Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Executive Team’


[CEO を辞任した Steve Jobs:photo

コミュニケータ(communicator)としての Steve Jobs を高く評価する Carl Howe が、少し前になるが興味深いコメントをしている。

Yankee Group Blog: “What Steve Jobs Resignation Means” by Carl Howe: 25 August 2011

     *     *     *

アップルについてこれまで指摘してきたこと

今日のプレスリリース[CEO 辞任]の内容は繰り返さない。その代わり、これまで私が15年の間に Steve Jobs に関するインタビューで指摘してきた点をいくつか繰り返しておきたい。以下の諸点だ。

I won’t repeat what’s in the press release. What I will do is repeat some points I’ve made in interviews about Steve Jobs over the past 15 years that I’ve been covering Apple. Those are:

     *     *     *

・1000 億ドル企業を動かしているのはひとりの人間ではない

アップルの創業者およびビジョナリーとして Steve Jobs は有名だが、彼がすべての決定を行なっているわけではない。実際にアップルを運営しているのは練達のビジョナリーチームなのだ。Tim Cook をはじめ、Phil Schiller、Jonathan Ive、Scott Forestal、Ron Johnson など面々だ。Steve はあくまでアップルの表の顔であり、彼ひとりですべての意思決定を行なっていると考えるべきではない。

・One person doesn’t run a $100 billion company. Despite the fact that Steve Jobs was the best-known founder and visionary of Apple, Inc., he doesn’t make every decision in the company. In fact, Apple has been run by a team of very accomplished visionaries that includes Tim Cook, Phil Schiller, Jonathan Ive, Scott Forestal, Ron Johnson and a host of others. Steve was public face of the company, but we shouldn’t think that he was the only one making all the decisions.

     *     *     *

・Jobs の残した後継者計画は強固なものだ

アップルに関心を持ち続けたものにとって、今日の発表は驚くべきものではない。Jobs はアップルの取締役会と共同で、彼が去ったあともアップルが存続できる後継者計画を何年もかけて練ってきた。幹部チーム(executive team)のメンバーなら誰でも CEO の役割を果たす能力がある。しかし Tim Cook は Jobs が復帰した頃からアップルのビジョンを遂行してきた。彼がこれまで何年にもわたって負ってきた責務にふさわしいポストにつくことはまったく自然なことだ。

・Jobs left a strong succession plan. Today’s announcement wasn’t a surprise to anyone who had been paying attention to Apple. Jobs had worked with Apple’s board for years to create a succession plan to ensure that the company would continue after he left the company. Any of the members of the executive team had the ability to take on the CEO role, but Tim Cook had been executing on the company vision nearly since Jobs rejoined the company. It’s only natural that he will have the title to go with the responsibilities he has accepted for many of those years.

     *     *     *

・アップルの力の源泉はカルチャーであってスポークスマンではない

多くのアナリストは Steve Jobs を究極のショーマンとして捉えているが、彼が築きあげ、今やアップルを特徴づけているプロセスやチームのことをよく認識していない。Steve Jobs が CEO として残した永続的遺産とは、「thinks different」な思考をし、そのアイデアに社運を賭けることを恐れない1000 億ドル企業を造り出したという事実だ。

・Apple’s strength comes from its culture, not its spokesman. Too many analysts have focused on Steve Jobs as the ultimate showman for Apple, but don’t recognize the processes and teams that he built that now define the company. The lasting legacy Steve Jobs leaves from his CEO role is the fact that he created a $100 billion enterprise that “thinks different.” and isn’t afraid to bet the company on that idea.

     *     *     *

・これまでの10年と同じくアップルには驚くべき未来がある

過去数十年にわたってアップルは3つのカテゴリーの新製品を造り出し、支配力をふるってきた。ミュージックプレーヤの iPod、スマートフォンの iPhone、そしてタブレットの iPad だ。まだあまり知られていないのは、同じようによく考え抜かれ、開発されたたくさんの驚くべき製品群がまだ市場にもたらされていないことだ。その製造パイプラインと 700 億ドルの現金資産が相まって、今後数十年とはいわずとも、何年にもわたって消費者をよろこばせ続けるのだ。

・Apple’s future will be just as amazing as the last decade’s. Over the past decade, Apple has both defined and dominated three new product categories: music players with the iPod, smartphones with the iPhone, and tablets with the iPad. What isn’t widely known is that many other amazing products have been similarly well-though out and developed but haven’t been brought to market yet. That pipeline, combined with Apple’s more than $70 billion cash horde, will continue to delight consumers for years, if not decades to come.

     *     *     *

Steve Jobs の功績

アップルの未来は Tim Cook の手に渡っても安泰だと考えるが、Steve Jobs のリーダーシップについていくつか賛辞を呈しておきたい。コマーシャルなパーソナルコンピュータを初めて製造した企業を創業したこと、引き続く苦難、1990 年代の衰退からの復活、これらはすべてきちんと記録されている。しかし忘れられ勝ちなのは、Steve Jobs がアップルに復帰し、かつての栄光を超える会社へ作り替えた数年間、彼はまた、今やディズニーに吸収された映画会社 Pixar の CEO でもあったことだ。

But despite the fact that Apple’s future is secure in the hands of Tim Cook, I would like to pay some tribute to Steve Jobs’ leadership. Apple’s founding as the first commercial personal computer company, it’s subsequent struggles, and its comeback from its 1990s decline have all been well-documented. What’s often forgotten, though, is that for many of the years when Steve Jobs returned to Apple and rebuilt it to pass its former glory, he also was CEO of Pixar, the motion picture company that is now part of Disney.

     *     *     *

テクノロジーを介する万人向きの創造物

Jobs が Pixar のトップであった間、製作した映画はどれもすべて文句無しの大ヒットで、興行的にも大成功を収めなかったものはなかった。いかなる映画会社といえども太刀打ちできない実績だ。Pixar のアニメーションは万人向け映画に指定(rated G)されてきたが、決して子供向けのストーリーというわけではなかった。テクノロジーを介して、ライターやディレクターがすべての年代の観客に向けて物語る創造物であり、これからもそうあり続けるのだ。

For the time that Jobs was head of Pixar, that company never made a single movie that wasn’t an unqualified and money-making success, a track record unequalled by any other movie studio. Pixar’s animated movies may have been rated G, but they were anything but children’s stories. They were creations where technology was the vehicle whereby writers and directors could tell stories to all ages of viewers, and they continue to do so.

     *     *     *

稀代のストーリーテラーにして企業人

Steve Jobs を世界で最も価値あるテクノロジー企業を築いた人間として記憶するのは容易だ。同時に記憶すべきは、その過程において、現代の最も成功したストーリーテラーとアーチストを中心にビジネスを構築するのを手助けしたことだ。彼が同時に二つの役割を果たしたという事実は、ほとんどのひとにとってどちらも可能でなかったということを考えるとき、真に永続する資産となるのだ。

We will easily remember Steve Jobs as the man who built Apple to become the most valuable technology company in the world. What we should also remember is that while he was doing that, we was also helping to build a business around some of the most successful story-tellers and artists of our time as well. The fact that he did both at once, when most people would not have been able to do either will truly be his lasting legacy.

     *     *     *

折に触れてアップルに関する様々な視点を提供してくれる Carl Howe は大好きだ。(こちらこちら

Jobs を神格化する「神話」とは一線を画して、チームとしてのアップルに注目する。

アップル社員に呼びかけるのに Jobs が「チーム」ということばを使うは偶然ではない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[上級副社長になった Eddy Cue:photo

上級副社長に昇進した Eddy Cue のことを Atlantic Wire が「次の Steve Jobs か?」と報じている。

The Atlantic Wire: “Apple Promotes Eddy Cue: The Next Steve Jobs?” by Rebecca Greenfield: 01 September 2011

     *     *     *

Jobs 路線を死守

Tim Cook が i-ガジェットメーカーのトップとして最初の動きをするのにさして時間はかからなかった。9to5Mac が公表したアップルの内部メモによれば、今日付けでアップルはインターネットサービス担当副社長 Eddy Cue をインターネット・ソフトウェアサービス担当の上級副社長に昇進させた。この昇進は Cook がとった初めての動きだが、Jobs なき後のアップルが Jobs が生み出したマジックを失うまいと必死の様子を伝えている。

It didn’t take Tim Cook long to make his first move as chief of the iGadgeteers. Today, Apple announced the promotion of former Vice President of Internet Services, Eddy Cue up to Senior Vice President of Internet and Software Services, reports 9to5Mac, which republished an internal memo announcing the move. As Cook’s first move, the promotion gives us a first look into a Jobs-less Apple trying desperately not to lose its Jobs-induced magic.

     *     *     *

アップル王国の鍵を握る

Cook だけでなく、アップルが Steve Jobs の輝きを死守しようとしていることを示している。Fast Company が 2010 年に作成した最もクリエイティブな企業人 100 人のリストで Cue は第2位だった。「スポットライトを浴びているのは Steve Jobs だが、実は46才の Eddy Cue がアップル王国の鍵を握っている。iTunes や App Store という21世紀で最も波瀾に富んだウェブビジネスをおそらく Cue が担当することになる。App Store は 2012 年までには40億ドルの規模なるものと期待されている。」

The promotion shows that Apple is trying hard to hold onto that Steve Jobs sparkle–and not just through Cook. In 2010 Fast Company ranked Cue as number 2 in a list of the 100 most creative people in business. “Steve Jobs may own the limelight, but Eddy Cue, 46, holds the key to the Apple kingdom. Cue runs arguably the most disruptive 21st-century Web businesses: iTunes and the App Store, the latter of which is poised to create a $4 billion app economy by 2012.”

     *     *     *


[Jobs に付き従う Eddy Cue:photo

メディア対策の陰の主役

Cue のような人物は Jobs のいないアップルにとって増々必要となるだろうと Tim Carmody[Epicenter]はいう。「Steve Jobs が CEO を辞めたあと、全メディア業界を相手に回し、新しいエコシステムを作り上げ、彼らをアップルの意に従わせる力を持つのは誰だろうか?」Cook は iTunes のヘッドについて納得できる処遇をしたと Devindra Hardawar[VentureBeat]はいう。「Cue はそのキャリアのほとんどを、Steve Jobs のメディア対策の要(かなめ)としての役割を果たしてきた。この新しいポストによって、メディア業界から重要な契約を取り付けるのが容易になるだろうと思う。」

Without Jobs Apple will need more of that type of thinking, especially in the areas where Jobs kicked ass, explains Epicenter’s adamcfisher. “With Steve Jobs stepping down as CEO, who will be granted the power to bend media companies to Apple’s will, upending whole industries and creating new ecosystems along the way?” As head of iTunes, Cook makes sense argues VentureBeat’s Devindra Hardawar. “Cue has served as Steve Jobs’ go-to media guy throughout his career, and I would wager that his new role will make it easier for him to carve out important media deals in the future.”

     *     *     *

クラウド業務をすべて手中に

Cue を昇進させたことはアップルがクラウドビジネスにコミットしていることを示している。Cue はアップルのクラウドベースのビジネスをすべてを手中にすることになる。iTunes Store、App Store、iBookstore から iCloud まですべてだ。「iCloud の責任を持つことになるので、アップルの未来にとって間違いなく彼は重要な人物となるだろう。」もし iTunes Store や App Store で見せた手腕を発揮できれば、iCloud は安泰ということになる。しかし、Darrell Etherington[GigaOm]が指摘するように、接続性と信頼性の問題のため散々叩かれた MobileMe 時代の惨憺たる方向に向かえば、クラウドの前途は険しいものになるかもしれない。

Cue’s move also signals Apple’s commitment to the cloud. Cue will now control Apple’s entire cloud-based operations, including the iTunes Store, App Store, iBookstore and iCloud services. “He’s clearly going to be a key figure for Apple’s future going forward, because he has stewardship over iCloud.” If he can work any of the game he used in spearheading the iTunes and App stores, iCloud should be in pretty good hands. But, if he takes any direction from his MobileMe days, which had a disastrous launch and “was widely criticized for connectivity and dependability problems,” as GigaOm’s Darrell Etherington points out, the cloud might have a rockier path.

     *     *     *

始まりに過ぎない

これはマネジメントに関する動きの始まりに過ぎない。しかし Cook は過去の栄光を失うことなくアップルを前進させるのに時間を浪費することはないだろう。

This is likely just the first in many management moves, but Cook’s wasting no time as he tries to move Apple forward without losing too much of its past.

     *     *     *

MobileMe 不評を受けて Jobs がすげ替えたのが Eddy Cue だった。

アップル取締役会は Cook と同様 Cue に対しても多額のボーナスを出すことにしたようだ。

Cue もまた外からは見えにくいアップルの人材のひとりということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アップルの組織図:Emmanuel Cornet

Emmanuel Cornet の描いたアップルの組織図がオモシロかった。世界の中心に Steve Jobs がいてすべてのことを決めているという、多くのひとがアップルに抱くイメージを絵にしているからだ。


[Steve Jobs を中心に回る世界:image

Cornet の組織図が Adam Lashinsky の『アップルの内幕』からヒントを得たものであろうことは想像に難くない。幹部チームを率いる Jobs がアップルを隅々までコントロールし、すべてを決める世界だ。

もし Jobs が中心の座を去ったときはアップルはどうなるのだろうか。

そんな疑問に答えて Tom Reestman が大変興味深い指摘をしている。

The Small Wave: “Ideas, Not Hierarchy: On Steve Jobs Supposedly Making All Apple Decisions” by Tom Reestman:
28 August 2011

     *     *     *

D8 会議の会話

CEO 辞任以来、Steve Jobs がいなくなったらアップルはどうやって采配を振るうのかという記事を少なからず読んだ。私には D8 会議で Jobs が Walt Mossberg と行なった会話[ほぼ1時間たったころ]が思い出される。典型的な一日の仕事はどんなものかと Jobs は質問されるのだ。

I’ve read more than a few articles since Steve Jobs’ resignation as CEO that question how Apple will perform without him there to call all the shots. It reminded me of a conversation he had with Walt Mossberg at the D8 conference (starting at around the 1-hour mark). He was asked what a typical work day for him would be like:

     *     *     *


Apple CEO Steve Jobs at D8: The Full, Uncut Interview | AllThingsD]

私が毎日やること

Jobs:私が一日中やることといえば、チームのみんなと会って、新製品の製造、新しい宣伝プログラム、その他何であれ、アイデアを検討し、問題を解決することだ。

Jobs: What I do all day is meet with teams of people and work on ideas and solve problems to make new products, to make new marketing programs, whatever it is.

Mossberg:あなたは間違っているとみんなが敢えていうこともあるのですか?

Mossberg: And are people willing to tell you you’re wrong?

Jobs:(笑いながら)モチロンだよ。

Jobs: (laughs) Yeah.

Mossberg:その、不機嫌なジャーナリストではなく、一緒に仕事をしているみんなのことですが・・・

Mossberg: I mean, other than snarky journalists, I mean people that work for…

Jobs:モチロン。我々は愉快に議論するよ。

Jobs: Oh, yeah, no we have wonderful arguments.

     *     *     *

組織ではなくアイデアが大事

Mossberg:そして常にみんなを言い負かす?

Mossberg: And do you win them all?

Jobs:そんなことはない。そう出来たらとは思うけど。そんなことなんて出来ないよ。もし偉大なひとたち(great people)を雇って、働いてもらおうとすれば、彼らに多くの決定権を与えなければならない。そして組織(hierarchy)ではなく、アイデアをベースに仕事をしなければならない。一番優れたアイデアが勝つのだ。さもなくば優れたひとびとは留まってくれない。

Jobs: Oh no I wish I did. No, you see you can’t. If you want to hire great people and have them stay working for you, you have to let them make a lot of decisions and you have to, you have to be run by ideas, not hierarchy. The best ideas have to win, otherwise good people don’t stay.

Mossberg:でも、あなたは会議の世話役以上の存在でしょう? あなた自身もアイデアを出すのでしょう?

Mossberg: But you must be more than a facilitator who runs meetings. You obviously contribute your own ideas.

Jobs:モチロン私もアイデアを出す。そうじゃなければ私がいる意味はないじゃないか。

Jobs: I contribute ideas, sure. Why would I be there if I didn’t?

     *     *     *

最後のひとこと

私は最後のひとことが好きだ。Jobs はさも分かりきったことだというように淡々と語る。彼にとっては、まさにそういうことなのだ。しかし多くのひとにとってはそうではない。彼らは Jobs がいるのは他ならぬ Jobs だからだと考える。それだけだ。しかし Jobs の答えから分かることは、彼の頭の中では Jobs はアップルで働く「偉大なひとびと」の一人であり、一番優れたアイデアを決めるのを手伝うためにいるということだ。

I love the last line. Jobs says it so matter of factly, as if it’s obvious. And it is, to him. But for many people it’s not, they think Jobs is there because he’s Jobs. Period. Yet from his answer you can see that in his mind he’s there because he’s another of the “great people” working at Apple and helping make the decisions about which ideas are best.

     *     *     *

二律背反の考え

アップルの幹部チーム(executive team)が優れていることを否定するひとはいない。一方、彼らは単なる操り人形に過ぎないと信じたがっているひともたくさんいるようだ。しかしこの二つの考えは相容れないものだ。Jobs は正しい。優れたひとびとは優れたアイデアがいつも負けることには耐えられないのだ。彼らは去って行くだろう。幹部チームが比較的長続きしているのには理由があると思う。彼らは、年功序列や社内政治により沈黙させられたり、失敗を生み出したりせず、一貫して勝者であることが好きなのだ。

No one denies that the Apple executive team is brilliant, yet it seems many are willing to believe they’re just puppets. I’d argue the two are mutually exclusive. Jobs is right, brilliant people won’t stand for the best idea consistently losing. They’ll leave. I think there’s a reason for this management team’s relative longevity. They like making consistent winners, not being shouted down by seniority or politics and producing failures.

     *     *     *

上に引用された会話はぜひとも Jobs 自身の生の声で聞いていただきたい。[1h02 分ごろから]

Jobs が類い稀なる存在であることは間違いない。しかしその光の影に多くの優れた存在がいることに我々は気づいていないのかもしれない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »