Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Computer’

Jonathan-Ive_Design-Museum_Photograph-Andy-Tyler_dezeen_468_2

[ロンドンの Design Museum で語る Jony Ive:Dezeen

ロンドンの Design Museum でのスピーチでは Jony Ive が Mac に出会い、アップルで働くようになったきっかけについても語られている。

Design education is “tragic”, says Jonathan Ive | Dezeen

     *     *     *

自分に問題があると思っていた

On discovering computers:

「1980 年代、デザインスクール学生だったころは今考えてもゾッとします。こんなこともあったのです。テクノロジーを使うのに苦労すると、どういうわけか自分に問題があると考えてしまいます。食べ物がひどい味がしたら、ひどいのは食べ物だと思うのに・・・。それでコンピュータを使いこなすことのできなかった私は、自分が技術的に劣っているからだと考えました。ちょうど学期が終わるころ、私は Mac に出会いました。そしていくつかのことが分かったのです。まず自分は十分技術に長けていて、まったく悪いところはないのに、学校のコンピュータがひどい代物だったのだと。」

“When I was at art school in the 1980s, I had a truly horrendous time. There’s this odd thing that happens: when we’re working with technology, if we struggle, for some reason we assume the problem’s us. If we’re eating something and the food tastes horrible we think the food is disgusting… So these computers, which I couldn’t use, I just assumed it was some kind of technological ineptitude on my part. And right at the end of my course I discovered the Mac. And I realised a couple of things: one, technically actually I was quite proficient and there was nothing wrong with me whatsoever, and the computers the college had were absolutely dreadful.

     *     *     *

疑似体験を通じたコミュニケーション

「それだけでなくもっと大切なことを発見しました。自分の前に置かれたモノを通じて、それを作ったひとのことをはっきり感じることができたのです。彼らの持つ価値観、彼らを夢中にさせるもの、彼らが大切にしたもの、それを作った理由などを感じることができました。疑似体験を通じたコミュニケーション(vicarious communication)です。全然知らないこの会社を実にはっきりと感じることができました。これまでそんなことは一度もありませんでした。」

“But I discovered something much more important. Through the object that I was sat in front of, I had a very clear sense of the people that made it. I had a sense of their values, their preoccupations, the things they cared about, the reasons they made it. It was this sort of vicarious communication. I had a really clear sense of this company that I didn’t know anything about. And that had never happened to me before.

     *     *     *

作ったモノが作ったひとを表わす

「作ったモノが作ったひとを完璧に表わすのだということ理解したのはこれが初めてでした。そこで調べてみたところ、カリフォルニアのいささかアナーキーなコントラリアングループのことを知ったのです。幸いにも在学中に旅行奨学金を得ることができて、他のみんなはミラノに行きましたが、私はそこではなくカリフォルニアに行きました。当時私は21歳で、飛行機に乗ったことすらありませんでした。」

“This was the beginning of this realisation that what we make completely testifies to who we are. And so this made me want to research and find out about this somewhat anarchic contrarian group that had got together in California. I was lucky enough to have won a couple of travel bursaries while I was at college. Other people were going to Milan, but I rather than going there, I went to California. I was 21, and I had never been on a plane before.

     *     *     *

アップルからの誘い

「出掛けて多くのひとたちに会いました。帰国後ロンドンで独立の仕事をしていたところ、ひとを探していたアップルから接触があったのです。それでコンサルタントとして働き始めました。しばらくしてからカリフォルニアに来てフルタイムで働かないかといわれました。」

“I went and met people and when I went back I was working independently in London and Apple got in touch – they were looking for somebody to work with. So I started working as a consultant and after a while I was persuaded to move and work full time.

     *     *     *

価値観にガマンできない

「コンサルティングの仕事をしていたとき、ある考えにとりつかれました。一生懸命仕事をしていたのですが、『何故自分はクライアントのために仕事をするのだろうか? これはいちクライアントにすぎず、自分はこのクライアントが好きになれない。仕事がしにくいのではなく、どうしようもない彼らの価値観にガマンできないのだ』と。彼らに調子を合わせて、責任を — 名誉ある責任をです — 放棄しているように感じました。ところが一方、アップルは大好きになったのです。それが 1992 年に私に起きたことでした。」

“One thing that really struck me when I was consulting was I was working very, very hard, and just these odd things struck me. ‘Why am I doing this for a client? It’s a client, but I don’t actually like this client at all – not as in they are awkward to work with, but I just think their values stink.’ And I somehow felt I was aligning with them and I was abdicating a responsibility – an honourable responsibility, whereas Apple I really loved. So that’s how I ended up there in 1992.”

     *     *     *

素晴らしいデザインで Mac を大ヒットさせた Jony Ive も最初はコンピュータが苦手だった・・・

広告

Read Full Post »

Update:中国からピッタリのウワサ》

macbook_air_hero_2x

[MacBook Air:image

少し前だが、アップルギークの MG Siegler が Mac の30周年を前に書いていた記事がオモシロい。

自分がコンピュータを買うのは 2014 年が最後になるだろう」と・・・

ParisLemon: “2014 May Be The Last Year I Ever Buy A Computer” by MG Siegler: 10 January 2014

     *     *     *

今使っているマシン

いったい何台コンピュータを買ったか自分でもよく分からないが、とにかくたくさんだったことは確かだ。1ダース以上だ。それとも2ダースだったか。今持っているのは iMac(別モニターつき) とメインのパーソナルマシン Retina MacBook Pro および仕事マシンの MacBook Air だ。

I’m not entirely sure how many different computers I’ve owned throughout the years, but I know it’s a lot. More than a dozen. Maybe two dozen? Right now I own an iMac (with a second monitor on my desk), a Retina MacBook Pro (my main personal machine), and a MacBook Air (my work machine).

     *     *     *

最後のコンピュータ

これだけでも多すぎてバカげている。しかしこの他いろんな iDevices(それに Android デバイスもいくつか)を加えるともっとバカみたいだ。もう整理しなきゃという気もしているが、まだその気にはならない。今年もまたコンピュータを買うことになるだろうと思っているからだ。それが自分が買う最後のコンピュータになりそうな気がしている。

Yes, that alone is ridiculous. But it’s even more ridiculous when you throw in all the various iDevices (and a couple Android devices) I own as well. I feel the urge to streamline. But I’m not quite ready to just yet. I think I’m going to buy one more computer this year. And I have a suspicion that this may be the last year I ever do that.

     *     *     *

Retina 化

今年アップル製品はすべて Retina 化するだろうという期待が高まっている。新しい Mac Pro の期待を満たすため Retina Thunderbolt Display が出るだろうし、iMac も Retina 化するかもしれない。しかし最もありそうなアップデート — Retina MacBook Air — で Retina 化が完成する。

Expectations are starting to build for Apple to make this the year that everything goes “retina”. That is, we may see a Retina Thunderbolt Display to fulfill the promise of the new Mac Pros. With that, we may see the iMac go Retina as well. And the most likely update would complete the transition: a Retina MacBook Air.

     *     *     *

Retina MacBook Air

すべてこれが実現したら、間違いなく自分はそのひとつを買う。どれか? Retina ディスプレイがどれほど美しいか実物を見るまではハッキリとはいえない。でも多分 Retina MacBook Air が自分にとってはいいチョイスではないかと思う。もう机に向かって仕事することはほとんどなくなっているからだ。

If all of these come to pass, I’ll undoubtedly be getting one of them. Which one? It’s hard to say for sure before I see just how beautiful a massive retina display can be. But I suspect a Retina MacBook Air will be the better choice for me as I rarely sit at my desk anymore.

     *     *     *

理想のマシン

長年多くのコンピュータを使ってみて、自分の理想のマシンが何だかかなり確信を持っていえる。13インチ Retina ディスプレイの MacBook Pro はかなり近い。しかし今持っている11インチ MacBook Air はサイズ的には勝っている。しかし自分の趣味からいえば、そのスクリーンではちょっと小さく不鮮明だ・・・。ということで12インチ Retina ディスプレイの MacBook Air こそピッタリのコンピュータだと思う。

Having used so many computers over the years, I’m pretty sure I know what my ideal machine would be now. The 13-inch MacBook Pro with a Retina display is very close. But the 11-inch MacBook Air I have still easily trumps it in size. However, that screen is a little small and blurry for my taste… As so I believe a 12-inch MacBook Air with a Retina display would be the perfect computer.

もしそんなマシンが魔法のように自分の前に現われたら、躊躇せずにいうが他のコンピュータはすべて処分してもいいと思う。繰り返すが、これが自分の買う最後のコンピュータになるだろう。

If such a machine magically appeared in my life, I believe I could get rid of all of the other computers I now use without any reservation. And again, I think it may be the last computer I ever buy.

     *     *     *

頭打ちのパフォーマンス

コンピュータのパフォーマンスはもはや頭打ち状態になっている。自分の3年たった iMac とまだ数か月しかたっていない MacBook Air のスピードの差は自分には分からない。非常にスペックにこだわったいくつかの Mac Pro のレビューをみてもほとんど変わらない。

Computer performance gains have now plateaued to the point where I really can’t tell the difference in speed between my three-year-old iMac and my MacBook Air which is only a few months old. Even the reviews of the new insanely spec’d-out Mac Pro suggest the same thing.

     *     *     *

最後のコンピュータ

すべてのコンピュータ作業にとって iPad で必要十分となるような自分が待ち望む世界になるまでにはまだ数年はかかるだろうから、それまでは Retina MacBook Air がこれまでの意味で自分が最後に買うコンピュータになるだろう。

And so while I await a world where the iPad is good enough for all my computing needs — I think we’re still a few years away — I believe a Retina MacBook Air would be the last traditional computer I would ever need to buy.

30年もパーソナルコンピュータを買い続けた挙げ句の感想としては変わっているかもしれないが・・・

Which is a weird thought after nearly 30 years of buying personal computers.

     *     *     *

さてあなたの理想のマシンは何だろうか・・・

★ →[原文を見る:Original Text

     ❖     ❖     ❖
     ❖     ❖     ❖

《Update》中国からピッタリのウワサ

はからずも12インチ Retina MacBook Air の中国発のウワサが出た

そこで MG Siegler いわく:

ParisLemon: “New Rumor Points To My Perfect, Theoretical MacBook Air” by MG Siegler: 22 March 2014

     *     *     *

新しいウワサは自分の理想のマシンにピッタリ

New Rumor Points To My Perfect, Theoretical MacBook Air

もちろんウワサにすぎない。しかしこれはかなり信憑性がありそうだ。それとも自分の欲しいマシンとピッタリなので「自分の期待の為せる技」ということか。これが出たら多分自分が買う最後のマシンになりそうだが・・・

Still just a rumor, of course. But seemingly a pretty solid one. Or maybe I’m just projecting since this is the device I really want. Perhaps the last Mac I ever buy…

     *     *     *

MG Siegler としては心惹かれるところが大きいようだ。

ところで、この元となった中国発のウワサが大変興味深い。

中国のサイト Weiphone.com[威锋网]で常連の macbookproDIY が取り上げたもの。

その詳細は小龍(しゃおろん)氏のサイトで日本語で読めるのでそちらをご覧ください。

中国のアップル系記事には興味深いものも多いが、正確な日本語で読めるものが少ない。(グーグル翻訳もいまひとつピッタリこない。)

その意味で中国深圳在住の小龍氏の記事はピッタリで時宜を得たものだと思う。

直接読むことがなかなか難しい中国情報が身近になることをぜひ期待したい・・・

Read Full Post »

Dscf0106

Space Cube, the smallest PC in the world

[CG]これが世界最小のコンピュータSpace Cubeだ!」を訳しながら、これによく似たコンピュータがあったことを思い出していた。

今回 Space Cube を紹介した Boing BoingCraveCrunchGearEngadgetGuardianSlashdot はいずれも PC Pro を引用しているが、その記事はつぎのように始まる。

PC Pro: “A real Space Oddity arrives at PC Pro” by Mike Jennings: 27 August 2008

     *     *     *

実物を手に入れた

Tiny Space Cube

Space Cube をリンゴと比較 | PC Pro]

覚えている読者もいるかもしれないが、少し前、Space Cube と呼ばれる興味深い小型コンピュータについて取り上げたことがある。ひとことでいえば、世界最小のコンピュータで、一辺が2インチの立方体だ。当時私は、とてもクールだ、300MHz プロセッサを内蔵する、日本以外で販売されることはあるまいと書いたものだ。

You may remember that, some time ago, I blogged about an interesting little computer curio called the Space Cube. Quite simply, it’s one of the smallest PCs in the world, with each side measuring around 2 inches square. I wrote that it looked cool, ran on a 300MHz processor and that it probably wouldn’t be sold outside of Japan, if at all.

ところが実は1台手に入れたのだ。Linux で動く、英国でたった1台の Space Cube を・・・。実物は写真よりずっとクールだ。PC Pro 編集部のみんなから驚きと信じられないという声が出たほどだ。

Well, now, we’ve actually gone and got hold of one – the only Space Cube in the UK that’s running Linux, in fact. In the flesh it’s even more impressive than in pictures, inspiring awe and provoking disbelieving reactions across the PC Pro office.

     *     *     *

宇宙のインターフェイス Space Wire

Shimafuji Semc5701 Board

Space Cube の内部 | GIGAZINE

一番興味をそそられる点は Space Wire ポートだ。SF みたいに聞こえるかもしれないが、この信じられないほど薄いソケットこそ Space Cube が装備する秘密兵器のうち最も重要なものだ。これこそ Space Cube が宇宙で実際に使用するインターフェイスで、NASA や ESA[欧州宇宙機関]、JAXA[日本宇宙航空研究開発機構]の共通仕様なのだ。各種センサーや処理装置を Space Cube に接続するのに使われるほか、何やら難しげで聞き慣れない、まるでバトルスターギャラクティカかスターウォーズにでも出てきそうな Downlink Telemetry Sub-Systems[下り回線遠隔測定サブシステム]という装置にも使われるそうだ。また、Space Wire はそれぞれ異なる機関が設計したモジュールや電子部品を接続する際の共通インターフェイスとしても利用される。

Most intriguing, though, is the Space Wire port. It may sound like a mere science fiction fantasy, but this incredibly thin socket is a crucial part of the Space Cube’s armoury. That’s because it’s a type of proprietary interface use by the ESA, NASA and JAXA when the Cube actually goes into space. It’s useful for connecting various sensors and processing units to the Space Cube, as well as the complicated-sounding Downlink Telementary [sic] Sub-Systems, which sounds like something more akin to Battlestar Galactica or Star Wars than anything used in real life. It turns out that Space Wire is also used as a common interface for linking together modules and electronics that are often designed in different institutions.

     *     *     *

日本のシマフジ電機製

Shimafuji Semc5701 M

Space Cube | GIGAZINE

キミも Space Cube が欲しいって?そいつはなかなか難しい。Space Cube を開発したのは日本のシマフジ電機だが、日本以外では Star Dundee のウェブサイトを見ておくほかない。これは Dundee 大学の宇宙システム研究グループの子会社で、「いくつかの技術的問題が解決したら」市販する予定だといっている。ただし、このすばらしいい PC の値段は残念なことに 1500 ポンド程度(以前紹介したときは 325 ドル)になりそうだ。

So, would you like a Space Cube? Tough luck, at least for the moment. Outside of Japan – where the Cube has been developed by the Shimafuji Corporation – your best bet is to keep watching the Star Dundee website. It’s an offshoot of the Space Systems Research Group of the University of Dundee. They’re planning to sell the Space Cube once a few technical issues are ironed out and, unfortunately, it’ll be a bit more expensive than the price we found before – around $325. Instead, this remarkable PC will probably be going for around £1,500.

     *     *     *

完全に圧倒された

・・・これまで見たうちで一番小さいコンピュータに、我々は完全に圧倒された。これこそ SF の世界から抜け出してきたものだ。キーホルダーにでもつけられそうな大きさなのに、実際に宇宙でロケットを動かすように設計されている。とても小さく、すばらしく、かつ驚異的だ。我々は Space Cube の圧倒的なファンだ。

[…] we’re still absolutely blown away by the tiniest PC we’ve ever seen. It’s pure science fiction blended with real life: a PC that you could practically fit on a key ring that’s been designed to go into space and make rockets work. It’s tiny, brilliant, and astounding, and we’re huge fans.

     *     *     *

どうやら PC Pro 編集部が実機を入手したことから今回のニュースになったものと思われる。

この Space Cube とよく似たコンピュータについては昔のブログで紹介したことがある。トロンの T-Cube だ。

T-Cube-1
T-Cube

トロン T-Cube が Linux を搭載して宇宙仕様となったのが Space Cube ということらしい。Space Cube が日本で話題になったのは 2005~06 年頃だ。GIGAZINETech-On!マイコミジャーナルなどに詳しい。

それにしても、今回の PC Pro の記事で初めて Space Cube が世界の注目を集めたのだとすると、日本語ニュースが英語世界に到達するのに数年の時間を要したことになるがそんなことがあるのだろうか・・・

     *     *     *

ところで、筆者は別のことを考えていた。

こんな PC が欲しいと考えるひとはたくさんいるのではないか・・・

宇宙仕様の Space Wire の部分はなくてもいい。べアボーンのままで、コンピュータ教材として、あるいはロボコンなどの組み込み用として、さらには自作用のメインパーツとしていろいろな可能性が考えられるのではないか。

そんなべアボーンマシンが数はければ値段もそれなりに安くなって入手しやすくなる・・・

このマシンを作ったシマフジ電機は大田区にある、役員を含めて14人という小さな会社だという。

シマフジ電機製の、いや日本製の世界最小コンピュータが世界中に広まればたのしいではないか。

小さなサイズといい、Space Cube という抜群のネーミングといい、このまま放っておくのは惜しい気がする。

     *     *     *

Space Cube については、究極のデスクトップという意味でもいささか思うところがあるのだが、それについてはいずれ稿を改めて・・・

原文を見る

     *     *     *

[参考]

今回の話題:

・CrunchGear: “Tiny Linux Space Cube: Oh boy, more stuff to misplace” by Doug Aamoth: 27 August 2008
・TechCrunch Japanese: “CG]これが世界最小のコンピュータSpace Cubeだ!“: 29 August 2008[shiro 訳]
・PC Pro: “A real Space Oddity arrives at PC Pro” by Mike Jennings: 27 August 2008
・Guardian: “Space Cube, the tiny PC that looks great next to an apple” by Jack Schofield: 27 August 2008
・CNET [Crave]: “A computer that fits in your space suit pocket” by Erica Ogg: 27 August 2008
・Engadget: “Two-inch-square Space Cube computer gets shown off” by Donald Melanson: 27 August 2008
・Boing Boing: “The Space Cube: a cute but unbearably expensive fruit-sized computer, possibly alien in origin” by John Brownlee: 27 August 2008
・Slashdot: “Space Cube – the World’s Smallest Linux PC” by  timothy: 27 August 2008
・STAR-Dundee: “SpaceWire Technology, Applications and Research:
Supporting SpaceWire Application
“: n.d.

以前日本で話題となった:

・maclalalaweblog: “5センチ角のコンピュータ“: 01 October 2005
・マイコミジャーナル: “【レポート】組込みシステム開発技術展宇宙向けTeacubeSpace Cube」などが展示” by 大塚実: 01 July 2005
・Tech-On!: “TRONSHOW】宇宙分野でもT-Engine,その名も「SpaceCube組み込み開発” by 進藤 智則: 15 December 2005
・Engadget Japanese: “5センチ角の宇宙コンピュータSpace Cube” : 29 April 2006
・GIGAZINE: “5.2センチの世界最小パソコン「Space Cube” by darkhorse_log: 05 May 2006

Technorati Tags: , , ,

Read Full Post »