Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Fragmentation’

Eline-Muijres

[Android のコンパスはてんでバラバラ:photo

デベロッパの立場から Android のフラグメンテーションについて興味深い投稿がある。

Benedict Evans がそれにことよせて、非常に興味深い議論を展開している。

Benedict Evans: “Android fragmentation and the cloud” by Benedict Evans: 20 May 2014

     *     *     *

フラグメンテーションの持つ二面性

Android ジャイロスコープに関する Game Oven の投稿が問題の持つ意味をよく表わしている。(もう一例はこちら。)Android のフラグメンテーションの問題は、何をしたいかによってあるいは過大評価され、あるいは過小評価されるということだ。

Game Oven’s post on Android gyroscope support is a nice illustration of a general issue (another good illustration here): Android fragmentation is both massively overstated and massively understated, depending on what you want to do.

     *     *     *

クラウドへ移行した API

まずひとつには、Android バージョン間のフラグメンテーションを減らすことにグーグルはかなり成功している。Google Play を利用する Android デバイスの約4分の3はバージョン 4.X で動いているが、しかしもっと重要なことはグーグルが自らの(地図、支払、通知などの)主要サービスを OS そのものから外して Google Play というソフトウェアのレイヤーに移行させたことだ。キーとなる API プラットフォームを、バックグラウンドでワイヤレスでアップデートできるソフトウェアレイヤーに取り込むことによって、OEM にファームウェアアップデートを依存するのをグーグルは減らしているのだ。グーグルは非常に幅広い電話で使われているツールをいつでも望むときにアップデートできる。グーグルが今年の IO で新しい地図や通知のための API を発表すれば、1年前あるいは2年前の Android バージョンで動くデバイスでも使えるようになる。グーグルのクラウドを利用している限りもはやフラグメンテーションはないのだ。

On one hand, Google has been quite successful in reducing the impact of Android version fragmentation. Around three quarters of the Android devices that hit Google Play are running 4.X, but more importantly, Google has moved its own key services (maps, payment, notifications etc) out of the OS itself and into a software layer, ‘Google Play Services’. By putting key platform APIs into a software layer that can be updated in that background over the air, Google has reduced its dependance on OEMs to produce firmware updates – it can update its own tools any time it wants, across the great majority of phones. When Google announces new APIs for Maps or notifications at this year’s IO, they’ll be available on devices running year-old and two-year-old versions of Android. There is no more fragmentation if you’re using Google’s cloud.

     *     *     *

android_fragmentation

[フラグメンテーションの進む Android ハードウェア:chart

加速するハードウェアのフラグメンテーション

一方、ハードウェアのフラグメンテーションはますます加速している。昨年夏 OpenSignal が載せた上のチャートがそのダイナミックな市場をうまく可視化している。

On the other hand, hardware fragmentation is if anything accelerating. This chart from OpenSignal, from last summer, is a nice visualization of the market dynamic.

     *     *     *

必然としてのフラグメンテーション

Android のフラグメンテーション自体が悪いワケではない。それはグーグルの選択に起因しているのだ。「オープン」とか「選択」がどういうものであるかという意味でもある。600 ドルのデバイスと 50 ドルのデバイスが「分化していない」(un-fragmented)デバイスの世界など想像もできない。能力に差ができるのは当然なのだ。文字通り数千の OEM[Original Equipment Manufacturer: 相手先ブランド製造メーカー]や大きな選択肢・価格差を望むなら、異なる能力を持った異なるデバイスということになる。

Android fragmentation isn’t of itself a bad thing – it’s inherent in the choices that Google made. This is what ‘open’ and ‘choice’ look like. And I doubt if it’s possible to have an ‘un-fragmented’ device landscape that includes both $600 devices and $50 devices: some scattering in capability is part of the deal. If you want to have thousands (literally) of OEMs, and a huge range of choice and price points, well, you’re going to have different devices with different capabilities.

     *     *     *

アップル流と Android 流

これは大きく結果が異なってくるという意味においてのみ興味深いのだ。アップル流アプローチを取る結果は、どれもが同じように振る舞うことが期待される。しかし非常に狭い価格帯(スクリーンサイズも)の非常に限定されたデバイスにならざるを得ず、しかも対応可能なマーケットは厳しく制限される。50 ドルの電話を買えるひとの方が 600 ドルの電話を買えるひとより遥かに多いのだ。一方 Android 流のアプローチを取る結果は、より広範な種類のデバイスや価格帯であり、より大きなマーケットになる。しかし最先端のものがまったく期待どおりに動かないこともあり得る。これはジャイロスコープだけの話ではない。ハードウェアで気の利いたことをしようとすれば程度の差こそあれ起きることなのだ。これはまた API が謳い文句どおり動いたとしても当てはまることだ。どれほどのユーザーが NFC[Near Field Communication:近距離通信]機能を備えた Android を持っているか分からないときに(ユーザー自身だって知らないのに)、NFC を大衆市場で展開しようとしてもあまり意味はない。
 

This is only interesting, then, to the degree that it has broader consequences. The consequence of Apple’s approach is that pretty much everything behaves in predictable ways, but you have a very narrow range of devices at a narrow range of prices (and screen sizes), and that severely restricts the addressable market. More people can afford $50 phones than can afford $600 phones. The consequence of the Android approach is that you have a much wide range of devices and prices, and a much larger market, but anything on the bleeding edge doesn’t work predictably at all. This doesn’t just apply to the gyroscope – it also applies to varying degrees to almost anything trying to do clever things with the hardware. This is also true even if the API does actually work as advertised – there’s not much point trying to do a mass-market Android NFC deployment when you have no idea how many of your users even have NFC Androids (and the users themselves don’t know).

     *     *     *

アップルの強み・グーグルの強み

これから導かれるひとつの結論は、以前にも述べたように、アップルとグーグルはそれぞれ異なる分野のイノベーションに注力しているということだ。アップルはハードウェアとソフトウェアの統合体験(iBeacon, 指紋, M7 など)を下流へ向けて動いている。これに対抗するのは Android には難しい。一方グーグルは Google Play Services を利用して Android をクラウドと機械学習の方向へ、上流へと動かそうとしている。これはアップルにとって対抗し難しい。

One result of this, as I’ve said before, is that Apple and Google are focusing their innovation in different areas. Apple is moving down the stack with integrated hardware/software experiences (iBeacon, fingerprints, M7 etc) that are hard for Android to match, and Google is moving Android up the stack with Google Play Services, the cloud and machine learning, which is hard for Apple to match.

     *     *     *

デベロッパにとっての問題

一方デベロッパにとってのパラドックスは、よりオープンで拡張可能なプラットフォームは実際上は開発が困難だということだ。サムスンの同じブランドの同じモデルの電話を2つの異なる国で購入したとき、カメラのドライバーが違っていて作成したアプリがどちらかで(あるいは双方で)クラッシュするとしたら、最初に投資すべき資金はどちらに注力すべきだろうか? リソースも時間も限られており、次のラウンドに進むには成果を示さなければならないのだ。それに、アナタが作るクールなアプリをインストールしたいと望むユーザーは iPhone の方に集中している。これまたパラドックスだ。Android はアーリーアダプター(初期採用者)にとってベストなプラットフォームであり、iOS はちゃんと動くことを望むレイトアダプター(後期追随者)にとってベストだ。しかし市場で採択される順番は逆になる。それがこのチャートが正当ではないが意味がある理由のひとつだ。

The paradox for developers, meanwhile is that the more open and extensible platform can actually be harder to hack on. When you buy two Samsung phones of the same model and brand in two different countries and find they have different camera drivers and your app will crash on one or the other (or both), where do you focus your seed funding? You have limited resources and limited time and you need to hit milestones to get your next round, after all. Plus, the users who want to install your cool new apps are still concentrated on the iPhone. Again, this is a paradox: Android is the platform best for early adopters and iOS the one best for late adopters who just want something that works, but the market adoption is the other way around. That’s one of the reasons this chart is both unfair but relevant.

     *     *     *

どちらが優れているか

プラットフォームにとって決定的なイノベーションはどちらの方だろうか? 現在の力学では、Game Oven のようなひとたちは(もしやるとすれば)まず第1に iOS をそして Android を第2にするだろう。それによって優れたユーザーの大宗は iOS とアップルマシンのアップデートに引き寄せられるだろう — 典型的なエコシステムの善循環だ。しかしもし多くの人(とくに最近では Fred Wilson)が指摘するように、最も重要で最も興味深いイノベーションがクラウドで起きるとすれば、グーグルのトレードオフがアップルのトレードオフに勝るかもしれない。グーグルにとって居心地のいい場所がアップルに打ち勝つのだ。

Which type of innovation is crucial to a platform? With the current dynamics, people like Game Oven are going to keep doing iOS first and Android second (if at all), and that keeps the majority of the best users on iOS and Apple’s machine turning over – the classic ecosystem virtuous cycle. But if, as many people suggest (Fred Wilson most recently) the most interesting and important innovation will happen in the cloud, then Google’s tradeoff might win over Apple’s trade-off – Google’s comfort zone beats Apple’s.

     *     *     *

クラウドはアップルを救うか

しかしながら別のパラドックスもある。すべての素晴らしいことがクラウドで起きているとすれば、アプリやデベロッパのサポートではなく、デザイン・品質・フィット感・仕上げなどアップルが常にリードしてきたものすべてに基づいてデバイスを購入することになる。ウェブは20年前にアップルを救った。なぜならウェブではエコシステムに関係なく最高のハードウェアとユーザー体験を選択できるからだ。iMac を買えばソフトウェアの心配をする必要はなかった。だからすべてが再びクラウド化するのであれば、それが真にアップルが存在する意味になる[?]のだろうか?

There’s another paradox here, though: if all the best stuff is happening in the cloud, then you’ll buy the device based not on apps and developer support but on design, quality, fit and finish… that is, all the things Apple always leads on. The web saved Apple 20 years ago, because with the web you could choose the best hardware and UX regardless of the ecosystem – you could buy an iMac and not worry about the software. So if everything goes to the cloud again, is that really an existential problem for Apple?

     *     *     *

なかなか興味深い・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Apple vs. HTC:image

なぜ次からつぎへとスマートフォンを出す必要があるのかと Chris Ziegler がいっている。

The Verge: “A good smartphone comes but once a year” by Chris Ziegler: 23 December 2011

     *     *     *

アップル対 HTC

図で示すと私のいいたいことがよく分かってもらえると思う。アップルと HTC が出した電話を 2010 年から時系列で並べてみた。[冒頭画像]

I think the best way to demonstrate what I’m talking about is with a graphic. Here, we’re taking a look at Apple’s phone releases versus HTC’s since the start of 2010, plotted over time:

これで HTC の電話すべてではない。Windows Phone、Brew MP 製品、それに地域やキャリア限定モデルのいくつかは除いてある。もちろん特段目新しいことをいっているわけではない。アップルが年に一度しか電話をリリースしないことは誰でも知っている。他のメーカーが倦むことなく何ダースもの電話をせっせとリリースしていることも知っている。— しかし図示してみて如何にすごいことか合点が行った。

And this isn’t even every HTC, I’ve left out the Windows Phone and Brew MP products plus a few regional and carrier-specific variants. Clearly, I’m not revealing anything new here — we all know that Apple releases one phone a year while other manufacturers tirelessly pump out dozens — but it really hit home for me just how wild this difference was once I could visualize it.

     *     *     *

顧客を疎外する

誤解してほしくないのだが、これだけたくさんのものをこれだけのペースでリリースしサポートするのに要するエンジニアリングやマーケィングの量は容易ならざるものだ。HTC にしろ、サムスンあるいは他のメーカーにしろ、どうやって現在のようなペースで持続的に技術革新を継続できるのか私には分からない。気の遠くなりそうな話だ。テクノロジーナードやビジネスナードにとってはスゴいことかもしれないが、一般消費者にとっては混乱するだけの話だ。

Don’t get me wrong, the amount of continuous engineering and marketing required to release and support devices at this kind of pace is humbling. I don’t know how HTC, Samsung, or anyone else in this business is able to sustain the pace of iterative innovation that we’re seeing right now — it boggles the mind. But as impressive as it might be to technology and business process nerds, it’s just as upsetting to the average consumer.

なぜか?

Why?

一番いい顧客が敬遠してしまうからだ。

You alienate your best customers. […]

     *     *     *

Chris Ziegler は最後をつぎのように結んでいる。

アップデートは年に一度でいい

簡単なことだ。作るのは大きなハイエンドデバイス、小さなバリューデバイス、それに QWERTY デバイスだけ。あとフォームファクタが特別なものをひとつないし二つ加えてもいい。それだけだ。アップデートは年に一度にして、名前は変えないで同じままにする。

It’s simple: make a large high-end device, a smaller value device, and a QWERTY device. Maybe one or two other specialty form factors, tops. That’s it. Update them once a year, and keep the names the same.

どうせ名前の数は底をついてしまうのだから・・・

Goodness knows you’re running out of names, anyway.

     *     *     *

たしかに図で見ると大きなインパクトがある。

HTC だけでなく他の Android フォンメーカーも全部並べたらスゴいことになりそうだ。

そこに投入されるエネルギーは膨大なものだろう。もはやフラグメンテーションだけが問題ではない。

これだけ選択肢の多いことが果たして消費者にとっていいことなのかどうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update 2:数打ちゃ当たる?》
Update:「選択のパラドックス」》

Android フォンの方が出荷台数において iPhone に勝るのに、収益という意味ではアップルに敵わない理由。

Andrew Kim の説明はこうだ。百聞は一見に如かず・・・

minimally minimal: “Coffee Time: Market Share vs Profit” by Andrew Kim: 16 November 2011

     *     *     *


[iPhone の品揃え]

これがアップルの製品ラインアップ。スリムでシンプルだ。

This is how I like to illustrate this whole scenario. Above is Apple’s product line. Lean and simple.

     *     *     *



[サムスンの品揃え]

これが現在米国で販売されているサムスンの電話だ。判断は読者におまかせするが、サムスンは数多(あまた)ある Android フォンメーカーの1社に過ぎない。他の Android フォンメーカーの品揃えもこんなに複雑なものだ。確かにこの中には Android フォン以外も含まれている。しかしポイントは、アップルの稼ぎのほんの一部に食い込むために他社がどれほどたくさんの電話を作っているかという点だ。

These are the phones Samsung currently sells in the US. You be the judge. Samsung is only one of the many manufacturers selling Android phones and has this complex of a product lineup. And yes, there are non-Android phones in the mix but it shows how many phones other companies make only to make a fraction of what Apple does.

製品ラインアップがシンプルで、絞られて、強力なものであることは、メーカーにとってだけでなく、消費者にとってもいいことなのだ。まじめな話。だって、もしサムスンの電話を買うとしたらいったいどれを選べばいいのだろうか?

I truly feel that a simple, focused and powerful product line is what’s not only better for the company but also consumers. Seriously, if you had to buy a Samsung phone, which would you buy?

     *     *     *

これに Android OS のフラグメンテーションを重ね合わせるとどういうことになるのか?

恐ろしいというか、不毛な努力と言うか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》「選択のパラドックス」(11月19日)

西欧社会の価値観の根底にある「選択肢の多いことが自由を生み、幸せにつながる」という考え方は正しいのか。

心理学者 Barry Schwartz の古典的反論『選択のパラドックス』(The Paradox of Choice – Why More Is Less)がある。このすばらしい TED 講演をぜひとも聞くべきだ。

Barry Schwartz: The paradox of choice | maclalala:annex

なお、この TED 講演にはインタラクティブな Transcript[講演原稿]がついていて、ビデオと文章が一対一で対応できる。

ぜひとも一度ご覧あれ。

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》数打ちゃ当たる?(11月19日)

MG Siegler のコメントがオモシロい。

parislemon: “digithoughts: Apple vs Samsung Pictures…” by MG Siegler: 18 November 2011

     *     *     *

minimally minimal の画像が意味するところは、アップルならこういうことだ。

Put another way:

グッド[iPhone 3GS] — ベター[iPhone 4] — ベスト[iPhone 4S]

Good (iPhone 3GS) — Better (iPhone 4) — Best (iPhone 4S).

一方サムスンなら、

Vs.

これがおススメです。スクリーンがこちらよりすてきですよ。でも待って、これって遅いな。こっちにしようかな。でもキーボードがついているな。キーボードって好きじゃない。じゃあこれにしたら? Windows フォンですし。でも Android の方がいいかな? それならこれですね。うん、でもクラムシェル型かな。それじゃこれがおススメ。でも色が嫌いだな。OK、それじゃこれですね。う〜ん、これもいいかな。でも Android の古いバージョンだよね。それじゃこれで決まりですね。スクリーンがデカすぎるなあ。チクショー、それじゃ目をつぶって、どれでもいいから手に触ったヤツを持ってけ・・・

You should get this one, it has a nicer screen than this one. But wait, it’s slower. Maybe get this other one. But this one has a keyboard. But I hate keyboards. So get this one, it runs Windows Phone. But maybe I should go Android. Oh, so get this one. Well, but I sort of like the clamshell. Then this is the one you want. But I hate the color. Okay, then this one. Well, I also kind of like this one, but it’s running an older version of Android. So then this is the one you want. The screen is too damn big. Okay, just close your eyes and pick one goddamnit.

選択という響きはすばらしいが、それも実際に選ぶまでの話だ。

Choice sounds great until you have to choose.

Read Full Post »


[Android & iPhone Update History:image

なかなかショッキングな内容だ。

Android の最新ディストリビューションは6回目の Ice Cream Sandwich だ。Cupcake、Donut、Eclair、Froyo、Gingerbread に続く6回目のアップグレードだ。

しかし各社が出している Android スマートフォンとなると、最新のものにきちんとアップグレードされることなく孤児になってしまうというのだ。

the understatement: “Android Orphans: Visualizing a Sad History of Support” by Michael DeGusta: 26 October 2011

     *     *     *

ユーザーにとっては悲しい結果

アメリカで出荷されたすべての Android フォンを昨年の半ばまで遡って調べてみた。それぞれの機種について、発売日やアップデートの期日をたどってみた。OS のメジャーアップグレードだけでなく、マイナーなパッチもすべて含めて、また価格や、発売日、製造中止日も含めてだ。この日付と当時出荷されていた Android のバージョンと比較して一枚の図表[冒頭図表]にしてみた。その結果はあまりうれしいものではなかった。少なくとも Android ユーザーにとっては・・・

I went back and found every Android phone shipped in the United States up through the middle of last year. I then tracked down every update that was released for each device – be it a major OS upgrade or a minor support patch – as well as prices and release & discontinuation dates. I compared these dates & versions to the currently shipping version of Android at the time. The resulting picture isn’t pretty – well, not for Android users:

     *     *     *

冒頭図表の一番上[緑色の iPhone の場合]と比較しながら見ると、様子が分ってくる。ほとんどの Android スマートフォンは、出荷した時点ですでにひと世代前の古いバージョンになっていて、決して最新のものにアップデートされることはない。

     *     *     *

なぜ Android フォンはアップデートされないのか?

Why Don’t Android Phones Get Updated?

確かにいい質問だ。Android の場合、グーグルだけでなく端末機メーカー、キャリアが絡むことが最大の問題だ。iOS なら端末も OS もアップルだけで済む。何度もハッカーコミュニティ(CyanogenMod など)が Android フォンでより新しい OS を動かすことができたのだから、ハードウェアが問題でないことは明らかだ。

That’s a very good question. Obviously a big part of the problem is that Android has to go from Google to the phone manufacturers to the carriers to the devices, whereas iOS just goes from Apple directly to devices. The hacker community (e.g. CyanogenMod, et cetera) has frequently managed to get these phones to run the newer operating systems, so it isn’t a hardware issue.

スマートフォンのメーカーには OS をアップデートするインセンティブがないと広く信じられている。なぜなら、一旦ハードウェアが売れてしまえば、メーカーにとってカネにはならないからだ。メーカーとしては一刻も早く新しい端末を買って欲しいのだと。しかしほんとにそう信じているのなら、端末機メーカーは信じられないほどのバカだ。2年縛りのサイクルを無視してユーザーを捨てても、新しい機種を買う際のユーザーロイヤルティーには影響がないと信じるなんて。ハードウェアを売ることによってアップルがカネを儲けているのはよく知られている。それでも彼らは長期にわたってアップデートし、サポートを続けている。これはすばらしいことだ。(冒頭図表参照)

It appears to be a widely held viewpoint that there’s no incentive for smartphone manufacturers to update the OS: because manufacturers don’t make any money after the hardware sale, they want you to buy another phone as soon as possible. If that’s really the case, the phone manufacturers are spectacularly dumb: ignoring the 2 year contract cycle & abandoning your users isn’t going to engender much loyalty when they do buy a new phone. Further, it’s been fairly well established that Apple also really only makes money from hardware sales, and yet their long term update support is excellent (see chart).

いいかえれば、アップルが新しい電話を買わせたいのは、その電話でハッピーな体験をさせたいからだ。ところが Android の場合は、端末機メーカーたちは新しい電話を買わせてアンハッピーな体験をさせてもいいと考えているように見える。ここでもまたまったく存在しない意図や動機に基づいているのかもしれない。問題のすべての根源は、管理がちゃんとしていない(ないしは前項で触れた信じられないバカさ加減のせい)なのではないのか。

In other words, Apple’s way of getting you to buy a new phone is to make you really happy with your current one, whereas apparently Android phone makers think they can get you to buy a new phone by making you really unhappy with your current one. Then again, all of this may be ascribing motives and intent where none exist – it’s entirely possible that the root cause of the problem is just flat-out bad management (and/or the aforementioned spectacular dumbness).

     *     *     *

Android のフラグメンテーションの問題をかくも目に訴える形で明らかにしたのは DeGusta が初めてだと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

bbc-iplayer-service-going-global.jpg

BBC iPlayer

はしなくも興味深い Android 対 iOS の比較が明らかになった。BBC iPlayer だ。

Daring Fireball: “BBC iPlayer Usage, iOS vs. Android 2.2 Devices” by John Gruber: 27 August 2010

     *     *     *

6,400 本対 5,272,464 本

情報公開要求に基づいて BBC が明らかにしたところによると:

From a Freedom of Information request in the UK:

「2010 年7月に、BBC iPlayer を使って Android デバイスにストリーミングされた BBC の番組は 6,400 本だった。」

“In July 2010 6,400 programmes were streamed from the BBC iPlayer to Android devices. […]”

「同じ時期に、BBC iPlayer でアップルの iPhone・iPod Touch・iPad にストリーミングされた番組数は 5,272,464 本だった。」

“In July 2010 there were 5,272,464 programmes requested via the BBC iPlayer from Apple iPhone, iPod Touch and iPad devices.”

     *     *     *

フラグメンテーション

数にかくも開きがあるのはなぜか? それは Android ユーザーが Flash に対応した iPlayer でしかアクセスできないためだ。Flash に対応するのは Android 2.2 だけ。Android 端末の大多数は、最新のものですらひと昔前のバージョンの OS を利用している有様だ。

Why so striking a difference? Because Android users can only access iPlayer using Flash, Flash is only available on Android 2.2, and the overwhelming majority of Android handsets — even brand-new ones — are still running older versions of the OS.

     *     *     *

楽できるプロバイダ

当然のことながら、Flash をインストールした iOS ユーザーはいない。これが Android が公式に Flash をサポートしたことの当然の結果なのだ。これによって BBC のようなプロバイダは楽な方法がとれることになる。もし iOS がちゃんと Flash をサポートしたとしたら、BBC は iPhone 専用の iPlayer アプリを開発しただろうか? 逆に Android が Flash をサポートしたことが Android 専用の iPlayer ネイティブアプリを開発するより妨げになっただろうか?

But, of course, there are no iOS users with Flash installed. That’s what I see as the main problem with Android’s official support for Flash: it gives providers like the BBC an easy way out. Would there exist a dedicated iPlayer app for the iPhone if iOS had supported Flash all along? Does Android’s support for Flash make it less likely that the BBC will develop a native iPlayer app for Android?

     *     *     *

バッテリーはどうか

(そしてまた、Flash の動く Android フォンと、iPhone 4 の iPlayer で、バッテリーの持続時間がどの程度変わるか比べてみたいとは思わないか?)

(And wouldn’t you like to see a battery life comparison between iPlayer on an iPhone 4 and a few Android phones running the Flash version?)

     *     *     *

ネイティブではなく Web アプリ

アップデート:私の間違い。iOS 用の BBC iPlayer はネイティブアプリではなかった。H.264 ビデオストリームに対応した Web アプリだった。でも、それならなぜ Android フォンはそれが使えないのか?

UPDATE: My bad: ends up the BBC iPlayer for iOS devices is not a native app — it’s a web app that serves H.264 video streams. But then why can’t Android phones use that, too?

     *     *     *

広範な利用が期待されるオープンプラットフォームでも現実はそうなっていない。概念としての「オープンさ」も、現実世界においては一筋縄ではいかない?

Android OS のフラグメンテーションはそれほど問題が大きいということか・・・

NHK が BBC iPlayer に類するものを作ったとしたらどんな結果になるだろうか。

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »