Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Idea’

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

Design Museum の スピーチには、Jony Ive のデザイン哲学が凝縮されている。

今回はアイデアがいかにもろいかという点について・・・

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

アイデアが生まれる創造的プロセス

On the creative process

「長年この仕事に携われてとても幸せだと思います。それでもなおこれは類い稀なプロセスだと思います。無から産み出すプロセスです。一歩退いて考えればとても奇妙ですらあります。水曜午後3時には何もありません。まったく何もありません。ところが5時になってアイデアが生まれるのです。」

“I’ve been lucky enough to have been doing this for a while now. But I still think it’s the most extraordinary process. The way that it comes from nothing. When you step back and you think about it, it’s bizarre, that it’s Wednesday afternoon at 3 and there’s nothing. There is nothing at all. And then at 5, there’s an idea.

     *     *     *

アイデアを文章にする

「そのアイデアから幾つかの文章を引き出します。とても繊細でもろいプロセスです。物体と違って文章はふっと消えてしまいやすいからです。」

“You can distill that idea into a few sentences. It’s a very fragile process, because sentences are sometimes easier to mess up than an object.

     *     *     *

難しいのはアイデアではない

「1年を終えるころには、最初の小さな決定がまったく異なった製品になることが明らかになります。アイデアを思いついた当初はとくに、とてつもない自制心をもって誠心誠意耳を傾けねばなりません。かかる決定を行なえば非常に異なる結果になることを理解するためです。これこそ自分がプロダクトデザインに関わることが好きな理由です。いつも初めは会話やちょっとした思いつきから始まるのです。」

“By the time we get to the end of the year, a small decision that you made right at the beginning defines an entirely different product. Particularly at the beginning of ideas, we have to have incredible discipline to listen really hard. To realise we can end up somewhere very different if we make these decisions. This is part of what I like about being involved in product design – it always starts off as a conversation and a thought.

     *     *     *

アイデアに実体を与えて具体的なモノにする

「アイデアを思いつくや、皆の前に立って、その漠然とした思いつきを説明できる・・・そんなひとを私は知りません。アイデアは他のひとが入る余地のないほど排他的で、かつもろいものです。アイデアを具現化する具体的なモノを作って初めてすべてが変わるのです。これはもっとも根源的な変化です。なぜならもはや思いついたひとに限定されないからです。オープンになり、解釈を加えることが可能になります。実際に存在するものになり、多くのひとが関われるのです。もっとも難しいのはアイデアではありません。それを実際に現実のモノにすることです。アイデアに実体を与えること、それが非常に難しいのです。」

“I don’t know anybody who has just had an idea and then will stand up in front of a group of people and try to explain this vague thought. So it tends to be exclusive and fragile. When you make the very first physical manifestation of what the idea was, everything changes. It’s the most profound shift. Because it’s not exclusive any more. It’s not so open to interpretation. It’s there, and it includes a lot of people. The ideas aren’t the most difficult bit. It’s the actually making them real. Giving an idea body is very hard.”

     *     *     *

はかなくもろいアイデアをどうやって誰もが理解できる具体的なモノに変えるか・・・Jony Ive がモノ作りにこだわる理由はこれだろう。

そんなアイデアの創造的プロセスを一番よく理解していたのはジョブズだったに違いない・・・

Read Full Post »

Update:Android GUI だって・・・》


[Google Phone:image

グーグル対オラクルの裁判がきっかけで興味深い事実が浮上している。

The Verge が掲載したグーグルフォンのプロトタイプ画像だ。2006 年のデザインだという。

The Verge: “This was the original ‘Google Phone’ presented in 2006” by Chris Ziegler: 25 April 2012

     *     *     *

タッチスクリーンのアイデアはなかった

[この電話には]最低限必要なスペックとして2つのソフトキーのメニューが含まれていることから、当時の計画にタッチスクリーンがまったく含まれていなかったことが分かる。

The baseline specs required two soft menu keys, indicating that touchscreens weren’t really in the plan at all

     *     *     *

この画像を見て Buster Heine[Cult of Mac]いわく:

Cult of Mac: “This Original Google Concept Phone Is Further Proof That Android Just Ripped Off Apple” by Buster Heine: 25 April 2012

     *     *     *

なぜ怒るのか分かる気がする


[Google Phone のビフォー&アフター:image

このコンセプトデザインを見て、なぜアップルがグーグルに盗まれたといってカンカンに怒るのか少し分かった気がする。アップルの作るスマートフォンを見るまで、グーグルには iPhone みたいなものを作る計画はまったくなかったのだ。この 2006 年のコンセプトデザインを見れば、グーグルが盗もうとしていたのは Blackberry だったことが分かる。その後 iPhone を見て、アップルのハードとソフトを盗む方がずっといいと考えたのだ。

After seeing these concept drawings, I can understand a little bit more why Apple feels so pissed off that Google ripped them off. Google never planned to make anything that looked like an iPhone until they saw Apple’s version of the smartphone. Their 2006 concept drawings show they were trying to rip off Blackberry, then once they saw the iPhone they realized it was a better idea to just rip off Apple’s hardware and software.

     *     *     *

John Gruber もチクリとひとこと:

Daring Fireball: “The Original ‘Google Phone’ Presented in 2006” by John Gruber: 25 April 2012

     *     *     *

タッチスクリーンのアイデアはどこから?

タッチスクリーンをメインにしようなんて考えはそもそもどこから来たんだろうねえ?

Wonder where they got the idea to emphasize touchscreens?

     *     *     *

Android フォンに対するアップルの影響は語られて久しいが、まさか別な裁判からこんなものが浮上するとは考えもしなかったに違いない。

グーグルに対する Steve Jobs の怒りの激しさを解くカギはここらあたりにありそうだ・・・

★ →[プロトタイプデザインを見る:Google Concept Phone

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Android GUI だって・・・(4月27日)

The Verge が Android のユーザーインターフェイスについても同じような記事を載せている。これもまたグーグル対オラクル裁判から明らかになったものだ。

John Gruber がこれまた違った視点からこの話を総括している。

Daring Fireball: “Android in Early 2007 Looked Very Different Than It Does Today” by John Gruber: 26 April 2012

     *     *     *

iPhone が登場する前の Android GUI

2007 年初期の Android は今日のものとは非常に違っている

Android in Early 2007 Looked Very Different Than It Does Today

どこか Windows Mobile 5 を思わせる。今日我々が知っている Android とはまったく似ていない。

Reminiscent in some ways of Windows Mobile 5. Doesn’t remind me at all of Android as we know it.

そのことがなぜ重要なのか? Android は iPhone の盗用だという類いの議論はさておこう。(もちろんそうではあるが・・・。)正義感や正当性についての感情もさておこう。iPhone を見てしまった後に、Android チームがこれまでのコースを変えて iPhone をマネせずにいることができただろうか? Wired マガジンが 1996 年に引用した Steve Jobs[がゼロックス PARC を訪れたとき]の話は次のようなものだ。

Why does this matter? Let’s forget about any sort of argument about whether Android is a rip-off of the iPhone. Of course it is. Put aside any sense of justice or righteousness. How could the Android team not change course and copy the iPhone after they’d seen it? Steve Jobs, quoted in Wired magazine back in 1996:

私が見たグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI:graphical user interface)はごく初歩的なものだった。しかし10分もしないうちに、世界中のコンピュータがいつかはこうなるということがハッキリ分かった。そうなるまで何年かかるか、その過程で誰が勝者になり誰が敗者になるのか、そういったことについては議論があるかもしれない。しかしすべてのコンピュータがいずれこうなることは議論の余地もないことだ。

I saw a very rudimentary graphical user interface. It wasn’t complete. It wasn’t quite right. But within 10 minutes, it was obvious that every computer in the world would work this way someday. And you could argue about the number of years it would take, and you could argue about who would be the winners and the losers, but I don’t think you could argue that every computer in the world wouldn’t eventually work this way.

コンピュータにとってマウス/ウインドウ GUI が果たした役割を、iPhone タッチスクリーンがモバイルコンピュータに対して果たすのだ。

What the mouse/windows GUI was to computing, the iPhone touchscreen is to mobile computing.

私にとっては技術的側面の話がもっと興味深い。もしこれが 2007 年時点における彼らの技術であったとしたら、iPhone のスムーズさ、きびきびしたタッチ反応、グラフィック処理フレームレートの高さに追いつこうと Android が悪戦苦闘したのも頷ける。Android もこの5年間で遥か遠くまで来たものだ・・・

What’s more interesting to me is the technical story. It’s no wonder Android has struggled to match the smoothness, touch responsiveness, and high-frame-rate graphics of the iPhone, given that this is where they were in 2007. They’ve come remarkably far in five years.

     *     *     *

革新的技術は、一旦目にしたエンジニアなら誰でも虜(とりこ)になる・・・

Read Full Post »