Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Gil Amelio’

[The Twentieth Anniversary Macintosh Experience | YouTube

オリジナル Macintosh を現代風にアレンジしたデザインが先日話題になった

とても実用的とはいえないが、それでも古くからのマックユーザーは心をくすぐられる。

ことほどさように時代物のマックはオールドファンにとって懐かしい存在だ。

20周年記念モデルの「TAM」もそんなマックのひとつだ。Twentieth Anniversary Macintosh の略で、アップルが創業20周年を記念して発売した限定モデルのことだ。

少し前だが、オーストラリアの映像アーチスト Max Piantoni が「TAM」に付属する体験 CD の紹介をしていた。

Video: The Twentieth Anniversary Macintosh Experience CD | TUAW

young_jony

この珍しい体験 CD(Experience CD)の見所は、若き日の Jony Ive が TAM のプロモーションビデオに登場しているところ。後に iMac の先駆けとなるこのオールインワンのマックについて彼が語っているのだ。[5:45 ごろから]

     *     *     *

実はこの20周年記念限定モデル「TAM」はいわくつきの製品でもあった。

1997 年の Macworld Expo で発表され、2人のスティーブに贈られたものだ。しかしこのときの Gil Amelio のキーノートは「アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表」といわれた。(キーノートのジョブズの憮然たる表情はなんとも印象的だ。)

まだジョブズがアップルに復帰する前の、Amelio の時代のことだった。

ジョブズがこの TAM を嫌っていたのは有名だ。

アップルに復帰したジョブズがまず最初にやったのは Amelio の机に乗っていた TAM を窓から放り出すことだったという伝説(真偽のほどは分からない)まであるほど。

そんな TAM を Jony Ive がプロモートしているのだから皮肉だ。

その後時を経てこのデザインは現在のオールインワン iMac に結実することになる。

冒頭の Max Piantoni が解説するビデオの他にも、Jony Ive の部分だけを抜き出したものもある。

若き日の Jony Ive(まだ髪もフサフサ)が見れるだけでも貴重だ・・・

Read Full Post »


[NeXT, OpenStep and the return of Steve Jobs to Apple | YouTube]

考えれば考えるほど、今日のアップルの成功の遠因は NeXT 時代にあったという気がしてくる。

この1997 年の Macworld Expo キーノートビデオはそのことを確信させてくれる。

優れたビジョナリーを指導者に持つことがこれほどまでの差異をもたらすとは・・・

精気あふれた若き日の2人の Steve も必見。

Daring Fireball: “It’s Been a Long 14 Years” by John Gruber: 07 February 2012

     *     *     *

なんと長い14年間だったことか・・・

It’s Been a Long 14 Years

NeXT 買収とそれに続く Steve Jobs の復帰を経てアップルがいかに遠くまでやって来たことか — 1997 年 の Macworld Expo におけるこのビデオを見るとそれを痛感させられる。当時のアップルの CEO Gil Amelio はとりとめもなく話し続ける。惨めなほど準備不足、リハーサル不足の状態で・・・。引き続き Jobs がステージに立つ。よく練られて張りつめたプレゼンテーション、具体的な計画だ。その後 Amelio に司会が戻り、アップル史上最悪かつ最もぶざまな製品発表が行なわれる。

If you want a visceral sense of just how far Apple has come since the NeXT acquisition and Steve Jobs’s return, you’ll do no better than watching this video from Macworld Expo 1997. Then-CEO Gil Amelio rambles on and on, woefully unprepared and unrehearsed. Then, Jobs takes the stage, with a tight presentation and an actual plan. Then Amelio returns to preside over what must be the worst and most awkward product introduction in company history.

     *     *     *

古きアップル(Amelio の Rhapsody)とまさに変わらんとするアップル(Jobs の OpenStep)とのこれほどまでの違い・・・

20周年記念 Mac[Twentieth Anniversary Macintosh、TAM]の発表と併せ行なわれたこのキーノートは、その内容と登場人物の故にいまや歴史的価値を持つのではないか。

改めて Jobs を失ったことの大きさが痛感させられる・・・

★→[ビデオを見る:Macworld Expo 1997

Read Full Post »