Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Google Glass’

google-glass-is-dead

Google Glass Is Dead; Long Live Smart Glasses | MIT Technology Review

Seeing a computer on your face makes some people, for various reasons, extremely annoyed. The “explorers” have become widely known as “glassholes.”

But despite Google’s missteps, the technology isn’t going away. The idea that Glass represents—allowing you to ingest digital information at a glance—has appealed for decades to die-hards like Thad Starner, a Glass technical lead who has been making and wearing these kinds of gadgets since 1993. Researchers are going to keep plugging away until we get to a point where the technology blends into the glasses themselves, rather than sitting so obviously atop them.

広告

Read Full Post »

sergey-google-glass

[顔面に装着するコンピュータ:photo

次世代の新しいカテゴリーのデバイスとしてスマートウォッチGoogle Glass のようなウェアラブルコンピュータへの期待が大きく膨らんでいる。

Marco Arment の問いかけが興味深い・・・

Marco.org: “Smart Watches and Computers On Your Face” by Marco Arment: 29 December 2013

     *     *     *

可搬性と生産性が大きな柱

パーソナルコンピュータやスマートフォンは素晴らしい存在だ。われわれの暮らしの大きな2つの柱となっていることは明らかだ。持ち運べるか(portability)また生産性を高めるか(productivity)という2つの柱だが、それを除くとあとは収益逓減の世界となる。

The personal computer and the smartphone are amazing, and will almost certainly remain pillars of computing for the majority of our lifetimes. Beyond those two major portability and productivity classes, you hit diminishing returns.

     *     *     *

常に持ち運べるか

きょうびのデバイスにとって決定的に重要なのは、常に持ち運べる(portability)かどうかという点だ。その意味ではもはや2つのカテゴリーしかない。「常時携帯する」(always with you)か「そうでない」(not)かという2つのカテゴリーだ。常時携帯するデバイスは、ズボンのポケットにピッタリで、おかしくないことが大切だ。ポケットや小型ハンドバッグより大きくなると何らかのバッグが必要になる。そうなればフルサイズのラップトップだろうと何でも持ち運べることになる。(きょうびの超軽量ラップトップはじつに有能だ。)

Portability is critical to modern device usefulness, and there are only two classes that matter anymore: always with you, and not. Devices that are always with you must fit comfortably into pants pockets without looking stupid. If you’re exceeding the size of pockets or small handbags, you’ll need a bag of some sort, which means you can carry pretty much anything up to a full-featured modern laptop. (Ultralight laptops are extremely capable these days.)

     *     *     *

狭まる差

常時携帯するデバイスではスマートフォンが支配的だ。もちろん常時携帯しない場合もあり得る。睡眠中や入浴中はもちろんとしても、ジョギングの場合をよく耳にする。しかしそれはごくまれで、スマートフォンが小型化し、安価になり、丈夫になるにつれてますますその差は狭まってくる。

Smartphones dominate always with you. There are situations where people won’t carry one — besides the obvious ones like sleeping and showering, the most common one I hear is jogging — but these are few and far between, and will shrink over time as smartphones get smaller, cheaper, and more durable.

     *     *     *

微妙なタブレット

タブレットの位置付けはいささか微妙だ。スマートフォンより有用ではなく、小型ラップトップ以上に持ち運びやすいワケではない。それでも大衆マーケットのカテゴリーとしてはどうにか正当化できると思う。なぜなら、タブレットとはいっても所詮大きなスクリーンのスマートフォンに過ぎないので、製造やサポートの負担はさほど大きくないからだ。ハードウェアもソフトウェアやアプリもほぼ同じで、大きなスクリーンサイズの恩恵を被る仕事ではスマートフォンより優れている。

Tablets sit in an awkward portability class: they aren’t that much more useful than smartphones, but aren’t much more portable than small laptops. I think they’re still (barely) justifiable as a mass-market category because they’re not much of a burden to make and support because they’re just smartphones with larger screens — they have roughly the same hardware, software, and applications, and are better than smartphones at tasks that benefit from more screen area.

