Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Fake’

fake_watch_price_list

[偽リスト:MacRumors Forums

Spring Forward イベント直前なのに Apple Watch のリーク情報がほとんど聞こえてこない。

ゴールドモデルが1万ドル以上するだろうという John Gruber の予想が独り歩きしているぐらいか。

独り歩きといえば、アップルからリークされたと称する Watch の価格リスト[冒頭画像]がおもしろい。Gruber の予想に非常に近い数字になっている。

ポッドキャストで Gruber がその話に触れている。

出所は MacRumors のフォーラム。メンバーの pgiguere1 が投稿したのが始まりだという。

     *     *     *

予想リスト

予想リストを作ってみた。大部分 Gruber の予想をベースにしている。

pgiguere1
macrumors 68020
Location: Montreal, Canada

I made this speculative price list based in large part on Gruber’s speculation:

     *     *     *

それがアップルからリークされた価格リストという話になった。

あっという間に世界を駆けめぐって手がつけられなくなったらしい。

巡りめぐってまた自分に戻ってきたと Gruber が語っている。

さすがの彼も今回は Watch の具体的情報を未だ掴んでいないようだ。

これまでのところ Tim Cook が Telegraph のインタビューで語ったことぐらいしか分かっていない。

派手な宣伝や、強力なセールスピッチの話ぐらいしか伝わってこないところはいつものアップルらしくない・・・

広告

Read Full Post »

Fake_Chinese_Apple_Watch-13

しかもたったの27ドルだよ!

発売された暁にはどっとソックリさんが溢れそう・・・

I bought a fake Apple Watch for $27 at CES | Mashable

Read Full Post »


When 2 Siri’s Talk, Someone Can Get Fired (iPhone 4S) | YouTube]

大人気の Siri 問答もここまできたか!

Mac Rumors が紹介したのが冒頭のビデオ・・・

Mac Rumors: “What Happens When 2 Siris Talk to One Another [Fake]” by Arnold Kim: 17 October 2011

     *     *     *

いずれこうなるとは

いずれこうなるとは思っていた。Siri が Siri に話しかける。

Well, it had to be done. Two Siris talking to each other. […]

この様子だと誰かさんが首になってもおかしくない。実際のやりとりは 23 秒過ぎたころから・・・

The outcome could get someone fired. The actual back and forth starts about 23 seconds into the video.

     *     *     *

フェイク?

追記:アンテナバンドから見るとこれは 4S ではなさそうだ。だとするとこれはヤラセかフェイクか・・・

Update: Based on the antenna bands these are not 4S units. So, seems like it may have been staged/fake?

     *     *     *

フェイクだとしても、Siri を Siri に話しかけさせるというアイデアは買いだろう。これがホントの「シリとり問答」だ。

Siri 人気もついにここまで来たかということ。

Siri の可能性について MG Siegler が洞察力溢れる分析をしている。なぜ Siri に人気があるのか、既存の音声認識とどう違うのか、なぜグーグルにとって脅威になるのか・・・これは必読だ。日本語訳の出るのが楽しみ・・・

[追記:拙訳はこちら参照]

★→[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:“I’m OK if you’re OK.”


A Duet With Siri (iPhone 4s Song) | YouTube]

こんなのもあった・・・

Siri と一緒にデュエットしようというものだ。

途中の「Okie Dokie」[OK の俗語]が「ドキドキ」と聞こえてドキドキした。

[via Daring Fireball

Read Full Post »


これが偽アップルストアだ

中国にはホンモノそっくりのアップルストアがいくつもあるらしい。

中国の昆明に住むアメリカ人の現地レポート。

BirdAbroad: “Are you listening, Steve Jobs?” by BirdAbroad: 20 July 2010

     *     *     *

アップルストアだ!

数週間前のこと、夫と2人で家の近所を散歩していたところ、新しい店を見つけてびっくりした。アメリカ人なら誰でも分かる店だ。

So when we strolled down a street a few blocks from our house a couple weeks ago, I was only sort of surprised to see this new place, one that any American of my generation can probably recognize instantaneously:

アップルストアだ!

It’s an Apple store!

ホントにそうだろうか?

Or is it?

主人と私は中に入って見て回った。アップル製品を展示しているように見える。アップルストアのように見える。アップルストアでおなじみの螺旋階段や変わった休憩コーナーもある。従業員は例の青いTシャツを着て、アップルの名札を首から下げている。

RP and I went inside and poked around. They looked like Apple products. It looked like an Apple store. It had the classic Apple store winding staircase and weird upstairs sitting area. The employees were even wearing those blue t-shirts with the chunky Apple name tags around their necks.

ホンモノかそれともよく出来たパクリか、私たちは賭けることにした。話をおもしろくするため、私はホンモノという方に賭けた。

We proceeded to place a bet on whether or not this was a genuine Apple store or just the best ripoff we had ever seen – and to be sporting, I bet that it was real.

     *     *     *

5日後には・・・

昆明[Kunming:クンミン]にアップルストア? みんなの笑い声が聞こえてきそうだ。昆明なんて名前、自分の知り合い以外は聞いたこともないだろう。昆明は地の果てだ。ホントのほんと・・・。でも中国にしばらく住めば、中国では何でもありだと信じるようになる。5日後にこのアップルストアをまた訪ねたのだが、もう見つけることは出来なかった。2ブロックほど通り過ぎて、やっと取り壊されて銀行に変わったことが分かった。・・・ここは中国だよ。どんなことでも起きる。

I know, you guys are laughing: an Apple store in Kunming? No one who doesn’t know me personally has ever heard of Kunming before. Kunming is the end of the Earth. It’s all true – but seriously, China warps your mind into believing that anything is possible, if you stay here long enough. When we went back to this store 5 days later and couldn’t find it, having overshot by two blocks, I seriously thought that it had simply been torn down and replaced with a bank in the mean time – hey, it’s China. That could happen.

     *     *     *

ホンモノそっくり

もう話のオチはお分かりでしょう。アップルストアの完全なパクリだったのだ。しかも見事で、完璧で、これまで見た(しょっちゅう見ているけど)うちでも最高の・・・。でもどこか違うんだよね。階段の出来は悪いし、壁の塗りもちゃんとしてないし。

You have already guessed the punchline, of course: this was a total Apple store ripoff. A beautiful ripoff – a brilliant one – the best ripoff store we had ever seen (and we see them every day). But some things were just not right: the stairs were poorly made. The walls hadn’t been painted properly.

ホンモノのアップルストアには「Apple Store」なんて看板はない。輝くアップルのロゴだけだ。

Apple never writes “Apple Store” on it’s signs – it just puts up the glowing, iconic fruit.


アップルロゴの名札まで

愛想のいい店員が下げた名札には、アップルのロゴがあるだけ。ただスタッフと書かれているだけで名前はない。そもそもアップルのウェブサイトを見れば、最近出来たアップルストアは北京と上海にしかないことはすぐ分かるハズ。非の打ち所のない水準の、顧客の要求に応えるアップルストアを開くため、アップルは労を惜しまず努力することで有名だ。

The name tags around the necks of the friendly salespeople didn’t actually have names on them – just an Apple logo and the anonymous designation “Staff”. And of course, Apple’s own website will tell you that they only have a few stores in Beijing and Shanghai, opened only recently; Apple famously opens new stores painstakingly, presumably to assure impeccable standards and lots of customer demand.

     *     *     *

最高で完璧なパクリ

これは北京のアップルストアのコピーだろうか。それとも中国のほかの場所にあるコピーのコピーか。コピーのコピーのコピーか・・・。これはほぼ完璧なアップルストアのパクリだ。売っているのは私たちが初めて中国に来た頃には誰にも分からなかった製品だ。私が白の MacBook を使っていてもほとんど注目もされないか、中国語のソフトをうまく使えず歯ぎしりしているのを見てしかめっ面が返ってくる程度だった。

Is this store a copy of one of those in Beijing? A copy of a copy in another Chinese city? A copy of a copy of a copy?! While you’re pondering that, bear in mind: this is a near-perfect ripoff of a store selling products that were almost unknown when we first came to China. My white MacBook was likely to draw only blank stares or furrowed brows as I sat gnashing my teeth trying in vain to get a piece of Chinese software to run on it.

好奇心の強い私たちは店員とちょっと話をしてみた。なんと彼らは自分たちがアップルに勤めていると思っているのだ。雇われたあとどんな教育を受けたのだろうか。きっとグローバルで革新的な会社で仕事をするのだと吹き込まれたに違いない。実のところは郊外のプレハブマンションに住むインチキ野郎に稼がせているというわけ。偽ストアでは、ホンモノのアップル製品かもしれず、そうではないかもしれない(どこかのトラックから落ちたのかもしれない)品物をれっきとした店のように売る。

Being the curious types that we are, we struck up some conversation with these salespeople who, hand to God, all genuinely think they work for Apple. I tried to imagine the training that they went to when they were hired, in which they were pitched some big speech about how they were working for this innovative, global company – when really they’re just filling the pockets of some shyster living in a prefab mansion outside the city by standing around a fake store disinterestedly selling what may or may not be actual Apple products that fell off the back of a truck somewhere.

彼らがブランドを保護するよう命じられているのは明らかだった。写真を撮っていると、店内では2名の店員から、店の外では平服のセキュリティーガード3名から声をかけられた。私の顔を手で遮って、写真撮影は禁じられているという。なぜダメなの? ボスにそういわれているから。

Clearly, they had also been told that above all, they must protect the brand. As I took these photos I was quickly accosted by two salespeople inside, and three plain clothes security guys outside, putting their hands in my face and telling me to stop taking photographs – that it wasn’t allowed. And why wasn’t it allowed? Because their boss told them so.

私たち2人はアメリカから来たアップル社員で、中国現地のアップルストアを調査中・・・そんなことをいったかいわなかったか。ともかくおかげで店員の応対はよくなり、写真も何枚か撮れた。

I…may or may not have told them that we were two American Apple employees visiting China and checking out the local stores. Either way, they got friendlier and allowed me to snap some pictures.

     *     *     *

1軒だけではなかった

それだけではなかった。その一帯を10分ほど歩き回っただけで、アップルストアのパクリが、なんと1軒だけではなく2軒もあったのだ!

And the best part? A ten minute walk around the corner revealed not one, but TWO more rip-off Apple stores.

     *     *     *

撮影された写真の数々は必見だ。

中国の変化の早さと「創造力」にはただただ感服・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Fake Iphone

TechCrunch Japanese | [CG]ここまでやるか、iPhoneのニセモノ

最後の一文が効いている。

What is it about these guys that compels them to piggyback so much?

piggyback は[ひとの成果に]便乗する、タダ乗りするといったところ。

原文のコメントが興味深い。

・いつか来た道、日本だってそうだった
・模倣は彼らの文化
・R&D にカネを投じなくて済むから

     *     *     *

追記[7月21日]

決めつけずにいろんな意見を聞いてみることも大事なようだ。

→[趙 秋瑾 | 海賊版DVDは永遠に不滅です!?:中国でニセモノがなくならないホントの理由

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »