Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘History’

アップルといえばマックだったのは昔のこと — いまやアップルといえば iPhone のことになった

iPhone しか知らないユーザーのためのアップルの歴史

History of Apple in Under 3 Minutes | Fast Company

The History of Apple, in 2 Minutes | YouTube

Read Full Post »

img_70e07891684bb1235c0c5996bb8d1383137428

中国人から見た日本敗戦の「失敗の本質」(上) 日本は第二次大戦をいかに反省したか、中国歴史学者の分析 | ダイヤモンド・オンライン

その意味で、12月8日に、中国のポータルサイト「騰訊」の「短史記」コーナーに同サイト歴史チャンネル編集長の諶旭彬氏(歴史学者)が発表した『日本の極秘文書はいかに第二次大戦を反省したか』と題する文章は、中国人が敗者である日本の側に立って書いた有意義な文章である。

中国人から見た日本敗戦の「失敗の本質」(下) 日本は第二次大戦をいかに反省したか、中国歴史学者の分析 | ダイヤモンド・オンライン

「「日本外交の過誤」の解剖」 小倉和夫 (前駐仏大使・青山学院大学教授) 『論座』2003.6(p8-31) | <”3.11天地の啓示:持続可能な未来への道を切り拓く>DANKAIー弾隗の時

Read Full Post »

NYT-Irina-Margareta-Nistor

[VHS vs. Communism – Video | NYTimes.com

素晴らしい映像と読み物・・・

NYTimes.com: “VHS vs. Communism” by Ilinca Calugareanu: 17 February 2014

     *     *     *

ヒーローになったB級映画の主人公たち

1980 年代の共産主義政権下のルーマニアで、思いもよらず「自由の声」になったひとりの若き翻訳者の話。彼女は何千もの外国映画を密かに吹き替え、VHS テープにして流した。かくてB級映画の主人公たちはヒーローとなった。

In Communist Romania in the 1980s, a young translator became an unlikely voice of freedom. She illicitly dubbed thousands of foreign films, distributed on VHS tapes, turning B-movie stars into heroes.

     *     *     *

ハリウッド映画の VHS テープ

私は 1980 年代の共産主義政権下のルーマニアで育った。共産主義政権の数限りない弾圧のひとつにテレビがあった。1日2時間に短縮され、退屈なプロパガンダや伝統音楽、愛国的な詩、検閲済み映画などが放送された。6歳になったある日、両親が VCR を借りてきた。友人たちを招いて、画面の不鮮明なハリウッドB級映画の VHS テープを一晩中見た。映画も覚えているが、それよりもリビングルームに足を踏み入れたときの印象をよく記憶している。まるで秘密の、魔法のような自由世界に踏み入れたような気がしたものだ。

I was raised in Romania in the 1980s, under a Communist regime that, among countless repressions, reduced television to two hours a day of dull propaganda, traditional music, patriotic poems and censored films. One day when I was 6, my parents found a way to borrow a VCR. They invited their friends, and all night they watched grainy VHS tapes of Hollywood B-movies. I remember the films, but more so I remember how I felt when I stepped into the living room — like walking into a secret, magical and free world.

     *     *     *

ハスキーで甲高い女性の声

これらの映画はみなルーマニア語に吹き替えられていた。ハスキーで、甲高い女性の声だった。自分の幼年時代を通じて、これらの映画は禁じられた西欧世界を垣間見せてくれた。ブルージーンズやコカコーラ、摩天楼などで眩いばかりの自由世界を。ブラックマーケットを通じてハリウッド映画が広く見れるようになると、この女性の声はルーマニアでもっとも知られた声のひとつになった。それなのに彼女のことは誰も知らないのだ。

All the dialogue on these movies was dubbed into Romanian in a husky, high-pitched woman’s voice. Throughout my childhood, these films provided a glimpse into the forbidden West, resplendent with blue jeans, Coke and skyscrapers. As Hollywood movies became ubiquitous through the black market, this voice became one of the most recognizable in Romania. Yet no one knew who she was.

     *     *     *

チャック・ノリスがヒーローに

1989 年革命の後になって、本当のことを知ることができた。それがこの Op-Doc ビデオだ。1985 年に国営テレビ局の若き翻訳者 Irina Margareta Nistor はひとりの謎めいた企業家と出会った。彼は映画を密輸入してコピーを作成、VHS テープにして流通させていた。これがその後10年以上続いた2人の関係の始まりだった。Nistor 夫人によれば、吹き替えた映画は 3000 本を超えるという。彼女のおかげで、チャック・ノリス、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ブルース・リー などがルーマニアの有名なヒーローになったのだ。

After the 1989 revolution I learned the true story, which I present here in this Op-Doc video. In 1985, Irina Margareta Nistor, a young translator at the national television station, met a mysterious entrepreneur. He was smuggling, copying and distributing movies on VHS tapes. This was the beginning of a working relationship that lasted more than a decade. In all, Ms. Nistor says she dubbed more than 3,000 different films. Thanks to her, Chuck Norris, Jean-Claude Van Damme and Bruce Lee became popular heroes in Romania.

     *     *     *

国家の手を逃れ、抵抗する手段

国家が市民生活のすべてを — 食べ物から、暖房、交通、情報にいたるまですべてを — 支配していた時代に、市民生活の隅々に及ぶ国家の手を逃れ、抵抗する手段を国民は映画の力を借りて見つけたのだ。

In a time when the Romanian state controlled every aspect of its citizens’ lives — including food, heat, transportation and information — people found a way to escape and resist the state’s far-reaching hand, through the power of movies.

     *     *     *

時代の断面を捉えた素晴らしいドキュメンタリー。

Ilinca Calugareanu はルーマニア人の映像作家。このビデオはドキュメンタリー『チャック・ノリスと共産主義』から編集されたもの。

ひとりの女性の声と翻訳が時代の声となった。

多くのひとが無名の翻訳者と時代を重ねて語るところがとても印象的だ。

それからまだ10数年しか経っていないことに驚かされる。

翻訳者とは多くの場合無名の存在だ。

明治の『海潮音』以降、何人の翻訳者の名前を挙げることができるだろうか。

失われたインタビュー』(“Steve Jobs: The Lost Interview)の日本語訳もたいへん素晴らしいが、翻訳者の名前は伏せられたままだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Hell_Froze_Over

[Hell Freezes Over のポスター]

アップルを振り返る素晴らしい視点を Chris Fralic が与えてくれる。

LinkedIn: “The Butterfly that Started the Apple Tsunami” by Chris Fralic: 16 October 2013

     *     *     *

アップルの津波を起こしたバタフライ

The Butterfly that Started the Apple Tsunami

10年前の今日、アップルは素晴しいことをやってのけた。しかし当時はそうは見えなかった。バタフライ効果[蝶の羽ばたきが地球の裏側の津波を引き起こすというカオス理論]のように、アップルの次の10年間の進路と運命に計り知れぬ影響を与えた。熱心なアップルウォッチャーですらあまり口にしないが、まさにこの日に「信じられないことが起きた」[Hell Freezes Over:灼熱の地獄が凍りつくなどありえないことから]のだ。

10 years ago today, Apple did something extraordinary, but it didn’t seem like it at the time. Like the story of a butterfly flapping its wings and eventually causing a tsunami halfway around the world, this had a profound impact on the trajectory and fortunes of Apple over the next decade. It’s something you don’t often hear about, even from fervent Apple watchers, but it was the day “Hell Froze Over.”

     *     *     *

異端 — iTunes for Windows

2003 年10月16日に、「これまでで最も優れた Windows ソフト」 — iTunes for Windows — をアップルが発表した。当時アップルのコンピュータマーケットシェアはたったの 3.2% で、しかもそれが減少しつつあった。Windows のためのソフトをアップルが書くという考えはアップルでは異端だった。

On October 16th, 2003, Apple launched “the best Windows program ever” – iTunes for Windows. Back then Apple had a whopping 3.2% and declining US computer market share. The idea of Apple writing software for the PC was heresy inside of Apple.

     *     *     *

DesignCrazy_FC_Byliner_Final

Design Crazy

Jon と Phil の功績

最近出版された Max Chafkin[Fast Company]の iBook『Design Crazy』は、私が見る限り初めてその詳細に触れたものだ。この本はその功績を Phil Schiller[マーケティング担当上級副社長]と Jon Rubenstein[ハードウェアエンジニアリング担当上級副社長]の2人に帰している。スティーブ・ジョブズはアップルのソフトもハードも Macintosh だけにしておきたかった。Jon と Phil は PC まで広げることの価値を分かっていたが、ジョブズはあくまで譲らなかった。事態は典型的なジョブズスタイルで展開したことが次のエピソードから分かる。

The recent iBook by Fast Company’s Max Chafkin, based on an oral history of Apple called Design Crazy, gets into the details for the first time I’ve ever seen it. It gives the credit to Apple’s SVP of Marketing Phil Schiller and Jon Rubenstein, Apple’s SVP of Hardware Engineering. Steve Jobs wanted to keep Apple software and devices only on Macintosh computers. Jon and Phil saw the value of spreading out onto PCs while Jobs persisted, and from the story below it happened in a typical Steve Jobs kind of way.

     *     *     *

「オマエらの責任だぞ」

われわれはスティーブと(iTunes の Windows 版を出すことについて)激しくやり合った。彼の返事はノーだった。Phil Schiller と私はとうとういった — 「どうしても自分たちはやります。」「オマエらクソクラエだ。勝手にしろ。オマエらの責任だぞ」とスティーブ。そして彼は席を蹴って部屋を飛び出した。 — Jon Rubenstein

We argued with Steve a bunch [about putting iTunes on Windows], and he said no. Finally, Phil Schiller and I said ‘we’re going to do it.’ And Steve said, ‘Fuck you guys, do whatever you want. You’re responsible.’ And he stormed out of the room.” – John Rubenstein

     *     *     *

世界は知った

これによって PC 所有者の 97% に iPod への道が開けた。

That opened up the iPod to the 97% of people who had PCs.

彼らはいかにソフトがハードとうまく連動するか理解することができた。

They could see how well the software worked with the hardware.

アップグレードがいかに簡単かということも知った。

They learned how easy it was to upgrade.

彼らにとって初めての iPod は初めての iPhone となった。

Their first iPods turned into their first iPhones.

そして全部を Macintosh にしてしまえばどんなに楽かということにも気づいた。

Then they realized that their lives would be a lot easier if they switched to a Macintosh all together.

かくてアップルの資産価値は、世界で最も価値のある会社への道をたどったのだ。

And along the way Apple’s market cap climbed to the most valuable company in the world.

     *     *     *

「Hell Freezes Over」のポスター

自分がニューヨークのオフィスにアップルの「Hell Freezes Over」のポスター[冒頭画像]を飾っているのはそういうワケだ。いつもそれはアップルが最高の戦略決定をした瞬間を思い出させてくれる。

That’s why I have this vintage Hell Freezes Over poster in my NYC office – it reminds me of one of the best strategic decisions a company has ever made.

     *     *     *

アップルがアップルの枠を踏み出した日 — 確かにそれは「信じられない瞬間」(Hell Freezes Over)だった・・・

[via Daring Fireball

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »