Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Crucial Data’


このものものしさは何?

福島第一原発で作業員が被曝したことを伝える NY タイムズの記事が目を引いた。

NYTimes.com: “Japan Raises Possibility of Breach in Reactor Vessel” by Hiroko Tabuchi, Keith Bradsher and David Jolly: 25 March 2011

防護服に身を固めた移送の様子の異様さは、事態が重大な局面に入ったことを窺わせるのに十分だった。

NY タイムズの早版にはその後削除された下りがある。

削除された場合は訂正文が添えられるのが通常だが、今回はそれすらない。

いくつかのサイト[ここここ]が削除されたことに気づき、早版の全文をそのまま引用掲載していたサイトもあった。

削除されたのは「3号機の原子炉容器には縦に大きな亀裂がある」という部分で、次のような下りだ。

Infinite Unknown: “Japan Nuclear Crisis: This Is Like Admitting That MOX Reactor No. 3 Has Been Breached And Has Released Plutonium“: 25 March 2011

     *     *     *

容器損傷の懸念

3号炉に関しては以前にも懸念が浮上していた。日本の政府当局は9日前に原子炉容器(reactor vessel)が損傷したかもしれないと述べていた。

Concerns about Reactor No. 3 have surfaced before. Japanese officials said nine days ago that the reactor vessel may have been damaged.

原子力安全・保安院次長の Hidehiko Nishiyama は金曜日に原子炉容器の損傷に言及し、隣接したタービン建屋の水が高度の放射能を帯びていたのはそのためかもしれないと述べた。

Hidehiko Nishiyama, deputy director-general of the Japan Nuclear and Industrial Safety Agency, mentioned damage to the reactor vessel on Friday as a possible explanation of how water in the adjacent containment building had become so radioactive.

     *     *     *

容器そのものに長い亀裂がある

日本と広いコンタクトを持つ原子力関係の上級役員のひとりが匿名を条件に語ったところによれば、原子炉容器そのものに縦に長い亀裂があるという。亀裂は原子炉内部の水面レベルより下まで走っており、そこから液体やガスが漏れているという。

A senior nuclear executive who insisted on anonymity but has broad contacts in Japan said that there was a long vertical crack running down the side of the reactor vessel itself. The crack runs down below the water level in the reactor and has been leaking fluids and gases, he said.

負傷した複数の作業員の放射線によるやけど(radiation burns)の程度がひどいことから、破損した燃料棒に直接接触した水による汚染と関係があるのではないかとこの役員はいう。

The severity of the radiation burns to the injured workers are consistent with contamination by water that had been in contact with damaged fuel rods, the executive said.

「容器には明らかに、間違いなく亀裂がある。上から下まで、しかも大きい。亀裂の問題はそれが小さくならないことだ」と彼はいう。

“There is a definite, definite crack in the vessel — it’s up and down and it’s large,” he said. “The problem with cracks is they do not get smaller.”

     *     *     *

なんとも不気味な記述だ。

暴露系サイトならともかく、NY タイムズだけに一層不気味さが増す。

しかも、何らの訂正文なしに削除されたので、早版を読んだものでなければ削除にすら気づかない。(記事そのもののタイトルも早版の “Japan Raises Possibility of Breach in Reactor Vessel” から、確定版では “Japan Encourages a Wider Evacuation From Reactor Area” に変更されている。)

スリーマイル島事故の場合は原子炉容器には何ら損傷がなかったので、大量の放射性物質が拡散されることはなかった。

日経 BP:ECO JAPAN: “原発事故 スリーマイル島とチェルノブイリの取材経験から見えてくること” by 石弘之: 18 March 2011

チェルノブイリ事故の場合は格納容器そのものがなかったことから大量の拡散が行なわれたということらしい。

もし、格納容器に亀裂が入っているのが事実なら、容器そのものの破損もあり得るということか・・・

     *     *     *


[3号炉]

NY タイムズは「福島第一原発原子炉の現況」を連日更新しており、1号炉から6号炉について、写真を添えて時系列的にその変化をまとめている。

3号炉に関する記述は次のようなものだ。

NYTimes.com: “Status of the Nuclear Reactors at the Fukushima Daiichi Power Plant – Interactive Graphic“: 16 March 2011

     *     *     *

危険な3号炉

3号炉はウラニウムとプルトニウムを使用しているのでより毒性の高い放射能が生じる危険性がある。3号炉の原子炉格納容器は破損し、また使用済み燃料プールが暴露した状態になっている可能性がある。原子炉には 548 本の核燃料集合体(FA)と、514 本の使用済み燃料棒が入っている。

The reactor used uranium and plutonium, which may produce more toxic radioactivity. The reactor containment vessel may have been damaged and the spent fuel pool may have become uncovered. Reactor has 548 fuel assemblies, the spent fuel pool has 514.

     *     *     *

黒煙を出した3号炉がプルトニウムを含む混合酸化物 MOX 燃料を使用する、いわゆるプルサーマル原子炉[pluthermal:plutonium thermal use、和製英語]であることは海外では既定の事実として報道されている。

     *     *     *

作業員の被曝が問題になった日、総理が国民向けの記者会見を行なったが「予断を許す状況には立ち至ってはいない」というにとどまり、記者団からもおざなりの質問が出ただけで、国民が知りたい情報はなんら聞けなかった。

同じ日、官房長官は原発30キロ圏からの自主避難を促した

     *     *     *

実際にどうなっているのかが分からないだけに、疑念と恐怖は大きくなる。

原子炉格納容器に亀裂が走っているといわれれば尚更だ。

一口に放射能といっても、放射性物質によって影響が異なる。半減期も異なる。[ヨウ素 131:8日、セシウム 137:30年、ストロンチウム 90:30年、プルトニウム 241:14年]

UCSB: “How Bad is the Reactor Meltdown in Japan?” by Benjamin Monreal: 16 March 2011
[日本語スライド:福島原発の放射能を理解する

今後はいかなる放射性物質が含まれているかを明示することも必要になるだろう。

アメリカが無人機の Global Hawk で収集分析したデータはどうなっているのだろうか。

IAEA のような国際機関、データを収集したアメリカなどの協力も得て、毎日定時の分析を行い、それを公表することが必要な時期になっているのではないか。

事実関係が不明なまま事態は深刻化しているように思える・・・

★ →[NY タイムズを見る:New York Times
★ →[削除された文章をみる:Deleted Text

広告

Read Full Post »


Radiation Dose Chart | xkcd.com]

福島第一原発の事故以来、耳慣れぬことばが続出している。「線量」(Radiation Dose)や「シーベルト」(Sv:Sievert)などだ。

「線量」とは放射線量のことで、放射線の発生レベルを示す。

放射線を計測するガイガーカウンターの目盛りがマイクロシーベルト(µSv)/時であることも今回初めて知った。

被爆国日本におりながら、放射線に関する科学的事実についてはまったく無知だった。

飛行機に乗ったとき曝される線量と同じだから心配ないといわれればそうかとも思う。

でも、どんなものからどの程度の放射線量が出ているのだろうか。スリーマイル島事故や福島第一原発の線量はそれに比べてどの程度なのだろうか。

そんな疑問に答える興味深いチャートがある。

 → Radiation Dose Chart | xkcd.com

Randall Munroe が、原子炉オペレーターの助言などを得ながら、放射線レベルに関する分かりやすいチャートを作成したものだ。「誤りを犯しているかもしれないが、啓蒙のためだ」(I’m sure I’ve added in lots of mistakes; it’s for general education only.)と作者も注記している。

チャート作成にあたって参考にした情報ソースを一つひとつたどっていくだけでもたいへん興味深い。

原爆被曝国の日本こそ、このような知識が国民のものになっていなければおかしいだろう。

安全だという政府の発表を鵜呑みにしたり、いたずらに恐怖をあおったりするのでなく、冷静な科学的事実を解説するのもテレビや新聞など大手メディアにとって大切な役割ではないかと思う。

★ →[チャートを見る:Original Chart

Read Full Post »


無人機 Global Hawk

福島原発に対する自衛隊や警察の決死の放水活動の成果が見えない中、外国メディアに見過ごせない記事が載った。

NYTimes.com: “U.S. Flights Over Plant Gather Crucial Data” by David E. Sanger and William J. Broad: 17 March 2011

     *     *     *

必死の努力

「今目にしているのは必死の努力だ。何でもかでも放り込めばどれかはうまくいくかもしれないという類いの・・・。いまやこれは計画(plan)というよりは祈り(prayer)に近い」と語るのは核について長い経験を有するアメリカの高官。責任を問われることを懸念して多くを語ろうとしない。

“What you are seeing are desperate efforts — just throwing everything at it in hopes something will work,” said one American official with long nuclear experience, who would not speak for attribution. “Right now this is more prayer than plan.”

     *     *     *

全く異なるアセスメント

米国と日本の政府当局は互いに協力すべく木曜日に、原発からの排出危険物質について丸一日かけてアセスメントを行なったが、その評価は全く異なるものだった。東京で会合を持った専門家はそれぞれメモを比較した。米国は日本の許可を得て、原発の上空にスパイ機を飛ばした。東京電力の発表を当てにしないワシントンや東京にいる同盟国に対し見解を明らかにできればと考えたものだ。東京電力が毎回のように危機を低く見積もり、被害を抑える動きも遅すぎるのではないかと彼らは疑っている。

After a day in which American and Japanese officials had radically different assessments of the danger of what is spewing from the plants, the two governments attempted Thursday to join forces. Experts met in Tokyo to compare notes. The United States, with Japanese permission, began to put the intelligence-collection aircraft over the site, in hopes of gaining a view for Washington as well as its allies in Tokyo that did not rely on the announcements of officials from the Tokyo Electric Power Company. Officials say they suspect that company has consistently underestimated the risk and moved too slowing to contain the damage.

     *     *     *


Global Hawk はスパイにも使われる

スパイ機まで使って

通常北朝鮮の核兵器施設を偵察するのに用いられる無人機 Global Hawk や U-2 スパイ機が原子炉の上空を飛行するミッションに当たった。地震、津波、それに加えて原子力災害に対して日本政府が対応策を策定するのに役立てようというものだ。

Aircraft normally used to monitor North Korea’s nuclear weapons activities — a Global Hawk drone and U-2 spy planes — were flying missions over the reactor, trying to help the Japanese government map out its response to the quake, the tsunami and now the nuclear disaster.

     *     *     *

世界が注目する未曾有の原発事故・・・

世界の叡智と専門家を集めて事に当たる必要があるのではないかと思われるのに、日本の発表を信じず、スパイ機を飛ばしてまで独自のデータ収集をしようというのでは、世界的な協力を得るのはむずかしそうだ。

全体を見通す大きな目と手は日本には存在しないのか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »