Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘HTC’

phonedesigncomparo
[みんなアップルのマネをする:image

James Allworth のサムスン脅威論のつづき

今回はデザインはコモディティ化してしまったという視点から・・・

asymco: “The real threat that Samsung poses to Apple” by James Allworth: December 2012

     *     *     *

John Gruber の論点のポイント

アップルのデザインがいかに優れたものであっても、ライバルに遥か先んじ、持続できる強みをもたらしたのは、まさにそのビジネスとオペレーションの力、すなわち Cook 的側面であるということだ。それはアップルが経てきた数十年に及ぶプロセスと同じものを経験しない限り、誰にもマネできないのだ。

It’s their business and operations strength — the Cook side of the equation — that is furthest ahead of their competition, and the more sustainable advantage. It cannot be copied without going through the same sort of decade-long process that Apple went through.

     *     *     *

暗黙の前提

[Gruber の指摘は正しいが]、しかしこれには大きな暗黙の前提がある。サプライヤー変じて自らのものを開発し始めることはないという前提だ。というのも、アップル自身この変化のプロセスを経てきた — デザインの数を減らしてほんの少しの品揃えに絞り、それに伴いビジネス面ではスケールメリットが生じたが、この変化のプロセスを経たのはアップルだけではなかったからだ。アップルのパートナー(サプライヤー)もアップルと共に同じプロセスを経たのだ。かくて彼らは巨大化し、ビジネス遂行能力も非常に優れたものになった。明らかにサムスンはこのパートナーのひとつだ。

[…] But there’s one big implicit assumption here — that suppliers won’t turn around and start developing their own offering. Because when Apple went through this transformative process, where the design whittled down the broad range of offerings to just a few, and they generated the scale on the business side that accompanied that — they weren’t actually the only one to go through that process. Apple’s partners — their suppliers — went through it with them. And they’ve got very big, and very good at what they do. Samsung, obviously, is among those partners.

     *     *     *

時すでに遅しか

この種の議論をしているとき、アップルのアウトソーシングはデルほどではないじゃないかという質問をよく受けた。両者にはどれほど共通点があるのだろうか。だがそう尋ねるは実は正しくないと思う。尋ねるべきは、アップルはすでに限度をこえてアウトソーシングしてしまったのではないかという点だ。

Now, the response I often hear to this line of reasoning is: Apple hasn’t outsourced anywhere near as much as Dell has. How are the situations analogous? But I think it’s actually the wrong question. Instead, the question is: has Apple already outsourced too much?

     *     *     *

コモディティ化したデザイン

どの点から見ても、スマートフォン市場は成熟段階にあり、デザイン、とくにハード面のデザインはほぼコモディティ化したcommoditised)と自分は考える。性能は「満足すべきもの」(good enough)になったのだ。消費者があれこれ新しい機能を iPhone に期待したのは(「バッテリーの持続時間を伸ばして欲しい」とか「もっとスピードを上げて」とか)それほど昔のことではないが、最新の iPhone 5 はこれまでほど消費者の激しい反響を呼び起こさなかったように思われる。決して iPhone 5 が売れないといっているのではない。きっと携帯電話のベストセラーになることだろう。— ただ消費者はデザインの違いでデバイスを選択することはしなくなったということだ。競争のベースが変わってしまったのだ。HTC は One X を発表したとき、このことを痛い教訓と共に学ばねばならなかった。One X は少なくとも批評家からは入手可能な Android 携帯としては「傑作だ」とか「自分が使った携帯電話としては最高のもの」と評されたが、市場では完全にサムスンに制圧されてしたまった。どうやって? サムスンがそのビジネス上のスケールメリットを使ったのだ。Horace Dediu はそのことを「オペレータがうれし涙を流すような宣伝費を使ったパーティに招いた」と Twitter で述べている。サムスンが優れた携帯電話を作ったかどうかは関係ない(作らなかったのかもしれない)。あるいはサムスンがアップルの真似をしたからでもない(アップルの真似という点では HTC の方が上手をいったかもしれない)。そうではなくて、サムスンがアップルにピッタリくっついてそのビジネスを吸収したという点なのだ。

For all intents and purposes, we’re at a level of maturity in the smartphone market where I believe design — particularly on the hardware side — has largely become commoditised. Performance is now “good enough”. Whereas it was not so long ago that consumers sat on the edge of their seats to find out what the new iPhone had to offer (“please, fix the battery life”, or “please, make it faster”) the recent release of the iPhone 5 seemed not to generate the same intense reaction. Now, I’m not saying it won’t sell well — in fact, it will probably become the best selling phone of all time — but people aren’t making these decisions based on huge design differences between the devices. The basis of competition has shifted. HTC recently learned this the hard way when it introduced the One X — a phone that, to the critics, at least, was considered the best Android phone available — “a masterpiece“, ”one of the best mobile devices I’ve ever used“. Yet it has been absolutely crushed in the marketplace by Samsung. How? Well, Samsung used its business scale to, as Horace put it on Twitter, “invite operators to a better party with an eye-watering marketing budget”. This has nothing to do with Samsung making a better phone (they probably didn’t), or Samsung copying Apple (indeed, HTC may have just done a better job of copying Apple). Instead, it has everything to do with the fact that Samsung has had its business sucked along in Apple’s slipstream.

     *     *     *

如何にも奇妙なこと

この問題がいかに深刻であるか次のことからも分かる。スティーブ・ジョブズはコピー製品に対しては「核戦争も辞さない」と語った。アップル法務の核弾頭がサムスンに向けられていることは間違いない。10億ドルという巨額の判決を勝ち取ったことはアップルの本気度を示すものだ。しかし訴訟とはいえそんな破壊的な攻撃が、アップルの新しい携帯電話にとって最も大切なサプライヤーのひとつをターゲットにしているということは如何にも奇妙なことではないだろうか。

There’s another way of seeing just how deep the problem lies. Jobs promised “thermonuclear war” on the copied devices, and so far, the biggest target of Apple’s many legal warheads has undoubtedly been Samsung. Getting a $1 billion judgement certainly proves Apple was serious about it. But doesn’t it seem strange to you that the target of such a devastating strategy on the legal side, just so happens to be… one of the most important suppliers for Apple’s new phone?

     *     *     *

アップルが直面している問題の本質

アップルが直面している問題は、デザインがコピーされたこととは関係ないのだ。IT 産業のコピーの歴史は長い。特許は巨大企業によって訴訟の手段として利用されてきたが、それはそれ以外に打つ手がなかったからだ。むしろアップルが直面している問題とは、今やアップルがビジネス面で達成したスケールメリットを享受しているライバルのひとつと対峙しているということなのだ。明らかにサムスンは Asus 同様マージンの低い ODM[Original Design Manufacturer:相手先ブランド設計製造業者]に満足できなくなったことを示している。単純でつまらない仕事をさせられている一方で、誰かがしこたま儲けていることに満足できなくなったのだ。Android 特許でサムスンを訴えても事情は変わらない。もしグーグルの OS が高価で使えないということになれば、いつでもマイクロソフトや他の OS に丸ごと乗り換えてしまうだろう。そんなことはどうでもいいのだ。なぜならスマートフォンのデザインはもはやコモディティ化して、十分に満足できるものになってしまったからだ。メーカーが開発した性能は大きすぎて、ほとんどの消費者が吸収しきれないほどになっている。性能的にはすでに「十分満足できる」世界に移行し、ビジネス的側面(オペレーションのスケールメリット)がもっともモノを言う世界に変わってしまったのだ。

The problem that Apple is facing right now has nothing to do with their designs being copied. There is a long history of copying in the tech industry; patents being deployed in lawsuits by giants often signify desperation more than anything else. Rather, the problem that Apple faces is that it now is going up against at least one competitor that has been a beneficiary of the scale that Apple has achieved on the business side. Samsung has clearly demonstrated that, like Asus, it was not satisfied being a low-margin ODM — of doing all the menial work while somebody else made the big bucks. Suing Samsung over Android patents isn’t going to change that — if Google’s operating system gets too expensive to use, there’ll be a switch made to Microsoft. Or to another operating system altogether. It doesn’t really matter, because design in the smartphone space has been commoditized. It’s good enough. Manufacturers are now creating performance that most consumers aren’t able to absorb. Instead, as we’ve moved into a world where performance is now “good enough”, the world has flipped into one where it’s the business side — operational scale — that matters most.

     *     *     *

アップルといえばデザインというだけでは、アップルが直面している問題の本質は分からないというわけだ。

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《参考》以下の投稿も James Allworth のサムスン脅威論のに関係したものです。

1)アップルにとってサムスンの真の脅威とは何か
  Asus とデルの寓話
2)アップルの真の強みとは?
  アップルの持つ2つの側面
3)コモディティ化したデザイン[本稿]
  デザインはコモディティ化してしまった
4)アップルに残された道は何か
  アップルのとるべき方策

広告

Read Full Post »


[Apple vs. HTC:image

なぜ次からつぎへとスマートフォンを出す必要があるのかと Chris Ziegler がいっている。

The Verge: “A good smartphone comes but once a year” by Chris Ziegler: 23 December 2011

     *     *     *

アップル対 HTC

図で示すと私のいいたいことがよく分かってもらえると思う。アップルと HTC が出した電話を 2010 年から時系列で並べてみた。[冒頭画像]

I think the best way to demonstrate what I’m talking about is with a graphic. Here, we’re taking a look at Apple’s phone releases versus HTC’s since the start of 2010, plotted over time:

これで HTC の電話すべてではない。Windows Phone、Brew MP 製品、それに地域やキャリア限定モデルのいくつかは除いてある。もちろん特段目新しいことをいっているわけではない。アップルが年に一度しか電話をリリースしないことは誰でも知っている。他のメーカーが倦むことなく何ダースもの電話をせっせとリリースしていることも知っている。— しかし図示してみて如何にすごいことか合点が行った。

And this isn’t even every HTC, I’ve left out the Windows Phone and Brew MP products plus a few regional and carrier-specific variants. Clearly, I’m not revealing anything new here — we all know that Apple releases one phone a year while other manufacturers tirelessly pump out dozens — but it really hit home for me just how wild this difference was once I could visualize it.

     *     *     *

顧客を疎外する

誤解してほしくないのだが、これだけたくさんのものをこれだけのペースでリリースしサポートするのに要するエンジニアリングやマーケィングの量は容易ならざるものだ。HTC にしろ、サムスンあるいは他のメーカーにしろ、どうやって現在のようなペースで持続的に技術革新を継続できるのか私には分からない。気の遠くなりそうな話だ。テクノロジーナードやビジネスナードにとってはスゴいことかもしれないが、一般消費者にとっては混乱するだけの話だ。

Don’t get me wrong, the amount of continuous engineering and marketing required to release and support devices at this kind of pace is humbling. I don’t know how HTC, Samsung, or anyone else in this business is able to sustain the pace of iterative innovation that we’re seeing right now — it boggles the mind. But as impressive as it might be to technology and business process nerds, it’s just as upsetting to the average consumer.

なぜか?

Why?

一番いい顧客が敬遠してしまうからだ。

You alienate your best customers. […]

     *     *     *

Chris Ziegler は最後をつぎのように結んでいる。

アップデートは年に一度でいい

簡単なことだ。作るのは大きなハイエンドデバイス、小さなバリューデバイス、それに QWERTY デバイスだけ。あとフォームファクタが特別なものをひとつないし二つ加えてもいい。それだけだ。アップデートは年に一度にして、名前は変えないで同じままにする。

It’s simple: make a large high-end device, a smaller value device, and a QWERTY device. Maybe one or two other specialty form factors, tops. That’s it. Update them once a year, and keep the names the same.

どうせ名前の数は底をついてしまうのだから・・・

Goodness knows you’re running out of names, anyway.

     *     *     *

たしかに図で見ると大きなインパクトがある。

HTC だけでなく他の Android フォンメーカーも全部並べたらスゴいことになりそうだ。

そこに投入されるエネルギーは膨大なものだろう。もはやフラグメンテーションだけが問題ではない。

これだけ選択肢の多いことが果たして消費者にとっていいことなのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Android はタダじゃない:photo

アマゾン Kindle Fire に大騒ぎしている間にその陰ですごいことが進行している!

Kindle Fire をほぼ正確に言い当てた MG Siegler がそういっている。

ParisLemon: “Free” by MG Siegler: 28 September 2011

     *     *     *

マイクロソフトのクロスライセンス

Kindle の大ニュースで大騒ぎしている陰で、もっと大切なことが埋もれてしまっている。マイクロソフトがサムスンに Android の使用料を払わせることにしたのだ。

Buried under the massive Kindle news is something arguably more important: Microsoft just got Samsung to pay them to use Android.

     *     *     *

タダなのにマイクロソフトに使用料を払う?

これは Android のメジャー OEM[original equipment manufacturer:相手先ブランド製造会社]であるサムスンと HTC が、「タダの」Android OS を使うのにマイクロソフトにカネを支払わなければならないということを意味する。第3の OEM(Motorola)はグーグルが買収したばかりだ。

This means that two of the major Android OEMs (Samsung and HTC) now pay Microsoft to use the “free” Android OS. The third (Motorola) was just bought by Google.

     *     *     *

マイクロソフトに押し切られたサムスン

しばし考えても見よ。

Think about that for a second.

サムスンは Android OEM エコシステムの最後の希望だった。マイクロソフトにカネを支払うことを認めたいま、他のメーカーがその必要はないといって争うのは困難になった。

Samsung was really the last remaining hope in the Android OEM ecosystem. Now that they’ve agreed that they have to pay Microsoft, it’s going to be hard for others to argue that they shouldn’t have to.

     *     *     *

まさに天才的

邪悪であろうとそうでなかろうと、Steve Ballmer が正しかったことは確かだ。Android はタダではない。確かにグーグルにカネを払う必要はない。しかしマイクロソフトには払わなければならないのだ。

Evil or not, it sure looks like Steve Ballmer was right: Android is not free. No, you don’t have to pay Google to use it — but you do have to pay Microsoft.

まさに天才的だ。Windows Phone を使うことにすれば、ライセンス料が入るのでマイクロソフトの勝ちだ。Android を使うことにすれば、やはりライセンス料を支払わなければならないのでマイクロソフトの勝ちだ。

And that’s genius. If you decide to use Windows Phone, Microsoft wins because you pay them a licensing fee. If you decide to use Android, Microsoft wins because you pay them a licensing fee.

より多くのベンダーが Windows Phone 採用を考えざるを得ないだろう。なぜか? いずれにしてもマイクロソフトにカネを払うハメになるからだ。

This will force more vendors to consider Windows Phone because, why not? They’re paying Microsoft either way.

     *     *     *

アマゾンはどうなる?

もっと広げて考えてみよう。自家バージョンの Android を採用したアマゾンのような会社はどうなるのか? 彼らもライセンス料を支払わねばならないのか?

More broadly: what does this mean for companies like Amazon, which now have their own version of Android? Will they too pay the licensing fee?

結局のところ Kindle Fire が唯一の Android タブレットになるのは間違いなさそうだ。

After all, it sure looks like the Kindle Fire is about to become the Android tablet.

     *     *     *

何という日だ!

今日は Android にとって何という日だろう! 素晴しくて、しかも安いアマゾンの Kindle タブレットに力を与えるべきものが舞台の陰に押しやられ、マイクロソフトに利用料を支払う代物に成り下がってしまったのだ。

What a day for Android. It was just pushed behind the scenes as the thing that powers that awesome, cheap Amazon Kindle tablet. And made into that thing you pay Microsoft to use.

     *     *     *

Android にとってはほんとに長い一日だった。

しかしライセンス料をとってやるというマイクロソフトの話は1年前からあったわけで、何がマイクロソフトの特許にどう抵触しているのかぼつぼつハッキリしてもいいころだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Steve_Ballmer.jpg

[Android からライセンス料を取ると Steve Ballmer]

iPhone/iPad に匹敵するモバイル OS をタダで導入できるのだからこんなにいいことはない。サムスンからシャープまで、モバイル分野に照準を合わせた企業が続々と Android を採用するわけだ。

ところがマイクロソフトの Steve Ballmer が心穏やかならぬことをいっている。

携帯電話事業の波に乗り遅れたことを自認する Ballmer だが、その代わり Android からライセンス料をとってやるとインタビューで語っているのだ。

WSJ.com: “Ballmer Aims to Overcome Mobile Missteps” by Nick Wingfield: 03 October 2010

WSJ 日本版: “米MSのバルマーCEO、携帯電話での失敗の克服目指す“: 04 October 2010

     *     *     *

波に乗り損なった

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ):マイクロソフトの携帯電話事業は劇的な変化を遂げている。新たなリーダーシップ、新たなOS、携帯端末パートナーとの新たな事業などがそうだ。こうしたことが必要だった理由は何か。

WSJ: Your mobile business has gone through some pretty dramatic changes—new leadership, new software, a new way of working with handset partners. Why was that necessary?

バルマー氏:ある意味で、われわれはサイクルに乗り損なった。研究開発(R&D)の観点からみれば、実行面で問題があった。われわれが最後に重要なリリースを行ってから、業界、技術、ハードウェアは進歩を遂げている。[WSJ 日本版訳]

Mr. Ballmer: In a sense, you could say we missed a cycle. We had some execution issues from an R&D perspective. In the time frame since the last significant release certainly the industry has moved, the technology has moved, the hardware has moved.

     *     *     *

Android はタダじゃない

WSJ:ソフトウェアのライセンス料を課すのか。

WSJ: You’re still charging a license fee for the software.

バルマー氏:もちろんだ。


Mr. Ballmer: Sure.

WSJ:アンドロイドが無料であるなかで、難しくはないか。

WSJ: Is that difficult in an environment where Android is free?

バルマー氏:アンドロイドは無料ではない。特許料を徴収している。特許をライセンス契約する必要があるのだ。HTCはわれわれとのライセンス契約にサインした。ウィンドウズと同様、アンドロイドもライセンス料を得ている。

Mr. Ballmer: Android has a patent fee. It’s not like Android’s free. You do have to license patents. HTC’s signed a license with us and you’re going to see license fees clearly for Android as well as for Windows.

WSJ:ライセンス料だけがマイクロソフトの大きな収入の機会ではないようだ。

WSJ: It doesn’t seem like the license fee alone is a big financial opportunity for Microsoft.

バルマー氏:これは機会の1つだ。数千万から数億ドルの収入をもたらし得るものは、大きな機会だ。われわれは今、この大きな機会を見出している。[WSJ 日本版訳]

Mr. Ballmer: It’s one of the opportunities. One.

Mr. Ballmer: Look, anything that can sell in the tens to hundreds of millions is a big opportunity, and we see big opportunity.

     *     *     *

Android のどの部分がマイクロソフトの特許をどう侵害しているのかよく分からないが、とにかくグーグルが使用料を取らないからといって Android がタダなわけではないというメッセージを出しているわけだ。

Android にはライセンス料や訴訟費用という隠れたコストがあることを再確認させてくれたことになる。

思い出されるのは、アップルが Android Nexus One を出した HTC に対して特許権訴訟を起こしたときのことだ。

その真意については様々な憶測がなされたが、アップルとの訴訟費用があることを抑止力として効かせたと受け止めるのが妥当なようだ。

このところモバイルの世界では訴訟が花盛りだ。どこがどこを訴えているのか図解でもしないことにはよく分からないほど・・・

それはまたモバイル分野が成長分野であり、技術革新も集中していることの証しなのかもしれない。

この世界で成功するためには、訴訟費用はコストの一部と割り切るぐらいでないとやっていけないのかも・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »