が可能になったとき、彼らは有料アップグレード方式をとるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

Update:子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ》

Bristol_boy

[タダだからクリックしただけなのに・・・:photo

小さいお子さんのいる親御さんはご用心、ご用心・・・

アプリ内課金に引っかかった子供が10分間で 1700 ポンド[24 万円]も使ってしまったというお話。

Gizmodo UK: “Apple Refunds Parents After Kid Blows £1,700 on In-Game Purchases in 10 Minutes” by Gary Cutlack: 01 March 2013

     *     *     *

無料ゲームに仕掛けられたワナ

子供を餌食にしようとゲームの中に仕掛けられた実に恥知らずなアプリ内課金の話がニュースのヘッドラインを飾ってしまった。5歳の少年がゲームに仕掛けられた 69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のガラクタを集めに集めて、なんと 1710.43 ポンド[24 万円]も使ってしまったのだ。

The absolutely shameless notion of in-app purchases inside games aimed at kids has hit the headlines big time, after one five-year-old boy managed to spend £1,710.43 on miserable £69.99 bundles of in-game junk.

     *     *     *

「Zombie v Ninja」

少年の名は Danny Kitchen。ゲームの名前は「Zombie v Ninja」で、iTunes から無料でダウンロードできる。無料ゲームであることを確認した両親は Danny 君のために iTunes のパスワードを入力してやった。で、Danny 君はそのまま支払いを続けてしまったというワケ。

The boy in question is called Danny Kitchen. The game is Zombie v Ninja, which is “free” for download on iTunes. When he asked for the iTunes password Danny’s parents typed it in, saying they were reassured by the fact that the game was listed as being free, so left him to get on with playing the thing.

     *     *     *

キーや武器セットを集めると

Danny 君は映画『マイナー・ブラザース/史上最大の賭け』(Brewster’s Millions)みたいに、69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のキーや武器セットを気が狂ったように買い続け、その結果ママにとんでもないクレジットカードの請求がきてしまったというワケ。それを知ったとき「ボクはとても心配で悲しかった」という。そして「もう iPad は使わせてもらえないんだ」と。

Danny then went in-app purchase bonkers in a Brewster’s Millions style, buying loads of the £69.99 in-game keys and weapon packs, and racking up an enormous credit card bill for his mum. “I was worried and I felt sad,” said Danny, when he found out, adding: “I’m banned from the iPad now.”

     *     *     *

払い戻しに応じたアップル

アップルはこのカネの払い戻しに合意した。アップルがそうしたことはいいことだが、ゲームメーカーが子供からカネをむしり取ろうと 69.99 ポンド[9800 円強]もするゴミをゲームの中に仕掛けることのないようにさせたらもっとよかったのに。これってクリスマスのクラッカーを鳴らしたら、税金の請求書とイバラの冠が中から出てくるみたいなヒドい話だ。

Apple has agreed to refund the money. While it’s nice of Apple to do that, it would be nicer still if it stopped publishers putting abysmal, money-grabbing bundles of £69.99 crap in games aimed at children. It’s like pulling a Christmas cracker and finding a Council Tax bill and a crown of thorns inside.

[via BBC

     *     *     *

無料のゲームにそんなワナを仕掛けることも出来るのか!

くれぐれもペアレンタルコントロールはお忘れなく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ(3月3日)

子供をもつ親にとって moto_maka 氏の「子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ」は必見だ。

ちゃんと「iOSでアプリ内課金等を制限する方法」もあるのですね。

・iOSでアプリ内課金等を制限する方法

「設定」「一般」「機能制限」
「App内での購入」をオフにする

もっとも筆者の iPhone では、すべての機能がオンになっていていじれないのはどうしてだろう? → gen59 さん、ヘルプのコメントありがとうございました。]

また、ガジェットさん家 氏の「子供『iPadで遊んでいい?』 ママ『いいわよ~』→20万円の請求」も参考になる。

クレジットカードを使わずに iTunes Store、App Store、iBookstore、および Mac App Store アカウントを作成する方法」があるなんて知らなかった。

子供に iPhone や iPad を持たせる親だけでなく、大人自身にもいろいろ勉強しなければならないことがあるようだ。

Read Full Post »


パテント・トロール:Lodsys

アプリ内課金のライセンス料を iOS デベロッパに要求しようとする Lodsys のパテント・トロール[patent troll:特許恐喝、特許ゴロ、特許荒らし]が物議をかもしている。

デベロッパのひとりは Lodsys をプレデターと呼ぶほどだ。

ついにアップルが腰を上げた。

The Loop: “Apple says developers are licensed for Lodsys patents” by Jim Dalrymple: 23 May 2011

     *     *     *

議論の余地はない

アップルは5月23日(月曜日)付けの Lodsys に対する手紙[全文]で、Lodsys がアプリ開発者に同社の技術をライセンスするよう要求した手紙を撤回することを求めた。

In a letter sent to Lodsys on Monday, Apple asked that the company withdraw letters sent to app developers demanding they license the technology.