     *     *     *

スマートウォッチや顔面装着コンピュータ

しかしながら「スマート」ウォッチや顔面に装着する Google Glass のようなコンピュータはどうして必要なのか? これらのハードウェアおよびソフトウェアとしての必要性はスマートフォンとは根本的に異なる。しかもより有用というワケではない。常時携帯はするが、スマートフォン以上に携帯性に富むワケではない。ファッションや気味悪さという点で大きなコストを払うことになる。多くの購買者が必要だし、使い方を覚え、きちんとメンテして、毎晩充電しなければならないなど手がかかる。もっとも致命的なのは、ほとんどすべての事柄で — 大衆にアピールし、実生活で役立つことのほぼすべてにおいて — スマートフォンの方がそこそこ、あるいはもっと良くやれるという点だ。これまでの大衆家電ビジネスから学んだことがあるとすれば、それは「そこそこにいいもの」で十分ということだ。

But why do we need “smart” watches or face-mounted computers like Google Glass? They have radically different hardware and software needs than smartphones, yet they don’t offer much more utility. They’re also always with you, but not significantly more than smartphones. They come with major costs in fashion and creepiness. They’re yet more devices that need to be bought, learned, maintained, and charged every night. Most fatally, nearly everything they do that has mass appeal and real-world utility can be done by a smartphone well enough or better. And if we’ve learned anything in the consumer-tech business, it’s that “good enough” usually wins.

     *     *     *

新しモノ好きの新規カテゴリーフェチ

これが新しモノ好きの新規カテゴリーフェチに自分がガマンできない理由だ。だからアップルには時計にまで手を広げ過ぎないで欲しいと願う。われわれはすでに強力なデバイスを — まだその可能性をほとんど極めていない強力なデバイスを手にしているのだ。われわれのアテンションやリソースを分散してまで新しいカテゴリーのデバイスを増やす必要はない。普通に使っているかぎり、われわれの暮らしが極端に良くなるとは思えないカテゴリーのために・・・

This is why I’m down on new-hardware-category fetishism and why I’d rather Apple not overextend themselves further for a watch. We already have extremely powerful devices that we’re barely using the potential of — we don’t need to divide our attention and resources further to add new device categories to our lives that aren’t massively better in normal use than what we already have.

     *     *     *

陳腐化と破壊

80年代、90年代にはコンピュータによって多くのデバイスが余計な存在あるいは陳腐な存在に変わっていった。90年代、2000 年代にはウェブが多くのレガシービジネスを破壊した。そして 2000 年代、2010 年代にはスマートフォンがもっと多くの古い製品やビジネスを壊滅させた。

PCs made many other devices redundant or obsolete in the ’80s and ’90s, the web demolished many legacy businesses in the ’90s and ’00s, and smartphones have obliterated many more old products and businesses in the ’00s and ’10s.

     *     *     *

手つかずの膨大な可能性

コンピュータとインターネットとスマートフォン(それに多分タブレットも)の組み合わせは畏怖の念を起こさせるほど凄い。今日のパーソナルコンピュータに必要なものほぼすべてを満足させる。それなのにソフトウェアやサービスの面ではまだほとんど手つかずの膨大な可能性が残されているのだ。

The combination of a computer, internet connectivity, and a smartphone (and maybe a tablet) is awesome. It satisfies nearly every modern demand for personal computing hardware and still has massive untapped potential for software and services.

当面はそれで十分なのではないか。

Maybe that’s all we really need for a while.

     *     *     *

筆者にとってもデスクトップと iPhone の2つは欠かせない存在だ。

とくに iPhone は常時手放せない。

しかも VoiceOver を使うようになってから iPhone がまったく別なモノへと変貌している。画面はタッチパッドとなり、ナビゲーションの方法も変わった。

筆者にとって今や iPhone は電話でもインターネット端末でもなく、音声をタッチでコントロールする未知の世界への案内人だ。

「手つかずの膨大な可能性」という意味もよく分かるような気がする。

新しいカテゴリーの次世代製品として期待される iWatch や Google Glass などウェアラブルコンピュータはどうやって制御するのだろうか。

満員電車の中で — 筆者の場合はベッドの中で — 時計に向かってボソボソ話しかけたり、メガネでパントマイムしたりするのは勘弁して欲しい。

ここはじっくり見極める必要がありそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

tumblr_mi9llngYW51qz4mo8o1_500

[実用化された(?)ウェアラブルコンピュータ:photo

次世代デバイスとしてウェアラブルコンピュータが注目を浴びている。

眼鏡型か腕時計型かという議論もあるが、Google Glass の方が一歩先んじているという話もある。

MG Siegler いわく、「これぞ Google Glass バージョンワン。

すでに中古ショップでも入手可能とか。

たしかにノクトビション[noctovision:赤外線暗視装置]もそういう見方ができないこともない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:「時計」と呼ぶかどうか》

appleiwatch

[カーブガラスを採用した iWatch:image

NY タイムズや WSJ が取り上げたことで、iWatch のウワサも一気に信憑性を帯びてきた。

さらに続く Peter Burrows の記事が興味深い。 iWatch の開発者が約百人もいるというのだ。

Bloomberg: “Apple Said to Have Team Developing Wristwatch Computer” by Peter Burrows and Adam Satariano: 13 February 2013

     *     *     *

百人のデザイナー

アップルでは約 100 人のプロダクトデザイナーが腕時計スタイルのデバイスを開発中だと、アップルの開発計画に詳しい2人がいっている。このデバイスは現在 iPhone や iPad が処理している仕事のいくつかを担うことになるという。

Apple Inc. has a team of about 100 product designers working on a wristwatch-like device that may perform some of the computing tasks now handled by the iPhone and iPad, two people familiar with the company’s plans said.

     *     *     *

テスト段階はすでに終えた

昨年大きくなったこのチームには、マネージャークラス、マーケティンググループのメンバーに加えて、iPhone や iPad の開発に携わったことのあるソフトウェアエンジニアやハードウェアエンジニアが含まれている、とこのソース(匿名希望)は語る。このチームが大きいことから、すでにテスト段階は終わっていることが分かる、とこのソースはいう。

The team, which has grown in the past year, includes managers, members of the marketing group and software and hardware engineers who previously worked on the iPhone and iPad, said the people, who asked not to be named because the plans are private. The team’s size suggests Apple is beyond the experimentation phase in its development, said the people.

     *     *     *

株主からの圧力

売上げの伸び悩みとサムスンのようなライバル企業との競争に晒されて、株価が9月以来 30% 以上下落したのを見た株主から、CEO の Tim Cook は圧力を受けている。高価格でより革新的な新しいガジェットを出せないのなら、投資家に現金を還元すべきだというものだ。

Chief Executive Officer Tim Cook is facing pressure from shareholders who have seen the stock slump more than 30 percent since a September high amid slowing sales growth and competition from rivals such as Samsung Electronics Co. Without a revolutionary new gadget that commands a higher price, investors are pushing for Apple to return more cash.

     *     *     *

ポッカリ開いた穴

元アップル社員で技術コンサルタントの Bruce Tognazzini は先週自らのブログで「この iWatch はアップルのエコシステムにポッカリ開いた穴を埋めるだろう」と書いている。「これまでアップル製品がもたらしたブレイクスルーと同じように、iWatch の価値は発表当初は十分に理解されないだろう。しかしいずれはわれわれの生活にも、アップルの富にも、重大な影響を及ぼすことになるだろう。」

“The iWatch will fill a gaping hole in the Apple ecosystem,” Bruce Tognazzini, a technology consultant and former Apple employee, wrote in a blog post last week. “Like other breakthrough Apple products, its value will be underestimated at launch, then grow to have a profound impact on our lives and Apple’s fortunes.”

     *     *     *

マネージャークラス以上も

このソースによれば、腕時計スタイルコンピュータを開発するメンバーには、アップルの上級エンジニア担当ディレクター James Foster や別のマネージャー Achim Pantfoerderも含まれると、このソースは語る。ソースのひとりによれば、これまでもアップルはフィットネスのウェアラブルトラッキングデバイスを開発したことがあるが、市販するには至らなかったという。

Apple’s James Foster, senior director of engineering, and Achim Pantfoerder, another manager, are part of the efforts to introduce a wristwatch-style computer, according to the people. Apple has worked on wearable devices for tracking fitness in the past, but never brought them to market, said one of the people.

     *     *     *

Google Glass

腕時計の開発は、バッテリー充電を毎日しなくても済むようにするという意味でユニークな挑戦だ。グーグルも眼鏡スタイルのコンピュータ(Google Glass)を開発中であり、2014 年には発表する計画だ。

Creating a watch creates unique challenges, particularly managing power demands so that the battery does not need to be recharged every day. Google Inc. has been working on eyeglass- embedded computers and plans to introduce them in 2014.

     *     *     *

ウェアラブルコンピュータ

ウェアラブルコンピュータ(wearable computing device)の導入は家電製品における新しい方向を示しているのかもしれない。アップルが 2007 年に iPhone を、2010 年に iPad を登場させたことで、タッチスクリーンのスマートフォンやタブレットのマーケットが生まれた。グーグル、サムスン、マイクロソフトもこれに追随している。

The introduction of a wearable computing device may signal a new direction for the consumer-electronics industry. Apple’s debut of the iPhone in 2007 and iPad in 2010 created the market for touch-screen smartphones and tablet computers that have been followed by companies such as Google, Samsung and Microsoft Corp.

     *     *     *

眼鏡より大きい可能性

たとえ市場に出せる製品として実らなくても、アップルが腕時計のような製品に投資するのは正しいことだ、と Josh Spencer[T. Rowe Price Group のファンドマネージャー]はいう。

Apple is right to invest in products such as watches, even if they don’t result in commercial products, said Josh Spencer, a fund manager at T. Rowe Price Group Inc.

「グーグルの眼鏡よりアップルの腕時計を身につけるひとの方が多いだろう」と Spencer はいう。

“There’s more people that would wear an Apple watch than would wear Google glasses,” Spencer said.

     *     *     *

鴻海も

iPhone の組み立てを行なっている鴻海精密工業[Hon Hai Precision Industry:Foxconn の親会社]は、2001 年に WIMM Lab に投資し、スクリーン、Wi-Fi、ブルートゥースを備えた腕時計のデザインを行なわせている。

Hon Hai Precision Industry Co., which assembles the iPhone, in 2001 invested in startup WIMM Labs, which designed a a watch with a screen, Wi-Fi and Bluetooth.

     *     *     *

アップルがそこまで力を入れているのなら、iWatch の詳細が報じられるのもそう遠くはなさそうな気がする・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》「時計」と呼ぶかどうか(2月15日)

久しぶりに「Next Big Thing」につながりそうなウワサで心躍るが、それが何なのかとなると今ひとつハッキリしない。

52 Tiger: “What if “watch” is the wrong word?” by Dave Caolo: 13 February 2013

     *     *     *

「時計」と呼ぶかどうか

多くの技術ブログが、新しいウェアラブルデバイスをアップルが開発中かもしれないと書いている。適切な名称がないので、多くはこれを「時計」と呼んでいるが正確ではないと思う。

Many tech blogs have published articles about the possibility that Apple is working on a new, wearable device. For lack of a better term, most are calling it a watch. I suspect that’s inaccurate.

アップルがデザインしているのは時計ではなく次世代ポータブルデバイスだと考えてみよう。今日の iOS デバイスがやることのほとんどを、まったく新しいやり方で、小さなフォームファクターで出来るモノ。とても小さいので、手首に付けることができるぐらいの大きさのモノ。比較の対象として時計を考えるのは十分理解できる。しかしアップルは、パックについていくだけでなく、パックの動きを予測してプレーをする[注]ことに長けている。われわれのほとんどはそこまで予測できないのだ。

[注]カナダのアイスホッケー名選手ウェイン・グレツキー(Wayne Gretzky)の「パックについていければ一流の選手だ。しかし、超一流の選手というのはパックの動きを予測してプレーをするものだ。」(A good hockey player plays where the puck is. A great hockey player plays where the puck is going to be. )ということばから。

Imagine that Apple isn’t specifically designing a watch, but the next step in its portable devices. Something that does much of what iOS devices do today, only in a novel way, and in a smaller form factor. Small enough to be, say, attached to one’s wrist. It’s understandable to think of this thing as a watch because that’s the logical point of reference. But Apple excels at skating to where the puck will be, not where it is, and most of us can’t see that far ahead.

     *     *     *

次世代ポータブルデバイスだとしても、それが何かを予想するのはなかなか困難だ。

Minimal Mac: “On Watch Rumors” by Patrick Rhone: 13 February 2013

iPod の先例がある

tumblr_inline_mi5ymg9SVv1qz4rgp

[タッチインターフェースの先駆け:photo

ここに1枚の証拠写真がある。アップルが開発中かもしれずそうでないかもしれないモノが何なのかがわれわれにはサッパリ分からないということを示していて、それをあれこれ推測しても無意味で、その機能や形状をいくら考えてみても間違っているだろう — そういうことを示す1枚の写真だ。

And here, in a single image, is why we have no idea what Apple may or may not be working on, why it is useless to speculate about it, and why almost anything we can think it might be act or look like is likely wrong.

     *     *     *

確かに iPod が登場したとき、今日の iPhone や iPad を想像できたひとが果たしてどれだけいたかは疑問だ。

iPod がタッチインターフェースの先駆けだったとすると、新しいデバイスのインターフェースは何になるのだろうか。

「iWatch」のカギはその辺にありそうだ・・・

Read Full Post »