Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Henry Blodget’

Jeff_Bezos

Risk-taking なしに成功はない・・・

アマゾンと Jeff Bezos を理解するために

Amazon’s Jeff Bezos on profits, failure, succession, big bets | Business Insider

I think it takes more time to analyze something like that. Again, one of my jobs is to encourage people to be bold. It’s incredibly hard. Experiments are, by their very nature, prone to failure. A few big successes compensate for dozens and dozens of things that didn’t work. Bold bets — Amazon Web Services, Kindle, Amazon Prime, our third-party seller business — all of those things are examples of bold bets that did work, and they pay for a lot of experiments.

広告

Read Full Post »

Update:強力になり過ぎて手に負えなくなったデザイナー》

jonyivetimcook

[Tim Cook と Jony Ive:photo

アップル嫌いのひとのために・・・

Business Insider: “Paul Kedrosky On What Has Gone Wrong At Apple” by Henry Blodget: 02 February 2013

     *     *     *

アップルで何が起きているのか

アップル内部でいったい何が起きているのか、アップルの秘密主義もあって正しく理解するのは難しい。

Given Apple’s commitment to secrecy, it’s hard to get a good sense of what is going on inside the company.

     *     *     *

最近の失敗を見れば分かる

一目置かれた観察者である Paul Kedrosky[注:ブルームバーグテレビの常連]の意見によれば、アップルの最近の失敗を見れば何が起きているのか分かるという。

But in the opinion of one respected industry observer, Paul Kedrosky, some of Apple’s recent missteps can tell us a lot about that.

     *     *     *

競争上の優位性が消滅しつつある

昨日の Bloomberg West のインタビューに答えて Kedrosky は、新しい iMac に対する需要をアップルが充たせなかったこと(第4四半期のマック売上げが不調だった原因のひとつ)、さらには iPhone 部品発注の取り消しが相次いだことは、アップルがライバルに対して持っていた競争上の優位性が消滅しつつあることを示すものだという。

In an interview with Bloomberg West yesterday, Kedrosky said Apple’s inability to meet demand for its new iMacs–a problem that contributed to disappointing Mac sales in Q4–as well as its cancellation of many iPhone component orders, mean that one of Apple’s key competitive advantages may be disappearing.

     *     *     *

パワーバランスの変化が原因だ

iMac の問題はアップル内部のパワーバランスに重要な変化が起きていることを示していると Kedrosky は考えている。

Kedrosky believes that Apple’s iMac problems reveal an important change in the power balance within the company.

     *     *     *

Jony Ive の力が大きくなり過ぎた

とくに Kedrosky は次のように考える。スティーブ・ジョブズの死後生じた権力の空白において、Jony Ive 率いるデザインチームに与えられた裁量権限が大きくなり過ぎ、その結果アップルはスムーズかつ早急には作れないようなデザインの製品で需要を充たそうとするようになったと。

Specifically, Kedrosky thinks that, in the power-vacuum following Steve Jobs’ death, the design team, led by Jony Ive, have been given too much latitude–such that Apple is now designing products that it is not capable of manufacturing as smoothly and quickly as it needs to to meet demand.

     *     *     *

ジョブズが亡くなったせいだ

ジョブズが生きていた間は、デザインチームと製造チームの間の「緊張関係」はうまく均衡がとれていた。プロダクトデザイナーおよび経営トップとしてのジョブズの優れた才能によって、製品の「デザイン偏重」、あるいは逆にデザインの劣化をもたらす数字尊重をアップルは避けることができた。このバランスがあったからこそアップルはデザインにおいても製造においてもライバルを凌駕することができたのだと Kedrosky は考える。

When Jobs was alive, Kedrosky implies, this “tension” between the design teams and manufacturing teams was in almost perfect balance. Jobs’s brilliance as both a product designer and business executive kept the company from “over-designing” its products, or, just as bad, focusing so much on the numbers that its design standards sagged. And this balance, Kedrosky suggests, allowed Apple to continually out-design and out-produce the competition.

しかし今やジョブズは亡く、Jony Ive のデザインチームは強力になり過ぎ、Ive のデザインした製品が、一定期間内に本当に大量生産できるかどうかという決定的チェックが行なえなくなった。

But now that Jobs is gone, Kedrosky suggests, Jony Ive’s design team has been given too much power–without a critical on whether Ive’s products can actually be produced in the quantity and timeframe that Apple needs to produce them to meet demand.

     *     *     *

Ive に余りに多くを委ね過ぎた

もし Kedrosky のいうことが正しければ、後継者としてジョブズが選んだ Tim Cook の力量は製造分野に限られ、デザイン面には及ばなかったことになる。Kedrosky が正しければ、アップルの CEO は Ive に多くを委ね過ぎ、自らの判断すら委ねてしまったのかもしれない。

If Kedrosky is right, the irony is that the expertise of the man Jobs selected to succeed him–Tim Cook–is actually on the manufacturing side, not the design side. So, for Kedrosky to be right, Apple’s CEO would have to be deferring too much to Ive, perhaps over his own best judgement.

     *     *     *

アップルは何かがおかしくなっている

ともあれ、アップルでは何かがおかしくなっていることは確かだ。それが何か Kedrosky はひとつの興味深い考えを示している。

In any case, something has clearly gone wrong at Apple. And this is an interesting theory about what that is.

本記事の元になっている Bloomberg West の Kedrosky インタビューはこちら

Here’s Kedrosky with Emily Chang of Bloomberg West:

     *     *     *

アップルもここまでいわれるようになったのかという思いがする。

アップル批判の根拠は、
・新しい iMac の出荷が遅れている
・iPhone 部品発注の取り消しが相次いだ
という点だ。

その妥当性については読者の判断に委ねたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》強力になり過ぎて手に負えなくなったデザイナー(2月10日)

いささかショックだった。

アップルバッシングの一例として根も葉もないウワサを取り上げたつもりが、そのまままかり通ってしまいそうな気配・・・

Henry Blodget の上記記事については John Gruber の「根も葉もない与太話発生のメカニズム論」がポイントを衝いている。

Daring Fireball: “Designers Running Amok” by John Gruber: 04 February 2013

     *     *     *

Jony Ive が強力になり過ぎただと?

Henry Blodget がいうには:

Henry Blodget:

「とくに Kedrosky は次のように考える。スティーブ・ジョブズの死後生じた権力の空白において、Jony Ive 率いるデザインチームに与えられた裁量権限が大きくなり過ぎ、その結果アップルはスムーズかつ早急には作れないようなデザインの製品で需要を充たそうとするようになったと。」

Specifically, Kedrosky thinks that, in the power-vacuum following Steve Jobs’ death, the design team, led by Jony Ive, have been given too much latitude — such that Apple is now designing products that it is not capable of manufacturing as smoothly and quickly as it needs to to meet demand.

確かに。スティーブ・ジョブズが実権を握っていた時代には、需要に応じられないことなんて起きなかったように見える。iPhone 4 白モデルだってきちんと予定どおり登場したじゃないか。
[注:John Gruber のジョーク。実際は需要に応じきれない出荷遅れもあったし、iPhone 4 白モデルの登場にはずいぶんと時間がかかった。]

Yeah, it’s not like Apple ever had problems meeting demand with new products when Steve Jobs was in charge. The white iPhone 4 came out right on schedule.

     *     *     *

根も葉もない与太話発生のメカニズム

追記:少し真面目に検討してみよう。Blodget の記事の最終行が問題なのだ。

UPDATE: Let’s get serious for a second. Here’s the final paragraph from Blodget:

「ともあれ、アップルでは何かがおかしくなっていることは確かだ。それが何か Kedrosky はひとつの興味深い考えを示している。」

In any case, something has clearly gone wrong at Apple. And this is an interesting theory about what that is.

アップルをめぐる与太話(jackassery)がどうして発生するのかうまく総括しているではないか。まずアップルは何かがおかしいという「真実らしきもの」から始める。それからそれが何なのかをあれこれ推測して見せるのだ。アップルにはこれまでもいろいろ大きな問題があったし、完璧ではなく、数多くの容易ならざるライバルにも囲まれている。しかしそれは他のどの会社も大きな問題を抱え、決して完璧ではなく、容易ならざるライバルに囲まれているのと同じなのだ。上の最終行が間違っているのは、この1〜2年でアップルが何か「おかしくなった」と考えている点だ。事実は、過去10年の間アップルは(その点に関しては)まったく変わらず同じ状態だったのだ。

That pretty much summarizes what’s driving the current wave of Apple jackassery: start with the “fact” that something has gone wrong with Apple, then speculate about just what that is. Apple has real problems, isn’t perfect, and faces numerous serious competitors — but it, like every company, has always had problems, has never been perfect, and has faced serious competitors. The error in this line of thinking is that something has “gone wrong” for Apple in the last year or two. The truth is, most things have gone exactly right for Apple for the last 10 years.

何かがおかしくなったことは確かだ。しかしそれはアップルに対する認識であって、アップル自体ではない。

Something has clearly gone wrong, but it’s with the perception of Apple, not with Apple itself.

     *     *     *

Paul Kedrosky の「与太話」の根拠となっている2つの「事実」から「Jony Ive の暴走」という結論を導くには飛躍があり過ぎる。

Horace Dediu の分析も強力な反論のひとつだ。

しかしアップルがおかしいと「思いたい」ひとにとっては、そんな説明はどうでもいい。

「アップル新製品に対する需要が落ち込んだ」でも、「Ive が暴走して手に負えなくなった」でも、どんなに短絡したものでもいいのだ。

最近のアップルをめぐる環境は非常にナーバスになっており、どんなウワサでもまかり通りそうな気配だ。

ジョブズが亡くなったからもうアップルはダメだと考えたいひとにとって、何をどう反論しようとも所詮アップル信者の戯言(たわごと)にしか聞こえないのだろう・・・

Read Full Post »


[Larry Page:photo

グーグルが Motorola Mobility の買収に大枚をはたいた。そのニュースでネットは持ち切りだ

これは Android をスーパーチャージするためであり、ライバルに対する競争力を高めるためだと Larry Page 自ら大見得を切った。

Official Google Blog: “Supercharging Android: Google to Acquire Motorola Mobility” by Larry Page: 15 August 2011

     *     *     *

Android はオープンのまま

モトローラを買収しても Android をオープンプラットフォームにするという我々の決意は変わらない。モトローラは Android のライセンシーであり、Android はオープンのままだ。モトローラは別会社として運営される。Android の成功には多くのハードウェアパートナー(メーカー)が貢献した。これらメーカーと一緒にすばらしいユーザー体験を提供するため邁進するつもりだ。

This acquisition will not change our commitment to run Android as an open platform. Motorola will remain a licensee of Android and Android will remain open. We will run Motorola as a separate business. Many hardware partners have contributed to Android’s success and we look forward to continuing to work with all of them to deliver outstanding user experiences.

     *     *     *

パテントポートフォリオの強化

モトローラの買収によってグーグルのパテントポートフォリオが強化され、競争力が増す。これによりマイクロソフトやアップル、その他の企業からの反競争的脅威に対抗することが可能になる。

[…] Our acquisition of Motorola will increase competition by strengthening Google’s patent portfolio, which will enable us to better protect Android from anti-competitive threats from Microsoft, Apple and other companies.

     *     *     *

Android をスーパーチャージする

グーグルとモトローラが組むことにより、Android をスーパーチャージできるだけでなく、競争力を高め、消費者に対しイノベーションと、大きな選択肢、すばらしいユーザー体験を提供することが可能になる。

The combination of Google and Motorola will not only supercharge Android, but will also enhance competition and offer consumers accelerating innovation, greater choice, and wonderful user experiences. I am confident that these great experiences will create huge value for shareholders.

投稿者:Larry Page[グーグル CEO]

Posted by Larry Page, CEO

     *     *     *

マイクロソフトやアップルの「反競争的脅威」を繰り返しているところをみると、どうやら先日の David Drummond の投稿は Larry Page の考えでもあったようだ。

ここで「反競争的脅威」とは「競争的脅威」と読むべきではないかと John Gruber はいう。

マイクロソフトとはトップ同士の話し合いも行なわれたが、最後はグーグルが振り切ったようだ。

この Larry Page の投稿に対しては賛否こもごも多くの意見が噴出している。

マイクロソフトとアップルを邪魔する消耗戦だという極端な意見から、アップルが特許ポートフォリオを強化したと評価するものまで多岐にわたっている。

しかし激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスにグーグルが踏み込むことに疑問をもつものも多いようだ。なかでも Henry Blodget の意見がおもしろい。

Silicon Alley Insider: “THE TRUTH ABOUT THE GOOGLE-MOTOROLA DEAL: It Could End Up Being A Disaster” by Henry Blodget: 15 August 2011

まず Blodget は5つの観点から検討を加える。[全訳はこちらを参照]

1)サムスンや HTC のような端末機メーカーはグーグルをライバルと看做すのではないか
2)ハードやソフトを一体化するアップル方式の方が PC 方式より優れていることを認めたことにならないか
3)マイクロソフトはしてやられたと思うのではないか
4)単なる防御的意味だけなのか、それ以上の意味があるのか
5)激しい競争にしのぎを削る端末機ビジネスに参入することを投資家はどう考えるか

     *     *     *

1万 9000 人の新社員

さらにはグーグルに新しく1万 9000 人の社員が加わることになる。1万 9000 人もだ! グーグルの社員総数は現在2万 9000 人にすぎない。60% も社員数が増加することになる。カルチャーの違いはもっと重大だ。グーグルはそんなマネジメントが出来るのだろうか?

Additionally, Google just added 19,000 new employees. 19,000! Google itself only has 29,000. Google just increased the size of itself by 60%–in a company in which culture is crucial. Does Google really have the management in place to manage that?

     *     *     *

奇跡の可能性

確かにグーグルが Motorola Mobility をアップルに対抗できるライバルに育て上げる奇跡の可能性もないわけではない。Android の販売人にとどまらず、iPhone みたいに利潤たっぷりのマージンを上げるという奇跡の・・・

Yes, there’s a chance that Google could pull off a miracle here and transform the Motorola Mobility business into a direct competitor of Apple’s–in which Google gets not only Android distribution, but super-fat iPhone-like profit margins to boot.

     *     *     *

大失敗の可能性も

しかし、ありそうな筋書きは、モトローラがこれまでのような二流の落伍者にとどまり、検索ビジネスでの輝かしい独占的地位に粗末な消耗品ハードを加えただけという結末になることだ。これじゃ投資家の気には入るまい。

Far more likely, Google will just continue Motorola’s mediocre also-ran status in the handset business, thus adding a big, crappy commodity hardware business to its glorious monopoly software business in search. And that won’t make investors happy.

結論。グーグルとしては大胆な動きだ。しかし解答より疑問の方が大きい動きだ。最終的には大失敗に終わる可能性すらある。

Bottom line, a bold move by Google. But one that raises a lot more questions and challenges than answers. And one that could end up being a major disaster.

     *     *     *

そんな中で Jim Dalrymple が HP の立場から光を当てているのがひと味違っておもしろい。

The Loop: “Google, Motorola deal opens the door for HP to license webOS” by Jim Dalrymple: 15 August 2011

     *     *     *

新しいモバイル OS を選ばなくてもいいか

グーグルのパートナーたちがバカでない限り、つぎに選ぶべきモバイル OS を何にするか終日頭をひねったに違いない。

Unless Google’s partners are completely stupid, they spent most of the day figuring out which mobile operating system they will use next.

     *     *     *

HP の webOS はどうか

サムスン、LG、HTC にとっては然るべき選択肢がないということが問題だ。しかしひとつあるかもしれない・・・それは HP の webOS だ。

The problem that Samsung, LG and HTC have is that there isn’t a good option available. But maybe there is — HP’s webOS.

HP は Palm を買収した際に webOS を獲得した。誰に聞いてもそれは優れた OS だ。事実 HP はコンピュータや、プリンター、ハンドヘルドで webOS を使うつもりであることを隠さない。

HP acquired webOS when it bought Palm, and by all accounts, it’s a very good operating system. In fact, HP has made no secret that it plans to use webOS in computers, printers and handheld devices.

     *     *     *

HP にとってチャンスではないか

HP の TouchPad が飛ぶように売れているわけではなさそうだ。ということはライセンスに興味を持つメーカーに HP がそのモバイル OS の売り込みをしないわけでもなさそうだ。

It doesn’t appear that HP’s TouchPad is flying off the shelves, so there seems to be no reason the company wouldn’t shop its mobile OS around to interested manufacturers for a licensing deal.

事実 HP がこの OS をライセンスできれば、マーケットでの地位を強化するのに役立つ。それだけではない。グーグルの地位を弱めるのにも役立つ。そんな動きをリードするのはアップルかもしれないが、HP としては初めてマーケットシェアを増やすチャンスが巡ってきたのかもしれない。

The fact is, if HP were to license the OS, it would strengthen its position in the market, but it would also weaken Google’s position. Apple would probably come out of such a scenario on top, but this could be the first step for HP to build a significant amount of market share.

     *     *     *

どうやら新生グーグルでは Larry Page の意向が大きく働き始めたようだ。

125 億ドル(1兆円弱)という大金をはたき、カルチャーの違う人間をたくさん抱え込んでまで行なう今回の賭けはうまくいくかのか・・・

★ →[原文を見る:Larry Page
★ →[原文を見る:Henry Blodget
★ →[原文を見る:Jim Dalrymple

Read Full Post »