Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Dr. Drang’

Update》2000 〜 3000 ドルの Edition の可能性

18k_gold

ほんとにアップルが1万ドル(百万円強)もする Apple Watch の純金モデルを出すだろうか? そんな疑問をもつひとも多い。

アップルギークのひとり Marco Arment も、間違っているかもしれないがと前置きして Edition はほぼ5千ドルという予想をしている。

それに対して Sumocat が興味深いツイートを返している。

     *     *     *

アップルの特許

Sumocat @SumocatS
アップルには18カラットゴールドの金の含有量を半分に減らせる特許がある。

Sumocat @SumocatS
@marco_org Apple has a patent that can reduce the gold content of their 18k gold by half. http://veg.gy/ZhMF2

     *     *     *

そんな特許なんて初耳だが、たしかにリンク先の米国特許商標庁サイトにはアップルの特許が示されている。

これに基づいて Dr. Drang がアップルの18Kゴールドではいかにして通常の18Kゴールドより金を減らすことができるか詳しく解説している。

Apple gold | All this

     *     *     *

セラミックを混ぜた金属マトリックス複合素材

アップルのいう金とは金属マトリックス複合素材[metal matrix composite]のことで、普通にいう合金[alloy]のことではない。金に銀や銅、その他の金属を混合して硬くする代わりに、アップルは密度の低いセラミック粒子を混ぜて硬くする。セラミックによってアップルの金はより硬く、キズがつきにくくなり(9月発表時に Tim Cook が強調した点)、そして密度が全体的に低くなるのだ。

[…] Apple’s gold is a metal matrix composite, not a standard alloy. Instead of mixing the gold with silver, copper, or other metals to make it harder, Apple is mixing it with low-density ceramic particles. The ceramic makes Apple’s gold harder and more scratch-resistant—which Tim Cook touted during the September announcement—and it also makes it less dense overall.

     *     *     *

貧弱な筆者の頭では理屈がよく理解できないが、要すれば特許のせいでアップルは通常の18K金より金の含有量が少ない18K金を作れるということらしい。

(詳しくは・・・というか、その理屈については Dr. Drang のサイトをご覧ください。)

・・・で、もし Dr. Drang のいうとおりだとすると、最高級モデルの Edition は1万ドルまでしない可能性だって出てくることになる。

はてさてどうなるか・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》2000 〜 3000 ドルの Edition の可能性(3月9日)

Dr. Drang の解説を読んだ Marco Arment が次のようにコメントしている。

Apple Gold | Marco.org

     *     *     *

2000 〜 3000 ドルの Edition の可能性はどうか

Edition は 5000 ドルという予想をしたあともまだ高すぎたかもしれないと思っていたが、このこと[Dr. Drang の解説]は極めて安価な Edition の可能性を指し示しているのではないかと思う。John Gruber はそうは考えないようだが、いろんな意味でその方が理に叶っているように思われる。アップルのブランドエリート主義、大衆マーケットの疎外、それにすこぶる高価な時計が数年で陳腐化してしまうという不愉快な問題も、もし Edition の価格設定が 2000 〜 3000 ドルに近いものになればすべてほとんど解決するだろうから・・・

I’ve been thinking since my $5,000 Edition guess that I probably guessed too high, and this may be a strong sign that a significantly cheaper Edition is a possibility. Gruber doesn’t think so, but on many levels, it would make a lot more sense: Apple’s brand elitism, mass-market alienation, and the uncomfortable issue of an extremely expensive watch that’s completely obsolete in a few years would all be significantly less problematic if the Edition was priced closer to $2,000–3,000.

アップルがそうするかどうかは分からない。しかし可能であることは確かだ。コストに比例し、常識的で健全なマージンの価格設定で、中流の上層のひとたちに高級でラグジュアリーな品質とマテリアルを提供することはこれまでのアップルのスタイルによりふさわしいものだ。問題は今でもアップルがそうかという点だ。それももうすぐ分かる・・・

We don’t know yet if Apple will do that, but it sure looks like they can. Pricing it reasonably proportionally to its costs with a healthy-but-not-obscene margin to offer luxury quality and materials to the upper-middle class is certainly more the style of the company Apple has been — the question is whether it’s the style of today’s Apple. We’ll find out soon.

     *     *     *

5000 ドルの Edition でもまだ高すぎると Marco Arment は考えているようだ・・・

広告

Read Full Post »

cupertino_apple_hq

[アップル本社:image

アップルの決算発表をずいぶん追いかけたが、Dr. Drang があれこれ気にし過ぎだといっている。

All this: “Quarterly quiverings” by Dr. Drang: 24 April 2013

     *     *     *

決算発表の日

今日はアップルブロガーにとって四半期に一度の日 — いつもの関心事であるフォントや角の丸まった四角形、skeuomorphism などを考えるのをやめて、決算報告の電話会議の前に集まり、クパティーノの大公が発表する最新の財務報告に耳を傾けるそんな日だ。偉人たちが指数でも使わない限り分からないような数字について語り、ブロガーたちはそれがいかに善き知らせであるかみなに知らしめるべくキーボードに向かうのだ。

Today is that demisemiannual day in which Apple bloggers set aside their normal concern for fonts, rounded rectangles, and skeuomorphism and gather ’round the conference call to hear the latest financial pronouncement from the grandees of Cupertino. And as the great men speak in numbers that require exponential notation, the bloggers take to their keyboards to let us know that all is Good.

     *     *     *

なぜ一般読者まで

これらのおしゃべり(キーボードのカチャカチャいう音)を自分は避けているが、しかしツィッターや RSS を一日中締め出すことはできないし、完全に締め出すなんてとてもムリだ。ブロガーが — とくに満足させねばならない広告主を抱えたプロのブロガーたちが、なぜ決算発表について書くのかは理解している。しかし理解できないのは、なぜ一般読者まで気に掛けるのかということだ。もしあなたがアップル投資家なら、当然四半期毎の数字を見たいと思うだろう。それでも iOS の天気アプリしか話題にしないような連中のフィルターを通して知りたいと思うだろうか? もしアップル投資家でないのなら、それがどうしたというのだ? 確かにアップルが生き残り、あなたの好きな製品を作り続けてくれるほどちゃんとしているかどうかということは知りたいだろう。しかしそれってきょうびほとんど確実なことではないのか・・・

I avoid most of this chatter, but short of shutting out Twitter and RSS entirely for the day, it’s not possible to avoid it all. I understand why bloggers—especially professional bloggers who have advertisers to satisfy—write about the earnings call. What I don’t understand is why readers care. If you’re an Apple investor you’ll want to see the quarterly numbers, of course, but you don’t really want them filtered through someone who spends most of his time talking about iOS weather apps, do you? And if you’re not an Apple investor, what difference does it make to you? Sure, you want to know that Apple’s doing well enough to survive and keep making the products you like, but that seems like a pretty safe bet these days.

     *     *     *

怒りやフラストレーション

確かにここ数年の四半期の業績に対する反応がオモシロかったことは認める。何年にもわたってアップルの業績はアナリストの予想を上回ってきたから、いわゆる専門家たちが間違いを犯すのをアップル信奉者はバカにしてあざ笑ったものだ。しかし今や株価は下落し、アナリストはバカげた低い見積もりをしなくなった。それでもアップル信奉者は売上と利益が強い基調にあることから、いわゆる専門家たちが間違っていると未だいい続けているが、さすがにあざ笑うことはできなくなった。勝ち誇った気持ちは怒りやフラストレーション、守勢に取って代わった。

I will admit that the response to the last couple of quarterly reports has been interesting. For years, as Apple continually beat the analysts’ forecasts, Apple enthusiasts would point and laugh at how these so-called experts could get it so wrong. Now, as the stock price is falling and the analysts are no longer making foolish underestimates, the enthusiasts are still pointing to strong profits and revenue growth, still saying the so-called experts have got it wrong, but they’re not laughing anymore. The triumphalism has been replaced by anger, frustration, and defensiveness.

     *     *     *

嘆かわしい側面

このような変化がもたらした嘆かわしい側面は、アップルを — もっとハッキリいえばアップルの株価(AAPL)を前向きに扱うアナリストなら誰にでも飛びつきたくなる傾向だろう。例えば今日、数字をもてあそぶこんなナンセンスにリンクしているひとを見つけた。フィボナッチ・リトレースメント[Fibonacci retracement]の議論は前にも読んだことがあるが、これってどこぞの投資マネージャーが信じている戯言(たわごと)で、私たちからカネをむしり取り、裏庭に隠そうとする考え方なのだ。

One unfortunate side effect of this change has been a tendency to latch onto any analysis that shows Apple (or, more specifically, AAPL) in a positive light. Today, for example, I saw several links to this bit of numerological nonsense. I’ve seen discussions of Fibonacci retracement before, and the idea that there are investment managers out there who believe in this hooey always makes me want to pull my money out of stocks and bury it in the backyard.

     *     *     *

バランスシートのせいではない

自分が Mac や iPhone を使うのはアップルのバランスシートのせいではない。自分の役に立つから使うのだ。そうでないときには怒りやフラストレーションを感じる。iPhone のマーケットシェアより iCloud がうまくいかないときに遥かに影響を受けるし、アップルの株価より Lion から「・・・として保存」(Save As…)がなくなったことや、また Rob Enderle のごときヤカラがいうことより Preview が AppleScript をサポートしないことに遥かに影響を受けるのだ。

I don’t use a Mac or an iPhone because of Apple’s balance sheet. I use them because they (usually) work for me, and I save my anger and frustration for when they don’t. I’m far more affected by an iCloud screwup than by the iPhone’s market share, by Lion’s removal of Save As… than by Apple’s stock price, and by Preview’s lack of AppleScript support than by anything Rob Enderle says.

     *     *     *

たしかに株も持っていないのに、自分もいちいち決算発表のことを気にしすぎるなあ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »