Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Customer’

Windows-XP

[13年前にリリースされた Windows XP:photo

Windows XP サポートの終了について Marco Arment がひとこと・・・

Marco.org: “Windows XP support officially ends after 13 years” by Marco Arment: 08 April 2014

     *     *     *

Windows XP のサポート終了

マイクロソフトは今日付けで Windows XP のサポートを正式に終了した。セキュリティアップデートについても同様だ。

Microsoft officially ended Windows XP support today, including security updates.

同決定については事前に通告したにも関わらず、世界中の PC のほぼ3分の1はいまだに13年を経過した古い Windows XP を使っている。

Despite advanced notice of the decision, the 13-year-old XP is still used on almost a third of all personal computers worldwide.

     *     *     *

どんな不都合が生じるのか

どんな不都合が生じる可能性があるのか?

What could possibly go wrong?

ロンドンをベースとする企業 The Pet Chip Company のマネージャー Rosemayre Barryは、Windows XP のジレンマに直面して悩むそんなひとりだ。

Rosemayre Barry of London-based business, The Pet Chip Company, is one manager who is puzzled and more than a little annoyed that she has been faced with the XP dilemma.

「Windows XP はずっと素晴らしかった」と彼女はいう。「とても当惑している。製品を買うときいずれ製造中止になるなんて考えるだろうか。とくにマイクロソフトのよく使われている製品のひとつなら尚更だ。」

“XP has been excellent,” she says. “I’m very put out. When you purchase a product you don’t expect it to be discontinued, especially when it’s one of [Microsoft’s] most used products.”

     *     *     *

13年前にリリースされたとき

マイクロソフトの顧客はベストだ。

Microsoft has the best customers.

2001 年に Windows XP がリリースされたとき、自分は19才だった。大学2年になったばかりで、Cを習い始め、Palm Vx を携帯し、自作のまっさらな Windows PC で 3D シューティングゲーム Max Payne をやっていた。この自作 PC は 1.33 GHz の Athlon、GeForce 3、IBM の悪名高い Deathstar ドライブを2基 RAID-0 で搭載していた。・・・

When Windows XP was released in 2001, I was 19 years old. I had just started my second year of college and was learning C, carrying a Palm Vx, and playing Max Payne on my brand new, self-built Windows PC with a 1.33 GHz Athlon, GeForce 3, and two of IBM’s notorious Deathstar drives in RAID-0 […]

     *     *     *

もっと古い Windows 2000 だって

それもずい分昔の話だ。その後どんどん進歩している。マイクロソフトも進歩を許されるべきだ。

That was a long time ago. We’ve all moved on. Microsoft should be allowed to move on, too.

しかしどうやったらそう出来るのか自分には分からない。政府機関や銀行・病院のような退屈な大企業ではもっと古い Windows 2000 が未だに広く使われているのが現状だ。(Windows 2000 は当時としては素晴らしいものだった。しかしどんなものだったかといえば、Windows 2000 を搭載した自分の最初のコンピュータは初代 iPhone とほぼ同じ CPU パワーで、RAM 容量は全く同じだった。)

I don’t know how they can, though. I still see the even older Windows 2000 in widespread use, usually in government and big, boring businesses like banks and hospitals. (Windows 2000 was fantastic at the time, but to give you an idea of what that time was, the first computer I ran it on had approximately the same CPU power, and exactly the same amount of RAM, as the first iPhone.)

     *     *     *

本当にサポートをヤメられるか

一般ユーザーはアップグレードには関心がない。Windows XP はまだ「ちゃんと動いている」。しかしアップグレードとなると残念ながら話は別だ。マイクロソフトは本当にセキュリティパッチを出さなくても済むだろうか? いつかは出さざるを得なくなるのではないかと自分は思う。ともかくこうしてボットネット[botnet:悪意のある攻撃者に乗っ取られたコンピュータのネットワーク]が始まるのだ。

People just don’t care to upgrade. Windows XP still “works” for them, and the upgrades are different, which is bad. Can Microsoft really stop issuing security patches? I guess they have to at some point, but this is how botnets start.

     *     *     *

常に勝利を収めてきたマイクロソフトの顧客」はどう出るのだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

Microsoft

[マイクロソフト HQ:photo

マイクロソフト CEO の後任がやっと決まりそうな気配だが、マイクロソフトの顧客についての Marco Arment のコメントがオモシロい。

Marco.org: “Microsoft Customers Always Win” by Marco Arment: 31 January 2014

     *     *     *

変化が嫌いな顧客

マイクロソフトの顧客は変化が嫌いだ。彼らは自分たちが欲しいものを — 自分たちの望みどおりに、サプライズなどなしに — 手に入れることに慣れている。そうでなければ彼らはガマンできないのだ。

Microsoft’s customers don’t like change. They’re accustomed to getting everything they want, exactly as they want it, with no surprises. They won’t tolerate anything else.

     *     *     *

古いバージョンも継続しろ

マイクロソフトがあまりに違ったものをリリースすれば、法人顧客は単に買うことを拒否するだけでなく、古いバージョンを未来永劫売り続けるよう要求する。そしてマイクロソフトは常に屈服する。ほかに出来ることなどないのだ。彼らは法人顧客から — 収益が漸減する世界で Windows や Office の新バージョンへの移行コストが増加する法人顧客から — アップグレードによる収入をあげようと必死なのだ。

If Microsoft releases anything too different, enterprise customers will simply refuse to buy it, demanding that Microsoft keep selling the old version indefinitely. And every time, Microsoft caves, because what else are they going to do? They’re desperate for upgrade revenue from business customers who see diminishing returns and increasing transition costs with each new version of diminishing returns.

     *     *     *

バイバイ Metro

The Verge の今日の記事(Moltz による):

Today, The Verge reports (via Moltz):

ソフトウェアの巨人が昨年リリースした Windows 8.1 にはブート時に Metro インターフェイスをバイパスするオプションが含まれていたが、近々行なわれる Windows 8.1 のアップデートではこのオプションがデフォルトで有効になる、とマイクロソフトの計画に詳しいソースが The Verge に明らかにした。Update 1 の多くの変更と同じく、この後戻り措置はキーボードとマウスを使うユーザーの OS を改善するためだという。

While the software giant originally released Windows 8.1 last year with an option to bypass the “Metro” interface at boot, sources familiar with Microsoft’s plans have revealed to The Verge that the upcoming update for Windows 8.1 will enable this by default. Like many other changes in Update 1, we’re told the reason for the reversal is to improve the OS for keyboard and mouse users.

バイバイ Metro というワケだ。

Bye, Metro.

     *     *     *

かつてないほどの抜本的革新

マイクロソフトが抜本的な変化を行なえないのではない。Windows 8 は Windows 95 以来のもっとも大胆な動きというだけでなく、決して悪いものではない。素晴らしいものではないかもしれないが、決して悪くはない。マイクロソフトはユーザーインターフェイスをかつてないほど抜本的に革新したのだ。

It’s not that Microsoft is incapable of making radical changes. Not only was Windows 8 the most bold move they’ve made since Windows 95, but it wasn’t even bad. It wasn’t great, but it wasn’t bad. Microsoft truly innovated with the UI to a greater extent than we’ve ever seen from them.

それに対し顧客は、いつもどおり平手打ちをくわせ、元に戻させた。

Their customers, as usual, smacked them back into line.

     *     *     *

歴史上最大の失敗

新しいバージョンの採用はひどいものだった。PC メーカーは(Vista のときのように)Windows 7 へダウングレードできることを謳った。Surface タブレットの売れ行きも惨めなものだった。Windows 8 はマイクロソフトの歴史の中でも最大の失敗だった。

Adoption has been abysmal, PC manufacturers are advertising Windows 7 downgrades as features (much like they did from Vista to XP), and the Surface tablets have sold very poorly. Windows 8 has been one of the biggest disasters in Microsoft’s history.

     *     *     *

アップルのように

メディアやアナリストに当時いわれたことや、普通に考えられるすべてのことをマイクロソフトはやった。アップルのようになれと誰もが圧力を加えた。だからマイクロソフトはそうしたのだ。

They did everything that the press, analysts, and prevailing wisdom at the time were telling them to do. Everyone was pressuring them to be more like Apple, so they tried.

     *     *     *

マイクロソフトの顧客

マイクロソフトがヘマしたことが問題なのではない。(いくつかヘマをやらなかったワケはないが。)マイクロソフトがアップルではなく、マイクロソフトの顧客がアップルの顧客ではなかったことが問題なのだ。マイクロソフトは顧客にアップル的な姿勢を売り込もうとしたが、顧客のほとんどはアップル的姿勢を望まず、容認もしなかった。彼らはアップルの顧客ではなかったからだ。

The problem isn’t that they botched it (although they did, in some ways). The problem is that Microsoft isn’t Apple, and Microsoft’s customers aren’t Apple’s customers. They tried selling a more Apple-like attitude to their customers, most of whom don’t want and won’t tolerate an Apple-like attitude. That’s why they’re not Apple customers.

マイクロソフトの顧客は、常に望みどおりのものを要求し、常にそれを獲得してきた。それが PC ビジネスの低・中層に仕えることの現実であり、まさに法人ビジネスの現実なのだ。

Microsoft’s customers have always demanded, and will always get, exactly what they ask for. That’s the reality of serving the low- to midrange-PC business, and it’s sure as hell the reality of the enterprise business.

     *     *     *

最大の戦略的失敗

マイクロソフトのこの5年間での最大の戦略的失敗は、真の顧客が誰であるか忘れてきたことなのだ。

Microsoft’s biggest strategic mistake over the last five years has been forgetting who their customers really are.

     *     *     *

「常に勝利を収めてきたマイクロソフトの顧客」という視点はなかなかオモシロい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[アップルストア:photo

The Consumerist の読者が、10歳になる娘のアップルストア体験を書いている。

The Consumerist: “Apple Manager Breaks Rule, Makes 10-Year-Old Girl’s Dreams Come True” by Ben Popken: 20 October 2011

     *     *     *

お小遣いをためて

私の娘はカメラのついた iPod touch を買おうと、誕生祝いやお小遣いを9か月の間貯めた。

My daughter has been saving her birthday money and allowance for almost 9 months now so that she could afford an iPod touch with a camera in it.

     *     *     *

アップルストア閉店の日

貯まったおカネを手にして、娘は妻と一緒にユタ州のアップルストアへ出かけた。着いたのは10時半だったが、今日は11時から2時まで(Steve Jobs 追悼のため)アップルストアが閉店になることを知らなかった。店に近づくと、2人のアップル店員が閉店なので残念ながら入れませんといった。

As of this morning, she had saved the amount needed and headed to the Apple Store in Utah with my wife. They arrived at 10:30am, not realizing that the store would be closed from 11am to 2pm today. As they approached the store, two friendly Apple employees greeted them and said that they were sorry, but they were closed.

     *     *     *

メーソンジャーいっぱいのおカネ

妻は娘のおカネがいっぱい貯まったメーソンジャー[Mason jar:食品貯蔵用の広口密閉式ガラスビン ]を見せ、なぜここへ来たかを告げて、11時にはまだ間があるではないかといった。それでも閉店なのでお入れできませんというのが答えだった。娘と妻はガッカリして仕方なくモールの他の店に向かった。

My wife pointed to my daughter who had a mason jar full of cash in her arms and explained why they were there and also pointed out that is was not quite 11am yet. They again said they were sorry, but could not let them in. My wife and daughter were sad, but understood and made their way to another store in the mall.

     *     *     *

特別にお入れします

3軒ほど歩いたころ、アップルの店員が追いかけてきて、特別にお入れしますと店長がいったという。アップルストアに入ってみると、お客は彼らだけだった。娘がキャッシャーに近づくのを、店員はみな手を止めて見守った。

About three stores down, an Apple employee raced after them and explained that the manager was going to make an exception and let them in. When they were let in the store, they were the only customers in the place and every one of the employees stopped what they were doing as my daughter approached the register.

     *     *     *

すばらしい一日

娘がメーソンジャーのおカネをカラにするのを見て、一人の店員が近づいてきてこういった。「お声をかけて恐縮ですが、アナタのおかげで今日一日がすばらしい一日になったことをお伝えしたくて・・・」

As she took all of the cash out of the mason jar, one employee stepped forward and said, “I don’t mean to bother you, but I have to tell you that this made my day.”

     *     *     *

大きな拍手を

支払いが済んで娘と妻は出口へ向かった。店長はみんなに聞こえるように大きな声でいった。「みなさん、おカネを貯めて今日 iPod を買うことができた○○さんに大きな拍手をどうぞ!」

After the transaction had been made and my daughter and wife were on their way out, the store manager raised his voice and said to all of the employees, “Everyone, please give [redacted] a round of applause for saving her money and buying an iPod today.”

     *     *     *

私にも電話を

娘は突然みんなに注目されたのでビックリしたが、手を振って別れを告げた。そしてこの話を私に電話してきた。

My daughter was caught a little off guard by all of the attention and waved goodbye, then called me with the story.

アップルよ、でかした!

Nice work Apple!

     *     *     *

この話を紹介した The Consumerist は、これで一生アップルを好きになる顧客がひとりできたに違いない締めくくっている。

これまた顧客満足度につながる小さなエピソード・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »