Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Haunted Empire’

Haunted-Empire

[”Haunted Empire”:image

まもなく出版される Yukari Iwatani Kane の『Haunted Empire』(亡霊につきまとわれた帝国)から、Tim Cook の性格描写の部分・・・

WSJ.com: “The Job After Steve Jobs: Tim Cook and Apple” by Yukari Iwatani Kane: 28 February, 2014

     *     *     *

Cook の二面性

一部のひとにとって Cook はマシンみたいだが、他のひとにとっては魅惑的な存在だ。部下の心に恐怖を打ち込むこともできれば、ひとこと賞賛のことばをかけるだけ夜明けから深夜まで働く気を起こさせることもできる。

To some, Cook was a machine; to others, he was riveting. He could strike terror in the hearts of his subordinates, but he could also motivate them to toil from dawn to midnight for just a word of praise.

     *     *     *

「キミの数字を見ると窓から飛び出したくなる」

ジョブズ時代のアップルはジェットコースターみたいだった。しかし Cook が支配するオペレーションの世界は整頓され、規律が行きわたっていた。Cook はオペレーションのプロセスのあらゆる部分まで詳細に知っていた。毎週行なわれるオペレーションミーティングは、個別の項目まで彼がすべてつぶしていくので5〜6時間かかることもあった。部下たちはミーティングで彼に対応するには、試験の詰め込み勉強みたいに準備する必要があることをすぐに学んだ。何百というユニットのたったひとつのミスでさえ細かいチェックを受けた。「キミの数字を見ると窓から飛び出したくなる」と彼からぴしゃりとわれたのを思い出す立案者もいる。

Apple under Jobs was a roller coaster, but Cook’s operations fief was orderly and disciplined. Cook knew every detail in every step of the operations processes. Weekly operations meetings could last five to six hours as he ground through every single item. His subordinates soon learned to plan for meetings with him as if they were cramming for an exam. Even a small miss of a couple of hundred units was examined closely. “Your numbers,” one planner recalled him saying flatly, “make me want to jump out that window over there.”

     *     *     *

在庫のアッティラ大王

Cook は決ってアップルの巨大な在庫を取り上げた。それは基本的に悪だと彼は考えていた。彼は自分のことを「在庫のアッティラ大王」と呼んでいた。

Cook had made a particular point of tackling Apple’s monstrous inventory, which he considered fundamentally evil. He called himself the “Attila the Hun of inventory.”

     *     *     *

満足するまで質問

Cook とのミーティングは恐ろしい結果になることもあった。禅僧のような静けさを彼は発散し、ムダなことばは発しない。「数字を挙げなさい。スプレッドシートを開きなさい」と炭酸飲料の Mountain Dew を飲みながら彼はいったものだ。(スタッフの中には彼がカフェインを飲んでもなぜハイにならないのか[注:食前酒の国 / 食前茶の国 氏のコメント参照]訝るものもいた。)Cook が誰かに注意を向けると、満足できるまで質問を投げかけた。「それはどうして?」、「どういう意味?」、「理解できない。どうしてもっとハッキリできないのか?」。彼はまったく同じ質問を続けて10回もすることで有名だった。

Meetings with Cook could be terrifying. He exuded a Zenlike calm and didn’t waste words. “Talk about your numbers. Put your spreadsheet up,” he’d say as he nursed a Mountain Dew. (Some staffers wondered why he wasn’t bouncing off the walls from the caffeine.) When Cook turned the spotlight on someone, he hammered them with questions until he was satisfied. “Why is that?” “What do you mean?” “I don’t understand. Why are you not making it clear?” He was known to ask the same exact question 10 times in a row.

     *     *     *

ひとことも発せずに座って

Cook は沈黙の力も知っていた。ジョブズが軽蔑的なことばを投げつける以上のことを彼は沈黙でやってのけることができた。誰かが答えに詰まると、Cook はひとことも発せずに座っていた。その間みんなはテーブルに目を伏せ、イスで身じろぎした。その沈黙は強烈で、居心地の悪いものだったので、同室したものは誰もが尻込みしたくなった。落ち着き払った Cook は指一本動かさずもぞもぞする彼の獲物に目を据えた。時には回答を待つ間、エネルギーバーをポケットから取り出したが、静けさを破るのは包み紙を破く音だけだった。

Cook also knew the power of silence. He could do more with a pause than Jobs ever could with an epithet. When someone was unable to answer a question, Cook would sit without a word while people stared at the table and shifted in their seats. The silence would be so intense and uncomfortable that everyone in the room wanted to back away. Unperturbed, Cook didn’t move a finger as he focused his eyes on his squirming target. Sometimes he would take an energy bar from his pocket while he waited for an answer, and the hush would be broken only by the crackling of the wrapper.

     *     *     *

ひと際苛酷なもの

アップルの厳しいカルチャーの中でも、Cook とのミーティングはひと際苛酷なものだった。あるとき同室していた他のグループのマネージャーが「その数字は間違っている。出て行け」と Cook が部下にいうのを聞いてショックを受けた。

Even in Apple’s unrelenting culture, Cook’s meetings stood out as harsh. On one occasion, a manager from another group who was sitting in was shocked to hear Cook tell an underling, “That number is wrong. Get out of here.”

     *     *     *

ギシギシしごく

Cook の四半期レビューは特に痛みを伴うものだった。Cook が黄色の付箋紙を使って、巧くいったものとそうでなかったものに分類しながら些細な点までギシギシしごくからだ。マネージャーたちは無傷で済みますようにと祈るものだった。「群れの最後尾でないかぎり[?]安心だ」と彼らはいい合ったものだ。

Cook’s quarterly reviews were especially torturous because Cook would grind through the minutiae as he categorized what worked and what didn’t, using yellow Post-its. His managers crossed their fingers in the hopes of emerging unscathed. “We’re safe as long as we’re not at the back of the pack,” they would say to each other.

     *     *     *

Cook の苛酷な側面をじつに鮮やかに描写している。

黙ったまま相手をじっと見つめて不安にさせるクセ」(Yukari Iwatani Kane の同僚の Nick Wingfield)とか「部下をズタズタにする」(Adam Lashinsky)ところはこれまでも取り上げられたことがある。

しかし CEO になってからの彼の様子をみるかぎり、正直いってこういう話には違和感がある。

ゴールドマン・サックスの会議のときや、米議会の公聴会に引っ張りだされたときの様子を見ても、非常に落ちついた対応に終始しているからだ。

まあ、ひとの本質は外見では分からないのかもしれないが・・・

いずれにせよ Cook のエピソードがまたひとつ加わった。

★ →[原文を見る:Original Text]

広告

Read Full Post »

Yukari-Kane-Daisuke-Wakabayashi

[ケイン・岩谷ゆかりと若林大介記者:video

WSJ の元記者 Yukari Iwatani Kane(ケイン・岩谷ゆかり)が、3月18日に出版されるアップル本『Haunted Empire: Apple After Steve Jobs』(亡霊につきまとわれた帝国 — ジョブズ亡きあとのアップル)の一部を WSJ で紹介している。

併せて彼女のインタビュービデオも掲載されている。聞き手は Daisuke Wakabayashi(若林大介:WSJ の現記者)だ。

WSJ.com: “The Job After Steve Jobs: Tim Cook and Apple” by Yukari Iwatani Kane: 28 February, 2014

[以下のビデオトランスクリプトは John Gruber による。]

     *     *     *

もはや伝説的な会社ではない

若林大介(Daisuke Wakabayashi):アップルをフォローしているものなら誰でも感じるアップルに常につきまとう疑問 — アップルの手触りは失われたのでしょうか? アップルはいまでもお山の大将(King of the Hill)でしょうか? 2年経ってみて、あなたの結論はどうですか?

DAISUKE WAKABAYASHI: The one big question that hangs over Apple, anyone who follows Apple, is, have they lost their touch? Is Apple still king of the hill? After two years, what’s your conclusion?

ケイン・岩谷ゆかり(Yukari Iwatani Kane):自分にとってその答えは明らかです。答えはイエスでなければならないのです。アップルはスティーブ・ジョブズを中心にして展開してきた会社です。それはジョブズ自身がやり方を変えてそのことを確実にしようとしたものなのです。アップルのひとびとはジョブズの強さと弱さでプレーするように条件づけられています。そして今まったく正反対の Tim Cook という人物がいる。多くの優れた点を持っていますが、それは異なった意味においてです。したがってその点で彼らはいわば産みの苦しみの最中なのです。・・・

YUKARI IWATANI KANE: I think the answer is obvious to me. The answer has got to be yes. This is a company who had revolved around Steve Jobs for so long, I mean that was something that Jobs himself went out of his way to make sure of. And the people there are conditioned to operate, to play off of his strengths and weaknesses. And so now you’ve got this completely opposite guy in Tim Cook, who is I think brilliant in many ways, but in different ways. But so they’re going through some growing pains in that. […]

若林:普通の偉大な会社ではあるけれど、もはや伝説的な会社ではないかもしれないということですか?

WAKABAYASHI: A normal great company, but maybe no longer an iconic company?

ケイン:そのとおりです。

KANE: Right.

     *     *     *

Yukari Iwatani Kane といえばジョブズの肝臓移植手術を最初に報じたことで知られる。このほかにもアップルの深奥部にまで食い入っていることを思わせる数々のスクープをものにした。

ジョブズが亡くなってからは記事も減り、そのうち WSJ を去った。

Yukari Iwatani Kane がスクープを出すたびに John Gruber が噛みついたものだ。アップル情報の第一人者を任じる彼としてはガマンできなかったのだろう。

上記インタビューについて Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “WSJ Runs Excerpt From ‘Haunted Empire’” by John Gruber: 01 March 2014

     *     *     *

インタビューの方が雄弁

ケインとのインタビュービデオは引用された本の内容より多くを物語っている。引用自体はかなり空虚なもの — Tim Cook は要求の多いボス、私的なことには全く触れず、金遣いはケチ — だと思う。

More telling than the excerpt itself, which I found pretty much empty (Tim Cook is a demanding boss, intensely private, and a frugal spender), is the video interview with Kane:

     *     *     *

Gruber が『Haunted Empire』の予告を見たのは、先月初めの The New Yorker の記事だった。

The New Yorker: “Why Is Apple Being So Nostalgic?” by Yukari Iwatani Kane: 03 February 2014

この記事の基本的スタンスに疑問を持った Gruber は 3000 語をこえる長文の記事で、これは「事実を筋書きに合わせるものだ」(From the Department of Fitting Facts to the Narrative)と批判した。

Daring Fireball: “From the Department of Fitting Facts to the Narrative” by John Gruber: 28 February 2014

批判の最後は次の文章で締めくくられている。

     *     *     *

寿命は短い

もし Kane の本がこの New Yorker の記事と同じトーンなら、書架に並ぶ寿命は短いだろう。

If the premise of Kane’s book matches the tone of her New Yorker piece, it might have a very short shelf life.

     *     *     *

いずれ出版されれば書評でその評価が明らかになるだろう。

筆者として今でも興味があるのは、ジョブズの肝臓移植手術という世紀のスクープのソースが誰だったかということだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »