Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Goldman Sachs conference’

web_tim_cook_rep-100053517-gallery

Tim Cook が口を開くとみんなが耳をそばだてる・・・

ライブ:

Goldman Sachs Technology and Internet Conference | Apple

トランスクリプト by Serenity Caldwell:

This is Tim: Cook at the Goldman Sachs Conference | iMore

まとめ:

Tim Cook speaks: Apple Watch, Apple Pay, and what he really thinks of Android | Macworld

とりあえず・・・

Tim Cook Doesn’t Believe This Made-Up Math Law Will Limit Apple’s Growth | Bloomberg Business

Tim Cook setting the Apple Watch bar on “Cool” | The Loop

Read Full Post »


[Tim Cook:photo

ゴールドマン・サックス会議での Tim Cook の対応をみて、彼に対する評価がぐっと増したようだ。Tim Cook こそ今のアップルに必要とされる人材だというのだ。

ZDNet: “Tim Cook and a more likeable Apple” by Larry Dignan: 15 February 2012

     *     *     *

まさに打ってつけの人材

ゴールドマン・サックスの投資家向け会合でアップルの CEO Tim Cook は、中国の労働事情、株式配当の可能性、Apple TV、製品競合などについて話をした。しかし最大のニュースは話をした彼自身だったのかもしれない。

Apple CEO Tim Cook talked Chinese working conditions, potential for a dividend, Apple TV and product cannibalization at a Goldman Sachs investment conference, but the biggest news may have been about the speaker himself.

端的に言えば、Cook はアップルが求めているまさに打ってつけの人材なのだ。私にとってアップルと Cook は実に好ましい状態になった。

Simply put, Cook is the right person at the right time for Apple. Apple and Cook are simply more likeable to me.

     *     *     *

製品メンタリティを超えた

火曜日の会議に出席して Rachel King と一緒に Cook の話をこの耳で聞いてみて、私としてはこの CEO を強く応援せずにはいられない気持ちになった。NY タイムズの Nick Wingfield はアップルが Cook を最新の製品として発表したといっているが、私はその反対だと思う。アップルは CEO の製品メンタリティを超えたのだ。はっきり言おう。Steve Jobs は製品そのものであり、パーソナリティのカルトだった。彼が軽蔑したことは多く、投資家の会合で話すことなど決してなかった。

As I’m listening to Cook’s chat Tuesday with Rachel King who was on scene, it hit me that it’s hard not to root for the CEO a bit. The New York Times’ Nick Wingfield said Apple revealed Cook as its latest product. I believe the opposite. Apple revealed that it has moved beyond the CEO as product mentality. Let’s face it: Steve Jobs was a product. Jobs had a cult of personality. He had disdain for many things and would have never talked before an investor conference.

     *     *     *

オープンで率直

Cook は多くの点において Jobs 的ではない。全然華々しくないし、サプライチェーンの仕事の虫だ。すべての解答を持っているわけではない。しかし配当をある程度すべきだなどというクレージーな考えに対してもオープンだ。それに火曜日のゴールドマン・サックスのトークショーで見せたように包み隠さず、かなり率直だ。

Cook comes off as the anti-Jobs in many respects. He’s not all that flashy. He’s a supply chain wonk. He doesn’t have all the answers, but is open to crazy ideas like a dividend of some sort. And he’s pretty forthcoming as Tuesday’s Goldman Sachs talk showed.

     *     *     *

攻撃の矢面に立つアップル

なぜそれが重要なのか? Cook のアプローチや、トーン、パーソナリティは現時点のアップルとって好ましいものだ。アップルはいろいろな面で攻撃の矢面に立つだろう。まず第一に、中国のサプライチェーンの問題ではアップルだけが問題にされている。みんなが持っているモノは(アップル製品に限らず)ほとんどすべて同じようにして作られているにも関わらず。それに様々の規制措置とも無関係ではあり得ない。当然多くの競争に曝されることになる。

Why does this matter? Cook’s approach, tone and personality will be better for Apple at this point in its history. The company is going to be a target on multiple fronts. For starters, Apple is getting singled out for its China supply chain conditions even though pretty much everything you own worked through the same production steps. And then there’s the inevitable regulatory issues. Naturally, there’s a lot of competition.

     *     *     *

Jobs 時代とは異なるやり方

予測できない事態にも Cook なら Jobs よりうまく対処できるだろう。Jobs がサプライチェーンで叩かれてもうまくやれるところなんて想像できない。議会の公聴会? 大変、たいへん、Jobs じゃ大混乱だろう。Cook なら手榴弾でも意のままに扱かえるだろう。Jobs の時代にアップルは宗教的オーラを帯び、たくさんのファンボーイを作った。Cook の下では異なる雰囲気になるだろう。

oCok can manage through those s better than Jobs would have. It’s hard to imagine Jobs walking through the supply chain flap and coming off well. Congressional hearings? Forget about it. Jobs would have been a mess. Cook can juggle those hand grenades. Apple under Jobs had this religious aura and army of fanboys was created. Under Cook, the vibe is different.

それに Cook なら死に物狂いで競争するだろうし、それはいいことだ。アップルのすべては偉大な製品を作ることだともいっている。Cook は自分流のやり方でアップルを進化させる。激しい攻撃に曝されるまさにその時に・・・

Oh sure, Cook is competitive as hell and that’s good. Cook also said that Apple will be all about great products. But there’s also something more there. Cook is making his own way and Apple will evolve—just in time given that it’s going to be targeted immensely.

     *     *     *

Cook 流のやり方で

結論:Cook は製品発表のキーノートで耳目を集めたりはしないかもしれない。しかし彼流のやり方で CEO の仕事をこなすのだ。そのやり方は — 地球上で最も成功した技術企業を運営するやり方としては控え目なものかもしれないが、アップルの将来にとってみれば大きな資産なのだ。

Bottom line: Cook isn’t magnetic in a product keynote, but he’s doing the CEO gig his way. That way—a little bit of humble when you’re running the most successful tech company on earth—is going to be a huge asset for Apple going forward.

     *     *     *

ゴールドマン・サックス会議の様子を聞いたものが感じる印象をよく言い得ているのではないかと思う。

桁外れの実績を出したアップルを率いる新 CEO に対する巷の評価は絶大なようだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Steve Jobs とは違うやり方をする Tim Cook:photo

Tim Cook がゴールドマン・サックスの会議で話をするということが急遽発表された。その会議の様子を NY タイムズが次のように伝えている。

NYTimes.com: “Apple Chief Unveils a New Product: Himself” by Nick Wingfield: 14 February 2012

     *     *     *

投資家との友好的な関係

Steven P. Jobs の存命中、彼は投資家をまるでバイオハザードのように扱い、滅多に会おうとはしなかった。互いに軽蔑し合っていたワケではないことは過去10年間のアップル株のチャートを見れば分かる。

When he was alive, Steven P. Jobs, Apple’s former chief executive, treated investors as if they were biohazards, rarely deigning to meet with them. The disdain was not mutual, as an Apple stock chart for the last 10 years shows.

新しいアップル CEO の Timothy D. Cook は、前任者と違ったやり方をするつもりであることを火曜日に明らかにした。Jobs 氏の嫌いな投資家対策に長い間携わってきた Cook 氏は、ゴールドマン・サックスの会議で、滅多に公衆の前には姿を現さない彼としては珍しくときには人柄まで示しながら広い範囲の話題について語った。Jobs 氏の死の数週間前、昨年8月に CEO になって以来、Cook 氏がこれほど多くの公式コメントをしたのは初めてだ。

Timothy D. Cook, Apple’s new chief, showed on Tuesday how he planned to do things differently from his predecessor. Mr. Cook, who long handled the investor relations chores Mr. Jobs avoided, spoke at a Goldman Sachs conference on a wide range of topics, all the while displaying a bit more personality than he has in public presentations in the past. His appearance amounted to his most extensive public comments since he became chief of Apple in August, just weeks before the death of Mr. Jobs.

     *     *     *

ゴールドマン・サックス会議の模様はアップルサイトにもアップされているので、直接その内容を聞くことができる。

この様子を聞きながら感じた印象・・・

Tim Cook が特に気負ったところもなく「心地よさそうに」話しているのが特に印象的。

毎期の決算発表でアナリストの相手をするのは長い間の習わしだった。たぶんゴールドマン・サックスの司会とも旧知の間柄であろうことは両者の話し振りを聞いていても感じられる。

D のインタビューで Walt Mossberg を相手に語る Steve Jobs が感じていたであろう「心地よさ」みたいなものと共通するものがあるような気がした。

Macworld のようなスペシャルイベントのキーノートをプレゼンテーションの場として好んだ Jobs と異なり、これから Cook はこのようなアナリストとの場で、数字に強い経営者というスタイルで話す機会が増えるのではないだろうか。

これまで外部に知られることの少なかった Cook の個人的特質も窺われるような話ぶりで、話題の広さと相まって、これからのアップルを占う上での必聴の内容だと思う。

新しいアップル時代の幕開けという感を強くした。

★ →[原文を見る:Original Text

《参考》

会議の音声ストリーミング:
Technology and Internet Conference 2012 | Apple

Tim Cook の発言記録:
Transcript: Apple CEO Tim Cook at Goldman Sachs | Fortune Tech

Read Full Post »