Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Game’

monumentvalley-bleed

ゲームとしての成功を経済的成功に結びつけることの難しさ・・・

Monument Valley in Numbers | Monument Valley by ustwo™ games

Release Trailer – Monument Valley Game – out now | YouTube

Monument Valley, by the numbers | Six Colors

The geometry-bending puzzle game Monument Valley was one of the hit games of the last year, and it was hard not to find it delightful—unsurprisingly, it made our top iOS games of the year list. But we already know that critical and even popular success doesn’t always translate into financial success.

It’s yet another fascinating data point of the economics behind apps, though even this may not paint a full picture—ustwogames is, itself, a smaller part of ustwo, a larger studio, and it’s unclear exactly how this is reflected in aspects like development costs. And, even more to the point, hardly every app—or even one in a thousand or ten thousand—has this kind of success.

Read Full Post »

flapp-bird-swift

[Flappy Bird クローン:image

新しいプログラミング言語 Swift の関心が高まっている。

アップルのプログラマーが Flappy Bird のクローンを4時間で書いたそうだ・・・

iMore: “Developer builds Flappy Bird clone in Swift with 4 hours experience” by John Callaham: 04 June 2014

     *     *     *

Swift で簡単にゲームが作れる

WWDC 2014 キーノートでアップルの新しいプログラミング言語 Swift が発表された。アップルのプログラマーのひとりが人気のモバイルゲーム「Flappy Bird」のクローンを Swift で書いた。Swift を使えば簡単にゲームが作れるというワケだ。

As part of its WWDC 2014 keynote address, Apple introduced Swift, their new programming language. Now one of the company’s own programmers has created a clone of the popular mobile game Flappy Bird with Swift to show how easy it is to make a game with the language.

     *     *     *

4時間で Flappy Bird のクローン

プログラマーの名前は Nate Murray。月曜日に公式に発表されるまで Swift の経験はまったくなかったという。彼は Flappy Bird のクローンを書きはじめ、FlappySwift と名付けた。たった4時間で実働バージョンが出来たという。そのソースコードは GitHub で公開されている。

The programmer, Nate Murray, claims he had no prior experience in using Swift before Apple officially announced the language on Monday. He then starting working on the Flappy Bird clone, which he naturally calls FlappySwift, and said he was able to create a working version of the game in just four hours. He’s released the source code for the game on the GitHub site.

     *     *     *

Swift のオンラインコース

Swift の最終バージョンは、OS X 10.10 および iOS 8 と一緒に今秋にリリースの予定だ。近い将来 Murrary はオンラインの Swift 開発コースを提供する予定だ。

Apple plans to release the final version of Swift sometime this fall, alongside the launch of OS X 10.10 and iOS 8. Murrary plans to offer an online Swift development course in the near future.

     *     *     *

楽しみ・・・

それまではこの FlappySwift で勉強しよう。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ》

Bristol_boy

[タダだからクリックしただけなのに・・・:photo

小さいお子さんのいる親御さんはご用心、ご用心・・・

アプリ内課金に引っかかった子供が10分間で 1700 ポンド[24 万円]も使ってしまったというお話。

Gizmodo UK: “Apple Refunds Parents After Kid Blows £1,700 on In-Game Purchases in 10 Minutes” by Gary Cutlack: 01 March 2013

     *     *     *

無料ゲームに仕掛けられたワナ

子供を餌食にしようとゲームの中に仕掛けられた実に恥知らずなアプリ内課金の話がニュースのヘッドラインを飾ってしまった。5歳の少年がゲームに仕掛けられた 69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のガラクタを集めに集めて、なんと 1710.43 ポンド[24 万円]も使ってしまったのだ。

The absolutely shameless notion of in-app purchases inside games aimed at kids has hit the headlines big time, after one five-year-old boy managed to spend £1,710.43 on miserable £69.99 bundles of in-game junk.

     *     *     *

「Zombie v Ninja」

少年の名は Danny Kitchen。ゲームの名前は「Zombie v Ninja」で、iTunes から無料でダウンロードできる。無料ゲームであることを確認した両親は Danny 君のために iTunes のパスワードを入力してやった。で、Danny 君はそのまま支払いを続けてしまったというワケ。

The boy in question is called Danny Kitchen. The game is Zombie v Ninja, which is “free” for download on iTunes. When he asked for the iTunes password Danny’s parents typed it in, saying they were reassured by the fact that the game was listed as being free, so left him to get on with playing the thing.

     *     *     *

キーや武器セットを集めると

Danny 君は映画『マイナー・ブラザース/史上最大の賭け』(Brewster’s Millions)みたいに、69.99 ポンド[9800 円強]もするゲーム内のキーや武器セットを気が狂ったように買い続け、その結果ママにとんでもないクレジットカードの請求がきてしまったというワケ。それを知ったとき「ボクはとても心配で悲しかった」という。そして「もう iPad は使わせてもらえないんだ」と。

Danny then went in-app purchase bonkers in a Brewster’s Millions style, buying loads of the £69.99 in-game keys and weapon packs, and racking up an enormous credit card bill for his mum. “I was worried and I felt sad,” said Danny, when he found out, adding: “I’m banned from the iPad now.”

     *     *     *

払い戻しに応じたアップル

アップルはこのカネの払い戻しに合意した。アップルがそうしたことはいいことだが、ゲームメーカーが子供からカネをむしり取ろうと 69.99 ポンド[9800 円強]もするゴミをゲームの中に仕掛けることのないようにさせたらもっとよかったのに。これってクリスマスのクラッカーを鳴らしたら、税金の請求書とイバラの冠が中から出てくるみたいなヒドい話だ。

Apple has agreed to refund the money. While it’s nice of Apple to do that, it would be nicer still if it stopped publishers putting abysmal, money-grabbing bundles of £69.99 crap in games aimed at children. It’s like pulling a Christmas cracker and finding a Council Tax bill and a crown of thorns inside.

[via BBC

     *     *     *

無料のゲームにそんなワナを仕掛けることも出来るのか!

くれぐれもペアレンタルコントロールはお忘れなく・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ(3月3日)

子供をもつ親にとって moto_maka 氏の「子供にタブレット等で遊ばせる際の注意点のまとめ」は必見だ。

ちゃんと「iOSでアプリ内課金等を制限する方法」もあるのですね。

・iOSでアプリ内課金等を制限する方法

「設定」「一般」「機能制限」
「App内での購入」をオフにする

もっとも筆者の iPhone では、すべての機能がオンになっていていじれないのはどうしてだろう? → gen59 さん、ヘルプのコメントありがとうございました。]

また、ガジェットさん家 氏の「子供『iPadで遊んでいい?』 ママ『いいわよ~』→20万円の請求」も参考になる。

クレジットカードを使わずに iTunes Store、App Store、iBookstore、および Mac App Store アカウントを作成する方法」があるなんて知らなかった。

子供に iPhone や iPad を持たせる親だけでなく、大人自身にもいろいろ勉強しなければならないことがあるようだ。

Read Full Post »

ipad-mini.jpg

7インチ iPad

Steve Jobs が全面的に否定したにもかかわらず、またぞろ7インチ iPad のウワサが浮上している。

Chris Maxcer の意見がオモシロい。ちょっと視点を変えれば、7インチ iPad が登場する可能性はあるじゃないかというのだ。

MacNewsWorld: “Why Apple Might Be Game for a 7-Inch iPad” by Chris Maxcer: 14 December 2010

     *     *     *

小型 iPad のウワサ

新しいウワサで私がビックリしたのは、小型の iPad をアップルが出すという点だ。iPad mini や iPad nano ではなく(それじゃ iPod touch だ)、7インチサイズという新しい話だ。現行の iPad[9.7 インチ]と iPod touch[3.5 インチ]の中間サイズを計算すれば 6.6 インチになるが、それはどうでもいい。実際のサイズは、ひとつひとつのピクセルの大きさとスクリーン自体の作り方、それにアップルがその形状に収めようとするピクセルの数によって決まる。

What has surprised me, though, is the new rumor that Apple is planning on launching a new, smaller iPad. Not exactly an iPad mini or iPad nano (that would be the iPod touch, no?), but something new in the seven-inch screen size range. The current iPad screen is 9.7 inches, while the iPod touch screen is 3.5 inches on the diagonal. Oh, and in case you like math, the middle screen size between the two would be 6.6 inches — not that it matters exactly, anyway, because the actual size will have more to do with the number of pixels that Apple will want to fit into the form factor, along with the individual pixel size and manufacture of the screen itself.

     *     *     *

7インチでは十分でない

jobsbq.jpg

指だってすり減る・・・

でも Steve Jobs は公の席で小型タブレットをこき下ろしたのではなかったか? そうだ、確かにそうだ。10月の四半期決算発表で Jobs は投資家を前に「来月は雪崩のようにタブレットが登場する」と語った。ちゃんとしたものは少ないが、ほとんどみな7インチスクリーンを採用する、と。「7インチサイズでは偉大なるタブレットアプリを作るには十分ではない」とまでいったのだ。

But didn’t Apple CEO Steve Jobs just publicly bash little tablets? Yes, yes he did. In October on Apple’s quarterly financial report conference call with investors, Jobs took a moment to address an “avalanche of tablets poised to enter the market in the coming months.” He said that while there would only be a few credible entrants, almost all of them use seven-inch screens, and more to the point, a seven-inch screen size “isn’t sufficient to create great tablet apps.”

     *     *     *

中途半端な存在

さらに続けて Jobs は、7インチタブレットは中途半端な存在(tweener)で、スマートフォンに対抗するには大きすぎ、iPad と対抗するには小さすぎると語った。

He went on to say that seven-inch tablets are “tweeners” — too big to compete with a smartphone and too small compete with an iPad.

確かに彼は正しい。

He’s right.

     *     *     *

もっと考えればよかった

初めてこの話を聞いたとき、自分はこう思ったものだ。すべての新聞も雑誌も、すばらしい特別版の書籍も、さらにはウェブブラウジングも、これらはすべて iPad のために作られている。なのに「何故ミニタブレットを欲しがるひとがいるのだろう? 持ち運びには大きすぎるし、かといってちゃんとした仕事には小さすぎる」と考えたものだ。

In fact, when I first heard this, I thought about all the newspapers and magazines and awesome specialized books that are being created for the iPad — not to mention Web browsing — and I thought, “Why would anyone really want a mini-tablet, anyway? They are too bulky to easily carry around and yet far too small for serious work.”

しかし、もっと考えてもよかったのだ。

There’s more to consider, though.

     *     *     *

7インチでも結構大きい

この週末、近くの AT&T ストアでサムスンの Galaxy Tab に触る機会があった。結構大きいことに正直いってビックリした。iPad スクリーンのすばらしさには敵わないが、それでも新しい体験だった。このサイズならEブックの読書にも、カーナビにも、メールをたくさんこなすのにも、そして持ち運びの便利なタスクマネージャとしても、なかなかすばらしいと思った。

Over the weekend, I had a chance to play with a Samsung Galaxy Tab at my local AT&T (NYSE: T) store. Frankly, I was surprised at how large it was. While nowhere near the excellence of the iPad’s screen, it really did represent a new sort of computing experience. The size would be great for reading e-books, using as a dashboard navigation system, and still you could slam your way through a heckuva lot of email, not to mention have a much more portable and useful task manager.

     *     *     *

ウワサが実現するには?

7インチ iPad のウワサはなかなか消えない。アップルがこのサイズの iPad を製造するだろうというものだ。ではそれが現実のものとなるにはいったい何がどうなればいいのだろうか?

OK, say that this rumor actually has legs and that Apple is going to produce a 7-inch form factor iPad. What stars would need to align to let this slip into daylight?

     *     *     *

iPad の名前をやめる

まず「iPad」という名前をやめればいいのだ。そうでなくてもアップルにはすぐ使える「iPod」という名前がある。Jobs はこういえばいいのだ。これはタブレットではない。たとえ iOS で動いてもタブレット体験を提供するものではない、と。「iPod G」と呼べばいいのだ。

First, Apple could forego calling it an “iPad.” Apple has a handy foundational name to use already: iPod. Jobs could say that it’s not a tablet, not meant to offer a tablet experience — even though it runs iOS. He could call it the “iPod G.”

     *     *     *

G はゲームの G

「G」とは何か? もちろん「ゲーム」のことだ。App Store はすばらしいゲームではち切れんばかりだ。毎日のように大人も子供も iOS ゲームのために現ナマをはたいている。巨大なマーケットだ。もし Jobs が小型 iPad を出したいと思えば、そしてなお7インチサイズの競争相手をこき下ろしたいと思えば、ゲームモデルを出せばいいのだ。iPad の名前を使ったってかまわない。iPad G と呼べばいいのだから。彼のマーケティングの才をもってすれば、7インチをめぐる議論なんてカンタンに片付けられるハズだ。

And what would the G stand for? Games, of course. The App Store is busting [sic] at the seams with fantastic games, and consumers (and kids) are shelling out real money everyday for iOS games. It’s a huge market. If Jobs wants to offer up a smaller iPad — and still publicly put down the 7-inch form factor competition — he can do it by offering a gaming model. Heck, he could even use the same iPad name, but call it the iPad G, and with his marketing skills, he can spin the public 7-inch poo-pooing easily enough.

     *     *     *

前言を翻す

もちろん Jobs は自分もアップルも間違っていた、ないしはいささか誤解していたといって小型 iPad を発表することもできる。・・・あるいはまた、アップルの顧客が中間サイズのデバイスを本気で欲しがっているのを知って驚いたといってもいい。滅多にないことだが、Jobs は前にも前言を翻したことがある。そうなっても驚かない。

Of course, Jobs could also announce a small iPad and simply say that he and Apple were wrong or somewhat mistaken … or maybe even surprised to learn that Apple customers really did want a midsize device. Jobs has backpedaled before, but it’s a rare activity. I’m not holding my breath.

     *     *     *

売れること間違いなし

それでも、7インチの iPad だろうと iPod だろうと、ビッグブラザーの iPad より少し値段を安くすれば、売れること間違いなしだ。

But still, a 7-inch iPad or iPod, especially one that’s priced slightly less than the big brother iPad, would certainly sell well.

     *     *     *

そうか、「iPad」とさえ考えなければ7インチもありということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Diabloiii

TechCrunch Japanese | [CGDiablo IIIはメチャスゴいみたい!

オンラインゲームの先駆けとなった Blizzard 社の Diablo が、8年の沈黙を経て戻ってきた。

Blizzard のウェブサイトにはこれまでも思わせぶり映像が登場。果たして何が出るのかと話題になっていた。それが Diablo III だったというわけ。

Blizzsplash

これはと思って取り上げたところまではよかったが、こんな短い文章なのに分らないところがいっぱいある。

冒頭の OMG[Oh, my god]というインターネットスラングはいいとして、「nerding out」というのがどこを調べても分らない。

仕方がないので苦肉の策で「オタクってる」としたら、さっそく nnn3 氏から「珍しい言い回しだ」とやんわりと指摘された。

必死になって探してみたらどうやらゲーマー用語らしく、「to play video games on a pc or video game console」というのが見つかった。なるほどそれなら意味が通じる。

公開したあとだったが、エントリーを訂正させてもらった。

短い文章の中で一語でも分らないと、これはもう致命的。毎回が勉強というか、ストレスというか・・・

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »