Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Design Museum’

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_0

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

Jony Ive にとってデザインとはモノを設計して作るという意味で「モノ作り」の哲学ともいえる。

その哲学の中心にあるのが「care」という考え方ではないかと思う。日本語にしにくいが「思いやり」とか「心づかい」いうことだろうか・・・

ロンドンの Design Museum におけるスピーチから「優れたデザインとは」の部分を取り上げる。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

カネを稼ぐことが目的ではない

「これまでずっとアップルの目的は決してカネを稼ぐことではないとハッキリいってきましたし、心底そう思っています。カネは私たちの目的ではないのです。カネを稼ぐことを原動力とする組織からはいいデザインは生まれないと私は思います。私たちの目標は必死になって可能なかぎり優れた製品を作ることです。私たちはナイーブではありません。もし優れた製品が作れればみんなが好きになってくれるだろう、そうすればみんなが買ってくれるだろうと信じています。確かに経営的にアップルはうまくいっていますし、自分たちのやっていることを心得ていますから、そうすればカネも稼げるだろうと分かっています。しかしそれはあくまで結果なのです。」

“We’ve tried very hard to be very clear, and this is absolutely sincere, that our goal at Apple isn’t to make money. That isn’t our goal. I think it’s much harder for good design to come out of an organisation and to come from that as a driving force. Our goal is to desperately try to make the best products we can. We’re not naive. We trust that if we’re successful and we make good products, that people will like them. And we trust that if people like them, they’ll buy them. Operationally we are effective and we know what we’re doing and so we will make money. It’s a consequence.

     *     *     *

経済合理性に欠けるかに見える意思決定

「とはいっても、言うは易しです。優れたデザインを生むのは実践です。それをやるべきであり、それを心から信じるべきなのです。経済的合理性に欠けるように見える意思決定も沢山あるかもしれません。だからこそいまお話した動機づけ[注]が大切になるのです。私たちの作ったものを見ると本来意図したものより高価になっているかもしれません。本来正しかるべきもの以上にかかった余分のコストを正当化することはできません。しかしよりよいものにはなっているのです。ちゃんとした整合性があるのです。その違いは分かって欲しいと思うでしょう。」
[注]「結局なぜそれを作るかという動機と意味付けに立ち戻るのです」を参照

“Those are very easy words to say. The practice is what I think makes good design. That’s what you really do and you really believe. There are many decisions that we make that might not appear to make fiscal sense, which is why the motivation that I’ve just described is so important. You can look at something we’ve done and it costs a lot more to make it the way that we want to make it. I can’t justify that extraordinary additional amount of money to make it other than it’s the right thing to do. It’s made it better. There’s integrity there. You hope that people can tell the difference.

     *     *     *

思いやり(care)

「ほんとに心から信じるのですが、ひとびとは思いやり(care)を感じることができると思います。同じように思いやりの欠如(carelessness)も感じることができるのです。これはお互いが相手に対して抱く敬意のことです。まったく思いやりに欠けたものを私に買わせるとしたら、それは私個人に対する侮辱だと受け取るでしょう。文化的文脈でもこれは侮辱的です。なぜなら同胞を軽視することになるからです。私たちが常に正しいといっているのではありません。少なくとも私たちは心から思いやろうと意図しているということなのです。私たちにとってよいデザインとは決意と動機づけからスタートします。思いやりの欠如からは決して優れたものは生まれないと思います。しかし悲しいことに私たちを取りまく物質世界は思いやりの欠けたことを示す工業製品で溢れています。ひとつだけいいことがあるとすれば、もし私たちが心から思いやろうすればはっきりとそれが目に見えるということです。」

“I really, truly believe that people can sense care. In the same way that they can sense carelessness. I think this is about respect that we have for each other. If you expect me to buy something where all I can sense is carelessness, actually I think that is personally offensive. It’s offensive culturally, because it shows a disregard for our fellow human. I’m not saying that we get it right all the time, but at least our intent is to really, really care. Good design for me starts with that determination and motivation and I don’t think there’s anything, ever, that’s good that’s come from carelessness. The sad thing is that so much of what we’re surrounded by in the physical world that is a product of manufacture, so much of it testifies to carelessness. The one good thing about that is if you do care it is really conspicuous.”

     *     *     *

デザイナーの責任

「毎日長時間使うことになる製品の場合、私たちと私たちがいちばん思いやるひとびとの間に生じる信じられないほどの親密さという点で、どんな材質を使うか、どのように作るかということに出来るかぎりの心づかいをする必要があるということだと思います。ですから、現実から目を背けるのではなく、デザイナーとしての責任をちゃんと認識することが大切だというのが私の考えです。」

“For those products that we are going to use for so many hours every day and are at that point of interface where there is incredible intimacy between us and other people that we care about the most, I think what it means is that we need to invest as much care as we can in how we develop them, as much care as possible in the materials we use, as much as in how we make them. So my interpretation is not that we run away and bury our heads in the sand, but we actually acknowledge that our responsibility as designers is important.

     *     *     *

自分の中には確とした考えがあるのに、それを口に出そうとするとハッキリいえずにもどかしい・・・Jony Ive の語りからはそんな感じさえ受ける。

「care」(思いやり、心づかい)についてもそんなもどかしさを感じているのではないか・・・

Jony Ive の伝記の書評が話題になっている。

どこに視点をおくかでまったく異なった評価になる。評価するひとの問題意識の違いにもよるのだろうが、本人以外の第三者が書く著作物が避けて通れないものなのかもしれない。

その意味で本人が語る言葉こそいちばん重みがあるのではないか。伝記にしろ、哲学にしろ、本人のことばに遡って検討する必要があるのではないか。

Ive の雄弁さに気づかされたのは、彼がスティーブ・ジョブズへの弔辞を読んだときだった。

これまでジョブズの陰に隠れていた彼だったが、思ったより雄弁という印象を受けた。しかも抑えの利いた英国ユーモアに富んでいる・・・

     *     *     *

そんな目で改めて Jony Ive を見ると、欠かせないインタビューが3つあると思う。

まずひとつ目は、Charlie Rose のインタビューだ。

のびのび語る Jony Ive:Charlie Rose の長時間インタビュー | maclalala2

インタビューの名手 Charlie Rose の番組に登場したのは Tim Cook より早かった。とくに盟友 Marc Newson と一緒のせいか実にのびのびと語るのが印象的だ。

2つ目は、公開の場における Vanity Fair のインタビューだ。

Vanity Fair の Jony Ive インタビュー | maclalala2

異例の公開の場にも関わらずここでも控え目だが雄弁に語る Ive がいる。とくに会場からの質問に答える場面が貴重だ。

3つ目が、ロンドンの Design Museum でのインタビューだ。

Ive のデザイン哲学、ひいてはアップルのデザイン哲学が凝縮されていて大変貴重だが、ごく一部の断片を除いてインタビュービデオそのものは未だ公開されていない。

その詳細は Dezeen がまとめているので、これまでも何度かその一部を取り上げてきた。

今回取り上げたのは「優れたデザインとは」に関する部分。

「ひとびとは思いやり(care)を感じることができると思います。同じように思いやりの欠如(carelessness)も感じることができるのです」という彼のことばは、「人間の有り様(よう)のひとつは、心づかいができるということです」という Charlie Rose のインタビューとも響き合うことに気づく。

Ive のことは彼自身に自分のことばで自由にしゃべらせるのが一番いいのではないかと思う・・・

広告

Read Full Post »

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

ロンドンの Design Museum でのスピーチでは Jony Ive が Mac に出会い、アップルで働くようになったきっかけについても語られている。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

自分に問題があると思っていた

On discovering computers:

「1980 年代、デザインスクール学生だったころは今考えてもゾッとします。こんなこともあったのです。テクノロジーを使うのに苦労すると、どういうわけか自分に問題があると考えてしまいます。食べ物がひどい味がしたら、ひどいのは食べ物だと思うのに・・・。それでコンピュータを使いこなすことのできなかった私は、自分が技術的に劣っているからだと考えました。ちょうど学期が終わるころ、私は Mac に出会いました。そしていくつかのことが分かったのです。まず自分は十分技術に長けていて、まったく悪いところはないのに、学校のコンピュータがひどい代物だったのだと。」

“When I was at art school in the 1980s, I had a truly horrendous time. There’s this odd thing that happens: when we’re working with technology, if we struggle, for some reason we assume the problem’s us. If we’re eating something and the food tastes horrible we think the food is disgusting… So these computers, which I couldn’t use, I just assumed it was some kind of technological ineptitude on my part. And right at the end of my course I discovered the Mac. And I realised a couple of things: one, technically actually I was quite proficient and there was nothing wrong with me whatsoever, and the computers the college had were absolutely dreadful.

     *     *     *

疑似体験を通じたコミュニケーション

「それだけでなくもっと大切なことを発見しました。自分の前に置かれたモノを通じて、それを作ったひとのことをはっきり感じることができたのです。彼らの持つ価値観、彼らを夢中にさせるもの、彼らが大切にしたもの、それを作った理由などを感じることができました。疑似体験を通じたコミュニケーション(vicarious communication)です。全然知らないこの会社を実にはっきりと感じることができました。これまでそんなことは一度もありませんでした。」

“But I discovered something much more important. Through the object that I was sat in front of, I had a very clear sense of the people that made it. I had a sense of their values, their preoccupations, the things they cared about, the reasons they made it. It was this sort of vicarious communication. I had a really clear sense of this company that I didn’t know anything about. And that had never happened to me before.

     *     *     *

作ったモノが作ったひとを表わす

「作ったモノが作ったひとを完璧に表わすのだということ理解したのはこれが初めてでした。そこで調べてみたところ、カリフォルニアのいささかアナーキーなコントラリアングループのことを知ったのです。幸いにも在学中に旅行奨学金を得ることができて、他のみんなはミラノに行きましたが、私はそこではなくカリフォルニアに行きました。当時私は21歳で、飛行機に乗ったことすらありませんでした。」

“This was the beginning of this realisation that what we make completely testifies to who we are. And so this made me want to research and find out about this somewhat anarchic contrarian group that had got together in California. I was lucky enough to have won a couple of travel bursaries while I was at college. Other people were going to Milan, but I rather than going there, I went to California. I was 21, and I had never been on a plane before.

     *     *     *

アップルからの誘い

「出掛けて多くのひとたちに会いました。帰国後ロンドンで独立の仕事をしていたところ、ひとを探していたアップルから接触があったのです。それでコンサルタントとして働き始めました。しばらくしてからカリフォルニアに来てフルタイムで働かないかといわれました。」

“I went and met people and when I went back I was working independently in London and Apple got in touch – they were looking for somebody to work with. So I started working as a consultant and after a while I was persuaded to move and work full time.

     *     *     *

価値観にガマンできない

「コンサルティングの仕事をしていたとき、ある考えにとりつかれました。一生懸命仕事をしていたのですが、『何故自分はクライアントのために仕事をするのだろうか? これはいちクライアントにすぎず、自分はこのクライアントが好きになれない。仕事がしにくいのではなく、どうしようもない彼らの価値観にガマンできないのだ』と。彼らに調子を合わせて、責任を — 名誉ある責任をです — 放棄しているように感じました。ところが一方、アップルは大好きになったのです。それが 1992 年に私に起きたことでした。」

“One thing that really struck me when I was consulting was I was working very, very hard, and just these odd things struck me. ‘Why am I doing this for a client? It’s a client, but I don’t actually like this client at all – not as in they are awkward to work with, but I just think their values stink.’ And I somehow felt I was aligning with them and I was abdicating a responsibility – an honourable responsibility, whereas Apple I really loved. So that’s how I ended up there in 1992.”

     *     *     *

素晴らしいデザインで Mac を大ヒットさせた Jony Ive も最初はコンピュータが苦手だった・・・

Read Full Post »

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

Xiaomi による物まねデザインについての質問に Jony Ive が厳しい発言をしたのは Vanity Fair の公開インタビューのときだった。一般論としてだが、彼の答えは非常に厳しいものだった。

ロンドンの Design Museum でのスピーチでも一般論としての物まねコピーについて再度発言している。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

アップルの製品開発の過程と物まねコピーについて

On the product development process and copying:

「デザインスタジオでの仕事を見ていると8割はうまくいきそうもないと思ったりします。中でも悲しいのは・・・私たちがいささか辛辣に見えるのは8年もかけてやってきたことが6か月でコピーされてしまうからかもしれません。必ずしもいつもうまくいくわけではないのです。」

“If you look at the work of the studio, and you think, 80 per cent of this isn’t going to work. One of the sad things is – and this is why perhaps we may seem a little testy when things we have been working on for eight years are copied in six months – but it wasn’t inevitable that it was going to work.

     *     *     *

コピーどころか盗みそのものだ

「例えば10のプロジェクトを進めているとしましょう。そのどれもがいい意味で文化に対して甚大な影響を与えると私たちが心底信じている場合です。それなのに少なくともそのうち4つはうまくいきそうにないと分かり始めるのです。どの場合でもある程度の障害はあります。その時点では失敗することになるのか、それともなんとか問題を解決できるのか、私たちには分からないのです。例えば電話の場合、うまく行きそうでなかったり、ほとんど辞めてしまいそうになったことが数えきれないほどありました。ですから概念実証[proof of concept:概念実証、新しいアイデアの実現可能性]までたどりついて、うまくいきそうだとなったとき、そんなとき誰かが・・・それはコピーなんてものじゃありません。それは盗みそのものです。彼らは私たちの時間を、家族と一緒に過ごせたかもしれない時間を盗むのです。私は非常に憤りを感じます。おかしな話ですが・・・誰かから尋ねられたことがあります。あなたのやっていることを誰かが真似したらお世辞をいわれたと思いますかと。どんでもありません。」

“Imagine that you’ve got ten projects that you’re working on and you actually really truly believe that each of those could have a profound impact on culture in a good way. And then you start to realise well, these four at least, they’re not going to work. Each time there is some sort of barrier, we don’t know whether we are going to fail at that point of whether we are going to be able to manage to solve the problem. For example the phone, there were so many times when it really didn’t look like that was going to work and we nearly stopped. So once you’ve got the proof of concept and hey look it works and then somebody… It’s not copying, it’s theft. They stole our time, time we could have had with our families. I actually feel quite strongly about it. It’s funny – I was talking to somebody and they said do you think when somebody copies what you do it’s flattering? No.

     *     *     *

理性を拒否する

「ジョージ・バーナード・ショーの有名なことばがあります。イノベーションとは非合理的なものだと。ほんとにすばらしいことばです。真に革新的で新しいことをするには理性を拒否しなければならないからです。問題は、そうしようすると、ちょっとおかしく見えてしまうということです。でもそれは真実です。何か新しいことをするということは理性を拒否することだと私はかたく信じます。」

“There’s that George Bernard Shaw quote about innovation and being unreasonable. It’s a really beautiful thing to say. Because to do something new and truly innovative, does require you reject reason. And the problem is when you do that, the behaviours, what that looks like, can make you look a bit odd. But it’s true. I really believe that to do something new you’re rejecting reason.”

     *     *     *

長い時間かけてたどりついた成果をいとも簡単にコピーされることに対する無念の思いがよく表れている。

Vanity Fair の公開インタビューでの発言と比べてみると興味深い。

Read Full Post »

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

英国では多くのデザインコースが閉鎖ないしは縮小に追い込まれているらしい。カネがかかり、ワークショップにスペースを要するというのがその理由で、その代わりに奨励されているのがコンピュータを使ったデザインだという。

そんなロンドンの Design Museum で、Jony Ive がデザイン教育の現状を憂う発言をしている。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

デザイン教育の悲劇的状況

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive

Jony Ive は昨夜ロンドンの Design Museum で、デザインスクールが学生に対し実際の製品を作ることを教えず、「安っぽい」コンピュータに頼り過ぎていることに警鐘を鳴らした。

Speaking at London’s Design Museum last night, Ive attacked design schools for failing to teach students how to make physical products and relying too heavily on “cheap” computers.

「デザイナーをインタビューしてみると、その大多数が実際にモノを作ることを知りません。デザインスクールのワークショップはカネがかかり過ぎるけれど、コンピュータなら安上がりだからです」と Ive はいう。

“So many of the designers that we interview don’t know how to make stuff, because workshops in design schools are expensive and computers are cheaper,” said Ive.

「これはとても悲劇的なことです。人生の4年間を学校で過ごし3次元物体のデザインを学ぶのに、ひとつも実際のモノを作ることはしないのです。」

“That’s just tragic, that you can spend four years of your life studying the design of three dimensional objects and not make one.”

アップルのデザイン担当上級副社長 Jony Ive は、学生がコンピュータソフトで「ひどいデザインをよく見せる」ようにレンダリングすることを教えられるという。

Ive, who is Apple’s senior vice president of design, said that students were being taught to use computer programs to make renderings that could “make a dreadful design look really palatable”.

「最終目的がグラフィックイメージを描くことならそれもいいでしょう。しかし実際に3次元のモノを作れといわれたら一体全体どうするのでしょうか?」

“It’s great if the ultimate result was to be a graphic image, that’s fine,” he said. “But how on earth can you do that if what you’re responsible to produce is a three dimensional object?”

学生たちに対するコンピュータ頼みの教育には行き過ぎがあるけれど、デジタルツールの使用を撤廃して欲しいといっているわけではないと、この英国生まれのデザイナーはいう。

Although he said that students were being taught to rely too heavily on computers, the British-born designer said that he didn’t expect designers to abandon digital tools.

「私たちはもっとも高性能のツールを使ってモデルを作り、プロトタイプを作ります。何もかも糸ノコを使ってプロトタイプを作れといっているのではありません。」

“We use the most sophisticated tools that we can to help us model and to help us prototype. I’m not saying you’ve got to prototype everything using a coping saw,” said Ive.

「結局なぜそれを作るかという動機と意味付けに立ち戻るのです。最初になすべきは直ちに取りかかることではなく、まずガラスとは何であるか、ガラスで何が出来るかを理解することなのです。なのに何故ガラスコップのレンダリングという実体ではないエイリアスから始めるのでしょうか?」

“It comes back to motivation and a sense of why are you doing this. Why is your first reaction not to run and go and understand glass and what you can do with glass? Why is your first reaction to start doing Alias renderings of glass cups?”

     *     *     *

様々なツールに溢れた Jony Ive のデザインスタジオを思い浮かべながら読んだ。

これはアップルデザインの根幹にかかわる問題だろう。

Design Museum でのスピーチには、Marc Newson を始め Terence Conran、Ron AradJohn Pawson など英国の錚々たるデザイナーたちが出席したようだ。

Ive にとってアップルのデザイン哲学を開陳する絶好の場となった。

その詳細を Dezeen がまとめているのが有難い。

Read Full Post »