Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Health’

Microsoft_Band_Exploder-2040.0

Microsoft’s health revolution is here, starting with a $199 fitness tracker | The Verge

広告

Read Full Post »

mobile_health_fitness_tracking

[健康? フィットネス?:image

アップルが FDA[Food and Drug Administration:食品医薬品局、米厚生省の一部局]に接触したことでにわかに iWatch が現実味を帯びてきた。

MG Siegler のコメントがオモシロい

ParisLemon: “Doing Something First Versus Doing Something Right” by MG Siegler: 01 February 2014

     *     *     *

いよいよ始まった

いよいよ始まった。アップルの iWatch については世界中が耳目をそばだててきたが、とうとうハッキリとした形を取りはじめた。もしウワサがホントなら(どうもそのように思われるが)、いよいよアップルの得意なことが始まるようだ。最初に手を出したヤツがバカに見えるようなことを・・・

It begins. While the world has been speculating about Apple’s iWatch project for years, we’re finally starting to get some tangible information. And if what’s being said is true — and I believe a lot of it is — we’re going to see Apple do what they do best: make the first-movers look like fools.

     *     *     *

相当意欲的なもの

iWatch[注]が大成功を収めるといっているのではない。アップルといえどもそんなことは保障のかぎりではない。しかし今度のデバイスは、これまでの純粋に消費者家電的なものより相当意欲的な感じがする。iWatch が実際に登場したら、他社の類似製品がみなシロウトっぽく見えることは間違いない。

That’s not to say the iWatch[1] will be a huge success — nothing is guaranteed, not even for Apple. And this device sounds quite a bit more ambitious than some of Apple’s previous endeavors in pure consumer electronics. But I do believe that when we do see the iWatch, all the comparable devices will seem decidedly amateur by comparison.

[注]「iWatch」という名で呼ばれるかどうかすら分からない。当然その名前も検討されてはいるだろうが、今度のデバイスは「時計」よりもっとスゴいもののように思える。もちろん「iPhone」の例はあるけれども・・・

[1] And who knows if it will actually be called “iWatch” — I’m sure Apple is considering the name, but it sure sounds like this device will be a hell of a lot more than a watch. Of course, the same was/is true of the iPhone…

     *     *     *

繰り返し見てきた

なんども繰り返し見てきたことだ。アップルが同じ分野で最初に手を出すことは非常に稀だ。MP3 プレーヤ、スマートフォン、タブレットなどなど。しかしいったんアップルが動きを見せるときは、その分野で必ずや成功する最適な製品を出すのだ。

We see this over and over again. Apple is rarely the first-mover in a space. MP3 players, smartphones, tablets, etc. But when they do move, they do so with a product that is best situated to actually succeed in the market.

     *     *     *

二番手でいいから

考え方はとてもシンプルだ。最初に手を出してうまくいかないのより、二番手でいいから良い方がいい、と。たとえ四番手でもうまくいくなら、最初に手を出してうまくいかないよりいいのだ。

The line of thinking is pretty simple: it’s better to be second and good than first and bad. Hell, it’s better to be fourth and good than first and bad.

     *     *     *

「ベータ」は有害

こういう考え方は一部のひとにはピンとこないかもしれない。「ベータ」とか「はやく動いて道を開く」といった考え方に慣れているからだ。しかし具体的な形となった製品にカネを払ってくれる消費者がいるかぎり、「ベータ」は有害だ。一番手になってもなにもいいことはない。ライバルがもっといい製品を出したとき、「自分だってそうできたのに・・・」と自らを慰められるぐらいだ。

This concept may sound foreign to some of us in the web space that are used to the notion of “beta” and “move fast and break things”. But when you have consumers actually paying for tangible goods, “beta” is poison. There is no actual prize for being first beyond a good pat on the back, from yourself, when the competitor’s better product is released. “I coulda been a contender…”

     *     *     *

「自分が最初」

アップルのライバルが急いで何かを出すのを見るのは今でもショックだ。「これは自分が最初!」というブログのコメントを見るのと同じで、それが現実世界で起きるみたいなものだ。そしてそれが失敗するのを見るたびに、もっとショックを受ける。

I’m still shocked each time I see Apple’s competitors clearly rush something out the door, almost like the real world version of the classic “FIRST!” blog comment. And I’m more shocked that they’re shocked each time they fail.

     *     *     *

歴史は繰り返す

血圧、水分補給、心拍数・・・」 — なるほどなるほど。ところでコイツは写真も撮れるのだろうか? またもや歴史が繰り返されようとしているのだと思う。もういちど・・・

“Blood pressure, hydration levels, heart rate…” — sure, but can the thing take shitty pictures? I’m guessing history is about to repeat itself. Again.

     *     *     *

アップルギークでベンチャーファンドでもある MG Siegler がいうことだけにオモシロい。

「いよいよ始まった」という彼の判断の根拠になっている Mark McAndrew の解説[医療分野への影響は計り知れない?]は一読に値する・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »