Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Dan Frommer’

tim-cook-in-court

アップルのサプライヤーになるのがどんな感じか — Dan Frommer のまとめが興味深い。

The court document that shows how Tim Cook does business | Quartz

     *     *     *

アップルのサプライヤー契約

Tim Cook とビジネスをするのはどんな感じだろうか? アップルが実際に結ぶ契約条件が目に触れることはめったにない。しかしアップルのサファイア製造を請け負っていた GT Advanced Technologies[GTAT]が破産したおかげでそれがたっぷり見れることになった。

What’s it like doing business with Tim Cook? It’s rare the public gets to see terms of an actual contract with Apple. But thanks to the bankruptcy case for GT Advanced Technologies—which was working on a sapphire production business with Apple that didn’t work out—here’s a good look.

     *     *     *

一方的な契約条件

アップルにとって一方的に有利な契約条件のいくつかを Philip Elmer-DeWitt[Fortune]が列挙している。パートナーシップがどんな仕掛けになっているか、競争制限条項、何よりもアップルの同意獲得が優先することなど。(破産裁判所への提訴書類の PDF はこちら。)

Fortune’s Philip Elmer-DeWitt runs through some of the supposed one-sided terms of Apple’s deal with GTAT, including how the partnership was structured, a non-compete clause, and the various things that required getting consent from Apple first. (The filing is available here as a PDF.)

特に次の条項がアップルに選ばれたサプライヤーに課せられる厳しさをつぶさに物語っている。

But this section of testimony speaks to the level of detail—and weight—of what it’s like when Apple wants to rely on you.

     *     *     *

破産裁判所へ提出された GTAT の証言

Apple Sapphire court filing

GTAT はアップルが決めた日に行なった発注を受け入れ、かつ実行しなければならない。もし如何なるものであれ遅滞が生じた場合は、GTAT は(自らの負担で)緊急配送の措置を講じるか、あるいは(自らの負担で)代替品を購入しなければならない。もし GTAT の納入が遅れた場合は、約定損害賠償金としてサファイアの1ブール当たり 32 万ドル(サファイア材質の1ミリメーター当たり 77 ドル)を支払わなければならない。この数字は1ブールが2万ドル未満であることを前提に算出されたものである。また一方アップルは GTAT に補填することなく、いつの時点においても発注の全体ないしはその一部をキャンセルでき、また如何なる期日に納入すべきか予定を変更できる権利を有する。

GTAT must accept and fulfill any purchase order placed by Apple on the date selected by Apple. If there is any delay, GTAT must either use expedited shipping (at its own cost) or purchase substitute goods (at its own cost). If GTAT’s delivery is late, GTAT must pay $320,000 per boule of sapphire (and $77 per millimeter of sapphire material) as liquidated damages to Apple. To put this figure in perspective, a boule has a cost of less than $20,000. Apple, however, has the right, without compensating GTAT, to cancel a purchase order in whole or in part at any time and reschedule a delivery date at any time.

     *     *     *

50億円の罰金

ああ、それにもうひとつ。もし守秘義務契約で守られた内容を漏らすと、5千万ドル(約50億円)の罰金があることをお忘れなく!

Oh, and if any of these NDA-sealed details leak, there’s a $50 million confidentiality penalty!

     *     *     *

GT Advanced の破産裁判関係書類が公開されたことから、はしなくもアップルとサプライヤーの関係の一端が明るみに出た。

それにしても一方的ともいえるほど強力なアップルの立場には目を見張るものある。これが Tim Cook の築いたサプライチェーンの実態なのだろう。

自社の技術がアップルに採用されたと手放しでよろこんでばかりはいられない・・・

Read Full Post »

one-sim

[One SIM. Many options.:Apple

Dan Frommer がまたひとつ興味深い指摘をしている。

This new “Apple SIM” could legitimately disrupt the wireless industry | Quartz

     *     *     *

アップルの SIM カード

新しい iPad Air 2 の最も興味深い点はアップルサイトの目立たないところに埋もれているのかもしれない。すなわち iPad Air 2 は、特定の携帯電話会社の SIM カードの代わりにアップルの新しい「Apple SIM」をあらかじめ組み込んだ状態で発売されるという点だ。[最初にこの点を指摘したのは Julien Theys だ。]

Perhaps the most interesting news about Apple’s new iPad Air 2 tablet is buried at the bottom of one of its marketing pages: It will come pre-installed with a new “Apple SIM” card instead of one from a specific mobile operator. (Credit to Julien Theys for noticing this.)

アップルの説明は次のとおり。

Apple explains:

米国および英国で iPad のキャリアを選択する際、Apple SIM によって様々なキャリアの短期契約を選べる自由度が増えます。長期契約を結ばなくても、必要に応じていちばん自分の要求に合ったプランを選べるのです。また海外旅行の際は、滞在期間に併せて地元のキャリアからデータプランを選ぶことも可能になります。

The Apple SIM gives you the flexibility to choose from a variety of short-term plans from select carriers in the U.S. and UK right on your iPad. So whenever you need it, you can choose the plan that works best for you—with no long-term commitments. And when you travel, you may also be able to choose a data plan from a local carrier for the duration of your trip.

     *     *     *

対応電話会社の数は今後増える

アップルが提携電話会社としてリストアップしているのは、米国4キャリアのうち AT&T、Sprint、T-Mobile の3社、および英国では EE[T-Mobile と Orange の合弁会社]だ。提携電話会社の数はこんご変化するとアップルはいう。

So far, Apple lists three of the top four US operators—AT&T, Sprint, and T-Mobile—as partners. In the UK, there’s EE, a joint venture between T-Mobile and Orange. Apple says participating carriers may change.

     *     *     *

もし同じことが iPhone で起きたら・・・

人類にとっての小さな一歩だ。まだ云々するには早すぎるが、もしアップルが同じことを iPhone ですれば、携帯電話産業に与える破壊的影響は計り知れない。米国を含む多くのマーケットにおいて携帯電話は携帯電話会社によって販売され、複数年契約によって特定のネットワークにロックされているからだ。

It’s early, but it’s easy to see how this concept could significantly disrupt the mobile industry if Apple brings it to the iPhone. In many markets—especially the US—most mobile phones are distributed by operators and locked to those networks under multi-year contracts…

     *     *     *

アップルとキャリアの関係が変わる

ユーザーフレンドリーでもっと抗し難いシナリオは、ユーザーの電話番号やメッセージ・ボイスメールといった重要なサービスが Apple SIM に固定され、携帯電話会社はユーザーを獲得するため激しく市場競争するということになったらどうかというものだ。ある意味これがアップルがまさに iPad で提供しようとしていることなのだ。

A more compelling, user-friendly scenario might see your phone number and crucial services—messaging, voicemail, etc.—tied to your Apple SIM, and a vibrant marketplace where carriers compete for your business. This is already sort of what Apple is about to offer for the iPad.

     *     *     *

こんな未来

想像してみて欲しい。最初に iPhone を起動したとき、異なる携帯電話会社の競合する4つのオファーが(短期契約付きあるいは契約なしの形で)表示されるのを。あるいはもっと進めて、請求書はバーチャル電話会社としてのアップルが出し、しかもアップルは常に最も安い接続料をチェックするとしたら・・・。しばしば海外旅行をする者にとっては実にありがたい話だ。

Imagine booting up your iPhone for the first time and seeing four competing offers for your business from different operators—with short or no contract duration. Or an even deeper integration where Apple bills you as a virtual operator and constantly shops for the cheapest connection—perfect for those who travel overseas frequently.

     *     *     *

アップルなら

これは5年前に初めて Nexus を売り出したときにグーグルが実際やったかもしれないシナリオだ。グーグルは携帯電話産業に破壊的影響を与えるようなそんなことはしなかった。しかしアップルならやるかもしれないのだ。

These are actually some of the same scenarios I imagined Google might have tried five years ago when it first launched its Nexus phones. But Google has actually done very little to disrupt the mobile industry. Apple just might.

     *     *     *

まだ米国や英国での話なので、日本のアップルサイトでは Apple SIM についての記述はスッポリ抜けている・・・

Read Full Post »

Update》iPad のゾンビが増えたので

phil-schiller-ipad-lineup

[あなたにピッタリの iPad は?:Quartz

アップルの iPad/iMac/Yosemite イベントを見た Dan Frommer の感想がオモシロい・・・

Apple has lost the plot on simplicity | Quartz

     *     *     *

シンプルさ

アップルに復帰したスティーブ・ジョブズが広がり過ぎた製品群に大鉈をふるったのは有名だ。以来アップル製品はシンプルに保たれてきた。機能であれ価格であれ、アップルの製品が重複するのは稀なことだった。

When Steve Jobs returned to Apple, he famously pared down the company’s sprawling product line. Since then, Apple has done a pretty good job keeping things simple. It’s rare for two Apple products to overlap much, whether in utility or price.

     *     *     *

あなたにピッタリの iPad は?

しかし今回アップルが発表した iPad のラインアップはどうか — 何たる変化だ! 今やモデル数は5つ、それぞれ2つないし3つのカラーバリエーションがある。うち2つは、ネットワーク機能とストレージの組み合わせが6つもある。プロセッサやカメラ、センサーなどのちょっとした違いは除いての話だ。「完全な比較チャート」に至っては目まいがするほどだ。

But take a look at Apple’s current iPad lineup, which it unveiled today. What a change! It now offers five different iPad models, in two or three colors each, with two to six different configurations of networking features and storage space. Not to mention their subtle differences in processor, camera, and sensors. The “full comparison chart” is dizzying.

     *     *     *

複雑になりすぎた

しかし必要以上に複雑化したのではないか。

But it seems more complex than it needs to be.

     *     *     *

宝飾品でもある Apple Watch とは違う

もちろんアップルが来年 Apple Watch の発売を開始すればもっと複雑な組み合わせになるだろう。2つのサイズ、贅沢品のレベルは3つ、バンドの組み合わせは無数というように。宝飾品ならパーソナルにカスタマイズするのも意味があるかもしれない。しかしタブレットの場合は果たしてそうか・・・

Of course, you can expect an even more elaborate array of options when Apple starts selling its Watch next year—two sizes, three levels of luxury, and endless bands. But personalized customization makes sense for a piece of jewelry. For a tablet, perhaps less so.

     *     *     *

数撃ちゃ当たる・・・

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》iPad のゾンビが増えたので(10月17日)

アップルが古い iPad を売り続けているので開発者が苦慮しているという Allen Pike の指摘が興味深い。「iPad のゾンビ」が増えたので、と。

The iPad zombie | Allen Pike

     *     *     *

未だに売られるオリジナル iPad mini

アップルは未だにオリジナル iPad mini を販売している。今日の発表でも販売を継続するだけでなく、価格を 249 ドルに引き下げて最安値の iPad にするという。現状のママの iPad ラインアップを来年秋まで残すというこれまでのやり方を踏襲するなら、iPad 2 の内部部品の寿命は 4.5年ということになる。

Apple still sells the original iPad mini. Today, they announced that not only would they continue to sell it, but cut the price to $249, making it the cheapest iPad ever. If they follow their usual pattern of leaving the iPad line as-is until next fall, the iPad 2’s internals will live on for 4.5 years.

     *     *     *

古いデバイスのサポート

2011 年に iPad 2[512MB の RAM、Retina ディスプレイではない]が登場したとき A5 CPU は素晴らしいものだった。しかし今ではこれらのスペックはモバイルデバイスの可能性を限界まで広げようとするアプリの開発者にとってストレスの溜まるものだ。更に悪いことにユーザーは iPhone ほど iPad を買い換えない。だから長期間にわたって古い iPad が使い続けられることになる。A5 のサポートを続ける一方で iPhone 6S[Thanks: ダニ]の A9 CPU に対応しようとするのはなかなか厳しい。

In 2011, the iPad 2’s 512MB of RAM, non-Retina display, and A5 CPU were impressive. Today, these specifications are frustating for app developers trying to push the boundaries of what mobile devices can do. Worse, customers replace their iPads more slowly than they do their phones, so these old iPads will be in regular use for a very long time. Maintaining support for the A5 while simultaneously trying to take advantage of the iPhone 6S’ A9 CPU is going to hurt.

     *     *     *

開発者にできること

これら古いデバイスのサポートを辞めたいと思う開発者が唯一できることは、古いデバイスが動かなくなる iOS のバージョンが出ることをひたすら乞い願うことだけだ。しかし残念ながらアップルは iOS 9 になっても A5 のサポートを継続するだろう。そうなれば我々開発者が古い iPad mini や iPod touch のサポートを打ち切る手だてはないことになる。iOS 10 が広く普及するまで、多分 2017 年初頭までは・・・

The only thing we can do as developers to disavow support for these devices is require a version of iOS that won’t run on them. Unfortunately, Apple will surely continue support for the A5 in iOS 9. If they do so, we won’t have a mechanism to cut off support for these old iPads mini and iPods touch until iOS 10 has reached wide adoption, likely in early 2017.

2017 年までずっとだ。

2017.

     *     *     *

古いデバイスの販売継続をどう見るか、デバイスの数が増えてシンプルでなくなったと考えるかどうかは、どの立場でモノを見るかにもよるかもしれない・・・

Read Full Post »

tumblr_nc6y6hFu511qgcqzko1_500

[どこまでも大きくなる:konception

iPhone 6 Plus について2つの感想が目を引いた。

iPhone 6/6 Plus を電話と考えて適正なサイズかどうか判断するのではなく、持ち運びのできるポケットコンピュータと認識してみてはどうかというもの。

元 Macworld の Dan Frakes はつぎのようにいう。

Why I bought the iPhone 6 Plus | Six Colors

これまで自分は iPhone が電話であるという視点にとらわれ過ぎてきたが、現実の自分は様々なアプリを使ってコンピュータとして使っている。

コンピュータとして考えれば、Plus は最小で最強のコンピュータだ。iPad やラップトップといった他のデバイスを追加的に持ち運ばなくてもよくなる。だから自分は Plus を買ったのだと。

     *     *     *

もうひとりの Dan Frommer も同様な視点だ。

The iPhone 6 Plus is the pocket computer I’ve been waiting for | Quartz

iPhone 6 Plus はたしかに大きいが、しかしそれは正当な進化を遂げたものだ。「これまでで最も優れたアップル製品であり、これこそ長年自分が求めてきたポケットコンピュータだ」という。

同時に他のデバイスを持ち運ぶ必要からも開放されると。

にもかかわらず、アプリの多くがまだ Plus に最適化していない点を指摘する。

(ユニクロのジーンズを例にとってアパレルが大型化するスマートフォンを念頭においていないという指摘もおもしろい。)

     *     *     *

たしかに電話やタブレットという既存のカテゴリーの延長上で Plus を論じるのは不十分かもしれない。

ポケットコンピュータという真の姿を隠すためにオリジナル iPhone は電話として登場した。本来のポケットコンピュータが姿を現してきたのが Plus だと考えればたしかにオモシロい。

Tim Cook たちがあんなに張り切っているのもそんなワケだとしたら・・・

Read Full Post »

Update 2:iPad mini についてとことん語る》
Update:なぜ最初7インチでなかったのか》

[iPad mini:image

iPad mini 発売直後に Dan Frommer が書いた印象記が今読み返してみても興味深い。

SplatF: “24 Hours With The iPad Mini: This Is The Real iPad” by Dan Frommer: 05 November 2012

     *     *     *

これぞ本格的な iPad

週末にたっぷり iPad mini を使ってみて、これこそ本格的な(real)iPad だということが分かった。スクリーンの鮮明さはイマイチだが、それ以外はすべて「クラシック」iPad より優れている。大方のひとにとってスクリーンの鮮明さは大きな妨げにはならないだろう。

My take after spending a bunch of the weekend with the iPad mini: This is the real iPad. With the exception of screen sharpness, everything about it is better than the bigger, “classic” iPad — and screen sharpness won’t be a deal breaker for the vast majority of people.

     *     *     *

ベストセラーになる

ビッグサイズの古い iPad は今後も売れ続けるだろうと思う。時によってはその方が優れており、いずれはより軽く、より薄いものが出てくるだろうから。(将来いつの日か真の意味で大型の iPad をアップルがテストしてくれるといいと思う。それは楽しみだ。)しかし、誰もが iPad mini を買うようになったら、アップルにとって供給問題が起きて、人為的に販売を抑えるだろう。iPad mini はアップルタブレットのベストセラーになるだろうと思う。(それは iPhone に継いで2番目によく売れる製品になるだろう。)

I expect Apple to continue to sell the big, old iPad indefinitely: In some situations, it is superior, and it’s likely to get lighter and thinner sooner than later. (I’d even love to see Apple experiment with a really big iPad someday. That might be fun.) But once most people can buy an iPad mini — Apple will likely have supply issues well into next year, artificially limiting sales — I expect the iPad mini to become Apple’s best-selling tablet. (And its second-best selling device, period, after the iPhone.)

     *     *     *

・その軽さこそ iPad mini の優れた点だ。使っていてもほとんど重さが気にならない。これは大きな違いだ。フルサイズの iPad は大スクリーンの贅沢品だ。しかしその重量と細密度はいささか使用上問題となるかもしれない。自分はほとんど毎晩のようにモノを読むのに iPad を使いながら眠りにつくが、ちゃんと持ち続けるにはかなりの努力が要る。(ウトウトしたときうっかり iPad 3 を落として顔や鼻にぶっつけると、そんな経験は2度としたくないと思う。)iPad mini ならちゃんと持ち続けられるだろう。だから他の場所でもいろいろ使う機会が増えるだろう。それこそが iPad の存在意義だ。

The best thing about the iPad mini is its weight — it’s almost effortless to use, and that’s a big difference. The full-size iPad is more luxurious with its bigger screen, but its weight and density always made it a little tricky to use. I read on my iPad most nights to fall asleep, and even just holding it steady and upright requires actual effort. (The cracking blow of an iPad 3 falling onto my face and nose, after I’d drifted to sleep, is one I’d never like to experience again.) I feel more confident holding the iPad mini, which means I’m more likely to use it in more places — the whole point of an iPad.

     *     *     *

・Retina iPad を半年も使ったあとだと非 Retina ディスプレイにはがっかりする。しかし十分そのトレードオフに値する。1年ないし2年後に Retina iPad mini が出たら、きっと買い換えるだろう。iPad は自分にとって主に読書用に使うが、Retina ディスプレイに勝る体験はない。(丁寧に印刷された本みたいだといっていいかもしれない。)しかし腕を伸ばした距離で見れば、iPad mini のスクリーンでも十分で、ガマンできないほどではない。小さい文字を読むのは困難だが、ズームして拡大するのはカンタンだ。再度言うが、劇的に持ち運びが容易になったことは十分に値する。

The non-retina display is a bummer after spending half a year with a retina iPad. But it’s worth the tradeoff. I’ll definitely be replacing this with a retina iPad mini when they’re available, probably in a year or two. This is primarily a reading device for me, and there’s nothing like reading on a retina display. (Ok, a well-printed book, I guess.) But an arm’s length away, the iPad mini screen is good enough not to drive me crazy. Small text is hard to read, but zooming around is easy enough. Again, the dramatic increase in portability is worth it.

     *     *     *

・コイツにまったくキズがつかないようにするのは諦めた。コイツは私にとって「ガンガン使う道具」(“beater” iPad)だ。それは保護ケースなしで使うって意味だよ。地下鉄で使い、そのまま保護ケースなしにポケットに入れ、誰かに強くぶっつけられてもそれで構わない。バックパックに入れるときは布製ケース(あるいはスマートカバー)を使うかもしれない。しかし始終持ち運び、しょっちゅう使う iPad だということは多少のキズがついてもも構わないということだ。買い換えが必要になっても、ガマンできないほど高くつくワケではなくなった。(一番安い 16 GB/Wi-Fi のベースモデルを選んだのもそういうワケだ。)

I’m giving up now on keeping this thing remotely scratch-free and perfect. This is officially my “beater” iPad. That means I’m going case-free, baby. I’m going to use it on the subway, I’m going to carry it unguarded in my pocket, and if I have to whack someone with it, so be it. I’ll probably keep it in a sleeve (or use the smart cover I bought) when I throw it into a backpack. But the plan is to make this thing my workhorse carry-around iPad, and if that means getting a little scuffed up, that’s okay. The replacement price, if necessary, isn’t too much to swallow anymore. (That’s one of the reasons I went with the cheapest, 16 GB/wi-fi base model.)

     *     *     *

・iPad バージョンの Instagram を今ほど欲しいと思ったことはない。Twitter、iBooks、Instapaper などのまっさらな iPad アプリをとりあえず入れて使い始めたが、どれもすばらしい。しかし、Retina に対応していない iPhone 版の Instagram は実にヒドい。なんとかならないものか。

I have never wanted an Instagram iPad app more badly than I do now. Pretty much every other iPad app looks great, and I’ve started fresh with a skeleton crew of apps — Twitter, iBooks, Instapaper, a few others, and that’s it so far. But the iPhone (non-retina) version of Instagram looks horrible on this thing. Let’s do this.

     *     *     *

・数週間あるいは数か月使ってもなかなか答えが得られないと思われる大きな問題 — それは自分のガジェット生活のどこに iPad mini が収まるかという問題だ。もしもどちらも使うとしたら、iPad mini ではなく iPhone を使うのはどんな時か? Retina iPad はいつ使うだろうか?(Retina スクリーンでの HD ビデオ視聴に勝るものはない。Planet も Earth も。)どちらの iPad も持ち運ぶことになるだろうか?(一方は LTE、もう一方はテザリングで使えるもの。)2年経つのにまだ信じられないほど早い MacBook Air はどうか? 1週間の出張はどうか、週末のお出かけ、通常の出勤時 — それぞれに相応しい組み合わせを考えるとしたら、多分どれも違ってくるだろう。iPad mini は電話により近いだろうか? ビッグ iPad はラップトップにより近いだろうか? みんなはどちらを買うだろうか? 答えが出るにはしばらく時間がかかりそうだ。

The big question, which I won’t know the answer to for a few weeks or months, is how the iPad mini will fit into my gadget routine. Where will I use my iPhone instead of my iPad mini if I have both? Where will I bring my retina iPad? (There’s still nothing like watching HD video on a retina screen. Planet. Earth.) Will I ever bring both iPads? (One has LTE, the other needs to tether.) What about my 2-year-old-but-still-unbelievably-quick MacBook Air? If I were to design my ideal technology kits for a week-long business trip, a Saturday around town, or a normal day of work, they’d all probably be different. Is the iPad mini too much like a phone? Is the big iPad too much like a laptop? Which do people want to buy more? That’s what we’ll eventually find out.

     *     *     *

かつて自分が望んだもの

それはともかく、iPad mini を24時間使ってみて、かつて 2008 年に私がガジェットに望んだもの(当時私が「iPod touch HD」と呼んだもの)にもっとも近いことに気がついた。

Anyway, the iPad mini, after a day’s use, is the closest thing I’ve found to the gadget I started wishing for in late 2008, which I’d called the “iPod touch HD.”

何のことか? それはタブレットコンピュータのことだ。7インチないし8インチのマルチタッチスクリーンを備え、iPod touch のスクリーンの約4倍の大きさで、アップル OS X を内蔵する。iTunes の音楽や映画に Wi-Fi でアクセスでき、3G サービス(あるいは Wi-Fi/Bluetooth でテザリングしてインターネットにアクセス)のオプションがあり、App Store へもアクセスできる、そんなタブレットコンピュータだ。

What is it? A tablet computer with a 7- or 8-inch multi-touch screen — about four times the iPod touch screen area — with Apple’s OS X built in. This includes wi-fi access to iTunes for music and movies, optional 3G service (or wi-fi/Bluetooth tethering to an iPhone for Internet access), and access to the App Store. […]

それを何に使うのか? iPhone でできるすべてのことに — ただし電話をかけることは除いて。コンピュータでできるすべてのことに — ただしいつどこにいても。そのほか、音楽を聞いたり、ビデオを見たり、ウェブサーフィンや、電子書籍・Instapaper の文章を読んだり、ゲームをしたり、ブログの原稿を書いたり、などなど。Photoshop や本格的なファイルシステムを必要とするものには使わない。それでも構わない。何故なら職場や家庭にコンピュータがあるのはそのためだから・・・

What will we use it for? Everything we use the iPhone for, except phone calls. And many things we use our computer for, except everywhere. This includes: Listening to music, watching videos, surfing the Web, reading e-books and Instapaper articles, playing games, writing blog posts, etc. We won’t use it for Photoshop or anything we need a real file system for. But that’s okay — that’s why we have a computer at work and at home.

     *     *     *

かつて考えたものの半額

もっとも顕著な違いは、当時そんなものを買おうとすれば、「MacBook と iPhone の中間の価格 — 本本来そうあるべき価格 — すなわち 600 ドル、メモリーを増やしたりすれば 700 ドル」で買えればラッキーだろうと考えていたことだ。iPad mini のエントリー価格は 329 ドルだ。私が想像した価格の半分だ。(そこそこのライバル機種ならもっと安い。)これってスゴいことだ。

Perhaps the most impressive part: Back then, I thought it’d be lucky to be able to buy one of these things for “for $600, or $700 with more memory. Halfway between the MacBook and the iPhone, right where it belongs.” The iPad mini starts at $329 — half the price I’d imagined. (And its so-so competitors are even cheaper.) That’s pretty nuts.

     *     *     *

実際使ってみたら、iPad mini の方が「本格的(本来そうあるべき)」iPad に思えたというところがオモシロい。

iPad mini が「本来そうあるべき iPad」に思え、これまでの iPad が「ビッグ iPad」に見えたという視点の変化が興味深い。

実は筆者もウェブ端末としての iPad については長い間7インチサイズを待ち望んでいた。ペーパーバックのサイズ(洋書)が理想的に思えたからだ。

当初から2種類のモデルがあるというウワサに期待をつないだり、10インチが間違いなさそうだとなった段階でもまだ7インチに未練があった。

価格も 1000 ドル以下でどこまで下げられるかという点が関心の的だったが、家電普及の分岐点である 600 ドルを希望しつつも、ムリだろうなという感じを強く抱いたものだった。

10インチ、499 ドルという第1世代モデルの登場で、期待と失望が半々で交錯した。

そう考えれば、iPad mini によって全ての願望が実現したことになるのだが・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》なぜ最初7インチでなかったのか(11月13日)

Dan Frommer の記事に対して John Gruber が興味深いコメントをしている。

Daring Fireball: “The Real iPad” by John Gruber: 05 November 2012

     *     *     *

技術的な問題

複数の読者から質問を受けた。どうやら iPad mini の方が優れたフォームファクターらしいというのなら、なぜアップルはオリジナル iPad でそのサイズを採用しなかったのだろうか、と。私の考えるところ、いくつかの要因があると思う。第1に、そうしたくても技術的にできなかったのだと思う。2010 年に発表されたオリジナル iPad は iPad 2 と比べてもかなり厚かった。当時薄くできなかったということは、小さくすることも — 同じ価格帯では — 出来なかったのだと思う。

I’ve been asked by several readers why, if this is a seemingly better form factor, Apple didn’t go with this size for the original iPad. I think there are several factors. First, I don’t think they could have, technically. The original iPad in 2010 was pretty thick compared even to the iPad 2. If they couldn’t make it thinner then, I don’t think they could have made it smaller either — not at the same price points.

     *     *     *

新しいコンセプトのマシン

第2に、薄さや重さを別にしても、新しいコンセプトとして消費者に iPad を所有したいという気を起こさせるには 9.7 インチの方が優れていたのではないかと思う。発表当時、オリジナル iPad に対する最大の不満は「なんだ、大きな iPhone か」というものだった。より小さい 7.9 インチディスプレイを採用していたら、不満は一層大きくなっただろう。また、物理的サイズを大きくすることは、デベロッパに対し iPhone に最適化していたアプリの iPad バージョンを作らねばという気持ちに一層させたのではないだろうか。

Second, thinness and weight aside, I think the 9.7-inch size was better to start with conceptually, to establish the iPad in consumers’ minds as something they might want to own. The biggest complaint about the original iPad upon its unveiling was that it was nothing more than a “big iPhone”. That would have been an even bigger complaint if they’d launched with the smaller 7.9-inch display instead. The bigger difference in physical size made it even more likely that developers would do the work to create iPad-optimized versions of their iPhone apps, too.

     *     *     *

繰り返される iPod の物語

さらにまた一週間使ってみて、前の週よりなお、大方のひとにとっては iPad mini のサイズの方がベストであるという一層の確信を得た。10年前の iPod の物語がまた繰り返されることになるのだ。

Another week in, though, and I’m more convinced than even a week ago that the iPad Mini is the best size for most people. It’s last decade’s iPod story all over again.

     *     *     *

小型化、軽量化は確かに技術進化の賜物だろう。

それがまた高密度ディスプレイへの渇望を増すことになる・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update 2》iPad mini についてとことん語る(11月14日)

Dan Frommer と John Gruber の2人がポッドキャスト「The Talk Show」で iPad mini について思い切り語っているのが楽しい。

More Useful and Less Horrible – The Talk Show | Mule Radio Syndicate

     *     *     *

取り上げられた話題は次のように多岐にわたっている。

・iPad mini の良さは触ってみれば自ずと分かる

Once you feel it, you know it.

・消費か創造という問題が改めて問われる 

what-you-gona-do-with-iPad
consumption vs. creation

・iPad mini のステレオスピーカーは意味があるか

・3GS のディスプレイを Retina 化するときは iPhone/iPod touch と同じようになるだろうか

・iPad 4 は iPad mini とは異なり(年末商戦を控え)既存のエコシステムを壊さない配慮から、完全な薄型化や小型化は避けた

・果たして iPad mini に Smart Cover は必要か

・アップルはそうしなかったが、iPad mini のアイコンやフォントを大きくすることを考えてもよかったのではないか

・トップ変更で iOS は変化するか、skeuomorphic デザインは変わるか

・バックアップの容易なマックと比べて、iOS デバイスの sync には工夫がいるのではないか。たとえば家族各自の iOS デバイスを sync する場合

     *     *     *

とくに興味深かったのが次の点:

・iPad 2 の売れ行きがすごいらしい — Horace Dediu の分析を要チェック[43 分ごろ]

・1年もすれば $329 Retina iPad mini も出るだろうし、非 Retina モデルは 300 ドル以下に下がるだろう[44 分ごろ]

     *     *     *

ほかにも、

・iPad、スマートフォン、Kindle ならそれぞれ専門の retail channel があり、Nook ですら全国展開の書籍チェーン Barnes & Noble で販売している。アンドロイド製品はいったい何処で買えばいいのだろうか。brick and mortar retail store はどうなる?

・ブルックリンに住んでいる Dan Frommer がハリケーン Sandy からどう生き延びたか

など。

     *     *     *

iPad mini に関する問題点はほぼ網羅されているのではないかと思われるので、興味のある方はぜひお聞きください。

Read Full Post »

[最新の業績を一覧する:chart

Dan Frommer がアップルの今期の業績を分かりやすく一覧にまとめている。

SplatF: “Apple’s Reality-Check Quarter In Charts” by Dan Frommer: 24 July 2012

     *     *     *

大方の期待に届かない

アップルが今日午後発表した6月の四半期業績は、いつくか記録的なものがあったとはいえ(私を含め)大方の期待には届かないものだった。

Apple’s June quarter results, released this afternoon, set a few records but fell short of many expectations, including mine.

iPhone と Mac の出荷は軟調だったが、iPad は過去最高の 1700 万台を記録した。先期の方が「コンピュータ」の販売実績は大きかった。Mac と iPad で 2100 万台 — これまでのどの四半期よりも、去年のクリスマスよりも大きかった。

iPhone and Mac shipments were particularly soft, while iPad sales — 17 million — set an all-time high. Apple sold more “computers” last quarter — 21 million Macs and iPads — than any quarter ever before, including last Christmas.

     *     *     *

買い控えの時期だった

しかし大きな目で見ると、今期は秋に出ることが予想されている新 iPhone、加えて iPad が出るかもしれないこと、(もしかしたらテレビもありかも)などを控えて売れ行きが伸び悩む時期だった。売り上げは対前年比 23% 伸びたが、2009 年6月期(12%)以来の低さだったし、グーグルのレベル(21%)まで落ち込んだ。

But the big-picture story is that this is a slower period ahead of the expected new iPhone and potential new iPad this fall (and maybe someday, a television). Apple’s 23% year-over-year revenue growth was its slowest since 12% growth in the June 2009 quarter, and was almost down at Google’s 21% level!

     *     *     *

2割を超える伸びでも・・・

John Gruber の感想はこうだ。

Daring Fireball: “Apple’s Reality-Check Quarter in Charts” by John Gruber: 24 July 2012

過去数年のアップルの伸びがいかにスゴかったかという証しだ。対前年比 23% 増でも影が薄く見えるほどだからだ。

It’s a testimony to just how remarkable Apple’s last few years have been that 23 percent year-over-year growth looks so bad on a chart.

     *     *     *

iPhone が決め手

もうひとりのアップルギーク MG Siegler が注目するのは:

parislemon: “Apple’s Reality-Check Quarter In Charts” by MG Siegler: 24 July 2012

注目すべきは、収入全体の伸び、したがって収益が iPhone の出荷に比例していることだ。iPad も増加してはいるが、毎期の業績を決定づけるのはやはり iPhone だ。

The one thing that stands out to me: notice how closely the iPhone shipments chart is mirrored by overall revenue and more so, overall profit. The iPad is creeping up, but it’s still: as the iPhone goes, so Apple’s quarter goes.

     *     *     *

2割増しの業績でも伸び悩みととられるのだからスゴいことではある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »