Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Design’

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

Design Museum の スピーチには、Jony Ive のデザイン哲学が凝縮されている。

今回はアイデアがいかにもろいかという点について・・・

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

アイデアが生まれる創造的プロセス

On the creative process

「長年この仕事に携われてとても幸せだと思います。それでもなおこれは類い稀なプロセスだと思います。無から産み出すプロセスです。一歩退いて考えればとても奇妙ですらあります。水曜午後3時には何もありません。まったく何もありません。ところが5時になってアイデアが生まれるのです。」

“I’ve been lucky enough to have been doing this for a while now. But I still think it’s the most extraordinary process. The way that it comes from nothing. When you step back and you think about it, it’s bizarre, that it’s Wednesday afternoon at 3 and there’s nothing. There is nothing at all. And then at 5, there’s an idea.

     *     *     *

アイデアを文章にする

「そのアイデアから幾つかの文章を引き出します。とても繊細でもろいプロセスです。物体と違って文章はふっと消えてしまいやすいからです。」

“You can distill that idea into a few sentences. It’s a very fragile process, because sentences are sometimes easier to mess up than an object.

     *     *     *

難しいのはアイデアではない

「1年を終えるころには、最初の小さな決定がまったく異なった製品になることが明らかになります。アイデアを思いついた当初はとくに、とてつもない自制心をもって誠心誠意耳を傾けねばなりません。かかる決定を行なえば非常に異なる結果になることを理解するためです。これこそ自分がプロダクトデザインに関わることが好きな理由です。いつも初めは会話やちょっとした思いつきから始まるのです。」

“By the time we get to the end of the year, a small decision that you made right at the beginning defines an entirely different product. Particularly at the beginning of ideas, we have to have incredible discipline to listen really hard. To realise we can end up somewhere very different if we make these decisions. This is part of what I like about being involved in product design – it always starts off as a conversation and a thought.

     *     *     *

アイデアに実体を与えて具体的なモノにする

「アイデアを思いつくや、皆の前に立って、その漠然とした思いつきを説明できる・・・そんなひとを私は知りません。アイデアは他のひとが入る余地のないほど排他的で、かつもろいものです。アイデアを具現化する具体的なモノを作って初めてすべてが変わるのです。これはもっとも根源的な変化です。なぜならもはや思いついたひとに限定されないからです。オープンになり、解釈を加えることが可能になります。実際に存在するものになり、多くのひとが関われるのです。もっとも難しいのはアイデアではありません。それを実際に現実のモノにすることです。アイデアに実体を与えること、それが非常に難しいのです。」

“I don’t know anybody who has just had an idea and then will stand up in front of a group of people and try to explain this vague thought. So it tends to be exclusive and fragile. When you make the very first physical manifestation of what the idea was, everything changes. It’s the most profound shift. Because it’s not exclusive any more. It’s not so open to interpretation. It’s there, and it includes a lot of people. The ideas aren’t the most difficult bit. It’s the actually making them real. Giving an idea body is very hard.”

     *     *     *

はかなくもろいアイデアをどうやって誰もが理解できる具体的なモノに変えるか・・・Jony Ive がモノ作りにこだわる理由はこれだろう。

そんなアイデアの創造的プロセスを一番よく理解していたのはジョブズだったに違いない・・・

広告

Read Full Post »

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

英国では多くのデザインコースが閉鎖ないしは縮小に追い込まれているらしい。カネがかかり、ワークショップにスペースを要するというのがその理由で、その代わりに奨励されているのがコンピュータを使ったデザインだという。

そんなロンドンの Design Museum で、Jony Ive がデザイン教育の現状を憂う発言をしている。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

デザイン教育の悲劇的状況

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive

Jony Ive は昨夜ロンドンの Design Museum で、デザインスクールが学生に対し実際の製品を作ることを教えず、「安っぽい」コンピュータに頼り過ぎていることに警鐘を鳴らした。

Speaking at London’s Design Museum last night, Ive attacked design schools for failing to teach students how to make physical products and relying too heavily on “cheap” computers.

「デザイナーをインタビューしてみると、その大多数が実際にモノを作ることを知りません。デザインスクールのワークショップはカネがかかり過ぎるけれど、コンピュータなら安上がりだからです」と Ive はいう。

“So many of the designers that we interview don’t know how to make stuff, because workshops in design schools are expensive and computers are cheaper,” said Ive.

「これはとても悲劇的なことです。人生の4年間を学校で過ごし3次元物体のデザインを学ぶのに、ひとつも実際のモノを作ることはしないのです。」

“That’s just tragic, that you can spend four years of your life studying the design of three dimensional objects and not make one.”

アップルのデザイン担当上級副社長 Jony Ive は、学生がコンピュータソフトで「ひどいデザインをよく見せる」ようにレンダリングすることを教えられるという。

Ive, who is Apple’s senior vice president of design, said that students were being taught to use computer programs to make renderings that could “make a dreadful design look really palatable”.

「最終目的がグラフィックイメージを描くことならそれもいいでしょう。しかし実際に3次元のモノを作れといわれたら一体全体どうするのでしょうか?」

“It’s great if the ultimate result was to be a graphic image, that’s fine,” he said. “But how on earth can you do that if what you’re responsible to produce is a three dimensional object?”

学生たちに対するコンピュータ頼みの教育には行き過ぎがあるけれど、デジタルツールの使用を撤廃して欲しいといっているわけではないと、この英国生まれのデザイナーはいう。

Although he said that students were being taught to rely too heavily on computers, the British-born designer said that he didn’t expect designers to abandon digital tools.

「私たちはもっとも高性能のツールを使ってモデルを作り、プロトタイプを作ります。何もかも糸ノコを使ってプロトタイプを作れといっているのではありません。」

“We use the most sophisticated tools that we can to help us model and to help us prototype. I’m not saying you’ve got to prototype everything using a coping saw,” said Ive.

「結局なぜそれを作るかという動機と意味付けに立ち戻るのです。最初になすべきは直ちに取りかかることではなく、まずガラスとは何であるか、ガラスで何が出来るかを理解することなのです。なのに何故ガラスコップのレンダリングという実体ではないエイリアスから始めるのでしょうか?」

“It comes back to motivation and a sense of why are you doing this. Why is your first reaction not to run and go and understand glass and what you can do with glass? Why is your first reaction to start doing Alias renderings of glass cups?”

     *     *     *

様々なツールに溢れた Jony Ive のデザインスタジオを思い浮かべながら読んだ。

これはアップルデザインの根幹にかかわる問題だろう。

Design Museum でのスピーチには、Marc Newson を始め Terence Conran、Ron AradJohn Pawson など英国の錚々たるデザイナーたちが出席したようだ。

Ive にとってアップルのデザイン哲学を開陳する絶好の場となった。

その詳細を Dezeen がまとめているのが有難い。

Read Full Post »

apple_watch_faces

[Apple Watch:Apple

Quora に載った記事がオモシロい・・・

Why is the time on all Apple Watch ads set to 10:09:30? | Quora

     *     *     *

Hamilton が始めた慣行

時計メーカー Hamilton Watch が 1926 年に始めた社内ルールが一般的な慣行になり、今では時刻を10時10分30秒にセットするようになった。

In the early fall of 1926, the Hamilton Watch Company started the now common practice of setting all of their watches to 10:10:30. Previously many watch makers either chose random times or were using the “frown” with the watch set to 8:20:30, the 10:10:30 position connoted a smile. Just about all of the major watch maker standardize to this time for many reasons, primarily:

main-qimg-5c0007326eb1cb0385fa5ae6214464fa

[Hamilton の文字面:Quora

     *     *     *

デザインの利点

このデザインの利点はつぎのようなものだ。

・時計の針が重ならない
・対称性が好まれる
・メーカーのロゴ(12の下に置かれることが多い)が隠れない
・ストップウォッチなど副次的な文字盤とも重ならない

– The hands are not overlapping, so they’re fully visible displaying their styling
– The hands are symmetrical, humans prefer symmetry over asymmetry
– The logo of a watch is normally placed below the 12 and the hands of the watch are clear of this area
– Other displays in the watch, like secondary dials (stopwatch) and date are normally positioned at the 3, 6 or 9, will be visible

     *     *     *

ちょっとだけ早いアップルの時刻

アップルは Apple Watch のアナログな文字面に時間を超越した意味合いを持たせたかったのではないか。アップルは Hamilton よりちょっとだけ早い10時9分30秒を選んだ。アップルは象徴的意味を込めているのではないかと思う。

The Apple Watch is, well, a watch and Apple took great pains to richly create a unique and stunning analog time face experience. Even though one could use a digital watch face, Apple wanted to show the timelessness of the analog face. Apple chose the 10:09:30 time setting using the same foundations as the Hamilton watch company chose the 10:10:30 time in 1926. Apple second hand is a bit earlier then most watch makers for a number of reasons. Apple also broke from the standard Timex has used for decades, 10:09:36. I think Apple chose this time for reasons of symmetry, 10:09:30 looks better, it anticipates 10:10 and perhaps that in and of itself may be a deep symbolic meaning. Apple likes symbolic meanings.

     *     *     *

アップルが込めた意味

アップルの採用する時刻にはいろいろと意味がある。オリジナル iPhone は10時42分0秒にセットされていた。しかしその後の広告では9時42分に変わった。ジョブズが Macworld で iPhone を発表した時刻がそうだったからだ。それが iPhone 6 では9時41分に変わった。それは iPad が発表された時刻だった。そのことから新しい iPhone はこれまでの iPhone より iPad に近いのではないかというひともいる。

Apple usually has a symbolic reason for just about all elements in their marketing and advertising. Some of it is more obvious then others. For example, the original iPhones had the time set to 10:42:00. I wrote about this in detail here: Brian Roemmele’s answer to History of Apple Inc.: In iPhone advertisements, why is the time always set to 9:42 a.m. on the clock?. This was the exact time that Steve Jobs announced the iPhone during the Macworld conference. They timed the presentation to the exact minute and when the iPhone was first displayed, it showed 9:42. This has since been changed to 9:41 for the iPhone 6 as this is the time that the iPad was announced. Some assert that the new iPhones are more iPad then iPhone.

     *     *     *

Apple Watch の公式イメージ

2015 年春に発表される Apple Watch のアナログ文字盤は左右対称の笑顔を示す10時9分30秒が公式イメージになるだろう。広告でもこの文字面が使われることになりそうだ。

The Apple Watch will be released in the early spring of 2015 and will likely become iconic faster then even Apple has predicted. The Apple Watch analog watch face will be forever frozen with a symmetrical smile showing the world Apple Time 10:09:30 in the official images that will likely dominate advertisements.

     *     *     *

時計の文字面という些細なディテールにまでこだわっている・・・

     *     *     *

追記:えっ、9時42分?(11月13日)

訳しながらふと浮かんだ疑問。

オリジナル iPhone や iPad が実際に発表されたのが9時42分だとか9時41分だとかいう下りだ。

アップルキーノートって米太平洋標準時の午前10時から始まるのが恒例じゃなかったっけ。それなのに9時台というのはどうして?

それに前もってキーノートで iPhone/iPad が登場する時間を正確に予想するなんて、そんな神業的なことができるの?

改めてキーノートを見返してみる。

2007_iphone_incroduction

2007 年のキーノートでジョブズがオリジナル iPhone を紹介するのは始まってからほぼ41分ごろ。

初めて画面に表示された時刻は9時41分だ。

2010_ipad_introduction

アームチェアでデモして見せた 2010 年の iPad キーノートでは、登場するのは始まって9分ごろだ。

小さくて判別し難いが画面に表示された時刻は9時42分のようだ。

改めて Quora の記述を見てみる。

     *     *     *

9時42分

スティーブ・ジョブズが Macworld で iPhone を紹介した正確な時刻がこの時間だった。プレゼンテーションで iPhone が初めて表示される正確な時刻を予想してそれに合わせたのだ。それが9時42分だった。

This was the exact time that Steve Jobs announced the iPhone during the Macworld conference. They timed the presentation to the exact minute and when the iPhone was first displayed, it showed 9:42.

     *     *     *

これって間違い?

同じことは iPad についてもいえる。

Read Full Post »

2597-sfmoma-bat-141030

[SFMOMA の Jony Ive:Re/code

サンフランシスコ近代美術館[SFMOMA]の 2014 Bay Area Treasure Award を受賞した Jony Ive が Apple Watch について語っている。

“San Francisco Treasure” Jony Ive Talks Apple Watch at SFMOMA Gala | Re/code

     *     *     *

手首こそ理想的な場所

iPhone の場合はまったく新しいものをデザインする自由があったが、時計の場合にはすでに長い歴史があり困難だった。「文化的、歴史的意味合いと期待されるものが時計にはあります。そのため非常に困難で、謙虚にならなければならないプロジェクトでした。」

With the iPhone, he said, he had the freedom of building something entirely new. Working with the watch’s form factor is harder, since it already has such a history: “There are cultural and historical implications and expectations. That’s why it’s been such a difficult and humbling program.”

誰もくるぶしに時計をはめようとは思わないと Ive はいう。「なぜなら手首こそ理想的な場所だからです。」

Ive said he thinks the watch didn’t “pop down to the ankle,” because the wrist is “a remarkable place for certain things.”

「『戦争と平和』を手首で読もうとは思わないでしょう。しかしチラッと見るようなちょっとしたことには素晴らしい場所なのです。これは非常に重要なカテゴリの始まりです。これが重要なカテゴリーであり、手首こそ身につけるのにぴったりの場所であることが私にはよく分かります。」

“Obviously, you’re not going to read ‘War and Peace’ on your wrist. But for lightweight interactions, for casual glancing, it’s absolutely fabulous,” he said. “And I think this is the beginning of a very important category. With every bone in my body I know this is an important category, and this is the right place to wear it.”

     *     *     *

目覚まし機能

新製品なので、いったい Apple Watch に何ができるのかという「子供じみた好奇心」があると彼は言う。その例として彼は目覚まし機能について語った。

And because it’s a new product, he said there’s “a childlike awe and curiosity” about what the Apple Watch might do. As an example, he spoke about its alarm-clock function.

「昨日あるひとがいっていましたが、『昨日何をしたと思います? 朝目覚ましをかけました。そしたら軽く手首をとんとんとタップして起こしてくれました。妻も赤ん坊も起こさないで。』 素晴らしいじゃありませんか。」

“Just yesterday, somebody was saying, ‘Wow, do you know what I just did? I set the alarm in the morning, and it woke just me by tapping my wrist. It didn’t wake my wife or my baby,’” he recounted. “Isn’t that fantastic?”

     *     *     *

Jony Ive もあちこちで話すようになったが、それももっぱら「時計」に限られている。Apple Watch の全体像はなかなか見えてこない。

それに毎晩充電しなければならないとすると、うまくいくのだろうか・・・

Read Full Post »

486-Parallelo-Beretta-Marc-Newson_dezeen_sq01

[double-barrelled 486 Parallelo shotgun for Beretta | Dezeen

最近アップルに加わったデザイナー Marc Newson は幅広いデザインを手掛けている。

Apple Watch やビアサーバーのデザインだけでなく、なんとショットガンのデザインまでやっている。

イタリアのベレッタのためにデザインしたショットガンが来月発表されるらしい・・・

Apple’s Marc Newson designs a shotgun for Beretta | Dezeen

Read Full Post »

[Apple’s Jonathan Ive in Conversation with Vanity Fair’s Graydon Carter | YouTube

Vanity Fair の Jony Ive インタビューは公開の場におけるインタビューであることが異例だった。

Ive のデザイン哲学やアップルにおけるデザイン過程に触れている点でも大変興味深いものだ。

その一部は Steve Kovach の原稿起こし(transcript)をベースに当ブログでも紹介した。

Apple Watch のデザインについて語るジョニー・アイブ | maclalala2

アップルのデザインチーム:Jony Ive | maclalala2

iPhone 6 のデザイン:Jony Ive | maclalala2

ただパラフレーズされているため発言内容に分かりにくいところがあり隔靴掻痒の感を抱いていた。

この貴重なインタビューが公開されるのを心待ちしていたところ、このたびその全容が公開された。それが冒頭のビデオだ。

Jony Ive の実際の発言が拙訳とどう違うか確かめながら見ていただくと興味深いのではないかと思う。

会場からの質疑の部分も加わっていて、大変貴重なインタビューになっている。

     *     *     *

このインタビューについてメディアが最初に取り上げたのは Xiaomi の物まねデザインに関する部分だった。

Jony Ive の発言を各紙はそれぞれ次のように引用している。

     *     *     *

TechCrunch

Apple’s Jony Ive Is Not Flattered By Xiaomi | TechCrunch

When a member of the audience came up to ask a question about Xiaomi and their unofficial tagline of “the Apple of China,” Ive was very straightforward with his response: “I’ll stand a little bit harsh, I don’t see it as flattery. When you’re doing something for the first time, you don’t know it’s gonna work, you spend 7 or 8 years working on something, and then it’s copied. I think it is really straightforward. It is theft and it is lazy. I don’t think it is ok at all.”

Business Insider

Xiaomi To Jony Ive: Try Our Phones Before You Accuse Us Of Theft | Business Insider

Speaking at the Vanity Fair New Establishment summit, Ive was asked what he thought about Xiaomi. The Chinese smartphone maker has often been accused of copying Apple’s latest smartphones and selling cheaper versions of them in China. Ive had this to say about his imitators:

I don’t see it as flattery. I see it as theft. I have to be honest. The last think I think is ‘Oh, that is flattering … all those weekends I could’ve been home with my family’ … I think it’s theft and it’s lazy. I don’t think it’s OK at all.

NY タイムズ

Apple’s Jony Ive Has Harsh Words for Xiaomi | NYTimes.com

An audience member at a Vanity Fair conference on Thursday asked Mr. Ive how he felt about companies that appear to be copying Apple, like Xiaomi. Mr. Ive minced no words:

“I’ll stand a little bit harsh, I don’t see it as flattery,” he said. “When you’re doing something for the first time, you don’t know it’s going to work. You spend seven or eight years working on something, and then it’s copied. I have to be honest, the first thing I can think, all those weekends that I could have at home with my family but didn’t. I think it’s theft, and it’s lazy.

     *     *     *

「盗用であり、怠慢だと思う」と言い切る直前の部分がどうも分かりにくい。

今回のビデオを見てやっと納得がいった。[18:45 から]

インタビューはやはりホンモノを見るに如(し)くはない・・・

Read Full Post »

3b12793

アップルの iPad/iMac/Yosemite イベントで冒頭のスライドが印象に残ったのは筆者だけではなかったようだ。

ジョブズなきあともデザインのセンシビリティは健在だと Avinash Kaushik がいっている。

Yes, Apple Rocks Design. Rocks Communication Even More! | LinkedIn

     *     *     *

すばらしいスライド

それを示す兆候はたくさんある。最近の例では今日のアップルのキーノートで登場したこのスライドがそうだ。アップルの製品群を示したものだ。手を休めてよく見て欲しい。数秒でいいから考えてみて欲しい。

There are many signals that allow one to come to that conclusion. For me the latest one was the above slide from Apple’s keynote today. It represents that Apple family of products. Pause. Look at it. Think about it for a few seconds.

なんとも素晴らしいスライドじゃないか。

Isn’t it an amazing slide?

アップル製品を表現する方法はゴマンとある。しかしたったひとつだけ信じ難いほどすばらしいやり方があるとすれば、それが冒頭のものだ。

There are 50,000 ways to represent Apple products. But, there is perhaps only one incredible way to do it. It is above.

このシンプルそのもののスライドが私は好きだ。

I love the stark simplicity of the slide.

     *     *     *

John Gruber も同意見だ。「一枚の絵でアップルを語る」と。

Apple in One Image | Daring Fireball

一枚の絵でアップルを語る

昨日このスライドを見たとき自分もそう思った。はっきり覚えてはいないが、アップルはこのスライドを2度見せたように思う。視覚化のすばらしい例だ。

I thought the same thing yesterday when I saw this slide. If I recall correctly, they even showed it a second time. It’s a brilliant visualization.

しかし Kaushik の意見には反対のコメントも寄せられている。一読されたし。

The commenters on Kaushik’s piece, however, disagree. Worth a read.

     *     *     *

なお、このスライドからある製品が抜け落ちているのがとても興味深い・・・

Read Full Post »

« Newer Posts - Older Posts »