Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Disruption’

1*Ck3cQIL3-nAmpPpCdGIuBg

なんかスゴいことが起こりそう。(Something big might be happening.)・・・オモシロいっ!

How Bitcoin’s Blockchain Could Power an Alternate Internet | Medium

There is a contingent on today’s Internet—a minority, perhaps, but influential—who believe that the industry took a wrong turn over the past decade. That an Internet dominated by a few big companies is an unhealthy one. That the centralized-computing paradigm—of privately owned data silos housed in giant server farms that harvest our personal data in order to sell ads—is one that needs to change.

The entrepreneurs, coders and crypto experts leading the blockchain charge — I shall call them blockchainiacs, because they need a name — see this new technology as an antidote, and they are hopped up on dizzying visions of a disrupted future. (One sure sign that this technology has achieved geek-cred critical mass: The tech publisher O’Reilly just announced a new conference on the topic.)

1. Disrupt the banks! — distributed finance
2. Redeem the Net! — distributed data and identity
3. Crypto-utopia, yo! — distributed everything

広告

Read Full Post »

[イノベーションを闘い取る:image

かつてアップルで仕事をしたことのある Michael Lopp が興味深い発言をしている

Rands In Repose: “Innovation is a Fight” by Michael Lopp: 11 November 2012

     *     *     *

いずれは命運が尽きる

いずれはアップルも命運が尽きる。そうだ、地上で最も価値ある会社が少しずつ活気を失い、月並みな会社になってしまうのだ。考えたこともなく、予想もできなかったものになってしまう。これぞ恐ろしくも効率的な技術淘汰の世界なのだ。なぜならそこは、優れたネズミ取りを作ることより、「なんでそんなものが必要なんだ?」と尋ねるような輩がうようよいる業界の話だからだ。

Apple is eventually doomed. Yes, the most valuable company on the planet will slowly fade into stagnant mediocrity. It will be replaced by something that they will not predict and they will not see coming. This horrifically efficient culling is a fact of life in technology because it is an industry populated by a demographic intent not on building a better mousetrap, but who avidly ask, “Why the hell do we need mousetraps?”

     *     *     *

すべてはジョブズの死から

アップルの悲運は静かに始まるが、何時それが始まるのかは誰も正確には予想できないだろうと思う。数十年後の歴史家なら、様々に定量化可能な洞察を重ねた結果明らかになると思われる、そんな終わりの始まりとなるたったひとつの出来事をピンポイントで当てることができるだろう。実際の出来事はさまざまに歪曲され、雲に覆われ、あるいは完全に忘れ去られてしまうからこそ、「明らかに」なるように思われるのであり、だからこそすべてが明白かつ、より早く、単純に思えるのだ。そのような出来事はジョブズの死を皮切りに始まり、それ以降の出来事は重要さに応じて明確に区分され、そして「ここだ。これがそうだ。ここから始まったのだ」ということになる。

Apple’s doom will start quietly and I doubt anyone can predict how it will actually begin. It will be historians who, decades from now, will easily pin its demise to a single event that will appear obvious given years of quantifiable insight. And it will only be “obvious” because the real details will have been twisted, clouded, or forgotten entirely, so it will all seem clearer, faster, and simpler. Their explanation will start with the passing of Steve Jobs, and they will draw a clear line to a subsequent event of significance and will say, “Here. This is it. This is when it began.”

     *     *     *

未完の長いリスト

トップの幹部たちが変わるのはアップルではいつものことだった。Mark Papermaster のことを覚えているだろうか? Avie Tevanian は? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? これらの主人公たちが辞めた背景にはいずれもそれなりの物語があった。長く続く未完のリストを見ただけで、Scott ForstallJohn Browett が最近辞めたことにもそれなりの理由があったのだろうと思えてくる。たいしたことじゃない、しょっちゅうあることだ、と。

Executive rearrangements have been going on at Apple for years. Remember Mark Papermaster? Avie Tevanian? Jon Rubinstein? Steve Sakoman? Tony Fadell? Sina Tamaddon? Bertrand Serlet? Fred Anderson? Nancy Heinen? There’s likely a compelling departure backstory for all of these key players, but the sheer length of this incomplete list gives some perspective to the recent announcement regarding Scott Forstall and John Browett – no big deal. Happens all the time.

果たしてそうだろうか?

Maybe.

     *     *     *

カルチャーに馴染めない

Papermaster がそうだったように、Browett もアップルのカルチャーに馴染めなかったということのように見える。彼が着任したことでアップルがひどいアレルギー症状を示したという意味だ。しかし Forstall の場合は、古くからのアップル本流(old school)なのだ。私がまだアップルにいたころ、彼こそが唯一ジョブズの正統なる後継者で、ジョブズを思わせる様々な特徴を兼ね備えているというのが、もっぱら Caffe Macs[注:アップル本社の社員食堂]でのウワサだった。すなわち、

Like Papermaster before him, all the signals point to the fact that Browett was not a cultural fit, which is Apple-speak for the organism having an intense allergic reaction to his arrival. Forstall, however, was old school. In my years at Apple, the Caffe Macs chatter about Forstall was that he was the only legit successor to Jobs because he displayed a variety of Jobsian characteristics. Namely:

・彼は嫌なヤツかもしれないが・・・
・すべてをうまくやれるように見えたし、それに・・・
・なぜ彼がうまくやってのけるのか、その成功の処方箋は誰にも分からなかった

– He was an asshole, but…
– Success seemed to surround him, and…
– No one was quite sure about the secret recipe to achieve this success.

     *     *     *

イノベーションは闘いだ

私がアップルを辞めたあとでも、重役連の間での Forstall の尊大な態度についてはよく耳にした。それでも彼が辞めたことはショックだった。スティーブ・ジョブズ本人にはなれなかったとしても、アップルに残った連中の中では最もスティーブ・ジョブズに近かったからだ。彼の周囲にはいつもある種の攪乱的要素(a certain amount of disruption)がつきまとっていたが、それこそアップルでの仕事のやり方だったし、それはいわばうまく制御された内部戦争(well-managed internal warfare)だったのだ。イノベーションはみんなで決める委員会などからは生まれない。イノベーションは闘いなのだ。汚く、死者も出る。しかし闘いのあとには、誰も想像できなかった何か重要なものが達成されるのだ。

While I’d continued to hear about the disdain amongst the executive ranks about Forstall after I left Apple, I was still shocked about his departure, because while he was in no way Steve Jobs, he was the best approximation of Steve Jobs that Apple had left. You came to expect a certain amount of disruption around him because that’s how business was done at Apple – it was well-managed internal warfare. Innovation is not born out out of a committee; innovation is a fight. It’s messy, people die, but when the battle is over, something unimaginably significant has been achieved.

     *     *     *

攪乱的要素はどうなる?

Forstall が辞めたあと、その仕事はそれぞれ Bob Mansfield、Jony Ive、Eddy Cue、Craig Federighi に分割された。彼らが才能ある有能なリーダーであることは疑いもないが、彼らは果たして攪乱的要素を持っている(disruptive)だろうか? そうあらんとするインセンティブを持ち合わせているだろうか? 私の立場から見れば、責任を分担することとなる連中はオペレーションの面では世界で最も有能かもしれない。オペレーションのリーダーとしての仕事は、予想し難く、測り難い様々な点を探し出しては少しでも減らすことだ。

With Forstall’s departure, I believe his former lieutenants have been distributed to Bob Mansfield, Jony Ive, Eddy Cue, and Craig Federighi. While there is no doubt in my mind that these are talented and qualified leaders, are they disruptive? Are they incentivized as such? Because from where I’m standing, the guy in charge is possibly the most talented operational leader on the planet. And an operational leader’s job is ferret out and exterminate all things that make their world less predictable and measured.

     *     *     *

「協調」なんて

解任のプレス発表で私をもっとも不安にさせたのは最初の文章であり、「協調」(collaboration)ということばだった。目を閉じてスティーブ・ジョブズに会うところを想像してみてほしい。どんな具合に進行して、結論が出るか想像するのだ。「協調」なんてことばが少しでも思い浮かんだりするだろうか? 私にはとてもそうは思えない。私はひたすら針の筵(むしろ)に座り、彼が爆発しズタズタにするのを待つだけだ。一見重要とも思えないアイコンをおざなりに作っただけなのに・・・

The word that worried me the most in the press release was in the first sentence. The word was “collaboration”. Close your eyes and imagine a meeting with Steve Jobs. Imagine how it proceeds and how decisions are made. Does the word collaboration ever enter your mind? Not mine. I’m just sitting there on pins and needles waiting for the guy to explode and rip us to shreds because we phoned it in on a seemingly unimportant icon.

     *     *     *

予想の出来ない不安定さ

どうしたら力を合わせてチームが仕事をできるかということに多くの時間を割いてきた私が、予想出来ない不安定さ(volatility)に重きを置くのは奇妙に思えるかもしれない。大きく、安定したオペレーションチームによってアップルが大いに裨益するのは間違いない。しかし同時に、競争力を保持するためには攪乱者のグループがいることも必要だと強く信じる。

As someone who spends much of his time figuring out how to get teams to work together, the premium I’m placing on volatility might seem odd. I believe Apple benefits greatly from having a large, stable operational team that consistently and steadily gets shit done, but I also believe that in order to maintain its edge Apple needs a group of disruptors.

     *     *     *

始まりになりはしまいか

Scott Forstall が好きか嫌いかは別にして、彼が去ったことによりアップルはより安定した会社になるだろう。そしてそれが始まりになりはしまいかと怖れる。

Love him or hate him, Scott Forstall’s departure makes Apple a more stable company, and I wonder if that is how it begins.

     *     *     *

Scott Forstall の解任という出来事も、視点の置き方次第で様々に見える。

アップルに在籍したことのある人間のことばだけに一層考えさせられるところが大きい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Update:デバイスではなくアプリに過ぎない》


[iPhone にとっての5年:photo

iPhone が誕生して5年目を迎えたが、John Gruber がその成功を簡潔にまとめている

Daring Fireball: “The iPhone and Disruption: Five Years In” by John Gruber: 02 July 2012

     *     *     *

Christensen の予測

有名な著書『The Innovator’s Dilemma』の Clayton Christensen参考]は、5年前に iPhone が登場したとき間違いを犯した

Clayton Christensen, author of the deservedly much-praised The Innovator’s Dilemma, was wrong about the iPhone five years ago:

携帯電話に搭載された音楽は iPod を破壊するだろうか? アップルは iPhone を発表したばかりだ。iPhone が示しているのはノキアに対して相対的に持続可能な技術(sustaining technology)だ。いいかえれば、アップルは持続可能なカーブ上を(より優れた電話を作ることで)躍進しているのだ。しかし理論的な予測としていえば、アップルの iPhone は成功しないだろう。業界の既存のプレーヤたちが競っている技術革新であり、真に破壊的(disruptive)なものではないのだ。歴史をみれば、[iPhone の]成功の可能性は限定的であることがハッキリしている。

So music on the mobile phone is going to disrupt the iPod? But Apple’s just about to launch the iPhone. The iPhone is a sustaining technology relative to Nokia. In other words, Apple is leaping ahead on the sustaining curve [by building a better phone]. But the prediction of the theory would be that Apple won’t succeed with the iPhone. They’ve launched an innovation that the existing players in the industry are heavily motivated to beat: It’s not [truly] disruptive. History speaks pretty loudly on that, that the probability of success is going to be limited.

     *     *     *

Larissa MacFarquhar の批判

先月 Larissa MacFarquhar が The New Yorker 誌(購読者限定)で Christensen について触れている。なぜ彼が iPhone について間違いを犯したか挿話として簡潔に説明している。

Last month, Larissa MacFarquhar profiled Christensen in The New Yorker (subscribers-only, alas), and in a parenthetical, succinctly explained why he got the iPhone wrong:

その有名な著作『The Innovator’s Dilemma』にも関わらず彼のアドバイスを求めなかった CEO がひとりいた。それが Steve Jobs だったが、幸運なことでもあった。なぜなら iPhone は成功しないというのが Christiansen の最もバツの悪い予測だったからだ。低価格商品に詳しい Christiansen は iPhone のことを豪華な携帯電話と見なしたのだ。iPhone がラップトップにとっても破壊的だと気づいたのは後になってからだった。

One CEO who never asked for his help, despite his admiration for The Innovator’s Dilemma, was Steve Jobs, which was fortunate, because Christiansen’s most embarrassing prediction was that the iPhone would not succeed. Being a low-end guy, Christiansen saw it as a fancy cell phone; it was only later that he realized that it was also disruptive to laptops.

     *     *     *

ポケットサイズのコンピュータ

このことが過去5年にわたってコンピュータ業界と携帯電話業界の双方に起きたことを説明している。iPhone は決して電話ではなかった。電話の持つ困難性をあらかじめ取り除いた(obviates)ポケットサイズのコンピュータだった。iPhone と携帯電話の関係はまさに Mac とタイプライターの関係なのだ。

This explains everything that has happened to both the computer and phone industries over the past five years. The iPhone is not and never was a phone. It is a pocket-sized computer that obviates the phone. The iPhone is to cell phones what the Mac was to typewriters.

     *     *     *

来るべきものへの訓練

かつて 2008 年5月に自分はこう書いたことがある。RIM は当時すでに失敗していたのだ、と。なぜならこの業界の未来はコンピュータを作ることにあり、電話やメッセージ機器を作ることにはなかったからだ。RIM にはハードウェアの面でもソフトウェアの面でも組織としてコンピュータメーカーの経験はなかった。一方アップルは、オリジナル iPhone を発表するまでの10年間を振り返れば、来るべきもの(what was to come) — ポータブルコンピュータ(PowerBook、iBook、MacBook)とポケットに入れて持ち運べるデバイス(iPod)を作るということ — に向けて訓練を重ねてきたのだと見なすことができる。 

I wrote about this back in May 2008, positing that RIM was then already likely screwed because the future of the industry was about making computers, not phones or messaging devices, and RIM had no institutional experience as a computer maker, on either the hardware or software sides of the fence. With Apple, on the other hand, you can more or less look back at the decade preceding the original iPhone as a series of training exercises for what was to come: building portable computers (PowerBooks, iBooks, MacBooks) and pocketable devices (iPods).

     *     *     *

みんなが騙された

iPod の成功は(私を含めて)ほとんどみんなの目を欺いてこう信じ込ませた。アップルの電話市場への参入も同じことだろう — iPod は世界最高のポータブルメディアプレーヤだから、「iPhone」も世界最高の携帯電話だろう、と。

The iPod’s success fooled almost everyone (including me) into thinking that Apple’s entry into the phone market would be similar. The iPod was the world’s best portable media player; the “iPhone”, thus, would likely be the world’s best cell phone.

     *     *     *

「破壊的」という意味

しかし実際はそうではなかった。iPhone は世界最高のポータブルコンピュータだったのだ。最も強力で、最も速く、最も効率的だという意味で最高なのではない。iPhone はコピー&ペースとすら出来なかったが、いつでも手もとにあって、いつでも電源がはいっていて、ボタンを押すだけで可能だという意味で最高だったのだ。ステキな電話を手に入れたということが破壊的(disruption)なのではなく、善かれ悪しかれもうコンピュータやインターネット無しでは済まされないという意味で破壊的なのだ。iPhone の基礎となる技術はアップルの Mac 的側面であり iPod 的側面ではなかった。

But that’s not what it was. It was the world’s best portable computer. Best not in the sense of being the most powerful, or the fastest, or the most-efficient to use. The thing couldn’t even do copy-and-paste. It was the best because it was always there, always on, always just a button-push away. The disruption was not that we now finally had a nice phone; it was that, for better or for worse, we would now never again be without a computer or the Internet. It was the Mac side of Apple, not the iPod side, that set the engineering foundation for the iPhone.

     *     *     *

「アプリ」に過ぎない携帯電話

この5年で起きたこととは、アップルが電話端末業界を破壊したことではなく、むしろコンピュータ業界を破壊することにより端末業界を破壊したことなのだ。いまや携帯電話はデバイスではなくアプリに過ぎない存在だ。iPhone 前に携帯電話を売っていた会社は今や死ぬか死に瀕している。そしてアマゾンやグーグル、さらにはマイクロソフトまで自前のタッチスクリーンを統合したポータブルデバイスを開発し、販売している。「アプリ」はもうありふれたものになってしまったのだ。

What’s happened over the last five years shows not that Apple disrupted the phone handset industry, but rather that Apple destroyed the handset industry — by disrupting the computer industry. Today, cell phones are apps, not devices. The companies that were the most successful at selling cell phones pre-iPhone are now dead or dying. Amazon, Google, and now even Microsoft are designing and selling their own integrated touchscreen portable tablets. “App” is now a household word.

これらはすべて iPhone のせいなのだ。

All of this, because of the iPhone.

     *     *     *

iPhone 誕生5周年を飾るにふさわしい考察だと思う・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》デバイスではなくアプリに過ぎない(7月9日)

Gruber の考察でいちばんショッキングなのは、「いまや携帯電話はデバイスではなくアプリに過ぎない」という点だった。

思い起こせば「iPhone を Android Phone に変えるハッキング」というものがあった。

アプリに過ぎないことを誰にも分かるように視覚化したのはこのときが初めだったのかなあと思う・・・

Read Full Post »