Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Eddy Cue’

apple_tim_cook_money

前人未到の時価総額を達成した会社だけに役員報酬もすごい。

ちなみに年俸 920 万ドルって10億円超だよ・・・

Apple CEO Tim Cook made $9.2 million in 2014 as new retail chief & other execs increase earnings | 9to5Mac

According to the report, Apple CEO Time Cook made a total of $9.2 million during the year including $1.7 million in salary and the rest in additional forms of compensation. Cook comes in behind new retail chief Angela Ahrendts with $73 million, which includes $400K salary, a $500k bonus, and the rest in stock and other forms of compensation that she picked up when joining the company.

Other executives listed include Senior Vice President of Internet Software and Services Eddy Cue and Senior Vice President of Operations Jeff Williams who both made a total of $24 million during Apple’s fiscal 2014 after stock awards and additional compensation beyond salaries.

APPLE INC – FORM DEF 14A (Proxy Statement (definitive)) | EDGAR Online

Tim Cook CEOの2014年の報酬の合計は920万ドル(約11億円) 、他の役員の報酬も明らかに | Linkman

     *     *     *

Philip Elmer-DeWitt が次のビデオを引いて皮肉タップリに・・・

Apple, Tim Cook and the wealth distribution curve | Fortune

Wealth Inequality in America | YouTube

広告

Read Full Post »

Update:渦中の2人のインタビュー》

iovine-master675

[ジョン・レノンと一緒の Jimmy Iovine:photo

30億ドルという巨額なのに、これまでのシリコンバレーの常識とは違う買収話にみんなが戸惑っている。

NY タイムズの記事が興味深い。

NYTimes.com: “Jimmy Iovine, a Master of Beats, Lends Apple a Skilled Ear” by Ben Sisario: 28 May 2014

     *     *     *

ジョン・レノンのお茶汲み

アップルの新しい音楽の大立て者 Jimmy Iovine[ジミー・アイオヴィーン]の経歴、はこれまでのシリコンバレーの大物たちと違ってプログラミングやコンピュータエンジニアリングの背景ではない。ニューヨーク市のレコードスタジオの床拭きやジョン・レノンのお茶汲みから始まっている。

CUPERTINO, Calif. — Apple’s new music impresario, Jimmy Iovine, didn’t start out writing code or studying computer engineering, the usual path of a Silicon Valley mogul. Instead, his career began sweeping floors at New York City recording studios and fetching tea for John Lennon.

     *     *     *

大きな賭け

しかしアップルは Iovine 氏の40年にわたるレコード業界での隠れた働き、流行を見つける才能、アーチストたちの信頼が、ジョブズの死後3年近くたったアップルの音楽ビジネスを活性化してくれることに大きく賭けたのだ。

But Apple is betting that Mr. Iovine’s four decades in the trenches of the recording industry, his knack for trend-spotting and his credibility with artists will help the company rejuvenate its music business nearly three years after the death of its co-founder, Steven P. Jobs.

     *     *     *

[How Beats Helps Apple | YouTube

     *     *     *

名前の読み方に注をつけるところにも、Iovine がシリコンバレーのテクノロジーの世界から異質な存在だったことが見て取れる。

ジョン・レノンの付き人的な仕事から始まって、レコード業界やタレントを熟知した Iovine の様子が語られる。

Bruce Springsteen、U2、Eminem を手がけ、いち早くラップの未来を見抜き、レディー・ガガに賭けた。

大衆マーケットの好みを察知する鋭い才能も持ち合わせる彼にアップルが大きく期待している様子も触れられている。

アップルに注入される新しい血はどのような途をたどるのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》渦中の2人のインタビュー(5月31日)

Eddy Cue, Jimmy Iovine, Apple, Beats Music, Code Conference

[Eddy Cue and Jimmy Iovine at the Code Conference – Full Session Video

アップルの Beats 買収発表の数時間後に行なわれた Re/Code のインタビュー。

渦中の2人、Eddy Cue と Jimmy Iovine がたっぷり語る。

Eddy Cue の雄弁は予想外だが、それにも増して Jimmy Iovine が雄弁だ。

何がアップルをこの買収話に突き動かしたか — このフルセッションは見応えがある。

・すべては音楽

・音楽はサウンドだ

・キュレーションがとても大切

 アルバム作りそのものがキュレーション
 つぎに何を聴くか — それがプレイリストであり、キュレーションだ

ビデオを見ながらいつも追いかけているアップル系ニュースのことを考えていた。

John Gruber や Jim Dalrymple といった目利きが数多のニュースの中から掬い上げてくる記事の数々。これぞまさにキュレーションだ。

世界中のニュース一覧がグーグルニュースやヤフーニュースで見れることで事足りるのではない。

限られた時間の中で読むに値する記事を見つけてくることに意味がある。

それを可能にしてくれるのが優れたキュレーターでありキュレーションだ。

どうやら同じことを音楽でやっているのが Jimmy Iovine らしい。

長時間のインタビューだが、(WWDC 直前の時間を割いて)このフルセッションを見る価値は十分にある。

アップルが目指しているものを知るうえでも・・・

[via The Loop

★ →[ビデオを見る:Re/Code

     *     *     *

追記:Marco Arment の感想

Re/Code のインタビュービデオを見た Marco Arment が次のようにコメントしている。

Marco.org: “Full video of Eddy Cue and Jimmy Iovine at Re/code” by Marco Arment: 30 May 2014

     *     *     *

カリスマ

自分は Jimmy Iovine のことをこれまでよく知らなかった。しかしアップルにとって彼を獲得することがカネにかえられないことがよく分かった。

I wasn’t familiar with Jimmy Iovine before, but I’m convinced that getting him to Apple was worth any price.

これを見て 2011 年以来アップルの公式の顔やイベントに欠けていたものが確信できた。それはカリスマだ。

Seeing this has made me realize what Apple’s public face and events have been sorely lacking since 2011: charisma.

     *     *     *

同感するところが大きい・・・

Read Full Post »

[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

アップル人事のビッグニュースを John Gruber が分析している。

Daring Fireball: “Forstall Out; Ive Up” by John Gruber: 29 October 2012

     *     *     *

アップルのプレス発表

アップルのトップ指導陣に関するビッグニュース:Scott Forstall は辞めさせられた。アップルのプレス発表のサワリはつぎの部分。

Blockbuster executive leadership change at Apple; Scott Forstall has been shown the door. Here’s the key paragraph:

インダストリアルデザインのトップ Jony Ive がアップル全般にわたるヒューマン・インターフェイス(Human Interface)の方向付けと指揮をとります。彼の信じられないほどすばらしいデザイン美学こそが、10年以上にわたってアップル製品のルック&フィールの原動力となってきました。

Jony Ive will provide leadership and direction for Human Interface (HI) across the company in addition to his role as the leader of Industrial Design. His incredible design aesthetic has been the driving force behind the look and feel of Apple’s products for more than a decade.

Eddy Cue はさらに Siri および Map について責任を持ち、すべてのオンラインサービスひとつにまとめます。・・・Craig Federighi は iOS および OS X を率います。

Eddy Cue will take on the additional responsibility of Siri and Maps, placing all of our online services in one group. […] Craig Federighi will lead both iOS and OS X.

     *     *     *

辞めさせられたミニ・スティーブ

Forstall はアップルに来て長い。90 年代初期に NeXT で仕事を始め、それ以来 NeXTStep、Mac OS X そして iOS の開発に携わってきた。にも関わらず Tim Cook の Forstall に対する謝辞がアップルのプレス発表に一切含まれていないことが多くを物語っている。5月に発表された Mansfield の退職(その後留任)に対する Cook のことばや、2011 年3月にに辞めた Bertrand Serlet私的コメントと比べてみて欲しい。Forstall は自ら辞めたのではない。追い出されたのだ。Forstall に不利に働いたと思われるいくつかの要因 — デザインの好み、エンジニアの管理、カンに障るスタイル、iOS 6 Maps をめぐるゴタゴタなど。また、スティーブ・ジョブズとの親密な関係がどれほど彼の役に立ったのかは疑問。ジョブズの保護はもうないのだ。

Forstall has been around for a long time: he started at NeXT in the early ’90s and had been involved in the evolution of NeXTStep, Mac OS X, and iOS ever since. That makes it all the more telling that Apple’s press release contains no quote from Tim Cook offering kind words or thanks to Forstall. Compare and contrast to the quote from Cook when Mansfield’s (now cancelled) retirement was announced in May, or the personal quote from Bertrand Serlet when he stepped down in March 2011. Forstall is not walking away; he was pushed. Potential factors that worked against Forstall: his design taste, engineering management, abrasive, and the whole iOS 6 Maps thing. I also wonder how much Forstall was effectively protected by his close relationship with Steve Jobs — protection which, obviously, no longer exists.

     *     *     *

プレス発表から読み取れること

アップルについて感心することのひとつは彼らの率直さだ — コマーシャルでも、プレス発表でもそうだ。今日リンクを貼ったばかりだが、Derek Thompson が The Atlantic で、アップルの四半期決算発表のプレス発表は他の大会社のものと比べて非常に短いという興味深い指摘をしている。Forstall の解雇に関するプレス発表は一見この逆のように見える。「アップルはハードウェア、ソフトウェア、およびサービス全般にわたる協力関係を拡大するための変更を発表します。」さらに次のようなサブタイトルが続く。「Jony Ive、Bob Mansfield、Eddy Cue および Craig Federighi がそれぞれが追加的に責任を分担します。

One of the things I admire about Apple is their plainspokenness, both in advertising and in press releases. Just today I linked to a piece by Derek Thompson for The Atlantic, wherein he makes in the interesting observation that Apple’s quarterly earnings releases contain remarkably fewer words than other large corporations. At first glance, the headline of the press release announcing Forstall’s departure seemed to go against this: “Apple Announces Changes to Increase Collaboration Across Hardware, Software & Services”. That was followed by a subhead: “Jony Ive, Bob Mansfield, Eddy Cue and Craig Federighi Add Responsibilities to Their Roles”.

     *     *     *

お荷物になった Forstall

もう少しこの点を考えてみよう。私が聞いた Forstall の社内での評判と考え合わせると、このヘッドラインは遠回しながらはっきりとありのままの事実を伝えていると思う。すなわち Forstall はアップル社内の共同作業にとって障害となっていたのだ。彼は会社を辞め、その権限は Ive、Mansfield、Cue および Federighi の4人によって分割分担されることになった。

Thinking about it some more, though, and considering what I know about Forstall’s reputation within the company, I think that headline, euphemistic though it is, tells the plain truth: Forstall was an obstacle to collaboration within the company. Now he’s gone, and his responsibilities are being divided between four men who foster collaboration: Ive, Mansfield, Cue, and Federighi.

     *     *     *

後を分担する4人

Federighi は Forstall 同様 NeXT 時代まで遡る。2009 年にアップルに復帰してから急速にピラミッドの梯子を駆け上った。Mansfield にとって今年はとても奇妙な1年だった。5か月前退職しようとしたが、一旦退職をやめ、今やすべてのワイヤレスおよびセミコンダクターエンジニア部門を含む新しい「技術」グループの担当となった。Maps については Eddy Cue をおいて適当な人間がいるだろうか。彼は MobileMe の大失敗を引き受け、「完全とはいえないまでもかなりよく、かつ着実に進化し続ける」iCloud に変えたのだ。

Federighi, like Forstall, dates back to NeXT, and has moved up the ladder quickly after returning to Apple in 2009. Mansfield has had a curious year — five months ago he was retiring, then he un-retired, and now he’s taking over a new “Technologies” group encompassing all wireless and semiconductor engineering. Who better to take over Maps than Eddy Cue, the guy who took over the disaster that was MobileMe and turned it into the far-from-perfect-but-pretty-good-overall and steadily-improving iCloud?

     *     *     *

Jony Ive がすべてのデザインを統括する

しかし今日の最大のニュースは Jony Ive に関するものだ。Ive がハードウェアおよびソフトウェアのすべてのプロダクトデザインを統括するということが如何に大きなことであるか、いくら強調しても強調しすぎることはないだろう。去年1年、スティーブ・ジョブズなきアップルで UI デザインの責任を取るのが一体誰なのか、外部の観察者はいぶかしく思ったものだ。その答えがついに出た、それが Jony Ive だ。

But the big news today is about Jony Ive. I don’t think it can be overstated just how big a deal it is that he now oversees all product design, hardware and software. For the last year, outside observers have been left to wonder just where the buck stopped for UI design at post-Jobs Apple. That question has now been answered: Jony Ive.

     *     *     *

スティーブ・ジョブズが好んで出入りした場所のひとつが iPhone 開発のオリジナルチーム[冒頭写真]に属した Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

maclalala2: “《追記》魔法使いの弟子”[次世代 iPad は「The new iPad」]: 09 March 2012

     *     *     *

ジョブズが好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Tim Cook の謝罪にまで発展した iOS 6「マップス」騒動の背後で、「ミニ・スティーブ」排除の動きが進行していたということか・・・

着々と Tim Cook 体制の構築が始まっているということだろう。

それにしても「Human Interface」ということばは懐かしい。これこそマックと他の PC を分けるものだった。

Jony Ive が統括する「Next Big Thing」とは何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[The new iPad]

夜更しはこたえる。ダウンしてしまった。

追いつき追い越され、また追いつくなでしこジャパンの粘りのアルガルベ杯決勝戦に興奮してつい夜更ししてしまった。

翌朝アップルサイトで見た iPad キーノートの印象・・・

Apple Special Event March 2012 | Apple

     *     *     *

名前が The new iPad だったことを除けば 399 ドルも含めておおむねウワサどおりでサプライズはなかった。

むしろステージに上がったメンバーの方が興味深かった。

Tim Cook は舞台回し以上の役割を演じ、すっかり落ち着いて、心地よさそうな感じすら受ける。

アップルの業績関連だけでなく、The new iPad、Apple TV から iOS、(日本語)Siri、iCloud まで次々に Cook の口から明かされる。

Post-PC World から The new iPad まで今回の目玉についてすべて触れるところはまるで Steve Jobs と同じ役柄をこなそうとしているみたいだ。

もっとも、決算発表のときのたんたんとしたしゃべり方と比べて、best、absolute、so excited、pretty cool、astonishing、incredible など形容詞に力がはいるとちょっと違和感を感じるけれど。

どうやらアップル社内の Tim Cook の地位は盤石になったということか・・・

     *     *     *

一方、いるべきひとがいないという感じも・・・

Phil Schiller もすっかり手慣れた感じだ。Retina ディスプレイなど The new iPad のハード面だけでなく、iOS についても、399 ドルの iPad 2 も彼がしゃべってしまった。

Jobs のときなら One more thing などと最後まで引っ張ったことも、どんどんお構いなしに紹介される感じ。

気がついたら Scott Forstall の出番がなかった。

また別の機会が彼にはあるのか、それとも pecking order が下がってしまったのか・・・

そういえば Jonathan (Jony) Ive の出番もなかった。

邪魔なものが一切ない見えないデザイン(invisible technology)という iPad デザインの要(かなめ)について紹介ビデオで語るのも Jonathan Ive ではなく Michael Tchao だ。

Tim Cook — Eddy Cue — Phil Schiller という登場順序は、Cook 時代の戦略の新しい内部順位を示すものか・・・

     *     *     *

価格設定を含めてなにか教育市場向けの特別発表があるのではと期待したが、これは期待はずれだった。

今回のウリである Retina ディスプレイは、実際に手にして見てみないと分からないといわれる。

文字がどの程度読みやすいか、文字画面の拡大・縮小も可能なのか・・・実際に手にして確かめてみたい。

     *     *     *

《追記》魔法使いの弟子


[iPhone 開発のオリジナルチーム:photo

昨年10月の iPhone 4S イベントで「Who are you?」という Scott Forstall の問いに「I am a humble personal assistant.」と答えた Siri の鮮烈なデビューは誰の記憶にも新しい。

その直後に iOS 開発の立役者 Forstall にスポットライトを当てて書かれた Businessweek の「魔法使いの弟子」という記事がとても興味深い。

Scott Forstall, the Sorcerer’s Apprentice at Apple | Businessweek
魔法使いの弟子 Scott Forstall | maclalala:link

Jobs 亡き後のアップルを率いる重要な人物として Forstall を詳細に論じたもので、6ページにわたり 4000 語を超える。

Forstall をミニ Jobs として描いたのが特徴だ。その後注意して見ているがまだ日本語にはなっていないようだ。

その記事に次のような下りがある。

     *     *     *

Jobs が好きだった場所

Jony Ive のハードウェアデザインラボに出入りして、その全体像を見渡すのを Jobs が好んだことはよく知られている。もう一か所彼が好んだ場所が、その一階上にある Forstall のユーザーインターフェイスラボだった。

It’s well-known that Jobs loved to hang out in Jony Ive’s hardware design lab, looking over hardware. Another favorite spot was the user interface lab run by Forstall, located a floor above.

     *     *     *

Steve Jobs に近かった2人の人物が今回の iPad イベントからスッポリ抜けているのが気にかかる・・・

Read Full Post »


[ビッグアップルでビッグイベント?:image

新年早々アップルイベントのウワサ・・・

AllThingsD: “Not the iPad 3 or New TV — But Apple Planning Media-Related Event in the Big(ger) Apple This Month” by Kara Swisher: 02 January 2012

     *     *     *

ニューヨークでメディアイベントか

事情に詳しいソースによれば、大規模ではないが重要なイベントをアップルが今月末にニューヨークで計画しているという。メディアに関連した発表が中心になるという。

According to sources close to the situation, Apple is planning an important — but not large-scale — event to be held in New York at the end of this month that will focus on a media-related announcement.

     *     *     *

iPad 3 関連ではない

しかし、このイベントは次世代 iPad 3 に関するものではないと複数のソースがいっている。人気のタブレット次世代版は 2012 年に発表されると多くのひとが期待している。

But, for sure, several sources underscored that the event is not related to an upcoming version of the iPad 3, the next iteration of the popular tablet device that many expect to be available in 2012.

     *     *     *

アップルテレビでもない

また、アップルが鋭意進めているインタラクティブテレビジョンの開発イニシアティブの発表でもなさそうだ。アップルテレビの新製品は 2012 年後半に発表されるものと期待されているが、そんなイベントなら間違いなく業界の中心ハリウッドないしはシリコンバレーで行なわれるハズだからだ。

Also unlikely, the rollout of Apple’s large-scale rethinking of the interactive television initiative that it has been working on. While the company is expected to launch a new Apple TV product later in 2012, such an event would almost certainly be held in the heart of the industry in Hollywood or at least in Silicon Valley.

     *     *     *

広告・出版がらみの発表か

残るはなんらかの広告ないしは出版に関する発表ということになるが、多分そうだろうと思われる。というのも Internet Software and Services 担当上級副社長の Eddy Cue が関係しているという話だからだ。

That leaves some kind of advertising or even publishing announcement, which might be the case, since Apple SVP of Internet Software and Services Eddy Cue is reportedly involved.

Cue はアップルの広範なメディア部門を担当している。iTunes Store、App Store、iBookstore、iAd、iCloud サービスなどだ。

Cue is in charge of a large swath of Apple’s media units, including the iTunes Store, App Store, iBookstore, as well as iAd and its iCloud services.

Cue がニューヨークをイベントで訪れたのはほぼ1年前、News Corp. のオンラインマガジン「The Daily」の立ち上げを手伝ったときだった。

The last time Cue was in New York for an event, by the way, was nearly a year ago, when Apple helped launch News Corp.’s online magazine, The Daily.

     *     *     *

ハッピーニューイヤー

アップル PR チームは休暇中で、ハッピーニューイヤーとしかコメントをもらえなかった。

The holiday-having Apple PR team declined comment, but wished me a “happy, happy new year.”

     *     *     *

Jobs が亡くなったあと初めてのイベント・・・

アップルニュースの信憑性について大きな拠り所となる Jim Dalrymple が見逃せない発言をしている。

Kara Swisher の記事を引用したあと、「Yep」(そうさ!)とひとこと・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[渦中の人 Eddy Cue:photo

アップルがいかなる形でテレビに進出するのか、Walter Isaacson の伝記本でもはっきりしない。

しかしアップルはすでに動き出しているのだと WSJ はいう。

WSJ.com: “Apple Moves Forward With TV Plans” by Jessica E. Vascellaro and Sam Schechner: 19 December 2011

     *     *     *

自前のテレビ

ワイヤレスストリーミング技術を利用してテレビ番組、映画、その他のコンテンツにアクセスできる自前のテレビサービスをアップルが計画中だと、計画の概要を知るひとは語る。

Apple is also working on its own television that relies on wireless streaming technology to access shows, movies and other content, according to people briefed on the project.

     *     *     *

ユーザーを見分ける

最近上級副社長 Eddy Cue を含むアップルの複数の幹部はメディア企業と会合を持った。その会合を知るひとによれば、アップルの新技術によって電話やタブレット、テレビを利用するユーザーを識別できるという。

In the recent meetings with media companies, the Apple executives, including Senior Vice President Eddy Cue, have outlined new ways Apple’s technology could recognize users across phones, tablets and TVs, people familiar with the talks said.

     *     *     *

声で検索、チャンネルを変える

うちひとりの話によれば、少なくともひとつの会合でアップルは、未来のテレビ技術はユーザーの声や動きに反応すると語ったという。かかる技術は他のものと比べ時間を要するかもしれないが、ユーザーが自分の声で番組を検索したり、チャンネルを変えることができるという。

In at least one meeting, Apple described future television technology that would respond to users’ voices and movements, one of the people said. Such technology, which Apple indicated may take longer than some of its other ideas, might allow users to use their voices to search for a show or change channels.

     *     *     *

アップルの内実について詳しいといわれる Jim Dalrymple の反応が興味深い。

The Loop: “Apple talks to media executives about TV” by Jim Dalrymple: 18 December 2011

     *     *     *

スゴい話になる

これはスゴい話になるだろう。ライバルたちはアップルの計画について警告を受けたわけだが、その計画がもたらす影響を十分理解しているとはとても思えない。

This is going to be big. Even though its competition has warning of Apple’s plans, I don’t think they understand the scope of Apple’s plans.

     *     *     *

Jobs の夢がどのような形で実るのか、これは見ものだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[上級副社長になった Eddy Cue:photo

上級副社長に昇進した Eddy Cue のことを Atlantic Wire が「次の Steve Jobs か?」と報じている。

The Atlantic Wire: “Apple Promotes Eddy Cue: The Next Steve Jobs?” by Rebecca Greenfield: 01 September 2011

     *     *     *

Jobs 路線を死守

Tim Cook が i-ガジェットメーカーのトップとして最初の動きをするのにさして時間はかからなかった。9to5Mac が公表したアップルの内部メモによれば、今日付けでアップルはインターネットサービス担当副社長 Eddy Cue をインターネット・ソフトウェアサービス担当の上級副社長に昇進させた。この昇進は Cook がとった初めての動きだが、Jobs なき後のアップルが Jobs が生み出したマジックを失うまいと必死の様子を伝えている。

It didn’t take Tim Cook long to make his first move as chief of the iGadgeteers. Today, Apple announced the promotion of former Vice President of Internet Services, Eddy Cue up to Senior Vice President of Internet and Software Services, reports 9to5Mac, which republished an internal memo announcing the move. As Cook’s first move, the promotion gives us a first look into a Jobs-less Apple trying desperately not to lose its Jobs-induced magic.

     *     *     *

アップル王国の鍵を握る

Cook だけでなく、アップルが Steve Jobs の輝きを死守しようとしていることを示している。Fast Company が 2010 年に作成した最もクリエイティブな企業人 100 人のリストで Cue は第2位だった。「スポットライトを浴びているのは Steve Jobs だが、実は46才の Eddy Cue がアップル王国の鍵を握っている。iTunes や App Store という21世紀で最も波瀾に富んだウェブビジネスをおそらく Cue が担当することになる。App Store は 2012 年までには40億ドルの規模なるものと期待されている。」

The promotion shows that Apple is trying hard to hold onto that Steve Jobs sparkle–and not just through Cook. In 2010 Fast Company ranked Cue as number 2 in a list of the 100 most creative people in business. “Steve Jobs may own the limelight, but Eddy Cue, 46, holds the key to the Apple kingdom. Cue runs arguably the most disruptive 21st-century Web businesses: iTunes and the App Store, the latter of which is poised to create a $4 billion app economy by 2012.”

     *     *     *


[Jobs に付き従う Eddy Cue:photo

メディア対策の陰の主役

Cue のような人物は Jobs のいないアップルにとって増々必要となるだろうと Tim Carmody[Epicenter]はいう。「Steve Jobs が CEO を辞めたあと、全メディア業界を相手に回し、新しいエコシステムを作り上げ、彼らをアップルの意に従わせる力を持つのは誰だろうか?」Cook は iTunes のヘッドについて納得できる処遇をしたと Devindra Hardawar[VentureBeat]はいう。「Cue はそのキャリアのほとんどを、Steve Jobs のメディア対策の要(かなめ)としての役割を果たしてきた。この新しいポストによって、メディア業界から重要な契約を取り付けるのが容易になるだろうと思う。」

Without Jobs Apple will need more of that type of thinking, especially in the areas where Jobs kicked ass, explains Epicenter’s adamcfisher. “With Steve Jobs stepping down as CEO, who will be granted the power to bend media companies to Apple’s will, upending whole industries and creating new ecosystems along the way?” As head of iTunes, Cook makes sense argues VentureBeat’s Devindra Hardawar. “Cue has served as Steve Jobs’ go-to media guy throughout his career, and I would wager that his new role will make it easier for him to carve out important media deals in the future.”

     *     *     *

クラウド業務をすべて手中に

Cue を昇進させたことはアップルがクラウドビジネスにコミットしていることを示している。Cue はアップルのクラウドベースのビジネスをすべてを手中にすることになる。iTunes Store、App Store、iBookstore から iCloud まですべてだ。「iCloud の責任を持つことになるので、アップルの未来にとって間違いなく彼は重要な人物となるだろう。」もし iTunes Store や App Store で見せた手腕を発揮できれば、iCloud は安泰ということになる。しかし、Darrell Etherington[GigaOm]が指摘するように、接続性と信頼性の問題のため散々叩かれた MobileMe 時代の惨憺たる方向に向かえば、クラウドの前途は険しいものになるかもしれない。

Cue’s move also signals Apple’s commitment to the cloud. Cue will now control Apple’s entire cloud-based operations, including the iTunes Store, App Store, iBookstore and iCloud services. “He’s clearly going to be a key figure for Apple’s future going forward, because he has stewardship over iCloud.” If he can work any of the game he used in spearheading the iTunes and App stores, iCloud should be in pretty good hands. But, if he takes any direction from his MobileMe days, which had a disastrous launch and “was widely criticized for connectivity and dependability problems,” as GigaOm’s Darrell Etherington points out, the cloud might have a rockier path.

     *     *     *

始まりに過ぎない

これはマネジメントに関する動きの始まりに過ぎない。しかし Cook は過去の栄光を失うことなくアップルを前進させるのに時間を浪費することはないだろう。

This is likely just the first in many management moves, but Cook’s wasting no time as he tries to move Apple forward without losing too much of its past.

     *     *     *

MobileMe 不評を受けて Jobs がすげ替えたのが Eddy Cue だった。

アップル取締役会は Cook と同様 Cue に対しても多額のボーナスを出すことにしたようだ。

Cue もまた外からは見えにくいアップルの人材のひとりということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »