Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘DOJ’

steve-jobs-eric-schmidt

[それはアップルとグーグルから始まった:photo

このところアップル系ニュースがオモシロくない。

昔はウワサ系というジャンルがあった。

大手紙・誌が取り上げないウワサを発掘してきてはそれを披露する。

まだアップル自体がマイナーだった時代にはそれが大きな情報源だった。

現役のハーバード生が13才のとき始めた「Think Secret」はバツグンの正確さとオモシロさで一世を風靡したものだ。

それがいつの間にかウワサなどには見向きもしなかった大手紙・誌まで競ってアップルのウワサを取り上げるようになった。ウワサ系までプロ化してしまった。

枯渇する泉の周りに口を揃えて、今かいまかと水が出るのを待っているようなもの。

そんななかでさすがの大手紙・誌もあまり取り上げない話題がある。

人材引き抜き防止のためにアップルとグーグルが結んだという密約の話だ。

新しいウワサがなければ、古い話を蒸し返せということかも・・・

人材を引き抜かれてアタマにきたジョブズがグーグルの Eric Schmidt 宛に書いたEメールが表に出た。この人材引き抜きを防ぐため賃金を抑えるという「密約」は当初アップルとグーグルだけのものだったが、その後アドビ、インテル、Intuit、ウォルト・ディズニー、デル、マイクロソフト、IBM、eBay、Comcast、Dreamworks など IT の大所を含む巨大カルテルになり、独禁法訴訟の対象になっているというもの。

アップル対サムスンの訴訟資料から見つけ出した PandoDaily がシリーズで追いかけている。

このニュースについて John Gruber が微妙な言い回しながら次のようにコメントしている。

Daring Fireball: “Wouldn’t Have Happened If Tim Cook Had Been in Charge” by John Gruber: 27 March 2014

     *     *     *

スマイリー

アップルとグーグルが始めた「人材引き抜き防止・賃上げ抑制」カルテルの話を PandoDaily が連続して取り上げている。Sergey Brin がスティーブ・ジョブズからのEメールを見せられた話には笑っちゃうよ。

Pando continues its thorough coverage of the Apple/Google-led no-poaching wage-fixing cartel case. You have to laugh at this, from Sergey Brin, after being shown an email from Steve Jobs:

「ワオ、スティーブがスマイリーを使ってる。自分は一度も使ったことないのに・・・」

Wow, Steve used a smiley. God, I never got one of those.

     *     *     *

紙の証拠は残したくない

しかし、これは深刻な問題だ。先週の PandoDaily の記事によれば:

But overall, this is serious business. From Pando’s report a week ago:

Schmidt の返答:

Schmidt responded:

Omid には口頭でやって欲しいと思う。後あと訴えられないように紙の証拠は残したくないと思うんだが・・・どうもよく分からん。敬具 Eric

I would prefer that Omid do it verbally since I don’t want to create a paper trail over which we can be sued later? Not sure about this.. thanks Eric

当時のグーグルの人事担当 Shona Brown はボスに同意した。E. E. Cummings スタイルの小文字で書いた返事で:

Google’s HR head at the time, Shona Brown, agreed with her boss, in lower-case ee cummings syntax:

口頭トイウノガモットモデス ワカリマシタ

makes sense to do orally. i agree.

(Eメールだって紙と同じで有罪を示す証拠になることを Schmidt が知らなかったなんて奇妙な話だと思う。検索すればもっと簡単に見つけられるから。)

(Seems bizarre to me that Schmidt wasn’t aware that an email trail is just as incriminating as a paper trail — and more easily searched.)

     *     *     *

Tim Cook だったら・・・

まず自分が感じたこと — もし当時 Tim Cook が担当していたら、アップルはこんなトラブルに巻き込まれずに済んだだろうと自信をもっていえる。シニカルないい方でいえば、Tim Cook ならこんなことを書き物にするなんてミスはしないだろうと。理想主義的ないい方をするなら、そもそも Cook はこんなことに組しなかっただろうと。法的にも道徳的にも間違っていると分かったハズだから。

What strikes me is that I feel confident saying Apple wouldn’t be in this trouble if Tim Cook had been in charge at the time. If I want to be cynical, I’d say that’s because Cook is too careful to put anything like this in writing. If I want to be idealistic, I’d say it’s because Cook would not have agreed to participate in the agreement in the first place — that he’d have recognized that it was both legally and morally wrong.

     *     *     *

何かといえばジョブズがいないせいだというな

この種の傲慢な振る舞いはジョブズ伝説の最悪の側面だ。彼の不遜さはアップルが多くの偉大な事柄を成し遂げるのに役立ちはしたけれど、法的なトラブルにアップルが巻き込まれたのはこれが初めてではない。アップルにはもはやジョブズがいないからと Tim Cook は数多くの非難に晒されているが、これは違う意味で特筆さるべきだ。傲慢な CEO なかりせばアップルはどんなによかっただろう、と・・・
 

This sort of imperious behavior is the worst aspect of Steve Jobs’s legacy. His hubris helped Apple achieve great things, but this is not the only time it landed the company in legal trouble. For all the scrutiny Tim Cook has faced — and will continue to face, for the remainder of his career — regarding the numerous ways that Apple misses Steve Jobs, it’s been under-remarked that in other ways, Apple is better served without an imperious CEO.

     *     *     *

非常に微妙ないい方だが、ジョブズの時代にも問題は起きたのだといっている。

PandoDaily の連載がどうなるか分からないが、こんな記事が出てくるのもアップルのウワサがオモシロくないことも一因だろう。

本当はこんなときこそ、ズバリ未来の展望を語るジョブズのことばを聞きたいところ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »


[Android をめぐって:image

グーグル法務トップの David Drummond の攻撃的なブログにネットはちょっとした騒ぎだ。

マイクロソフトがさっそくグサリとひと刺し、内情をバラしてしまった。

     *     *     *

「グーグルに渡さないため Novell の特許を買収したといっているが、本当にそうか? 一緒に入札しようと誘ったのに、イヤだといったじゃないか。」
マイクロソフト法務部長 Brad Smith

Google says we bought Novell patents to keep them from Google. Really? We asked them to bid jointly with us. They said no.
Brad Smith

     *     *     *

その後やりとりは泥沼化している。詳しくは MG Siegler[TechCrunch]のフォローを参照。

この背景には特許訴訟におけるグーグルのキビシい立場もあるようで、Philip Elmer-DeWitt[Fortune]がその点に触れている。

さらにはグーグルビジネスのあり方を問うものも現れた。グーグルは女々しくて意気地なしだというのだ。

Smartphone Wars: “Google are pussies” by Brian S. Hall: 04 August 2011

     *     *     *

独占的利益を投じる

もし独占的なビジネスを所有していて、そこから独占的な利益を上げ、その利益を他の産業部門に投じて、有料でないとライバルが提供できないものをタダで与えれば、すぐにも圧倒的マーケットシェアを確保できる。それなのに・・・

If you have a monopoly business and generate monopoly profits and take those monopoly profits to another industry and *gave away* what your competitors (must) charge for, which led you to quickly capture the *dominant* maret share, would you…

・・・性悪女のようにメソメソ泣き言をいうのか?

…whine like a bitch?

グーグルはそうしたのだ。それも今日・・・

Because Google does. And has. Just today:

→[David Drummond の投稿

     *     *     *

意気地なし

David Drummond よ、アンタは女々しい意気地なしだ。

David Drummond, you are a pussy.

Larry よ、Sergey よ、アンタたちも意気地なしだ。

Larry, Sergey, you are pussies.

何故かって? Larry も Sergey も、闘いをくぐり抜けてきた Ballmer や Jobs や Gates その他大勢のテクノロックスターと違って、高校から大学、博士号、億万長者、超億万長者とはしごを駆け上がってきただけだからだ。

Because Larry and Sergey, unlike Ballmer, Jobs, Gates and so many other tech rock stars — who had to fight battles, win wars and hack their way through to a new world — you went from high school to college to PhD to billionaire to multi billionaire.

     *     *     *

フェアじゃないよな

アンタたち意気地なしがこんど戦う相手は同じ規模の大企業だ。しっかり運営され、アンタたちにないもの — ホンモノの闘いで受けた傷跡 — を持つ企業だ。なのにアンタたちは広報チームやロビイストに駆け込み、政府に泣きつく。フェアじゃないよな。

And now, you pussies, you are in a fight with companies that are equally big, probably better run, and have something you don’t: scars, scars from real battles, and you run to the PR teams and the lobbyists and the government and cry: no fair.

     *     *     *

せっせと稼いでいる間に

アップルもマイクロソフトも、ノキアや Nortel、Blackberry、IBM、その他大勢も、スマートフォンやモバイルテクノロジーを実際に革新してきた。アンタたちが異なるマーケットでせっせと独占的利益を稼いでいる間に。そしてこんどはスマートフォンの巨大な世界マーケットが欲しいって? これら企業の知的財産のすべてを事実上根こそぎにしたいんだって?

While Apple and Microsoft and Nokia and Nortel and Blackberry and IBM and many others were actually *innovating* in smartphones and mobile technologies for over a decade you were busy making monopoly profits in a different market. Now you want into the big global smartphone market. And essentially want *all* the intellectual property of these companies to be effectively voided.

     *     *     *

独占的利益を利用して

他の異なるビジネスで得た独占的利益を利用して、すべての企業 — すべての革新者たちを皆殺しにしたいのか? この新しいビジネスで独占的利益を刈り取りたいのか?

So you can continue to use your monopoly profits in a different business to kill off all the companies — all the innovators — and reap monopoly profits in this new business.

意気地なしめ。

Pussies.

     *     *     *

誠意の証し

でも待てよ、こうしたらどうだ? グーグルのアルゴリズムを公開するのだ。本気でソースコードを公開し、Android を開放する。Gmail も Maps も Voice Search も、Android に組み込んでいるすべてを公開し、グーグル広告のコードも第三者を介する仕組み(public escrow)に置いて公開するのだ。

No, wait. Tell you what: release the Google algorithms, release your source code, open up Android — for real, along with Gmail and Maps and Voice Search and everything you’ve built into it. Put the Google advertising code into public escrow.

これは誠意の証しだ。知的財産を武器として使用しないことを示すためだ。

As a sign of good faith. To show that intellectual property shouldn’t be used “as a weapon”.

そして Android を完全に放棄する。Google Docs も、Gmail も・・・。「自らのビジネスに注力し、よりよい製品を作るのだ」と今日いったじゃないか。

And then completely abandon Android. And Google Docs. And Gmail. After all, you claim today that all you want is “to stay focused on our own business and make better products.”

     *     *     *

スマートフォンではうまくいった

確かにそうだ。アンタの稼ぐカネはすべて PC 広告から得たものだ。検索を利用して。それがアンタのビジネスだ。Yelp でもない。Groupon でもない。Twitter でも、Facebook でも、iPhone でも、App Marketでもないのだ。

Fair enough. *All* your money comes from ads on PCs. Via search. That’s your business. Not Yelp. Not Groupon. Not Twitter. Not Facebook. Not iPhone and App Market.

グーグルは検索ビジネスを独占し、独占的利益を上げている。働いて儲けたものであろうとそうでなかろうと。グーグルはそのカネを他のビジネスに参入するのに使いたいと考えている。この戦略はスマートフォンではうまくいった。すでに世界シェアの 50%、アメリカの 40% はグーグルのものだ。しかし独占的シェアを真の意味で達成し、独占的利益を真の意味での獲得するためには、アップルやマイクロソフトを滅ぼさなければならない。簡単なことではあるまい。不可能かもしれない。

Google has a monopoly in search and derives monopoly profits from this business. Earned or not. Google wants to use its monopoly profits to enter and dominate other lines of business. In smartphones, this strategy is working. Already, 50% global market share. 40% in the US. But to get true monopoly share, true monopoly profits, it has to destroy Apple and Microsoft. That will not be easy, maybe not possible.

     *     *     *

こんどは小物じゃない

グーグルはこの10年間なんらの革新をしてこなかった。にも関わらず多くと争ってきた。比較的小物の、武器を持たない戦闘員と。そしてこんどはホンモノの闘いをする段になったら、政府に駆け込む始末だ。

Google has not innovated in a decade. But, they’ve been in many fights. Against relatively tiny, unarmed combatants. Now when they have a real fight on their hand, they run to the government.

なんと女々しい意気地なし・・・

Like pussies.

     *     *     *

紹介したのは長文の一部。表現は激しいがグーグルビジネスの核心を突いているようにも思える。

Windows ギークの Paul Thurrott も同じ点を問題にしている。

法務トップの投稿は思わぬ広がりを見せている・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[牙を剥いたグーグル:image

Novell の特許ポートフォリオ入札に失敗したグーグルが、落札したマイクロソフト、オラクル、アップルなどの企業グループに対して宣戦布告している。

公式サイトに投稿されたグーグルの言い分は次のとおり。

Official Google Blog: “When patents attack Android” by David Drummond: 03 August 2011

     *     *     *

ベッドを共にする

テクノロジー部門で仕事をして20年以上になる。マイクロソフトとアップルはこれまで常に激しく対立してきた。だから彼らがベッドを共にするようになると、いったいどうしたことかと不思議に思う。それはこういうわけだ。

I have worked in the tech sector for over two decades. Microsoft and Apple have always been at each other’s throats, so when they get into bed together you have to start wondering what’s going on. Here is what’s happening:

     *     *     *

破竹の Android

Android は燃えている。39 の製造メーカーと 231 のキャリアのネットワークを通じて毎日 55 万台の Android デバイスがアクティベートされている。Android と他のプラットフォームは激しく競い合っている。だから新しいクールなデバイスと驚くべきモバイルアプリが消費者のために産み出されるのだ。

Android is on fire. More than 550,000 Android devices are activated every day, through a network of 39 manufacturers and 231 carriers. Android and other platforms are competing hard against each other, and that’s yielding cool new devices and amazing mobile apps for consumers.

     *     *     *

敵対的で組織的な運動

しかしながら Android の成功は別のものを産み出した。敵対的で組織的な運動だ。マイクロソフト、オラクル、アップルなどの企業がインチキな特許によって Android に対する敵対的で組織的な運動を行なっている。

But Android’s success has yielded something else: a hostile, organized campaign against Android by Microsoft, Oracle, Apple and other companies, waged through bogus patents.

彼らは一緒になって Novell の古い特許(マイクロソフトおよびアップルを含む CPTN グループ)や Nortel の古い特許(マイクロソフトおよびアップルを含む Rockstar グループ)を取得し、グーグルが取得するのを妨げている。Android デバイス1台につき 15 ドルのライセンス料を取り立てるためであり、Android のライセンスを(無料で)受けて製造しているメーカーのコストが Windows Mobile より高くつくようにするためだ。さらには Barnes & Noble、HTC、Motorola、Samsung などに訴訟を起こすためでもある。特許は技術革新を奨励するためのものだったが、最近では技術革新をさせないための武器として使われている。

They’re doing this by banding together to acquire Novell’s old patents (the “CPTN” group including Microsoft and Apple) and Nortel’s old patents (the “Rockstar” group including Microsoft and Apple), to make sure Google didn’t get them; seeking $15 licensing fees for every Android device; attempting to make it more expensive for phone manufacturers to license Android (which we provide free of charge) than Windows Mobile; and even suing Barnes & Noble, HTC, Motorola, and Samsung. Patents were meant to encourage innovation, but lately they are being used as a weapon to stop it.

     *     *     *

特許を利用して税を課す

スマートフォンには 25 万件以上の特許(大部分は疑わしいもの)が関わっているかもしれない。われわれのライバルはこれら疑わしい特許を利用して税を課し、消費者にとって Android デバイスが高くつくようにしようとしている。Android デバイスの製造と販売をより困難にしようとしている。新しい機能をデバイスに持たせることによってではなく、訴訟によって争おうとしているのだ。

A smartphone might involve as many as 250,000 (largely questionable) patent claims, and our competitors want to impose a “tax” for these dubious patents that makes Android devices more expensive for consumers. They want to make it harder for manufacturers to sell Android devices. Instead of competing by building new features or devices, they are fighting through litigation.

     *     *     *

反競争的手段

特許のコスト自体も、この反競争的戦術によって実際の価値より大きいものへとエスカレートしている。マイクロソフトとアップルは Nortel の特許ポートフォリオを 45 億ドルで取得したが、これは入札前の予想価格 10 億ドルのほぼ5倍だ。幸い司法は、疑わしい特許を集めて反競争的手段(anti-competitive means)とすることに眉をひそめている。したがってこれらの取引はいずれ規制当局の厳しい調査を受けることとなり、特許バブルもはじけるだろう。

This anti-competitive strategy is also escalating the cost of patents way beyond what they’re really worth. Microsoft and Apple’s winning $4.5 billion for Nortel’s patent portfolio was nearly five times larger than the pre-auction estimate of $1 billion. Fortunately, the law frowns on the accumulation of dubious patents for anti-competitive means — which means these deals are likely to draw regulatory scrutiny, and this patent bubble will pop.

     *     *     *

あくまで戦う決意

我々はナイーブではない。テクノロジーはタフで常に変化する産業だ。自らのビジネスに注力して、よりよい製品を作るべく粉骨砕身している。しかし今回は声を大にして我々の立場 — 消費者にとって Android を競争的選択肢とし、その息の根を止めようとするものから防ぐ決意であること — を明らかにすることが重要だと考えた。

We’re not naive; technology is a tough and ever-changing industry and we work very hard to stay focused on our own business and make better products. But in this instance we thought it was important to speak out and make it clear that we’re determined to preserve Android as a competitive choice for consumers, by stopping those who are trying to strangle it.

     *     *     *

司法省にもプッシュする

そのため我々は数々の方策を鋭意検討している。司法省に対しては、前述した当該グループに対し Novell の元特許を公正な条件でライセンスさせるよう強制すること、併せてマイクロソフトとアップルが Nortel の特許を取得したのは反競争的手段ではないか検討することを求める。同時に我々は自らの特許ポートフォリオを強化することによって Android に対する反競争的脅威を減らす他の方策も検討している。もし我々が行動を起こさなければ、消費者は Android デバイスの価格高騰に直面する。次の電話を選ぶに際し選択肢が減ることになるのだ。

We’re looking intensely at a number of ways to do that. We’re encouraged that the Department of Justice forced the group I mentioned earlier to license the former Novell patents on fair terms, and that it’s looking into whether Microsoft and Apple acquired the Nortel patents for anti-competitive means. We’re also looking at other ways to reduce the anti-competitive threats against Android by strengthening our own patent portfolio. Unless we act, consumers could face rising costs for Android devices — and fewer choices for their next phone.

投稿者:David Drummond[グーグル上級副社長兼最高法務責任者]

Posted by David Drummond, Senior Vice President and Chief Legal Officer

     *     *     *

投稿したのが法務のトップであることから、その意図が透けて見えるようだ。

複雑な背景の特許訴訟では一方の当事者の言い分を聞くだけでは不十分だろう。

このポストに対する反響もなかなか興味深いがいずれまた・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Mending_Fence_by_Cynara_Shelton.jpg

Mending Fence by Cynara Shelton

我が道を行くアップルが最近グーグルやアドビなどと関係修復を図っている(fence-mending mode)ように見える、と Philip Elmer-DeWitt[Fortune ブログの Apple 2.0]が書いている。

Fortune [Apple 2.0]: “Apple mends a few fences” by Philip Elmer-DeWitt: 19 September 2010

     *     *     *

Google Voice

今週最も注目されたのは、アップルが GV Mobile +GV Connect などの Google Voice アプリを認める決定をしたことだ。グーグルを App Store から閉め出したのは14か月前のことだった。このため FCC[米連邦通信委]の査察を招くこととなった。早晩政府はこの件を終結するだろう(すでにそうしているかもしれない)。

Google Voice: The move that got the most attention this weekend was Apple’s decision to start approving Google (GOOG) Voice apps such as GV Mobile + and GV Connect 14 months after it threw them out of the App Store — a purge that triggered an FCC probe. Presumably the government will now close its books on the complaint, if it hadn’t already.

     *     *     *

デジタルニューススタンド

もうひとつ関心を呼んだのは Bloomberg が報じたニュースだ。新聞雑誌出版社に iPad の特別版を製作するよう働きかけていたアップルが、ついに iBook ストアによく似たデジタル新聞販売店(digital newsstand)を立ち上げるというニュースだ。これらの出版社は必ずしもアップルと良好な関係ではなかった。だから収入分配や購読者リストをめぐって交渉が行き詰まったと聞いたとき、いったい誰が悪いのかよく分からなかったものだ。

Apple newsstand: The other story getting some buzz is the report on the Bloomberg wire Friday that Apple, having invited newspaper and magazine publishers to create special iPad editions, is finally getting around to building a digital newsstand, similar to its iBook store, to showcase them. Those publishers are not particularly good neighbors themselves, so when we hear that negotiations over how to share revenue and subscriber lists have reached an impasse, it’s hard to know who’s more at fault.

     *     *     *

iPhone で Flash を認める

2週間前、アップルがクロスプラットフォームの開発ツールについてポリシーを翻したことがビッグニュースだった。アドビ Flash で書かれたアプリを App Store から排除する決定から5か月経っていた。FTC[米連邦取引委]の査察を避けるために態度を変えたのではないかと当時勘ぐられたものだ。もっともまだ問題なしとはいえない。Flash コンテンツのサイトは iPhone/iPad/iPod touch ではまだうまく動かないからだ。

Flash-to-iPhone: The big news two weeks ago was Apple’s policy U-turn on cross-platform development tools, reversing a five-month old ban than prohibited apps written in Adobe (ADBE) Flash from entering the App Store. There was speculation at the time that one reason for the change was to render moot an FTC’s probe. Apple may not be out of the woods yet, since websites with Flash content still don’t work properly on the iPhone, iPad and iPod touch.

     *     *     *

アンテナゲート

関係修復というより決着といった方がいいかもしれない。iPhone 4 の外部アンテナに関する苦情を Steve Jobs が公式に認め、問題が生じたすべてのひとへケースを無料配布することを決めたことによって、アップルに対する風向きを変わった。バンパー無料配布計画は今月をもって終わる。

Antennagate: This was not so much a fence being mended as a gate being closed. But Steve Jobs’ decision to publicly address complaints about the iPhone 4’s external antenna and offer a free case to anyone who was experiencing a problem did seem to set a new tone for the company. The so-called free Bumper program ends this month.

     *     *     *

人材引き抜き

人材引き抜きを防ぐため共謀して賃金を抑えたという疑惑について、その決着を図るため複数社が司法省と「事前打ち合わせ」に入っているといわれる。そのひとつがアップルだ。独禁法の民事訴訟で名前が挙がっているほかの会社は、グーグル、アドビ、インテル、Intuit、ウォルト・ディズニーなどだ。

Staff poaching: Apple is one of several companies reported to be in “advanced talks” with the Department of Justice to settle allegations that they colluded to hold down wages by agreeing not to poach each other’s employees. The other parties named in the civil antitrust complaint were Google, Adobe, Intel (INTC), Intuit (INTU) and Walt Disney (DIS).

     *     *     *

なぜ今なのか

それにしてもなぜ今の時点なのか。われわれとしては憶測するほかない。ところで今期会計年度はこの土曜日で終わる。もろもろのムダを整理するのに悪い時期ではない。

Why now? We can only speculate. We note, however, that Apple’s fiscal year ends on Saturday. Not a bad time to clear out some dead wood.

     *     *     *

FCC や FTC の影がちらつくのが気になるが、たしかに関係修復といえないこともない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »