Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Fukushima Daiichi’


このものものしさは何?

福島第一原発で作業員が被曝したことを伝える NY タイムズの記事が目を引いた。

NYTimes.com: “Japan Raises Possibility of Breach in Reactor Vessel” by Hiroko Tabuchi, Keith Bradsher and David Jolly: 25 March 2011

防護服に身を固めた移送の様子の異様さは、事態が重大な局面に入ったことを窺わせるのに十分だった。

NY タイムズの早版にはその後削除された下りがある。

削除された場合は訂正文が添えられるのが通常だが、今回はそれすらない。

いくつかのサイト[ここここ]が削除されたことに気づき、早版の全文をそのまま引用掲載していたサイトもあった。

削除されたのは「3号機の原子炉容器には縦に大きな亀裂がある」という部分で、次のような下りだ。

Infinite Unknown: “Japan Nuclear Crisis: This Is Like Admitting That MOX Reactor No. 3 Has Been Breached And Has Released Plutonium“: 25 March 2011

     *     *     *

容器損傷の懸念

3号炉に関しては以前にも懸念が浮上していた。日本の政府当局は9日前に原子炉容器(reactor vessel)が損傷したかもしれないと述べていた。

Concerns about Reactor No. 3 have surfaced before. Japanese officials said nine days ago that the reactor vessel may have been damaged.

原子力安全・保安院次長の Hidehiko Nishiyama は金曜日に原子炉容器の損傷に言及し、隣接したタービン建屋の水が高度の放射能を帯びていたのはそのためかもしれないと述べた。

Hidehiko Nishiyama, deputy director-general of the Japan Nuclear and Industrial Safety Agency, mentioned damage to the reactor vessel on Friday as a possible explanation of how water in the adjacent containment building had become so radioactive.

     *     *     *

容器そのものに長い亀裂がある

日本と広いコンタクトを持つ原子力関係の上級役員のひとりが匿名を条件に語ったところによれば、原子炉容器そのものに縦に長い亀裂があるという。亀裂は原子炉内部の水面レベルより下まで走っており、そこから液体やガスが漏れているという。

A senior nuclear executive who insisted on anonymity but has broad contacts in Japan said that there was a long vertical crack running down the side of the reactor vessel itself. The crack runs down below the water level in the reactor and has been leaking fluids and gases, he said.

負傷した複数の作業員の放射線によるやけど(radiation burns)の程度がひどいことから、破損した燃料棒に直接接触した水による汚染と関係があるのではないかとこの役員はいう。

The severity of the radiation burns to the injured workers are consistent with contamination by water that had been in contact with damaged fuel rods, the executive said.

「容器には明らかに、間違いなく亀裂がある。上から下まで、しかも大きい。亀裂の問題はそれが小さくならないことだ」と彼はいう。

“There is a definite, definite crack in the vessel — it’s up and down and it’s large,” he said. “The problem with cracks is they do not get smaller.”

     *     *     *

なんとも不気味な記述だ。

暴露系サイトならともかく、NY タイムズだけに一層不気味さが増す。

しかも、何らの訂正文なしに削除されたので、早版を読んだものでなければ削除にすら気づかない。(記事そのもののタイトルも早版の “Japan Raises Possibility of Breach in Reactor Vessel” から、確定版では “Japan Encourages a Wider Evacuation From Reactor Area” に変更されている。)

スリーマイル島事故の場合は原子炉容器には何ら損傷がなかったので、大量の放射性物質が拡散されることはなかった。

日経 BP:ECO JAPAN: “原発事故 スリーマイル島とチェルノブイリの取材経験から見えてくること” by 石弘之: 18 March 2011

チェルノブイリ事故の場合は格納容器そのものがなかったことから大量の拡散が行なわれたということらしい。

もし、格納容器に亀裂が入っているのが事実なら、容器そのものの破損もあり得るということか・・・

     *     *     *


[3号炉]

NY タイムズは「福島第一原発原子炉の現況」を連日更新しており、1号炉から6号炉について、写真を添えて時系列的にその変化をまとめている。

3号炉に関する記述は次のようなものだ。

NYTimes.com: “Status of the Nuclear Reactors at the Fukushima Daiichi Power Plant – Interactive Graphic“: 16 March 2011

     *     *     *

危険な3号炉

3号炉はウラニウムとプルトニウムを使用しているのでより毒性の高い放射能が生じる危険性がある。3号炉の原子炉格納容器は破損し、また使用済み燃料プールが暴露した状態になっている可能性がある。原子炉には 548 本の核燃料集合体(FA)と、514 本の使用済み燃料棒が入っている。

The reactor used uranium and plutonium, which may produce more toxic radioactivity. The reactor containment vessel may have been damaged and the spent fuel pool may have become uncovered. Reactor has 548 fuel assemblies, the spent fuel pool has 514.

     *     *     *

黒煙を出した3号炉がプルトニウムを含む混合酸化物 MOX 燃料を使用する、いわゆるプルサーマル原子炉[pluthermal:plutonium thermal use、和製英語]であることは海外では既定の事実として報道されている。

     *     *     *

作業員の被曝が問題になった日、総理が国民向けの記者会見を行なったが「予断を許す状況には立ち至ってはいない」というにとどまり、記者団からもおざなりの質問が出ただけで、国民が知りたい情報はなんら聞けなかった。

同じ日、官房長官は原発30キロ圏からの自主避難を促した

     *     *     *

実際にどうなっているのかが分からないだけに、疑念と恐怖は大きくなる。

原子炉格納容器に亀裂が走っているといわれれば尚更だ。

一口に放射能といっても、放射性物質によって影響が異なる。半減期も異なる。[ヨウ素 131:8日、セシウム 137:30年、ストロンチウム 90:30年、プルトニウム 241:14年]

UCSB: “How Bad is the Reactor Meltdown in Japan?” by Benjamin Monreal: 16 March 2011
[日本語スライド:福島原発の放射能を理解する

今後はいかなる放射性物質が含まれているかを明示することも必要になるだろう。

アメリカが無人機の Global Hawk で収集分析したデータはどうなっているのだろうか。

IAEA のような国際機関、データを収集したアメリカなどの協力も得て、毎日定時の分析を行い、それを公表することが必要な時期になっているのではないか。

事実関係が不明なまま事態は深刻化しているように思える・・・

★ →[NY タイムズを見る:New York Times
★ →[削除された文章をみる:Deleted Text

広告

Read Full Post »


福島第一原発の衛星写真

巨大地震、津波、そして原発事故と度重なる被害に見舞われた多くの被災者の方々に心からお見舞い申し上げる。

福島第一原発のみんなが避難した後もなおあとに残って懸命の消火・冷却活動を続ける勇敢な現場作業員について、NY タイムズが書いている。

長文の記事の書き出しはつぎのとおりだ。

NYTimes.com: “Last Defense at Troubled Reactors: 50 Japanese Workers” by Keith Bradsher and Hiroko Tabuchi: 15 March 2011

     *     *     *

最後のチャンス

火曜日の福島第一原発には放射線や火災に勇敢に立ち向かう少数の技術者たちのグループが残された。これは日本が核の大惨事を防ぐ最後のチャンスになるのかもしれない。

A small crew of technicians, braving radiation and fire, became the only people remaining at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station on Tuesday — and perhaps Japan’s last chance of preventing a broader nuclear catastrophe.

     *     *     *

真っ暗闇を這い進む

彼らは真っ暗闇の迷路のような設備の中を這い進む。自らのフラッシュライトがときどき光るだけ。耳にするのは破損した原子炉から漏出した水素ガスが空気にふれて爆発する爆発音だけだ。

They crawl through labyrinths of equipment in utter darkness pierced only by their flashlights, listening for periodic explosions as hydrogen gas escaping from crippled reactors ignites on contact with air.

     *     *     *

防護服を着ていても

不快な呼吸マスクや背中に背負った重い酸素タンクの助けで呼吸する。全身をつつむ白いつなぎスーツとピッタリのフードを身につけてはいるが、身体に降りかかる見えない放射線にはほとんど防護にならない。

They breathe through uncomfortable respirators or carry heavy oxygen tanks on their backs. They wear white, full-body jumpsuits with snug-fitting hoods that provide scant protection from the invisible radiation sleeting through their bodies.

     *     *     *

顔も分からず、名前も不明の50名

彼らこそ最後に残った、顔も分からず、名前も不明の50名の作業員たちだ。彼らは自ら志願して、あるいは命じられて、危険なまでに露出した核燃料にポンプで海水をかける仕事にあたる。核燃料はすでに溶解し、放射性物質を排出していると思われ、完全なメルトダウンにより何千トンという放射能灰が空高く放出され、何百万人という同胞の生命が危険にさらされるのを防ぐ仕事にあたるのだ。

They are the faceless 50, the unnamed operators who stayed behind. They have volunteered, or been assigned, to pump seawater on dangerously exposed nuclear fuel, already thought to be partly melting and spewing radioactive material, to prevent full meltdowns that could throw thousands of tons of radioactive dust high into the air and imperil millions of their compatriots.

     *     *     *

東電職員のほかにも

福島第一原発原子炉の消火、放水にあたるものの一部は日本の自衛隊の隊員、警察官、消防隊員だといわれる。

Some of those battling flames and spraying water at reactors at Daiichi are members of Japan’s Self-Defense Force, police officers or firefighters.

     *     *     *

今回の巨大地震・津波の全体像が見えてくるにしたがって身のすくむ思いがする。

そんな災害現場で懸命の努力を続ける多くの現場作業員がいることをわれわれは知っている。

しかし原発に残された50人の話は初めてだった。しかもそれを知ったのは外国メディアを通じてだった。

大きな目と手をもった存在が、全体の立場で彼らの活動に報いることを心から祈りたい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »