Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Developer’

Update 2:アマゾンがスマートフォンに手を出したら》
Update:鳥小屋に入ってきたキツネ》


[Amazon Appstore for Android:image

Marco Arment がこんどはアマゾン Appstore について注目すべき発言をしている。

Marco.org: “Amazon will take over Android app distribution” by Marco Arment: 22 November 2011

     *     *     *

Kindle Fire が売れたら・・・

Kindle Fire が非常によく売れると仮定してみよう。改善すべき部分が多々あるとしてもだ。

Assume the Kindle Fire will sell very well, even though it needs a lot of help.

     *     *     *

唯一の方法

ほとんどの Kindle Fire ユーザーにとってアプリをインストールする唯一の方法はアマゾンの Appstore for Android を利用することだ。Fire には Google Market が搭載されていないし、ほとんどのユーザーはハッキングやサイドローディング[side-load:コンテンツをローカルデバイス同士でやり取りする]ができるほど精通してもいなければその気もないだろうから。

The only way most Kindle Fire owners are going to be installing apps is from the Amazon Appstore for Android. The Fire doesn’t ship with Google Market and most buyers won’t be savvy or motivated enough to hack it or side-load anything.

     *     *     *

Android デベロッパにとっても問題

いわばアップルの App Store が iOS デバイスだけにロックされているのと同じ状態だ。たぶんとても人気がでると思われるこの Android デバイス[Kindle Fire]にとって、アマゾン Appstore は唯一の存在だ。したがって、ほとんどの Android デベロッパにとって、彼らのアプリがアマゾンの Appstore で利用できるようにしておくことが必須なのだ。

It’s similar to Apple’s App Store lockdown on iOS devices: the Amazon Appstore is the only game in town on this probably-soon-to-be-very-popular Android device. Most Android developers, therefore, need to ensure that their app is available in the Amazon Appstore.

     *     *     *

アマゾンはアップルよりしんどい

アマゾンはこれまでデベロッパに対し友好的ではなかった。(その意味では出版社に対しても同じだが。)いろんな点で、デベロッパがアマゾンを相手にするのはアップルを相手にするのよりしんどい。アマゾン Appstore にアプリを出すためには、アップルの場合以上に多くのコントロールを諦めなければならない。自ら価格を設定することもできなければ、自分のアプリについて説明することも諦めなければならない。これに比べれば、アップルの方が「オープン」といってもいいほどだ・・・

So far, Amazon has not been great to developers. (Or book publishers, for that matter.) By most accounts, dealing with Amazon is actually much worse for developers than dealing with Apple. By putting your app in the Amazon Appstore, you’re giving up a lot more control than Apple asks of us: you’re giving up the ability to set your own price and control your app’s description, among many other restrictions. By comparison, it makes Apple look almost… open.

     *     *     *

姿が見えなくなる

Android プラットフォームの最大のウリは「オープンな」Android Market だが、タブレットは外れており、ほとんど無関係といってもよかった。もしも Fire がその販売目標を達成できれば、Android アプリの小売りチャンネルはアマゾンによって長期にわたってハイジャックされることになる。Android タブレットのソフトの大部分はアマゾン Appstore を通じて売られることになり、アプリがそこに出ていなければ、Android タブレットのユーザーには文字通り姿が見えなくなる。

One of the biggest draws to the Android platform, the “open” Android Market, has just been sidestepped and made largely irrelevant for tablets. If the Fire sells anywhere near its target volumes, Amazon has hijacked the Android app retail channel for the long term: most sales of Android tablet software will be through the Amazon Appstore, and if your app isn’t there, it’s effectively invisible to the Android tablet userbase.

     *     *     *

Android フォンの場合は?

この影響がより規模の大きい Android フォンマーケットに及ぶのにどのくらいの時間がかかるだろうか? それには大規模端末メーカーのどこか一社がアマゾンとある契約を結ぶだけでいい。一定期間そのメーカーの電話機すべてに、アマゾン Appstore の方がグーグルの Android Market より目立つ形になるようにあらかじめしておけばいいのだ。アマゾンは小売りビジネスを熟知している。これぞ彼らのビジネスであり、得意中の得意なのだ。

How long will it be before this effect spreads to the much larger Android-phone market? All it would take is a deal between Amazon and one of the big handset manufacturers to preload the Amazon Appstore, placed more prominently than Google’s Android Market, on all of their phones for a little while. Amazon knows how to play the retail game — it’s their business, and they’re incredibly good at it.

     *     *     *

ゲイトキーパーになったアマゾン

オープンソースのコードベースからグーグルアプリを除いたもの — それが Android の真にオープンな部分なのだが — それは、市場に参入し、効果的に閉じ、遂には自らをゲイトキーパー(門番)とする強大な力を特定の会社に与えた。そしてゲイトキーパーとして見れば、アップルの方がよっぽど慈悲深く見えるほどだ。

A truly open facet of Android — the open-source codebase, minus Google’s apps — has enabled one company with a strong market position to step in, effectively close it, and make themselves the gatekeeper. And as gatekeepers go, Apple looks quite benevolent by comparison.

     *     *     *

デベロッパの目からみると、アマゾンはなかなか手強い相手らしい。

自前のデジタルエコシステムを持たないものにとって、これからの未来は厳しいものになりそうだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》鳥小屋に入ってきたキツネ(11月25日)

アマゾンが Android エコシステムだけでなく、グーグルそのものを窒息死させるかもしれないという刺激的な記事がある。

日本語訳がすばらしいので、ぜひお読みください。

・インターネットコム: “Amazon は Google をカモにしようとしている“: 24 November 2011
・Datamation: “How Amazon Is Making a Sucker Out of Google” by Mike Elgan: 23 November 2011

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》アマゾンがスマートフォンに手を出したら(11月26日)


[Android-powered Amazon Blaze:image

Kindle Fire のウリはなんといっても 199 ドルという超低価格にある。

そのアマゾンがスマートフォンにも手を出すというウワサに、Jean-Louis Gassée がオモシロいことをいっている。

Monday Note: “The Apple Wireless Carrier (Part 2)” by Jean-Louis Gassée: 20 November 2011

     *     *     *

グーグルの支配が及ばない仕掛け

アマゾンがスマートフォンを来年末に出すかもしれないという刺激的なウワサが先週あった。最初は非現実的だと思ったが、手元の新しい Kindle Fire が Android のロックを実にうまく利用しているのを見て考えた。アマゾンは Android Open Source コードを利用して、それに自らのユーザーインターフェイスやアプリ、サービス、app store などを付け加えた。出来上がったのは「非公式な」Android デバイスだ。一切グーグルの支配が及ばず、トロイの木馬アプリも存在しない。さらには、アマゾンのブラウザとグーグルのサーチエンジンの間に間隙を設けることによって、Bezos &カンパニーは、味方でもあり敵でもあるマウンテンビューの会社に一切知られることなくユーザーデータを蓄積することができるのだ。それではこの新しく開発したやり方をアマゾンのスマートフォンに適用したらどうなる?

Last week, we heard a titillating rumor: an Amazon smartphone would come out late next year. At first, I dismissed it as unrealistic. Then, I looked at my brand new Kindle Fire and marveled again at the way Amazon “picked Android’s lock”. The company took the Android Open Source code, added its own UI, applications, services and app store. The result is an ‘‘unofficial” Android device without any Google control on it, without the Trojan Horse apps. Further, by slotting its own browser between the Amazon customer and the Google search engine, Bezos & Co. keep accumulating user data without sharing any of it with their Mountain View frenemies. Why not apply this newly developed arrangement to an Amazon smartphone?

     *     *     *

キャリアのインフラに乗っかる

また、Kindle にデータを集めるため、アマゾンが Whispernet を開発していたことにも改めて気付いた。これは他のキャリアのインフラを利用する 3G ネットワークだが、これって MVNO[Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者]の一種じゃないか?

I also realized that, in order to feed data to its Kindles, Amazon developed Whispernet, a 3G network riding other carriers‘ infrastructure — which sounds like an MVNO of sorts.

     *     *     *

超低価格

原価ないしちょっと損するぐらいの価格で Kindle Fire が売られていることを知っている。それによってアマゾン本来のビジネス(物品やコンテンツ販売)が爆発的に伸びるからだ。もしアマゾンがスマートフォン(ハードウェア + MVNO 契約)を出すとしたら、価格だって同じような考えで設定されることだろう

We know the Kindle Fire model of being sold at cost or at a small loss because it boosts the company’s real business: selling things and content. The hypothetical Amazon smartphone (hardware + MVNO contract) would be priced in the same spirit.

     *     *     *

どうやらアマゾンの影響は果てしなく及びそうだ・・・

Read Full Post »


[iPhone Developer:image

海の向こうでは iPhone プログラマが引く手あまたらしい。

Network World: “iPhone apps: A DIY skill that’s in big demand” by Carolyn Duffy Marsan: 09 November 2011

     *     *     *

給与も急騰

米国でもカナダでも iPhone ソフト開発者が求められている。アップルの iOS プラットフォームで複雑なモバイルアプリを作った経験を持つデベロッパの給与は急騰している。

iPhone developers are in demand across the United States and Canada, causing salaries to skyrocket for those with experience creating complex, mobile applications on Apple’s iOS platform.

     *     *     *

iOS デベロッパが必要

HBO、ESPN、Bloomberg などをクライアントとし、モバイルアプリの開発者を100人規模で抱える在バンクーバーの Atimi Software の社長 Scott Michaels はいう。「常に iOS デベロッパを求めている。Android や Windows Mobile の経験を有するデベロッパも必要だが、いちばん必要なのは iOS および Mac が出来るデベロッパだ。」

“The type of talent that we are constantly looking to attract is the iOS developer,” says Scott Michaels, vice president of Atimi Software, a 100-person mobile application developer based in Vancouver that counts among its clients HBO, ESPN and Bloomberg. “We need developers with experience in Android and Windows Mobile, but our primary demand is for iOS and Mac-capable developers.”

Objective-C の知識を十分持ち、開発経験を有するデベロッパの数は十分ではない。Objective-C はアップル製品に用いられるコンピュータ言語で、より普及した C 言語や C++ 言語とは異なっている。

Michaels says there aren’t enough developers that have deep knowledge of and experience with Objective-C, a computer language used in Apple products that differs from the more common C and C++.

     *     *     *

給与が 20% 上昇

「デベロッパは 100 人いるが、仕事は 130 人分ある。しかし 30 人分の人手が足りないのだ」と Michaels はいう。彼がいうには、経験を有する iPhone デベロッパの給与は「上昇し続けている。対前年比で給与は 20% 近くも上昇した。」

“We’re 100 people, but we have work for 130 people. We just don’t have those extra 30 bodies,” Michaels says. He adds that salaries for experienced iPhone developers “just keep going up. Our year-over-year salaries are up almost 20%.”

     *     *     *

各方面で求人

経験ある iPhone デベロッパを求めているのは Atimi だけではない。eBay、CapGemini、Oracle、Charles Schwab、General Electric など、何百というソフト会社、コンサルティング企業、インターネットに精通した企業などがそうだ。

Atimi isn’t the only company looking to hire experienced iPhone developers. So are eBay, CapGemini, Oracle, Charles Schwab, General Electric and hundreds of other software, consulting and Internet-savvy corporations.

     *     *     *

千載一遇のチャンス

IT業務の求人サイト Dice.com では 1,380 人分の仕事をリストアップしている。昨年に比べ 191% 増だ。Android デベロッパの仕事は 1,617 人分、昨年比 129% アップ。プラットフォームに関係なくモバイルデベロッパ一般では1,215 人の求人だ。

Indeed, IT job site Dice.com has 1,380 postings for iPhone developer positions, up 191% compared to last year. Similarly, Dice.com lists 1,617 available jobs for Android developers, up 129% from last year. Another 1,215 job postings ask for mobile developers in general, without specifying a platform.

「モバイルこそ最もホットなスキルだ」と Dice.com の CEO Alice Hill はいう。「すべてが同時に起きている。スマートフォンの爆発。タブレットなどが突如関心を集める。経験者の人手不足、大きな需要。モバイルアプリの開発者ならまさに千載一遇のチャンスだ。」

“Mobile is one of the hottest [IT skills],” says Alice Hill, managing director of Dice.com. “All of these things are converging at the same time. You have this explosion in smartphones. You have this sudden interest in tablets and other devices. … You have a shortage of experience and great demand. If you’re a mobile app developer, that’s the perfect, perfect storm for you.”

     *     *     *

9倍も実入りがいい

モバイルアプリ開発者に対する需要はどのスマートフォンでも大きい。しかし最もカネになるのは iPhone のスキルだ。iPhone プラットフォームで開発するプロたちが Dice.com に報告した例によると、Android より iPhone の方が9倍も実入りがいいという。

While the demand for mobile app developers is strong across all smartphone platforms, the money is tied squarely to iPhone skills. Hill said tech professionals who develop on the iPhone platform report to Dice.com that they earn nine times more income from app development than those who work on Android.

     *     *     *

アップルの承認プロセスをパスした経験者なら

「iPhone のプラットフォームはまだ新しいので、たくさんの開発経験者を見つけるのはむずかしい」と Hill はいう。「実際に iPhone アプリを開発し、アップルの承認プロセスをパスした経験者なら、仕事の機会はたくさんある。大学を卒業したばかりでも、真に優れたモバイルアプリを作れることを示せれば、採用されるだろう。以前なら初心者レベルの仕事だが成長著しい分野だ。いま列に加われば、最前列に並べる。」

“The platforms are really new. You’re not going to find this huge workforce of experienced developers,” Hill said. “If you have actually developed an iPhone app and gotten it through the Apple approval process, you’re going to have a lot of job opportunities. … Even if you’re fresh out of college but can show a really good mobile app, you can get hired. It’s a nice growth area for what would traditionally be entry-level employees. They can now jump to the front of the line.”

     *     *     *

世界的人手不足

iOS および Objective-C で iPhone 開発ができる人材の不足は世界的なものだと専門家はいう。

The lack of available talent in iPhone development, iOS and Objective-C is global, experts say.

「このスキルは簡単にアウトソーシングできるものではない。インドやウクライナの典型的な例だと、彼らは Windows のようなもっと広い範囲の技術に注力しており、Mac 開発者はあまり見受けられないからだ」と Michaels はいう。「Mac 開発者の中心はアップルが存在するクパティーノやサンフランシスコが中心で、その他ではシアトル、ポートランド、バンクーバーに若干いるだけだ。」

“This is not a skill that goes well with outsourcing because the typical shops in India and the Ukraine are focused on wider-breadth technologies such as Windows, and there aren’t a lot of Mac developers there,” Michaels explained. “Most of the Mac developers have always been around Cupertino and San Francisco, where Apple is located, and there are some in Seattle, Portland and Vancouver.”

     *     *     *

独学で学ぶスキル

Michaels によれば、問題のひとつはアップルの Mac や iPhone、Objective-C についてプログラミングを教える専門学校や大学が少ないということだ。「アップルのデベロッパサイトでオンラインコースを独習する以外に選択肢はほとんどない。ほとんどの場合このプログラミングは独学で学ぶスキルなのだ。」

Michaels says one problem is that few colleges or technical training schools teach programming for the Apple Mac, iPhone or Objective-C. “There are very few options other than going to Apple’s developer stream and learning it themselves by taking the online courses that are available there,” he added. “It is often a self-taught skill.”

Michaels の予想では、C ないし C++ の経験を有するデベロッパなら必要とされる程度まで Objective-C を学ぶにはほぼ半年が必要だという。

Michaels estimates that it would take an experienced C or C++ developer about six months to learn Objective-C at the depth he needs.

     *     *     *

日本ではどうか知らないが、世界的に見ると千載一遇のチャンスらしい。

世界に羽ばたく絶好の機会かも・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

インディーデベロッパ Chris Eidhof の発言がおもしろい。

Chris Eidhof: “Why I develop for iOS” by Chris Eidhof: 04 August 2011

     *     *     *

インディーデベロッパ

自分はなぜ iOS を開発環境として選んだのだろうと自問することがある。自分は Haskell[ハスケル:純粋関数型プログラミング言語]の開発もできるし、クールな HTML5 やコンパイラ製作もできる。インディーデベロッパとしての自分が、iOS で開発をする主な理由は次のようなものだ。

Sometimes I ask myself the question: why do I develop for iOS? I could also do Haskell development, do cool HTML5 stuff, or build compilers. As an indie developer, these are some important reasons for me.

     *     *     *

1)ハイエンド向けプラットフォーム

High-end platform

スマートフォンやタブレットの中でも iPhone や iPad はハイエンド向けだ。優れた体験のためならより多くカネを出すことをユーザーが厭わないということだ。その副次効果として、アプリにも、またアプリ内課金[in-app purchase:アプリ内に埋め込まれた直接購買機能]にもよろこんでカネを払う。インディーデベロッパにとってこれは素晴しいことだ。顧客がよろこべばよろこぶほど、我々にとってもいいというわけ。そして最終的にはデベロッパが金額に値するものを作ることになる。ハイエンド顧客に売る方がずっと容易なのだ。

The iPhone and iPad are the high-end of the smartphones and tablets. This means that the people who use it are willing to pay more money for a better experience. As a side effect, they are also willing to pay for apps, and willing to pay for in-app purchases. For an indie developer, this is great. The more willing your customers are to spend, the better it is for us. Ultimately, it comes down to the developer making something that is worth the money, but it’s a lot easier to sell to high-end customers.

     *     *     *

2)閉じた環境

Closed environment

閉じた環境(クローズドシステム)にはたくさんのデメリットがあるがここでは触れない。しかし顧客から見ると、それはおおむね大きなメリットとなる。アプリが信用できるからだ。どのアプリもアップルが目を通しているので信用できるのを知っている。アプリ内課金も iOS プラットフォームに組み込まれているので支払いも信用できる。ひいてはデベロッパが課金するのも容易になる。

There are a lot of disadvantages to having a closed environment, which is beyond the scope of this post. However, for customers it is mostly a big advantage: they can trust the applications. Because every single application has been reviewed by Apple, they know they can trust it. Because in-app purchases are built into the iOS Platform, they know they can trust the payments, which again makes it easier for developers to charge for something.

     *     *     *

3)イノベーションの可能性

Lots of possibilities for innovation

確かにイノベーションは至るところにある。しかしモバイルデバイスとなると、イノベーションはまだまだ氷山の一角に過ぎないという気がする。ロケーションセンサについてももっと出来る事があるはずだ。いつも電話を手放さず、常時インターネットにつながっているのだから。ウェブであれ、デスクトップであれ、イノベーションの余地はたくさんある。しかし新しいアイデアを思いつくのははるかに難しい。

Innovation can definitely be everywhere, but I have the feeling we’re still only seeing the tip of the iceberg when it comes to innovation on mobile devices. There is so much more we can still do with the location sensors, the fact that we always carry our phones, always have an internet connection, et cetera. With the web or on the desktop there is still a lot of room for innovation too, but it is a lot harder to come up with new ideas.

     *     *     *

4)ウェブ開発よりずっと難しい

More difficult than web development

iOS プログラミングはウェブ開発よりずっと難しい。メモリ管理が必要だし、デザインパターンを利用し、新しい言語の習得も必要だ。ウェブ開発なら徐々に入っていって、最初は HTML に変更を加え、それから自分の HTML サイトを作り、PHP を追加したりできる。iOS プログラミングに入る敷居は高いのだ。しかし iOS デベロッパとしては認められ易いということでもある。

It is more difficult to get started with iOS programming than with web development. You need to do memory management, need to work with design patterns, learn a new language, and more. In web development, you can gradually ease in to it by first modifying HTML, then building your own HTML site, adding PHP, and so on. This makes the barrier to entry harder, which means it is easier to get noticed as an iOS developer.

     *     *     *

5)ライブラリーがすごい

Great libraries

アップルの提供するライブラリーはすばらしい。自分は正直 Objective-C は好きでないが、アップルが提供するフレームワークは実にすばらしい。例えばアニメーションはめちゃ簡単だし、すべてがよく考えられている。だから作業するのが楽しくなる。

Apple provides awesome libraries. Even though I don’t like Objective-C so much, the frameworks they provide are really great. For example, animation is super-easy, and everything is very well thought out. This makes it a pleasure to work with.

     *     *     *

6)クオリティを尊ぶカルチャー

Culture of quality

Mac でも iOS でも、常に品質を尊ぶカルチャーがある。よく洗練されたアプリケーションは、デベロッパがどれだけ努力したかがよく分かる。デベロッパにとって楽しく、勇気づけられることだ。ユーザーの水準もより高くなる。アップル提供のデフォルトはとてもクオリティが高い。ということは見栄えがよく、うまく動くものを作るのが容易になるということだ。

On Mac and iOS, there has always been a culture of quality. Applications are very polished, and you can see that developers really put effort into building their products. This is a lot of fun and very inspiring for a developer. It pushes you to raise the bar and have higher standards. The defaults provided by Apple are very high quality too, which means it’s easy to build something that works and looks good.

     *     *     *

以上が・・・

以上が iOS を開発環境として自分が選んだ理由だ。もちろん大変バイアスされていると思うので、他人の意見にも謙虚に耳を傾けたい。

These are the reasons why I choose to develop for iOS. Of course, it is very biased, so I look forward to seeing your comments.

     *     *     *

デベロッパの思いが率直に語られているところが興味深い。

Android のデベロッパはどんな意見だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


パテント・トロール:Lodsys

アプリ内課金のライセンス料を iOS デベロッパに要求しようとする Lodsys のパテント・トロール[patent troll:特許恐喝、特許ゴロ、特許荒らし]が物議をかもしている。

デベロッパのひとりは Lodsys をプレデターと呼ぶほどだ。

ついにアップルが腰を上げた。

The Loop: “Apple says developers are licensed for Lodsys patents” by Jim Dalrymple: 23 May 2011

     *     *     *

議論の余地はない

アップルは5月23日(月曜日)付けの Lodsys に対する手紙[全文]で、Lodsys がアプリ開発者に同社の技術をライセンスするよう要求した手紙を撤回することを求めた。

In a letter sent to Lodsys on Monday, Apple asked that the company withdraw letters sent to app developers demanding they license the technology.

「アップルがこれら特許のライセンスを受けていること、およびアプリ開発者(App Makers)がそのライセンスにより保護されていることに議論の余地はない。」と Bruce Sewell[アップル上級副社長・法律顧問]は述べている。

“Apple is undisputedly licensed to these patents and the App Makers are protected by that license,” wrote Bruce Sewell, Apple Senior Vice President and General Counsel.

     *     *     *

アプリ内課金を可能にする技術

Lodsys は複数の iOS デベロッパに対し 2011 年5月13日付けで、彼らがアプリ内課金を可能にする Lodsys の技術をライセンスすべきとの手紙を送りつけた。しかしデベロッパたちは、アップルが同ライセンスを取得してそれをアプリ内課金を行なう方法として提供している以上デベロッパはそれを利用できるはずだと考えた。

Lodsys sent a letter to several Apple iOS developers on May 13, 2011 claiming that they had to license the company’s technology, which allowed for in-app purchases. However, developers felt that because Apple licensed the technology and offered it as a way to provide its users with in-app purchases, they should be able to use it.

アップルも同じ考えだ。

Apple feels the same way.

     *     *     *

アプリ開発者は保護される

Sewell の手紙によれば、「したがって貴社の手紙が問題としている技術は、アップルがアプリ開発者に対し提供するため Lodsys からライセンスしたものであることは明確である。これらのライセンスを受けた製品およびサービス、すなわちアップル自身がライセンスを受けたハードウェア、ソフトウェア、API、メモリー、サーバーおよび App Store を含むインターフェイスを利用することによって、アプリ開発者がエンドユーザーと連絡をとることことが可能になる。アップルがかかる技術をアプリ開発者に提供するというライセンスを Lodsys から取得しているのだから、アプリ開発者は Lodsys が主張するような特許権侵害なしに同技術を利用する権利がある。」

“Thus the technology that is targeted in your notice letters is technology that Apple is expressly licensed under the Lodsys patents to offer to Apple’s App Makers,” wrote Sewell. “These licensed products and services enable Apple’s App Makers to communicate with end users through the use of Apple’s own licensed hardware, software, APIs, memory, servers, and interfaces, including Apple’s App Store. Because Apple is licensed under Lodsys’ patents to offer such technology to its App Makers, the App Makers are entitled to use this technology free from any infringement claims by Lodsys.”

     *     *     *

アップル法務が乗り出したことで、Lodsys の「脅迫状」を受け取ったデベロッパの間では安堵の気持ちが漂っているようだ。

Lodsys に対して終始批判的で、Lodsys を「寄生虫」と呼ぶ John Gruber はつぎのように述べている。

Daring Fireball: “Measure Twice, Cut Once” by John Gruber: 23 May 2011

いつものパターン

iOS デベロッパを特許侵害で脅していた Lodsys に対し、アップルが今日発出した回答はいつものパターンにそったものだ。

Apple’s response today to the Lodsys patent threat against iOS developers is another example that indicates a consistent pattern:

1)アップルに関係する問題が起きる。
2)途端に大騒ぎとなり、様々な憶測がなされる。
3)一、二週間後アップルの答えがでる。一旦出た答えは断固として反論の余地がないものだ。

1. An Apple-related crisis or problem occurs.
2. There’s an immediate flurry of news coverage and speculation.
3. A week or more passes before Apple responds, but when they do, they do so decisively.

     *     *     *

今度はこれだ

iPhone 4 の「アンテナゲート」も、iOS の位置情報プライバシーも同じパターンだった。そして今度はこれだ。Lodsys が iOS デベロッパに対し脅迫状を送り始めてからたったの10日だ。その間に2度の週末も含まれる。それでも Lodsys の脅迫状を受け取った複数の友人たちの話から、この10日間が長い10日間だったことを知っている。訴訟はやっかいない問題だ。それに App Store はアップルの最も重要な資産だ。

Same pattern for the iPhone 4 “antennagate”, the iOS location-logging database, and now this. It has only been 10 days since Lodsys began sending its threats to iOS developers, and that includes two weekends. I know from talking to several friends who were on the receiving end of Lodsys’s threats that those were a long 10 days, but still. Litigation is serious business, and the App Store is one of Apple’s crown jewels.

     *     *     *

確信をもって

アップルのポリシーは危機に対しては確信をもって(少なくとも可能な限りの確信をもって)臨むことだ。確信を持つためには時間がかかる。アップル広報がくだらぬ文言を垂れ流すこともない。まずは沈黙、そして答えだ。このやり方はうまくいっているのではないだろうか・・・

Apple’s policy is to respond to a crisis with certainty, or at least as much certainty as can be mustered. Certainty takes time. No drip, drip, drip of vapid PR statements. Just silence, then an answer. Seems to be working out pretty well for them.

     *     *     *

ユーザーの不満・不安にどう応えるか・・・

★ →[原文を見る:Jim Dalrymple
★ →[原文を見る:John Gruber

Read Full Post »

android_market_income.jpg

めずらしく Android デベロッパがいくら稼いだかブログに書いている。

KreCi.net: “Android Developer Income Report” by Chris: 08 November 2010

     *     *     *

Android じゃ稼げない?

Android じゃデベロッパは稼げないと多くのひとがいう。儲けたいなら iPhone、iPad など〈i〉のつくデバイスでやれ、と。しかしそれはホントじゃない。何千ドルも稼げるデベロッパじゃないけれど、私の実入りは安定して、増え続けている。

A lot of people says that there is no real money in the Android development. They say that if you want to make money you should write for iPhone, iPad and all other iThings… This is not true! I am not a one of guys that is making thousands of dollars but my income seems to be steady and is still growing.

     *     *     *

無料アプリしか出していない

自分はトップデベロッパでもなければ、自分のアプリが Android Market で喧伝されているわけでもない。何千人といる Android デベロッパのひとりに過ぎず、名の知れたアプリを作っているわけでもない。作っているアプリはすべて無料だと聞けばもっと驚くかもしれない。というのもグーグルはポーランドのデベロッパにはアプリを Android Market で売らせてくれないからだ。

Moreover I am not one of top developers nor any of my apps have been promoted by Android Market. I am just an one among of thousands of Android developers with not to well known apps. And what may be really surprising all my apps are free as Google do not allow developers from my country (Poland) to sell apps via Android Market!

     *     *     *

広告が収入源

こういうことなのだ:

1)私のアプリは Android Market のトップになったことはない

2)無料のアプリしか出していない(Android Market の制限のため)

3)有料アプリが出せてもそれで収入を得ようとは思わない(広告の方が実入りがいいと思うからだ)

So keep in mind these facts:

   1. None of my apps has been ever promoted in Top of Android Market

   2. I am providing only free apps (mostly due of Android Market limitations)

   3. Even if I would be able to sell apps I would not use it as main income source… (I believe that you still can make more from ads…)

私の場合すべての収入は、Android モバイルアプリに含まれた広告からあがる。私のアプリのダウンロード数は現在つぎのとおりだ。

1)X-Ray Scanner(268,000 回以上)

2)Cracked Screen(182,000 回以上)

3)Virtual Drums(20,000 回以上)

4)Daily Beauty Tips(11,000 回以上)

5)Don’t push it(6,500 回以上)

6)WP Stats(4,000 回以上)

All my income comes from ads that are included in my mobile apps for Android. Here is the list with current number of downloads:

   1. X-Ray Scanner (over 268 000 downloads)

   2. Cracked Screen (over 182 000 downloads)

   3. Virtual Drums (over 20 000 downloads)

   4. Daily Beauty Tips (over 11 000 downloads)

   5. Don’t push it (over 6 500 downloads)

   6. WP Stats (over 4 000 downloads)

     *     *     *

Android の勉強を始めたのはつい最近

私が Android 開発について勉強し始めたのは 2010 年4月のことだ。出せる最初のアプリは5月にできた。それでまず数ドル稼いだ。しかしそれでは満足できなかった。このアプリ(WP Stats)はもっと人気が出ると思ったからだ。でもそうはならなかった・・・。ともかく、その後もっと人気の出るアプリをいくつか書いた。

I have started to learn Android Development on April 2010. My first application was ready to be published on May. And it bring me first few dollars… I was not satisfied as I have been expecting that this app (WP Stats) will be really popular… Unfortunately it wasn’t… Anyway I have published a few more apps that got a lot more popularity…

     *     *     *

稼ぎは毎月上昇中

それ以降、毎月の収入はつぎのとおりだ:

 2010 年5月  $4.92

 2010 年6月  $138.87

 2010 年7月  $538.26

 2010 年8月  $920.00

 2010 年9月  $1545.45

 2010 年10月 $1059.31

So here is my total income breakdown:

   • May 2010 – $4.92

   • June 2010 – $138.87

   • July 2010 – $538.26

   • August 2010 – $920.00

   • September 2010 – $1545.45

   • October 2010 – $1059.31

10月はアプリを出さなかったため収入が減った。(引っ越しでアプリを書くヒマがなかった。)

October looks to be lower in earning but it happened only because I have not been updating any of my apps in this month (I have been moving to new house and had no time for it…).

     *     *     *

アプリからは収入を得ていない

繰り返しておきたいが、アプリからは1セントたりとも収入を得ていない。すべては広告収入だ。今月は新しいアプリを出すつもりで、新しいアイデアをねりつつある。収入はまた上向くはずだ・・・

And I will say it again… I have not made a single cent from selling apps – all my income is only from ads. This month I am preparing new updates for my apps and I am finalizing some new ideas… so my income should start growing up again…

     *     *     *.

無料アプリの広告で稼ぐという手があったのか。

Chris(KreCi)の出したアプリがどんなものかクリックして調べてみるのも興味深い。

腕さえあれば、在米のデベロッパでなくても出来るんだなあという感じ。

iPhone アプリの最初の頃を思い出しても、早い者勝ちという感じがしないでもない・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

airpad.jpg

Angry Birds on MacBook Air

Mac App Store に関する議論がおもしろい展開を見せている。

iPad アプリはマックで動くか、すなわち iOS アプリは Mac OS X で動くだろうかという議論だ。

最初に問題提起をしたのは Dave Winer だ。

新しいジャンルの Mac アプリが登場するという Marco Arment の指摘を敷衍(ふえん)して、それを逆転して考える。すなわちiPad/iPhone アプリが Mac App Store にやってくるのではないかと・・・

Winer は Angry Birds(iPad アプリ)が MacBook Air で動くと予測するのだ。

Scripting News: “Angry Birds on MacBook Air” by Dave Winer: 01 November 2010

     *     *     *

iPad アプリが MacBook Air で動くようになる

iPad や iPhone で実際に動くソフトを Mac App Store から購入することになるだろう。

The software we will buy from the Mac version of the App Store will be the actual software that runs on the iPad and iPhone.

言い換えれば、ひそかにアップルはデベロッパに対し、どうすれば iPad ソフトがキーボードを備えた iPad、すなわち MacBook Air で動くように書けるのか教えようとしているのだ。

In other words, they’re teaching the developers, privately, how to write iPad software for an iPad with a keyboard. In other words, the MacBook Air.

     *     *     *

これに対する John Gruber のフォローアップがおもしろい。

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

     *     *     *

問題は何か

iOS がデベロッパにとってモジョ[mojo:魔術、(運を好転させる)お守り、ブードゥー教の呪術から]であることは間違いない。アップルのデベロッパだけでなく、業界全体にとってもそうなのだ。iOS が世界で最もホットなプラットフォームだということに尽きる。間もなく登場する Mac App Store が、これまでマックのアプリケーションなど書いたこともない iOS デベロッパにとって絶好の機会になるとアップルが考えていることも明らかだ。しかしだからといって iPad アプリが現状のままで、まったく異なる入力方式に手を加えたり適合させたりしなくても、マックで動いたりすることは決してないと考える。ARM 対 x86 のコード生成や開発フレームワークの違いが問題なのではない。タッチスクリーンで直接操作することは、タッチパッドでマウスカーソルを動かすこととは基本的に異なるという事実が問題なのだ。

There’s no doubt that iOS is where the developer mojo is. Not just Apple’s developer mojo, but the industry’s. It’s the hottest platform in the world, period. And I do think Apple sees the upcoming Mac App Store as an opportunity for iOS developers who’ve never written apps for the Mac to start. But I don’t think iPad apps are ever going to run on the Mac as-is, without any change or adaptation to account for the very different input methods. This isn’t about ARM vs. x86 code generation, or development frameworks. It’s about the fact that direct manipulation on a touchscreen is fundamentally different than moving a mouse cursor via a touchpad. […]

     *     *     *

そのままでは快適でない

実際マックのスタンダードな機能として iPad アプリが動くことはないと証明することも可能だ。iOS デベロッパキットに同梱された iPhone/iPad エミュレータを使えば、たしかに iOS アプリは現在でも Mac OS X で動く。しかしそれではマックで使うのが決して快適ではない。タッチスクリーンでは自然で楽しいジェスチャも、マウスやタッチパッドでは不自然でかったるいものとなる。自分で開発した iOS アプリを、テストやデバッギングしたそのままの形でマック用に出荷したいと願う iOS デベロッパなど誰ひとりとして知らない。パックマンみたいなゲームを iPhone で試してみたことがあるだろうか。ジョイスティックや D-pad のようなハードウェアを念頭においてゼロから設計されたゲームはジョイスティックのついてないデバイスではどうしてもうまくいかない。iOS アプリをマックで動かすとみな同じことになるのだ。(逆にまた Angry Birds のようなポピュラーな iOS ゲームは、タッチスクリーンで初めて意味を持つようなコントロールを使っている。)

I can prove it, practically, that iPad apps aren’t going to run on the Mac as a standard feature. iOS apps do run on Mac OS X, today, in the iPhone/iPad emulator that ships with the iOS developer kit. Ends up they’re just not that pleasant to use on a Mac. Gestures that are natural and fun with direct touch are awkward and clumsy using a mouse or touchpad. I never hear iPad developers — who run their own iOS apps on their Macs during development, for testing and debugging purposes — wish that they could ship them as-is to Mac users. Ever try a game like Pac-Man on the iPhone? A game that’s designed from the ground up around a hardware joystick or D-pad just isn’t very good on a device without a joystick. Everything about iOS apps is like that when you run them on a Mac. (And, conversely, popular iOS games like Angry Birds tend to feature controls that only really make sense with a touchscreen.)

     *     *     *

最適化されていないアプリ

iPad で試したことのあるひとなら誰でも知っているように、iPad に最適化されていないアプリはひどいものだ。そんなもの自分はどれも使わない。なぜアップルが iPhone アプリを iPad で動くようにしたかというと、初日から iPad には何千というアプリ(理想的なものであろうとなかろうと)があるということを示すためだった。マックではそうしなければならない理由はない。(iPad に最適化されていないアプリはいずれ iPad でサポートされなくなっても驚かない。)

[…] everyone with an iPad knows that non-iPad-optimized iPhone apps stink on the iPad. Personally, I don’t use any of them. I still think the reason Apple allowed iPhone apps to run on the iPad is simply to make sure there were thousands of apps available on day one, whether they were ideal or not. The Mac doesn’t suffer that problem. (I wouldn’t be surprised if the iPad eventually drops support for non-iPad optimized apps.)

     *     *     *

AppKit と UIKit というフレームワークの違い

こういうことになるのではないか。iPad のネイティブアプリは iPhone アプリとは異なるが、それなら両者はどんな関係にあるのかという問題に近い、と。Cocoa ではマックのアプリは AppKit というフレームワークをベースとしている。AppKit は1980 年代末期の NeXT フレームワークに遡る。iPhone の登場で AppKit を UIKit に置き換えた。私自身は Cocoa の専門家ではないが、それでも AppKit と UIKit には単にマウスカーソル対タッチスクリーンの以上の違いがあることは分かる。ある意味で UIKit は一度白紙の状態にしてやり直したものだ。「AppKit を初めからやり直すとしたら、いくつかの点では違ったやり方をする」的な変更を加えたものだ。現在我々がよく知っている iPad がそのままの状態で Mac OS X で動くということになるだろうか? — ノーだ。未来のマックのための UIKit 変種は、本質的により iOS に近いマックのネイティブアプリになるだろうか? — イエスだ。これから2か月後に登場しようとしている Mac App Store は、誰もが知っている古くからの AppKit マックアプリで溢れることになるだろう。

I think it would be something more like how native iPad apps are related to, but different than, iPhone apps. In Cocoa, Mac apps are based on the AppKit framework — and AppKit dates back to the original NeXT frameworks from the late 1980s. With the iPhone, Apple replaced AppKit with UIKit. I’m far (very far) from being a Cocoa expert, but I know enough to say that UIKit is different from AppKit in more ways than just issues related to mouse cursors vs. touchscreens. UIKit is in some ways a clean slate do-over — an “if we could do it all over again, we’d do a few things differently” successor to AppKit. Can I imagine iPad apps, exactly as we know them today, running on Mac OS X? No. Can I imagine a future variant of UIKit for the Mac, which results in native Mac apps that are inherently more iOS-like? Yes. That’s all conjecture about the future, though. The Mac App Store that’s scheduled to ship about two months from now is going to debut filled with nothing but good old-fashioned AppKit Mac apps.

     *     *     *

最適化が iOS 成功の原因

iOS でアップルが成功したのは、「一度書いたコードはどのデバイスでも動く」という考えとは逆だったという点にある。むしろ「この特定のデバイスにちゃんと最適化されたバージョンのコードを書け」というものだったのだ。

The whole point of Apple’s success with iOS has been the opposite of “write once, run anywhere”. It’s more like “write a version that is specifically optimized for this particular device”.

     *     *     *

マックへの回帰の意味は、ソフト的には Mac OS X Lion、ハード的には MacBook Air だった。

さすれば、iOS を踏まえて Mac OS X に回帰するという意味は何なのかが問われているのだろう。

Mac App Store に登場するマックの製品群によってその姿が明らかになる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:非公開の iOS デベロッパ Game Center サミット

Dave Winer の議論から Rene Ritchie はさらに想像を逞しくする。

TiPb: “Will the Mac App Store run iPad apps?” by Rene Ritchie: 01 November 2010

昨夜の iPad Live ポッドキャストで私と Georgia は秘密の iOS デベロッパセッションのウワサを話題にした。そのセッションでアップルはデベロッパたちに、 iPad アプリをマックで動かすカンタンな方法を教えているのではないかというのが彼女の想像だった。

Last night during the iPad Live podcast, while Georgia and I were discussing the rumor about Apple holding a secret iOS developer session, she conjectured that Apple might be showing developers a way to quickly make their iPad apps run on the Mac.

     *     *     *

それに対する John Gruber のコメント:

Daring Fireball: “Regarding the Idea of iPad Apps Running on Mac OS X” by John Gruber: 02 November 2010

Rene Ritchie はさらに、それこそ今週クパティーノで行なわれている非公式の iOS デベロッパ会議で起きていることではないかと想像を逞しくする。(そうではない・・・開催されているのは Game Center サミットだ。)

Rene Ritchie even wonders if that’s what’s going on this week at the private iOS developer meeting in Cupertino. (It’s not — that event is a Game Center summit.)

     *     *     *

非公開の iOS デベロッパサミットについてはその後何も情報がない。

そこで Gruber が彼一流のさりげないやり方で情報を漏らしたというわけ。

出席者はみな NDA[守秘義務契約]で縛られているのだろうから、情報がないのは当然といえば当然。

結局 Gruber のこの一行が非公開サミットに関する初めて情報となった。

しかし、iOS 4.2 が Golden Master になったり、Mac OS X 10.6.5 Build 10H571 がデベロッパにシードされたりしているところをみると、開催されていることの状況証拠はいっぱいだ。

一方で Mac App Store でのアプリの受付も始まっており、最初に登場するマックアプリがどんなものになるかますます興味津々。(まずはゲームだったりして・・・)

Read Full Post »

 Marco_Arment_fig1.png

既存のマックソフトと未来の Mac App Store アプリ

Mac App Store についてはいろいろ論議を呼んでいる。Instapaper の Marco Arment がデベロッパの立場から注目すべき意見を述べている。

Mac App Store は既存のマックデベロッパのためのものではないというのだ。

Marco.org: “The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers” by Marco Arment: 29 October 2010

     *     *     *

こういうことだろう

冒頭の図が(Mac App Store について)アップルが考えていることを示していると思う。少なくとも私はこうなると考えている。

I’m guessing this is what Apple has in mind. If not, this is at least what I think is likely to happen:

もっとも縮尺は正しく反映していない。

Actually, the scale’s off.

それを考慮するとこうなるだろう。

This is the much more likely outcome:

 Marco_Arment_fig2.png

もっと正確に図示すれば・・・

これにはいくつか理由があるのだ・・・

…for a few reasons.

     *     *     *

Marco Arment は Mac App Store がなぜ既存のマックデベロッパのものでないのかを説明していく。[以下日本語は流暢な市村佐登美訳を引用させていただく。]

Long Tail World: “Macアプリストアは既存Macデベロッパーのものじゃない:The Mac App Store isn’t for today’s Mac developers – Marco.org” by 市村佐登美: 29 October 2010

アプリはエンターテインメントだ

iOS App Storeがここまで成功したのも、アプリ購入がiPhone&iPadオーナーの気軽なルーティーンの娯楽になったお陰だ。当座「必要」なものなんてなくても、みんなイソイソとApp Storeはブラウズする。行ってなんか新しくていいのがあったら何ドルか遣おうかな、という気持ちで。[市村佐登美訳]

One of the reasons the iOS App Store is so successful is that app-buying has become a form of casual, routine entertainment for iPhone and iPad owners. We gladly go and browse the App Store even when we don’t “need” anything at the moment, with the intention of going and spending a few bucks on whatever’s new that looks good.

これが理想的に運ぶには、いくつかの条件が揃わないといけない。が、iOSのApp Storeにはそのすべてが揃っているのだ。

・新アプリは定期的に大量に投入しなくてはならない。しかもそのアプリは簡単に検索・閲覧できなきゃいけない。

・アプリが低リスクであること。つまり;

  - 安価

  - 気味悪いこと、破壊的な悪さはしないと信頼できる

  - 簡単&迅速に購入&インストールできる

  - 簡単&迅速に削除できる

・良いアプリは充分な数、揃ってなくてはだめ。みんな悪いものは忘れ、良いものだけ覚えていていてくれるように。[市村佐登美訳]

This requires a few conditions to be ideal, all of which are true on the iOS App Store:

• There must be a large number of new apps being regularly added, and they must be easy to find and browse.

• Apps must be low-risk. That means:

– Inexpensive.

– Trustworthy that they won’t do anything creepy or destructive.

– Easy and quick to purchase and install.

– Easy and quick to delete.

• Enough apps should be good that people will remember the good ones and forget the bad.

今のMacには、この(ほぼ)どれひとつとして条件が揃っていない。Mac App Storeが今のMac対応ソフトウェアの部分集団だけ取扱うなら、やはり以上のキーポイント(“安価”など)のいくつかは抜けたままで終わってしまう。だからこそ僕は、Mac App Storeを独占し(その看板商品になるのは)今まだMacに存在しないアプリだと思うのだ。[市村佐登美訳]

Today, on the Mac, almost none of these are true. And if the Mac App Store is only populated by a subset of today’s Mac software, a few key points (such as “Inexpensive”) still won’t be true. This is why I believe that the Mac App Store will be dominated by (and become known for) apps that don’t exist on the Mac today.

     *     *     *

iOS デベロッパにとっての魅力

Mac App Storeの登場により、デベロッパーを惹きつけたApp Storeの魅力の多くは、そっくりそのままMac対応ソフトウェアに適用されていくだろう。;

・ほとんどのMacオーナーは、Macのマシンの目立つ場所からアプリ購入を推奨される立場となる。潜在オーディエンスは巨大だ。そして見込み客にリーチするのも今よりずっと簡単になる。

・決済プロセスもかなりシンプルになる。

・ソフトウェア専用サイトも今ほど沢山の機能は要らなくなる。

・デスクトップ専用ソフトウェアベンダーにとって最もよくあるサポート問題はインストールのサポートとシリアルナンバー問題だが、このふたつはほぼ完全に消える。[市村佐登美訳]

Much of what made the App Store so compelling to developers will begin to apply to Mac software with the Mac App Store:

• Most Mac owners will be encouraged from prominent places on their Macs to buy apps. The potential audience is huge, and will be much easier to reach.

• Payment processing will be much simpler.

• Software websites won’t need nearly as much functionality.

• Two of the most common support issues for desktop software vendors — installation support and serial-number issues — will almost completely disappear.

というわけで、僕はiOSデベロッパーが大挙してMacアプリを作り始めると思うんだ。特に個人、とても小さなチームね。[市村佐登美訳]

So I expect a lot of iOS developers to start making Mac apps, especially individuals and very small teams.

要は、iPadアプリみたいな価格帯なのだけど若干高い方にシフトする、ということ。今あるMac対応ソフトウェアより低い値段でも、Appleに30%中引きされても、ほとんどの秀逸なアプリにとっては露出価値の方がそれを上回るので、デベロッパーは大儲けできそうだ。[市村佐登美訳]

In other words, a lot like iPad-app pricing, but shifted slightly higher. And even considering the lower prices than current Mac software, and Apple’s 30% cut, the value in exposure will overcome those for most good apps, and developers will be able to make a lot of money.

     *     *     *

マックデベロッパはどうなる?

彼らは大丈夫。[市村佐登美訳]

They’ll be fine.

今あるMacソフトウェア市場がどっかに消えるわけじゃないからね。みんな昔からあるアプリは昔ながらの方法で探し(or探せず)、店舗やベンダーのサイトで大体同じレートで買う(or買わない)。逆に、Macの市場シェア拡大につれ、そっちの市場も拡大し続けるだろう。[市村佐登美訳]

Today’s market for Mac software isn’t going anywhere. People will continue to find (or not find) traditional apps in the traditional ways, and will continue to buy (or not buy) them in retail stores and from the vendors’ websites at about the same rates. In fact, as the Mac’s marketshare grows, this market will continue to grow with it.

が、今まさに巨大な新市場がすぐ隣に開こうとしている。まあ、たぶんAngry Birdsとか安アプリに占拠されるだろうし、その多くはどうでもいいアプリだろうけどね。そうなれば大勢の既存のMacデベロッパーは見下すだろう。でも、ちょっとした余暇で安アプリ作れるデベロッパーは売上げの数字を見て、それとは全く異なる認識を持つかもしれない。[市村佐登美訳]

But a huge new market is about to open next door. And yes, it’ll probably be dominated by Angry Birds and other inexpensive, often trivial apps. When this happens, a lot of traditional Mac developers are going to look down on it. But those with a bit of free time to develop their own inexpensive, often trivial apps might have a different viewpoint entirely when they see their sales numbers.

MacユーザーでありiOSデベロッパーでもある僕にとって、この市場のポテンシャルはほんと信じられないぐらい楽しみだよ。[市村佐登美訳]

As both a Mac user and an iOS developer, I’m incredibly excited for the potential of this market.

     *     *     *

結びの文句がデベロッパとしての Marco Arment の気持ちをよく表しているように思える。添えられた図表も一目瞭然だ。[市村佐登美氏の流暢な訳でぜひ全文をお読みください。]

しかしみんながみな Mac App Store の将来性を高く評価しているわけではない。

批判の急先鋒は gdgt の Ryan Block だろう。

gdgt: “Will the Mac App Store have enough to sell? ” by Ryan Block: 22 October 2010

     *     *     *

アップルにカネを払ってまで

CS5 Master Collection のフルセットがひとつ売れる度にアドビがアップルに 800 ドルずつよこすなんてほんとにそんなことを考えているのか。とてもそうは思えない。

Can you really imagine Adobe letting Apple take almost $800 off the top of each sale of its full CS5 Master Collection set? I can’t.

     *     *     *

コンピュータソフトは売れなくなっている

デスクトップソフトのマーケットの本当の問題は、ソフト(業務用ソフトは別だが)をこれ以上買う必要があると考えるユーザーがいなくなっていることなのだ。箱入りビジネスソフトが死んだのは App Store のせいではない。無料、オープン、あるいは奨励金付きの優れたプログラムがいろいろなウェブサービスからカンタンに入手できるから死んだのだ。別な言い方をしてみよう。最近あなたのご両親は何か新しいコンピュータソフト(Microsoft Office 以外のもの)を買ったことがあるだろうか?

The real issue with the desktop software market is that (unless you’re talking about productivity software) there just isn’t all that much consumers need to buy anymore. The boxed software business didn’t die because of app stores, it died because of an overabundance of great programs that are free, open, or otherwise subsidized that are available through other web or internet services. To put it another way: lately, how often have your parents bought software for their computer (that wasn’t Microsoft Office)?

     *     *     *

反論のポイントはアドビやマイクロソフトがアップルにカネを納めてまでおめおめと Mac App Store でソフトを売るわけがないだろうという点にある。

これに対して、いちはやく「マイクロアプリ」(Micro-Apps)という新しいジャンルに着目したのが MG Siegler だった。

TechCrunch: “Might The Mac App Store Lead To A New Class Of Micro-Apps?” by MG Siegler: 24 October 2010

TechCrunch Japan: “Mac用アプリストアが、マイクロアプリという新ジャンルを生む“: 25 October 2010[Nob Takahashi 訳]

     *     *     *

デスクトップ用マイクロアプリ

この週末、Ryan BlockがgdgtにMacアプリストアには十分な商品があるのか?という興味深い記事を載せた。彼は、なぜAppleが現在のApp Storeの成功を新しいデスクトップストアで再現できないか、についていくつか鋭い理由を挙げている。しかし私は、このストアが新しい種類のアプリを生みだすのではないかと考えている。デスクトップ用マイクロアプリのようなものだ。[Nob Takahashi 訳]

This weekend, Ryan Block put up an interesting post on gdgt entitled: Will the Mac App Store have enough to sell? He raises a number of good points for why Apple may not be able to replicate their current App Store success with this new desktop store. But I’m left wondering if the store won’t lead to a new class of app: a sort of micro-app for the desktop.

     *     *     *

Pandora のような

私の考えはこうだ。iPhone App Storeがスタートして以来最も人気のあるアプリのひとつがPandoraだ。もちろんPandoraはウェブブラウザー経由でも使えるが、多くのユーザーが、デスクトップのどこかに置いてバックグラウンドで走る小さなアプリを使っている。なぜわかるのかって? Pandoraがすでにそのようなアプリを作っているからだ ― ただし、AIR上で動作し、使うにはPandora Oneのプレミアムアカウントが必要だ。では、もしPandoraが無料の広告収入型Pandora Macを作ったらどうなるだろうか。あるいは、追加機能のある有償バージョン($5または$10程度)はどうだろう。多くの人たちがそんなアプリを欲しがるのではないだろうか。[Nob Takahashi 訳]

Here’s what I’m thinking: one of the most popular apps since the inception of the iPhone App Store has been Pandora. Pandora obviously works through the web browser, but plenty of people would be into a small app that sits somewhere on your desktop running in the background. How do I know? Because Pandora actually already makes such an app — but it runs on AIR and you need a Pandora One premium account to use it. What if Pandora made a free ad-supported Pandora Mac app? Or a paid version (maybe $5 or $10) that gives you premium features? A lot of people would want such an app.

     *     *     *

スモールアプリに新しい流通経路

しかし、スモールアプリにとって考えられる本当のチャンスは、人気ウェブアプリをただ真似るのではなく、それを拡張することにある。例えば、すばらしい写真アップロードと閲覧機能のあるFacebookアプリを想像してみてほしい。これは、当初Appleがデスクトップウィジェットで考えていたアイディアのようだが、じっさいには実現しなかった。ひとつの理由はまちがいなく、流通経路がなかったこと、そしてデベロッパーが稼ぐ手段がなかったからだ。Mac App Storeはどちらの問題も解決する。[Nob Takahashi 訳]

But a real opportunity may exist in small apps that don’t just fully mimic popular web apps, but instead extend upon them. Imagine a Facebook app, for example, that offered a great photo upload and viewing experience? Again, this is sort of the idea Apple seemed to originally have with their Desktop Widgets, but those never really took off. One reason, undoubtedly, is that distribution was lacking, and developers had no way to make money from them. The Mac App Store solves both of those issues.

     *     *     *

こうしてみると、これまでのマックソフトの延長上に Mac App Store を考えたのが Ryan Block であり、それに対して新しいジャンルのマックソフトが生まれる可能性に着目したのが MG Siegler や Marco Arment だということではないだろうか。

Marco Arment の指摘はマックと iOS デバイスの両方を熟知したデベロッパの立場から述べられたものだけに説得力が大きいのではないかと思う。

つくづく考えてしまう — 視点をどこにおくかで物事の見え方がまるで違ってくるのではないかと。過去の延長上に今を見るか、それとも未来から振り返って今を見るのか・・・

★ →[原文を見る:Marco Arment

★ →[原文を見る:市村佐登美訳

     *     *     *

追記:聞き逃せないポッドキャスト

今週のポッドキャスト「The Talk Show」がオモシロい。

口の重い John Gruber と聞き上手の Dan Benjamin の組み合わせで人気上昇中のポッドキャストだが、今週はトップデベロッパを招いて Mac App Store についてたっぷり語っている。

上に紹介した Marco Arment に加えて Craig Hockenberry がスペシャルゲストだ。

第一線のデベロッパやギークが Mac App Store をどう考えているのか知るうえで聞き逃せない。

John Gruber が新しいジャンルのソフトのことを「バブルガムアプリ」(Bubble Gum Apps)と呼んでいるのがオモシロい。

★→[ポッドキャストを聞く:The Talk Show

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »