Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Copy’

everythingisaremix

[Case Study: The iPhone | image / Vimeo

アップルの iPhone は真にオリジナルか、それとも単なるコピーに過ぎないか — Kirby Ferguson の分析が興味深い。

Cult of Mac: “‘Everything Is A Remix’ Takes On The iPhone [Video]” by Buster Heine: 12 December 2013

     *     *     *

iPhone は真にオリジナルか

「すべてはリミックス」シリーズの映画制作者 Kirby Ferguson が、新しいケーススタディを人気シリーズに追加した。iPhone は真にオリジナルなアイデアか、それとも改良とコピーの寄せ集めに過ぎず他のものとなんら変わらないのかという問題に挑戦した。このケーススタディは、アップルの複数のインスピレーションを取り上げる前に、スティーブ・ジョブズの Multi-Touch を発明したのはアップルだという主張から始まる。じつは Multi-Touch 技術は多くの会社が長い時間をかけて開発したものだった。

Everything Thing Is A Remix Filmmaker Kirby Ferguson just released a new case study for his popular series that tackles whether the iPhone is a truly original idea, or just a hodgepodge of copying and improvements like pretty much everything else. The case study starts by contesting Steve Jobs’ claim that Apple invented Multi-Touch – when really the technology was being developed for years by many companies – before strolling through some of Apple’s other inspirations.

     *     *     *

デバイスとしての iPhone、UI としての iPhone

このビデオは、その後すべてのモバイル企業がコピーすることとなるデバイスをアップルが造り出したことについては正当な評価を与える。一方、iPhone や iOS を革命的なものにしたユーザーインターフェイスのデザインが現実世界の事象から多くのヒントを得ていることを素晴しい調査研究で示す。そして最後に iOS 7 を取り上げ、アップルが Windows フォンや Android からコピーした リミックスしたアイデアについて触れる。

The video does give Apple credit for creating a device that the entire mobile industry copied, while also providing a great survey of the real world objects Apple used as inspiration in Apple’s UI designs that helped make the iPhone and iOS so revolutionary. Ultimately the film turns to iOS 7 and the ideas Apple borrowed copied remixed from Windows Phone and Android.

     *     *     *

ぜひご覧あれ

iPhone が果たして正当な扱いを受けているかどうか、このビデオを見てぜひ考えて欲しい。

◆Ferguson のビデオ → Everything is a Remix Case Study: The iPhone

Watch the video below and tell us in the comments whether you think the iPhone got a fair treatment:

     *     *     *

Ferguson のビデオはスバラしい出来だと思う。

オリジナルかコピーかという点だけでなく、iPhone UI の歴史を振り返る意味でも(なにしろたった5年間の変化なのだ)一見の価値がある。

「リミックス」(Remix)についてもいろいろ考えさせられる。

リミックスの持つ創造的側面については、かつて Larry Lessig が TED で行なった名講演が思い出される。(今見ても非常にオモシロい・・・)

★ →[ビデオを見る:Vimeo

Read Full Post »

[アップルに対する Braun の影響をどう見るか:image

裁判に勝ったアップルに対して、アップルだって Braun のマネじゃないかという議論がある。

Scenarios and Strategy: “Prior Art…“: 05 September 2012

John Gruber の反論が興味深い。これは「敬意」と「盗用」の違いだと・・・

Daring Fireball: “Homage vs. Rip-Off” by John Gruber: 05 September 2012

     *     *     *

偽善的アップル

アップル製品とかつての Braun 製品を並べて比較することが流行っている。アップルは偽善的企業だ — サムスンがアップルのザインを盗んだと非難し裁判を起こす一方で、アップル自身は明らかに Braun から繰り返し盗んでいるではないかというのだ。

This comparison between a bunch of modern Apple devices and older products from Braun is making the rounds, the idea being that Apple is a corporate hypocrite for decrying and suing the pants off Samsung for ripping off Apple’s designs when it’s clear that Apple itself has repeatedly ripped off Braun.

     *     *     *

「敬意」と「盗用」の違い

これは「敬意」(homage)と「盗用」(rip-off)の主観的相違だ。誰かのマネをするのは敬意を払うことで、誰かにマネされたら盗用されたのだというのは古いジョークだが、私の考えでは、これは何か新しいものを造り出したいというインスピレーションを得ることと、マネをしてひたすら模倣製品を作ろうとすることの違いだと思う。これこそ偉大なアーチストは盗み、悪いアーチストはマネることの違いなのだ。アップル製品は、比較されたブラウン製品とは異なるカテゴリーのものであり、時間的にもその間数十年が経っている。しかしインスピレーションを受けたことは否定しようがない。Jony Ive 自身が影響を受けたことを直ちに認めている。自分は以前 iPhone 4 のレビューでこう書いた。

This is the subjective line between homage and rip-off. The old joke is that homage is when you copy someone else; a rip-off is when someone else copies you. But to me, it’s about the difference between drawing inspiration to create something new, versus slavishly copying to create something derivative. That’s the difference between great artists stealing and bad artists copying. Apple’s products are in different categories than the corresponding Braun devices, and are separated by decades. But there’s no denying the inspiration. Jony Ive himself has readily acknowledged the influence. In my iPhone 4 review, I wrote:

仕上がり具合(build quality)は全体的に信じられないほど優れている。iPhone 4 は、高価な芸術品のように、見かけも手触りも美しい。まるで Dieter Rams へのラブレターのようだ。

The overall build quality seems impossibly good. The iPhone 4 is beautiful to behold and feels like a valuable artifact. It’s like a love letter to Dieter Rams.

     *     *     *

Dieter Rams はどう受け取ったか

Rams 自身アップルの作品に利用されたのではなく、褒められて光栄に思っている(flattered)ようだ。2011 年の The Telegraph 紙に彼はこう書いている。

And Rams himself seems flattered by Apple’s work, not taken advantage of. Writing for The Telegraph in 2011:

私はいつもアップル製品と — そして自分の作品に対して Jony Ive が語った丁重なことばを、自分に対する賛辞(compliment)だと受け止めてきた。優れたデザインの力を真に理解し、自社の製品やビジネスに活かしている企業は間違いなく限られている。

I have always regarded Apple products — and the kind words Jony Ive has said about me and my work — as a compliment. Without doubt there are few companies in the world that genuinely understand and practise the power of good design in their products and their businesses.

Gary Hustwit のドキュメンタリー Objectified で、アップルについて Rams が述べたことばにも明らかだ。

Or see Rams’s remarks on Apple in Gary Hustwit’s Objectified documentary.

     *     *     *

果たしてひとりでもいるか

サムスンにマネされたことで光栄に感じるアップルのデザイナーはひとりもいないと思う。また逆に、自らの作品をアップルに対する敬意と感じるサムスンのデザイナーもひとりもいないと思う。

I very much doubt there is a single designer at Apple who has felt flattered by Samsung. And, on the flip side, I doubt there is a single designer at Samsung who sees their work as homage to Apple.

     *     *     *

ここには裁判で争われたことの本質的意味がある・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »


[Good artists copy, great artists steal.:image

Steve Jobs の Android に対するむき出しの憎悪には驚かされる。

Jobs 自身、かつて次のような言葉を引用したことがある。

良いアーティストはマネするだけだが、偉大なアーティストは盗む

“Good artists copy, great artists steal.”

都合のいいときは「盗む」といい、都合が悪くなると「盗まれた」といって怒るのは偽善的ではないかというひともいる。

この話を理解するには Jobs の引用したことばの意味を理解する必要があると Brian Ford はいう。

me & her: “Great artists steal the future” by Brian Ford: 21 October 2011

     *     *     *

アップルが盗んだもの

アップルが iPod を発明したわけではない。アップルはそのアイデアを盗み、音楽業界を自らのものにしてしまったのだ。今日我々が音楽を購入するにしても、聞くにしても、ほぼすべてはアップルのビジョンにしたがっている。

Apple didn’t invent the iPod, they stole the idea and made the music industry their own. The way we buy and listen to music is now shaped almost entirely by Apple’s vision.

アップルがスマートフォンを発明したわけではない。アップルはそのアイデアを盗み、自らのビジョンで業界を作り替えてしまったのだ。確かにアップルは iOS のこまごまとしたものを(通知がその典型例)他から「コピーしている」。しかし全体的として見れば、モバイル産業の未来はアップルによって形作られたのだ。

Apple didn’t invent the smartphone, they stole the idea and reshaped the industry in their own vision. Yes, Apple has “copied” bits and pieces of iOS from other sources —notifications is the obvious example — but overall, the future of the mobile industry has been shaped by Apple.

アップルがタブレットコンピュータを発明したわけではない。彼らはそのアイデアを盗み、今や iOS がタブレットマーケットの鋳型になっているのだ。

Apple didn’t invent the tablet computer, they stole the idea and now iOS is the template for the tablet market.

     *     *     *

「未来」を盗んだ

未来とはマーケットシェアのことではない。「ポスト PC をどう捉えるかという考え方」(post-PC mindset)なのだ。

The future isn’t about market share, it’s about a post-PC mindset:

iPad 以前のタブレットは車に乗せてもらって東に行こうとしていたようなものだ。アップルはまったく新しい車を作り、西へ向きを変えたのだ。

Pre-iPad, tablets were attempting to hitch a ride East. Apple built a brand new car and started driving West.

いつの日か、誰かが(グーグルの Android OS がモバイルフォンで果たしたように)タブレットマーケットの大きな部分を占めることがあるとしても、それはアップルの「ポスト PC ワールド」というビジョンにタダ乗りしているだけなのだ。

Even assuming someone, someday, takes the bulk of the tablet market (as Google’s Android OS has done in mobile) they’ll be sitting bitch in Apple’s vision of a post-PC world.

目下のところ未来を所有しているのはアップルだが、マイクロソフトは未だタブレットがどちらへ向かっているのか分からないでいる。

As it stands, Apple owns the future and Microsoft still doesn’t know where their tablet ideas went.

ポイント:以上のどの場合も、アップルはライバルから「未来」を盗んだのだ。

The takeaway: In each of the above cases Apple stole the future out from under their competitors.

     *     *     *

Apple TV の場合

Apple TV や iBooks がまだ離陸しない理由、それはアップルがまだこの業界を所有するに至っていないという理由でもあるのだが、それはアップルが未だ何も盗んでいないからだ。アップルはまだ何も明らかにしていない。アップルはEブックリーダーやストリーミングをするセットトップボックスのアイデアをコピーしただけなのだ。

The reason Apple TV and iBooks aren’t taking off — the reason Apple isn’t owning those industries — is that Apple hasn’t stolen anything. They’ve brought almost nothing to the table. They copied our basic ideas of what an ebook reader and a streaming set-top video device can be:

「キミたちの望んだものは、ほらこれだよ。」

“You wanted it, here it is.”

Apple TV のことを Steve がホビーと呼んだのは、未だ業界を盗む方法が分かっていなかったので、アイデアを借用しただけという意味だった。未来はまだ手に入っていないのだ。

When Steve called Apple TV a hobby, he meant that Apple is borrowing ideas because they don’t yet know how to steal the industry. The future is still up for grabs.

     *     *     *

Android に対して苛立つわけ

Steve Jobs が Android についてかくも苛立っている理由は(Eric Schmidt の裏切りという個人的理由だけでなく)、目指すものが iOS を複写しただけのまあまあのものでしかなく、グーグルのハードウェアパートナーにしても盲目的に「iPhone のような」ハードウェアデザインを狙っているだけのように見えることにその原因があるのだと敢えて指摘したい。

I would argue that the reason Steve Jobs was so irate about Android (beyond the personal betrayal of Eric Schmidt) is that it seems to aspire to little more than a “good enough” facsimile of iOS, and most of Google’s hardware partners are slavishly aiming for “iPhone-like” hardware designs.

「オープン」こそ未来を盗もうとするグーグルの試みだ。しかし未だ追いつくに至っていない。(グーグルもこのことを承知している。幅広い調査から、みんなが Android フォンを「愛していない」ことを知っているからだ。その製品に誰も愛着を感じないのに未来を盗むなんてことはできないのだ。)

“Open” is Google’s attempt to steal the future, but it’s not catching on. (Google knows this because their extensive research tells them that people don’t “love” their Android phones. You can’t steal the future if no one feels a connection to your product.)

     *     *     *

T.S. Eliot のエッセー

Jobs の引用の元となったものについて触れることでこの稿を終えることとしたい。Pablo Picasso からの引用だといわれてきたが、T.S. Eliot のエッセーをねじ曲げて引用したもの(bastardized version)であることが分かっている。

I’ll leave off with the source of the “good artists” quote. It’s often attributed to Pablo Picasso, but it turns out it’s a bastardized version of a quote from a T.S. Eliot essay.

T.S. Eliot のエッセーのこそ、アップルの iOS に関するビジョンとグーグルの Android に関するビジョンの違いを最も端的に言い表しているのではないかと思う。Steve Jobs のレガシーと天才をこれほどうまく要約しているものはないように思う。

This may be the most apt description of the difference between Apple’s vision for iOS and Google’s for Android I’ve ever read. It’s also as good a summary of Steve Jobs’s legacy and genius as you’ll likely ever find:

[詩人が真に優れているかどうかを調べる]最も確実なテストのひとつは、詩人が借用しているやり方を見ることだ。未熟な詩人は真似をする。円熟した詩人は盗む。悪い詩人は借用したものを汚損する。良い詩人はそれをより良いものにするか、少なくともなんらか異なったものにはする。良い詩人は、盗んできたものをユニークで、元のものとはまったく異なった感じのものにする。悪い詩人は脈絡のないものに変えてしまう。通常良い詩人は、時を超えた時代の作者や異なる言語の作者、興味の異なる作者から借用する。

One of the surest tests [of the superiority or inferiority of a poet] is the way in which a poet borrows. Immature poets imitate; mature poets steal; bad poets deface what they take, and good poets make it into something better, or at least something different. The good poet welds his theft into a whole of feeling which is unique, utterly different than that from which it is torn; the bad poet throws it into something which has no cohesion. A good poet will usually borrow from authors remote in time, or alien in language, or diverse in interest.

     *     *     *

おもしろい・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »