Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Conference Call’

130521-tim-cook-hero-tax-code

[やったぜ:photo

予想を上回るアップルの 2014 年度第2四半期決算(3月29日締め)について Christopher Mims がズバリまとめている。

Quartz: “Apple earnings prove it: This is a phone company” by Christopher Mims: 23 April 2014

     *     *     *

やっぱりアップルは電話会社だった

Apple earnings prove it: This is a phone company

売上高も利益もアナリストの予想を大きく上回った。アナリストを驚かせたのはつぎの点だ。

Both profits and sales exceeded expectations from analysts. Here’s all the ways Apple surprised them.

     *     *     *

1)iPhone の売上げはすべての予想をはるかに超えた

Apple sold way more iPhones than anyone guessed

それがどうして問題なのか。アップルは iPhone カンパニーだということだ。iPhone 売上げがアップルの収入の半分以上を占めている。アップルは米国のスマートフォン市場において、マーケットシェアは小さいのに利益ではいちばん甘い汁を吸っている。つまり iPhone こそアップルの華々しい成功の理由なのだ。iPhone の売上げさえ伸びればアップルの未来は輝かしいのだ。

Why this matters: Apple might as well be the iPhone company. iPhone sales account for more than half of Apple’s revenue. Apple takes the lion’s share of profits in the US smartphone sector, despite having the minority of market share. iPhones are the long and the short of Apple’s meteoric rise, and wherever their sales go, so goes the future of Apple.

     *     *     *

2)iPad は最も控え目な予想にも及ばなかった

Apple sold way fewer iPads than even the most dour predictions

アナリストの予測は 1970 万台だったが実際の売上げは 1635 万台に過ぎなかった。iPad が急速に減速した理由はいくつもあるだろう。それら要因を簡単にいえば:タブレットの買い替えがなかなか進まないこと、iPad で出来ることは安いタブレットでも十分やれること、大方のひとはタブレットを必要としないことなどで、iPad の目新しさは褪せてしまったのだ。

Analysts projected sales of 19.7 million iPads and Apple moved only 16.35 million. As we noted, there are probably a bunch of reasons for Apple’s rapidly contracting iPad sales. Briefly, they are: the slow rate at which tablets need to be replaced, the fact that cheaper tablets are just as good for most tasks as an iPad, and the fact that most people just don’t need a tablet, so the novelty appears to have worn off.

     *     *     *

3)結局アップルは iPhone カンパニーで、誰の予想より 20 億ドル多く稼ぎ出した

Because Apple is the iPhone company, it generated $2 billion more in revenue anyone thought

アップルの大ヒット作 iPhone は、売上げが急速に減速する iPad(それに iPod や Mac すらも)を補って余りある。アナリストの売上げ予想は 436 億ドルだったが、実績は 456 億ドルだった。

Apple’s boffo iPhone sales more than made up for precipitously declining sales of iPads (and also iPods and even Macs). Analysts projected $43.6 billion in sales, the company booked $45.6 billion.

     *     *     *

もしも・・・

もし大型 iPhone が今年後半に出るというウワサが本当なら、そしてそれがアジアほかの国々における「ファブレット」(phablet)市場の開放に役立つのなら、アップルのほかのすべての売上げが減ろうと関係ないかもしれない。

If the rumors of a larger iPhone coming later this year are true, and that helps Apple unlock the “phablet” market in Asia and elsewhere, Apple’s declining sales of everything else might not matter.

     *     *     *

iPhone カンパニー

まさにアップルは、これまでにもまして iPhone カンパニーなのだ。

Truly, Apple is more of a phone company than ever.

     *     *     *

そういうことか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

広告

Read Full Post »

tumblr_n0303pBJcy1qz4gevo1_1280

[Apple Q1:image

注目されていた直近のクリスマス商戦を含む 2014 年第1四半期(12月28日締め)の決算をアップルが発表した。

売上高 576 億ドル、利益 131 億ドル(1株当たり 14.50 ドル)で「記録的」業績だったとアップルはいう。

Apple Reports First Quarter Results | Apple – Press Info

とりあえず日頃注目しているライターたちの反応をツィッターで見てみよう。

     *     *     *

・Horace Dediu @asymco

アップルの製品売上げの伸び:

Apple revenue growth by product line:

iPhone: +6%
iPad: +7%
Mac: +16%
iTunes/Software/Services: +19%
Accessories: +2%

     *     *     *

・Adrian Weckler @adrianweckler

伸び率でみるかぎり、売上高がもっとも伸びたのは iPhone や iPad ではなく Mac だった。

Apple’s biggest sales rise (by %) was not in iPhones or iPads but Mac computers.

     *     *     *

・Seth Weintraub @llsethj

残念なことにアップルの「記録的」(それまでがフラット)という話はスマートフォンのハイパー成長には及ばない。iPhone 5C は期待に添えなかった。

Sadly, Apple’s “Record” (over flat) talk doesn’t cut it in the hyper growth smartphone world. I think iPhone 5c didn’t meet expectations

     *     *     *

・John Paczkowski @JohnPaczkowski

iPhone の平均販売価格は 637 ドル、連続して上昇、売上げでは 5S の比重が大きい。

iPhone ASP: $637. thats up sequentially. sales were 5s heavy.

     *     *     *

なお平均販売価格については John Gruber のコメントも:

・John GruberDaring Fireball

iPhone の平均販売価格は前期に比べて増加、対前年同期比では微減(642 ドルから 637 ドル)。ということは、今期 5S の売れ行きは非常によかったが、アップルのこれまでの慣行 — 1年前の機種をハイエンドとローエンドの中間価格で売るという慣行 — を 5C がほとんど変えなかったということを意味している。

Average selling price for iPhones is up from the previous quarter, and just a hair down year-over-year (from $642 to $637), which means the 5S had a very good quarter, and that the 5C didn’t really change things much from Apple’s prior practice of selling year-old iPhones at the mid-tier price point.

     *     *     *

・Benedict Evans @BenedictEvans

iPodの盛衰は以下の図のとおり。もっとも価格は非常に安定しているが・・・

The rise and fall of the iPod (very stable price, though) pic.twitter.com/MA14H7niTT

     *     *     *

・Tim Carmody @tcarmody

iPhone や iPad が十分安くなったことから、もはや iPod はアップル製品への入門機にはならない? 音楽やゲームは iPod 以外のハードウェアへ移行した? テレビは?

With cheap iPhones and iPad Minis, are iPods no longer a gateway product for Apple? Music, gaming, moving to different hardware? TV?

     *     *     *

・Peter Kafka @pkafka

モバイル決済について聞かれた Cook はウインクして次のようなヒント:「iOS プラットフォームにとって大きなチャンス。」

Cook winking and nudging re: payments plans. “Big opportunity on the platform”

     *     *     *

・Matthew Panzarino @panzer

アップル滅亡への道はアプリ内課金で得られた何十億ドルものカネで敷き詰められている。

The road to Apple’s doom is paved with billions of dollars in in-app purchase machines.

     *     *     *

いちばん気になっていた 5S/5C の売れ行きや中国での様子はまだよく分からない。

詳しい分析は今後を待つ必要がありそうだ・・・

★ →[プレスリリースを見る:Apple

Read Full Post »

アップルが 2013 年第4四半期(7〜9月期)の業績を発表した。

Apple、第4四半期の業績を発表 | Apple (日本) – Apple Press Info
Apple Reports Fourth Quarter Results | Apple – Press Info

     *     *     *

iPhoneの販売台数が26%増え、過去最高の7〜9月期に

iPhone Sales Grow 26% to Establish New September Quarter Record

2013年10月28日、カリフォルニア州クパティーノ、Apple®は本日、2013年9月28日を末日とする、2013年度第4四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は375億ドル、純利益は75億ドル、希薄化後の1株当り利益は8.26ドルとなりました。前年同期は、売上高が360億ドル、純利益が82億ドル、希薄化後の1株当り利益が8.67ドルでした。売上総利益率は、前年同期の40.0%に対し、37%となりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は60%でした。

CUPERTINO, California—October 28, 2013—Apple® today announced financial results for its fiscal 2013 fourth quarter ended September 28, 2013. The Company posted quarterly revenue of $37.5 billion and quarterly net profit of $7.5 billion, or $8.26 per diluted share. These results compare to revenue of $36 billion and net profit of $8.2 billion, or $8.67 per diluted share, in the year-ago quarter. Gross margin was 37 percent compared to 40 percent in the year-ago quarter. International sales accounted for 60 percent of the quarter’s revenue.

当社は当四半期、4〜6月期としては過去最高の3,120万台のiPhoneを販売しました。対する前年同期の販売台数は2,600万台でした。Appleはまた、当四半期中に1,460万台のiPadを販売しました。対する前年同期は1,700万台でした。当社は当四半期、380万台のMacを販売しました。対する前年同期は400万台でした。

The Company sold 33.8 million iPhones, a record for the September quarter, compared to 26.9 million in the year-ago quarter. Apple also sold 14.1 million iPads during the quarter, compared to 14 million in the year-ago quarter. The Company sold 4.6 million Macs, compared to 4.9 million in the year-ago quarter.

     *     *     *

数字は読むひと次第でどうにでも読める。

様々なひとがさまざまな読み方をしている。

いちばん単純なのは前年同期と比べて増えたの減ったのと論じることだろう。

Benedict Evans は何もいわずに、大きな流れを図示して見せた。

Benedict Evans: “Apple Q4” by Benedict Evans: 28 October 2013

1)アップルの業績と次期見込み

revenue_&_guidance

2)iPhone/iPad の四半期毎の販売台数

unit_sales

3)iPhone/iPad の販売価格の推移

selling_price

4)売上総利益率(gross margin)の推移

gross_margins

5)地域別売上げ

revenue_by_region

さあ、アナタはどう読む?

★ →[チャートを見る:Benedict Evans

Read Full Post »

apple-stock

[アップル株はどうなる?:image

第2四半期決算発表を4月23日に控えて、アップル悲観論が充満している。

そんな中で Jason Schwarz が「製品発表カレンダーのカオス」(calendar chaos)という興味深い発言をしている。

製品発表サイクルが大きく変わったため、四半期データではアップルの真の姿は見えてこないというのだ。

Seeking Alpha: “Apple’s Calendar Chaos Trade Of 2013” by Jason Schwarz: 18 April 2013

     *     *     *

製品発表サイクルが変わった

アップルが製品発表サイクルを変更したことから、ウォール街の四半期ベースの予想に慣れた投資家には大きな不安定要素が生じている。歴史的に見てこの世のどの会社より製品発表が大きな話題となるアップルにとって、この製品発表カレンダーが変わったことで、投資家にもアナリストにもアップル財務の真の健康状態を見誤らせてしまう。これはアップル特有の現象で、他のどの企業をとってもアップルほど製品発表が激しく変わるところはない。・・・

Apple’s (AAPL) shifting product release cycle has created a high degree of investor uncertainty within the quarterly biased tradition of Wall Street. For a company that attracts more product release hype than any other in the history of planet earth, this shifting product release calendar has caused investors and analysts to be mislead regarding the true state of Apple’s financial health. It’s a phenomenon unique to Apple because no other company elicits the scope of product release volatility like Apple does. […]

     *     *     *

「製品発表カレンダーのカオス」

・・・2013 年に見られる株価取引の新しい傾向はアップルの発表カレンダーが前年と比べて変化したこと(calendar shifts)と結びついている。この変化を「製品発表カレンダーのカオス」(calendar chaos)と呼んでおきたい。

[…] The hot new trade of 2013 is in sync with Apple’s year over year calendar shifts. We like to call it calendar chaos.

     *     *     *

中国旧正月の特例

この発表カレンダーの変更はアップルの 2013 年第1四半期の業績にどう影響するだろうか? アップル経営陣を除けば誰にも分からない。昨年の第1四半期にアップルは中国で記録的な 79 億ドルという収益を挙げたが、これは「度肝を抜くような」 iPhone が中国の旧正月に併せて発表されたからだった。2013 年第1四半期には新製品の投入がなかったことが中国の売上にどう影響するだろうか? アップル経営陣を除けば誰にも分からない。こんな表現は使いたくないが、前年同期と同じ数字と比較するだけでは分からないままだ。

How will this calendar shift affect Apple’s Q1 2013 earnings? Nobody outside of Apple’s own management team has a clue. Last year in Q1, China accounted for a record $7.9 billion of Apple’s revenue because of the ‘mind-boggling’ iPhone launches in conjunction with the Chinese New Year, how did Chinese sales hold up without a new product launch in Q1 2013? Nobody outside of Apple’s management team has a clue. I hate to use this phrase but when you take away apples to apples year over year comparisons, you’re left in the dark.

     *     *     *

最悪の四半期

アナリストがそこら中で予想をしている。誰にもヒントがないので、投資家は将来への不安でいっぱいだ。これまでで初めて、4月23日のアップル決算発表の予想はアナリストの期待を下回っている。われわれは 2003 年以来最悪の四半期になるだろうと予想している。その結果もあってアップル株は発表前に 75 ドルも安く売られてしまった。発表カレンダーが不確かとなったことでみんなは無人地帯に放り出されてしまったのだ。いまや世界で最も優れた会社の株価収益率[P/E:price-to-earnings ratio]はデルより低くなってしまった。いったいどうなってるんだ?

Analyst expectations are all over the place. Because nobody has a clue, investors are consumed with negative uncertainty. For the first time ever, the whisper number for Apple earnings on April 23rd is actually below analyst expectations. We’re assuming this will be the ugliest quarterly report since 2003. As a result, the stock has sold off another $75 in the weeks leading up to it. Calendar uncertainty has left us in no man’s land. The greatest company in the world now has a p/e less than Dell. What’s going on?

     *     *     *

新しいパラダイム

前年同期の四半期と業績を比較するだけでは、アップルの健全さを正確に知ることはもはやできなくなった。にも関わらずウォール街は昔ながらの伝統をかたくなに変えようとしない。この断絶からアップルの株価を考える際の新しいパラダイムが生まれるのだ。前年の同じ時期と違って次の四半期に製品発表という有利な点があれば株価上がり、前年同期に比べ製品発表という利点がなければ株は安く売られることになるだろう。

Year over year quarterly earnings comparisons no longer provide an accurate indicator of Apple’s health and yet Wall Street refuses to deviate from its time tested tradition. This simple disconnect has created a new paradigm for Apple stock action. The stock will flourish when the next quarter has a product launch advantage compared to its year over year counterpart and the stock will sell off when the next quarter has a product launch disadvantage compared to its year over year counterpart.

     *     *     *

四半期データではなく年データへ

アップルが健全かどうか正確に知りたいなら、3か月データではなく12か月データを分析すべきだ。2012 暦年にはアップルの収益は 28.7%、純益は 26.4% 伸びた。iPhone の販売台数は 45.9% 増だった。この伸び率は本日発表されたベライゾンの iPhone の伸び率が 25% というデータとも完全に一致する。成熟したアップルの成長率は 20%〜30% というところに落ち着いてきた。参考までにスタンダード・アンド・プアーズ総合500種株価指数(S&P 500)の収益の伸び率は 2012 年第4四半期で 4.1%、2013 年の予想は 3.2% というところだ。グーグルのコアとなる収益の伸び率は第4四半期で 21% だった。20%〜30% の成長率をアップルは維持出来るだろうか? もちろんイエスだ。問題は「製品発表カレンダーのカオス」(calendar chaos)で歪められた四半期データが、悪い時期には投資家を悪い方へ、良い時期には上方へミスリードしてしまうことだろう。

For those who are interested in an accurate view of Apple’s health, analyze 12-month data rather than 3-month data. During calendar year 2012, Apple grew revenue by 28.7%, net income by 26.4% and iPhone unit sales by 45.9%. This growth expectation fits perfectly with today’s Verizon data that showed a 25% year over year increase in iPhone sales. Apple appears to have settled into to a mature growth rate between 20%-30%. To put this in perspective, the earnings growth rate of the S&P 500 in Q4 2012 was 4.1% and the expected growth rate for 2013 is 3.2%. Google’s core revenue growth rate in Q4 was 21%. Can Apple rally with 20%-30% growth? Of course it can. The problem is that quarterly data skewed by calendar chaos will mislead investors to the downside in a bad quarter and will mislead investors to the upside in a good quarter.

     *     *     *

新製品発表があったかどうかを加味しないと、単なる四半期データの比較では真の姿は見えてこないという考えはなかなか説得力があるような気がする。

(上に紹介した部分に続いて、投資家はアップル株にどう対応すべきか3つのポイントが示されていて、こちらも興味深い。)

業績を大きく変えるイベントの有無という視点からアップル株を分析するアナリストはどれほどいるだろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »

20120409upsidedownapplegraph_257_296

アップルの業績は記録破りのものだったが、案の定ウォール街の反応は冷たく、発表直後に株価が下落した

Daring Fireball: “After Hours” by John Gruber: 23 January 2013

     *     *     *

時間外取引(After Hours)

売り上げも純利益も、さらには iOS デバイスの売り上げも、記録破りの好成績だったのに、アップルの株価は(営業時間中より動きの激しい)時間外取引で1割以上も下落した。これは当然の話だ、なぜなら・・・、ウ〜ン、なぜなら時間外取引をやっているのはおバカな連中だから・・・とでも言う他ない。もうお手上げだ!

After reporting record-breaking revenue, profit, and iOS device sales, Apple’s stock is down over 10 percent in after-hours trading (which is often more volatile than regular trading), which makes sense because, uh…, because after hours investors are a bunch of idiots? I give up.

アップルの時価の1割がどのくらいのものか、Tom Gara がつぶやいている。

For perspective on how much 10 percent of Apple’s market value is, Tom Gara tweets:

「アップルの業績が発表された結果、ノキアと RIM を合わせた額の更にその2倍分だけアップルの時価は下落した。」

Apple’s market value has fallen by the combined market value of two Nokias plus two RIMs in the hours since its results came out.

     *     *     *

「もうお手上げだ!」というところに Gruber の気持ちが滲んでいるように思える。

1月18日に 500.00 ドルぴったしで株価が引けたことに対して株価操作の疑問を呈した Gruber に、ゼロがいくつも並ぶなんてよくあることで至極当たり前だと述べた市場専門家(?)の反応が興味深い。

満期日が近づくにつれてコール市場では大量の売り(put)と買い(call)が殺到して綱引きを始めるから、結果として切りのいい数字で収まるのはよくあることだというのだ。だからアマチュアは金融取引に手を出すなともいっている。

無念やるかたない Gruber は、切りのいい数字が問題なのではなく、アップルバッシングを流すことで儲けを手にした連中がいたことが問題なのだと反撃している。

どうやら株価とはまったく別種の生き物らしい。

業績の善し悪しとは無関係に動く株価に一喜一憂させられる経営者とはまことに気の毒な存在だということか・・・

★ →[原文を見る:Original Text]

Read Full Post »


[Tim Cook by Paul Sakuma | photo

1000 億ドル近くまで貯まりに貯まったアップルのキャッシュバランスを株主に還元するという発表でウォール街が沸き立っている

各紙がこぞって手元資金還元の内容を追いかける中で、例によって The Loop の視点がオモシロい。

The Loop: “Tim Cook’s first 208 days” by Peter Cohen: 19 March 2012

     *     *     *

Tim Cook 体制になって変わったこと

・アップルの海外業務について透明性が増したこと

More transparency about Apple’s overseas operations.

・アップルの社会貢献はここ数年来初めてのこと

Corporate philanthropy for the first time in years.

・復配と自社株買いを実施すること

A dividend and stock buyback program.

・あ、それにこれまでどおり素晴らしい製品を次々に出し続けることも・・・

Oh, and continuing to roll out amazing products one after the other.

まだアップルに Tim Cook カラーが出ていないとはもう言わせない。

Let no one say Tim Cook isn’t putting his own mark on Apple.

     *     *     *

ウォール街にとっては新製品よりカネの行方ということなんだろうなあ。

Tim Cook 体制の変化を端的に言い得ている The Loop の簡明直裁さが好きだ・・・

★ →[原文を見る:Original Text

✂ →[短縮 URL]http://wp.me/pfXBS-1MO
   〈短縮 URL についてはこちらを参照〉

     *     *     *

《参考》

・アップルの発表

Apple Conference Call March 2012 [Apple Events] | Apple
Apple Announces Plans to Initiate Dividend and Share Repurchase Program [Press Info] | Apple
Apple Announces Plans to Initiate Dividend and Share Repurchase Program | Daring Fireball

・ウォール街の反応

Cook Is Making Apple His Own | WSJ.com
 自分スタイルを出して来た Tim Cook
Tim Cook Puts His Mark on Apple [Video] | Wsj.com
アップルが復配、100億ドルの自社株買い実施へ | WSJ日本版
アップル、手元資金に関する電話会議を米国時間3月19日に開催 | CNET Japan

・新しい Tim Cook 体制

Tim Cook’s first 208 days | The Loop
Steve Jobs Wouldn’t Have Paid a Dividend | Forbes
 Jobs なら株式配当などしない
With dividend, Tim Cook thinks differently about Apple | GigaOM
 株式配当について Tim Cook は違う考え方をする
Apple’s dividend heralds ‘changing of the guard’ | Yahoo! Finance
 アップルの利子配当は衛兵の交代の兆し
Yoshikami: Two Wins for Apple’s CEO Tim Cook | CNBC
 Tim Cook に座布団2枚!

・還元額の検討

Apple’s dividend and share re-purchase plan: the impact on cash growth | asymco
 株主還元してもなお潤沢なキャッシュバランス
Apple Not Bringing Overseas Cash Back Home, Blames U.S. Tax Policy | The Huffington Post
 海外に蓄積した現金を持ち込めないのは米税法が原因
Appleが1000億ドルの内部留保の約半分を株主配当と自社株買いに使う事を発表|GoGo! Machead!

Read Full Post »

jobs-schmidt-tanksjpg.jpg

Steve Jobs’s Epic 5-Minute Anti-Google Rant

過去最高の業績 200 億ドルに気を良くした Steve Jobs が、めずらしく四半期決算発表に登場、競争相手を思いっきりやっつけた。

とりあえず2つだけ・・・

mocoNews: “Apple’s Steve Jobs Rants About His Competitors: ‘Open Doesn’t Always Win’” by Tricia Duryee: 18 October 2010

     *     *     *

オープン必ずしも勝たず

アップルの iOS はクローズドで Android はオープンだとよくいわれる。「これでは我々のアプローチの違いを隠してしまい、不正確だと考える。」Jobs によれば Windows はオープンだ。ほとんどの PC が同じユーザーインターフェイスを用い、同じアプリを走らせるからだ。しかし Android は Windows と違って、HTC も Motorola も独自の UI を使うので、結果的に非常に細分化されている(fragmented)。「ユーザーはどうしたらいいか戸惑っている。」「たといグーグルが正しく、クローズド対オープンが問題だとしても、オープンが常に勝利するわけではない。」例としてマイクロソフトの音楽戦略を挙げる。初めはハードとソフトを分離していたが、後にアップルを「真似て」Zune プレーヤを開発し、その結果 OEM は「手ぶらのまま放っておかれた・・・クローズド対オープンとは顧客にとって一番いいことを隠す煙幕だなのだ。」

Open doesn’t always win: Jobs said that often Apple’s approach to the iOS is considered closed and Android is open. “We find this disingenuous and clouding the difference between our approaches.” He said Windows is open, but unlike Windows, where most PCs have the same user interface and run the same apps, Android is very fragmented with both HTC and Motorola (NYSE: MOT) using proprietary UIs. “The users are left to figure it out,” he said. “Even if Google were right and the issue is closed vs. open, open doesn’t always win.” He provided an example of Microsoft’s music strategy. At first, it separated the software from the hardware, and then “copied” Apple by developing the Zune player, “and leaving OEMs “empty handed in the process…Closed vs. open is a smoke screen for what’s best for the customers.”

     *     *     *

続々登場するタブレット

Jobs は新しく登場するタブレットが、10インチではなくすべて7インチスクリーンを使っていることに文句を言う。「偉大なるタブレットアプリを制作するのに十分な大きさではない。」(7インチの)タッチスクリーンをちゃんと使うには、ユーザーは紙やすりで自分の指を細くしておく必要があるだろうとまでいう。「アップルはタッチスクリーンにどれだけの要素がはいるかとことん研究した。偉大なるタブレットアプリを創るには最低10インチが必要だ。」

Tablet avalanche: Jobs big beef with all the upcoming tablets is that they use 7-inch screens, vs. Apple’s nearly 10-inch screen. “It’s not sufficient to create great tablet apps,” he said. He went as far as to say that users will have to sandpaper their fingers in order to use the touchscreen effectively. “Apple has done extensive testing on how close you can put elements on the touchscreen, and 10 inches is a minimum size to create great tablet apps.”

     *     *     *

詳しくは熱の入った Jobs 自身のナマの声でお聞きください。

Steve Job’s Epic 5-Minute Anti-Google Rant – YouTube]

Android に対する Jobs のホンネが出た感じだ。

7インチ iPad の可能性が当分消えた(?)ことが個人的にはショック・・・

★ →[原文を見る:Original Text

Read Full Post »