「アップルがこれら特許のライセンスを受けていること、およびアプリ開発者(App Makers)がそのライセンスにより保護されていることに議論の余地はない。」と Bruce Sewell[アップル上級副社長・法律顧問]は述べている。

“Apple is undisputedly licensed to these patents and the App Makers are protected by that license,” wrote Bruce Sewell, Apple Senior Vice President and General Counsel.

     *     *     *

アプリ内課金を可能にする技術

Lodsys は複数の iOS デベロッパに対し 2011 年5月13日付けで、彼らがアプリ内課金を可能にする Lodsys の技術をライセンスすべきとの手紙を送りつけた。しかしデベロッパたちは、アップルが同ライセンスを取得してそれをアプリ内課金を行なう方法として提供している以上デベロッパはそれを利用できるはずだと考えた。

Lodsys sent a letter to several Apple iOS developers on May 13, 2011 claiming that they had to license the company’s technology, which allowed for in-app purchases. However, developers felt that because Apple licensed the technology and offered it as a way to provide its users with in-app purchases, they should be able to use it.

アップルも同じ考えだ。

Apple feels the same way.

     *     *     *

アプリ開発者は保護される

Sewell の手紙によれば、「したがって貴社の手紙が問題としている技術は、アップルがアプリ開発者に対し提供するため Lodsys からライセンスしたものであることは明確である。これらのライセンスを受けた製品およびサービス、すなわちアップル自身がライセンスを受けたハードウェア、ソフトウェア、API、メモリー、サーバーおよび App Store を含むインターフェイスを利用することによって、アプリ開発者がエンドユーザーと連絡をとることことが可能になる。アップルがかかる技術をアプリ開発者に提供するというライセンスを Lodsys から取得しているのだから、アプリ開発者は Lodsys が主張するような特許権侵害なしに同技術を利用する権利がある。」

“Thus the technology that is targeted in your notice letters is technology that Apple is expressly licensed under the Lodsys patents to offer to Apple’s App Makers,” wrote Sewell. “These licensed products and services enable Apple’s App Makers to communicate with end users through the use of Apple’s own licensed hardware, software, APIs, memory, servers, and interfaces, including Apple’s App Store. Because Apple is licensed under Lodsys’ patents to offer such technology to its App Makers, the App Makers are entitled to use this technology free from any infringement claims by Lodsys.”

     *     *     *

アップル法務が乗り出したことで、Lodsys の「脅迫状」を受け取ったデベロッパの間では安堵の気持ちが漂っているようだ。

Lodsys に対して終始批判的で、Lodsys を「寄生虫」と呼ぶ John Gruber はつぎのように述べている。

Daring Fireball: “Measure Twice, Cut Once” by John Gruber: 23 May 2011

いつものパターン

iOS デベロッパを特許侵害で脅していた Lodsys に対し、アップルが今日発出した回答はいつものパターンにそったものだ。

Apple’s response today to the Lodsys patent threat against iOS developers is another example that indicates a consistent pattern:

1)アップルに関係する問題が起きる。
2)途端に大騒ぎとなり、様々な憶測がなされる。
3)一、二週間後アップルの答えがでる。一旦出た答えは断固として反論の余地がないものだ。

1. An Apple-related crisis or problem occurs.
2. There’s an immediate flurry of news coverage and speculation.
3. A week or more passes before Apple responds, but when they do, they do so decisively.

     *     *     *

今度はこれだ

iPhone 4 の「アンテナゲート」も、iOS の位置情報プライバシーも同じパターンだった。そして今度はこれだ。Lodsys が iOS デベロッパに対し脅迫状を送り始めてからたったの10日だ。その間に2度の週末も含まれる。それでも Lodsys の脅迫状を受け取った複数の友人たちの話から、この10日間が長い10日間だったことを知っている。訴訟はやっかいない問題だ。それに App Store はアップルの最も重要な資産だ。

Same pattern for the iPhone 4 “antennagate”, the iOS location-logging database, and now this. It has only been 10 days since Lodsys began sending its threats to iOS developers, and that includes two weekends. I know from talking to several friends who were on the receiving end of Lodsys’s threats that those were a long 10 days, but still. Litigation is serious business, and the App Store is one of Apple’s crown jewels.

     *     *     *

確信をもって

アップルのポリシーは危機に対しては確信をもって(少なくとも可能な限りの確信をもって)臨むことだ。確信を持つためには時間がかかる。アップル広報がくだらぬ文言を垂れ流すこともない。まずは沈黙、そして答えだ。このやり方はうまくいっているのではないだろうか・・・

Apple’s policy is to respond to a crisis with certainty, or at least as much certainty as can be mustered. Certainty takes time. No drip, drip, drip of vapid PR statements. Just silence, then an answer. Seems to be working out pretty well for them.

     *     *     *

ユーザーの不満・不安にどう応えるか・・・

★ →[原文を見る:Jim Dalrymple
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »