Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Daniel Kottke’

[I did LSD with Steve Jobs | YouTube

スティーブ・ジョブズとドラッグの関係は、生前はあまり語られなかった。

ジョブズがドロップアウトした大学の寮で同室で、後にインドへの放浪も一緒にした Daniel Kottke が、ジョブズの LSD 体験について口を開いている。

I did LSD with Steve Jobs | CNNMoney

     *     *     *

ジョブズと一緒に LSD をやった

Daniel Kottke は最初のアップル社員のひとりだ。まだ有名になる前のスティーブ・ジョブズを友人として知っていた。リード・カレッジ(Reed College)時代はよく一緒に旅をしたものだ。

Kottke was one of Apple’s first employees, and before the world knew Steve Jobs as the creator of Apple, Kottke knew him as a friend he used to trip with at Reed College.

この経験についてはジョブズの生前はあまり語りたがらなかったが、今は進んで CNNMoney に語ってくれた。

He was uncomfortable discussing these experiences while Jobs was alive, but was willing to share them with CNNMoney now.

「私たちはよく幻覚剤をやったものです。まるで新しい世界が開けるのです」と Kottke は語った。

“We would take psychedelics and whole new vistas opened up,” Kottke said.

article-2473284-18EF650800000578-823_634x826

[アップルを立ち上げた頃のジョブズと Kottke:Daily Mail Online

     *     *     *

LSD についてはっきり触れたのは、ジョブズの訃報を書いた NY タイムズの John Markoff 記者だった。

Steve Jobs of Apple Dies at 56 | NYTimes.com

人生で最も重要なこと

オレゴン州ポートランドのリード・カレッジはリベラルな校風で知られていたが、1972 年に同校をドロップアウトした後、ジョブズ氏はカウンターカルチャーな暮らしをした。彼が記者に語ったことがある。LSD をやったことは彼の人生で最も重要な2つないし3つのうちのひとつだと。幻覚剤を試したことのないひとには(ジョブズ夫人も彼をよく知っているひとでも)彼について決して理解できないことがあると語った。

After dropping out of Reed College, a stronghold of liberal thought in Portland, Ore., in 1972, Mr. Jobs led a countercultural lifestyle himself. He told a reporter that taking LSD was one of the two or three most important things he had done in his life. He said there were things about him that people who had not tried psychedelics — even people who knew him well, including his wife — could never understand.

     *     *     *

ジョブズのそんな側面について、死後3年半近くたった今になってやっと関係者が口にするようになったのかも。

それにしてもサイケデリックとは懐かしいことばだ。

当時を風靡したサイケデリックアートも、元は幻覚剤の psychedelics からきたものだった。

ジョブズの伝記映画では彼の LSD 体験はどう扱われることになるのだろうか・・・

広告

Read Full Post »


[Robert Friedland:photo

カリスマといえば Jobs の同義語といってもいいほどだ。しかし彼は同時代の別のカリスマから学んだと John Brownlee[Cult of Mac]が書いている。

Cult of Mac: “This LSD Love Guru Gave Steve Jobs His ‘Reality Distortion Field’” by John Brownlee: 24 October 2011

     *     *     *

「現実歪曲空間」の源

Steve Jobs はその生涯で多くの指導者[mentor:メンター、精神的指導者、導師]についた。そのうちのひとりは特に注目される。それは Robert Friedland だ。カリスマ的で、フリーラブや LSD をやるいかれたヤツで、アップル果樹園にフリーラブのコミューンを持っていた。後に Steve はそのアップルを会社の名前にしたのだという。「現実歪曲空間」(Reality Distortion Field)について学んだのもそこだったという。

Steve Jobs was a man who adopted many mentors in his life, but one of his mentors deserves more than a passing look: Robert Friedland, a charismatic, free love wacko who dealt LSD and had his own free love commune on the same apple orchard that inspired Steve for the name of his company. It was also where Steve allegedly got his “reality distortion field” from.

     *     *     *

Steve Jobs が Robert Friedland に会ったのは Reed College のときだった。LSD 所有で有罪となり刑期を務めた Friedland は、Reed College に戻り、選挙に勝って学生自治会長になった。Jobs が Friedland に会った下りはショッキングなので省くが、それが知り合った初めだった。

     *     *     *

Friedland のコミューン

Friedland は風変わりな百万長者の叔父から継いだリンゴ果樹園に「All One Farm」というコミューンを作った。みんなはそこで LSD をやり、東洋のスピリチュアリズムについて語った。食事を作ったのは Hare Krishnas だった。

Friedland then formed a commune out on All One Farm, an apple orchard that was granted to him by an eccentric millionaire uncle. People did acid and talked a lot about Eastern spiritualism there, and the Hare Krishnas would cook them meals.

     *     *     *

アップルという名前

結局 Steve はコミューンでの生活は自分に合わないと考えた。台所で眠り、夜の間に食事を奪い合うのを見たからだ。しかしコミューンを去るときには、Steve は自分の会社をアップルという名前にするつもりになっていた。

Steve eventually decided communal living was not for him after sleeping in the kitchen and watching people steal each other’s food in the night. Upon leaving the commune, though, Steve Jobs had the inspiration to name his company Apple.

Jobs は結局は Friedland と仲たがいする。カルトのリーダーとしての振る舞いがイヤになったからだ。

Jobs eventually fell out with Friedland, disliking the cult leader’s demeanor.

     *     *     *

真実とは主観的なもの

それはさておき、アップル初期のエンジニア Daniel Kottke は、Jobs の性格の一部は Friedland の影響を受けているという。真実とは主観的なものだと考える「現実歪曲空間」(Reality Distortion Field)がそうだ。

That said, early Apple engineer Daniel Kottke said that some of Jobs’ personality traits were inspired by Friedland, including the reality-distortion field, where truths are much more subjective.

Friendland も「カリスマ的だった。いささか詐欺師的で、自分の強い意志に合わせて事態をねじ曲げることができた。機智に富み、自信があり、独裁者的なところがあった。Steve はそれに感じ入った。Robert と過ごしたことで彼もそうなった。」Kottke は Friendland が Steve に多くのことを教えたのだと考えている。オープンで、責任を引き受けるカリスマの役を演じることこそ、人々に影響を及ぼし、思うがままに操る方法であると・・・

Friendland was also “charismatic, a bit of a con man and could bend situations to his very strong will. He was mercurial, sure of himself, a little dictatorial. Steve admired that, and he became more like that after spending time with Robert.” Kottke thinks Friendland taught Steve a lot about how being the open, take-charge charismatic type is the way to influence people and get them to do what you want.

     *     *     *

なんとも妙な気分

後になって Friedland は鉱山業の大物で億万長者となった。環境問題に遭遇したとき彼は Jobs に電話して、当時のクリントン大統領に話をしてもらえないかと頼んだ

Later in life, Friedland became a billionaire mining magnate. Once, he was in trouble for environmental issues and called up Jobs to see if he could hold some sway with then president Bill Clinton.

Jobs は断った。Friedland との関係について彼はこう語った。「若いとき影響を受けた精神的指導者が、象徴的に、しかも現実にも、金採掘業者だったというのはなんとも妙な気分だ。」

Jobs refused. He said about his relationship with Friedland: “It was a strange thing to have one of the spiritual people in your young life turn out to be, symbolically and in reality, a gold miner.”

     *     *     *

Reed College をドロップアウトしてからインドへの放浪の旅に出た時代のことはあまり知られていない。

有名なスタンフォード大でのスピーチでも、Hare Krishnas 寺院で食事にありついたことが少し触れられただけだ。

Friedland の話も、コミューンの話も初めて聞いた。

Isaacson の CBS “60 Minutes” インタビューでは、Jobs 自身がその時代のことを次のように語っている。

     *     *     *

スピリチュアルな時代

Steve Jobs:我々が育った時代は不思議な時代だった。自分自身にとってもスピリチュアルな時代だった。確かに LSD をやることは自分の人生で重要なことのひとつだった。決して一番重要なことではなかったけれど。しかしそこまでだ[?]。

[Steve Jobs, audio: The time we grew up in was a magical time. And it was also a very, you know, spiritual time in my life. Definitely taking LSD was one of the most important things in my life and not the most important. But right up there.]

     *     *     *

Isaacson の公認伝記本ではそのあたりはどう書かれているのだろうか。[追記参照]

公認伝記でも、なお語り尽くせないことは多いということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     *     *     *

追記:公認伝記本ネタ(10月27日)

ショック! この話はぜんぶ公認伝記本ネタだった。

Isaacson の本の方がもっと詳しい。

読者の Chris が元記事でそうコメントしているのに気づかなかった。

このライターと、この記事を載せたサイトのことは記憶に止めておこう。

Read Full Post »