Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Daisuke Wakabayashi’

466467389-e1409594036869

[スペクターにも狙われる?:image

アップルがアジアのサプライヤーに当初発売分として 500 〜 600 万個の Apple Watch を発注したという WSJ の記事日本語]はずいぶん話題になった。

なかでも最高級モデルの18Kゴールド Edition の月産量を百万個にするという計画には目を剥いた。

この記事に対する Josh Centers の試算がおもしろい。

How Much Gold Will the Apple Watch Edition Consume? | TidBITS

     *     *     *

試算

WSJ の数字は信じられないほどの大きさだが、ひとまずゴールドモデル Edition の月産量は百万個だと仮定して考えてみよう。

Edition のケースは18Kの純金だ。その金の含有量を Apple Spotlight は 50 〜 75 グラムと試算している。金の計量単位トロイオンス[troy ounce:金衡オンス]でいえばほぼ2トロイオンス(62.2 グラム)になる。(以下単純化して2トロイオンスで考える。)

月産百万個なら年間 2400 万トロイオンス[100 万 x 12 か月 x 2 トロイオンス]の金が必要になる。トン換算すれば 746 トンの金だ。

     *     *     *

世界の金供給の3割

ボンド映画 007 の悪漢ですら赤面してしまうほどだ。でもそれっていったいどれくらいの量なのだろう? 金の年間採掘量は約 2500 トンだ。だから 746 トンってことは世界の金産出量の約3割にあたるのだ。

That’s enough gold to make even a Bond villain blush, but just how much is it? About 2,500 metric tons of gold are mined per year. If Apple uses 746 metric tons every year, we’re talking about 30 percent of the world’s annual gold production.

     *     *     *

どこに保管する?

アップルが世界中からリソースを買い付けることは有名だし、現ナマだってたっぷり持っている。それでもアルミニウムとはちがって金は貴金属だ。いまや金本位制ではなくなったけれどそれでも金融制度の担保として各国政府は金を貯め込んでいる。ニューヨーク連邦準備銀行はマンハッタンの金庫室に約 7000 トンの金を保有している。しかしこれとてアップルが時計に変えれば10年も持たないのだ。

そもそもアップルはそれほどの金をどこに保管しようというのか。まさか新キャンパスの円の中心に隠し金庫があるわけじゃあるまい? もちろんそれだけの量が一時的に必要というわけではないが、1オンス 1200 ドルで換算すると年間 288 億ドル[約3兆5千億円]分もの金が必要になる。サプライチェーンの途中で製品が消えてしまうことを考えると、これは尻込みしたくなるほどの悪夢だ。さらには 007 の悪の秘密結社スペクターだって狙うだろう。

一方高級腕時計メーカーのロレックスの年間売上げは「たったの」 47 億ドル(60 万個相当)だ。

     *     *     *

結論はどちらかだ

あちこちから拾ったデータから得られる結論は2つのうちのどちらかだ。まずひとつは、アップルが世界を征服しようとしているという結論。アップルは地球上でもっとも価値のある会社だが、それに止まらず世界の金供給の3分の1を手にしようとしており、金価格に大混乱を引き起こし、世界経済にも計り知れない影響を与えようとしていると・・・

There are two conclusions we can draw from this scattering of data. The first is that Apple is about to take over the world. Not only will it be the most valuable company on the planet, but it will also be bidding for a third of the world’s annual gold supply, wreaking havoc on gold prices and doing who knows what to the global economy.

あるいはもうひとつは、かの尊敬すべき WSJ 紙の Apple Watch Edition 売上げ計画量が一桁(あるいはそれ以上)間違っているという結論だ。だとすると毎月 10 万個という数字になるが、それでもその方がもっともらしい。

The alternative is that the esteemed Wall Street Journal is off on its Apple Watch Edition sales by an order of magnitude (or more). That would put the number at 100,000 per month, which seems more plausible.

     *     *     *

で、Josh Centers の結論は・・・

万が一に備えて

万が一に備えて、せめて金貨の1、2枚でも買っておくか・・・

I may still buy a gold coin or two, just in case.

     *     *     *

はてさて・・・

広告

Read Full Post »

150210_apple_mystery_van1

[アップルのミステリーカー:MacDailyNews

WSJ の若林大介記者のスクープ。

先発メーカーに対抗してアップルが電気自動車に狙いを定めたらしい・・・

Apple’s Titan Car Project to Challenge Tesla | WSJ
[WSJ は有料講読制なので、以下は The Loop から]

     *     *     *

「タイタン」プロジェクト

アップルではアップルブランドの電気自動車を製造すべく数百人の従業員が密かに作業中だ、と事情に詳しいソース(複数)は語る。コード名「タイタン」(Titan)というこのプロジェクトは、当初ミニバンに似たデザインをしていたとソースのひとりはいう。

The Cupertino, Calif., company has several hundred employees working secretly toward creating an Apple-branded electric vehicle, according to people familiar with the matter. The project, code-named “Titan,” initially is working on the design of a vehicle that resembles a minivan, one of the people said.

     *     *     *

1年前にゴーサイン

この自動車プロジェクトにクック氏がゴーサインを出したのは1年近く前のことだ。プロジェクトグループのトップにはプロダクトデザインのベテラン Steve Zadesky 副社長[こちらも]が任命された、と事情に詳しい複数のソースは語る。Zadesky 氏は Ford の元エンジニアで、これまでも iPod や iPhone を作ったアップルチームをリードしてきた。

Mr. Cook approved the car project almost a year ago and assigned veteran product design Vice President Steve Zadesky to lead the group, the people familiar with the matter said. Mr. Zadesky is a former Ford engineer who helped lead the Apple teams that created the iPod and iPhone.

     *     *     *

千人規模の研究チーム

Zadesky 氏は千人規模のチームを結成する許可を得ており、アップル社内の様々な部門から従業員を引き抜いたと、ソースのひとりは語る。アップル本社から数マイル離れた秘密の場所で働く作業チームは、ロボット工学や、自動車製造のための様々な金属や素材の研究にあたっている、とこのソースは語る。

Mr. Zadesky was given permission to create a 1,000-person team and poach employees from different parts of the company, one of the people familiar with the matter said. Working from a private location a few miles from Apple’s corporate headquarters in Cupertino, the team is researching different types of robotics, metals and materials consistent with automobile manufacturing, the people said.

     *     *     *

巨額の初期費用

自動車製造は極めてカネのかかるビジネスだ。工場ひとつ建てるだけでもゆうに10億ドルを超え、さらには1万以上の自動車部品を製造する巨大なサプライチェーンが必要だ。昨秋電気自動車 Model S セダンの増産に苦慮していた Tesla の CEO Elon Musk は、自動車製造は「ほんとに難しい」とこぼしたほどだ。

Manufacturing a car is enormously expensive. A single plant usually costs well over $1 billion and requires a massive supply chain to produce the more than 10,000 components in a car. Elon Musk , chief executive of electric-car maker Tesla, complained last fall that it is “really hard” to make a car amid the company’s struggle to ramp up production of its Model S sedan.

参入を狙うライバルにとって巨額の費用は大きなハードルだ。しかし昨年末の現金保有高 1780 億ドルのアップルにとってはさして問題にはなるまい。

The expense is a barrier to entry to many potential competitors, but would be less of a hurdle for Apple, which reported holding $178 billion in cash as of Dec. 27, 2014.

     *     *     *

折しも Tesla との人材引き抜き合戦が話題になったばかりだ。

新しく Mercedes-Benz Research & Development の CEO Johann Jungwirth がアップルに採用されたという話もある。

またアップルのものらしい自動車[冒頭写真]があちこちで散見されるようになったというウワサもある。

アップルの自動車への取り組みはどうやら本物らしい。

それにしても数百人規模、千人規模の研究チームとはスゴい!

果たしてアップルは自動車製造そのものに手を染めるつもりなのか、それとも自動車関連の新しい何かなのか?

オモシロいことになってきた・・・

Read Full Post »

sapphire-slabs

[サファイアスクリーン:image

WSJ 若林大介記者の報じた GT Advanced Technologies(GTAT)破産の内幕は実にドラマチックだ。

Dan Frommer はその中でも特にある数字に注目している。

Apple is already using one-fourth of the world’s sapphire supply | Quartz

     *     *     *

世界の供給量の4分の1

そもそもなぜアップルと GTAT の話が起きたかということ示すある数字が特に興味深い。若林記者によれば、アップルはすでに「世界のサファイア供給量の4分の1を iPhone のカメラレンズや指紋リーダーのために」消費しているというのだ。

But there’s one particularly interesting stat that explains why Apple and GTAT even bothered in the first place. Apple is already consuming “one-fourth of the world’s supply of sapphire to cover the iPhone’s camera lens and fingerprint reader,” Wakabayashi writes.

