Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Facebook’

fb-year-1

Inadvertent Algorithmic Cruelty | Eric’s Archived Thoughts

Yes, my year looked like that. True enough. My year looked like the now-absent face of my little girl. It was still unkind to remind me so forcefully.

And I know, of course, that this is not a deliberate assault. […]

But for those of us who lived through the death of loved ones, or spent extended time in the hospital, or were hit by divorce or losing a job or any one of a hundred crises, we might not want another look at this past year.

Empathy isn’t a corporate slogan | Om Malik

Well, That Escalated Quickly | Eric’s Archived Thoughts

Read Full Post »

Mark_Zuckerberg

メディアがフェイスブックを恐れる理由:Why Publishers Are Scared of Facebook | Long Tail World

ニュース発行人にとってフェイスブックは、公園で自分目がけて突進してくる大型犬のようなものだ。こっちを遊び相手と思ってるのか、餌と思ってるのか、全然わからない。

Facebook Offers Life Raft, but Publishers Are Wary | NYTimes.com

For publishers, Facebook is a bit like that big dog galloping toward you in the park. More often than not, it’s hard to tell whether he wants to play with you or eat you.

フェイスブックの人気サイトランキングはツイッターとこんなに違う:Facebook’s Most Shared Sites vs. Twitter’s Most Tweeted Sites | Long Tail World

Read Full Post »

carmack_head_display_hands-oo

[3D ゲームのヘッドセット:photo

フェイスブックがまたまた巨額を投じてバーチャルリアリティのスタートアップ企業 Oculus を買収した。

3D ゲームのプラットフォームとして注目していた Minecraft の Markus Persson が、フェイスブックと聞いて拒否反応を示したこともあって大きな話題になっている。

それにしてもフェイスブックやグーグルはなぜいろいろなスタートアップ企業の買収に狂奔するのか

ベンチャーキャピタリスト Fred Wilson の指摘がオモシロい・・・

AVC: “The Search For The Next Platform” by Fred Wilson: 26 March 2014

     *     *     *

次なるプラットフォームを求めて

The Search For The Next Platform

Oculus 買収についての Mark Zuckerberg の投稿がはからずも彼の立場を最もよく表わしていると思う。

I found this part of Mark Zuckerberg’s post on the Oculus acquisition most revealing:

モバイルについてもまだたくさんやるべきことがありますが、いまの時点では私たちは、もっと有用かつおもしろく、パーソナルな体験を可能にする如何なるプラットフォームにフォーカスすべきか考えるべきだと感じています。

We have a lot more to do on mobile, but at this point we feel we’re in a position where we can start focusing on what platforms will come next to enable even more useful, entertaining and personal experiences.

     *     *     *

急速にモバイルへ進出

フェイスブックはモバイル列車に乗り込むのにいささか遅れを取った。アップルやグーグルと異なり、モバイル OS を持っていない。またウェブからモバイルへのコアな体験を発展させるのも遅かった。しかしいったんモバイルの教えを信じるや否や、急速にそちらに向かって、いまでは iOS および Android の双方で優れたモバイル体験を有するようになった。そして Instagram や WhatsApp を所有することで、世界的にサードバーティ製アプリのトップスリー(Facebook、WhatsApp および Instagram)を所有することになった。かくて彼らはモバイルでしっかりした地歩を固めるようになった。(それがまた 190 億ドルもかけて WhatsApp を買収したワケでもある。)

Facebook was a bit slow to get aboard the mobile train. Unlike Apple and Google, they do not have a mobile OS. And they were slow to evolve the core Facebook experience from web to mobile. But once they got religion about it, they moved very quickly to do that and now have an excellent mobile experience on both iOS and Android. And with Instagram and WhatsApp, they have three of the top ten third party mobile apps globally (Facebook, WhatsApp, Instagram). So they have gotten to a good place on mobile (and that’s what the $19bn WhatsApp buy was all about).

     *     *     *

Zuckerberg も Larry Page も

そして今や Zuckerberg と彼のチームは「次は何か?」と探し始めている。Larry Page と彼のチームがグーグルでやっていることと変わりないのだ。先週末 Video Of The Week で取り上げた Charlie Rose の Larry Page インタビューは、グーグルが次なる何か(バルーン、無人自動車、Nest、DeepMind など)を見つけるべく今やっていることのすべてを振り返ってみたものだ。

And now Zuck and his team are looking up and saying “what’s next?”. It’s not that different from what Larry Page and his team are doing at Google. The Charlie Rose interview with Larry that I made Video Of The Week last weekend was a bit of a review of all the things Google is doing to figure out what’s next (balloons, driverless cars, Nest, DeepMind, etc).

     *     *     *

関係なんかありはしない

Nest や Oculus のような巨大な買収を見て、あなたは頭をひねっているかもしれない。アップルによく似た独自のクローズドサーモスタットとグーグルのモバイル戦略とはどんな関係があるのか? バーチャルリアリティのヘッドセットはフェイスブックのソーシャルグラフとどう関係しているのか? どちらも関係なんかありはしない。

If you look at these big acquisitions like Nest and Oculus, you might scratch your head. What does a Apple-style proprietary closed thermostat have in common with Google’s mobile strategy? What does a Virtual Reality headset have to do with Facebook’s social graph? Nothing in both cases.

     *     *     *

次なるものへ乗り遅れまい

どこへ進むべきかというロードマップは、これまでの7年ないしはそれ以上の間はっきりしていたワケではない。次なるものはモバイルだ。しかしモバイルはもう過去なのだ。これら巨大技術企業は次なる大きな変化を探し、乗り遅れまいとしている。そのために彼らは(あなたであれ私であれ)次なるものへのコールオプション[call option:新株予約権]として現ナマを積むのだ。

But the roadmap has been clear for the past seven years (maybe longer). The next thing was mobile. Mobile is now the last thing. And all of these big tech companies are looking for the next thing to make sure they don’t miss it.. And they will pay real money (to you and me) for a call option on the next thing.

     *     *     *

はした金だ

次なるものがバーチャルリアリティなのか、あるいはモノのインターネット(the internet of things)、ドローン、機械学習、それとももっと別なものなのか明確には分からない。Larry Page も知らない。Mark Zuckerberg も知らない。私も知らない。しかしそれを見つけるレースは始まっている。何兆ドルという時価総額全体がかかっているのだ。だからそこかしこで投じられる数十億ドルなんてはした金だ。次なるものへのオプションを売ってそのはした金を得ようとする連中を除いては。まさに現ナマがかかっているのだ。

It isn’t clear if the next thing is virtual reality, the internet of things, drones, machine learning, or something else. Larry doesn’t know. Zuck doesn’t know. I don’t know. But the race is on to figure it out. Trillions of dollars of collective market capitalizations are on the line. So a couple billion here or there is chump change. Except for the people who collect that chump change for selling them an option on the next thing. It’s real money to us.

     *     *     *

ヤメられない

したがって(次なるものへの探索がいつまで続くのか私には見当もつかないが)ここ数年は「the next big thing」としてもっともらしいプラットフォームを築くというゲームをプレーすることになる。それはリスクの大きいゲームだ。しかしその見返りは非常に大きい。第1ラウンドはクラウドファンディング[crowdfunding:インターネット経由で群衆から資金を調達すること]で始めることもできる。だからこの業界はヤメられねえんだよ!。

So for the next few years (I have no idea how long this search for what’s next will go on), a game to be playing is building a platform that can plausibly be the next big thing. It’s a risky game. But the payoff can be large. And you can even start by crowdfunding your first round. Man I love this business.

     *     *     *

このテの買収はまだまだ続くということか。

優れたアイデアの持ち主は今こそ出番かもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Zuckerberg _Page_over_ WhatsApp

[シリコンバレーの巨額買収:image

190 億ドル(約1兆9千億円)という巨額のカネが動いたことから、シリコンバレーは WhatsApp の話題で持ち切りだ

フェイスブックとグーグルが競ったことが火に油を注いだ。

Jessica Lessin がいささか冷めた視点から次のようにコメントしている。

The Information: “Platform or Perish” by Jessica Lessin: 21 February 2014

     *     *     *

ビジネスの視点が異なる

グーグルやフェイスブックが何十億ドルも出して成長著しいアプリを買収しようと競うのをみて、ひとつ大きな疑問がある。それ以外の会社はどうしているのか、と。

As Google and Facebook vie to buy fast-growing apps for billions, I have one big question: Where is everyone else?

もしグーグルやフェイスブックが WhatsApp やメッセージング(チャット)には戦略的価値があり 190 億ドルも払う価値があると信じているのなら、アップルやアマゾン、サムスンやツイッターはどう考えているのだろうか?(彼らには身売りしたくないと WhatsApp が考えていたのかもしれないという点は無視して、彼らがこのスタートアップ買収にどれほど努力すべきだったかという点から考えてみよう。)

If Google and Facebook believe WhatsApp and messaging are strategic enough to pay $19 billion or more to own them, what are Apple, Amazon, Samsung or Twitter thinking? (Let’s ignore the fact that WhatsApp may not have wanted to sell to them and think of it from the point of view of how hard these companies should have tried to buy the startup.)

多分彼らは自分たちのビジネスが異なったものだと考えているのだ。それとも Larry Page や Mark Zuckerberg はいささか頭がおかしいと考えているのか。後者についてはいずれ時間が経てば明らかになるだろう。しかし前者についてはハッキリした結論が出たと思う。

Perhaps they see themselves as being in different businesses. Or they think Larry Page and Mark Zuckerberg are a little bit nuts. Time will tell on the second, but I think the verdict on the first is already clear.

     *     *     *

ビジネスの視点が異なるという点を John Gruber が次のように敷衍する

Daring Fireball: “Hello, iMessage?” by John Gruber: 21 February 2014

自分の望みどおりのプラットフォーム

アップルは WhatsApp の買収など考えたこともないと思う。何十億ドルもの巨大買収なんてアップルはしたことがないというのがひとつ。むしろアップルは小さな会社を買う傾向がある。もうひとつは、WhatsApp によってアップルに何が得られるのかという点だ。アップルにはすでに iMessage がある。自分の推測では、ユーザー数は少なく見積もっても2億人、1日当たりの送信メッセージ数は30億を超える。(そう見積もった理由:2012 年6月に iMessage のユーザー数が1億4千万人いるとアップルは主張した。また1年前には1日当たりのメッセージ数が20億だと主張した。最近の数字は不明だが、もしご存知なら教えて欲しい。)Facetime ではビデオ通話や音声通話ができるが、WhatsApp はどちらもできない。アップルは自らの望みどおりのメッセージングプラットフォームを、すなわちアップルのハードウェアにさらに価値を加えるプラットフォームを持っている。そしてまた App Store によって、WhatsApp であれ LINE、Viber、Facebook Messenger、Twitter DM、その他何であれ、ユーザーが自由にアプリを使えるソフトウェアプラットフォームも所有しているのだ。
 

I’m sure Apple never even considered acquiring WhatsApp. For one thing, Apple has never done a mega-billion-dollar acquisition. They tend to buy small companies. But for another, what could WhatsApp offer Apple? They already have iMessage, which has (I’m guessing here) at least 200 million users, and sends over 3 billion messages per day. (Sources for guesses: in June 2012, Apple claimed 140 million iMessage users; a year ago, they claimed 2 billion messages per day. I haven’t been able to find more recent numbers; if you can, let me know.) Facetime offers video and audio calls; WhatsApp has neither. Apple has exactly the messaging platform it wants: one that adds value to its hardware products. And, with the App Store, it has a software platform that means its users also can freely use WhatsApp, Line, Viber, Facebook Messenger, Twitter DM — whatever.

     *     *     *

マイクロソフトはお呼びでない

もう一点 Lessin の記事で気づいたこと — マイクロソフトについては名前さえ挙げていない点だ。

The other thing that struck me about Lessin’s piece: she didn’t even list Microsoft among those companies.

     *     *     *

メッセージングの世界は百花繚乱、まだ整理さえついていないようだ・・・

★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »

461496095-580

[サルのグルーミング:photo

Facebook がハーバード大生オンリーのサイトだった頃からのユーザー Maria Konnokova が興味深いことをいっている。

The New Yorker: “Why Are We Still on Facebook?” by Maria Konnokova: 04 February 2014

     *     *     *

ソーシャルコネクション

みんなが Facebook を使う理由はまったく同じではないが、ある要因が突出している。友だちとの関係を持ちたいという強烈な欲求だ。もちろん便利さや社会的圧力に負けて使うひともいるが、圧倒的大多数はもっと根源的なソーシャルコネクションを求めている。Facebook は、ひととの関係を保つ最善で、最もアクセスしやすく、最も効率的な手段として登場した。

While the reasons for joining and using Facebook were not entirely homogenous, one factor kept emerging as the strongest motivation for use: the desire to keep in touch with friends. Sure, some people joined because of social pressure or expediency, but the overwhelming majority of users were looking for something much more fundamental: social connection. Facebook had emerged as the best, most accessible, and most efficient way to maintain bonds with others.

     *     *     *

Facebook はグルーミングだ

しかしもうひとつ関連する要因がある — お互いの関係を公にしたいという欲求だ。「サルは互いにグルーミング[grooming:毛づくろい、身づくろい行動]することで、お互いの関係を維持し、併せてその関係を公にする」とテキサス大学オースティン校の心理学者 Sam Gosling はいう。「Facebook はそれをやる。友だちと公にグルーミングをする手段なのだ。壁の中で行なわれる会話はプライベートな会話と同じようなものだ。Facebook はこの根源的な社会的欲求を満たし、大掛かりにやらせてくれるのだ。」

There’s another, related factor, though: the desire to broadcast the nature of these bonds. “Apes groom each other as a way of maintaining connections and making those connections public,” Sam Gosling, a psychologist at the University of Texas at Austin, told me. “That’s what Facebook does. It’s a way of publicly grooming your friends. Those conversations that happen on people’s walls could just as easily have happened in private. Facebook allows us to meet this very basic social need, and to do that on a broad scale.”

     *     *     *

既存のユーザーを逃がさないように

先週 Vauhini Vara が指摘したように、Facebook の伸びは以前ほど急激ではない。Facebook サイトが必然的に飽和状態に近づき、前ほど若い世代に魅力がなくなるにつれて、既存ユーザーが、Instagram や Snapchat のような新しく — 場合によってはもっとシンプルに — 関係を維持できる手段を求めて離れて行かないようにすることがこれまでにも増してFacebook にとっては重要になっている。

As Vauhini Vara pointed out the other week, Facebook is no longer growing as quickly as it used to. As the site reaches its inevitable saturation point and becomes less appealing to a younger generation, it will become ever more important to make certain that the site’s existing users don’t abandon it for newer—and, in some cases, simpler—ways of making connections, like Instagram or Snapchat.

     *     *     *

Facebook をやめる理由

テキサス大学オースティン校の Gosling と大学院生の Gabriella Harari は、なぜひとが Facebook を止める決心をするのかその理由を調べている。その結果3つの大きい原因を見つけた。1)Facebook は無意味で不必要だ、2)Facebook は気が散って困る、3)プライバシーが心配だ、などだ。ますます多くのひとからくるひっきりなしのアップデートを経験すると、無意味なアップデート(どうして赤ん坊がおしゃぶりをはじめたなんて知らなきゃいけないワケ?)には気が散り、フラストレーションを感じる可能性が急増する。情報をやり取りするひとの数が増えるにつれて、すべては — プライベートにしておきたいことですら — アナタを覗き見る窓になってしまう。ソーシャルな関係を肯定してより公にすればするほど、心理的な情報量はいっぱいになり、プライバシーが損なわれてしまう。

At the University of Texas at Austin, Gosling and one of his graduate students, Gabriella Harari, have been examining why people decide to leave Facebook. They have found three broad themes: people see Facebook as pointless and unnecessary, they see it as a problematic distraction, and they are worried about privacy. As you experience a constant stream of updates from more people, the possibilities for distraction or frustration at a pointless update (did I really need to know that her baby is now teething?) rise apace. And as you share more information with more people, it all becomes a window into who you are—even the parts you might prefer to keep private. The more publicly we form and affirm social bonds—and the more people we form and affirm them with—the more likely we are to see our mental bandwidth filled and our privacy eroded.

     *     *     *

神経に障り始めている

多くの Facebook ユーザーは今でも私の学生時代と同じやり方で使っているが、プライバシーコントロールはもっと強化している。昨年5月の Pew の調査によれば、これまでシェアし過ぎだったティーンエイジャーが、いまでは 60% がプライベートにすることを選択し、シェアする内容も誰とシェアするかも制限している。過去の投稿を削除ないし編集し直したひとが 59%、コメントを削除したことがあるひとが 53%、写真のタグを外したひとが 45% もおり、58% は友だちをブロックしたことがある。つき合いのすべてが神経に障り始めているのだ。

Increasingly, many Facebook users are using the site the way I used to use it in college, deploying privacy controls to make their own Facebook more self-contained. A Pew poll last May showed that teen-agers—often expected to over-share—are now opting for private profiles more than sixty per cent of the time, and are often limiting what they share and whom they share it with. Fifty-nine per cent have deleted or edited a post, fifty-three per cent have deleted comments, forty-five per cent have removed tags from photos, and fifty-eight per cent have blocked a friend. All this socializing can start to wear on your nerves.

     *     *     *

Facebook を始めたそもそもの理由が重荷になり始めている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

facebook_home

[Facebook Home:image

Facebook Home についての Matt Drance の感想がオモシロい

Apple Outsider: “Home Turf” by Matt Drance: 05 April 2013

     *     *     *

モバイル機器

アナタ[注:フェイスブックのこと]はデスクトップのウェブサイトを中心に巨大ビジネスを構築してきた。しかし残念なことに、世界中の誰もがますます時間とカネをモバイル機器に使うようになってきている。モバイル機器のほとんどはたった2社のソフトで動いている。そのひとつはアナタのライバルだ。

You’ve built an enormous business around a desktop website. Unfortunately, people around the world are spending more and more time on mobile devices. The vast majority of these devices run software from only two companies. One of these companies is actively competing with you.

     *     *     *

モバイル OS?

アナタは自らの未来をライバルの手に委ねるワケにはいかない。どうしたらいいのか? 未知の領域に踏み出して自らのモバイル OS を開発し、みんなが乗り換えてくれることを望むだろうか?

You cannot put your future in a competitor’s hands. So what do you do? Do you enter uncharted territory, make your own mobile operating system, and hope people switch?

     *     *     *

トロイの木馬

そうではない。アナタはライバルのシステムを自分のものにするのだ — それも一夜にして・・・。Facebook Home は、アンドロイド体験とそのユーザーベースをグーグルの手から盗まんとして設計されたトロイの木馬なのだ。この1〜2年、フェイスブックをめぐるウワサの中心はフェイスブックが自らのモバイル OS を開発中だというものだった。それもあるかもしれないが、しかし今回の動きはいくつもの点でそれよりはるかにスマートなものだった。

Of course not. You make your competitor’s system yours — overnight. Facebook Home is a trojan horse designed to steal the Android experience, and the Android user base, right out of Google’s hands. The majority of speculation over the last year or two had been that Facebook was working on its own mobile OS. It may well be, but this move is so much smarter on a number of fronts:

     *     *     *

1)時間

Home はフェイスブックのモバイル市場における存在感を大きく高めた、しかも「すべてのもの」を求める代わりに・・・。多くの時間と労力が費やされたかに見えるが、本格的 OS の開発に必要とされるものに比べればはるかに少ない。

1. Time. Home significantly increases Facebook’s mobile presence without being everything. A lot of time and care seems to have gone into it, but it’s surely far less than a full-blown operating system would require.

     *     *     *

2)ユーザーベース

「Home をサーポートする機器をお持ちなら、ダウンロードなさい」と売り込み文句はとてもシンプルだ。おカネはタダだし、乗り換えの煩わしさもない。Blackberry や Windows Phone の売れ行きを見れば、みんなの求めているのが新しいプラットフォームでないことは明らかだ。

2. Installed base. Built in. The sales pitch is very simple: If you have a device that Home supports, download it. No money, no switcher headaches. Blackberry and Windows Phone sales prove that people aren’t looking for new platforms right now.

     *     *     *

3)ソフトウェア体験

フェイスブックのエンジニアがこのプロジェクトから多くを学んだことは確かだ。その体験は Home そのものの拡張だけでなく、もし望むなら本格的 OS の構築にも利用可能だ。

3. Software Experience. Facebook’s engineers have surely learned a lot from this project. That experience will be reapplied not only to expanding Home itself, but to building a full-blown OS if they want.

     *     *     *

4)ハードウェア体験

今回のニュースはソフト中心だが、フェイスブックは端末機器メーカーとも共同作業を始めている。HTC First は「Facebook フォン」ではないが、それはフェイスブックがハードウェアとソフトウェアの統合の複雑さを経験し、キャリアとの提携関係を距離をおいて体験するチャンスなのだ。モトローラの ROKR のことを覚えているだろうか? 15か月後に何が起きたか

4. Hardware Experience. While the software is the real news here, Facebook took the initiative to also start working with a handset maker. The HTC First is hardly a “Facebook phone”, but it’s a chance for Facebook to experience the complexity of coordinating hardware, software, and carrier partnerships from a distance. Remember the Motorola ROKR? Remember what happened fifteen months later?

「HTC が明らかなチョイスだ。サムスンと Android は HTC を滅ぼした。生き残ろうと HTC は必死なのだ。フェイスブックにとって願ってもないすべてを手中にしたのだ。」

HTC was the obvious choice. Samsung and Android have ruined them, and they’re desperate to stay relevant. Facebook likely got everything they asked for.

     *     *     *

慎重だが野心的

フェイスブックはこれまで全く経験のない分野に声高らかにかつ自信たっぷりに参入した。そして自らのペースで影響力を行使するハッキリとした道筋を示したのだ。Facebook Home は数年のうちに本格的「Facebook フォン」が現れることを望んでいる現在のアンドロイドユーザーに後光効果(halo effect)を与えるだろう。これはフェイスブックに経験と自信、信頼性と弾み、そして時間を与えて、これまではとても出来なかったより良い、より広範なモバイル体験を構築することを可能にするだろう。慎重だが野心的な動きなのだ。

Facebook has loudly and confidently entered an arena it has no prior experience in, and has set a clear path to expand its influence at its own pace. Facebook Home will provide a halo effect to current Android users that warms them up to a full-blown “Facebook phone” in the years to come. It gives Facebook the experience, confidence, credibility, momentum, and time to build a better and broader mobile experience than they would have been able to build otherwise. It’s as prudent as it is ambitious.

     *     *     *

銀行強盗

Facebook Home が端末機器の売上に及ぼす影響は今年末までには明らかになるだろう。もし消費者がこの端末には「Facebook Home が搭載されているの?」と聞くようになったら — そう尋ねる消費者は多いと思うが — グーグルにとってもアップルにとってもそれは悪いニュースだ。しかしながら、グーグル対フェイスブックの戦争はグーグル対アップルの戦争よりもっとキビシい。なぜならグーグルとフェイスブックは広告主という共通の顧客を持っているからだ。ユーザーは彼らにとって通貨であり、フェイスブックはまさに銀行強盗をしようとしているのだ。

I think we’ll know well before the end of this year how Facebook Home affects handset sales. If buyers start asking “does it have Facebook Home?” — and I think many will — that will be bad news for both Google and Apple. However, the Google – Facebook war is sure to be more vicious than the Google – Apple war because Google and Facebook have the same customers: advertisers. Users are their currency, and Facebook is about to rob the bank.

     *     *     *

Facebook Home に関する記事こちらも]ではいちばんオモシロい!

こんな記事に出会うからネットサーフィンはやめられない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

《追記》ギークの感想(4月9日)

Matt Drance の記事に対するギークの感想もオモシロい。

John Gruber の場合

Matt Drance on Facebook Home | Daring Fireball

紙をクシャクシャにする音が聞こえるかい? Facebook Home について書こうとした原稿を自分が投げ捨てている音だよ。ともかく Matt Drance の記事を読んでみてよ。

You hear that crumpling sound? That’s me throwing out the notes for the column I was going to write on Facebook Home. Just read Drance’s take instead.

     *     *     *

こんな褒め方もあるんだ。

先をこされたという気持ちとないまざって・・・

     *     *     *

Jim Dalrymple の場合

Facebook Home steals the Android experience | The Loop

フェイスブックにとって素晴らしい一手だ。これまでグーグルがフェイスブックを打ち負かそうと一生懸命だったことを考えると、つい笑いを噛み殺してしまう。

It’s a brilliant move by Facebook, especially since Google is trying so hard to compete with Facebook. I chuckle every time I think about it.

     *     *     *

ギークの目から見ても巧いやり方だということだろう・・・

Read Full Post »

Update:Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど》


[Facebook buys Instagram | The Joy of Tech

Facebook が Instagram を買収した真意についてはいろいろ取り沙汰されているが、少しぐらい高くても早めにライバル潰しをしておこうという点は衆目の一致するところのようだ。

さっそく使うのをヤメたひとも出てきたようだが、The Joy of Tech が皮肉たっぷりにチクリとやっている・・・

Facebook buys Instagram | The Joy of Tech

     *     *     *

心配しなくていいよ。Instagram は今のままで変わらないから・・・

Don’t worry forks, everything about Instagram will be staying exactly the same.

     *

それに、キミの写真もデータも、ぜんぶボクのものだ。

Plus you now have the comfort of knowing that all your pictures and data are in my hands.

キミの個人情報はタップリ Facebook が大切にさせてもらうから安心してくれたまえ!

You can rest assured that Facebook will treasure every bit of your information!

     *

あ、それから少しだけ変更点があるのでお知らせ・・・新しい Instagram のアイコンはこちら!

On that note, I do have just one little changes to announce… Instagram’s New Icon!

     *     *     *

そうきたか・・・

★ →[イラストを見る:Joy of Tech

✂ →[本記事の短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1Sa

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど(4月18日)

これまで Facebook が買収したうちでシャットダウンしなかったのは FriendFeed ぐらい・・・

Agile Cat: “Facebook は Instagram API を殺さないと思うけど“: 18 April 2012

     *     *     *

買収してはシャットダウン

一般的に、Facebook による買収は、前回の Gowalla の時のように、その相手の能力が対象となる。通常では、 Gowalla のように、そのプロダクトは Facebook により取り消され、また、機能だけが Facebook に取り込まれることもある。 このソーシャル・ネットワークは、NextStop と、ex-Googlers ののチームを買収したが、それらは直ぐにシャットダウンされた。 NextStop 時代のトップは、Facebook Timeline を支えるプロダクト・マネージャになった。同様に、Facebook がファイル共有サービスである most of を買収した途端に、Drop.io は消え去ってしまった。

FriendFeed was a relatively early acquisition for Facebook and it’s one of the few products acquired by Facebook and not shut down. Though FriendFeed sometimes feels like it’s on a single server in the Facebook janitor’s closet, the service and the FriendFeed API are still running.

     *     *     *

これまでの買収は将来のライバル潰し(?)が目的だった。

さて Instagram はどうなる・・・

Read Full Post »

Update:ほかにも Facebook 本部の写真たくさん》


[メンローパークの Facebook 本部:photo

このところシリコンバレーの興味深いにユースが交錯している。

桁外れの業績で度肝を抜いたアップル決算発表と、一攫千金を夢見る Facebook の IPO[initial public offering:新規株式公開]だ。

SEC[米証券取引委員会 ]への IPO 申請で、誰がどれだけの億万長者になるとか、いや税金で大きく持っていかれるぞなど、他人様の儲け話に猫も杓子も群がる様子は、ぬれ手で粟の一攫千金話が久しぶりに再現されたようだ。

     *     *     *

そんな中で Facebook 本部の写真が筆者の興味を引いた。

ビリオネアの儲け話とは対照的に、大部屋にずらりと机を並べたところは意外と質素だ。グーグルのエレガントなオフィス風景とはだいぶ異なる。

     *     *     *

この写真を見て昔読んだ記事を思い出した。

Jason Calacanis のスタートアップ企業倹約の心得だ。

そこで見た風景と驚くほど類似性を感じるのは筆者だけか・・・

同じ場所に集められてズラリと並ぶところは、いまやどこでも見られる現代の労働環境か。

不謹慎ながら「現代版スウェットショップ」ということばはアジアだけの専売特許ではなさそうだ。

シリコンバレーで起業する日本人が増えたというニュースもある。みなさんはどんな作業環境で仕事をしておられるのだろうか・・・

★→[写真を見る:Facebook HG

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》ほかにも Facebook 本部の写真たくさん

すこし興味がわいて調べたら Facebook HQ の写真があるある・・・

冒頭の写真とちがってなかなか楽しそうだ。そのうちいくつかご紹介。

     *     *     *


[My desk — at Facebook HQ.]

Zuckerberg to Self: Keep Calm and Stay Focused | Mashable

まず最初は Zuckerberg 自身が Facebook にアップした「ボクのデスク」。「Stay Focused & Keep Shipping」(的を絞って、製品を出荷し続けろ!)という文句は Steve Jobs の「Stay hungry, Stay foolish」からか・・・

     *     *     *


[Life Inside Facebook’s Headquarters]

Life Inside Facebook’s Headquarters | TIME

タイム誌の写真集「フェイスブック本部での暮らし」から。ほかにも写真たくさん。

     *     *     *


[フェイスブックで働くってどんな感じ?]

What Is It Like Working At Facebook? | Silicon Alley Insider

もうひとつ SAI の「フェイスブックで働くってどんな感じ?」。みんなと同じデスクを使う Zuckerberg。

     *     *     *


[Zuckerberg って犬かも・・・]

Beast, Mark Zuckerberg’s Dog Uses Mac at Facebook HQ | Obama Pacman

Zuckerberg って実は犬かもしれないという Internet Dog のもじり・・・

     *     *     *

こちらの動画も楽しい


[フェイスブック本部のウォールペインティング]

ZUCK 1 x DAVID CHOE | YouTube

Facebook 本部の楽しそうなウォールペインティング。David Choe とのコラボ。

     *     *     *

冒頭の写真で感じたのより楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

個人的にはみんなが使っているマシンや座っているイスがどのメーカーのものかに興味がある。

IPO をきっかけに Facebook での仕事ぶりについてもいろいろ分かってきそうで楽しみ・・・

Read Full Post »

apple_bat_signal.jpg

Apple Cloud – Sam Spratt

アップルを含むハイテク産業にとって来年はサービス競争の年になると、投資家向けサイト Barrons が予想している。

Barrons.com: “Beyond Gadgets: The Services Brawl of 2011” by Tiernan Ray: 18 December 2010

     *     *     *

「サービス」の意味

ハイテク産業にとって軍資金を必要とする理由がますます顕著にになってくる。アップルもまた大きなチャレンジに対処しなければならない。iPad や iPhone の 2011 年の販売量がどうなろうと、アップルは競争力を「エコシステム」にシフトする必要がある。コンピュータ機器やソフトウェアだけでなく、「サービス」が大きな意味を持ってくる。サービスとは、コンテンツや諸機能がアップルデータセンターのコンピュータ上に存在するという意味だ。

[…] reasons for companies to hold onto their war chest will increase markedly. Apple, for one, will need to invest to meet a major challenge. No matter how many iPads and iPhones it sells in 2011, the competitive focus is shifting to the “ecosystem.” This comprises not just computing devices and software, but also “services,” which basically means content and functionality that is hosted on Apple’s own computers in its data centers.

     *     *     *

グーグルと互角に勝負

今やアップルは、iTunes からコンテンツを配信する世界一のオンラインミューシックベンダーだ。しかしこれは始まりに過ぎない。これからはグーグルと互角に勝負できることを示さなければならない。グーグルはすでに何年にもわたって個人のデータを扱い、デスクトップアプリケーションではなくインターネットそのものに関わってきたのだ。

Apple is already the No. 1 online music vendor in the world, serving up content from iTunes. That’s a start. But it will have to show it can go head-to-head with Google, which has spent many more years hosting individuals’ data and thinking about the Internet, not desktop applications.

     *     *     *

空中のジュークボックス

これに対抗すべくアップルはノースカロライナのデータセンターに10億ドルを投じてきた。これによってアップルのオンライン MobileMe は格段に強化されることが期待されている。例えばユーザーは、映画や音楽を自らのマックではなく、空中のジュークボックスに永久に保存することも可能になるのだ。

In response, Apple is investing $1 billion in a data center in North Carolina and it is widely expected that the facility will enhance Apple’s current MobileMe online application. It could, for example, become a big jukebox in the sky, where a customer’s movies and music are stored permanently, rather than residing on their Mac computer.

     *     *     *

増加する設備投資

確かにアップルは大きな設備投資に備えている。Robert Cihra[Caris & Co.]によれば、今年の設備投資は 55% 増の40億ドルになるという。もっぱらオンラインインフラの強化のためだ。

APPLE IS CERTAINLY GEARING UP for big investments. Its capital expenditures are expected to jump more than 55% this year, to $4 billion, according to Caris & Co.’s Robert Cihra, mainly for online infrastructure.

     *     *     *

プラットフォームの構築

アップル、グーグル、マイクロソフト、その他多くのハイテク産業は、プラットフォームの構築を競っているのだと Gene Munster[Piper Jaffray のアナリスト]はいう。ここでプラットフォームとは、コンテンツやコンピュータ能力をあらゆるデバイスに押し進めることだ。なかんずくタブレットコンピュータやスマートフォンのようなモバイルデバイスが中心であり、一方データは「クラウド」に存在するというわけだ。

Apple, Google, Microsoft (MSFT) and most other computing companies are competing to build a platform, in the words of Piper Jaffray analyst Gene Munster. The platform means all manner of content and computing functionality can be pushed to various devices, increasingly mobile devices such as tablet computers and smartphones, while the data resides in the “cloud.”

     *     *     *

クラウド

クラウドというのはハイテク業界の隠語で、サービスプロバイダーが管理運営するサーバーコンピュータの集合体を意味する。個人が管理するものについては通常いわない。

The cloud is tech-industry argot for collections of server computers managed by service providers, rather than maintained by the individual.

     *     *     *

アップルはウェブ企業

「10年前にアップルのことを家電メーカーだというのはバカげていた」と Munster は先週の電話インタビューで語った。「しかし今やバカげた話ではない。ではアップルがウェブ企業だと考えるのはバカげているだろうか?」

The thought of Apple being a consumer-electronics company 10 years ago was absurd,” Munster observed in a phone interview last week. “It’s no longer absurd. Now, is it absurd to think of Apple as a Web company?”

     *     *     *

データを人質に取る

問題はその理由だ。なぜコンピュータやスマートフォンを売るだけではないのか。なぜ「サービス」企業になる必要があるのか。ひとつの答えは囲い込み(lock-in)だ。アップルやグーグルはよく知っているのだ。ユーザーのデータをクラウドに取り込む(人質に取る)ことによって、ソフトやデバイスに対するユーザーの忠実度を確保できることを。そうすることによってユーザーが他のベンダーに逃げ出したりしなくなると考えているのだ。

The big question is, Why? Why not just sell computers and smartphones? Why become a “services” company? One answer is lock-in. Apple and Google know that by holding your data in the cloud, so to speak, they’ll retain your loyalty for their software and devices. The defection of customers to other vendors will decrease, or so the thinking goes.

     *     *     *

新手の競争相手

もうひとつの答えは、2011 年になると新手の新進企業が続々と登場してハイテク産業に対するプレシャーが増すからだ。Facebook は最近の個人的投資で時価総額が 550 億ドルに達すると考えられており、創業者 Mark Zuckerberg は弱冠26才の若さでタイムズ誌の表紙を飾る。Twitter の時価総額は40億ドルになんなんとしている。

Another answer: 2011 will bring more and more pressure on tech companies to compete with the new kids on the block. Facebook, whose founder Mark Zuckerberg is Time’s Person of the Year at the tender age of 26, is apparently valued these days at approximately $55 billion, based on recent private investments in the company. Twitter is approaching $4 billion in market cap.

     *     *     *

革新的であり続ける

さらにまたアップルやグーグルなどのハイテク企業にとっては、革新的であり続けない限り脱落するというプレシャーがあるからだ。

And still another answer is that Apple and Google and others are under pressure to keep innovating or fall behind.

     *     *     *

アップルに限らずどのハイテク企業も現金を溜め込んでいるのは、かかる変化に備えるためというわけだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記(12月21日)

元記事の全訳はこちら・・・

WSJ Japan: “BARRON’S / 【バロンズ】米アップル、11年はエコシステム構築に向けた投資が鍵 “: 20 December 2010

Read Full Post »

jobs_zuckerberg.jpg

[Steve Jobs and Mark Zuckerberg]

Steve Jobs が Mark Zuckerberg を自宅の夕食に招待したらしい。

もちろん話は Ping がらみに違いない・・・

Los Angeles Times: “Apple’s Steve Jobs pings Facebook’s Mark Zuckerberg for dinner” by Jessica Guynn: 15 October 2010

     *     *     *

ピンで確かめる?

Steve Jobs と Mark Zuckerberg はおトモダチになったのか、いやピン(ping)したのか?

Did Steve Jobs friend, er ping, Mark Zuckerberg?

[注]ping:ピン、潜水艦が目標までの位置を知るためアクティブ・ソナーを発射する、ネットワークの接続を確認するためピンを打つ、相手の様子を確かめる

     *     *     *

夕食に招待

どうやら Steve Jobs は2週間前に Mark Zuckerberg を自宅の夕食に招待して Ping の話をしたようだ。その頃2人が Palo Alto を散歩しているのを情報提供者が目撃した。3月にグーグルの Eric Schmidt と Jobs の2人が一緒にお茶して以来のグッドニュースだ。

Apparently Jobs invited Zuckerberg for dinner at his house to talk about Ping two weeks ago. That’s when a tipster spotted them on a stroll in Palo Alto. This is the best encounter since Google CEO Eric Schmidt had coffee with Jobs back in March.

     *     *     *

ゼロから立ち上げなくても

アップルが最近開始したソーシャルネットワークサービスが Ping だ。iTunes チームは開始に至るまで Facebook と1年半以上の協議を重ねた。アップルとしては音楽トラッキングとセールスサービスの Ping を Facebook 上に構築しようとしたのだ。そうすればアップルのソーシャルネットワークをゼロから立ち上げなくても iTunes や iPod の販売強化ができるからだ。しかし Jobs が Kara Swisher[AllThingsD]に語ったところによると、Facebook がやっかいな(onerous)条件を要求したという。アップルは Facebook の同意を得ないまま Connect サービスをインストールしようとしが Facebook 側はこれをブロックした。

Ping is Apple’s music social networking service that it recently launched. Before the launch, the iTunes team was in talks with Facebook for 18 months or more. Apple wanted to build Ping as a music tracking and sales service on top of Facebook, which could have turbocharged iTunes and iPod sales without Apple having to build its own social network from scratch. But Jobs told Boomtown’s Kara Swisher that Facebook’s terms were too onerous. Apple tried to install Facebook’s Connect service without a deal and Facebook blocked it.

     *     *     *

友情には大きなメリット

数年前アップルが Apple Students グループを通して Facebook の最初のスポンサーとなったとき、両者の関係は友好的なものだったが、Facebook がシリコンバレーの重要プレーヤとして自己主張するようになった今、その関係は複雑なものとなってきた。しかし両者が歩み寄ることができれば、双方にとって友情は大きなメリットをもたらすものとなる。Bret Taylor[Facebook の COO]は、2人はうまく問題を解決するだろうという。

The relationship, which began on such friendly terms years ago when Apple was Facebook’s first big commercial sponsor through its Apple Students group, has gotten complicated now that Facebook has asserted itself as one of Silicon Valley’s major players. But there would be friendship with significant benefits for both parties if Apple and Facebook could strike a deal. Facebook’s chief technology officer Bret Taylor thinks the two will work things out.

アップルと Facebook のどちらからもコメントは得られなかった。

Neither company is commenting.

     *     *     *

自宅へのご招待とは、関係改善への並々ならぬ意欲が感じられる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Older Posts »