     *     *     *

まだまだ大量に要る

これだけでも信じられないほど大きい量だが、それをもっと増やそうとしているのだ。アップルは指紋の読み取れる iPhone や iPad を来年は2億台売るだろうといわれている。しかしそれもまだ比較的小さい量だ。サファイアディスプレイの時計やサファイアスクリーンの iPhone を大量に作りはじめたらどうなるか・・・

That is impressively high—and about to get a whole lot higher. Sure, Apple could sell 200 million fingerprint-reading iPhones and iPads next year, but such readers are relatively small. Imagine the volumes when the company starts making watches with sapphire displays, and iPhones with sapphire screens.

     *     *     *

もっと、もっと・・・

アップルがもっと欲しがるのはそういうワケだ。若林記者がいうように、アリゾナ工場は「世界中のどの工場と比べてもその30倍ものサファイアを生産する」はずだったのだから・・・

No wonder Apple wants more. As Wakabayashi notes, the Arizona venture was to “produce 30 times as much sapphire as any other plant in the world.”

     *     *     *

さてアリゾナの Mesa 工場はどうなるか・・・

Read Full Post »

sapphire-boules

若林大介記者による GT Advanced 破産の内幕

Inside Apple’s Broken Sapphire Factory | WSJ

“ We just kept sweeping the floors over and over. I just saw money flying out the door ”
—A former GT Advanced employee

Apple-GT Soon to Be Case Study in Harvard Business School Disaster Preparedness Textbook | Re/code

Daisuke Wakabayashi, the Wall Street Journal: “The Apple-GT marriage was troubled from the start. GT hadn’t mass-produced sapphire before the Apple deal. The New Hampshire company’s first 578-pound cylinder of sapphire, made just days before the companies signed their contract, was flawed and unusable. GT hired hundreds of workers with little oversight; some bored employees were paid overtime to sweep floors repeatedly, while others played hooky.”

Apple, GT Advanced Technologies And The Boule Graveyard | Seeking Alpha

Read Full Post »

timcook_D_20140423181853

[Tim Cook:photo

アップルのニュースはアップル自身の口に語らせるに如(し)くはない。

アジアからアメリカに拠点を移した WSJ 若林大介記者の記事がオモシロい。

WSJ: “Apple’s Cook on New Products: ‘Take the Time to Get It Right’” by Daisuke Wakabayashi: 24 April 2014

     *     *     *

新しい製品には時間がかかる

好成績の第2四半期の業績でアップル衰退論は沈黙させられるだろうと Tim Cook は語った。少し間を置いて次のようにつけ加えた。「新製品をいくつか出すには時間がかかるでしょう。」

Tim Cook, Apple’s chief executive, said its strong fiscal second-quarter might silence chatter that the company is in decline. He paused before adding: “Maybe it will take some new products.”

     *     *     *

革新的製品を出せるか

アップルが直面する最大の問題を Cook は理解している。2007 年の iPhone、2010 年の iPad のように新しいカテゴリーの製品で革新的な成功を繰り返すことができるかという問題だ。新しいカテゴリーの製品を今年出すと彼は約束したが、これまでのところ何も出ていない。

Cook knows that’s the biggest question hanging over the company: whether it can repeat the innovative success with a new product category – as it did with the iPhone in 2007 and iPad in 2010. He has promised that Apple will break into new product categories this year, but so far has revealed nothing.

     *     *     *

決して事を急いではいない

WSJ とのインタビューで Cook は、鋭意アップルは努力しているが決して事を急いではいないと語った。

In an interview with The Wall Street Journal, Cook said Apple is hard at work but it will not rush.

「時間をかけてちゃんとやる必要があります。私たちは一番になろうとしたことはありません。ベストであろうとしたのです。物事をちゃんとやるには時間がかかります。十分考え抜かれずに市場化して、その結果うまくいかなかった多くの製品の例を見てきました。私たちは限られたものしか扱いません。ですからすべてのディテールにいたるまでタップリ時間をかけます。その意味でアップルは変わっていないのです。長年そのようにしてきましたし、今でもそうです。これから登場するものについてとてもいい気分です。気分は実に最高で、これまでなかったほどです。」

“You want to take the time to get it right. Our objective has never been to be first. It’s to be the best. To do things really well, it takes time. You can see a lot of products that have been brought to market where the thinking isn’t really deep and, as a consequence, these things don’t do very well. We don’t do very many things so we spend a lot of time on every detail and that part of Apple isn’t changing. It’s the way we’ve operated for years and it’s the way we still operate. I feel great about what we’ve got coming. Really great and it’s closer than it’s ever been.”

     *     *     *

口を滑らしたりはしない

どれほどか? Cook は笑って、口を滑らしたりはしないという。1月末の時点、あるいは昨日、あるいは10分前と比べても、アップルは新製品発表により近づいていると彼はいう。これじゃあまりヒントにならない。

How close is that? Cook lets out a laugh and said he didn’t accidentally tip his hand. The company, he said, is closer to announcing a new product than it was at the end of January, yesterday or ten minutes ago. Not much help.

     *     *     *

成功の証し

アップルの対前年比 15% の一株当たり利益および増加する粗利益率(連続6四半期で双方とも過去最高)は、「現在の製品ラインアップが素晴らしい成功を収めている」ことの証しだと Cook はいう。

Cook did say that Apple’s 15% year-on-year increase in earnings per share and rising gross margin – both their highest in six quarters – are proof that “the current product line can do amazingly well.”

「新しい製品群が出れば、さらに良くなります」と彼はつけ加える。

He added: “New things will only make it better.”

     *     *     *

モバイル決済サービス

新しい製品群はハードウェアには限らないかもしれないと Cook はいう。ではモバイル決済はどうか? アップルは多くのクレジットカード客を保有しており、iPhone 5S の指紋センサーの顧客も多い。この分野でも最近いくつかの動きを見せた

Cook also made it clear that new products may extend beyond hardware. What about mobile payments? Apple has many customer credit cards, and fingerprint sensor in its iPhone 5S. It also has made some recent moves in the area.

「とても興味深い分野だと思います。アップルはほぼ8億人分の iTunes アカウントがあります。その大部分はクレジットカードユーザーのものです。アップルストアで Touch ID で買い物をするお客もいますから、私たちにとってとても興味深い分野です。しかもそのやり方を誰も解決していない分野です。いくつかの会社が試みていることは知っています。しかしまだみんな財布を使っていますし、私だってそうです。だからまだ解決を見ていないということなのでしょう。」

“I think it’s a really interesting area. We have almost 800 million iTunes accounts and the majority of those have credit cards behind them. We already have people using Touch ID to buy things across our store, so it’s an area of interest to us. And it’s an area where nobody has figured it out yet. I realize that there are some companies playing in it, but you still have a wallet in your back pocket and I do too which probably means it hasn’t been figured out just yet.”

     *     *     *

慎重居士 Tim Cook の面目躍如だ。

しかしアジアのサプライヤー筋などではなく、直接アップルの総帥にアクセスできるようになったことは素晴らしいと思う。

ニュースソースを直撃するのでなければ書けない記事に出会えることを期待したい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Yukari-Kane-Daisuke-Wakabayashi

[ケイン・岩谷ゆかりと若林大介記者:video

WSJ の元記者 Yukari Iwatani Kane(ケイン・岩谷ゆかり)が、3月18日に出版されるアップル本『Haunted Empire: Apple After Steve Jobs』(亡霊につきまとわれた帝国 — ジョブズ亡きあとのアップル)の一部を WSJ で紹介している。

併せて彼女のインタビュービデオも掲載されている。聞き手は Daisuke Wakabayashi(若林大介:WSJ の現記者)だ。

WSJ.com: “The Job After Steve Jobs: Tim Cook and Apple” by Yukari Iwatani Kane: 28 February, 2014

[以下のビデオトランスクリプトは John Gruber による。]

     *     *     *

もはや伝説的な会社ではない

若林大介(Daisuke Wakabayashi):アップルをフォローしているものなら誰でも感じるアップルに常につきまとう疑問 — アップルの手触りは失われたのでしょうか? アップルはいまでもお山の大将(King of the Hill)でしょうか? 2年経ってみて、あなたの結論はどうですか?

DAISUKE WAKABAYASHI: The one big question that hangs over Apple, anyone who follows Apple, is, have they lost their touch? Is Apple still king of the hill? After two years, what’s your conclusion?

ケイン・岩谷ゆかり(Yukari Iwatani Kane):自分にとってその答えは明らかです。答えはイエスでなければならないのです。アップルはスティーブ・ジョブズを中心にして展開してきた会社です。それはジョブズ自身がやり方を変えてそのことを確実にしようとしたものなのです。アップルのひとびとはジョブズの強さと弱さでプレーするように条件づけられています。そして今まったく正反対の Tim Cook という人物がいる。多くの優れた点を持っていますが、それは異なった意味においてです。したがってその点で彼らはいわば産みの苦しみの最中なのです。・・・

YUKARI IWATANI KANE: I think the answer is obvious to me. The answer has got to be yes. This is a company who had revolved around Steve Jobs for so long, I mean that was something that Jobs himself went out of his way to make sure of. And the people there are conditioned to operate, to play off of his strengths and weaknesses. And so now you’ve got this completely opposite guy in Tim Cook, who is I think brilliant in many ways, but in different ways. But so they’re going through some growing pains in that. […]

若林:普通の偉大な会社ではあるけれど、もはや伝説的な会社ではないかもしれないということですか?

WAKABAYASHI: A normal great company, but maybe no longer an iconic company?

ケイン:そのとおりです。

KANE: Right.

     *     *     *

Yukari Iwatani Kane といえばジョブズの肝臓移植手術を最初に報じたことで知られる。このほかにもアップルの深奥部にまで食い入っていることを思わせる数々のスクープをものにした。

ジョブズが亡くなってからは記事も減り、そのうち WSJ を去った。

Yukari Iwatani Kane がスクープを出すたびに John Gruber が噛みついたものだ。アップル情報の第一人者を任じる彼としてはガマンできなかったのだろう。

上記インタビューについて Gruber は次のようにいう。

Daring Fireball: “WSJ Runs Excerpt From ‘Haunted Empire’” by John Gruber: 01 March 2014

     *     *     *

インタビューの方が雄弁

ケインとのインタビュービデオは引用された本の内容より多くを物語っている。引用自体はかなり空虚なもの — Tim Cook は要求の多いボス、私的なことには全く触れず、金遣いはケチ — だと思う。

More telling than the excerpt itself, which I found pretty much empty (Tim Cook is a demanding boss, intensely private, and a frugal spender), is the video interview with Kane:

     *     *     *

Gruber が『Haunted Empire』の予告を見たのは、先月初めの The New Yorker の記事だった。

The New Yorker: “Why Is Apple Being So Nostalgic?” by Yukari Iwatani Kane: 03 February 2014

この記事の基本的スタンスに疑問を持った Gruber は 3000 語をこえる長文の記事で、これは「事実を筋書きに合わせるものだ」(From the Department of Fitting Facts to the Narrative)と批判した。

Daring Fireball: “From the Department of Fitting Facts to the Narrative” by John Gruber: 28 February 2014

批判の最後は次の文章で締めくくられている。

     *     *     *

寿命は短い

もし Kane の本がこの New Yorker の記事と同じトーンなら、書架に並ぶ寿命は短いだろう。

If the premise of Kane’s book matches the tone of her New Yorker piece, it might have a very short shelf life.

     *     *     *

いずれ出版されれば書評でその評価が明らかになるだろう。

筆者として今でも興味があるのは、ジョブズの肝臓移植手術という世紀のスクープのソースが誰だったかということだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

bigger_screen_iphones

[WSJ の記事から:image

今年もまた WSJ は積極的に iPhone のウワサを取り上げている。

アジアのレポーターたちが総力を挙げて報じたのが「大型スクリーンの iPhone を2モデル投入」という記事だ。

WSJ.com: “Apple iPhones to Come Out With Bigger Screens” by Lorraine Luk, Eva Dou, and Daisuke Wakabayashi: 24 January 2014
WSJ.com: “アップル、画面サイズが4.5インチ以上のiPhoneを計画=関係者“: 24 January 2014

John Gruber がそのウワサを総括しているのがいかにも彼らしい。

Daring Fireball: “On the WSJ’s ‘iPhones to Come Out With Bigger Screens’ Story” by John Gruber: 24 January 2014

     *     *     *

「大型スクリーン iPhone を2モデル投入」という WSJ の記事について

On the WSJ’s ‘iPhones to Come Out With Bigger Screens’ Story

昨日のテクノロジー関係のトップ記事は、Lorraine Luk、Eva Dou および Daisuke Wakabayashi による WSJ の記事だった。(残念なことに読めるのは有料購読者だけ。)

Yesterday’s top tech story was this report from Lorraine Luk, Eva Dou, and Daisuke Wakabayashi in the WSJ (paywall, alas):

     *     *     *

画面サイズの大きい2モデルを投入

米アップルは今年、画面サイズが先行機よりも大きいスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を2モデル投入し、他社がすでに打ち出した画面の大きな製品の対抗馬とする計画だ。事情を知る複数の関係者が明らかにした。[WSJ 日本版訳]

Facing competition from rivals offering smartphones with bigger screens, Apple Inc. is planning larger displays on a pair of iPhones due for release this year, people familiar with the situation said.

     *     *     *

4.5 インチ以上と5インチ以上

関係者らによるとアップルは、このうちの1つは画面の対角線の長さが4.5インチ以上、もう1つは5インチ以上となる。先行機の画面サイズは、アイフォーン5が最大で4インチだった。[WSJ 日本版訳]

The people said Apple plans an iPhone model with a screen larger than 4½ inches measured diagonally, and a second version with a display bigger than 5 inches. Until now, Apple’s largest phone has been the 4-inch display on the iPhone 5.

     *     *     *

曲面型スクリーンは採用されない

さらに関係者らは、今年4-6月期に発売予定だとされるこれらの新型アイフォーンに、韓国のサムスン電子など競合数社が昨年公開したような曲面型スクリーンは採用されない、と述べた。ただ、最終案ではないため今後アップルが方針を変更する可能性もあると警告した。[WSJ 日本版訳]

The phones, expected in the second half, won’t include a curved display, a feature recently introduced by rivals including Samsung Electronics Co., the people said. They cautioned that Apple’s plans weren’t final and that the company could change course.

     *     *     *

ウワサにすぎない:Gruber

引用中太文字部分は自分。「いずれも単なるウワサで、どれも実現しないかもしれない」といっているだけだ。

Emphasis added. Translation: These are just rumors and none of this may come to pass.

     *     *     *

いずれも開発中の段階

また、新型アイフォーン2モデルのうち、画面が小さい方は開発がより進んでおり、量産開始準備に入っているが、より画面の大きい方はまだ開発初期段階にあると関係者は述べた。[WSJ 日本版訳]

The smaller of the two models is further along in development, and is being prepared for mass production, the people said. The larger-screen version is still in preliminary development, they said.

     *     *     *

年内の可能性はない:Gruber

自分として付け加えることはない。ただ次の点を指摘するにとどめる — どのデバイスもまだ「開発初期段階」で、年内に出る可能性はない、と。WSJ の記者なら当然知っているハズだ。なお自分としてはいつもの質問をしておきたい。「これらの大型スクリーンのピクセル寸法はいったいどうなるのか?」

There’s so much more I could write about this, but for now, I’ll simply point out that any device “still in preliminary development” has no chance of coming out this year. The Journal’s reporters should know this. And as, always, I ask: what are the pixel dimensions of these bigger screens?

     *     *     *

プラスチック製ケースは打ち切られる見込み

これら2つのモデルでは「5s」と似た金属ケースが採用される見通しだ。関係者らは、「5c」に装備されたプラスチック製ケースの使用は打ち切られる見込みだと話した。[WSJ 日本版訳]

Both new models are expected to feature metal casings similar to what is used on the current iPhone 5S, with Apple expected to scrap the plastic exterior used in the iPhone 5C, these people said.

     *     *     *

5C は1年もしないで格落ち?:Gruber

ということは 5C は1年も続かず、現在 iPhone 4S が占めている「2年契約付きならタダというカテゴリー」へ移行するということなのだろうか? (そんなことはないだろう。)

So the 5C won’t stick around for another year, moving down into the free-with-contract slot now occupied by the iPhone 4S?

     *     *     *

WSJ のような大手紙でも不確かなウワサを堂々と載せるようになったのは最近の憂うべき傾向だ。(書いたレポーター名は記憶しておいた方がいい。)

「開発の初期段階」とか「複数の新しいモデル」などは論外だが、大型スクリーンということに関しては Gruber が常々指摘する「ピクセル数」の検討が欠かせない。

「Gruber の視点」については前にも取り上げたが、「ピクセル数」の扱いは重要なカギになるのではないか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »